« サンデーモーニングでは、韓国を持ち出して「朝鮮人目線の北朝鮮問題の考え方」等を多くの視聴者に覚え込ませ、同様に考える様にさせる「大衆マインドコントロール」等を行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 北朝鮮劣悪国家指導者等救済の為、安倍総理等を利用して、六か国協議を再び行わせようとしている様相の田原氏を出演させていたテレ朝昼番・・・。 »

色々「嵐の前の静けさ」の様相だが・・・。

『「北朝鮮等の問題に限らず、現状人間世界は、かなり行き詰っている」。

「そして、その打開策」も「ロクに行っていない」ばかりか、

「今頃になって、打開策を暗中模索している様相さえ露呈している物事も多い」。

「時を重ねれば、重ねる程、問題は深刻化」し、

「実効のある打開策が限られ、より過激なモノにシフトして行く事」は

「ある意味、当然の現象」だ。

「現状人間世界の終わり」は

「正に、川の流れの先に在る滝の如く訪れる事になる」』。

『「北朝鮮問題の場合」は

「打開策もはっきりしている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の本丸である、

主として、日韓内等、他国内での工作活動等を徹底摘発する方法」と

「{今の内}の、核・ミサイル関連施設等への限定攻撃」だ。

「普通の対話が成り立たない北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の要求・要望等の実現の為には合理的になっても、

北朝鮮問題の打開策には成り得ない」。

「北朝鮮問題」も

「時が経てば経つほど、より深刻化」し

「北朝鮮劣悪国家指導者等がより有利になった等と勘違い出来てしまう状態が生まれ易くなってしまう」。

「早い、国際的合意が重要になる」が

「本丸である他国内での工作活動を駆使して、早い国際合意の成立を邪魔し続けて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等とその手下等の実態」だ』。

『「国連安保理で、またまた新たな北朝鮮制裁決議が満場一致で決まった」。

「内容は、今までの制裁決議より、少し、キツイ程度」だが

「中国もロシアも賛成した」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が問題行動を起こさせる度に、

ジワジワと、まるで、真綿で首を絞める様に、

国連安保理の制裁決議が強化され続けて来ている」。

「通常の人間」なら

「とっくの昔に、国際社会の意思・意向に気づき、

国際社会と決別しないつもりなら、

国際社会の意思・意向も考慮しながら、

事に対処しようとする」が

「極悪非道カルト宗教国家北朝鮮の劣悪国家指導者等の場合」は

「{使える}核ミサイルを出来る限り早く保有する事と

他国内の工作活動等」により、

「国際社会の意思・意向を

北朝鮮劣悪国家指導者等に都合の良いモノに変えさせよう・・・」と

「し続けて来ている」。

「客観的に見る」なら

「酷い、身の程知らず状態」だが

「その実態に気づけない」のが

「裸の王様」の「特徴」だ。

「裸の王様は、裸でしか無い」のと「同様」に

「北朝鮮が今更、大急ぎで持とうとしている{使える}核ミサイル」も

「先進諸国の数十年遅れレベルの、

今時、用無しレベルの武器でしか無い」。

「それを{豪華なマント}等と信じ込めている」のだから

「その現実離れぶり」は

「もはや、{病気レベル}等と言った方が適切になる」。

「北朝鮮の{使える}核ミサイルの開発」は

「北朝鮮にとっての自虐でしか無い」のが

「現実」だ』。

『「実質的{病人}もしくは、

他国内でのテロ・工作活動(非人道的なモノも多い)や

自国内での公開処刑等を繰り返させて来ている{極悪人}」を

「国家指導者等として、頂き続けて来ている北朝鮮国民」の

「実態」は

「実質的、カルト宗教のマインドコントロール被害者等になる」。

「産まれながらのカルト宗教マインドコントロール被害者等の

マインドコントロールを解く事」は

「結構、困難な場合が多い」。

「北朝鮮問題が、北朝鮮国内から正常化に向かい辛い」のは

「ある意味、当然の現象でもある」。

「一般世界との境界線に存在している」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を

主として、日韓内等、他国内で行い続けている工作員やその協力者等」だ。

「境界線に存在している者たちの多く」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下から離れ、一般世界側を選択する」なら

「北朝鮮問題は北朝鮮国内の問題となる」から

「その解決もより容易になる」。

「現状では、未だ、北朝鮮劣悪国家指導者等の下状態の者たちも少なからずいる」が

「この様な状態が急変する時」は

「そう遠く無い筈」だ。

「北朝鮮問題の本質がはっきりすれば、する程、

他国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下から離れて行く事になり、

多くの北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちの

カルト宗教マインドコントロールを打ち破る臨界点」は

「もう、直ぐ其処」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等で大々的に情報配信している者たち」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等をヨイショ!等するのでは無く、

ちゃんと、実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信をするべき」だ』。

『「愚かな北朝鮮は、地球温暖化が深刻な今日、水爆実験まで行ってしまった」。

「地震の遠因になる可能性もかなりある大迷惑な水爆実験」故に、

「日本列島等で起こるべくして起きる地震」が、

「より早く、より大規模で起きてしまう可能性もある」。

「地球温暖化問題」は

「既に、手遅れ状態」の「可能性も高い」。

「現況」は、

「崩れ始めた地球環境が、

滝に落ちる様に急変する時」が

「刻々と迫って来ている様相」だ』。

『「地球温暖化を引き起こしている元凶」は

「言うまでも無く、現状の人間社会・経済システム」だ。

「武力による比べっこ支配権争いに明け暮れていた人類」は

「核兵器保有~使用以降、

極力、武力使用を控え、

経済による比べっこ支配権争いを主軸とする様にシフトした」が、

「より早く、より強く、より大きく、支配した方が勝ち」という

「基本ロジックは何も変わっていない」。

「多くの人類が、

現行の出来の悪過ぎる経済システム上で、

経済による比べっこ支配権争いに邁進し続けて来ている結果」として、

「地球温暖化も急激に進行してしまって来ている」。

「偽善者たち」が、

「環境税だ!炭素税だ!化石燃料使用は控えろ!等々」と

「いくら、正義ぶって」も

「実効のある温暖化抑止が出来ない」のは

「現行の経済システム上で、チマチマやっているダケだからに他ならない」。

「地球温暖化問題」は

「人間社会・経済システム自体」を

「根本的に改善しない限り、

解決不可能」だ』。

『「ところが、現状までの多くの人類」は

「学校教育時の試験等」で

「より高い点数を取った者が優等生ともてはやされるのと同様」に

「現行の社会・経済システム上」で、

「より高い地位を取り、より多くのお金を持てば、人生成功!等」と

「思いたがっている」。

「その集大成」が

「戦争の歴史」だったり、

「地球温暖化」だったり、

「格差社会化」だったり、

「テロ・殺傷事件等の頻発」だったり、

「世界平和の実現も未だ、未だ・・・」だったり、

・・・等々しているのだから、

「その成功像自体」が

「酷く、間違っている事等」は

「少し、冷静に考えるなら、誰もが判る」。

「それでは、本当の成功」とは、

「どの様な事だろうか?」』

『「その答を見出す為」には

「人間の行動の実体から紐解く事が肝要になる」。

「詳細は、ここでは記さない」が

「人間の行動の実体」には

「本来欲求の充足」と

「代償欲求の追及」が

「在る」。

「例えば、

自分で自分を認める代わりに、

他の者・物・事等に自分を認めさせようとする」のが

「代償欲求の追及」だ。

「ここで、重要な事」は

「本来欲求には、充足がある」が

「代償欲求の追及で、本来欲求を充足させる事は不可能である事」だ。

「自分で自分を認める為」には

「本質的に悪い事をしない事が合理的になる」。

「代償欲求を追及する為」に、

「例えば、

自分の下への利権集め等に傾注し、奔走する」なら、

「他人を蹴落としたり、排除したり・・・する事等さえも、合理的に出来てしまう事になる」。

「在るべき実態」は

「自他共存であり、適材適所」だが、

「自分の下への利権を優先する不健常な考え・思いを基に自分をコントロールする」と

「在るべき状態は、簡単に崩れてしまう」』。

『「多くの人類が、自分の下への利権を優先して来ているのは何故か?」

「本当の自信が持てていないから」だ。

「自分の実体も???」

「本質的に不健常な事等に邁進・・・」等々では、

「自信が持てなくなる」のは

「当然の現象」だが、

「その様な実体を直視し、自分で自分を健常にコントロールし続ける為に有益な

情報・教育等が、

未だ、非常に希薄」なのが、

「現状人類世界の寒過ぎる実態」だ。

「未だに、丸ごと一人ダケの死生観・人生観等までもが蔓延り、

多くの人々が、自分の下への利権集中の為に一生懸命動いている」。

「そして、利権を自分の下に集められた者を成功者等として、崇めている」。

「超おバカの超勘違いも、いい加減にしない」と

「{急変}が否応無しにやって来てしまう」のだが』。

『「産業革命が成立した事」とは

「人類が、科学レベルで判明した実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して、

物質文明の急激な進歩・進化を成し遂げた事」に他ならない。

「産業革命ど同時」に

「精神文化革命も行えていた」なら

「人類のその後は、かなり変わっていた筈」だが、

「産業革命に成功した人類」は

「精神文化面でも、

科学レベルで判明した実体や事実・現実等を

意識的かつ積極的に実用する

絶対に行うべき事である重大事」を

「置去りにし続けて来ている」。

「その結果」が

「酷過ぎる、現状人類世界」だ』。

『「もちろん、こんな歪な状態が何時までも続けられる訳も無い」。

「物質文明製品の急激な進歩・進化に十二分に対応出来る様に

精神文化側も急激に進歩・進化させなければ、

人類に長い~永い未来は在り得ない」。

「近々、訪れる事になる急変後」からが、

「本当に成功出来た人々が数多く居る人間世界になる事になる」』。

『「急変前や急変時の犠牲者を出来る限り少なくする為」にも、

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題くらい、早々に、片付けるべき」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、韓国を持ち出して「朝鮮人目線の北朝鮮問題の考え方」等を多くの視聴者に覚え込ませ、同様に考える様にさせる「大衆マインドコントロール」等を行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 北朝鮮劣悪国家指導者等救済の為、安倍総理等を利用して、六か国協議を再び行わせようとしている様相の田原氏を出演させていたテレ朝昼番・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事