« テレ朝朝番等では、「度重なる制裁強化で後が無い、北朝鮮劣悪国家指導者等の最後の望みの綱、日韓内等の手下等を使って、ご用達情報を日本の公共の電波上に大々的に配信」等していたが・・・。 | トップページ | テレ朝昼番では、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が、北朝鮮の目的は朝鮮半島統一ダケ等と、「母親が在日朝鮮人だった金正恩を黙殺したインチキ論」等を、日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

サンデーモーニングでは、相変わらず、「劣悪な、北朝鮮問題論や地球環境問題論」等を日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「地球環境問題」も「現状人間社会問題の一つである北朝鮮問題」も「テレビ・ラジオ・マスコミ等劣悪情報問題」も、「その基本的元凶は同じ」だ。

「今更、言うまでも無く、元凶」は

「現状の多くの人類の精神構造」であり、

「その集大成である人間社会の精神文化」に他ならない。

「本来の今時の文系の仕事」なら、

「この基本元凶を告発し、実効のある対策等を訴えられていて当然」だが、

「劣悪な現状文系学校教育上の優等生等」は

「現状優等生利権に縋り付いたまま、

自分たちの下に利権を集中させる事等」を

「是」として

「仕事のつもりで、実質的破壊行為を続けて来ている」。

「その結果」として、

「現状の酷い人類世界状態」は

「改善の兆しさえ現せていない」。

「地球環境問題」や「北朝鮮問題も含む人間社会問題」等々で、

「正義ぶり、自己正当化を謀り続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等や政治家等々、所謂、文系の者たち」という

「醜悪な実態」には

「もう、うんざり・・・」という「方々も多い筈」だ』。

『「何故、現状の多くの人類の精神構造が劣悪なのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「急激な進歩・進化を実現出来ている人類の物質文明の裏に在る」のは

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的かつ積極的奈実用」が「在る」が

「旧態依然とした、もはや、劣悪レベルの精神文化を引き摺り続けている現状の多くの人類」には

「自らの精神構造に対して、科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的かつ積極的な実用が無い」。

「進歩・進化に必要な事を怠り続けて来ている」から

「精神構造の進歩・進化を実現出来ていない」。

「当然の現象」が「其処に露呈している」』。

『「多くの人々の精神文化の集合体」である

「人類の精神文化」の

「歴史的変化を見る」なら、

「古の時代」は

「力~武力による比べっこ支配権/被支配権争いの時代」が

「長く続いていた」。

「古の時代」には

「人類が科学レベルで判明させる事が出来ていた物質文明関連の実体や事実・現実も希薄だった」ので、

「分らない事が多かった当時の人類」が

「考え・思いの世界に救いを求めた事」にも

「相応の合理性が有る事になる」。

「考え・思いの世界」とは

「丸ごと一人の死生観・人生観の世界」でもあり、

「宗教の世界」でもある。

「考え・思いに頼る為」には

「相応の工夫も必要となる」ので、

「多くの宗教では、信じる事(=その考え・思いに身を委ねる、人生を預ける事)が求められている」。

「周囲の人々が皆、同じ宗教を信じている」となれば、

「それは、頼る(・・・自分の人生や自分が分らない事等を委ねる等々)に十分な状態ともなり得る事になる」。

「もちろん、古の人類の中」にも、

「そんな状態に納得出来ていない人々も少なからず居た」。

「その結果、科学レベルの検証法等が、どんどん生み出される事になった」。

「科学レベルで、判明させる事が出来た実体や事実・現実の実用」は

「先ず、人類の物質文明面で積極的に取り入れられた」。

「より強力な武器やより便利な住居等も含む生活関連品が生み出され続け、

進歩・進化させられ続けて来た」。

「人間社会の精神文化」は

「力・武力による比べっこ支配権/被支配権争いのままだった」ので、

「古の時代~の人類の歴史」は、

「戦争の歴史となった」』。

『「科学レベルで判明した、実体や事実・現実の実用」による

「物質文明の進歩・進化」は

「産業革命以降、急激なモノになった」。

「それでも、人間世界の精神文化」は

「以前のまま・・・」だった。

「力・武力による比べっこ支配権/被支配権争い」は

「物質文明の急激な進歩・進化により、苛烈を極め」、

「先の大戦末期には、核兵器まで実用化され、使われてしまった」。

「さすがに、多くの人類」は

「もう、戦争はダメ!

大戦争は絶対にダメ!!」等と

「考え・思う様になった」。

「旧態依然とした多くの人類の精神構造」が

「選択」した

「戦争はダメ!以降の人間社会の精神文化」が

「経済による比べっこ支配権/被支配権争い」という訳だ。

「本来なら、産業革命時」に

「人間の精神構造や人類の精神文化側」でも

「科学レベルで判明した実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」により

「物質文明相応の、急激な進歩・進化を実現させるべきだった」のだが、

「多くの人々が覚え込まされていた当時の精神構造や、旧来からの宗教利権等が、

その大いなる邪魔をした」ので

「超自虐的な人類同士の大戦争により、膨大な犠牲を出してしまった」のが

「人類の惨劇の実態・実体」だ』。

『「さて、上記の様な、今時の、文系の情報・教育等なら、

有るのが当然の精神構造・精神文化論」等を

「踏まえた上」で

「地球環境問題」や

「北朝鮮問題」等を

「考える」なら

「どうなるだろうか?」』

『「地球環境問題の生みの親」は

「言うまでも無く、経済による比べっこ支配権/被支配権争い」という

「~現状の人間社会の精神文化」だ。

「何しろ、現状の人間社会の法や経済システム」では、

「地球環境の保全等はとにかく、

出来る限り早く、多く、

他の者や企業・組織や国等より早く、多く、

自分たちの下に、

現状経済システム上の利権を集める事が出来れば{成功}!等」と

「{されている}」。

「オマケに、{成功}者・企業・組織・国等が優遇される様になっている」。

「そんな人間社会・経済システム上で、多くの人類が頑張り、{成功}を目指す」なら

「生まれるべくして生まれる結果の一つ」は

「地球環境問題」になる。

「生まれるべくして生まれる結果」は

「当然、他にも在る」。

「格差」は「その代表例」だ。

「基が、比べっこであり、{成功}とされた者等がより優位になる社会・経済システム」なので、

「時を重ねれば、重ねる程、格差状態が生まれ、それが、どんどん過激になる」のは

「必然以外の何モノでも無い」。

「もちろん、こんな超自虐的な人間社会・経済システム等」は

「改善するのが当然」だが、

「旧来からの既得権益に縋り付き続けている

現状文系教育等優等生や

現状人間社会優位者等々」は

「自らが現状故に保持出来ている利権等を優先して、

本来の人類の大仕事を

無い事にしたがり続けて来ている」。

「結果として、環境問題も、どんどん深刻化し続けて来ている」。

「例え、現状優等生等」が、

「世界的規制等で、正義ぶり、お茶を濁しても、

現状人間社会・経済システム等の根本的改善抜き・・・では、

インチキをする者・企業・組織・国等は後を絶たず、

問題が解決出来る訳も無い」。

「人類滅亡の日」は

「刻々と迫って来ている」』。

『「大戦後、多くの国々の精神文化」が

「武力による比べっこ支配権/被支配権争い」から

「経済による比べっこ支配権/被支配権争い」へと

「若干の進歩を成し遂げている現状」なのに、

「未だに、武力による比べっこ支配権/被支配権争い」に

「活路を見出そう」と

「悪足掻きし続けて来ている」のが

「劣悪国家指導者の下の北朝鮮」だ。

「その{カルト宗教}国家ぶり」は

「半端では無い」。

「北朝鮮カルト宗教」の

「考え・思いによる納得、もしくは、信じ込んでいる事」とは、

「核武装国家として、米国も含む世界的認知が得られた上」で、

「米国と平和協定を締結」すれば、

「朝鮮半島内から、米軍を徹底させる事が出来」、

「その先には、北朝鮮主導による朝鮮半島統一が待っている」であり、

「更に、その先には、

北朝鮮主導による朝鮮半島&日本の統一が待っている」だ。

「日本の事は、無い事にされがち・・・」だが、

「金正恩の母親が在日朝鮮人であった事」や

「現状でも盛んに行われてしまっている

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の日本国内での工作活動やその協力等の実在」からも、

「絶対に忘れるべきでは無い重大要素」だ。

「在日朝鮮人の子が統一北朝鮮の王である事を正当化する為」には、

「北朝鮮による日本支配が必需になる」』。

『「あきれ果てる程、遅れている北朝鮮の精神文化」を

「現状普通レベルにまで進歩させる事抜き」に

「北朝鮮との対話は成り立ち得ない」。

「無理やりにでも、北朝鮮の精神文化を進歩させる為」に

「現状国際社会等が行える事」は

「圧力」だが、

「中途半端な圧力を与えれば、与える程、団結力が増してしまう・・・」のが

「{カルト宗教国家}の実態」だ。

「圧力による解決を目指す」なら、

「団結力を壊すレベルにまで、圧力を加え続ける事」が

「肝要になる」』。

『「その場合の懸念材料」は

「{カルト宗教国家}の暴発」だろう。

「しかし、過剰な心配は不要」だ』。

『「米韓等の武力行使による北朝鮮問題の解決は不可能」等と

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「嘯き続けている」が

「実際は、武力行使により北朝鮮問題を解決する場合」は

「米韓日には、ほとんど犠牲が出ない事になる」。

「その反面で、北朝鮮の犠牲は膨大になる」。

「徹底した圧力により、北朝鮮が暴発した場合」も

「事態は、同様」だ。

「軍事力の面」でも

「北朝鮮と米韓等の際は、膨大」なのが

「現実」だ』。

『「自覚のある者」は

「実体や事実・現実の把握も行い易い」が

「自覚無き者」にとっては、

「実体や事実・現実よりも、その者が持つ考え・思いに成り易い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の場合」は

「自覚無き者である実態を露呈し続けて来ている」。

「例えば、対話・協議の上での合意を反故にし続けて来た実績」も

「他国内で化学兵器まで使用した暗殺テロ等々を行った事実」も

「本当に恥を知らない、現実を直視出来ていない、

劣悪な自覚無き状態」を

「露呈している」』。

『「北朝鮮問題」は

「徹底した圧力」や

「軍事攻撃」や

「北朝鮮の本丸である他国内での北朝鮮等による工作活動等を徹底摘発する」等の

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、自らの牙と考え・思えているモノ」を

「折る事」により、

「初めて、解決方向に動く事になる」』。

『「地球環境問題」にしても、

「北朝鮮問題等、人間社会問題」にしても、

「多くの人類の精神構造」と

「その集大成である人間社会の精神文化」の

「問題」だ。

「多くの人類の精神構造」が

「比べっこ」から

「本質探究&適材適所快適」へと

「正常進化」し

「それに連れ、人間社会の精神文化」も

「本質探究&適材適所快適人間社会」へと

「正常進化する」なら

「解決可能になる事」だ』。

『「それなのに、

未だに、

旧態依然とした劣悪な情報配信をし続けているテレビ等」は

「本当に、悪質」だ。

「公共の電波が泣いている!!!」』

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番等では、「度重なる制裁強化で後が無い、北朝鮮劣悪国家指導者等の最後の望みの綱、日韓内等の手下等を使って、ご用達情報を日本の公共の電波上に大々的に配信」等していたが・・・。 | トップページ | テレ朝昼番では、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が、北朝鮮の目的は朝鮮半島統一ダケ等と、「母親が在日朝鮮人だった金正恩を黙殺したインチキ論」等を、日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事