« もはや、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の活動家的様相の前川前文科事務次官を正義のヒーローの如く扱いたがっている様相の韓(北朝も含む)流テレビ等問題・・・。 | トップページ | 自由貿易の維持~拡大の前に、現行経済・社会システムの是正でしょ・・・。 »

昨今の筆者の周りの集団的電磁波工作の実態・・・。

『「上の部屋の者たち」が「筆者の居場所や体勢を電磁波技術を悪用して覗き、執拗に、追いかけ回しながら、

ポイントアップし続けると共に、

工作電磁波自体も照射し続けている時間割り合いが異常に高い事」等は、

「以前のフィリピン人たちの時と同じ」で、

「それらの者たちに、繋がりがある事」は

「既に、以前にも、記した」』。

『「昨今では、工作電磁波がより疑似高周波化し、そのエネルギー量が増えている」からか、

「筆者のところにも、より強い工作電磁波がやって来る様になってしまっている」。

「相応の対策が必要なので、仕方無く、時間とお金と手間をかけて、更なる対策強化を行い続けて来ている」が、

「その様相は、工作電磁波を執拗に当て続けようとし続けている者たちにも良く判る」からか、

「昨今では、より強い電磁波によるより早い悪の実効を目指している様相」だ。

「筆者の居場所を、覗き、付け回す、執拗さも増している」。

「既に、現状では、対策のある筆者の部屋」は、

「マイナスイオン満載レベルを遥かに超え、

まるで、電気治療室状態」だが、

「対策無き場合、同レベルの工作電磁波を執拗に当て続けられるなら・・・」を

「検証する」なら、

「工作電磁波の悪質性も良く判る事になる」』。

『「上の部屋の者たち」は

「筆者の居場所や体勢をポイントアップする為と、

同時に、筆者に強い工作電磁波を当てる為」に

「相応の大きさのある工作電磁波機器を保持している様相」だ。

「もちろん、工作道具だから、上辺は、如何にも工作機器とはなっていないだろうが、

逃げ場所や放棄場所を潰した上で、一斉摘発をかけるなら、

確実に{物}を押さえる事が可能になる」』。

『「筆者の部屋には、周囲の建物からも、強い工作電磁波が当てられ、それの一部は、筆者側の対策により、反射等している」から、

「工作電磁波を観測出来る機器で、観測する」なら、

「筆者の部屋を取り巻く、工作電磁波の実態等は、

結構、判り易い筈」だ。

「単なる偶然で、これ程強い工作電磁波が、一個人の部屋~部屋の中に居る者に集中させられる可能性は、

ほとんど皆無」だから、

「ターゲットに浴びせる工作電磁波の濃度を高める事による

悪の実効狙いの実態(=意図的な悪意)」等を

「判明させる事も十分に可能な筈」だ』。

『「テロ等準備罪も発効したことだし、

そろそろ、本格的な摘発を行って頂きたい」等と

「強く願っている」』。

『「電磁波工作が、集団的工作活動である事」は、

「筆者が外出した時の

街中に在る工作電磁波発生場所や、

工作電磁波が発生する様に仕掛けられている筆者の車や、

車運転中の他の工作電磁波を発している車」等々からも、

「明らか」だ。

「東京でも在った」から、

「かなり大きな集団的工作活動が仕掛けられている事」は、

「間違い無い」』。

『「何処のどんな人脈の者たちが行っているのか?」も、

「ある程度、強い推定が可能な状態になっている」。

「他の記事にも、何度か記した」が、

「筆者の実感」では、

「拉致工作にも手を染めた可能性大の

北朝鮮系の人脈の者たち等が、

世代交代をしながら、

執拗な電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々を続けている感」が

「非常に強い」。

「そして、それらと友好関係のある人脈の者たちも、

電磁波工作等々に手を染めている」』。

『「先日、何軒かの車のディーラーを訪れ、いくつかの車に試乗させてもらった」が

「試乗車の中にも、工作電磁波を発生している車が在った」。

「恐らくは、スマホ等と同様の、ソフトによる仕込み」だろう。

「不思議な事に、工作電磁波を発生していた試乗車は、

何処の場合でも、

軽の装備の少ないグレードだった」。

「普通車(筆者が試乗したのは、皆、コンパクトクラスだが・・・)の場合は、

工作電磁波らしい電磁波を感じた試乗車は、

筆者の少ない体験上、今のところ、未だ、無い」。

「まさか、何処かの思惑で、出来る限り、普通車を選択させるべく、

工作電磁波ソフトを仕込み・・・なんて事は、無いだろうが」・・・。

「可能性が高く思えるのは、

ディーラーで試乗車も見ていた者の中に、

車嫌いの反日工作員等も居て、

車に悪イメージを付ける為に・・・、

或いは、試乗時に事故を誘発させる為に・・・等」だろう・・・』。

『「何れにしても、そんなところにまで、

電磁波工作の悪害は、

既に、入り込んでいる」。

「徹底摘発が、強く望まれる」』。

『「車メーカーやディーラー等」は

「実効のある工作電磁波対策を急ぐべき」だ。

「ソフト面では、工作電磁波ソフト等の不正書き込みを徹底的に封じ込める事が必要」になる。

「工作電磁波発生ソフトを仕込まれてしまった車から、

速やかに、工作電磁波発生ソフトを削除し、

二度と書き込まれない様にする技術・体制等の整備も急務」だ。

「工作電磁波は、交流波・パルス波と当たる」と

「より強い害を発し易くなる」。

「本来なら無い、余分なパルス波状態等を発生させる手段」として、

「点火プラグの信号を、ある一つ気筒の一本のリード線ダケを長めにし、折り返す事で、

電気をホンの少し、滞留させる手段が在る」。

「筆者の車にも、{その手}が仕込まれていた」ので、

「リード線の長さをそろえたら、

その部分からの工作電磁波の悪害が、かなり、軽減された」』。

『「ソフト面では、筆者の車のメーカーの場合は、

ディーラー側が、対処拒否状態である上に、

例え、一回削除してもらったところで、

また仕込まれれば同じで、

筆者の今の車は鍵も弱く、

侵入工作も容易だから、

そのまま・・・」だ。

「もちろん、それでは、乗り辛い」から、

「物理面で、工作電磁波対策を施して乗っている」が、

「度々、出先でも、侵入工作で、リード線の位置や角度を変える工作員まで付き纏っている」から、

「本当に、呆れる」。

「乗る前に、毎度、毎度、リード線の位置や角度を確認し、工作電磁波が車の運転に支障の無い方向に発する様にしてから、運転を始める」のは、

「面倒だが、やらないで運転して、運転し辛い状態になるより、遥かにマシ」なので、

「仕方無く、行い続けている」。

「この辺りの事情は、部屋の場合と同様」だ』。

『「集団的ストーカー的様相まで露呈している」のが

「電磁波工作や飲食物工作等を行っている連中」だ』。

『「確実に言える事」は

「日本国内には、筆者の様な、一般日本国民に対しても、

執拗に、

今までの法律や摘発体制等では、摘発・処罰等困難な

非人道的な集団的工作活動を仕掛け続けている者たちが居る事」だ。

「この組織犯罪の徹底摘発」は

「本当に、急務」だ』。

|

« もはや、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の活動家的様相の前川前文科事務次官を正義のヒーローの如く扱いたがっている様相の韓(北朝も含む)流テレビ等問題・・・。 | トップページ | 自由貿易の維持~拡大の前に、現行経済・社会システムの是正でしょ・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事