« 国連総会、トランプ大統領&安倍総理、北朝鮮大非難演説を受けて、顔色が優れない、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、常連出演者等が、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等との対話等を、日本の公共の電波上で大々的に訴えていたが・・・。 »

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等は、未だに「北朝鮮との対話やコミュニケーション論」等を日本の公共の電波上に一方的に撒き散らしているが・・・。

『「対話や協議等が成り立たない状態の北朝鮮劣悪国家指導者等との対話・協議等」の「実効」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の劣悪な考え・思い等の下で行われ続けて来ている

核・ミサイル等の開発や、

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の為」の

「更なる、時間を与える事」に他ならない。

「北朝鮮の核・ミサイル等の増強」や

「北朝鮮の工作活動の被害者」を

「望まない」のなら、

「対話・協議等が出来ない状態の北朝鮮劣悪国家指導者等との対話・協議等を求める

北朝鮮劣悪国家指導者ご用達論等」を

「日本の公共の電波上等で述べられる訳も無い」。

「日本の公共の電波上等で、北朝鮮劣悪国家指導者等との対話・協議等を訴えている者たち」の

「実質」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等になる」。

「対話・協議等では、多くの視聴者からの支持・賛同等も無理」と

「悟っている様相の者等」が

「口にしていた、

北朝鮮とのコミュニケーション論等」は

「正に、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等ならではの発想」だ。

「対話・協議等が成り立たない者等」と

「どうやって、コミュニケーションを取るのか?」等を

「考える」なら、

「誰もが直に」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等とのコミュニケーション論等」とは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等を利す為の論以外の何モノでも無い事」に

「気づく筈」だ』。

『「実戦争になって困る」のは、

「実軍備力で圧倒的に劣っている北朝鮮」で、

「実際は、北朝鮮内の膨大な犠牲を厭わない実戦争」なら

「米韓日側の犠牲は、ほとんど出ない事になる」。

「北朝鮮が滅亡を避けたい」のなら

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、通常の対話・協議等が出来る状態」に

「進化するしか無い」。

「進化出来た事を証明する為」に

「核・ミサイルの開発と他国内での工作活動等を放棄する事等」を

「国際社会の中で、公言するしか無い」』。

『「つまり、今、カードは、北朝鮮劣悪国家指導者側に在り、

カードを渡されている北朝鮮劣悪国家指導者等が

対話可能状態に進化出来た事を露わにするカードを返さない限り、

北朝鮮問題は益々深刻化する事になる」』。

『「それなのに、北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「トランプ大統領」を

「犬と侮辱した上」で

「今までの悪行を止めない旨公言」し

「太平洋上での水爆実験を示唆」したりしている。

「もっとも、北朝鮮劣悪国家指導者等」による

「慎重に検討している」とは

「やりたいけど出来ない」の「意」だから、

「太平洋上の水爆実験が実現する可能性は、ほとんど無い事になる」』。

『「このまま時を重ねれば重ねる」ダケ、

「国際社会の北朝鮮に対する圧力は高まる」が

「北朝鮮の核・ミサイルの開発も進む」。

「しかし、所詮、北朝鮮の核・ミサイル等とは、

先進諸国の数十年遅れの軍備」だ。

「北朝鮮が決定的な切り札を軍備で得る事」は

「在り得ない」。

「米国まで届く、核ミサイルを持てば、

切り札となり、

米国へ北朝鮮の要求を突きつける事が出来る」というのは、

「北朝鮮カルト宗教上でのみ生じる実際はあり得ない事」であり、

「実際は、北朝鮮が、例え、米国まで届く核ミサイルを保持したところ」で

「米国が北朝鮮の要求を呑む訳も無い」。

「不当要求を言う北朝鮮が国際社会の中で益々孤立化するダケ」だ。

「時代遅れの核ミサイルは、時代遅れの核ミサイルでしか無い」のだから、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「いい加減に、

無駄で自虐的な事を一生懸命頑張る事を

止めるべき」だが』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の本当の命綱」は

「主として、日韓内等、他国内での工作活動に他ならない」。

「手下、工作員・協力者等の多い韓国」では

「既に、従北大統領を誕生させる事に成功し、

実際に、従北政権状態だから、

国際社会で一致した圧力をかけようとしている今日に至っても、

未だに、北朝鮮への人道支援は別等」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等に元気を与える政策・情報等」が

「上がって来ている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が今、一番目指している事」は

「日本も韓国同様、従北政権化する事」だ。

「解散総選挙を逆手に取って、

親北朝鮮政治家等を大量当選させ、

日本を従北政権化する為」の

「工作」が

「今、日本国内で盛んに行われている」。

「従北テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「大衆心理を

日本の従北政権化に都合の良い方向に向けるべく、

情報工作等を行い続けて来ている」』。

『「戦争の脅威を煽り、

北朝鮮とのコミュニケーションや

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話・協議等を優先させたくなる心理」を

「多くの視聴者・読者等の中に醸成する」なら、

「(北)朝鮮の臭いが濃い、親北朝鮮政治家等こそが、

北朝鮮とコミュニケーションや対話・協議等への入り口と成り得る」ので、

「(北)朝鮮の臭いの強い、親北朝鮮政治家等」に

「票を集め易くなる・・・」等の

「策略」だ。

「実際は、

北朝鮮が拉致被害者を帰さない事からも明らかな様に、

北朝鮮劣悪国家指導者等の悪の目標には、

日本の乗っ取り支配も入っている」のだから、

「絶対に、日本国内で(北)朝鮮系の政治家・政党等に

過分な力・立場等を与えてはいけない事」等を

「多くの日本国民は肝に銘じておくべきだ」』。

『「北朝鮮問題を平和解決する為」には

「日本国内の北朝鮮等による工作活動等を徹底摘発する事」が

「大いに有効」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」に

「幻想の牙がある限り、

北朝鮮劣悪国家指導者等は、普通の対話・協議等が出来る状態には成り得ない」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の幻想の牙」が

「折られる」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、普通の対話・協議等をせざるを得なくなる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の幻想の牙」とは、

「開発中の核・ミサイル等」と

「主として、日韓内等、他国内での工作活動等」だ。

「より容易く折れる」のは

「限定攻撃による核・ミサイル等の開発になる」が

「米・韓等が、限定攻撃をした場合、

北朝鮮による、万一の反撃が懸念される」。

「北朝鮮が万一、反撃する」なら、

「アッと言う間に北朝鮮が負ける戦争になるダケ」なので、

「その可能性は、ほとんど無い」が、

「万一の危険の排除を優先する」なら

「手間はかかる」が

「日韓内の北朝鮮による工作活動等を徹底摘発する事」が

「非常に有効になる」』。

『「戦争になれば、北朝鮮には膨大な犠牲が出る」が

「米韓日側には、ほとんど犠牲が出ない」。

「軍事力の進歩の速度」でも

「米韓日側の方が北朝鮮より圧倒的に早い」から

「もはや、ソウルは火の海」は

「北朝鮮の幻想以外の何モノでも無い」。

「つまり、北朝鮮は戦争を仕掛けた途端負けが決定する」から

「北朝鮮から戦争は仕掛けられない」。

「米韓側も先制攻撃の積極意図は無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の正常化待ちが続いている」が

「正常化が困難」なら

「国際社会の圧力は、益々強くなる」。

「そして、北朝鮮劣悪国家指導者等は

まるで、将棋で雪隠詰めに追い込まれる様に行き詰る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

救い様の無いおバカ等では無いのなら、、

早々に、核放棄宣言等を行うべき」だが。

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下や協力者等」も

「その旨等、北朝鮮劣悪国家指導者等に、促すべき」だが』。

『「この簿に及んで、未だに、悪足掻きを続けたがっている超おバカ等」には

「本当に呆れる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 国連総会、トランプ大統領&安倍総理、北朝鮮大非難演説を受けて、顔色が優れない、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、常連出演者等が、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等との対話等を、日本の公共の電波上で大々的に訴えていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事