« 田原総一朗が進言したという「安倍総理の政治生命をかけた冒険」とは・・・。 | トップページ | 相変わらず、筆者の部屋や車等では、工作電磁波が酷い・・・。 »

「(政治の)受け皿論」が盛んだが・・・。

『「多くのテレビ・マスコミ等で言われている、政治の受け皿」の「実体」とは「既成政党では無い、新たな、政治実権を持つ者たち」になる。

「其処」には、

「テレビ・マスコミ等にとって都合の良い、政治実権を持つ者たち」への

「政権交代」の

「臭い」が「濃厚に、漂っている」』。

『「小泉!!!」

「民主!!!」

「・・・等々の時」と

「同じ臭い」だ』。

『「別の誰か」や、

「別の政党」に

「頼れ!」の

「実体」は

「誰か」や

「別の政党」に

「実権を与えよ!」に他ならない』。

『「特定の者・物・事等を偏重等し、強い実権等を持たせ、それに頼る」のは、

「精神構造が未熟状態の子どもや、精神構造が不健常状態の所謂、オトナ」だ。

「実権は、人に持たせず、実体や事実・現実に預け、他の健常な人々と共有する」が

「健常成人の常識」だ』。

『「不健常を推奨する」のは、

「不健常なテレビ・マスコミ等になる」。

「不健常なテレビ・マスコミ等」に

「多くの視聴者・読者等が毒される」なら

「その実害は、甚大」だ』。

『「甚大な実害をもたらし続けて来ているテレビ・マスコミ等の罪」は

「大きい」。

「厳罰が与えられて然るべき実態・実体」が

「其処にある」』。

『「言うまでも無く、

多くの日本国民にとって重要なモノ」は

「実権を持つ者や政党では無い」。

「日本国・多くの日本国民にとって良い日本社会状態の実現」だ』。

『「テレビ・マスコミ等」が

「実質的、小問題や、言葉狩りや態度狩り等々」で、

「現総理大臣はダメ!」

「現与党はダメ!」

「現与党の誰々はダメ!」等々を

「叫ぶ事は容易い」。

「言うまでも無く、政治家も、完全無欠の人間では無い」から、

「ストーカーの如く付け回す」なら

「問題化出来る、言葉や、態度や、実質的、小問題等々を狩り」、

「悪者扱い等する事」は

「容易な事」だ』。

『「もちろん、そんな事を行ったところで、

日本社会の状態が良くなる訳も無い」』。

『「つまり、そんな事を行って来ているテレビ・マスコミ等が行っている事」は

「日本社会の状態を良くする事では無く、

総理や与党や与党の政治家等を悪者扱いする事により、

それ以外の人々を

当選し易くし、

政時実権を得易くしている事」に他ならない』。

『「元々、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ、学校教育等の多く」では、

「旧社会党系と共産党系等、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の人脈の者たち」が

「強い実権を保持し続けて来ている」。

「それは、米国の占領政策による負の遺産」だ』。

『「米国の占領政策」では、

「日本が

再び

独自に

強大な軍事力等を保持出来なくする為」に、

「情報・教育界から、

徹底的に、

旧日本軍系・保守系を排除した」。

「旧日本軍系はもちろん、

日本の所謂、保守系の教師たちを

徹底的に排除し、

所謂、左翼系や、朝鮮系の者たちを

異常な程、重用した」』。

『「政治面も同様の状態にする」と

「国家としてのまとまりまで喪失し、

混乱状況が生まれ、

反米ゲリラ戦等を生み出しかねない」ので、

「政治面では、

天皇制も維持させ、

保守系の政治家も相応に残した」と「共」に

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)系の政党・政治家を増強させた」』。

『「米軍の占領政策」では、

「日本国内に居た朝鮮人たち」も

「重用した」。

「大戦後、ほとんど全ての日本人が朝鮮半島を離れ、日本国内に戻った」のとは

「裏腹」に

「日本国内」では、

「米軍による重用由来」や

「戦後の混乱と米軍による重用を悪用した、

実質的、火事場泥棒等由来」で、、

「財産・立場・実権等を得た朝鮮人が数多く居残った」。

「日本国籍を得た者たちも数多い」』。

『「そんな{ベース}の上」で、

「朝鮮戦争が起きた」。

「日本国内の朝鮮系の者たち」も

「北と南に分かれた」』。

『「日本が社会・共産主義圏に取り込まれてしまう事を危惧した米国」は

「その後、日本の保守勢力のある程度の復権・強化等も認める様になった」が

「元が元なので、

東西冷戦が終わっても久しく、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)系の者たち」が

「未だ、情報・教育界での実権」を

「強く握りしめ続けている」』。

『「戦後日本のテレビ・マスコミ等が推奨している政治家や政党等を

多くの日本国民有権者が選択する」と

「日本国や多くの日本人が細り、

その反面で、

中・韓(北朝も含む)や日本の中のそのスジの人々等が太る」のは、

「上記の実権者人脈構成」から

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「総理や与党や与党議員等々に対する、

実質的、小問題の大問題化や、

言葉狩りや態度狩り等々」を

「テレビ・マスコミ等上で、

大々的に行う事等」により、

「視聴者・読者の中に、

総理や与党や与党議員等々に対する、悪イメージや不満を育成」し、

「その不満の受け皿を提供しようとしている

テレビ・マスコミ等」の「実体」は、

「日本国や多くの日本国民を細らせる反面で、

中・韓(北朝も含む)や日本の中のそのスジの人脈の者たちを太らせる為」の

「実質的、情報工作機関等」になる』。

『「受け皿」で「大衆を操り」、

「日本国や多くの日本国民を細らせる方向の政治家や政党等」に

「政治実権を持たせよう・・・とし続け来ている者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「日本のテレビ・マスコミ等や政治家・政党等が問題にする」なら

「異常な戦後処理」であり、

「日本の中の北朝鮮等による非人道的な工作活動等」であり、

「日本人の少子高齢化」であり、

「二極化格差社会化」等々だ』。

『「それらの重大問題」の「実体」は

「米軍の占領政策につけ込んだ朝鮮人等の問題」であり、

「北朝鮮工作員やその協力者等の問題」であり、

「日本人の少子高齢化を招く政治・政策を行って来た、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の政治家・官僚等の問題」であり、

「利権集中経済政策等を行った、

テレビ・マスコミ等ご推奨の小泉元総理や、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)官僚等の問題」等々だ』。

『「その辺りの、戦後日本の重大問題」を

「無い事にしたまま」で言う

「受け皿」の「正体」は

「既に、多くの人々に、バレバレ」だろう』。

『「今の日本に必要」なのは、

「日頃から、現実逃避受け皿提供等で、

過分な報酬・権力等を得続けて来ている者たちが推奨している、

政治の受け皿等では無い」。

「戦後日本社会の負の遺産を是正する実効のある改革」だ』。

『「総理や政権与党が、変わろうが、変わらなかろうが、

日本の中で、

非人道的な工作活動を行い続けている、

北朝鮮等の工作員やその協力者等を

ちゃんと摘発するなら良い」。

「異常な戦後処理を是正するなら良い」。

「二極化格差社会状態を是正するなら良い」。

「日本人の少子高齢化を是正するなら良い」』。

『「健常なテレビ・マスコミ等」なら

「日本の中で行われ続けている

北朝鮮等の工作員やその協力者等による

非人道的な工作活動等を告発するのが当たり前」だ。

「異常な戦後処理を告発するのが当たり前」だ。

「二極化格差社会の是正法等を訴えるのが当たり前」だ。

「日本人の少子高齢化の是正法等を訴えるのが当たり前」だ』。

『「不健常なテレビ・ラジオ」には、

「公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続ける必要は全く無い」。

「不健常な大マスコミなど要らない」。

「不健常なマスコミ等」は、

「免疫を養う為に、

小規模、

必要最低限レベルで存在するのが、

健常な状態」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 田原総一朗が進言したという「安倍総理の政治生命をかけた冒険」とは・・・。 | トップページ | 相変わらず、筆者の部屋や車等では、工作電磁波が酷い・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事