« 北朝鮮問題の今後はどうなるのか?・・・。 | トップページ | 色々「嵐の前の静けさ」の様相だが・・・。 »

サンデーモーニングでは、韓国を持ち出して「朝鮮人目線の北朝鮮問題の考え方」等を多くの視聴者に覚え込ませ、同様に考える様にさせる「大衆マインドコントロール」等を行っていた様相だったが・・・。

『「学校教師等に調教されているまま・・・の人々」にとって「テレビ常連出演者やコメンテーター等」は「教師同様の存在となっている」。

「教師の言う事を良く覚えた者」が

「優等生としてもてはやされた実態」を

「覚えている者たち」にとって

「{テレビ教師}の下で優等生になる事」等は

「抵抗の無い事になってしまっている」。

「結果として、テレビによる大衆誘導や大衆マインドコントロール等」が

「可能」となり、

「実際に、行われてしまって来ている」から

「例えば、民主党政権等の成立」という

「内実としては、多くの日本国民にとって負の影響をもたらす事態等」までもが、

「実現出来て来てしてしまっている」』。

『「韓国を持ち出して、

朝鮮人目線で、

北朝鮮問題を考えさせる様に、

多くの視聴者を導く事」の「実効」は

「朝鮮人を有利にする事」であり、

「朝鮮人である北朝鮮劣悪国家指導者等も有利にする事」に

「他ならない」』。

『「言うまでも無く、北朝鮮問題」は

「民族分断故の問題等」として

「民族目線で考えさせられてはいけない問題」だ。

「北朝鮮問題の本質」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の劣悪な精神文化の問題に他ならない」。

「世界中、何処の国の人々でも、どんな人種の人々でも、どんな民族の人々でも、

問われるべきは、

その精神文化」だ。

「何処の国でも、どの人種でも、どの民族でも、

健常な精神文化を基に、

自分を健常にコントロールし続けている健常な人々も居れば、

劣悪な精神文化を基に、

盗みや、脅しや、殺傷等を行う事で、不当利権等を貪り続けようとしている不健常な人々も居る」。

「同じ民族だから統一出来る」は

「ファンタジー」で

「健常な精神文化を保有している分断された二国家なら、

分断の解消も可能になる」が

「現実」だ。

「盗み・殺傷等を続けて来ている極悪人」と

「普通の健常な人々」が

「一緒に暮らせる訳も無い」。

「一緒に暮らす前」には

「極悪人がその罪を悔い、償い、

二度と罪を犯さない状態にまで

健常進化出来た後になる」。

「北朝鮮問題」とは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の劣悪な精神文化の問題」だから、

「北朝鮮問題を解決する為」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等の劣悪な精神文化を更生させる事が合理的になる」。

「劣悪な精神文化そのままに、同じ民族だから・・・等々と統一をする」なら

「辛うじて、普通の精神文化状態も保持出来ている韓国が、

劣悪な精神文化に毒され、

劣悪化する事になるダケ」だ。

「水も人心も人間の精神文化も、

高い所から低い所へと流れ易く、

流れを逆にする為のノウハウ等は、未だ、希薄な状態の人々が圧倒的に多い」。

「そんな人類の現状」で、

「極悪人と一緒になる事は、極悪人の仲間になる事に他ならない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の精神文化の改善」こそが、

「北朝鮮問題を平和的に解決する鍵になる」が

「現状では、精神文化問題が訴えられていない」。

「何故か?」

「韓国等にも、精神文化問題を、声を大にして、訴えられない実態が在るから」だ』。

『「元々、実体として、

日韓併合という二国間の国家契約により、辛うじて国の存続が保てた朝鮮半島内」は

「その後、日本による急速な近代化整備等により、大いに、状態が改善された」。

「衛星・文化・教育・経済等の水準が飛躍的に向上したので、

朝鮮人の人口も急増出来た」。

「つまり、日韓併合の実体」は

「日本による侵略~略奪植民地支配では無く、

日本による朝鮮半島内救済だった」のが

「現実」だ。

「ところが、日本の敗戦につけこんで、

戦後の韓国・北朝鮮は、

火事場泥棒的に

朝鮮半島内の支配権を得て、

国を始めてしまった」。

「米ソ主導による分断統治」とは

「ファンタジー」で

「実際は、朝鮮人権力者等が米ソに取り入り、

米ソを利用して、

朝鮮半島内を支配する事を画策した結果」だった。

「元々が、支配権火事場泥棒略奪~朝鮮半島内支配」という

「悪の思惑を強く持った者たちによる策動だった」ので

「必然的に、支援者(米ソ)別の支配権争いが起きてしまった」。

「北朝鮮側が先に攻め入った」とされているが、

「実際は、どちらも、朝鮮半島内完全支配を目指していた者たちだった」から

「どちらから攻め入っても何の不思議も無い状態」だった。

「米ソが代理戦争を始めたのでは無く、

朝鮮人悪権力者等が

朝鮮人悪権力者同士で

支配権争いを始めた」のが

「朝鮮戦争の実体」だ』。

『「朝鮮戦争の実態」は

「武力の優位・劣位通りに動いた」。

「当初は、

ソ連製の武器を大量に保有出来ていた北朝鮮が圧倒的に有利(つまり、朝鮮半島に進駐していた米軍は少なかった)」だったが、

「連合軍を組み、援軍をどんどん朝鮮半島に送り込んだ後は、

米側が圧倒的に有利になった」。

「中国国境付近にまで、米軍側が侵攻した後、

中国共産党軍が参戦した事」で

「力は拮抗」し、

「それ以上の大戦争を嫌った双方の合意」により、

「南北が38度線で分れる事による休戦協定が結ばれた」』。

『「政権公害のある韓国側」には

「若干は劣悪度が低い政権が誕生する事もあった」が

「政権交代の無い北朝鮮側」は

「朝鮮戦争休戦のまま、現在に至っている」。

「しかし、元々は、何れもが、敗戦火事場泥棒の先での朝鮮半島支配権争い」で、

「その根本的劣悪度が改善される様相は全く無い」。

「劣悪なままの自己正当化の為」に、

「{使える}核ミサイルの保有や、

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)に邁進し続けて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体」だ。

「韓国側も、

政権交代はあるものの、

元々が、敗戦火事場泥棒なので、

反日無罪という異常さ」だ。

「日韓基本条約で、全て、リセットすれば、未だ、良かった」のだが、

「その後の駄々ぶりは、

{反省無き、敗戦火事場泥棒}ぶりを

如実に露呈させ続けて来ている」。

「朝鮮半島内の劣悪国家指導者等の劣悪な精神文化が変わる様相も全く無い」』。

『「精神文化の改善による平和解決が非常に困難である現実」を

「直視する」なら、

「北朝鮮問題解決の方法」が

「徹底した国際的圧力等による、北朝鮮劣悪国家指導者等の{屈服}」か

「軍事オプションの行使」しか「無い事」は

「誰もが直に解る」』。

『「軍事オプションの行使」で

「日韓に多大な犠牲が出る!」等と

「脅す」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等になる」。

「実際」は

「限定攻撃をしたところで、北朝鮮に反撃は出来ない」。

「現時点で、反撃すれば、北朝鮮がアッと言う間に負ける北朝鮮解放戦争になるダケだから」だ。

「強欲な北朝鮮劣悪国家指導者等が、自ら命を差し出す道を直ちに選ぶとは考えられない」ので、

「限定攻撃の後、飴を与えれば、大人しく従う事になる」。

「もし、万一の反撃を本気で心配する」なら

「最初から、アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争を行うしか無くなる」。

「その場合は、

最初から北朝鮮による反撃能力が徹底的に削がれる」ので、

「日韓内等の被害は、ほとんど出ない事になる」。

「その反面で、北朝鮮内では、軍人を中心に膨大な犠牲者が出る事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、自主的に、{屈服}する道」が

「一番、平和」だが、

「劣悪国家指導者等は、劣悪であるが故に、自主的{屈服}も出来ない」だろう。

「軍事オプション行使の時間」が

「着々と近づいて来ている」のが

「北朝鮮問題の実態」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が訴えるべき事」は

「日本の中の北朝鮮等による工作活動等を徹底摘発する事」だ。

「他国内での工作活動という北朝鮮の本丸」が

「徹底摘発される」なら

「如何に、劣悪国家指導者等と言えども、{屈服}が合理的である事等」を

「理解し易くなる」。

「北朝鮮問題の平和解決の為」にも

「日本国内の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発」は

「意識的かつ積極的に行うべき事」だ。

「行うべき事を行わない」のなら、

「軍事オプションによる解決も止む無し」になる』。

『「日本のテレビ等として、明らかに、異常な、

朝鮮側に偏向した情報配信等をし続けて来ている

多くの民放キー局等」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等がゾロゾロ・・・」だろう。

「もちろん、そんな状態を放置したまま・・・で良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 北朝鮮問題の今後はどうなるのか?・・・。 | トップページ | 色々「嵐の前の静けさ」の様相だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事