« 東京を、お仲間、小池一派に支配させたいテレビ等による、「都議選時に小池一派を利す為の、自民党ネガティブキャンペーン」等の公共の電波の不正使用問題・・・。 | トップページ | 都議選、「小池好ましい」&「自民党悪」の「イメージ」を多くの有権者が持たされてしまっている様だが、「小池の何処が好ましく、自民党の何処が悪なのか?」をちゃんと理解・把握出来ているのだろうか???・・・。 »

集団的電磁波工作が益々強化されているが・・・。

『「選挙がらみか?否か?」「北朝鮮解放戦争がらみか?否か?」等は「良く判らない」が、

「筆者を取り巻いている、集団的電磁波工作が、益々強化されている」。

「部屋の東側斜め上方向から、配管工事の後、筆者等に向かって、急に、強い、工作電磁波が来る様になった事」は、

「以前にも、記した、その後、一応の対策を施した」が、

「対策の穴の位置に、ずらしながら、工作電磁波を、何としても、筆者等に当てようとし続けている様相」だ。

「もちろん、対策の穴も、次々に、塞ぐ対策をしている」ので、

「工作電磁波の実効は出ない」が』。

『「東側斜め上方向や、東側隣室方向からの工作電磁波に対しては、

直に、対策を施す事や、対策の穴を塞ぐ対策までする事」を

「分った様相の、工作電磁波を何としても、筆者等に当て続けようとしている者等」は、

「今度は、東南~南下方向からの工作電磁波を一気に強める策に出て来た」。

「以前から、強い工作電磁波を発していた隣の建物方向から」だ。

「複数の企業等が入っている小さなビルの様な建物」で、

「事務所等の借り手も、入れ替わったりしている様相」だから、

「現在の借り手か、管理者等と、工作電磁波には、強い繋がりがある事が推定出来る」。

「それは、筆者の集合住宅の東側方向の二件でも、言える事だろう」』。

『「強さの違いはあるものの、基本的に同じ、経時変化する複数和音的な縦波ドット波工作電磁波」だから、

「同じ目的を持つ、複数の者たちによる、

筆者等に対する、工作電磁波照射」という

「集団的工作活動の実態・実体」が

「露呈している事になる」』。

『「更に、言うなら、筆者が、車で外出した時」にも、

「かなりの高確率で、強い、工作電磁波を発している車が、

筆者の車の前後や横方向に出現し続けている」。

「工作電磁波の強さ」は、

「車の電気の強さによる様」で

「トラック等、24V車の場合の方が、

遥かに、強い、工作電磁波に見舞われる」。

「ドイツ車等もバッテリーが大きいからか、

例えば、ワーゲン等でも、強い工作電磁波を発している車も在った」。

「車のメーカーには、余り、違いは無い様」だが、

「工作員等の好み故か(?)仕込み人脈の都合故か(?)」は

「不明」だが、

「スバル車と、三菱車と、古い日産車」に、

「強い工作電磁波を発する車が多い実態が少なくとも、筆者の実体験上は、在る」。

「軽自動車等の場合は、バッテリーが小さいせいか、それ程強い工作電磁波を発する車は無い様」だ』。

『「それでも、運転している車自体が、工作電磁波を発している」なら、

「距離の二乗でより強い工作電磁波照射状態に追い込まれてしまう事になる」から、

「相応の実害が出る」。

「筆者の車も軽で、その様な状態に在る」から、

「メーカー(三菱)に、電気系統が異常である旨告げ、調査依頼を、何度も出した」が、

「メーカーでは、相応に、調査を受けようとした」のに、

「ディーラーが拒否」で、

「調査は行われなかった」。

「工作関連の問題では、やる気が無いところとは、

工作実行者側である可能性が高く、

そんなところと、連綿と付き合ってもロクな事は無い」ので、

「筆者の車の場合は、適当に、対策をした」。

「結果、近隣での買い物程度なら、問題無く、実用出来るレベルにはなった」が、

「工作電磁波は、自車分と他車分が重なると、変化・強化等して、より強い、悪影響等が出易くなる」ので、

「前後や横方向等に、頻繁に、強い工作電磁波を発する車が在ると、

とても、普通に乗れる状態にはならない」。

「よって、中~長距離では、使わない事にしている」』。

『「近々、車は、三菱以外に、買い替える予定」だ』。

『「当然、車で出ている時に遭遇している、工作電磁波を発する、筆者の前後や横方向に、執拗に出現する数多い車の運転手たち」が

「筆者の部屋の近隣に居る者たちと同じとは考えられない」。

「トラック等の場合、他府県のナンバーである場合も多いから、工作実行集団の構成員の数」は

「相応に多い事が、強く推定出来る」』。

『「強い工作電磁波を照射されると、

其れこそ、意識を失い、気絶しそうになる事さえ、ある」。

「昨今、高速道路も含む、色々なところでの、運転者の運転が???故の事故の中」には、

「相当な確率で、工作電磁波の悪影響による事故が含まれている筈」だ。

「車に、

不快感

(工作電磁波を当てられると、対策無しなら、不快感や不安感やイライラ、ドキドキ等の心身体症状が出易い。

酷い場合は、思考障害や、心不全等が起こされてしまっても、何の不思議も無い。

何しろ、ドットやパルス的な実質、電気的信号でもあるのが、工作電磁波の実体だ・・・。

人体制御への悪影響があっても、何の不思議も無い。)や、

危険感(運転が???の他車の事故等は、危険感を抱かせ易い)等、

悪イメージを抱かせる為」の

「反車工作&車使用人民粛清工作」等を

「行いたがるのは?」からも、

「工作を行っている者等の人脈」が

「浮上して来る」。

「そして、工作実行者の数からも、

人脈の正体が浮上して来る」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の臭い」が

「濃厚に漂っている」のが、

「現状の日本国内に、蔓延っている、

電磁波工作の実態・実体」だ。

「極悪非道工作活動カルト宗教国家状態の北朝鮮でも、

血統や民族等を理由に、

親北朝鮮や北朝鮮とのお友達等という

日本の中の人脈の者等」が

「非人道的な電磁波工作等を行い続けている実態・実体」が

「浮上している」』。

『「テロ等準備罪も通った」のだから、

「警察等は、日本の中の集団的工作活動等を、

徹底的に摘発するべき」だ。

「電磁波工作がどんどん強化され続ける」なら、

「其れこそ、何百万人~何千万人もの日本人が粛清(殺傷)されてしまっても、

何の不思議も無い」』。

『「電離作用もある工作電磁波により、脳細胞が破壊され続ける」なら、

「アルツハイマー等の発祥率も高くなる」。

「臓器や免疫関連組織等が破壊され続ける」なら、

「発ガン率等も高くなる」。

「その悪の実効」は、

「弱毒物や有害物等を、少しずつ、継続的に、接種せしめる

飲食物工作の悪の実効を

遥かに、凌ぐ」。

「昨今の、アルツハイマーや、発ガン率の増加の裏」には、

「電磁波工作もある」。

「前記した様に、交通事故の裏にもある」』。

『「電磁波工作には、工作電磁波を発生させる物が要る」。

「もちろん、基本的に工作だから、

見て直ぐに判る機器等を使っている場合は、

基本的には、少ない」。

「筆者の部屋の周囲等では、事情は違うと推定出来るが」・・・。

「見かけは、普通のパソコン・スマホ・家電機器・設備機器等々電気機器等」で、

「ソフトによる仕込み」や

「電気機器等の少々の改悪」+「ソフトによる仕込み」等の「手段が旺盛な様相」だ。

「その上で、工作電磁波を発生させる、実質的、送信アンテナを設定している様相」だ。

「例えば、電線を曲げるダケでも、実質的に、送信アンテナ化出来てしまう」のが

「工作電磁波の実態」だ。

「直進性のある工作電磁波」だから、

「曲げられた電線に導かれる方向に向かって発生する」が、

「その発生角度等は、工作電磁波の疑似周波数等によって、変わる」。

「疑似周波数等を変える事で、微妙な調整が出来ている様相なのが、工作電磁波の実態」で、

「微妙な調整は、スマホやパソコン等でのコントロールが可能な様相」だ』。

『「ターゲットの居場所や体勢等が見えていたり、盗み見していたり、する場合」には、

「ターゲットの当てたい部分に合わせて、調整している様相が露呈している」』。

『「昨今では、至る所に、次々と、工作電磁波を発生させる仕込み等がされている」。

「その様相」は、

「北朝鮮が核・ミサイルの開発を急いでいる様相」と

「見事な程、シンクロしている」』。

『「何れにしても、集団的電磁波工作の摘発」は

「本当に、急務」だ』。

|

« 東京を、お仲間、小池一派に支配させたいテレビ等による、「都議選時に小池一派を利す為の、自民党ネガティブキャンペーン」等の公共の電波の不正使用問題・・・。 | トップページ | 都議選、「小池好ましい」&「自民党悪」の「イメージ」を多くの有権者が持たされてしまっている様だが、「小池の何処が好ましく、自民党の何処が悪なのか?」をちゃんと理解・把握出来ているのだろうか???・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事