« 相変わらず、筆者の部屋や車等では、工作電磁波が酷い・・・。 | トップページ | 本日の明け方は、筆者の寝床の下方向からの工作電磁波が異常に強かったが・・・。 »

昨今、街中の電線の長細いカバーケースに何等かのモノを取り付けている様相の工事が行われていたが、そんな電線の下を通ったら、弱めの工作電磁波の類が出ていた・・・。

『「本日も、工作電磁波対策の為、お金も手間もかけさせられ、時間も削がれた」ので、

「ブログ記入も今頃になってしまっている」』。

『「何の工事か???」だった

「電設業者等による電線カバーケース部への工事」が

「筆者の周囲でも、行われ続けていた」が、

「工事を施した範囲の電線から」は

「工作電磁波の類を発生させる事が出来る様」だ』。

『「昨日、街中に出ると、何か変な感じがした」ので、

「試しに、電車で、移動した」ら

「電車の中まで、変な感じ・・・だった」が、

「二駅ほど移動する」と

「変な感じが消失」した。

「別の市内に入ったところから、切り替わっている様相」だ』。

『「徒歩では、駅前から、離れて行くと、変な感じが、消失した」。

「変な感じは、電線の下で強くなる」。

「ここで、思い当たる」のが、

「タイトルの事態」だ』。

『「昨今、筆者の住んでいるところの周辺」では、

「電設業者等が、電線のカバーケース部に何らかのモノを付けている様な工事」が

「行われ続けて来ている」。

「その様な工事を目撃したところの電線から、

工作電磁波の類と推定される

変な感じをもたらす、

恐らくは、電子・ホール波が、出ている様相」だ。

「電気的に、オンオフ可能だろうから、常に出ているとは限らないが」』。

『「現状では、それ程、強くは無い」ので、

「いきなり、人が倒れたり・・・等の事態は、起き辛いかも知れない」が

「人体を取り巻く、電子・ホール環境が、変わっているからか、、

何となく、身体が重く、動かし辛い状態等を実感する」。

「脳にも影響がある様」で

「イライラや不安感等が生じ易くなる様」だ』。

『「恐らくは、市内の電線関連の工事を担当している業者の中」に

「工作員等が居て、

昨今の電力自由化等で必要になっているのかも知れない

電力会社関連の工事を行う時」に

「工作電磁波の類を発生させる事が出来るモノまで

付けている」と

「推定出来る状態が露呈している」』。

『「目的は、何か?」

「ターゲットへの工作電磁波被爆濃度を上げさせる為」だろう』。

『「筆者の場合は、部屋は工作電磁波対策をし続けている」ので、

「工作員覗きの下で、ポイントアップされながら、

近隣工作員や、

近隣仕込み等による、

強い、工作電磁波の照射に見舞われ続けている状態だが、

対策が相応に利いている様で、

部屋に戻ると、むしろ、楽になる」。

「つまり、現状では、

部屋の中での被爆度<工作電磁波の類発生電線下での被爆度状態」だ。

「工作電磁波対策をしていない状態なら、

部屋の中にも、周囲の電線からの工作電磁波の類の影響が来てしまう事になるので、

工作電磁波被爆濃度が、飛躍的に、高くなってしまう事になる」』。

『「以前、日本人41歳寿命説等が言われていた時」には、

「飲食物工作や大気工作や侵入工作等々で、

多くの日本人を早死にさせる計画があったらしい」が、

「その実態」は

「例えば、飲食物工作の場合」は、

「公害・大気汚染ベースの上」で、

「当時の、未だ、人間の身体に優しく無い、農薬・化学肥料等や食品添加物等々を多めに加えさせる事の上に、

工作員が侵入工作で、

ターゲットの飲食する物・飲食に使う物に

弱毒物や有害物等を仕込み続ける手段だったそうだ」。

「つまり、農業や、食品製造業等のお偉いさんに、工作員に指令を出す者た居た事になる」。

「もちろん、多くの日本人」は

「農薬等は洗い流して使い、食品添加物が多い物は、食品本来の味がせず不味いので、避けた」し

「公害・大気汚染状態も急速に改善された」ので、

「寿命が縮む事も無かった」。

「そればかりか、医療技術等の進歩で、寿命は大いに延びた」。

「しかし、侵入工作までされた人々には、相応に多い犠牲者が出たらしい」。

「ここで、多くの日本国民が知るべき重要な事」は、

「戦後の日本社会には、

日本人早死に化まで企んで来ている工作集団等が居続けている事」と

「その対策が不十分過ぎる事」だ』。

『「だから、

実際に、

日本全国各地から多数の日本国民を拉致する事まで

実現してしまっている」』。

『「そして、そんな連中が、昨今熱心に行い続けている事の一つ」は、

「電磁波工作」だ。

「工作濃度で、ターゲットを早死に化させようとする悪のロジック」は

「以前から、全く同じ」だ。

「濃度でターゲットを早死に等させた場合、

今までの、日本の法や摘発体制では、摘発し、罪を問い、罰を与える事が

不可能に近かったから、

悪どもは、其処をつく工作手段を構築し、実行し続けて来ている」と

「強く、推定出来る」』。

『「しかし、今は、テロ等準備罪が在る」。

「工作電磁波濃度により、ターゲットを早死に化させようとしている悪の集団」の

「事前摘発は、十分に可能」だ。

「何しろ、電磁波工作には、仕込みが要る」し、

「実際に、既に、かなりのところに仕込まれている」。

「準備は、既に在る」。

「目的を立証する為」には、

「工作電磁波の悪の実効を検証すれば良いダケ」だ。

「ある程度以上、濃度が高い工作電磁波が当てられ続けた生体に対する影響を実証する事」は

「それ程、困難な事では無い」。

「濃度が高い状態をつくり出している実態」には、

「悪意が露呈している」から、

「総合する」なら、

「摘発後、罪に問い、罰を与える事は、十分に可能になる」』。

『「日本国政府・警察等は、

電磁波工作を徹底調査し、

出来る限り早く、摘発するべき」だ』。

『「戦後日本国内に居続けている悪意のある集団の徹底摘発~撲滅」は

「日本社会の実環境を劇的に改善させる特効薬になる」。

「それは、北朝鮮問題の解決にも直結している可能性大」の

「重大事」だ』。

『「日本の総理大臣や日本の政権」なら、

「この重大事を見逃す訳も無い」』。

『「近々、戦後の日本社会を黒く重く覆い尽くして来ている酷い雲が、

取り除かれる事」を

「強く、期待している」』。

|

« 相変わらず、筆者の部屋や車等では、工作電磁波が酷い・・・。 | トップページ | 本日の明け方は、筆者の寝床の下方向からの工作電磁波が異常に強かったが・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事