« 昨今、街中の電線の長細いカバーケースに何等かのモノを取り付けている様相の工事が行われていたが、そんな電線の下を通ったら、弱めの工作電磁波の類が出ていた・・・。 | トップページ | 所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・マスコミ等は、河野や野田の入閣で上機嫌の様相だが・・・。 »

本日の明け方は、筆者の寝床の下方向からの工作電磁波が異常に強かったが・・・。

『「対策をしてある」ので「まるで、ウォーターベッドならぬ電子・ホールベッドの上で、寝かされていた様な状態だった上に、工作電磁波の強さ故に、刺激も強く、目が覚めてしまった」。

「工作電磁波を使った、殺傷粛清が、対策故に、安眠妨害で済んだ訳だ」。

「背中~首~頭全面に、電気治療器を強くして当てられている様な感があった」ので、

「真下方向だけでは無く、東北方面斜め下や、南西~西方面斜め下や、北西方面斜め下等、

多方向からの工作電磁波を集中させる事」で

「筆者の工作電磁波被爆度を上げようとした」のだろう』。

『「筆者の生活環境」では、

「工作電磁波対策用のアルミ板やビニールやテープ等を得る為」には、

「車でホームセンター等に行き購入するのが一番早い」』。

『「工作員等」は、

「車の工作も行っている」。

「車での事故狙いの粛清工作や、車での移動を困難にする為」だろう』。

『「筆者等担当(?)の工作員等」は、

「筆者の車にも工作電磁波発生ソフト等を仕込み、

其れこそ、毎明け方(の様だ)

リード線の角度等を調整して、

運転手の頭や顔や首や胸や足等、

人間身体の車の運転時に重要になる部分に、

工作電磁波が当たる様にし続けて来ている」。

「運転前に、

毎度毎度、

リード線等の角度を確認し、

実害が出ない様にずらしてから、運転を始めるのは、

本当に、余分な手間」だが、

「工作電磁波が身体の重要部分に当てられ続け、

車の運転に支障が出るのより、

遥かにマシ」だから、

「本日も、余分な手間をかけて、実害が出ない様にした上で、

車で買い物に行って来た」』。

『「筆者の今の車」は、

「鍵が甘く、セキュリティーも緩い」。

「以前、ディーラーでセキュリティーアップの相談をしたら、乗り気では無く、

カー用品等ショップ等でどうぞ・・・等の対応」だった。

「工作電磁波が発生していて、電気的に変だから、

メーカーに電気系統の異常を、調査し、元凶への対策を望んだ」が

「ディーラーが拒否」で

「メーカーもディーラー経由では無いと拒否」という

「あり得ない対応」だった。

「それらの旨は、以前にも記した」』。

『「そんなところには、

工作員等の親玉等が、

かなり深く入り込んでいる可能性大」だろう。

「買い替え時には別のメーカーにする」』。

『「現状では、

近場レベルなら、

乗る前の余分な手間で、何とか問題無く乗れる」から、

「近場の他メーカーのディーラーを彼方此方回って試乗を繰り返した」ら、

「工作電磁波の発生が仕込まれている試乗車もあった旨」も

「以前にも記した」』。

『「営業マンにその旨告げ、対応を迫ったら、

対応が、普通にまともな対応を示したところと、

筆者の気のせいや感じ方のせいにし、

無い事にしたがったところがあった」。

「もちろん、無い事にしたがっていたところでは、車は買わない」』。

『「試乗車の工作電磁波の原因」は

「ディーラーに車を見に行った工作員等や、ディーラーの中の工作員等が、

試乗車に工作電磁波発生ソフトを仕込んだ事」と

「強く、推定出来る」。

「普通のメーカー等なら、実質的には、重大な商妨害行為等」だから、

「警察等への告発等が当然な筈」だ。

「当たり前の事を行わないディーラー等」は、

「工作員等人脈のお仲間等が牛耳っている」と

「強く推定出来る」』。

『「本来なら発生していない工作電磁波故の事故等を防止する為」にも、

「車の工作電磁波対策は急務」だ』。

『「ディーラー等を彼方此方回りながら、

他人の車に侵入工作を仕掛けながら、

工作電磁波ソフト等を仕込み続けている、

工作員等を摘発~逮捕~厳罰に処す事等」が

「強く望まれている」』。

『「警察が、例えば、筆者の車を見張る」なら

「工作員の逮捕は、結構、容易な筈」だ。

「何しろ、毎明け方(の様だ・・・)の様に、

勝手に、鍵を開け、

運転席周囲や、

時には、エンジンルーム内までも、

リード線の折れや角度等を変えているのだから」・・・。

「工作電磁波発生ソフトの更新(?)等を行っている事もある様だ」』。

『「もちろん、そんな事を頻繁に行い続ける事が出来ている」のは、

「近隣に住んでいるから」だろう。

「筆者の部屋の中の筆者に向かって、工作電磁波を執拗に当て続けようとしている者たち」も

「もちろん、近隣に居る事になる」』。

『「警察が、ある程度、本気で、例えば、筆者の周囲を当たる」なら、

「侵入・電磁波(だけとは限らない)工作員の摘発」は、

「困難では無い」。

「其処から、辿るなら、工作組織の摘発も困難では無い筈」だ。

「何しろ、工作員の上には、監視員が居る」。

「もちろん、監視員も近隣に居る」。

「工作員や監視員の人脈を洗う」なら、

「それらと無縁な人々以外の数多くが、摘発対象となり、

更に、その上には、

工作指令部が露呈する事になる」』。

『「組織的犯罪」が

「組織が大きいが故に摘発されない」のなら、

「本当に、深刻な事」だ。

「濃度のロジック」で

「考える」なら、

「誰もが分る事がある」』。

『「濃度ロジックの粛清工作等により、日本国内の日本人濃度を低くし続け、

日本国内の●●人濃度を高め続ける」なら

「何年もかければ、合法的に、●●人が、日本を合法的に乗っ取り支配出来る事になる」。

「日本全体で、●●人の濃度を高める為には、相応に、長い時間が必要になる」が

「先ずは、例えば、政界やテレビ・マスコミ界・芸能界等、総人口はそれ程多く無いところで、

●●人濃度を高めると共に、

●●人が実権を握り占め続けるダケ」なら、

「日本側が無防備なら、其れこそ、数十年レベルで可能」だろう。

「平和共存とは程遠い、陰険な侵略行為」が

「其処に露呈している」』。

『「テロ等準備罪も施行された」のだから、

「日本人粛清工作等を行い続けて来ている集団は、

遠慮無く、

徹底摘発して頂きたい」と

「強く願っている」』。

|

« 昨今、街中の電線の長細いカバーケースに何等かのモノを取り付けている様相の工事が行われていたが、そんな電線の下を通ったら、弱めの工作電磁波の類が出ていた・・・。 | トップページ | 所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・マスコミ等は、河野や野田の入閣で上機嫌の様相だが・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事