« テレ朝朝番では、多様性の無い常連出演者等が、似非民主主義論等を喧伝していたので、本当に呆れた・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、元々、劣化どころか、反日国の手先情報工作員等的常連出演者等が、似非、政治劣化論等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレ朝昼番では、「北朝鮮を核保有国として認めて、米朝交渉するしかないゾ~!論」等を、日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「先日、国際決議等を無視して、発射した、北朝鮮のミサイル」が、「500キロ程度の重さなら、搭載出来る等の旨」の

「米国北朝鮮研究機関の発表等」を

「引用」し、

「其処に、広島原爆の重さ等を重ね」、

「北朝鮮の核ミサイルは、実用化出来ている様なイメージ」を

「風潮」し、

「米国も、北朝鮮が核保有国である事を前提にした交渉を行わざるを得ないでしょうねぇ~」等と、

「常連出演者等が、付け足していた、その実態・実体」は、

「正に、日本の公共の電波を不当使用出来てしまっている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の情報配信機関」だ』。

『「現実との大きな違い」は、

「重さとして、核弾頭レベルを搭載する事が出来ても、

ミサイルとして使えるか?は、全く別」で

「現状の北朝鮮には、核ミサイルとして使える技術も部材材料等も、

今のところ、未だ、足りない」。

「更に、米国が軍事オプションを行使出来ない事」を

「前提としている事」も

「大きく違う」』。

『「それらの現実から、容易に予想出来る近未来」は、

「北朝鮮が使える核ミサイルを完成させる前」に

「主として、米国による、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」が

「起こされる事」だ』。

『「日韓内の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は、

「何としても、北朝鮮解放戦争ダケは避けさせたい、

そして、その時間稼ぎの間に、

北朝鮮に使える核ミサイルを持たせたい、

そうする事で、

核保有国としての北朝鮮と米国との交渉を実現させ、

北朝鮮一派による日韓内支配工作が、

より旺盛に行える状態を構築したい、

・・・等々」だろうが、

「もちろん、そんな悪の思惑」は、

「とっくの昔に、米国要人等も重々承知」で、

「悪魔に魂を売り渡す事でも無い限り、

米国が、北朝鮮を核保有国として認める事はあり得ない」』。

『「北朝鮮を核保有国として認めざるを得なくなる前」に、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等を仕掛ける事になる」』。

『「つまり、北朝鮮が急いでいる{使える}核ミサイルの開発」の

「実効」は

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争を

より早く、呼び寄せている事以外の何モノでも無い」』。

『「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争の

主たる犠牲者」は、

「北朝鮮の軍人になる」。

「日韓が、ミサイル防衛と工作活動対策をちゃんと行うなら、

日韓内には、ほとんど被害が出ない」。

「つまり、日韓内の米国人等に対して、避難誘導等を行う必要が基本的に無い」』。

『「米国による宣戦布告」から

「ホンの少しの時間が経つダケ」で、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」は

「実際に、終わっている事になる」。

「主として、北朝鮮の軍人に甚大な被害を出しながら・・・」』。

『「戦後処理には、少々の時間がかかる」が

「現状の大問題である北朝鮮劣悪国家指導者等は、既に、亡きモノとなっている」から、

「戦後処理は、意外な程、スムーズに進む事になる」』。

『「米軍は、戦後直に、引く事で、北朝鮮解放戦争の正当性を全世界に認めさせる事が出来」、

「中国やロシアには、不戦故のメリットが与えられる事になる」』。

『「逆に、米国が北朝鮮解放戦争を躊躇した場合はどうなるのか?」

「{使える}核ミサイルを持ててしまった北朝鮮の{要求」」を

「呑むか?突き返すか?」の

「選択が、直に、突き付けられる事になる」』。

『「呑むなら、極悪非道工作活動国家北朝鮮の膨張が始まる」。

「呑まなければ、北朝鮮側からの軍事圧力(軍事行動も含む)が発生する」』。

『「次第に、韓国は、北朝鮮の支配下になり、

その波が、日本にも押し寄せる」。

「工作活動と軍事圧力による北朝鮮の日韓内支配が完了する頃、

米国内も、北朝鮮の工作により、

ボロボロ状態に陥る事になる」』。

『「そんな状態を跳ね返す為には、核戦争を覚悟する必要が生じ、

核戦争となれば、人類滅亡が決定的となる」』。

『「現状の経済過剰追及故の温暖化による人類滅亡の時までには、

未だ、少々の時間がある」が

「核戦争が起きるなら、その時点でアウト!」になる』。

『「極悪非道工作活動カルト宗教国家状態」の

「現状の北朝鮮」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下から解放する事」は

「人類の急務」だ。

「主として、日韓内のカルト宗教信者状態の

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等への対策も急務」だ』。

『「多くの北朝鮮国民が、カルト宗教信者状態では無い」のなら、

「斬首作戦ダケで用は足りる」が、

「多くの北朝鮮国民や、

主として、日韓内に居る、北朝鮮劣悪国家指導者の実質的、手下等が、

カルト宗教信者状態である現状」では、

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争以外の選択肢は無い事になる」』。

『「逆に、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、カルト宗教信者等にとっては、

北朝鮮解放戦争ダケは、絶対に、避けさせなければならない事になる」』。

『「韓国の従北大統領」が

「北朝鮮解放戦争反対!」なら、

「従北大統領が、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、カルト宗教信者である事」の

「証左になる」。

「日本の政界や、テレビ・マスコミ界等の者たちでも事情は同じ」だ』。

『「カルト宗教信者たちの戯言」は

「対話が成り立つ訳も無い、北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」で、

「カルト宗教信者たちが、願っている事」は

「北朝鮮が核保有国として認められる事」という訳だ』。

『「北朝鮮が核保有国として認められる」なら

「断じて、対話では無い、

北朝鮮劣悪国家指導者等による{要求}を

蔓延らせる事が出来易くなってしまう」。

「内実として、そんな事を望んでいる者たち」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等で無い訳も無い」』。

『「今のまま、北朝鮮が、戦争を呼び寄せ続ける」なら、

「近々、事態は、急変する」。

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」が

「日常の延長線上で、

ある日突然、始まり、

直に、北朝鮮の負けで、終わる」』。

『「戦後、

北朝鮮劣悪国家指導者等はもちろん、

主として、日韓内に居る、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等やその協力者等」も、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「現状で、常連出演等してしまっている実質的、手下等」は

「大衆に覚えられている分だけより大きく、

永遠の恥辱に染まる道の上で{輝く}事になる」。

「非常に、お気の毒な事だが」・・・』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員やその協力者等への

実効のある対策」は

「本当に、急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

(『「現状のまま・・・」では、

「北朝鮮解放戦争時」に

「日本にも、少々のミサイルが飛来する事になる」だろう。

「一つは、恐らく、軽井沢上空で大爆発」し

「一つは、横須賀に向かうが、途中で撃墜され、爆発もしない」。

・・・等々』。)

|

« テレ朝朝番では、多様性の無い常連出演者等が、似非民主主義論等を喧伝していたので、本当に呆れた・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、元々、劣化どころか、反日国の手先情報工作員等的常連出演者等が、似非、政治劣化論等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事