« 「(政治の)受け皿論」が盛んだが・・・。 | トップページ | 昨今、街中の電線の長細いカバーケースに何等かのモノを取り付けている様相の工事が行われていたが、そんな電線の下を通ったら、弱めの工作電磁波の類が出ていた・・・。 »

相変わらず、筆者の部屋や車等では、工作電磁波が酷い・・・。

『「相応の時間とお金と手間をかけて、対策をし続けている」ので

「重大な悪の実効は出ない」が

「もちろん、工作電磁波の無い、快適な環境とは程遠い」。

「対策故に、日光も遮断状態で、昼でも電灯をつける必要がある」。

「順次必要になった対策を積み重ねて来ている」ので

「部屋の中は、対策板が乱雑に増えて来ている状態」だ。

「快適なインテリア環境等とは、ほど遠い」』。

『「対策の為に、

費やさざるを得なくなっている時間もお金も手間も、

筆者の人生を大きく阻害している」。

「それでも、対策を行い続けている」のは、

「重篤な健康被害や生命被害等が起きるよりマシだから」だ』。

『「工作が集団的工作である事」は

「以前にも記した」。

「テロ等準備罪も施行されている」のだから、

「即刻にでも、摘発して頂きたいものだが、

元から全て摘発されない限り、

一般日本国民も含むそのスジの人脈の者たちにとっての不適応分子の{粛清工作}」は

「その方法が変わるだけになってしまう可能性大」なので、

「粛々と耐え続けている」』。

『「戦後日本社会」で、

「そのスジの人脈から勝手に、

不適応分子扱いされ、

集団的粛清工作の被害を被らされ続け来ている、

筆者等にとっての

夜明けの日は、

何時だろうか・・・」。

「近づいて来ている気配はあるのだが」・・・』。

『「集団的粛清工作ストーカーたち」は

「筆者等、粛清工作被害者の周囲から、徹底排除されるべき」だ。

「祖国・母国・親国等々に、強制送還・強制送致し、日本国への再入国は永遠に禁止する」のも

「合理的手段だと思うが」・・・。

「その位の罰が与えられて然るべき工作実態があるのだから!」』

|

« 「(政治の)受け皿論」が盛んだが・・・。 | トップページ | 昨今、街中の電線の長細いカバーケースに何等かのモノを取り付けている様相の工事が行われていたが、そんな電線の下を通ったら、弱めの工作電磁波の類が出ていた・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事