« 昨今の筆者の周りの集団的電磁波工作の実態・・・。 | トップページ | 未だに、加計や松井ナントヤラで視聴者の思いや感情等を操りたがっている極悪テレビ・マスコミ等問題・・・。 »

自由貿易の維持~拡大の前に、現行経済・社会システムの是正でしょ・・・。

『「現行の経済・社会システムのまま、自由貿易等の手段によって、急速な経済成長を行い続ける事=人類自滅器を高速で回す事」に他ならない。

「その辺りの事情を良く判っている米国トランプ政権」等は、

「もはや、現行経済・社会システムの崩壊は、近いから・・・と、

守りに入り、

自国第一主義」だ』。

『「崩壊時に、武力に頼りたがる」のが、

「精神構造が未熟な人間の性」だ。

「精神構造が未熟なのに、その自覚さえロクに持てていない者でも、

国家権力者となれてしまっている国々も、

未だ、多い、のが、現状人間世界の寒過ぎる現実」だ』。

『「崩壊時に、

サバイバル武力比べっこ超自虐ゲームが起きる事を前提にする」なら、

「現状で、世界一の武力を持つ米国が、更なる武力充実を図る」のは、

「極めて、合理的な事になる」』。

『「現状で、一番遅れている」のは、

「武力では敵わないから、

工作活動で・・・、

工作活動の後ろ盾に、

核・ミサイルを・・・等」の

「超時代遅れのやり方に邁進し続けて来ている北朝鮮等の国々」だが、

「その辺りの国々と、

所謂、先進諸国との差」が

「どれ程あるのか?」は、

「北朝鮮に対する、所謂、先進諸国等の対応からも良く判る」』。

『「何れにしても、

武力や、経済等の比べっこの上に、権力安定等を計る、

今時の人間世界には、全く馴染まない、

超古過ぎる国家体制等の先」には、

「悲惨な崩壊劇が待っているダケ」だ。

「それは、所謂、先進諸国でも、

北朝鮮の様な超時代遅れの国々でも、

同じ事になる」』。

『「では、どうすれば良いのか?」

「簡単な事」だ。

「比べっこから卒業して、

最適を探究する精神構造を持つ

経済・社会体制に

正常進化させれば良いダケ」だ』。

『「比べっこの場合」は、

「{他より}秀でていたり、強かったり、美しかったり、・・・等々するダケ」で

「是認される」。

「{他より}劣っていたり、弱かったり、醜かったり、・・・等々するダケ」で

「否定される」。

「是認と否定の先に、

支配権・被支配権等を付け、

支配権・被支配権等が、実効を持つ様に組み立てれば・・・、

現状の経済・社会システムの出来上がり・・・」だ』。

『「そして、その運用基軸」も

「個々の人間の

他の者・物・事との比べっこによる支配権/被支配権争いという

乳幼レベルの精神構造」だ』。

『「精神構造では、乳幼レベルなのに、

物質文明では、核兵器までも保持・・・というのが、

現状の人間世界の

異常なアンバランスの実体」だ』。

『「もちろん、異常なアンバランス状態のまま時を重ねるなら、崩壊する」のは、

「自然の摂理上の必然」になる』。

『「異常なアンバランス状態を是正する鍵」は、

「精神構造面でも、物質文明面の様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」であり、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

積極実用する事により、

より高性能な精神文化製品を生み出し

それを実用する事」だ。

「経済・社会システムも、精神文化製品に他ならない」』。

『「物質文明製品の場合、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

積極実用し、

最適を求める事で、

より性能の良い物質文明製品をつくり出す事が出来る」。

「現状では、

其処に、

現行の経済・社会システム故の圧力や、

乳幼レベルの精神構造のまま・・・の消費者・実用者等の意向や行動等が加わっている」ので、

「多くの物質文明製品が、最適から、外れた位置に在る」』。

『「多くの物質文明製品が、最適から外れた位置に在る事による、

実害」は、

「かなりのモノになる」。

「最適から外れている」ので、

「基本的に、不満が付き纏う」。

「不満を埋める為に必要となる」のが

「代償」だ。

「精神構造が未熟状態の人々の代償欲求追及心」は

「至るところで、煽られている」。

「現行経済・社会システム上」で

「代償欲求追及心を満たそうとする」なら、

「お金が便利な道具になる」。

「現状の経済・社会システムは、実質、金権システムでもあるから」だ。

「其処で、金集めの比べっこを始める」のが、

「精神構造が未熟な人々」で、

「そんな状態の人々が、頑張れば頑張る程、

悲惨な崩壊が、どんどん近づいて来る」』。

『「自らの精神構造を未熟なままにしている者たち」は、

「上記の意味で、人類滅亡を引寄せている大罪を犯し続けている事になる」』。

『「ところが、現状の人間社会」では、

「実体として、大罪を犯し続けている者たちを、金権経済システム上の成功者等として、

祀りあげている

{超自虐コント}までもが、

まかり通っている」。

「実に、寒い世界」だが、

「その寒ささえ、自覚出来ない」のが、

「精神構造が未熟状態の人々」だ』。

『「お金を求め、

お金持ちに憧れ、

万一、お金持ちになれたなら、

代償欲求の追及に奔走している

亡者の様な人々が、

世界中で蠢いている」・・・』。

『「精神構造未熟の害」は、

「恋愛にも及んでいる」。

「最適を求めず、

比べっこ上で、

秀でていたり、強かったり、美しかったり、・・・等々する者を求めている人々」は、

「未だ、数多い」。

「最適から外れている分だけ不満は大きくなる」が、

「其処をお金や権力や社会的立場等で埋め合わせれば・・・」という

「悪の判断に、身をゆだねる、悪魔に魂を売り渡した状態の者たち」は、

「当然の如く、代償欲求の追及に明け暮れる、

人類滅亡を引寄せる大罪を

より多く行う状態に陥っている」。

「其処で、自己正当化を謀る為に、

人によっては、

子づくりをし、

子どもや子孫に自分を投影・転嫁し、

負の代々話を残しながら、

代償欲求の過剰追及や人類滅亡を引寄せた事等を

成功だ!等と誤認し続けながら、

存在し得ないあの世等に現実逃避しようとしている」。

「酷い場合は、工作活動の世代間継承まである」のが、

「現状人間世界の寒過ぎる現実」だ』。

『「当然、そんな状態で、人間世界が平和になる訳も無い」。

「負の代々話が仕込まれている」のだから、

「そのままでは、代々、戦争等を繰り返す事が必然になってしまう」』。

『「この辺りの実状からも、

人類誰もが、

恋愛面で、最適を求める事」が、

「人類の自虐性を減少させる鍵になる」』。

『「最適より、お金や、社会的立場や、能力や、ルックス等々を優先する」のは、

「人類滅亡を引寄せている悪者以外の何者でも無い」。

「人類滅亡を引寄せる極悪成功像等を風潮し続けているテレビ・マスコミ・学校教育等」も

「悪」だ』。

『「最適を求める為にも、自分を深く知る事は、極めて重要」だ。

「もちろん、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で!」だ。

「基本中の基本」は、

「生きている人類誰もの自分の実体」が、

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している約60兆の細胞群である事」だ。

「つまり、誕生・死とは、細胞レベルの実現象に他ならない」。

「生物が、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら、

連綿と存続し続け、

その最先端が、

今、生きている全ての地球上の生物」だ。

「人類誰でも、一人の人間も、其処に在る事になる」。

「細胞ごとの命の繋がりは、

人類誰でも、

其れこそ、

地球上の、他の人間も含む、全ての生物にあると言っても良いだろう」。

「そして、その根本目的」は

「細胞群の存続である事は、疑いの余地が無い」。

「存続が根本目的では無いのなら、

とっくの昔に、

細胞群も、物理崩壊により、消滅していて当然になる」。

「根本目的hが存続なのだから、

細胞群の存続を危うくするモノ・物・事には、

排除されるべき必然が在る」』。

『「高度な物質文明まで保持出来ている現状の人類で言う」なら、

「余りにも、アンバランスな経済・社会システム等の精神文化製品や、

成人としては、余りにも、未熟な、個々の成人の精神構造等」には、

「排除されるべき必然が在る事になる」』。

『「自らの精神構造をちゃんと成長させる」なら、

「自らのより深い部分からの感や信号等も、よりわかり易くなる」。

「現状の経済・社会システム等に翻弄される割り合いも減り、

人類の精神文化製品の健常進歩・正常進化への力添えや、

世代交代のベースとなる恋愛面等での健常判断等も、

生まれ易くなる」』。

『「最適の為には、何事でも、源流対策が極めて重要」だ。

「人間の源流」は、

「自らの精神構造」であり、

「世代交代のベース」だ』。

『「比べっこ原理主義のまま、悪の世代交代のベースをつくり続ける」なら、

「物質文明面と精神文化面の異常なアンバランスが、

悲惨な崩壊劇を生み出すダケになる」のは、

「当然の現象」で

「現状の人間世界は、今、その真っ只中」だ』。

『「余りにも、稚拙で劣悪な、テレビ・マスコミ等の情報や、学校の精神文化側の教育等を

蔓延らせ続ける限り、

是正の速度が、十分に早まる事は無く、

人類滅亡が現実のモノとなってしまう事になる」。

「地球生命体細胞群の長い~永い存続の為には、

人類の精神構造や、精神文化側製品の

稚拙で劣悪な状態の是正」は、

「本当に、急務」だ』。

|

« 昨今の筆者の周りの集団的電磁波工作の実態・・・。 | トップページ | 未だに、加計や松井ナントヤラで視聴者の思いや感情等を操りたがっている極悪テレビ・マスコミ等問題・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事