« 「現状人間社会・経済システムのままなら、地球温暖化問題は既に手遅れ」が判らない、或いは、現状利権等の為に認めない、自虐的な者たち問題・・・。、 | トップページ | 民進党等や、朝日等は、未だに、「加計学園獣医学部新設関連の、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)官僚等でも勝手に記せ、政治工作の具とも出来てしまう、個人メモ」を、視聴者・読者等に、金科玉条の如く扱わせる事による、実質的、安倍政権転覆工作等に邁進している様相だが・・・。 »

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)人脈のテレビ・マスコミ・官僚・政党/政治家等は、「加計大問題化による、テロ等準備罪潰しや、反自民党安倍政権大衆誘導等、工作」に邁進し続けている様相だが・・・。

『「加計学園獣医学部新設」では「出所不明の、個人のメモ」という「実質的、小さなモノの中」に、「問題化出来る内容を、無理やり見出し、無理やり、大問題化させよう・・・等」としている。

「しかし、実際の、大問題」は、

「ある訳も無い」』。

『「構造改革上」では、

「52年間も新設が認められていない、獣医学部の新設をする事」や

「地域格差是正上」からも

「四国に新たな獣医学部を新設する事」等には、

「相応の正当性がある」。

「そんなところに、ワザワザ、総理の意志や意向等を反映させる必要も無い」。

「意向や意志がある」のは、

「獣医学部新設に反抗している側」や

「自民党安倍政権等に反抗しえいる側」で

「その内実」は

「主として、所謂、左翼(内実、親朝鮮)人脈の者等」だ』。

『「差別の無い、官僚・公務員界」には、

「所謂、左翼(同上)の者等も多数居る」。

「所謂、左翼(同上)の者たちの中には、

政治運動や、

政治工作等が大好きな者たち」も、

「多数居る」』。

『「所謂、左翼(同上)の官僚等」が

「総理との強い関係を匂わせる、個人のレクチャー用のメモを

ワザと作成し、

それを、

ワザと多数の人々が共有出来るところにアップした」。

「そして、そのメモ」を

「所謂、左翼(同上)の者等が、

不当な手段(正当な手段なら、出所不明はあり得ない)で、外に持ち出し、

不当な手段で、持ち出されたメモを元」に

「所謂、左翼(同上)の政治家/政党やテレビ・マスコミ等」が

「大衆の中で、何としても、大問題化させる様に、

大騒ぎしている」。

・・・「これが、加計学園獣医学部新設問題の実態・実体」と

「強く、推定出来る」』。

『「つまり、其処に在る」のは、

「加計学園獣医学部新設問題では無い」。

「所謂、左翼(同上)人脈の者等による

政治運動・政治工作問題」だ』。

『「上記の様な問題の本質」は

「今や、

多くの日本国民が、

重々、理解・把握済みの事」だ。

「つまり、

所謂、左翼(同上)人脈の者等による政治運動・政治工作問題」の

「勝負は、既に、付いている」』。

『「既に負けているのに、

何故、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)人脈の者や組織等」は、

「未だに、

加計学園獣医学部の新設」を

「無理やりにでも、大問題化させようとしているのか?」

「加計氏と、安倍総理に、強い友人関係がある事に執着せざるを得ない事情等があるから」だ』。

『「韓国の朴大統領転覆工作」と

「同様の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の臭い」が

「其処に漂っている」』。

『「大統領や総理の友人等、

大統領や総理よりガードが甘く、

問題点を見出し易い

大衆の頭の中で、大統領や総理との関連付けをさせ易い者」から

「問題化出来そうな事を探し出し、

無理やりにでも大問題化する事」で、

「大統領や総理を追い落とす工作」からは、

「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮等の臭い」が、

「濃厚に漂って来る」』。

『「韓国の場合」は、

「朴大統領の側近友人等を

そのスジの者等が、

徹底的に調べたら、

本当に大問題化出来る事が出て来た様」だ。

「結果、朴大統領は、大統領の座から、失墜させられた」』。

『「日本の場合」は

「政治の精神文化も韓国とはかなり違う」。

「故に、この手の朝鮮半島スタイルの政治工作等」が

「成功してしまう可能性は、元々、低い」』。

『「何が何でも、どんな事をしても、大権の座を得て、

一度大権を得たら、

其れこそ、好き放題やる、

例え、当人が、好き放題やらなくても、

大権保持者の近くに居る事が出来ている者等が、好き放題やる、

韓国の政治の精神文化」に対し、

「日本では、

大衆合意を大切にした

減点主義的要素が強い、

精神文化に基づいた政治が行われている」。

「結果、総理にも、総理の側近の人々にも、

余程の問題児等でも無い限り、

大問題化出来る問題をつくり出す者は出辛く、

余程の問題児等なら、

総理や総理の側近の方から近づいて行く事も無い」』。

『「森友学園籠池氏問題」では、

「籠池氏側に、相応の問題が発覚した」が

「それと総理や政権等の関連付けが出来るレベルとは程遠い」。

「加計学園獣医学部新設」では、

「安倍総理と加計氏に強い友人関係がある」が

「加計学園獣医学部新設自体に、大きな問題は無い」』。

『「それでも、所謂、左翼(同上)の者や組織等」が

「未だに、加計学園獣医学部新設」で

「何としても、大問題化出来る事等をつくり出し、

それを基に、

大衆の反自民党安倍政権心理等を増大させよう・・・等とし続けている様相なのは、

何故か?」』

『「その目的」は、

「都議選の為」だ。

「都議選時までに、

自民離れ~小池新党へ大きな流れ」を

「つくり出す事が出来る」なら

「所謂、左翼(同上)人脈等による、東京都政掌握等が可能になる」』。

『「テレビ上がり、

朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身

~小沢氏の下も含む多数の政党を渡り歩き、

自民党にも籍を置いていたが、

自民党に離党届を出した

小池現都知事の実体」は

「ある意味、小沢氏等と同様」で

「内実としては、左翼(同上)」だ』。

『「所謂、保守政治家等では無く、

朝日人脈の者等とでも表した方が、

内実に近い事になる」』。

『「本当の意味での、

保守や革新、

或いは、右翼や左翼」とは、

「思想や政治の信条等に基づく事」だが、

「戦後日本」の

「所謂、{優等生的な}左翼や、

所謂、{出来の悪い}右翼」等の

「実体」は

「親朝鮮等系の人脈」だ』。

『「この実体を誤魔化す為の亜流」として、

「{上辺は、如何にも}保守」や、

「{もはや、ワザとらしいレベルの}革新」等が「ある」』。

『「東西冷戦が終わり、

旧社会党の内実等が多くの日本国民に理解・把握されてしまったり、

ネットが普及・・・等々した後」は、

「いくら、

学校教育上や、

テレビ・マスコミ上」等で、

「所謂、左翼として、優等生ぶり、正義ぶって」も、

「多くの日本国民は、

もはや、

騙されず、

操られず、

付いても行かなくなった」』。

『「その対策として、急浮上して来た」のが、

「{上辺は、如何にも}保守」であり、

「その引き立て役としての、

{もはや、ワザとらしいレベル}の革新」だ』。

『「{上辺は、如何にも}保守の実例」は、

「自民党等の中に入り込んでいた、そのスジの者たち」だ。

「小沢氏や、小泉元総理や、小池氏等」は

「その代表例」になる』。

『「引き立て役としての、{ワザとらしいレベルの}革新」の「役割」は、

「極少数政党化している社民党」や、

「実体が露呈し、

もはや、{上辺は、如何にも}保守が出来なくなった小沢氏の下」で

「育成されている様相の、山本氏」等が

「担っている」』。

『「民主党政権時には、剛腕幹事長として、幹事長室に権力を集中させようとしていた、

中国共産党に大量の議員等の人々を連れて表敬訪問した

小沢氏」や、

「極東地域日本のみ脱原発派の、所謂、左翼(同上)運動家の様相さえ露呈していた小泉元総理」や、

「まるで、韓国の政治手法の様に、

前都知事の行った事をちゃぶ台返しして、

否定し、

正義ぶっている小池都知事」等の

「実態・実体」は

「{上辺は如何にも}保守」の

「内実」が

「所謂、左翼(同上)である事」等を

「如実に露呈させている」』。

『「所謂、左翼(同上)」は、

「負け戦になる事が判っている状態でも、決して諦めようとしない場合が多い」。

「その辺り」からも、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「戦前~戦中~戦後極初期まで」は

「圧倒的に、其れこそ、ギンギンの保守・右翼論調だった朝日新聞」が

「朝鮮戦争期を境」に、

「其れこそ、アッと言う間に、

ギンギンの所謂、左翼(同上)論調に転身した裏」にも、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等と、

旧社会党系(全部では無いが・・・)の人々や、

朝日系・毎日系(全部では無いが・・・)の人々や、

細川元総理や、

小池都知事等には、

同じ臭いがする」が、

「ある意味、当然の現象」なのだろう』。

『「そして、{その}臭いがする者たちや組織等」が

「加計学園獣医学部の新設」を

「何としても、大問題化しよう・・・」とし、

「テロ等準備罪を潰そう・・・」とし、

「市場移転問題では、朝日新聞本社の在る築地を実質、推奨・・・」し、

「都議会選では、反自民党&小池新党を応援・・・」し、

「北朝鮮の核・ミサイル等の宣伝をし、脅威を煽り・・・」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話を、実質、推奨・・・」し、

・・・等々の

「情報配信」を、

「日本の公共の電波上」や、

「日本の公共的マスコミ上等」で

「行い続けて来ている」』。

『「偏向・偏重性」や

「異常性」等を

「強く、実感している」のは、

「筆者たちダケでは無い筈」だ』。

『「例えば、市場移転問題」でも、

「実際は、

既に、ほぼ出来上がっている豊洲に、

出来るだけ早く移転した上」で、

「経費を節減したり、

利益を増大させたりする、

小池氏等お得意の策を講じれば良いダケ」だが、

「その様な、至極当たり前の論等」は

「黙殺」し、

「豊洲=赤字」等の

「ご都合論を言い張っている」』。

『「言うまでも無く、

もはや、多くの視聴者・読者等」は、

「現状のテレビ・マスコミ等に

操られる程、

愚かでは無い」。

「例えば、テレビ」で、

「日頃から、

散々、

論でも出演者等でも、

偏向・偏重状態にする事等により、

印象操作や、イメージによる

実質的、大衆誘導等」を

「行い続けて来ている者たち」が

「政府・総理等による、印象操作等を言い、

正義ぶって、

大衆はそれに騙される程、愚かじゃない・・・」等と

「嘯いて」も、、

「泥棒が、逃げる時に、あいつが泥棒です!と犯罪無縁の他人を指差して言う、

何処かの国の精神文化」を、

「想起させられている視聴者等が多いダケ・・・」だろう』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「現状人間社会・経済システムのままなら、地球温暖化問題は既に手遅れ」が判らない、或いは、現状利権等の為に認めない、自虐的な者たち問題・・・。、 | トップページ | 民進党等や、朝日等は、未だに、「加計学園獣医学部新設関連の、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)官僚等でも勝手に記せ、政治工作の具とも出来てしまう、個人メモ」を、視聴者・読者等に、金科玉条の如く扱わせる事による、実質的、安倍政権転覆工作等に邁進している様相だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事