« 「気候も、益々変・・・」で、益々、近づく、現状人間世界限界(終わり)の日の様相だが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、「トランプ大統領が何を考えているのか分らない、金正恩の考えていることは分るけど・・・」等の旨述べていた者まで含む常連出演者等が「ご都合論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

相変わらず、厚顔無恥の常連出演者等による、実質的、政治運動等が蔓延っているが・・・。

『「どんなに、そのスジのテレビ・マスコミ等が、偏向・偏重情報配信等を続けたところ」で「民主党の流れの民進党等が、政権を得る事も無い」。

「日本には、二大政党制も馴染まない」。

「それでも尚、そのスジのテレビ・マスコミ等」が

「実質的、政治運動等を続けている」のは、

「小池新党仕込み」が

「相応の実効を上げているから」であり、

「裏の本当の実権者の意向があるから」だ』。

『「{使える}核ミサイルの大量保持」と

「日韓の従北政権化等」とは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の世界支配策略の第一歩」だが、

「日本に従北政権をつくる為」には

「従北の者(表の政治家とは限らない)が大きな実権を持つ政党に政権を持たせなければならない」。

「旧来からの日本人脈も大いに実権を持っている自民党等」では、

「従北政権を成立させる事は無理」だ。

「何としても、

従北の者(同上)が大きな実権を持つ、

政権交代可能な政党を生み出す事等」が、

「必要になる」』。

『「しかし、

北朝鮮のお友達、旧社会党の流れの

民主党政権の再来」は「もう無い」。

「何故なら、民主党政権時の政治実態が余りにも酷かった」ので、

「もはや、多くの日本国民からの支持を得る事は非常に困難」だ。

「民主党自体も、民進党へと{看板}を変えている」。

「もちろん、{看板}替えくらいで、大衆の支持が戻る事も無い」。

「今更、前原と枝野で代表選を行ったところで、

多くの日本国民は、もう、相手にもしない」だろう』。

『「其処で、少々前から、策が講じられ続けて来ている」。

「自民党の中の、所謂、保守系の政治家だが、

お仲間の政治家」に

「新党をつくらせたらどうか・・・」。

「小泉の様に、自民党をぶっ壊す!」では、

「自民党政治が民主党政治よりマシである事を知っている

多くの日本国民からの支持」は

「得辛い」が

「自民党をぶっ壊す!」でも、

「民主党やその流れ」でも

「無い」

「新モノ」なら

「大衆の現状脱出欲動の{受け皿}にも成り易い」』。

『「小池新党の裏には、熟慮された策略の臭い」が

「濃厚に漂っている」・・・』。

『「北朝鮮の軍幹部」は、

「グアム周辺への

ミサイル発射(実験か?実戦争の開戦か?は不明だが・・・)を

慎重に検討しているらしい」。

「最初に、グアムと日韓内の全ての米軍基地に対して、ミサイルのよる総攻撃をかける」なら、

「米軍の戦力がどれだけ削がれ、北朝鮮が戦争に勝てる確率は???」

「或いは、

グアム近隣に落ちるミサイル発射実験を行ったなら、米軍の反応は???」

「米軍等により、撃ち落とされた場合、どうする?」

・・・等々」』。

『「何れにしても、北朝鮮は、大口は叩けても、具体的な大行動は起こせない」。

「何故なら、具体的な大行動を起こした途端」に、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるから」だ』。

『「日本の従北政権化も未だ・・・」の

「北朝鮮」には、

「例え、米軍による小規模限定攻撃等があったとしても、反撃が出来ない状態が在る」。

「米軍は、

遠慮無く、

北朝鮮の核・ミサイル施設等に限定的な軍事行動を仕掛けるべき」だ』。

『「日本が行うべき事」は

「日本国内の北朝鮮工作員やその協力者の徹底摘発」だ。

「徹底摘発により、北朝鮮が裾野の多くを失う」なら、

「裾野無き長棒は直ぐに倒れる事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」も

「地に降ろされ、否応無しに、実体通りの対応を受けざるを得なくなる」。

「日本の中の北朝鮮工作員やその協力者を徹底摘発しない日本政府はあり得ない」』。

『「テレビ常連出演者等」が、

「特定極一部の者に偏集」していたり、

「テレビ・マスコミ等の論調等」が、

「利北朝鮮等の方向に偏向している裏」にも

「北朝鮮等による工作等の臭いが濃厚に漂っている」。

「そんな偏重・偏向情報を元」に

「視聴者・読者や日本社会等が操られる事の危険性」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「例えば、原爆の日」でも、

「美辞麗句を並べ、実効の無い核兵器廃絶論等を賛称しているダケ・・・」という

「明らかな力不足を露呈し続けて来ている」のが

「現状のテレビ常連出演者等の実態」だ。

「そんな事をして、原爆被害の悲惨さ等が繰り返し、繰り返し、視聴者等の頭の中で学習される」なら、

「北朝鮮の核の脅しの効果も高まり、

喜ぶのは、

北朝鮮劣悪国家指導者等」になる』。

『「今時なら、

人類は、何故?戦争を行い続けて来たのか?

何故?核兵器まで製造~使用してしまったのか?

・・・等々の本質を探究」し、

「暴き出し、

多くの視聴者等の理解・把握等も得る事

・・・等々」から、

「実際に、核兵器を無くし、世界平和を実現する、

実効のある、核廃絶論、或いは、核廃絶・世界平和ロードマップ等」を

「提唱出来ていて、普通」だろう』。

『「その様な配信情報内容」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の劣悪ぶりが、益々、明らかになる」と「共」に

「原爆被害や戦争等に怯えている暇がある」なら

「実際の、核廃絶や世界平和を実現して行く事に力を出す事」等の「方」に

「視聴者等の考え・思い・興味・行動等が行く事になる」』

『「今時、必要な、所謂、文系、もしくは、精神文化側の仕事」が

「十分に出来ていない者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「気候も、益々変・・・」で、益々、近づく、現状人間世界限界(終わり)の日の様相だが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、「トランプ大統領が何を考えているのか分らない、金正恩の考えていることは分るけど・・・」等の旨述べていた者まで含む常連出演者等が「ご都合論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事