« サンデーモーニングでは、相変わらず、「北朝鮮劣悪国家指導者等をより優位にする論」等で、視聴者の頭の中を染めたがっている様相だが・・・。 | トップページ | 極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等との対話解決を平和解決と言う、極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等のお仲間、もしくは、手下たち・・・。 »

未だに、日本の公共の電波を使って、北朝鮮劣悪国家指導者等を優位にする情報配信を続けている、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等問題・・・。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」が「成り立ち得ない事」は「ずっと前から明らか」だった。

「米国側の温情対応」も

「今回の6回目の核実験」で

「完全に破断した」。

「それでは、

対話による外交的解決以外」の

「解決法は?」

「圧力を強める・・・」とは

「ファンタジー」で

「圧力を強め続けている間ダケ、

北朝鮮劣悪国家指導者等に

核・ミサイル開発や他国内での工作活動等を

より強固に行い続ける時間を与えるだけ」になる。

「北朝鮮問題がより深刻になる事はあっても、

決して、解決しない」のが

「圧力を強め続け、

北朝鮮劣悪国家指導者等に更なる時間を与える道」だ』。

『「北朝鮮問題の解決法」は

「以前から、決まっている」。

「反撃がある事を前提にした、限定的軍事行使」と

「他国内での北朝鮮等による工作活動の徹底摘発」だ』。

『「核・ミサイル等の軍備に救いを見出そうとしている北朝鮮劣悪国家指導者等」にとって、

「{使える}核ミサイル保有前の軍事攻撃」は

「致命傷になる」。

「全面戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わるから」だ。

「核・ミサイル関連施設に対する限定的軍事攻撃を行う」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、

今までの路線を諦めざるを得なくなり、

ようやく、普通の話しが出来得る状態に成り得る事になる」。

「対話の為には、圧力では無理で、軍事力行使が必要」なのが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体」だ』。

『「主として、日韓内等、北朝鮮劣悪国家等の命令・指令の下の他国内での工作活動を徹底摘発する事」も

「実効が大きい」。

「何故なら、他国内での工作活動こそが、

北朝鮮の本丸だから」だ。

「工作活動の徹底摘発で、本丸の牙を折られた北朝鮮」なら、

「例え、

{使える}核ミサイルを保有させたところで、

脅威等では無くなる」。

「北朝鮮が、先進諸国の数十年遅れの軍備を持っていても、

北朝鮮等による他国内の工作活動自体が摘発済みで、

他国内での工作活動を行い続ける為の軍事圧力として使えない」なら、

「数十年遅れの軍備は数十年遅れの軍備でしか無い」。

「主として、日韓は、日韓内の北朝鮮等による工作活動を徹底摘発するべき」だ』。

『「軍事力行使」と

「工作活動の徹底摘発」の

「どちらに、即効性があるのか?」は

「言うまでも無い事」だろう。

「圧倒的に、軍事力行使の方が即効性が有る」』。

『「北朝鮮が、核・ミサイル等の開発を急げば急ぐ程、

即効性の有る対応が必然となる」から、

「軍事力行使の可能性がどんどん高くなっている」のが

「現状」だ』。

『「上記の様な実状」は

「既に、明らか」だ。

「それなのに、未だに、日本の公共の電波上」でも、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、

{使える}核ミサイルを持たせる事を是とする様な論等」までもが、

「蔓延れている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、情報工作員等」を

「日本の公共の電波上に出演させ、

北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の論等を

日本の公共の電波上にばら撒き、

多くの視聴者等に

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い考え・思い等を持たせる

実質的、マインドコントロール等」を

「積極的に行っている様相」だ。

「そんな事を行う」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作機関等」と

「相場は決まっている」。

「その辺り」にも、

「日本の中の北朝鮮等による工作活動の実が露呈している」』。

『「もちろん、こんな状態を放置したまま・・・で良い訳が無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」を

「日本の公共の電波上で蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「普通の日本のテレビ・マスコミ等」なら

「北朝鮮が核・ミサイル実験等、余りにも、愚かな事を行い続ける」と

「米韓軍等が軍事力を行使せざるを得なくなる」から

「北朝鮮は、直ちに、核・ミサイル実験等を凍結するべきだ」等の

「当たり前の正常論が主で、当然」だ。

「圧力をかけても、北朝鮮は、米軍が軍事力行使をしない等と見切っている・・・」等の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の立場に立った論」を

「日本の公共の電波上にばら撒き続ける事の実効」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、米軍による軍事力行使は無い旨の安心感を与え、

北朝鮮劣悪国家指導者等による、核・ミサイル実験等のハードルを下げさせている事等に

他ならない」。

「日本の公共の電波を使って、北朝鮮劣悪国家指導者等を応援してどうする!!」』

『「限定攻撃」で

「万一反撃があった場合」に

「アッと言う間に北朝鮮の負けになる北朝鮮解放戦争が出来る様にしておく準備」は

「既に、出来ている」。

「何しろ、軍備も情報も、圧倒的に、米国>北朝鮮」だ。

「日韓の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が、

少々、協力等したところで、

この力関係が変わる事は無い」。

「核脅しや戦争脅し等で、

日韓の世論を操り、

米韓等による軍事力行使を何としても止めさせようとしている

実質的、情報工作」に

「米国が屈する訳も無い」。

「極悪非道な劣悪独裁者等が{使える}核ミサイルを持つ前」に

「どんなに犠牲があっても、必要な事は行う」のが

「米国の精神文化」だ』。

『「人を騙すのも能力」で

「盗んでも、強盗しても、取った者勝ち、

どんなに卑劣な手段を使っても、他者に勝って、他者を支配してしまえば、勝ちで、

勝ったなら、その後は、やりたい放題・・・」という

「劣悪な精神構造」を、

「濃厚に内在させている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等」だ。

「劣悪な精神構造」に

「内実として、賛同している」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」だ』。

『「排除すべき」は

「劣悪な精神構造」である事は

「言うまでも無い」。

「その意味では、

北朝鮮劣悪国家指導者等も、その手下等も、

・・・同じ」だ』。

『「人間世界で、劣悪な精神構造に力を持たせ続ける」なら

「人類滅亡の日が急速に迫って来る」のは

「当然の現象」だ』。

『「米韓軍等は、直ちに、北朝鮮の核・ミサイル施設等に対する限定攻撃を行うべき」だ。

「今なら、未だ、間に合う

(北朝鮮の反撃による犠牲が出る可能性も低く、

例え、反撃されても、犠牲は最小限に押さえる事が可能)」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等が{使える}核ミサイルを保有してしまった後」では

「その対処には、膨大な犠牲の覚悟が必要になる」。

「{使える}核ミサイル」とは

「多弾頭化した水爆大陸間弾道弾等」で

「万一の撃ち落とし失敗時には、膨大な犠牲が出てしまう事になる」』。

『「制裁では、北朝鮮劣悪国家指導者等の暴走は止まらない」。

「何故なら、

北朝鮮には既に、相応の備蓄があり、

北朝鮮劣悪国家指導者等は、

今は、{使える}核ミサイルの保有しか眼中に無いから」だ。

「制裁強化を訴えて、

軍事オプションは無いゾ~!」等と

「北朝鮮劣悪国家指導者等にエールを送っている

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「早々に、日本の公共の電波上から、排除するべき」だ』。

『「在韓米国人等が、未だ、避難していないから、軍事オプションは無いゾ~!」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等にエールを送っている

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」も

「早々に、日本の公共の電波上から、排除するべき」だ。

「言うまでも無く、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争が実行された場合」は

「北朝鮮内では、軍人を主に膨大な犠牲者が出るが、

韓国内にも、

日本国内にも、

被害はほとんど出ない」。

「今のところ、

米軍等の衛星の数が足りないから、

北朝鮮軍備のオンタイム把握は出来ていない」が

「無人機や電波監視等により、

北朝鮮軍備の準オンタイム把握が出来ている」ので、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」は

「其れこそ、何時でも行えるのが実態」だ』。

『「先ず行うべき」は、

「核・ミサイル施設等に対する限定攻撃」だ。

「今なら、北朝鮮側は反撃出来ない」。

「万一、反撃すれば、

その時点で、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ』。

『「北朝鮮の言う、電磁パルス攻撃」とは

「ファンタジー」&「工作指令」だ。

「宇宙空間で核ミサイル等を爆発させる事による電磁パルス」で、

「地上の電子機器に実影響を与える為」には、

「かなりの条件が必要になる」。

「米露も、本気で研究開発等していない」のは、

「宇宙空間核ミサイル爆発による電磁パルス攻撃が、

無駄に近い、ファンタジーだから」だ。

「工作指令の方」は

「内実がある」。

「昨今、日本国内では、至る所で、

工作電磁波を発生させる事が出来る様にする為の電子機器の工作整備等」が

「行われ続けて来ている」。

「工作電磁波の実体」は

「電子機器や電気機器のバックグランドで働き続ける

複数和音の無限輪唱ソフト」で

「輪唱が繰り返される度に、疑似高周波化する」。

「電子・ホールが在る、電線や導体内等で、このバックグランドソフトが働き続ける」と

「その電線や導体内の電子・ホールが、

複数和音の無限輪唱により同様の状態で、

飛び出し易いところから、出て来てしまう」。

「その電子機器や電気機器等の、

電気の強さに、

出て来てしまう電子・ホール縦波の強さも比例する」。

「スマホでも、

パソコンでも、

車でも、

家電でも、

設備電気機器でも、

電線でも、

・・・等々、・・・等々、

バックグラウンドソフトを仕込める機器なら、

仕込めてしまうのが工作電磁波」で

「外への発生場所」は、

「オープンソケット部や、

マイク部等々」や、

「リード線や電線を凸に曲げるなら、凸部分から出て来る様に出来ている事が判っている」。

「元々、縦波の要素が濃い、パルス波」なので、

「コンクリートの壁等でも通り抜け、

覗き(盗撮等)にも使えている事が判っている」。

「電離作用があり、人体にも有害」なので、

「粛清工作兵器等としても使えている事が判っている」。

「その電磁波工作の仕込み」が

「かなり出来て来ている」から

「工作員は、電磁波工作をもっと頑張れ!」の

「工作指令として、言った可能性大」だ』。

『「日本政府も警察等」も

「日本国内の電磁波工作を徹底的に摘発するべき」だ。

「テロ等準備罪もあり、

ブツ(ソフトも含む)の仕込みもあるのだから、

本気で摘発するなら、

十分に摘発出来る事になる」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、相変わらず、「北朝鮮劣悪国家指導者等をより優位にする論」等で、視聴者の頭の中を染めたがっている様相だが・・・。 | トップページ | 極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等との対話解決を平和解決と言う、極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等のお仲間、もしくは、手下たち・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事