« 相変わらず、厚顔無恥の常連出演者等による、実質的、政治運動等が蔓延っているが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番等では、「北朝鮮の核・ミサイル開発は体制維持目的{ダケ}の為の旨の嘘論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレ朝朝番では、「トランプ大統領が何を考えているのか分らない、金正恩の考えていることは分るけど・・・」等の旨述べていた者まで含む常連出演者等が「ご都合論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「金正恩等の手下等」なら「金正恩の考えている事は分る」のが「当然」になる。

「逆に、トランプ大統領の考えている事は、???」なのが「当然」だろう。

「その様な実態を露呈していた常連出演者まで含む、

テレ朝朝番の情報配信内容」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良いモノである事が多い」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「米国の世論調査で、

米国民の約50%が、

北朝鮮問題解決の為の軍事行使に賛成」とは、

「極めて、当然の事」だ。

「何しろ、

六か国協議合意も守らず、

対話をすれば、要求ばかり・・・で、

核・ミサイルの開発~製造等には、異常な程熱心」というのが、

「北朝鮮の実態だから」だ。

「国際的協議で導き出された北朝鮮も合意した事も守らず、

核・ミサイル等の界発等を連綿と続けている北朝鮮に対する有効な手段」は

「先ずは、経済的圧力」になる。

「ところが、その経済的圧力も、十分な実効を現していない」。

「中国等が甘く、北朝鮮の裏経済も意外な程大きいから」だ。

「残されている実効のある手段」が

「軍事力行使である事」は、

「余程のおバカでも無ければ、誰でも分る」。

「出来るなら避けるべき軍事力行使」だが、

「北朝鮮が自虐的な核・ミサイル等の開発や、

その裏の、主として、日韓等、他国内での工作活動等」を

「続けている限り、

何れは、

実行せざるを得なくなる」。

「もちろん、そうなれば、多くの人命も失われる事になる」。

「当然、

トランプ大統領も、米軍や米国政府等も、

米国人の犠牲者を出来る限り出さない軍事作戦を

実行する事になる」。

「米国人犠牲者を最小限に抑える軍事作戦」の「実態」は

「大きな破壊力を持つ兵器で、一瞬にして、北朝鮮の軍事要所の全てを無効化する事」だ。

「その様な軍事作戦を実行するなら、米国人の犠牲者はほとんど出ない事になる」。

「その反面で、北朝鮮人の犠牲者は、想像を絶する程の数になる」。

「トランプ大統領が、核兵器使用にまで言及した」のは、

「ある意味、当然の事」になる』。

『「健常な日本のテレビ・マスコミ等」なら

「北朝鮮に自虐的な事はいい加減に止めろ!」等の

「警告信号を出す」のが

「当たり前」だ。

「ところが、テレ朝朝番等の論調」では、

「実戦争となれば、

韓国が大変な事になり、日本もタダでは済まないから、

実戦争は起こせ無い」等の旨で、

「実質的に、北朝鮮に今のままで良いですよ~!メッセージ」を

「日本の公共の電波を使って発信し続けて来ている」のが

「実体」だから

「本当に、呆れる」。

「はっきり言えば、

ある程度の反撃力を保持してしまっている北朝鮮相手の戦争」で

「旧来の、時間をかけた消耗戦等の軍事作戦はあり得ない」。

「戦争になる」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」になる』。

『「トランプ大統領の考えている事は分らない」が

「金正恩の考えている事は分る」等の旨

「日本の公共の電波上で述べた者までもが常連出演」という、

「テレ朝朝番等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の日本国内の情報配信機関等の

実態・実体」を

「露呈している」』。

『「そんなテレ朝朝番」だからか、

「当然の如く、

AIによる仕事喪失論考等も酷かった」。

「そもそも、仕事とは、何か?」を

「抜きにした仕事論では、お話しにならない」。

「現状人間世界の実態からも明らかな様に、

仕事と破壊行為の区別さえも???のまま、

インチキ経済システム上で自分の下への集金等を行う人々が多ければ多い程、

地球環境は乱れ、

人間社会もテロ・戦争等も含む殺傷事件だらけ・・・になる」。

「そんな人類の行動原理のまま、

AIも使って、更に、高効率で、人間世界を回す」なら、

「人類滅亡の日」が

「益々、急速に近づいてくるダケ」になる。

「テレビ・マスコミ・学区教育等々」では、」

「物質文明側であるAIの進歩~実用化」に

「対応する精神文化側の進歩・進化」を

「実現させる為の仕事」が

「行われていなければならない状態が在る」のに、

「未だに、

旧来の経済システム等に基づいた

金銭評価等への執着心タップリの様相さえ露呈していた

常連出演者」等が、

「ご都合論の域を出ていない、

AIによる仕事代替論等を、

公共の電波上に一方的に大量配信」という

「劣悪ぶり・・・」だ。

「時間とエネルギーの無駄使い」等は

「いい加減にして頂きたいものだが」。

「まぁ、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等なら、

当然の話しになるのかも知れないが」・・・』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 相変わらず、厚顔無恥の常連出演者等による、実質的、政治運動等が蔓延っているが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番等では、「北朝鮮の核・ミサイル開発は体制維持目的{ダケ}の為の旨の嘘論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事