« サンデーモーニングでは、元々、劣化どころか、反日国の手先情報工作員等的常連出演者等が、似非、政治劣化論等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 昨今の筆者の周りの集団的電磁波工作の実態・・・。 »

もはや、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の活動家的様相の前川前文科事務次官を正義のヒーローの如く扱いたがっている様相の韓(北朝も含む)流テレビ等問題・・・。

『「よくよく考えてみる」なら「誰もが分る事」だ。「タカが、一獣医学部新設等」を「大問題化させようとして、大騒ぎ出来ている、現状の日本が、どれ程、平和ボケな状態か!!」

「この平和ボケ逃避状態をつくり出す事」等に、

「大いなる力を発揮している」のは、

「戦後日本の学校教育と、テレビ・マスコミ等の情報に他ならない」』。

『「安倍政権批判・非難等も、大いに結構」だが、

「その批判・非難等の元」が、

「言葉狩りや、

態度狩り」や、

「一獣医学部新設問題化や、

一学校法人設立問題や、

一国有地払い下げ問題等々の

実質的、小事」では、

「大事問題を隠蔽せしめる為の小事大騒ぎの域を出ない」』。

『「例えば、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

非人道的工作活動に対する対策が甘い!」等の

「日本国内の重大事に対する問題点の批判・非難等」なら、

「安倍政権に対する批判・非難等が大きな力を持つべき実体がある事になる」が、

「現状の、反対野党や反対人脈のテレビ・マスコミ等による、

実質的、反対野党側等を利す為の政治運動等の為の批判・非難等」では、

「ある意味、本当に、時間の無駄」だ』。

『「実に、バカらしい、

小事の大問題化政治運動」で

「国会まで開いている」とは、

「本当に、平和ボケも、いい加減にしろ!」の

「世界」だ』。

『「官僚を辞めて、フリーとなり、制約が無くなった前川前文科省事務次官」は、

「文科省時代に、自分の意志に反する事が、通されてしまった事に対する恨み満載の様相」だが、

「それは、

元々が、学力面等で、自分が一番常連」で、

「周りの人々」に、

「あの人は優等生!」

「あの人は、特別(エリート)!」等々と、

「持ち上げ続けて来ている、

所謂、エリートにはありがちな事」だ。

「所謂、エリートが、圧倒的に、苦手な事」は

「自己否定」であり、

「自己否定に繋がる者・物・事等に対しては、

徹底的に、否定・排除等しようとする」のが、

「所謂、エリートの負の性」だ』。

『「文科省トップであった、所謂、エリート前川氏」は、

「文科行政が、前川氏の思う通りに運ぶ事こそが、正解等」と、

「強く信じ込んでいた筈」で、

「其処に、政治主導の波が来れば、

自分より、おバカな政治家等の政策等が、

エリートの自分が考え、実行させようとしている政策より良い訳が無い」等と、

「思い込んでいて、何の不思議も無い」』。

『「しかし、実権面」では、

「政治家>官僚」なので、

「政治主導以降、前川事務次官に溜まっていたであろう、

政治主導に対する、恨み等」は、

「本当に、甚大なモノとなっていた筈」だ』。

『「本質的には、日本国・日本国民の為の考えを優先するのが、

自己が否定される事を極端に嫌う優等生等の特徴」だが、

「現状の前川氏の状態」は

「日本国・日本国民の為」よりも、

「事務次官時代の鬱憤晴らし等」が

「優先されている様相」で

「その実態・実体」は

「まるで、所謂、左翼(同上)の活動家」だ』。

『「そんな前川氏を大歓迎して、

まるで、ヒーローの如く扱いたがっている」のが、

「所謂、左翼(同上)の政党や、テレビ・マスコミ等」という訳』だ。

『「実に、くらだらない、ドタバタ劇が其処に在る」。

「こんなモノに、

公共の電波や、

公共的マスコミの

貴重な時間や紙面等を割いている暇がある日本」とは、

「本当に、深刻な平和ボケ」だ』。

『「北朝鮮問題を本気で解決する気がある」なら

「日本国内の北朝鮮系の工作活動等を徹底摘発する事等」が、

「王道」になる。

「何しろ、北朝鮮の実体」は、

「極悪非道工作活動カルト宗教国家だから」だ。

「日本国内の工作活動が、摘発される事」は

「そのまま、北朝鮮劣悪国家指導者等の弱体化に直結する」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が弱体化する」なら、

「相対的に、その他の北朝鮮国民の力が増す事になる」から、

「民主化や解放政策等が実現し易くなる」。

「逆に、日本国内の北朝鮮の工作活動を摘発しない事」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の力を温存させ、

北朝鮮問題をより深刻にする事に直結している」』。

『「この重大問題に対する対策が甘過ぎるから・・・」等と、

「安倍政権を批判・非難等する」なら、

「それは、非常に合理的」だ。

「しかし、反対野党や反対テレビ・マスコミ等の論理に乗せられて、

言葉狩りや、態度狩りや、

実質的小事の大問題化等々」で

「安倍政権を批判・非難等{させられている}」なら

「本当に、深刻なおバカ」だ』。

『「自分の意思や行動等」を

「反対テレビ・マスコミ等や反対野党等に操らせる事等」は、

「相応に、愚かで、自虐的な事になる」』。

『「日本国民なら日本国民として、

テレビ・マスコミ等や学校教育等に操られず、

身の周りの実体や事実・現実・実感等を大切にしながら、

自分の意思や考え等」を

「保持し続ける事」等が、

「自虐を避ける王道にもなる」』。

『「反対野党や反対テレビ・マスコミ等の論理で多くの日本国民が操られる」なら

「利を得るのも、反対野党や、反対テレビ・マスコミ等になる」』。

『「当たり前の事」だ』。

『「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」という

「誤解や不当誘導等を避ける大原則さえ、

ロクに守っていない、

悪劣なテレビ・マスコミ等」を

「リーダーの如く信望する」のは、

「詐欺師やカルト宗教等に騙され、操られてしまう人々と同じ状態の人々」だ』。

『「偏向・偏重テレビ・マスコミ等情報や学校教育等の嘘やインチキ等」に

「常に傾注し、それらに、決して操られず、

実体や事実・現実の原寸大を忘れずに、

偏向・偏重を正す事等が出来ていてこそ、

正常な成人状態」になる』。

『「正常な成人を育成していない、劣悪な文系情報・教育の是正」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、元々、劣化どころか、反日国の手先情報工作員等的常連出演者等が、似非、政治劣化論等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 昨今の筆者の周りの集団的電磁波工作の実態・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事