« テレ朝朝番では、「トランプ大統領が何を考えているのか分らない、金正恩の考えていることは分るけど・・・」等の旨述べていた者まで含む常連出演者等が「ご都合論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「{北朝鮮の為の}劣悪な反戦論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレ朝朝番等では、「北朝鮮の核・ミサイル開発は体制維持目的{ダケ}の為の旨の嘘論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮の核・ミサイル開発等を冷静に見守れ!」とでも「言いたげだった様相」の「常連出演者等」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶりは、本当にお見事!(もちろん、皮肉)」だ。

「言うまでも無く、北朝鮮の核・ミサイル開発」は

「冷静に見守る事や援助等する事により、

どんどん進めさせる事では断じて無い」。

「何故なら、北朝鮮の核・ミサイルの目的」は

「体制維持ダケでは無いから」だ』。

『「少し考えるなら、誰もが分る」。

「如何に、核・ミサイルといっても、先進諸国の数十年遅れレベル」では、

「もちろん、実戦争では役に立たない」。

「実戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わり」だ。

「それでは、

何故、

北朝鮮劣悪国家指導者等は核・ミサイルの保有に固執しているのか?」

「核・ミサイルの{脅し}の裏で連綿と行い続けて来ている

主として、日韓等他国内での工作活動を継続し続ける為」だ』。

『「日韓内を従北政権する」なら

「核保有国、北朝鮮の劣悪国家指導者等の発言力・支配力等が

飛躍的に大きくなる」。

「当面の終極」では、

「日韓の乗っ取り支配を目指している」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の策略の実態・実体」だ』。

『「その為の実活動の{主軸}」は

「日韓内での工作活動に他ならない」。

「拉致被害者を帰せない」のも

「日韓内の工作活動の実態・実体が公にされ、摘発等される事が、

北朝鮮劣悪国家指導者等の策略を大きく壊すからだ」』。

『「日韓等、北朝鮮の工作活動被害国」は、

「自国内の北朝鮮工作員・協力者等を徹底摘発するべき」だが、

「其処に、核・ミサイルの{脅し}の意味が出て来てしまっている事になる」』。

『「日韓等、北朝鮮の工作活動被害国の為政者の頭や心の中」では、

「自分の代で、北朝鮮の工作活動を徹底摘発する、健常欲動」と

「工作活動を摘発するなら、核・ミサイル等も使いかねない・・・等の北朝鮮の脅しに屈し、

自分の代は、無難に過ごす、不健常欲動」が

「常に、戦っている」。

「その力関係上」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者側が常に優位に立つ為に必要な事」が

「核・ミサイル等の急速な開発の継続」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者の頭の中(因みに、心は死んでいる)」では、

「{使える}核ミサイルを多数保有してしまえば、

{脅し}の効果も絶大で、

工作活動もやりたい放題やり続ける事が出来る・・・」等の

「悪の思惑が渦巻いている」』。

『「北朝鮮による

日韓等の乗っ取り支配」を

「容認するつもりが無い」のなら、

「北朝鮮の核・ミサイル開発」は、

「ある程度の段階で、完全に廃絶させなければならない」』。

『「日韓の乗っ取り支配に成功する」なら

「北朝鮮は、他の国々へもその悪手を伸ばす事になる」。

「何れは、米国も従北政権化しようとする事になる」。

「米国にとって、同盟国日韓が北朝鮮の支配下に置かれてしまう事」は

「極東防衛上からも、断じて容認出来ない」』。

『「現段階なら、

実戦争となった場合、

北朝鮮がアッと言う間に負ける北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「だから、北朝鮮から先制攻撃を仕掛ける事は、先ず無い」。

「北朝鮮は、核・ミサイルの{脅し}を使いながら、

日韓内等、他国内での工作活動を益々旺盛にし続けている」。

「その一つの悪の成果が、韓国の従北政権化」だ』。

『「日韓内を従北政権化する事/しようとする事」は、

「北朝鮮が勝ち目の無い戦争を仕掛けられない為の防波堤」に他ならない。

「防波堤が有効な間は、

{脅し}の核・ミサイルの開発も、

{主軸}の日韓内等、他国内での工作活動も、

やりたい放題・・・」という訳だ』。

『「米軍は、

今の内に、

北朝鮮の核・ミサイル施設等に、

限定的な先制攻撃を仕掛けるべき」だ。

「現状なら、

本格的な戦争となれば、

北朝鮮に勝ち目は無い」から

「北朝鮮の反撃が無い可能性非常に大」だからだ。

「万一、反撃しようとする」なら

「遠慮無く、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる総攻撃を仕掛けるべき」だ。

「日韓内の被害は、ほとんど出ない」が

「北朝鮮には多大な被害が出る事になってしまうが」』。

『「国連の追加制裁決議に対して」も

「グアムに4発のミサイル・・・」等と

「未だに、突っ張っている」のが、

「北朝鮮の実態」だが、

「もし、本当に、グアムに向かって、ミサイルを発射する」なら

「米軍による北朝鮮のミサイル関連施設等への限定攻撃等にお墨付きを与える事になる」。

「其処で、

限定攻撃をされても、反撃は出来ない、反撃すれば、オシマイになる北朝鮮」は

「グアムへのミサイル発射を{慎重に検討}している」旨までも

「公言」して、

「実質的には、降参状態」だ。

「例え、

グアムへのミサイル発射が無くても、

北朝鮮の核・ミサイル施設等への限定攻撃を行う」と「共」に

「核・ミサイル・他国内での工作活動を北朝鮮が放棄する事を認め、順守するなら、

北朝鮮劣悪国家指導者等の身の安泰と贅沢自慰生活等を担保する

北朝鮮問題解決協議を行う」なら、

「北朝鮮問題は、解決に向けて、大きく動き出す事になる」』。

『「こんな状態の時」に

「冷静に見守りましょう・・・」等では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ですよ~!」等と

「言っている様なモノ」だ』。

『「今、日本が行うべき」は

「日本国内の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下、工作員・協力者等」の

「徹底摘発に他ならない」』。

『「電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々」の

「非人道的工作手段」によって、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子を粛清し続けて来ている反面」では、

「戦後日本の情報・教育等を悪用」して、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子を育成し続けて来ている」のが

「日本の中の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の、

実質的、手下、

工作員・協力者等の実態・実体」だ』。

『「{その}テレビ・マスコミ情報」や

「学校教育内容」は

「何処の誰に利をもたらす情報・教育なのか?!」

「北朝鮮劣悪国家指導者等に利をもたらす

情報・教育や

その発信者等の

操り人形にされてしまわない様に、

くれぐれもご用心!!」

「日本の中に従北政権をつくらせない為」にも、

「所謂、文系の、テレビ・マスコミ情報や学校教育情報の鵜呑み」は

「止めるべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、「トランプ大統領が何を考えているのか分らない、金正恩の考えていることは分るけど・・・」等の旨述べていた者まで含む常連出演者等が「ご都合論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「{北朝鮮の為の}劣悪な反戦論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事