« 本日の明け方は、筆者の寝床の下方向からの工作電磁波が異常に強かったが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも、相変わらず、「愚劣な核兵器廃絶論」等を日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・マスコミ等は、河野や野田の入閣で上機嫌の様相だが・・・。

『「タイトルの事態」を「逆から考える」なら「今までの安倍政権では、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)のテレビ・マスコミ等」が

「お気に入り者」に「余り、実権が与えられていなかった」から、

「徹底的なアンチ安倍キャンペーン等が行われていた事」等が

「露呈する」。

「多くのテレビ・マスコミ等」による、

「森友・加計・陸自日報等の、実質的、小問題の大問題化大衆扇動」や

「大臣や自民党議員等に対する言葉狩り・態度狩り大問題化大衆扇動」等による

「大駄々」の「目的」は

「テレビ・マスコミ等お気に入りの者に、大きな実権を持たせる事」と

「強く、推定出来る」』。

『「多くのテレビ・マスコミ等お気に入り」の

「河野氏や、野田氏の入閣」で

「テレビ・マスコミ等による大衆操り大駄々騒動等」は

「小駄々化」し、

「何れは、終息する事等」が

「推定出来る」。

「今後は、

テレビ・マスコミ等による、

実質的、イメージによる大衆誘導等」で、、

「安倍政権に対するダメ出しを行わせていた

視聴者・読者等」が、

「河野大臣や野田大臣へのダメ出しまで行わない様」に

「操り具合を変えて行く実態が露呈して行く事になる筈」だ』。

『「テレビ・マスコミ等に、

イメージ等で操られてしまっている視聴者・読者等」は、

「イメージ等で大衆を操るテレビ・マスコミ等の悪質性に気づくべき」だ。

「その実態・実体」は

「ナチス・ヒトラーと同様なのだから!」』

『「テレビ・マスコミ等の

実質的、イメージによる大衆誘導」により、

「東京都」では、

「多くのテレビ・マスコミ等お気に入りの小池都知事が誕生」し、

「都議会でも、小池氏の下の都民ファーストが多数を占めた」』。

『「東京がどうなるのか?」は

「多くのテレビ・マスコミ等がお気に入りだった民主党が政権を得た時を思い出せば、

誰もが判る」。

「民主党政権時」には、

「総じて、

日本が細らせられた反面で、

中・韓(北朝も含む)や

在日中・韓(北朝も含む)系の者や企業等が太った」。

「小池都政下で太るのは何処か?」は

「要注目!」だ。

「テレビ・マスコミ等」は、

「その辺りの実態」も、

「ちゃんと実体や事実・現実通り取材」し、

「原寸大で、大衆告知するべき」だ。

「行うべき事を行わない何処かの誰かの為のテレビ・マスコミ等」なら

「その情報配信内容等は、信じるに値しない事になる」』。

『「将来的には、河野総理等の旨」まで

「喧伝していた、所謂、左翼(同上)、テレビ・マスコミ等まであった」のだから、

「テレビ・マスコミ等の偏向・偏重情報配信ぶり」は、

「本当に酷い」』。

『「所謂、左翼(同上)お気に入りの自民党政治家と言えば、小泉もその一人」だ。

「自民党では、小泉、野田、河野等々を偏重したがり、

良いイメージ・正義のイメージで風潮したがる傾向が強い」のが、

「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等の実態」だ。

「その逆に、所謂、保守系の政治家には、悪イメージを付けたがる」。

「保守傾向が強かった今までの安倍内閣」にも

「小問題の大問題化や、

言葉狩り、態度狩り等々により、

散々の悪イメージを付け続け、

内閣支持率まで落とさせた」のだから、

「現状の日本の政治」は

「民主主義というより、テレビ・マスコミ等による大衆誘導政治とでも言うべき実態」を

「露呈している」。

「その実態・実体」は

「まるで、ナチス・ヒトラー」だ』。

『「それは、

実質的、大衆誘導を行っているテレビ・マスコミ等お気に入りの総理や政権が出来たなら・・・」を

「考えるなら、誰もが判る」』。

『「お気に入りは、好イメージで・・・、

お気に入りの行う政治・政策等も、好イメージで・・・、

・・・その結果、出来上がる日本社会は、

見事なまでの二極化格差社会状態や、

利韓(北朝も含む)、利中共状態・・・」。

「そんな状態が続くなら、

細った日本を中共や韓(北朝も含む)が飲み込む事も容易になってしまう・・・」。

「北朝鮮独裁者等が、望んでいる日本の政治が其処に在る」』。

『「陰険なヒトラー」は

「戦後日本の中」で、

「非人道的な工作(飲食物工作・電磁波工作・侵入工作等々)の濃度を高める手法により、

不適応分子の粛清を行い続けて来ている」。

「その犠牲者は、尋常な数では無い」が、

「その個々の立証は、工作故に困難」だ。

「しかし、工作自体や工作の元を徹底摘発する」なら

「実態解明も可能になる」』。

『「新安倍内閣が、仕事人内閣」なら、

「日本の中の北朝鮮工作員・協力者等の徹底摘発を行うべき」だ。

「逆に、日本人粛清を放置し続ける」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の仕事人等になる」』。

『「テレビ・マスコミ等でも事態は同じ」だ。

「戦後日本の北朝鮮工作員やその協力者等による非人道的な工作活動等」を

「ちゃんと告発等する」のが

「日本のテレビ・マスコミ等」だ。

「告発等せず、実質的に隠蔽する事で、

北朝鮮工作員やその協力者等を利し続ける」のは

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下情報工作機関等になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 本日の明け方は、筆者の寝床の下方向からの工作電磁波が異常に強かったが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも、相変わらず、「愚劣な核兵器廃絶論」等を日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事