« 信用出来ないのは「安倍総理か?」「テレビ・マスコミか?」それとも「両方か?」・・・。 | トップページ | 蓮舫民進党代表の辞任と、稲田防衛大臣の辞任・・・。 »

テレ朝朝番では、「北朝鮮を有利にする、核戦争脅し」や「安倍政権を不利にする実効を持つ官僚の反乱論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「相変わらず、見事(もちろん、皮肉)な、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり等を露呈していた」ので「本当に呆れた」。

「本日のテレ朝朝番」では、

「パキスタン指導者のインド核攻撃考察事例まで持ち出して、

核兵器を持っている国(北朝鮮も含む)は

悪戯に刺激しない事」等を

「実質的に、推奨等していた」』。

『「今の、未だ、十分な核・ミサイル等を保持出来ていない、

北朝鮮にとって、

現状のまま時間稼ぎが出来る、

武力行使による問題解決が行われず

北朝鮮側の要求を突きつけ続けるダケに出来てしまう対話方向に事が進む事」等は、

「正に、渡りに船」になる。

「核戦争脅しで、

日本国内の世論等をその方向に向かわせたがっていた様相」の

「テレ朝朝番等の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の犬ぶり」は

「本当に醜悪」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題を解決する気がある」なら、

「今の内」に、

「米国は、遠慮無く、

北朝鮮の核・ミサイル設備等を攻撃するべき」だ。

「現状」なら、

「北朝鮮が反撃する可能性」は、

「本当に少ない」。

「何故なら、反撃して、全面戦争になれば、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わるから」だ』。

『「もちろん、そんな事態を北朝鮮劣悪国家指導者等が導き出す訳も無い」。

「贅沢三昧で育って来ている現世利益への執着心の強い権力者等」が

「真剣に考える事」は

「保身と贅沢三昧生活の維持」だ。

「それは、日韓併合の歴史からも良く分る」』。

『「国民を衰退化させ支配する事等で

国民からの徹底搾取を可能とし、

その上で、贅沢三昧生活等を行っていた

劣悪兼職者等の目的」は、

「保身と贅沢三昧生活に他ならなかった」。

「清の属国状態を呑む事で、

韓国内の支配権を維持しながら、

国民を徹底的に衰退させる事で、

権力交代の芽を摘む」と「共」に

「徹底搾取も可能にしていた」のが

「日韓併合前の韓国権力者等の実態」だった。

「例え、国や国民の支配権等を手放しても、

その身の保身とより良い贅沢三昧生活等が担保される」なら

「そちらを選択する」のが

「贅沢三昧権力者等の実体」だった。

「実際に、日韓併合により、

当時の韓国権力者等」は、

「韓国・韓国民の支配権を実質的に放棄した裏で、

日本国の準権力者の立場を得、

より安定したより良い贅沢三昧生活を手に入れた」。

「何としても、例え、小国土・少国民数状態となっても、単独で国を維持する事」や

「欧米列強に食い荒らされて衰退化していた清の属国状態に甘んじながら、

清同様に食い荒らされて行く韓国内を統治し続ける事」や

「欧米列強等に徹底反抗して、歴史に名を遺す」等より、

「日本の庇護の下での立場と贅沢三昧生活を選択した」のが

「実体」だ。

「それは、主たる目的が、保身と贅沢三昧生活であるが故の実現象」でもある』。

『「日本による韓国保護契約~日韓併合という二国間の国家契約の後」は

「日本側の善意とより進んでいた精神構造状態等により、

韓国の国家権力者等ばかりでは無く、

多くの韓国国民までもが、

より良い生活等を手に入れる事が出来た」のが

「歴史上の現実」だ。

「それを、日本の敗戦につけ込んで、

日本による侵略~植民地支配等と嘯いて来ている」のが

「朝鮮の悪権力者等の実態・実体」だ』。

『「朝鮮の悪権力者等の実態・実体」は

「言うまでも無く、現状の北朝鮮極悪国家指導者等にも在る」。

「北朝鮮極悪国家指導者等が行って来ている事も、

日韓併合前の韓国と同様の自国民等衰退化支配等」だ。

「北朝鮮国民が日韓国内にも居る事等を利用した

集金や技術・情報等集め」や

「日韓内を北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い状態にする工作」等々が

「加わってしまっているダケ」だ。

「加わっているモノの悪影響」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の贅沢三昧生活の他に、

贅沢三昧生活の維持を全世界に無理強いする為の

核・ミサイル等の界発までもが可能になってしまっているダケ」だ』。

『「劣悪国家指導者等の精神構造は実質的に、同じ」だから、

「保身と贅沢三昧生活が担保されるなら、

国家・国民の支配権等を手放させる事」は、

「難しい事では無い筈」だ。

「米軍が北朝鮮の核・ミサイル施設等への部分攻撃を行う」なら、

「北朝鮮問題は、一気に解決方向に動く事になる」。

「部分攻撃の後、北朝鮮劣悪国家指導者等に{救いの手}を差し伸べれば良い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等による

万一の

全面反撃等が不安」なら、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる

北朝鮮解放戦争を行うべき」だ。

「多くの北朝鮮国民(主として軍人)の犠牲が出てしまう」が、

「その多くは、カルト宗教信者の犠牲」でもある。

「カルト宗教信者の人権等を優先して、

北朝鮮による主として日韓内で非人道的な工作活動を黙殺し続けさせる事」の

「実体」は

「主として日韓内の

多くの普通の人々の人権を

大きく損ね続けている事に他ならない」。

「陰険なナチス・ヒトラーの工作活動による大量殺害」は

「直ちに止めさせなければならない」』。

『「人命の犠牲を最小限にしながら、相応の実効を持つ手段」としては、

「実行中と推定される、斬首作戦がある」。

「北朝鮮劣悪国家指導者の全てを斬首し、

新たに、劣悪では無い、話しの通じる国家指導者等に北朝鮮の統治を任せる」なら、

「反撃も無い」。

「問題は、北朝鮮国民が納得する新たな北朝鮮国家指導者」になる。

「影武者金正恩の一人を利用する手もあるとは、思うが」・・・。

「代わりの居ない、斬首作戦の後、

万一の反撃があるなら、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」という

「手段もアリ」だろう』。

『「何れにしても、

北朝鮮劣悪国家指導者問題に対する

実効のある対策の実行」は

「急務」だ』。

『「逆に、現状のままの北朝鮮を放置する」なら

「其れこそ、一年以内に、

北朝鮮は、

米国本土を核攻撃出来る大陸間弾道弾を多数、実戦配備してしまう事になる」。

「そうなると、北朝鮮劣悪国家指導者等は、

不当要求を次々と出し続ける事になり、

他の国々が、北朝鮮の不当要求を拒絶する、無効化する為には、

全面核戦争を覚悟する必要がある事になる」。

「現状のまま、北朝鮮を放置する事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、

人間世界の支配権の一部を与えてしまう事に直結している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

人間世界の支配権の一部を得る事の、

オコボレメリットを得られる立場に居るつもりかも知れない、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は、

「情報・教育工作や、

不適応分子粛清工作や、

有益分子育成工作や

北朝鮮への資金・技術提供工作等々」に

「忙しい様相」だ』。

『「日韓内等北朝鮮外に多数の工作員や協力者等の手下を抱えている状態の

現状の北朝鮮への経済制裁では、

北朝鮮の核・ミサイル開発が止まる訳も無い」』。

『「経済制裁の前に、

北朝鮮の手下の徹底摘発が必要」だが、

「工作員や協力者等の上辺」は、

「その国内の普通の人々」だから、

「手下の摘発は困難を極める事になる」。

「北朝鮮問題を本気で解決する気がある」なら

「対話や経済制裁では無理」だ。

「大きな反撃力を持つ前の武力行使による解決」が、

「実効のある手段」になる』。

『「官僚の反乱???」

「言うまでも無く、差別の無い戦後日本の公務員界には、

多数の、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の者たちも居る」。

「異常な戦後処理により、

メディア界や、

学校教育界にも、

多数の、所謂、左翼(同上)の者たちが居て、

実権の多くを押さえ続けて来ている」。

「所謂、左翼(同上)官僚と、

所謂、左翼(同上)メディアの

コラボによる、

{大衆マインドコントロール工作}」は

「本当に醜悪」だ』。

『「そんな事を行っている暇がある」なら

「日本国内の北朝鮮等の手下工作員・協力者等を徹底摘発する事等を

頑張るべき」だ』。

『「イメージは悪でも、

日本国・多くの日本国民の為になる事が実行されていれば

大きな問題は無い」。

「イメージが善でも、

北朝鮮劣悪国家指導者等による日本乗っ取り支配等が実現してしまう方向に事が進められている」なら、

「直ちに、そんな事は止めさせるべき」だ』。

『「事の実体を考える」なら、

「誰もが判る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

« 信用出来ないのは「安倍総理か?」「テレビ・マスコミか?」それとも「両方か?」・・・。 | トップページ | 蓮舫民進党代表の辞任と、稲田防衛大臣の辞任・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事