« テレ朝朝番では、「既存メディア至上主義者等」が「白人至上主義等を批判・非難等」して正義ぶっていた様相だったが・・・。 | トップページ | 日本のテレビ等上では、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の本音がチラホラ・・・。 »

サンデーモーニングでは、従蓮出演者等が「格差分断を言わない、ご都合劣悪分断論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「人種差別も、移民・難民差別も、利権格差差別も、皆、分断の素」だ。「ここで、利権格差差別を抜きにして、分断論等を言う」のは、

「利権格差差別上」で

「不当で過剰な利権等を貪り続けられている悪」と

「相場は決まっている」。

「実質的、悪ども」が、

「人種差別や移民・難民差別等をダシ」に

「正義ぶる醜悪な情報配信」を

「公共の電波を使って大々的に行ったところ」で

「得られる結果」は

「差別と分断の継続~拡大になっている」のは

「極めて当然の現象」だ。

「何故なら、

悪どもは、

不当な差別自体を悪として扱っているのでは無く、

悪どもにとって重要では無い差別のみを批判・非難等しているダケだから」だ。

「悪どもの、その様な姿」は

「人種差別主義者」や

「移民・難民差別主義者」等々と

「何ら、変わらない」。

「自分たちにとって、批判・非難する事が不都合では無い差別等」を

「批判・非難等する事により、

自分たちにとって、都合の良い差別等が正当化出来る訳も無い」のだが、

「根本的劣(=おバカ)悪者たち」は

「根本的に劣悪であるが故」に、

「劣悪者自らの{裸の王様状態}」から

「目を背けた、平然と正義ぶったり・・・し続けて来ている」。

「人間世界が、その様な醜悪な実態のまま時を重ね続ける」なら

「腐った世界が崩壊する」のは、

「当たり前の現象」だ』。

『「利権格差差別の実体」は

「特定極一部の者たちばかり・・・が、常連出演(ゲイノウ人等も含む)」で、

「本質的には、劣悪レベルの仕事しか出来ていない」のに

「常連出演者(ゲイノウ人も含む)やテレビ局社員等が得ている報酬や、

その立場や有名人利権等に伴う、更なる利権等々は、膨大」という

「人口割合としては、極少数派である、現状テレビ界人たちの実態」と

「まるで、奴隷の様なキツくハードな仕事を強いられ続けながら、

得られている報酬も、それに伴う利権も、極少」という、

「人口割合としては、圧倒的多数派である一般庶民」等の

「実例」からも

「良く分る」』。

『「人種差別」は

「人種分断」を「生み出し易い」。

「移民・難民差別」は

「移民・難民と在住者との分断」を「生み出し易い」。

「利権格差差別」は

「本来」なら、

「膨大な利権を抱きしめられている人々」と、

「極少の利権しか得られず苦境状態に追いやられている人々」の

「分断」を

「生み出し易い」が、

「その本来生じ易い分断」を

「生じさせない為」の

「悪どもによる、マインドコントロール方法」が

「利権差別を抜きにした差別・分断論等で正義ぶる事」により、

「大衆に、利権差別を認知させず」、

「利権差別による不当利権を得られている者たちに

正義のイメージを持たせる事」だ。

「利権差別が大衆認知される」なら、

「悪どもは、悪どもでしか無くなる」上に、

「差別・分断問題の本質」も

「露呈し易くなる」』。

『「そもそも、人間は、丸ごと一人の死生観・人生観に毒されているダケ」で

「他人と自分との間に、深い境界線を築き、

差別・分断を生み出している」。

「もちろん、

本質的自己保存の為に必要な

狭義の自分と

他人も含む広義の自分」の

「差別・分断」には、

「相応の正当性が有る」。

「しかし、

人類の物質文明の急速な進歩・進化等により、

本質的自己保存自体がより容易に成り続けて来ている現状」では、

「もはや、深過ぎる境界線は、無用の長物であるばかりか、

むしろ、害になる」。

「今、生きている全ての人類の精神文化の進歩・進化」は

「もはや、必需」だ』。

『「こんな時代になっている」のに、

「未だに、お手盛りご都合論等の雨嵐・・・」というのが、

「現状テレビ界等の醜悪で劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い」』。

『「人間誰しも、根本的自信を喪失する」と

「他の者・物・事に頼りたくなる」。

「当然の事」だ。

「人間誰しも、自己健常支配状態を喪失する」と

「他の者・物・事を支配したり、他の者・物・事の被支配に甘んじたり、し易くなる」。

「当然の事」だ』。

『「根本的自信」は

「自分の実体把握の喪失等により、容易に失われる」。

「自分の実体が???」では、

「自信が持てる訳も無い」』。

『「自己(狭義の自分)を健常に支配し続ける為」には、

「自己本来の実体把握」と

「広義の自分も含めた自分の実体の本来の目的」を

「理解・把握している事が必要」だ。

「必要な事をちゃんと理解・把握出来ている」なら、

「自分の実体やその実体の本来の目的」と、

「整合性の高い状態」に、

「狭義の自分をコントロールし続ける事も容易になる」』。

『「全ての人々」が

「自己健常制御を継続出来ている」なら

「不当な差別・分断等が在る人間世界には成り得ない」。

「逆から、言う」なら、

「不当な差別・分断等が無い人間世界を構築したい」のなら、

「誰もが、自己健常制御を継続出来る人間社会の構築が重要になる」。

「その基」は

「言うまでも無く、情報・教育」だ』。

『「人は、

誰でも、

覚えている事は行い易く、

覚えていない事は、

行い辛い」。

「幼少期から、

日本語を覚え込まされれば、

日本語で、聞いたり、話したり、読み書き等、出来易くなり、

幼少期から、英語を覚え込まされれば、

英語で、聞いたり、話したり、読み書き等、出来易くなる」。

「その他の言語でも、

言語以外の事でも、

同じ事」だ』。

『「殺人事件ドラマや金権差別ドラマ等」を

「見せつけられ続けて来ている」

「視聴者」は、

「殺人の仕方も、逮捕のされ方も、

金権差別の仕方・され方等々」も、

「覚え込まされている」。

「実際の人間社会」でも、

「ドラマと同様の事件・事故等や

金権差別等が、

繰り返し、繰り返し、起こされ続けて来ている」。

「殺欲動が有っても、殺人欲動を殺すドラマや

金権差別解消ドラマ等」を

「見せつけられ続けて来ている」

「視聴者」なら、

「殺人欲動から自分を解放する事や

金権差別から人類を解放させる事等々」を

「覚え込まされる事になる」。

「映画でも、小説でも、音楽等々でも、・・・同じ事」だ』。

『「未だに、殺人ドラマや、金権差別ドラマ等々、

劣悪レベルのドラマ等々を続けている

劣悪な情報配信機関や作家等々」では

「本当に、情けない」。

「情報配信番組でも、同じ事」だ』。

『「差別や分断を覚え込まさせてどうする?」

「それは、常連出演者等が、自分たちに都合の良い、差別や分断等を

温存せしめる為」の

「悪魔の情報配信」だ』。

『「差別や分断を解消させる為に必要な情報を

大量配信し続ける」なら、

「差別・分断の解消も実現し易くなる」。

「当たり前の事」だ』。

『「劣悪者たちを常連出演者等にし続けたり、

劣悪者たちに公共の電波の使用権を与え続けたり、

・・・する必要は全く無い」』。

『「テレビ・マスコミ等」が、

「劣悪レベルの論・小説・音楽等々を宣伝し続けてどうする?」

「劣悪レベルの脚本等を使い続けてどうする?」

「不当利権を維持~拡大し続ける為」には

「人間世界が終ってしまっても良いのか?!!」』

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、「既存メディア至上主義者等」が「白人至上主義等を批判・非難等」して正義ぶっていた様相だったが・・・。 | トップページ | 日本のテレビ等上では、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の本音がチラホラ・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事