« 極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等との対話解決を平和解決と言う、極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等のお仲間、もしくは、手下たち・・・。 | トップページ | 北朝鮮問題の今後はどうなるのか?・・・。 »

テレ朝朝番では、日本の公共の電波を使って、「日本死ね!」や「民進党」等の大宣伝を行い、石破氏が生出演して「日米核シェアリング論」等を喧伝していたが・・・。

『「日本死ね!」や「民進党」等を「多くの視聴者の頭の中」に「強く焼き付けたい」様相の「テレ朝朝番等」では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話解決を訴える事」や

「今、大々的に取り上げる、日本の核武装論」等の

「実質的に、

北朝鮮が

核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等、他国内での工作活動に費やせる

更なる時間」を

「北朝鮮に与える事」を

「多くの視聴者の頭の中」で

「容認させてしまう悪の実効も持つ」、

「実質的、情報工作~大衆誘導等」にも

「熱心」な様相だ』。

『「北朝鮮労働党のお友達、旧社会党の人脈の者たち」が

「結構な実権を保有している民進党等」が

「日本の国政上で相応の力を持つ事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっても都合の良い事」と

「強く推定出来る」。

「其処で、民進党等の大宣伝を続けて来ている」のが

「テレ朝等、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)のテレビ・マスコミ等の実態・実体」だ。

「そんな、所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等の本音」は

「日本(人)死ね!」や

「朝鮮(民族等)マンセー!!!」等なのだろう』。

『「日本の公共の電波を使えていながら、

上記の様な感も持ててしまう

情報配信を続けている」のは、

「明らかに、異常」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

情報工作等の臭い」が

「濃厚に充満している」』。

『「石破氏」の

「日本も平時の内に、防衛核等について真剣に論議すべき」という

「訴え」は

「至極まとも」だ。

「そのまともな訴え」を

「平時の間」は

「存分に無視し続け」、

「北朝鮮問題の深刻化により準戦時化してしまっている今、

大々的に取り上げている」のは、

「至極異常」だ。

『「ポスト安倍の一人と言われている石破氏にとって」は

「至極まともな訴えの至極異常な取り上げ」でも

「知名度を更に高める事が出来る有益なチャンスになる」が

「その実効」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に更なる時間を与えるを容認する風潮の助けにもなってしまう事等」は

「国政政治家として絶対に忘れてはいけない事」だ。

「時間のかかる、日米核シェアリング等による防衛論等」は

「北朝鮮問題が片付いた後、平時に行うべき事」になる。

「今」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、更なる時間を与える事を断じて容認せず、

徹底した圧力等により、

通常の対話に北朝鮮劣悪国家指導者等が応じざるを得なくなる状態をつくり出そうとする事」が

「日本の国政政治家が意識的かつ積極的に行うべき事」になる。

「日米核シェアリング等による日本の防衛等を訴えている時間がある」なら

「日本国内の北朝鮮等による工作活動(非人道的なモノも多い)を徹底摘発する事」等を

「大々的に訴えるべき」だ。

「それは、テレビ・マスコミ等でも同じ」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「劣悪であるが故」に

「通常の対話が出来ない」。

「この現実を直視する」なら

「どんなに圧力を加えても、通常の対話が実現する事が無い事」は

「少し感がるなら、誰もが判る」。

「対話を行い合意が出来ても、その合意を一方的に勝手に反故にし続けて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「そして、その劣悪な精神文化は朝鮮半島に長く宿り続けて来ている」。

「壊すべき」は

「その劣悪な精神文化」だが、

「関連諸国は、北朝鮮の精神文化を正常進化させる事等にも、不熱心」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、

その劣悪な精神文化を維持し続ける為」に

「{使える}核ミサイルの一刻も早い保有に拘っている」。

「関連諸国が北朝鮮劣悪国家指導者等の精神文化の正常進化に不熱心」なのは、

「関連諸国の実権者たちの

北朝鮮劣悪国家指導者等よりは、いくらかはマシだが、未だ、未だ・・・の精神文化」を

「正常進化させる事等に、未だ、不熱心だから」だ。

「裸の王様状態」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等」も、

「関連諸国の実権者等」も「同じ」で

「自らの精神文化が裸同然である事から現実逃避し続ける為」に

「他の者・物・事等からのお墨付きを得る事等に邁進し続けているその実態」は

「正に、迷い子であり、亡者状態・・・」だ。

「コレでは、

人類の自虐事態がなかなか終息せず、

世界平和さえも未だ実現出来ていない」のも

「余りにも当然の現象」だ』。

『「カルト宗教信者・教祖状態に陥ってしまっている者たち」の

「快復」は

「かなり、困難」だが、

「通常の迷い子状態」なら

「実体や事実・現実と共にある状態に自分を置くように自分を健常コントロールする事」で

「脱する事が出来る」。

「関連諸国の実権者の多く」は

「通常の迷い子状態」だから

「一刻も早く、その実務を行うべき」だ。

「カルト宗教信者・教祖状態の北朝鮮」は

「先ず、隔離」し、

「他の国々への悪影響を防止する事が肝要になる」。

「この隔離対象」には

「主として、日韓内等、他国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等も

含めなければ、

実効が無くなる」。

「この意味からも、主として、日韓内等、他国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等の徹底摘発」は

「意識的かつ積極的に、行うべき事になる」。

「カルト宗教信者・教祖」に

「{使える}核ミサイル等を持たせてはいけない」。

「{使える}核ミサイル等を保有出来てしまう」と

「全世界をそのカルト宗教化しようとする」のが

「カルト宗教信者・教祖等」だ。

「他国内での工作活動の実行を可能なままにしておいてはいけない」。

「そんな事を放置する」なら

「カルト宗教信者の数が、徐々に増やされてしまう」。

「多くの人々はカルト宗教等には、毒されない」が、

「子沢山戦略等により、カルト宗教信者人脈の数が増され続けて来ている」のが

「日韓等の寒過ぎる実態」だ。

「産まれながらに、カルト宗教信者の家・・・」では、

「一般市民化へのハードルがかなり高くなる」。

「何しろ、

精神文化や精神構造等については、

ロクに、教えも、情報配信もしていない・・・」のが

「現状のほとんど全ての国々の寒過ぎる実態」だ。

「そんな状態で、カルト宗教信者の家に産まれてしまったら・・・、

同様の状態の者たちを増やそうとするダケ・・・で、

普通の人々が一緒にならなければ、

同様の者たちがくっつき、意図的に、子沢山・・・、

そんな状態を放置し続け、

カルト宗教信者がどんどん増え続けられるなら、

民主主義選挙等により、

カルト宗教政党が与党化し、

政権奪取も可能になる・・・、

何世代かけても、

他の者・物・事の完全支配等を実現せしめようとし続けて来ている、

カルト宗教信者等を放置し続ける事による、

恐ろしい現実が其処に在る」』。

『「現状の北朝鮮問題」では

「先ず、北朝鮮劣悪国家指導者等の牙を折るべき」だ。

「先ずは、

石油禁輸等の最後のチャンスにより、

北朝鮮劣悪国家指導者等が自ら牙を折か?否か?を

試すべき」だろうが、

「それでも、北朝鮮劣悪国家指導者等が自ら牙を折らない」のなら、

「それ以上の時間は絶対に与えるべきでは無い」。

「最後のチャンスを与えても、

北朝鮮劣悪国家指導者等が自ら牙を折らないのなら、

即、軍事オプションを実行するべき」だ。

「限定攻撃をしても、今なら、北朝鮮に全面戦争が出来ない」。

「全面戦争になれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わるから」だ。

「核・ミサイル関連施設への限定攻撃」や

「完全な斬首作戦の実行」は

「非常に合理的になる」。

「米韓軍等が、

万一の反撃に対応すべく、

必要な軍備を待機させたまま、

必要最小限の軍事オプションを実行する事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の牙」は

「否応無しに、確実に、折られる事になる」』。

『「牙の折られた北朝鮮劣悪国家指導者等が出来る事は限られている」。

「通常の対話が成り立たない」のなら

「拘束~隔離等すれば良いダケ」だ。

「何しろ、今までに、散々の悪事を積み重ねて来ている北朝鮮劣悪国家指導者等」だ。

「いきなり収監等でも、何の不合理も無い」』。

『「陰険なナチス・ヒトラーを放置し続ける事」は

「工作活動犠牲者の数を増やし続ける事に直結している」。

「今までに、既に、

少なく見積もっても、

主として、日韓内で、数百万人~の人々が

北朝鮮等による工作活動等の犠牲になってしまって来ている」。

「飲食物工作や電磁波工作等の濃度により、

徐々に、

勝手に不適応分子と決めつけた人間(日本人=不適応分子の様相も露呈している)を

死や病苦等に追い込む

陰険なナチス・ヒトラー」は

「ターゲットの監視(工作電磁波による場合も多い)や

情報等盗みや

工作濃度を高める為に

侵入工作等も行い続けて来ている」。

「日本では、戦後しばらく、鍵にならない鍵ばかり・・・だった」が

「その裏にある」のも

「侵入工作への不当配慮」だ。

「敗戦につけ込んだ火事場泥棒等」は

「南北朝鮮の対立~分断により、北側が陰険なナチスヒトラー化」した。

「陰険なナチス・ヒトラー」は、

「火事場泥棒等だけでは満足出来ず、

その後も、

日韓内で、

不適応分子粛清工作や

有益分子化工作等を行いながら、

政財界工作や情報・教育工作等々も続け、

当面は、日韓内の完全支配を目指し続けて来ている」。

「余りにも、工作員・協力者等の数が多いから・・・」と

「工作活動を徹底摘発して来ていない戦後の日韓政府・警察等にも

そんな状態を容認し続けて来た日韓国民にも、

今の北朝鮮問題の、

責任の一端がある」。

「軍事オプションの実行以外の手段が無くなってしまい、

少々の犠牲が出ざるを得なくなってしまっても、

ある意味、それは、今までのツケ」になる。

「ツケをこれ以上大きくしない為」にも

「北朝鮮に対する徹底圧力の一環として」に

「工作活動の徹底摘発」を

「意識的、かつ積極的に行うべき」だ』。

『「未だに、

日本国内の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発等を訴えず、

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等がより有利になる論等を配信し続けている

テレビ・マスコミ・政治家等」は

「本当に異常」だ。

「其処に漂っている」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等の濃厚な臭い」になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等との対話解決を平和解決と言う、極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等のお仲間、もしくは、手下たち・・・。 | トップページ | 北朝鮮問題の今後はどうなるのか?・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事