« 北朝鮮劣悪国家指導者等救済の為、安倍総理等を利用して、六か国協議を再び行わせようとしている様相の田原氏を出演させていたテレ朝昼番・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、相変わらず、「劣悪な、北朝鮮問題論や地球環境問題論」等を日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

テレ朝朝番等では、「度重なる制裁強化で後が無い、北朝鮮劣悪国家指導者等の最後の望みの綱、日韓内等の手下等を使って、ご用達情報を日本の公共の電波上に大々的に配信」等していたが・・・。

『「制裁は無駄」とは「北朝鮮劣悪国家指導者等の言い分」で「実行されている制裁」には、「それなりの実効が付いている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等は実行されている制裁が強化される度」に

「立場が狭くなっている」。

「どんどん狭くなって来ている立場にも関わらず、

北朝鮮劣悪国家指導者等が、

ミサイル発射等の暴挙を行った」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に残されている僅かな立場である

北朝鮮国内での立場を

何としても維持する為」だ。

「しかし、国際社会側を出来る限り怒らせない様に、

今回のミサイル発射も、

かなり慎重に行われた」。

「予告無し」の「無礼ぶり」は

「北朝鮮国内での虚勢を優先したから」だが、

「米韓側が、監視継続中のミサイルの発射だった」ので、

「実質的には、予告済みに殉じる効果が有った」。

「実質的」には

「今回の

米韓側が、監視を継続出来ている

液体燃料ミサイルの

出来る限り日本領土の上空を通らないコースでの

発射」は

「迷惑行為だが、脅威では無い」。

「トランプ大統領が米国の脅威では無い旨、公言した」のも

「当然の話し」だ』。

『「脅威では無いミサイル発射だが、迷惑行為には違い無い」。

「何しろ、北朝鮮製のミサイル」だ。

「発射後、壊れてしまう可能性もかなりある」。

「実際に、同型とされているミサイルは、

前回の発射で、途中で分離し、

グアム相当の距離まで届かなかった」。

「前回の発射は、明らかに失敗だった」から

「もう一度行った」のが「実態」と「強く推定出来る」。

「途中で壊れる事」は

「途中で、ミサイル部品が降って来る事でもある」。

「ミサイルのコース下の国民に、

上空をミサイルが通る事や、

万一、落下部品等が在っても、

重大な被害が生じない様に、

身の安全を図る必要がある事等を

知らせる必要が生じる」。

「ミサイル部品が線路上等に落ち、列車が動いたまま・・・だった」なら

「脱線事故等が起きてしまう可能性もある」。

「ミサイル発射後は、ミサイルのコース下の鉄道等を止める安全措置が必要になる」。

「何れも、北朝鮮のミサイル発射により生じる多大な迷惑」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が保身の為に行っている迷惑行為」なのだから、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」に

「補償請求するべき」等と「思う」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「今更、言うまでも無く、

北朝鮮の核・ミサイル等」とは、

「先進諸国の数十年遅れレベルの兵器に過ぎ無い」。

「米軍との膨大な差」は

「もはや、言うまでも無い事」だが、

「今回の北朝鮮ミサイル発射」と

「同時」に

「韓国もミサイル発射を行う事が出来ていたり、

韓国が持つ精密誘導スティルス巡行ミサイルの実射訓練を{公開}したり、

・・・した事」からも、

「韓国との差も膨大である事」は

「もはや、誰の頭の中でも明らか」だろう。

「北朝鮮の武器で、ソウルを火の海に出来た」のは

「過去」で

「現状では、北朝鮮が先制攻撃しようとした途端に、

北朝鮮の時代遅れの武器のほとんど全てが壊滅させられる」のが

「現実」だ。

「未だに、時代遅れの北朝鮮の軍備」を

「過大評価して、脅威を煽っている」のは、

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等」になる』。

『「北朝鮮に残されている、

{使える}

実効が多少でもある武器」は

「口先」と

「主として、日韓内等、他国内の工作員・協力者等」だ。

「北朝鮮の口先宣伝」を

「主として、日韓内等、他国内の工作員・協力者等」が

「より実効が高くなる様に、脚色等し、大々的に、大きくし、広める事等」により、

「主として、日韓等、他国の世論や国民感情等を

北朝鮮に都合の良いモノに変える策略」が

「今も、旺盛に行われている」』。

『「牙が折られるまでは、普通の対話・協議等が成り立ち得ない」のが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実体」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の牙が折られない様に

情報工作等を行い続けて来ている」のが

「主として、日韓内等、他国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員・協力者等」になる。

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の論」は、

「既に、明らか」だ』。

『「戦争は避けたいでしょ!」

「戦争を避けたい」のなら

「北朝鮮の核・ミサイル等」を「{認め}」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の{脅威}に屈し」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話・協議をしなさい!」

「その内実」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の言い分を呑みなさい!」

で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の言い分」とは

「先ずは、

朝鮮半島内から米軍は撤退」し、

「朝鮮半島内を北朝鮮主導で統一させなさい!」

「その内実」は

「朝鮮半島内の支配権を北朝鮮劣悪国家指導者等によこしなさい!」

「次に、

日本国内から米軍は撤退」し

「日本国内も北朝鮮劣悪国家指導者等に支配させなさい!」だ。

「金正恩の母親が、在日朝鮮人であった事を正当化する為」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日本支配が必要になる事等」を

「日韓内の北朝鮮等による工作活動等同様、

無い事にしてはいけない」。

・・・「挙句の果て」は

「全世界を、北朝鮮劣悪国家指導者等に支配させなさい!」

になる。

「劣悪な独裁者が自己を正当化する為」には、

「全世界の支配が必需」だ。

「劣悪な独裁政権が追及する事」は

「ナチス・ヒトラーでも、陰険なナチス・ヒトラーでも、同じ事になる」』。

『「そんな言い分に賛同し、力を与えようとする」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者等」と

「相場は決まっている」』。

『「今回のミサイル発射」で

「国連制裁は、また少し、強化される事になる」。

「そして、国連制裁の強化を理由」に

「北朝鮮は、更なる、迷惑行為等を行う事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、自ら牙を折り、

普通の対話・協議等を行おうとしない限り」、

「北朝鮮が先にしても、米韓等による限定攻撃等にしても、

軍事行動に至る臨界点」は

「直其処」だ』。

『「全面軍事衝突」になれば、

「膨大な実力差により、

アッと言う間に、北朝鮮の負け」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は、

「基本的に、終わる」。

「北朝鮮側の被害は膨大になる」が

「米韓等側の被害はほとんど出ない」。

「日米韓側に居て、北朝鮮との戦争を恐れる、恐れさせる」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等」と

「相場は決まっている」』。

『「北朝鮮が負ける戦争に突っ込む可能性は、非常に少ない」。

「何しろ、強欲なのが、劣悪国家指導者等の特徴」だ。

「最終的な保身の為」なら、

「国家・国民を売る事になる」。

「テレ朝朝番の常連出演者等は、戦前の日本を持ち出して、

北朝鮮も同様に・・・等と

戯言を公共の電波上で公言していた」が、

「言うまでも無く、戦前の日本が太平洋戦争に突入した当時」は

「世界中が、武力による比べっこ支配権争いの真っ只中だった時」だ。

「当時の日本は、世界の流れの中で、戦争に突入した」のが

「実態」だ。

「今の世界の流れ」は

「基本的に、不戦」で

「経済による比べっこ支配権争い」だ。

「つまり、世界の流れに背かない限り、

北朝鮮劣悪国家指導者等が戦争を選択する訳も無く、

世界の流れに背いて、戦争を選択する」なら、

「世界の流れから外れた北朝鮮ダケ」が

「アッと言う間に葬られる事になるダケ」だ』。

『「哀れなのは、カルト宗教信者状態に追いやられている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者等と、

北朝鮮国民等」になる』。

『「日本の公共の電波上」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下・協力者等を蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 北朝鮮劣悪国家指導者等救済の為、安倍総理等を利用して、六か国協議を再び行わせようとしている様相の田原氏を出演させていたテレ朝昼番・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、相変わらず、「劣悪な、北朝鮮問題論や地球環境問題論」等を日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事