« 北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等は、未だに「北朝鮮との対話やコミュニケーション論」等を日本の公共の電波上に一方的に撒き散らしているが・・・。 | トップページ | 安倍総理解散会見を小さく伝え、{独裁}小池新党立ち上げを大きく伝えている、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作機関的様相を露呈し続けて来ているテレビ等の思惑は・・・。 »

サンデーモーニングでは、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、常連出演者等が、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等との対話等を、日本の公共の電波上で大々的に訴えていたが・・・。

『「北朝鮮問題は、何故、こんなに深刻になってしまっているのか?」「言うまでも無く、北朝鮮劣悪国家指導者等」が、「対話・協議等の結果の合意」を「一方的に、反故にし続けて来たから」だ。

つまり、

「既に、

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話・協議等の実効」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が、

「核・ミサイル等の開発」と

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「行い続ける為の時間を悪戯に与える事以外の何モノでも無い事」が、

「実質的に、立証されている」。

「この後に及んで、未だ、対話を訴えている者の実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下」であり、

「その目的」は

「実質的」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「核・ミサイル等の開発」と

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「行い続ける事が出来る更なる時間をもたらす事」等となっている。

「今、必要な事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

普通の対話・協議等を行え、

尚且つ、その結果出る合意内容を順守出来る

普通の人間になる事」に他ならない。

「自力で普通の人間になれない」のなら、

「他力が必要になる」のは

「必然」で

「その、比較的、平和な対応」が

「国際社会による圧力」だ。

「国際的圧力でも無理」なら

「限定攻撃等が必需になる」。

「何処の誰」でも、

「今の北朝鮮問題の元凶」は、

「散々、対話・協議等の結果である合意を

反故にし続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等である事」を

「絶対に忘れるべきでは無い」。

「普通の対話・協議等も行わず、

対話・協議等の結果である合意も守らない

普通では無い者たちとの

更なる対話を訴える」のは

「普通では無い者たちのお仲間」と

「相場は決まっている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「核・ミサイル等の開発」と

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「放棄」し

「普通の対話が出来る状態に成れた事」を

「明らかにしない限り」、

「圧力でダメなら、

限定攻撃等、

限定攻撃等に反撃するなら、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等」と

「なる事」は

「ある意味、必然」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の様相を露呈していた常連出演者等」は

「北朝鮮にも、普通の人々が居る事等を忘れるべきでは無い」等と

「日本の公共の電波上で訴えていた」が

「日本のテレビ・マスコミ人等」なら、

「その前に、

日本国内には、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等により、

甚大な被害を与えられ続けて来ている

一般日本国民も含む、数多くの人々が居る事等」を

「訴えるべき」だ。

「拉致とは、言うまでも無く、拉致工作」であり、

「拉致工作に手を染めたり、協力したりした、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下化した

日本国内に居る者たち」が

「その後、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」の

「工作活動等を行わせられていない訳も無い」。

「実際」は

「飲食物工作や

電磁波工作や

侵入工作や

情報・教育工作や

政財界工作等々、

多くの日本国民を

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子化し、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子は粛清する

工作」が

「世代交代までされ、工作員・協力者等の人数まで増やされ続けながら、

行われ続けて来ている」のが、

「戦後日本社会の寒過ぎる実態」だ。

「戦後しばらく続いて来ていた、

日本国・日本人に自虐を求める

自虐情報・教育」の「裏」にも

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の教育工作がある」。

「この様な実態を十分に告発して来ていないテレビ・ラジオ・マスコミ等」の「裏」では

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等が過分な実権を握り占め続けて来ている」。

「従北政権をつくる命令・指令等を受けている政界工作員・協力者(情報工作員等も含む)等」は

「従北政権では無い安倍政権」を

「何としても、蹴落とす為」、

「一国有地払い下げ問題」や

「一獣医学部新設問題」と

「安倍総理等を、無理やりにでも、強固に連結せしめ」、

「一国有地払い下げ問題」や

「一獣医学部新設問題」等の

「国家レベルでは小さな問題」を

「大衆心理の中で、大問題化させようとし続けて来ている」。

「その上で、

{従北の受け皿}が未だ十分に整っていない今の解散総選挙には大反対!」だ』。

『「同様の手法で、韓国の従北大統領では無い大統領」は

「蹴落とされ、

韓国では、従北政権が出来ている」から、

「今の韓国」は、

「国際社会との連携を損ないかねない、

北朝鮮への人道支援等まで、

打ち出している始末」だ』。

『「日本まで、

従北政権化出来れば、

北朝鮮劣悪国家指導者等は、

現状のまま、駄々をこね続け易くなる」。

「核・ミサイル等の開発」も

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」も

「続け易くなる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等主導で、

朝鮮半島を統一し、

金正恩の母親が在日である事を正当化し続ける為にも

日本の乗っ取り支配を実現する」等の

「カルト宗教国家北朝鮮の劣悪国家指導者等の妄想の具現化」が

「可能になり易くなる」。

「そんな事を望んだり、そんな事の実現に、

非人道的なモノも多い工作活動等までして、協力等して、力を加え続けて来ている」のは

「北朝鮮カルト宗教」の

「信者」等と

「相場は決まっている」。

「血統・民族主義的要素も濃い」のが

「北朝鮮カルト宗教」の「特徴」だ』。

『「戦争は、絶対ダメ!圧力より、対話!!等と、

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を容認し続けて来ている、

平壌等に居る少数の、

北朝鮮国民の一部」の方を

「現在も行われ続けている工作活動(非自動的なモノも多い)等による被害者も多い

多くの日本国民」より

「優先する」のは

「北朝鮮カルト宗教」の

「信者」等と

「強く推定出来る」』。

『「テレビ・マスコミ人等」なら

「平壌に行って、平壌に居る、一部北朝鮮国民等の都合等を聞き、

それを日本の公共の電波上等で大宣伝等する」のでは「無く」、

「平壌に行ったなら、平壌の北朝鮮カルト宗教信者等を

北朝鮮カルト宗教から解放する事等」を

「頑張る」のが

「当たり前」だ。

「当たり前の事を行っていない様相」の

「常連出演者等」からは、

「対話・協議等の結果である合意さえ守らない

普通では無い、北朝鮮劣悪国家指導者等」と

「同じ臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「日本の公共の電波上」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下等」を

「蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等は、未だに「北朝鮮との対話やコミュニケーション論」等を日本の公共の電波上に一方的に撒き散らしているが・・・。 | トップページ | 安倍総理解散会見を小さく伝え、{独裁}小池新党立ち上げを大きく伝えている、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作機関的様相を露呈し続けて来ているテレビ等の思惑は・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事