« テレ朝朝番では、都議選小池一派大勝を受けて、常連出演者等が、早くも、国政を睨んだ反自民の流れ造成等を企んでいる様相を露呈していたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、多様性の無い常連出演者等が、似非民主主義論等を喧伝していたので、本当に呆れた・・・。 »

テレ朝朝番では、「戦争は困る北朝鮮ご用達の、米国は、今まで、北朝鮮問題で軍事オプションを使えなかったから、今後も、使えないゾ~!論」等を、常連出演者等が、日本の公共の電波上に大量配信していたが・・・。」

『「以前は、核兵器も、実用レベルのミサイルもロクに保持していなかった北朝鮮」の「軍備的成長」等は「実質的に、大讃美し続けて来ている」が、「北朝鮮による他国内の工作活動等」や

「米国の軍備的成長」等は

「無い事にしたがる」のが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下状態の、テレビ・マスコミ等」だ』。

『「米国が、民主党クリントン政権時」に、

「大した兵器を保持出来ていなかった状態の北朝鮮に対する、軍事行動」を

「韓国の大反対により、諦めた{故事}を元」に

「核ミサイルまで保持出来ている可能性大の現在の北朝鮮には、

もはや、米国が軍事行動を仕掛けられない」等と

「思い込み、信じたがり、同様の思いで、視聴者の頭の中を染めたがる」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態の者等」と

「相場は決まっている」』。

『「はっきり言えば、米国が北朝鮮に軍事行動を仕掛けるハードル」は、

「現在の方が、遥かに、低い」』。

『「民主党クリントン政権時」には、

「北朝鮮による韓国等に対する攻撃を十分に無効化出来る手段等を、

ほとんど持っていなかった米国」だが、

「現在では、北朝鮮に攻撃させない手段を保持出来ている」。

「北朝鮮の軍備的成長より、

米国の軍備的成長の方が早い」のだから、

「それは、極めて当然の事」だ。

「ところが、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は、

「この様な現実も、無い事にしたがる」』。

『「民主党クリントン政権時」には、

「韓国による大反対で、戦争回避となった」が、

「北朝鮮による工作活動汚染が激しい、

日韓、特に、汚染度がより激しい韓国の意向に振り回される程、

共和党トランプ政権は甘く無い」』。

『「今、問題となっている」のは、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争に対する、

国際合意と、

米国民意の同意のみ」だ』。

『「国際合意を取り付ける為に行っている事」が

「中国やロシア等」に、

「どうにかしろ!」と

「強く迫っている事」だ。

「どうにかしない」なら、

「消極的合意が出来た事になる」』。

『「国際合意上では、今、中国やロシア等に、少々の時間が与えられ、

その間に、なんとかするなら、

軍事オプションは回避する」という、

「実質的、執行猶予状態」だ。

「{執行猶予中}に、

中国やロシアがなんとかしなければ、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争が行われる事になる」』。

『「米国内の同意ハードル」は、

「不当拘束され、昏睡状態で、米国に帰還した、米国人大学生」が、

「米国の最先端医療技術でも助けられず、死亡した事」で

「かなり、下がっている」。

「其処に、米国まで届く、核ミサイル」を

「北朝鮮が保持する」という

「事実」が

「重なる」なら、

「米国が

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争を

躊躇う理由は無くなる」』。

『「逆に、北朝鮮を核兵器保有国家として認めてしまう」なら、

「元々が、極悪非道工作活動カルト宗教国家状態である北朝鮮」による、

「非人道的な工作活動が、

主として、日韓内のみならず、

米国内やEU内等でも、

旺盛に行われ始める事に直結している」。

「日韓内の北朝鮮による非人道的な工作活動の実態・実体」を

「十分に、把握している米国」が

「その様な自虐的な道を選択する訳も無い」』。

『「トランプ大統領」は

「日韓が、酷い北朝鮮に我慢しているのは、信じ難い旨、

北朝鮮問題は、中国に解決させる旨、

つぶやいている」が、

「もちろん、それらは、皮肉」だ』。

『「普通の国なら、

自国内の、北朝鮮の様な国による非人道的な工作活動等は、

ちゃんと排除するのが、当たり前でしょ!」等の旨が、

「日韓に向かって、言われ」、

「他国内で、非人道的な工作活動まで行っている北朝鮮を陰で支え続けているなら、

中国も北朝鮮と同じと見なしますよ!」等の旨が、

「中国に向かって言われている」のが

「実態・実体」だ』。

『「超おバカな、北朝鮮劣悪国家指導者等や、その手下等(日韓内も含む)」は

「北朝鮮の核大陸間弾道弾開発を急いでいる」が

「その自虐行為」は、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争の開戦を

どんどん近づけている」のが

「現実」だ』。

『「自国の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等への対策が甘い

日韓に少々の犠牲が出てしまっても、

それは、自業自得」になる』。

『「日韓の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は

「北朝鮮の核・ミサイル開発に対する、技術情報等援助や資金援助等まで行い続けて来ている」と

「共」に、

「情報工作や政財界工作や、

非人道的な、飲食物工作や電磁波工作や侵入工作等々まで行い続けて来ている」。

「健常なテレビ・マスコミ等」なら、

「自国内の北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の工作活動等を

告発等し、

徹底排除等を訴える」のが、

「当たり前」だ。

「北朝鮮の核・ミサイル等の大宣伝等は、積極的に行い続けて来ていても、

自国内の工作活動等は、無い事に・・・」というのは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的手下、テレビ・マスコミ等になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、テレビ・マスコミ等が、

推奨している政権や首長等とは、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、都合の良い政権・首長等に他ならない」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的手下、テレビ・マスコミ等が、

批判・非難等している政権や首長等とは、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、都合の悪い政権・首長等に他ならない」』。

『「昨今の日本では、

安倍政権批判・非難が旺盛」だが、

「大批判・大非難されている、言葉狩りや態度狩りの結果」が

「日本国・多くの日本国民に多大な被害等をもたらしているだろうか?」

「一学校法人設立問題」や

「一国有地払い下げ問題」や

「一獣医学部新設問題化」等を、

「大問題とする事のメリットは、何処に生まれるのか?」』

『「日本を細らせ、反日国や日本の中の反日国人脈等を大いに太らせた民主党政権時の大問題」や、

「利権を集中させる事で、日本国内を二極化格差社会化させた小泉政権時の大問題」等と

「今の、安倍政権で大問題とされ、大騒ぎしている事」とは、

「全く、本質的な意味が違う」』。

『「安倍政権を批判・非難等し、

民主党政権や小泉政権等を

推奨し続けて来ている」のが、

「多くのテレビ・マスコミ等の実態・実体」だ。

「そして、今、それらのテレビ・マスコミ等は、

民主党からも、多くが流れ込んでいる、小池一派を推奨している」。

「北朝鮮の核・ミサイル等を大宣伝しながら、

北朝鮮等による日本国内の非人道的な工作活動問題を無い事にしながら、

・・・」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、都議選小池一派大勝を受けて、常連出演者等が、早くも、国政を睨んだ反自民の流れ造成等を企んでいる様相を露呈していたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、多様性の無い常連出演者等が、似非民主主義論等を喧伝していたので、本当に呆れた・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事