« サンデーモーニングでは、従蓮出演者等が「格差分断を言わない、ご都合劣悪分断論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | 工作電磁波と水漏れ問題・・・。 »

日本のテレビ等上では、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の本音がチラホラ・・・。

『「米朝チキンレース、金正恩のギブアップ」により「小規模に抑えられている、米韓軍事演習が始まっている」。

「それでも、北朝鮮の口先ダケ反発」は

「止まらない」。

「この先」には、

「差し障りの無い、ミサイル発射等の挑発行為もある」だろうが、

「どんなに、北朝鮮が望んだところで、

北朝鮮が{使える}核・ミサイル等を保持する事」を

「国際社会が認める訳も無い」。

「つまり、

北朝鮮が、

核・ミサイル開発と他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を放棄しない限り、

北朝鮮問題は解決し得ない」』。

『「小規模に抑えられた米韓軍事演習」に

「北朝鮮が呼応」して、

「核・ミサイル開発と他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を縮小する」なら、

「その先」には、

「もっと抑制された米韓軍事演習等が待っている」。

「しかし、北朝鮮が、核・ミサイル開発と他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

維持~増大させながら続ける」なら、

「その先」には、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争が待っている」』。

『「テレ朝朝番等」では、

「米国に北朝鮮問題に対する軍事オプションは無いかの如き{望み}」を

「日本の公共の電波上で喧伝していた」が、

「言うまでも無く、

米国は

北朝鮮問題に対し{使える}軍事オプションを

いくつも持っている」。

「それら」は、

「核・ミサイル関連施設限定攻撃」であり、

「斬首作戦」であり、

「究極は、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」だ』。

『「現実的」には、

「核・ミサイル関連施設限定攻撃」を

「行っても、北朝鮮は、反撃出来ない」。

「反撃するなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「斬首作戦を行っても、北朝鮮は反撃出来ない」。

「反撃するなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」と「成った場合」は、

「米韓にほとんど犠牲者が出ない反面で、北朝鮮の犠牲者は膨大になる」。

「アッと言う間に終わる」から、

「韓国内米国人等の避難等も必要無い」。

「問題は、むしろ、後処理」だが、

「後処理を中国共産党等と結んでおく」なら、

「大きな問題も無くなる」。

「出来レースと思われない為」にも、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争の前」には、

「国際社会の中」で、

「米中は仲が悪い!等」と

「思われていた方が都合が良い事になる」。

「米中合意」は、

「トップ同士が影で結び、

トップの極限られた人々のみが知っていれば良い事になる」』。

『「人道的見地」から、

「余程の事態が生じない限り、

米韓は、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争を

実現させたく無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「上記の現実を重々知っておくべき」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が生き延びられる唯一無二の道」は

「核・ミサイル開発と他国内での工作活動を放棄する道しか無い」』。

『「上記の様な現状の実態・実体」は

「既に、明らか」だ。

「それなのに、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は、

「未だに、

北朝鮮が{使える}核・ミサイルを保持し、核保有国として認められる事」を

「{望み}」、

「核・ミサイル圧力の下」で

「とりあえずは、主として、日韓等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)を

継続~拡大」し

「先ずは、日韓の乗っ取り支配」を

「実現しよう・・・」等の

「悪夢を見続けようとしている」様相だ』。

『「乗っ取り支配の為の工作活動の一つ」は、

「政界工作」で

「日本でも、従北政権をつくる事」が

「当面の目標になっている」』。

『「本来の日本国民も多い自民党等」を

「悪用する事」は

「かなり困難」だ。

「其処で、北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い者たちが多数居る政党」に

「政権を取らせる手段」が

「画策されている」』。

『「旧社会党人脈と北朝鮮等とのお友達ぶり」は

「良く知れ渡っているな話し」だろう。

「その辺りの人脈が強い実権を持つ政党に政権を取らせる事により、

日本の、従北政権化が可能になる」』。

『「もちろん、今時、如何にも、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)では、

日本国内で大衆支持を得る事は出来ない」。

「表は、如何にも、日本の為の保守」でも、

「内実は、北朝鮮のお友達・・・」等の

「者たち」が

「日本の政権を握る」なら、

「従北政権化」は

「完了・・・」という訳だ』。

『「テレビ・マスコミ等」では、

「民進党代表選が宣伝されている」。

「もちろん、今更、民主党~民進党の流れの上に、政権奪取はあり得ない」。

「民主党政権時の、

総じて、日本を細らせた反面で中・韓(北朝も含む)や日本国内の中・韓系の人々等を

大いに太らせた{実績}」が

「未だ、日本社会の中」に

「強く、刻み込まれている」ので、

「多くの日本国民」は、

「その人脈に再び政権を取らる事等を容認出来ない」。

「もちろん、そんな実態・実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等も重々承知」だ』。

『「ここで、出て来る」のが

「新たな受け皿」だ。

「非自民政権を成立させる為」の

「新たな受け皿」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が牛耳れる」なら

「その受け皿が、日本の政権を取った時、

日本を従北政権化出来てしまう事になる」』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は、

「民進党」でも

「出来る限り、支持者を集め」、

「テレビ・マスコミ等による好イメージ宣伝等により、

大衆受けを良くさせ続けている、

新たな受け皿」と

「合流させる」なら、

「国会でも、相応に多い議席」を

「得る事が出来る様になり、

政権交代も可能に出来る」等の

「策略」に、

「邁進している」・・・』。

『「そんな本音」を

「知らず知らずの内に・・・かもしれないが・・・、

露呈させながら、

日本の公共の電波上に出続けている

常連出演者等」を

「何時までも、常連出演させ続ける必要は全く無い」。

「日本の公共の電波」が

「従北政権成立策略の為に使われ続けていて良い訳は無い」』。

『「朝鮮人劣悪指導者等」との「対話は成り立たない」。

「何故なら、劣悪指導者等は対話が出来ず、要求を言い続けるダケだから」だ。

「その先の約束や、条約等々も成り立たない」。

「要求が少しでも呑まれれば、更に、呑ませようと、容易に、約束も条約も反故にする」。

「それは、日韓併合二国間契約関連の実態

(日韓併合の実体は、植民地支配では無い。

単独では国の存続が実質的に不可能になっていた当時の韓国やその国家権力者等が

救われる為の

韓国併合契約であり、

朝鮮半島内も、

当時の日本と同レベルの物質文明・精神文化状態にする為の

合意の下の、同化契約だ。)」からも、

「戦後の日韓基本条約関連の実態

(実体として、

日本の敗戦につけ込んだ、実質的、火事場泥棒で国を始めた戦後の韓国を

実質的に、救済する為の

国家間条約)」からも

「北朝鮮問題の実態

(六か国協議の合意も、国際社会からの要望も反故にし続けている)」からも

「従軍慰安婦問題の実態

(多くの日本人男性の{仕事}が命がけの殺し合いだった時代、

同じ日本国国民だった当時の朝鮮人女性の一部が、

当時は合法の仕事だった従軍高報酬売春婦となった、されていた問題の

実態は、

戦争やそれに伴う貧困故に、

子を売った、売らざるを得なかった朝鮮人の親と、

旧日本軍に売る事で儲けていた朝鮮人の仲介人たち等・・・。

其処に在るのは、今時の女性人権問題では無い。

当時の多くの男性の人権も有って無き様な状態だった事等も

忘れてはいけない。、

時代背景抜きの不当利権取得の為の暴論・暴挙等は、

永遠の恥辱に染まる道の上での存在を大きくしたくないのなら、

いい加減に止めるべきだ。)」からも

「明らか」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、従蓮出演者等が「格差分断を言わない、ご都合劣悪分断論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | 工作電磁波と水漏れ問題・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事