« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

国会与党質問時間を増大に反対している「テレビ等、野党人脈常連出演者等」問題・・・。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育界等」では「その実験者人脈」が「内実、{北朝鮮のお友達}旧社会党系等のまま・・・」だ。

「政界とは違い選挙も無い」から

「民意に基づいた人脈の是正等も無い」』。

『「結果、テレビ・ラジオ・マスコミ等の常連出演者や常筆等や論調等」や

「学校教育界の実権者や教育内容等」は

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)偏重・偏向状態が続いて来てしまっている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」が

「かなり、広く、知れ渡る様になってから」は

「さすがに、{表立った}北朝鮮支援情報・教育等は姿を現し辛くなった」が

「現在でも、

内実では、

北朝鮮劣悪国家指導者等を支援等している情報・教育等」が

「蔓延り続けている」』。

『「例えば、

政治・政策論等」でも、

「実質的には、北朝鮮劣悪国家指導者等の利に適う論等」が

「蔓延り続けている」』。

『「その手口は巧妙」でもある。

「例えば、

安保法制ダケを言い、

安保法制の賛否等」を

「視聴者・読者・生徒等に考えさせる様に誘導する」と

「多くの視聴者・読者・生徒等」は

「安保法制問題」を

「法律問題ダケ」として

「考えがちになる」。

「法律問題として考え、

憲法との整合性は?等を

考えさせられる」と

「元々、

憲法の内容も、

その運用の実体等も

実際は、良く知らない

多くの視聴者・読者・生徒等」は

「セイゼイ、

憲法の文面上と安保法制の文面上との整合性等を取ろうとして考えるレベルに留まり、

多くの場合では、

テレビ・ラジオ・マスコミ・教師等の論調がもたらす

イメージ等を基に考えさせられる状態に陥らされる」。

「その様な状態下の人々」は

「往々にして」、

「安保法制は、憲法違反なんじゃないの・・・」等とか、

「何となく、悪いモノなんじゃないの・・・」等の

「思いや感等」を、

「知らず知らずの内に抱かされてしまう」』。

『「実際の安保法制の効用」は

「言うまでも無く、日米安保の強化」だ。

「本来」なら、

「安保法制について、

多くの視聴者・読者・生徒等に、

それぞれの考え・思い・感等を誘う為に

問うべき」は

「日米安保の強化はどう思うか?」であり、

「日米安保強化の為に安保法制はどうか?」等だ』。

『「昨今の日本を取り巻く世界状勢」で

「日米安保の強化を否定する事」と

「日米安保の強化に賛同する事」の

「内実」は

「言うまでも無く、大いに違う」。

「日米安保の強化を否定する事等により、

実質的には、日米安保を希薄化する事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の利に適う事になる」。

「日米安保の強化」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって不都合・不利益等になる」』。

『「安保法制を法律面ダケで考えさせたり、

安保法制の実効を切り離した論調等のイメージ等で

視聴者・読者・生徒等を

操ろうとしている様相の者たち」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の臭い等」が

「強く漂っている」』。

『「対米従属(その内実は、日米同盟の強化)を

嫌う、

対北朝鮮劣悪国家指導者等従属

(その内実は、

北朝鮮劣悪国家指導者等人脈による

日本国・日本国民支配等)を

目指している

日本国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等問題」を

「ちゃんと露呈させ、その問題を解決等して行く事」こそが、

「戦後日本の

テレビ・ラジオ・マスコミ人や学校教師等」が

「本来、行うべき重大な仕事の一つ」だ』。

『「それなのに、

未だに、

巧妙な手段等を用いて、

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す事等をし続けている者たち」を

「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等で

重用している」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の様相を露呈している

テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育界等の実権者等」だ』。

『「おバカである訳も無い、それらの実権者等が

日本国民としては異常な状態を露呈し続けている裏に在る」のは

「人脈の問題」と

「強く推定出来る」』。

『「拉致までされている」のに

「十分な実効のあるスパイ・工作活動等防止法と摘発体制等さえも

整備せず、

世論等を操り、整備させず、

テロ等準備罪等、ある程度使えるモノが成立すれば、

それを廃止しよう・・・等」とし、

「日本国内の

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等の

実行~増大・増強等を

実質的に、応援し続けて来ている者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の論調」が

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)野党等偏向・偏重状態のまま・・・」で

「国会の質問時間も、野党側に圧倒的多く・・・」では

「多くの視聴者・読者等が受ける情報」は

「必然的に、所謂、左翼(同上)等{大}偏向状態になる」』。

『「森友・加計問題等」の

「国政レベルでは、実質的、小問題」を

「まるで、外交問題と対等レベルの大問題であるかの如く

勘違いさせられてしまっている

視聴者・読者等の裏に在る」のは

「言うまでも無く、

余りにも、不用心な、

テレビ・ラジオ・マスコミ等信仰状態」だ』。

『「森友・加計問題等を理由」に

「内実{北朝鮮のお友達}政党・候補者等」に

「投票してしまう有権者が多く、

日本の国会内に、

多数の

内実{北朝鮮のお友達}政党・議員が誕生してしまう・・・」なら

「日本の国政も

戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミや

学校教育等同様、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良いモノに歪められてしまう・・・事になる」。

「森友・加計問題等の、国政レベルでの実質的、小問題」は

「国政レベルでの実質的、小問題として、

司法等に委ねて、適切に処理すれば良い事」だ』。

『「国政を預かる政党や国会議員等を選ぶ際に重要な要素」は

「絶対に、見失う、見失わせられるべきでは無い」。

「情報・教育発信者の思想信条や真の血統人脈や所属組織・団体等も???のまま、

{如何にも、公平・中立仮面}の裏に仕込まれている

上記実例の様な、大衆誘導策略等」に

「操られてしまっている方々」は

「一刻も早く、本来の自分を取り戻すべき」だ』。

『「選挙も無いから、人脈交代等も困難」な

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等に

現状のまま、実効のある是正等を望む」のは

「ある意味、ファンタジー」になる。

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育界等が所謂、左翼(同上)等が主である現状」なら

「国会質問時間を取得議席数等に合わせ、

所謂、保守与党側により多く与える事」には

「相応の合理性がある事になる」』。

『「何事でも、

{その事ダケ}を考えさせられる」と

「本質や現実等を見失いがちになる」』。

『「例えば、

総選挙の比例票」は、

「希望と立憲を合わせれば、自民より多い」が

「それは、

希望と立憲の支持者が

自民の支持者より多い事と

イコールでは断じて無い」。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等による

安倍ダメ!

自民ダメ!

小池希望!

立憲正義!キャンペーン等」に「毒され」て

「政党名では、自民が書き辛くなったから、

候補者では自民の候補者の個人名を、

政党では、テレビ・ラジオ・マスコミ等が良いイメージを喧伝していたので、

希望や立憲・・・という

有権者の数もかなり多かった筈」だ。

「ここで、責めるべき」は

「まるで、ナチス・ヒトラーの様な、

テレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「立憲民主党の枝野に無理やり{保守リベラル}のイメージ付けを行おう等」とし「日本企業の劣化を正義ぶって嘆いていたり」等々していたが・・・。

『「もちろん、立憲民主党の枝尾氏は、バリバリの左翼(内実、親朝鮮等)であり、断じて、所謂、保守では無い」。

「それは、

共産党との野党共闘に積極的だったり、

昨今の世界情勢を勘案するなら日本の保守としては在り得ない、専守防衛に

拘る憲法改正等を訴えていたり、

する事からも

明らか」だ。

「所謂、左翼(同上)では政権奪取は無理」と

「昨今ようやく悟る事が出来て来ている様相の所謂、左翼(同上)の者たち」が

「総選挙時の小池仮面同様」の

「保守リベラル仮面を欲しがっている実態」は

「本当に、醜悪」だ。

「仮面をどんなに変えても、

旧社会党等~民主党等~の者たちの実体」は

「旧社会党等~民主党等~の者たち以外の何モノでも無い」。

「その内実」は

「日米同盟の希薄化や

極東地域日本のみ脱原発や

円高容認等々により

日本を細らせる反面で中・韓(北朝も含む)等を大いに太らせ、

日本国・日本国民の対中国共産党従属や対韓国(北朝鮮も含む)従属状態を

実現させようとし続けて来ている者たち」だ』。

『「戦後日本の政界人脈の構図」は

「はっきりしている」。

「日本本流派・・・所謂、保守」と

「対北朝鮮/中国共産党等従属派・・・所謂、左翼」だ。

「日本本流派の多く」は

「国防面」で

「日本独自の国防軍を持つ割高な道より

日米安保を強化する事による日本の国防という割安な道」を

「選んでいる」。

「しかし、その道」は

「対北朝鮮/中国共産党等従属派にとって都合が悪い」。

「そこで、対北朝鮮/中国共産党等従属派」は

「東西冷戦が有効だった時代」は

「右翼や保守より進んでいるイメージ」を

「言葉上」で

「多くの日本国民に与える事が出来る」

「左翼や革新等の仮面」を「好んで使用していた」。

「東西冷戦が終わり、

多くの日本国民」が、

「左翼や革新等の言葉」を、

「右翼や保守等より進歩的・・・とばかりは思えなくなる頃」に

「新たな仮面として登場した」のが

「リベラル」だ。

「東西冷戦が西側の勝利で終わった後、

右・左対決や革・保対決の構図」では

「より進歩的な

日本主流派より良いイメージ」を

「多くの日本国民に持たせる事が困難と悟った

左翼・革新仮面を重用して来ていた

内実、対北朝鮮/中国共産党従属日本を目指す者たち等」は

「多くの日本国民が言葉を見聞きしたダケでは直に内容は分らないが、

言葉だけのイメージでは、

保守等より進歩的に思える

リベラル」を

「重用し始めた」。

「ところが、英語であるリベラルの本来の意」である

「寛大な、自由な」等との

「整合性の悪さ」が

「多くの日本国民に、本来の意味を確認させる事態を招いた」ので

「今や、リベラルの本来の意味を知らずに、リベラル仮面に操られる日本国民の数」は

「少数派」だ。

「そこで、考え出されて来ている苦肉の策」が

「保守リベラル仮面という訳」だ。

「先ずは、小池氏に、保守リベラル仮面を被せ

お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「まるで、ホワイトナイトの如く脚色して登場させ、

小池旋風を起こした」。

「都知事選や都議選での小池氏や小池氏一派の当選」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズムの実態を良く現している」。

「勢いに乗って、国政までも・・・」と

「考えていた小池氏等だった」が

「多くの日本国民の中で、

だんだんと保守リベラル仮面の内実が探究される様になるに連れ、

保守である事の立証が求められる事態に陥って行った」。

「小池新党である希望の党」の

「総選挙時の立候補者」が

「旧来からの所謂、左翼(内実、対北朝鮮/中国共産党等従属日本を目指す派等)では、

もはや、保守リベラル仮面を被り続ける事は出来ない・・・等」と

「悟った小池氏」は

「所謂、左翼系の者たちや、旧民主党~の知名度の高い者たち」を

「排除する」と「宣言」した。

「その結果を受けて、

お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が、

保守リベラル小池扇風を吹かせた」なら

「所謂、左翼(同上)の者たちが、大いなる不利益を被る事となっていた反面で

政権交代も可能となっていた」かも知れなかった。

「小池氏が行った」のは、

「お仲間への十分な根回し抜きの、

肉を切らせて骨を切る戦術」だった。

「根回し抜きで、いきなり、肉を切らせて骨を切る戦術を使われた

お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等にとってのお仲間でもある

所謂、左翼(同上)の排除宣言」を

「受け入れる事が出来なかった」。

「小池旋風を吹かせる事を止め、

小池批判・非難の嵐が起こされた」。

「小池批判・非難の嵐が起こったが故に、

漁夫の利を得る事となった」のが

「バリバリの所謂、左翼(同上)枝野氏等が立ち上げた立憲民主党」だった。

「しかし、所謂、左翼では、政権奪取は無理」だ。

「そこで、今度は、お仲間テレビ等」が、

「小池氏に代わって、枝野氏に保守リベラル仮面を被せようとしている」。

「公共の電波を利用した、

実に、醜悪で劣悪な実態」が

「其処に在る」』。

『「そもそも、所謂、左翼(同上)等の集団・政治家・マスコミ人等々」で

「気持ちが悪い」のは

「日本国・多くの日本国民の為」等より、

「お仲間を重視する事」だ』。

『「まるで、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で、

日本の乗っ取り支配等を画策し続けていている者たち」が

「日本国・多くの日本国民の為」等より

「お仲間を重視している」のと

「同様の実態が其処に露呈している」』。

『「日本の政治で言う」なら

「自民党等の政権より、

日本国・多くの日本国民の為になる具体的な政治・政策等」を

「多くの日本国民の前に

明らかに提示等出来なければ、

正当な手段での政権交代はあり得ない」。

「もはや、

日本国・多くの日本国民の状態をより悪くする政権交代に賛同する

自虐的な日本国民の数は少ないから」だ。

「内実、対北朝鮮/中国共産党等従属状態の日本等を目指している」が「故」に、

「正攻法での政権交代を目指せない

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は

「実権支配等が出来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等を使った、

イメージによる大衆誘導等により、

政権交代を実現させよう・・・」等と

「し続けて来ている」』。

『「内実や本質等が大衆周知させる事無く、

イメージ仮面等が

次から次へと大衆の前に提供され続けて来ている裏」には

「相応の人脈実態が在る」』。

『「日本企業劣化の裏に在る」のも

「同様の人脈問題」だ。

「戦後の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ情報等」の

「実害を大いに被っている{優等生たち}」が

「時と共に、日本の劣化を誘う、

反日他国にとっての有益分子化しがちになってしまう・・・」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「スパイ・工作活動等を徹底摘発しようともしていない戦後日本社会の中」では

「反日国の有益分子化する情報・教育工作等もやりたい放題状態」だ。

「そして、其処で、有益分子化出来なかった不適応分子に対しては、

粛清工作の雨・嵐を襲いかけ続ける事等も

やりたい放題状態」だ。

「日本社会の中に入り込んでいるスキルス癌細胞の様な者たち」を

「徹底排除する」か

「健常細胞化する」事

「抜き」に

「日本企業の正常化も日本社会の健常化は実現し得ない」』。

『「上記の様な当たり前の事さえ情報配信等出来ていない

劣悪レベル、もしくは、確信犯の反日国等の手先の悪等

状態を露呈し続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ界等の者たちや

学校教育界の者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)立憲民主党では政権奪取は無理」と悟ったからか、「お仲間、(朝鮮系とも言われている)小泉ジュニアの大宣伝」を行っていたが・・・。

『「現状のテレビ常連出演者等」とは「毎日の様に、~何百万人~何千万人~もの視聴者の前」で「平然と自論等を語り続ける事が出来ている」、「実態として、非常に図々しい、厚顔無恥な者たち」に他ならない。

「そして、何処の誰を常連出演状態にするのか?」等を

「決め、実態として、押し売りしている」のは

「テレビ界の実権者たち」だ。

「その結果、

大手では、何処のテレビ局でも、

主として、

テレビ界実権者にとっての有益分子たちや

テレビ界実権者に益をもたらしているゲイノウ事務所等ご推奨の者たち等」が

「常連出演している事態となっている」。

「戦後日本」で

「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育界等」で

「高い実権を保持して来ている者たちの多く」は

「朝鮮系であり、所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)」だ』。

『「その結果、政治・社会論調等」では、

「所謂、左翼(同上)偏向・偏重状態」等と成り易く、

「常連出演等出来ているゲイノウ人等やご用達学者等の多く」が

「朝鮮系や所謂、左翼(内実、親朝鮮等)系だったりしている」』。

『「民主党政権の成立に大いなる貢献をしたり、

北朝鮮の大宣伝等を行い続けて来ていたり、

・・・等々して来ている者たち」には

「政界での政権交代=人脈交代も無い」から

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育界等」の

「人脈の問題」は

「ナカナカ是正されない」』。

『「その結果、戦後日本の情報・教育の大いなる部分」が

「酷い状態のまま・・・」だ。

「もちろん、こんな状態」は

「直にでも是正されて然るべき」だ』。

『「一部、常連出演者等」は

「裸の王様状態」で

「ネット世論等、鏡にあたる部分を見なければ、

自分たちは豪華なコートを着ている状態で居られる等」と

「信じ込みたがっている様相」だが、

「もちろん、言うまでも無く、

ネット世論等、鏡に当たるモノを見なくても、

厚顔無恥の裸の王様は

厚顔無恥の裸の王様以外の何モノでも無い」』。

『「公共の電波を使えているテレビ」は、

「一方的に、~何百万人~何千万人~もの人々に対し、

実質的、お手盛り情報等を大量配信出来続けて来ている」が

「その実態を悪用した

実質的、情報統制の時代」は、

「ネットの普及により既に終わっている」』。

『「常連出演者等、厚顔無恥の裸の王様状態の者たち」が

「いくら、鏡を見なくても、

厚顔無恥の裸の王様が、

厚顔無恥の裸の王様以外の何モノでも無い事」は、

「ほとんど全ての人々」が、

「少なくとも、知らず知らずの内には、実感し、

人によっては、

意識化出来ている、

重々知り得ている

事実」だ。

「其処に在る」のは

「ゲスのやっかみ等では無い」。

「特定の実権者等の支配下で

特定の者たちばかり・・・が、

~何百万人~何千万人~もの人々の前で

一方的に自論等を情報配信し続ける事が出来てしまっている

酷い、異常状態」の

「健常化・正常化等を必要と感じ、思う

人間の健常な感性や思い等」だ』。

『「酷い、異常事態」には

「酷い、格差等も付いている」。

「酷い格差等の公然化」は

「現状人間社会を益々酷い方向に引っ張る」。

「丸ごと一人の殺傷事件等は、枚挙に暇が無く、

テロ・戦争等、大いなる自虐劇までもが溢れている」のが

「現状人間世界の酷い実態」だが

「その酷い実態の源泉」が

「酷い情報・教育」であり

「不当な格差等々」だ。

「同様の新たな事件・事故を誘うダケの酷い情報・教育等を行い続けて来ていながら、

過分な報酬・権力・立場等を得て、

不当な格差を増大させ続けて来ている

醜悪な状態の者たち」が

「自らの実体に気づき、

自らを正すのは、何時の時か?」

「永遠の恥辱に染まる道の上でその名を大きくする前に、

是正出来る」なら、

「未だ、マシ」だが』。

『「殺すべき」は、

「悪い精神構造や精神文化や人間社会や経済システムや行動等であり、

丸ごと一人の人間では無い」。

「精神構造が未熟なら成長させれば良いだけ」だ。

「獣レベルの比べっこによる支配権・被支配権争い」という

「人間としては未熟な精神構造のままの人々の数が多いまま・・・」なら

「必然的に人類滅亡がやって来る」。

「多くの人類が、本質&快適を探究する成人レベルの精神構造を持ち、

適材適所で不当な格差の無い健常な人間社会を構築出来る状態を

つくり出す為」には

「健常な情報・教育が必要」だ。

「獣レベルの精神構造のまま、お手盛り情報等を

公共の電波上で平然と配信し続ける事が出来てしまっている

おバカ、もしくは、未熟者、もしくは、悪等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「立憲民主党を利す為のリベラル論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「昨今、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の新たな仮面として使われ出して来ている日本の{リベラル}」を「その実態通りに認識させない為」の「実質的、大衆誘導論」は「本当に醜悪」だ。

「リベラル本来の意味」は

「自由な、寛大な等」だから

「日本では、所謂、左翼(同上)政党等より、自由民主党等の方」が「馴染む言葉」だ。

しかし、

「自民党政権を否定し、正義ぶる事等により、

野党側を有利にする」と「共」に

「内在している政治信条等は別々でも、

野党勢力を集合させ、

政権交代が可能なレベルにまで大きくし、

その中での実権を握る事」等による

「政権交代=日本の国政の実権者人脈の変更」を

「企み続けて来ている者たち」は

「大衆受けの良い

大衆騙しの仮面」を

「言葉の意味までも無視して使いたがる」』。

『「対米従属・日本独自」と「日本国憲法の肯定・否定」を「軸」として

「多くの視聴者の考え・思い等」を

「内実、立憲民主党を有利にする方向に導こう・・・」等としていた

「公共の電波を使った、実質的、大衆誘導の悪質性」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「現状の

軍事力を後ろ盾にした

経済比べっこ支配権争い状態」の

「人間世界」で

「日本が独自を実現する為」には

「応分の単独軍事力が要る事」は

「余程のおバカでは無いのなら、誰でも直に解る」。

「専守防衛とは単独軍事力の半分を放棄した状態に他ならない」。

「専守防衛には先制攻撃軍事力等を保持している他国との強い同盟関係」が

「必要不可欠」だ。

「専守防衛ダケでは日本独自は実現し得ない」から

「日本独自や専守防衛を言いながら、

対米従属を否定している者たち」が

「隠している本音」は

「対中国共産党従属、もしくは、対北朝鮮従属、もしくは、対ロ従属等」と

「強く推定出来る」』。

『「現状人間世界の社会・経済システム等をそのままに、

日本独自を言う」のなら

「日本だけで、米国にも、ロシアにも、中国共産党にも、北朝鮮等々にも、

十二分に対抗出来る

先制攻撃用も含む強大な軍備を保持する事が必要になる」。

「もちろん、それには、莫大な費用も能力も時間もかかる」から

「現実的では無い」。

「現実的選択肢の中」では

「米国との強い同盟関係を選ぶ」か

「中国共産党や北朝鮮やロシアとの強い同盟関係を選ぶ」か

「遠い、米国と同盟関係にあるEUとの強い同盟関係を選ぶ」かになるが、

「対米従属!と米国との強い同盟関係を否定している者たち」の

「本音」は

「もはや、明らか」だろう。

「米国とEUは同盟状態」だから

「残り・・・」になる』。

『「日本国憲法の肯定・否定論」も

「大いに呆れた」。

「丸ごと一人レベルで者・物・事を考えさせるのと同様」の

「憲法丸ごと論のインチキ」は

「少し考えるなら誰もが直に解る事」だ。

「専守防衛しか認めていない現行憲法をそのまま」に

「対米従属を嫌っている者たち」とは

「実質的に、

日本国・日本国民」を

「対中国共産党従属や対北朝鮮従属や対ロシア従属に

したい者たち」になる』。

『「戦後日本の政治」は

「人脈で考える」と「判り易い」。

「旧ソ連の多大なる支援の下で生まれたのが、

日本共産党」で

「ソ連存続間は、共産党の実験者には、ソ連の臭いや影がチラホラ・・・だった」が、

「東西冷戦が終結し、

旧ソ連はもう無く、

今は、一応は民主化されているロシア」だ。

「それでも、政治信条等の大変更を実現出来ていない」のは

「現状のロシアと同様」だ。

「終戦直後の米軍による占領政策等に大いに関わる事が出来た」のは

「朝鮮系の人々や

当時の、裏にソ連が居た共産党を除く、左派の人々」で

「政界で集合したそれらの人々の多くは社会党として一大勢力となった」。

「旧社会党~の流れ」は

「社民党はもちろん、民主党~民進党~希望の党・立憲民主党等に続いている」。

「終戦前までの日本の一大勢力、保守派の中から、

先の大戦に大きく関わった者たちが排除された残り」が

「~自民党等に続く流れ」だ。

「公明党」は

「支持母体が創価学会」と

「その主たる人脈も、明らか」だ』。

『「人脈で考える」なら

「実権者が、元々からの日本国民人脈」が

「多数派なのは当然」で

「一大与党の裏」には、

「一大与党である事の必然が在る」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」や

「学校教育界」では

「実権者人脈が、旧社会党系・共産党系と言う時代」が

「長く続いて来ている」。

「昨今、多少、是正の動きも在る様だが、

大幅な人脈偏向による大改革が実現出来ていない」のは

「日本共産党やロシア等と同様の実態」だ』。

『「立憲民主党」は

「どう考えても、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)であり、

保守リベラルでは無い」。

「しかし、現状の日本社会」で

「大衆受けが良い」のは

「保守リベラル」という「言葉」だ。

「其処には、日本を大切にしながら、自由で寛大なモノ」の

「イメージが在るから」だ。

「多くの視聴者の頭の中」で

「内実、左翼(同上)の立憲民主党」に

「保守リベラル仮面を被せさせ、

立憲民主党に好感を持たせる、

実質的、大衆マインドコントロール」等が

「公共の電波を使って行われて良い訳が無い」』。

『「対米従属と言われれば、嫌な感じに感じる人々も多い筈」だが

「親米なら、それ程、酷い感じはしない人々が多い筈」だ。

「日本国民」に、

「対中国共産党従属」や、

「対北朝鮮従属」や、

「対ロシア従属」等と

「対米従属」の

「選択を迫る」なら

「対米従属を選択しない人々」は、

「圧倒的、少数派の筈」だ。

「親米」だけでは無く、

「親中国共産党」や、

「親北朝鮮」や

「親ロシア」等を

「問う」なら

「果たして、

親中国共産党や

親北朝鮮や

親ロシア」等と

「答える人々」は

「どれ程いるのだろうか?」

「もちろん、

戦後大量の朝鮮人が居残り続け、

世代交代しながら、その数を積極的に増やし続けて来ている

現状の日本社会」では、

「血統人脈的に、

親北朝鮮等と答えざるを得ない人々」も、

少なからず居る」だろうけど・・・』。

『「情報工作、大衆誘導、大衆マインドコントロール等の臭い」を

「濃厚に充満させ続けて来ているテレビ番組までもが、

蔓延れている

現状の日本社会」では

「拉致を始め、数々の工作活動(非人道的なモノも多い)を行い続けて来ている

北朝鮮等の工作員・協力者等の摘発等」は

「遅々として進まない」。

「この明らかな異常事態の是正」等を

「訴える」のが

「本来の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の重要な仕事」だ』。

『「特定政党等を利している暇がある」なら

「本来の重要な仕事を行うべき」だ。

「本来の重要な仕事が出来得ない人脈の者」なら

「日本の公共の電波上等で過分な立場・報酬・権力等を与え続けるべきでは無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「小池旋風が起り、終わった訳」と「枝野微風しか起きない訳」・・・。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」による「森友・加計問題等の実質的、小事の大問題化や、大臣等の言葉狩り・態度狩り等による自民ダメ!キャンペーン」は

「熾烈」だった。

「もちろん、その目的」は

「非自民政権への政権交代」であり

「その内実は、実権者人脈の変更」と

「強く推定出来る」。

「具体的に言う」なら

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等にも多い、

旧社会党~旧民主党系等の人脈」に

「日本の国政の実権を持たせる事」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等による自民ダメ!大キャンペーンの情報」を

「否応無しに、見せつけられ続けていた多くの視聴者・読者等の中」では

「選挙時に自民党や自民党の候補者に投票する事はいけない事」等の

「感が、知らず知らずの内に、育成されている」。

「その様な視聴者・読者等」には

「新たな受け皿」を

「欲する感」も

「育成されている事になる」』。

『「自民ダメ!大キャンペーンで自民には票を入れ辛くされている

視聴者・読者等」が

「欲しさせられている新たな受け皿」は

「もちろん、何でも良い訳では無い」。

「政権交代出来る政党なら何でも良い・・・」等と

「民主党政権を成立させてしまった時の自虐感」は

「多くの日本国民が強く持ち続けている」。

「新たな受け皿、しかも、旧民主党とは違う受け皿」を

「欲しさせられていた」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の自民ダメ!大キャンペーンに操られていた多くの人々」の

「実態」だった』。

『「其処に現れた」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等上では、

保守系の政治家とされている

自民党に所属していた

{都議蓮自民党ダメ!}で都知事になれていた小池氏が

新たに立ち上げた新党、希望の党」だった。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られ、

自分を失わされている状態」の

「迷える人々」は

「分り易い、象徴的な、頼れる者・物・事に依存し易い」。

「{溺れる者たちが藁をもつかむ}様に、

小池氏&希望の党に集中した」』。

『「小池旋風」が「起こった」』。

『「小池氏が保守政治家として大衆認知されていて、

旧民主党とは全く違う様に思えた事」こそが

「小池旋風が起きた大きな原因だった」が。

「自民ダメ!大キャンペーンを行い続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等の思惑」は

「自民系人脈から旧社会党~民主党系人脈への国政実権者人脈の変更」だ。

「自民党と同様の保守系人脈への変更」では

「元も子も無い」。

「本音では、小池仮面の裏で、旧民主党系左派の者が牛耳れる状態の政党」への

「政権交代を実現させたかった者たち」は

「小池氏が所謂、左派や旧民主党有名人等を{排除する}旨発言した途端」に

「小池贔屓の情報配信を止め、

小池批判・非難の情報配信を始めた」』。

『「元々が、配信情報に操られている状態の人々」は

「またまた、配信情報に操られ、

どんどん小池氏離れ、希望の党離れして行った」。

「其処に、まるで、ホワイトナイトの如く登場させた」のが

「枝野氏が{周囲に押されて}立ち上げたとされている立憲民主党」だ。

「枝野氏や立憲民主党」の

「分り易い潔さ」は

「多くの視聴者・読者等にも好感を持って受け入れられた」。

「しかし、ここで、

テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られている状態の視聴者・読者等」は

「二つに分かれる事となる」。

「それは、枝野氏も立憲民主党も、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)であり、

旧民主党や社民党や共産党と近い政治集団であるが故の現象」だ』。

『「元々、~旧民主党系等の人脈に国政実権を持たせたい

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「枝野氏や立憲民主党」に

「出来る限り良いイメージを付けて大宣伝を続けている」が

「元々、自民党以外の保守系の受け皿を欲しさせられている状態の人々」は

「そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等には付いて行かない」』。

『「枝野微風は起きた」が

「所謂、左翼(同上)である事がはっきりしている限り、

共産党や社民党等と同様で、

扇風化は絶望的」だ』。

『「そこで、今、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が目論んでいる事」は

「野党の集合化による一大勢力化」と

「疑似二大政党イメージ&自民ダメ!大キャンペーンによる政権交代」だ。

「しかし、元々、

所謂、左翼(同上)支持者では無い多くの視聴者・読者等」は、

「所謂、左翼(同上)も含んだ野党大合併」を

「権力争奪の為の野合以外の何モノでも無い」等と

「直に見抜く」。

「所謂、左翼(同上)のテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等にとって」は、

「合理的な大集合に思える野党大連合」も

「多くの一般日本国民にとって」は、

「変であり、野合にしか思えない

姑息な集合等

以外の何モノでも無い」』。

『「そもそも、自民の代わりの保守系の受け皿をつくろうとする段階」で

「旧民主党等の者たちが、ゾロゾロ・・・」では

「小池新党の実体」は

「最初からバレていた様なモノ」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られている

小池幻想を頼った人々等のみ」が

「自民の代わりの保守系の受け皿」という「夢」を

「見させられていたダケ」だ』。

『「東西冷戦が終わって久しい今時、

日本の政治上でも

所謂、左翼(同上)勢力の必要性」は

「言うまでも無く、低い」。

「しかし、以前からの左翼政治人脈等やその支持者等」は

「そう簡単には、自らの政治信条等を是正出来ない」。

「信じた{宗教等}を、

もはや無用の長物等と

心の底から理解する」には

「信じた自分を

自己否定し

是正する必要があるから」だ』。

『「それでも、現実は、変わらない」。

「それでも、地球は、太陽の周りを周っている」。

「それでも、人の誕生・死は、細胞レベルの実現象だ」。

「現実離れしている者・物・事を信じ続けよう」と

「自らの現実化の為に必要な自己否定を拒む者たちに襲い掛かって来る」のは

「現実からの乖離に他ならない」』。

『「当たり前の現実を伝えず、

自らの人脈等への利権誘導情報配信等を一生懸命行い続けている

醜悪なテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「健常化・正常化される」のは

「何時の日だろうか?」

「それまでは、視聴者・読者等側の自主防衛等が必要になる」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の操り人形等にならない事」は

「投票先を誤らさせられず、

本来の自分を守り、

自己承認もより容易にする

近道」でもある』。

|

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の総選挙恨み節が止まらない・・・。

『「野党大敗」の「責任追及、戦犯指名等々」は「もちろん」、「未だに、野党再編&与野党対立軸による政権交代(内実、実権者人脈の交代)等」を「公共の電波を使って、目指し続けているその様」は

「左翼保守の面目躍如(もちろん、皮肉)」だ。

「内実、左翼保守」に

「リベラル仮面を被せて、

イメージで左翼保守を隠蔽しようとしている情報工作ぶり」も

「工作好きの面目躍如(もちろん、皮肉)」だ』。

『「多くの視聴者」は

「そんな公共の電波上の左翼保守連中」に

「呆れている」と

「強く推定出来る」』。

『「公共の電波上等の左翼保守連中等が大絶賛している立憲民主党」の

「政策や政治信条実体」は

「共産党や社民党等と同様」の

「資本主義オンチ&旧社会・共産主義ファンタジー追及」に他ならない。

「現状の資本主義システム上での豊かな総中流化の実現」は

「実際は、かなり困難」だ。

「豊かな総中流化実現の為」には

「ほとんど全ての人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる事による

人間社会・経済システム自体の健常進歩・正常進化が

必要不可欠」になる。

「現状の社会・経済システムのまま総中流化する」なら

「得られる結果」は、

「経済競争上の劣位状態&貧しい総中流状態」になる。

「元々、現状の社会・経済システム」とは、

「実質的に未熟な考え・思いレベルの

他の者・物・事との比べっこ競争による

相対評価によるシステム」だ。

「比べっこには差が必要になる」。

「総中流とは、平等状態で、差の小さな状態」だが

「比べっこが元の経済システム上」では

「むしろ、甚大な差を内在させる方」が

「競争も、経済自体も、活性化し易くなる」。

「莫大な賞金が在る比べっこレースの方」が

「一番でもビリでも同等レベルの参加賞がもらえる比べっこレース」より

「活性化し易くなる」。

「比べっこ原理主義者たち」は

「莫大な賞金を得られるレースに挑む為の努力は行え易い」が

「同等レベルの参加賞しかもらえないレースに挑む為の努力はさぼりがちになる」。

「当たり前の話し」だ。

「企業や国家レベルでの比べっこ」でも

「事情は同じ」だから

「自由に膨大な格差までも内在させて来ている米国等」が

「平等域の国々より、遥かに大きい経済大国となれ、

一国二制度を取り入れて、急速に経済を発展させて来ている中国共産党支配下の中国も

経済発展すればする程、

旧社会・共産主義圏とは思えない膨大な格差を内在させている国になっている」。

「比べっこにはズル」が

「格差には不満」が

「付きモノ」だ。

「酷い場合には、ズルも不満解消等も命がけとなる」。

「殺傷事件等はもちろん、テロや戦争等々までもを、

ある意味では、

必然的に生み出している」のが

「比べっこ依存者の実体」だ。

「現状人間世界における

比べっこに依存している現状の多くの人類の未熟な精神構造故」の

「悪現象」は

「枚挙に暇が無い」。

「比べっこ社会・経済システム上」には、

「豊かな、されど、多くの人々が不満を抱き、一部の人々はズルをする、格差社会」と

「貧しい地域・国等としての総中流」は

「在る」が、

「豊かな総中流は在り得無い」。

「現状社会・経済システム自体の是正を言わず、

総中流ダケ言う」のは

「現実逃避が激しいファンタジー追及者や

おバカ等や

貧しい総中流化で他国等を利そうとしている悪」等になる』。

『「脱原発論も同様」だ。

「温暖化ガスの発生が極めて少ない大容量安定電源」の

「代わり抜き」に

「脱原発ダケ行う事の実体」は

「比べっこ主義そのままの総中流化と同じ」だ。

「つまり、

実行するなら、多くの人々が困窮状態に陥るか、

温暖化ガスの抑制が上手く行かなくなる」。

「現状の人類の物質文明レベルでは、

省エネと再生可能エネルギー発電(そのほとんどは、不安定・高価)」では

「脱原の代わり」は

「実現し得ない」。

「つまり、それは、

ある種のファンタジー、

もしくは、おバカの発想、

もしくは、社会細らせ策等」だ』。

『「ある種のファンタジー」や

「おバカの発想」等を

「現実の日本の政治等」で

「実行させよう・・・とする事」が

「出来る」のは

「現実逃避者」や

「おバカ」や

「反日他国人脈等の悪」になる。

「もちろん、そんな日本国民の有権者」は

「圧倒的少数派」だから

「左翼保守の政党等が取得出来ている議席」は

「圧倒的少数派になる」のが、

「通常の状態」だ。

「通常の状態を無理やり崩し、

左翼保守の議席数を

ある意味では不当に増やす事に

大貢献している

実質的、悪」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等上や

学校教育等上」の

「左翼保守ご用達の

実質的、情報・教育工作員等」だ』。

『「政治の世界」で

「左翼保守」と

「合体・合流等出来てしまう」のは

「似非、保守派、仮面保守派等」になる。

「その醜態ぶりや実害等」は

「旧民主党や民主党政権時の実行政策等々からも明らか」だ。

「日本国・多くの日本国民にもたらした実質的、害等の責任」を

「ちゃんと取っている」なら

「政界に居ない事」が

「適切になる者たち」が

「未だ、政界に縋り付いている様」は

「本当に醜悪」だ。

「それは、民主党政権成立に大いに貢献した

テレビ・ラジオ・マスコミ界の者たち」でも

「同じ話し」だ』。

『「当たり前の本質論等」を

「ちゃんと情報配信・教育等せず」に

「左翼保守ご用達ファンタジー論等」で

「視聴者・読者・生徒等」を

「マインドコントロール等しよう・・・」と

「し続けて来ている悪等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等では、「自民大勝にはケチを付け、立憲民主の躍進は大絶賛状態」等だったが・・・。

『「総選挙ではっきりした事」は「当分、日本の従北政権化は困難な事」でもある。

「日頃から、実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相を露呈し続けて来ている

常連出演者等」の

「現状での望みの綱」は

「立憲民主の躍進???」の様相だ』。

『「もちろん、

立憲民主が数多くの当選者を出せた」のは、

「言うまでも無く、

希望の党小池代表による排除発言に対する

分り易い受け皿として

党を立ち上げる事が出来たから」だ。

「共産党と同様・・・が多い、

立憲民主の政策や政治信条等が

民意を得た故の現象では無い」。

「今時、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の政策や政治信条等」を

「本気で支持している日本の有権者の数」は

「それ程多く無い」から

「立憲民主が伸びた分、

元民進や

共産や

社民の議席が減っている」。

「立憲民主と希望の当選者数を足す」と

「ほぼ以前の民進党の当選者数」で

「希望の中には、所謂、保守系も少なからず居る」上に、

「共産・社民が減っている」のだから、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)を支持している有権者の数は減っている」のが

「実態」になる』。

『「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の

もう一つの望みの綱」は

「自民党内のそのスジの者たちに大きな実権を持たせる事」なのだろう。

「公共の電波を使った」

「小泉ジュニア等の大宣伝」も

「野田聖子等々の宣伝」も

「ご都合人脈以外の自民党要人等のネガティブキャンペーン等々」も

「その目的からは、非常に合理的になる」』。

『「日本の従北政権化」が

「当分、困難・・・」となると

「北朝鮮はどう出るのだろうか」・・・』。

『「懸念される」のが

「八つ当たり的行動」で

「表立った

アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争に直結する

軍事行動等」は

「取り辛いかも知れない」が、

「北朝鮮等が得意な工作活動等の強化等の事態」は

「大いにあり得る」。

「日本政府・与党・警察等」は

「今こそ、本気で、日本国内の北朝鮮等の工作員・協力者等を

徹底摘発するべき」だ。

「それは、北朝鮮問題の解消や拉致問題の解決にも繋がる

ある意味での伝家の宝刀」だ』。

『「戦争は無くても、

スパイ・工作活動だらけ・・・」の

「戦後日本国内の似非平和」が

「露呈される事」で

「初めて、

多くの日本国民」が

「本気で、憲法問題等を現実的に考えられる様になる」。

「現実的憲法是正観」を

「多くの日本国民が持てる状態になる事抜き」に

「日本国憲法をより良く変える実務」は

「実現し得ない」。

「似非平和状態を維持したまま

益々、スパイ・工作員等の利に適う様に

日本国憲法を改悪」し

「多くの日本国民に不利益をもたらす反面で

反日国劣悪国家指導者等を利す

悪魔の仕事を行おうとしている者や政党やテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等々」に

「騙されてはいけない」』。

『「無党派層」には

「種別がある」。

「自分自身に立脚した理解・把握・考え等をもてている

成熟した無党派層」と

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等や宗教等の操り人形状態でしか無い

未熟な無党派層」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が、

実質的に、称賛・推奨等している」のは

「未熟であるが故に、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の操り人形に出来る無党派層」で

「未熟な無党派層の数が多ければ多い程、

テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズムが実現し易くなる」』。

『「分り易いから・・・」

「メディア報道上等のイメージが良いから・・・」等々と

「政策や政治信条等もロクに考えずに、

検証等せずに、

立憲民主党等に投票した

余り、良く考えていない有権者共々、

テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズムの基となり得てしまう

有権者状態からの卒業」は

「未熟状態の人々の重要な責務」だ』。

『「今時の日本国民として、

当たり前の事を伝えず、伝えられず、

ご都合ご用達者や論等を

公共の電波を使って一方的に配信し続けて来ている者たちの実体」は

「かなり控え目に言っても、実質的、悪者以外の何モノでも無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「中国共産党の宣伝」等をやっていたが・・・。

『「人口大国」である「中国」は「中国共産党独裁支配下の思想統制国家」でもある。

「思想統制国家」とは「内実、宗教団体みたいなモノ」で

「その思想の現実離れ度の分だけ、

思想統制国家では無い自由な国々より

物質文明の発展も

精神文化の発達も

遅れる事になる」』。

『「大人口分相応に、

巨大化している中国共産党軍の軍備の実体」は

「他国の軍備のコピー+α」で

「現状では、数を除き、先進諸国の軍備に対抗出来るモノでは無い」ばかりか、

「今後もその様な状態は、

独裁体制下の思想統制国家である限り、

変わら無い」』。

『「それでも、超一流の先進大国等を気取りたがる」のが

「独裁国家の独裁政権等の常」だ。

「超一流の先進大国等では無い事を認める事」は

「独裁体制の正当性を損なわせる事に直結しているから」だ』。

『「独裁国家の独裁政権等の常」の「都合」に

「応えている」のが

「日本の一部テレビ・ラジオ・マスコミ等」で

「その一例」が

「サンデーモーニング」という訳だ。

「独裁国家の独裁政権」の「都合」に

「応じて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「中国共産党ダケでは無く、

北朝鮮劣悪国家指導者等にも

応じて来ている」』。

『「その北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」は

「非常に醜悪なレベル」だったが、

「多くの視聴者・読者等の反発も大きかったからか、

昨今では、少々、上辺は、控え目になっている」。

「しかし、内実の手下ぶりは、相変わらず・・・」なので、

「北朝鮮劣悪国家指導者等を表立って{凄いぞ!宣伝}等出来ない」のなら、

「中国共産党を表立って{凄いぞ!宣伝}等する事」で

「同じ独裁国家である北朝鮮の利も図ろう・・・等としている様」は、

「本当に、醜悪」だ』。

『「物質文明の進歩・進化の基」である

「科学技術の進歩・進化の肝」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的かつ積極的な実用」だが、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的かつ積極的な実用の為」には

「応分の精神文化の進歩・進化が必需」だ』。

『「精神文化面」でも

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」の

「意識的かつ積極的な実用」が

「物質文明側と同レベルで出来ている」なら

「人類に自虐的で本来無用な争い・衝突等は起きない」が

「現状までの人間世界」では、

「ほとんど全ての国々等」で、

「物質文明面が圧倒的に先行して来ている」から

「{人類の歴史は戦争の歴史}となってしまっている」』。

『「そして、東西冷戦が露呈させた様」に

「精神文化面の現実離れ度」は

「圧倒的に、旧社会・共産圏の方が激しい」。

「旧社会・共産圏の延長線上に在る現状の中国や北朝鮮等の独裁体制」とは、

「旧社会・共産圏の遺物の様なモノ」だ。

「其処には、

物質文明面でも、精神文化面でも、

先進国と成れる土壌は無い」』。

『「先進国とは成り得ない独裁体制国家等」が

「先進諸国より前に出る為には、

先進諸国を無理やりにでも支配下に置く事が必要になる」。

「自国民を自らの支配化に置き続ける事に現状までは成功して来ている

中国共産党や北朝鮮劣悪国家指導者等」に

「生じている次の必要」は

「他国・他国民の支配」になる』。

『「もちろん、

軍備等物質文明面でも

精神文化面でも、

先進諸国に敵わない」から

「実際に採用されている手段」は

「スパイ・工作活動等」と

「実に、姑息で劣悪な手段なっている」』。

『「戦後70年以上も他国との戦争をしないで済んでいる日本国の実態」は

「北朝鮮や中国等々、他国によるスパイ・工作活動等天国」でもある。

「戦争ダケしないで済んでいるから平和・安全と言うのは

{カルト宗教神話}の世界」で

「実際は、拉致までされているのに、

拉致工作員や協力者等さえも十二分に摘発等出来ていない

未だに、工作活動天国状態を容認し続けている

{とんでも無い平和ボケ}国家」というのが

「現状の日本国」だ』。

『「憲法等、現状の法律を現状のまま、大切にする事」の

「実体」は

「{とんでも無い平和ボケ}の維持」でもあり、

「それは、スパイ・工作活動等に活路を見出そうとし続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等や中国共産党等の利にも適う事に他ならない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等や中国共産党の利に敵う事」が、

「日本国・多くの日本国民の安全・安心に繋がる訳も無い」。

「それは、多くの北朝鮮国民や中国国民の実態等からも、明らか」だ』。

『「スパイ・工作活動等を徹底的に取り締まれる状態抜き」の

「悪戯な情報公開等の脆弱性」は

「少し考えるなら、誰にでも解る事」だ。

「逆から言うなら、悪戯な情報公開ダケ」とは

「北朝鮮劣悪国家指導者等や中国共産党等の利に適う事になる」』。

『「何事でも、

スパイや工作員等の悪の仕事の利を図りたがる」のは

「超おバカか、スパイ・工作員等のお仲間と相場は決まっている」』。

『「現状経済システム上の当たり前」は、

「お金持ちの方がよりお金を稼ぎ易い」から

「時を重ねる程、格差が広がる事」だ。

「元々が競争原理」だから

「競走上の優位者・勝者程、金集めも容易になる」。

「現状資本主義社会上の稼ぎ手は主として、企業等」だ。

「企業等を冷遇すれば、企業等の競争力は削がれ、

企業等を厚遇するなら、企業等の競争力が増大し易くなる」。

「企業競争力は養いながら、

国家経済を太らせ、

その国家の恩恵を受けている個人高額所得者・高資産者等からは多額の税を取る」のが

「現状経済システム上の格差是正法の正道になる」』。

『「日本自体を細らせる事による{貧しい総中流化}等」は

「日本支配を企んでいる者等の利に適う事になる」』。

『「世代間相互補助年金の当たり前」は

「少子高齢化になれば、そのままでは必然的に破たんする事」だ。

「国家経済自体を豊かにして、税で年金を補ったり、

年金財源自体に金に金を稼がせたりする手当て抜き」なら

「世代間相互補助年金自体を止める」か

「少子高齢化自体を一気に是正する」等の

「実効のある手当てが要る」』。

『「当たり前の事」だが

「変えるなら、より良く変えなければ、変える事自体が自虐になる」。

「止めるなら、同等レベルの代わりを用意しなければ、止める事により不利益を被る事になる」。

「超おバカや

確信犯の北朝鮮劣悪国家指導者等や中国共産党等々の手先等では無いのなら、

何処の誰でも分る当たり前の話し」だ』。

『「選挙結果予想等のアナウンス効果が在る事を重々知りながら、

選挙結果予想等を喧伝し続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等」とは

「実質的、大衆誘導等を行っている、実質的、悪」になる。

「実質的、大衆誘導等を行っている、実質的、悪」の

「贔屓、政党・候補者等」の

「実体検証抜き」に

「贔屓に乗る」のが

「アブナイ事である事」は

「当たり前の話し」だ』。

『「当たり前の話しをしないで、

大衆誘導等を行い続けたがっている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の実態を露呈し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、昨今の交通トラブル問題等を受けて、常連出演者やご用達カウンセラー等が「底の浅い、怒りコントロール論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「現状利権をそのままに、上辺論で事を宥めようとする、実質的、悪事」は「何時も虚しい」。

「得られる結果」は

「同様の新たな事件・事故等が多発する

現状と余り変わりの無い人間社会状態になるダケ」だ。

「怒りコントロールの前」には

「怒りとは?」の「理解・把握が必要になる」。

「それを抜きに、上辺ダケで、怒りを鎮めさせようとする」と

「理解・把握出来ていない怒りの源泉」が

「新たな噴出先を見出すまで、より多くのエネルギーを蓄積するダケになる」』。

『「生物の脳の進化の歴史」からも「明らかな様」に

「生物の実体を大雑把に言えば、

先ず、本能在りきで、

高度に進化するに連れ、

その上に感情が乗り、

更に高度に進化した人類等では、

感情の上に知性が乗っている」。

「生物の基本的目的」は

「存続」だ。

「本能レベルで、その生物が存在している時空上での存続を図る為」に

「どの生物も行っている精神活動」が

「自己確認」だ。

「自己確認欲」は

「本能レベルの欲」だ。

「無意識レベルの深く強い欲」だ。

「そして、自己確認欲」は

「その生物個体が、生物個体として、

その時空上で存続可能である事を

実感する事により

充足される」。

「この充足も基本的に無意識レベルの事」だ』。

『「高等生物」では、

「本能の上に感情と知性が乗っている」。

「感情では、より良い感情を得る事を追及する欲が

知性では、より良いと理解・把握出来る状態を追及する欲」が

「生まれ易くなっている」。

「何故なら、

より良い感情を得る事や

より良いと理解・把握出来る状態」は

「基本的に、

その生物個体が

その時空上での存続を図る為に

より都合の良い事態が得られる事」により

「生じる」からだ。

「より良い感情」や、

「より良いと理解・把握出来る状態を得る事」は

「基本的に、意識レベルの事」だ』。

『「自己確認欲」という

「無意識レベルの深く強い欲」は

「常に生じ続けている」。

「何故なら、

生物と時空の関係は

経時変化を伴う関係だから」だ』。

『「高等生物の場合、

この常に生じている自己確認欲に

より効率良く対処し続ける為」に

「感情や知性」を

「意識的に活用している」』。

『「元々は、本能レベルの深く強い欲」を

「効率良く充足し続ける為に生じている基本を持つ

感情や知性」だが

「多くの生物の意識がもたらしている事」は

「本能レベルの深く強い欲」より

「意識を優先させる

往々にして、逆転現象を誘う事態」だ。

「高等生物故の悩み」が

「其処に生まれている」』。

『「意識を優先させる事が招いている逆転現象の実例の一つ」が

「丸ごと一人の死生観・人生観」だ。

「人間の意識がつくり出している

丸ごと一人の死生観・人生観だけ」に

「拘る」と

「人間は容易に、

毎日今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している自分の実体」を

「見失う事が出来る」。

「更に、自分の実体が本質的に求めている事態までをも無視して、

自虐行動等さえ起こせる状態に陥る事も{出来て}しまう」』。

『「自分の実体やその実体の本来の目的さえ???の状態の人々ばかり・・・だった時代の人類」が

「戦争や丸ごと一人レベルの殺し合い等の

超自虐事態を連発させて来ている」のは

「ある意味、当然の現象でもある」。

「そして、今、人類は、その自虐から抜け出す必然に迫られている」』。

『「さて、怒りとは?」

「もちろん、感情」だ。

「感情レベルで、

その生物個体が期待した事態に裏切られた時

生じる感情が怒り」だ。

「つまり、本質的に、怒りを処理する」なら

「その生物個体が待した事態の正当性を検証」し

「不当なら不当な怒り感情自体を是正」し

「正当なら裏切りの実体検証を行い是正させる事」等により、

「怒りの元自体を解消する事が必要になる」。

「ある生物個体が、

自らの存続の為に、

正当な事態や者・物・事等を要求し

合理的な行動等をおこなっている」のに、

「必要な事態や者・物・事等が得られなければ、

怒る」のは

「極めて当然の現象」だ』。

『「正当・不当」は

「地球生命体細胞群の存続や存続への貢献等」との

「整合性によって判別すれば

科学レベルでの合理性が担保される事になる」』。

『「不当な怒り」は

「何故?生じるのか?」

「多くの場合、

生物個体の意識の

現実からの乖離が激しい偏向・偏重性や、

その個体の意識のみの過剰優先」等によって

「不当な怒りは生み出されている」』。

『「本能レベルの自己確認欲等を

意識、理解・把握等出来ていない

未熟状態の意識レベル」だと、

「意識の過剰優先等が生じ易くなり、

意識の過剰優先は、

その意識、もしくは、意識群による

偏向・偏重状態を生じ易くなる」のは、

「ある意味、当然の現象」だ。

「本能レベルまで届いていない意識」とは

「例えて言うなら、地に足が着いていない意識」で

「お化けや亡霊の意識の様なモノ」だ。

「お化けや亡霊の意識を具現化する」なら

「お化けや亡霊が生じ易くなる殺傷行為やテロ・戦争等が頻発したり、

お化けや亡霊の合理化の要素も強い宗教等が過剰な力を保持出来てしまう様になる」のも

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「意識が本能レベルまで認識している」なら

「自己確認欲を合理的に充足させる方法等を

意識的に考え出し、

意識的に実行する事等も

簡単になる」。

「元々が、生物個体の存続の為の自己確認」だから

「生物個体の存続にとって合理的な

その場で実行するのが合理的な行動等を

起こせば良いダケ」だ。

「人間の場合、生物個体として存続に必要な事」は

「代謝維持」だ。

「体温を維持し、

必要な酸素・エネルギー等を取り入れ、

健常な代謝が

快適に行われる状態を得続ければ良い」。

「具体的には、

快適な環境の中での、

快適な呼吸と

快適な食事・運動・脳使用等による

体温・体調・能力・脳力等の維持・成長等が基本になる」』。

『「基本的に、知性を持つ、今時の人間」なら

「上記の様なちゃんとした心理学の基本」を

「学ぶ事により、

意識を本能レベルにも至らせる事も可能」だ。

「科学レベルでの

生物の実体解明等が不十分だった、

知性を無意識レベルにまで至らせる事が困難だった古の人々」は

「怒り等、感情コントロール等の為」に

「体験的に実効がある方法」を

「多種生み出している」。

「禅や、ヨガや、瞑想等々がそれらに当たる」。

「古の人々が体験的に生み出した方法」で

「多くの今時の人々が、実効を上げられるレベルを得る事」は

「結構困難だと思う」し、

「古からの方法には、宗教等まで付いている場合も少なく無い」。

「情報・教育」で

「無意識レベルにも意識を至らせる事」は

「宗教とも別で、結構容易な筈」だ。

「瞑想等より、ちゃんとした心理学」が

「今時の方法」になる』。

『「何事でも、適材適所は重要」だ。

「いくら、

深呼吸が心を落ち着ける為に良くても、

空気の悪い道路上では、

如何なモノか!」

「内気循環で酸素濃度が下がり気味の車内」で

「長く息を吐き出す」なら

「判断力まで落ちてしまう場合も少なく無い」だろう。

「食べ物と怒り易さ、キレ易さの関係」や

「適切な運動行為等がストレス低下に繋がる事」等々は

「もはや、有名な話し」だ。

「呼吸にしても、

食事にしても、

適切な運動行為等にしても」、

「無意識レベルまで意識した

適材適所感覚が大切になる」』。

『「もはや、まるで、さらし者の様な常連出演者やご用達●●等」だが、

「~何百万人~人々の前に

平然と出続けられている

異常事態」を

「異常と理解・把握し、必要な対処を行おうとしていない悪業ぶり」は

「本当に、醜悪」だ。

「本質的に醜悪な実態」を

「毎日見せつけられている多くの視聴者の頭や心や本能」が

「健常になり易くなる訳も無い」』。

『「自分に負けている比べっこ上の勝者のつもりの超おバカたち」が

「自らの実体を理解・把握し、

十分な是正行動をとる事等無し・・・」では、

「人間社会の健常化」の

「実現」が

「大いに遅れてしまう」。

「人類滅亡の方が先に来てしまう可能性も

決して、少なく無い」。

「例え、どんなに優等生等でも、

近々、AI等にも比べっこ上で簡単に負ける事になる者たち」の

「本質的価値」は

「どれ程のモノか?」等を

「考える」なら

「多くの視聴者」は

「現状常連出演者等の実体」を

「より容易に理解・把握出来る筈」だ。

「人間社会の健常化~世界平和の実現」や

「AI等を人類にとって自虐的なモノにしない為」にも

「ちゃんとした心理学や本質探究論等」は

「避けて通れない」』。 

『「せっかく公共の電波を使った情報の一方的大量配信が出来る立場にありながら、

実に、出来の悪い情報配信内容に終始している様相の裏に在る」のは

「人脈の問題」と

「強く推定出来る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

総選挙、実質的、野党応援(特に、立憲民主党)等を行っている様相のテレビ等では、交通トラブルやいじめ自殺等の大宣伝も得意な様相だが・・・。

『「戦後日本の学校教育上等」では「学業の優劣等、短絡的な価値観に基づいた比べっこによる評価」が「蔓延っている」。

「そして、学校教育等により、短絡的な比べっこの精神構造を仕込まれた多くの人々」は

「往々にして、短絡的な評価」を「利用」した

「自己確認の代償欲求の追及行為」を

「行い続ける状態」に「陥っている」。

「そんな状態の人々が溢れる現状人間社会」では

「比べっこ評価」や

「自己確認の代償欲求追及上」の

「トラブルが絶えない」。

「いじめ等による自殺追い込み」や

「交通トラブル」等の「裏に在る」のも

「その比べっこの精神構造」であり

「自己確認の代償欲求の追及行為」だ。

「そして、それは、

実質的には、厚顔無恥状態の常連出演者等」が

「毎日の様に、~何百万人~何千万人もの前に、

平然と常連出演等し続けられている裏にも在る」』。

『「学業の優劣」で

「優位と評価された者たち」は

「学業優位者として、他の人から認められている状態等を基」に

「自己確認の代償欲求の追及行為が行える」。

「もちろん、

学業の優劣」で、

「劣位と評価された者たち」にも

「自己確認の代償欲求追及欲は生まれている」。

「学業では劣位評価なら、他の事で・・・」となり、

「他の人々に出来ない、特出した、自己確認の代償欲求追及の具が見い出せた」なら

「その{道}に邁進したがる」のが

「比べっこ&代償欲求の追及」の「精神構造」を

「仕込まれた者たち」の

「特徴」だ。

「他の人々に出来ない、特出した、自己確認の代償欲求追及の具」は

「他の人々にとって、好ましく、有益である必要も無い」。

「特出した実質的、悪事等」でも、

「自己確認の代償欲求追及の具」に「成り得る」。

「例えば、他の多くの人々が恐怖感等を抱き、引く事等」でも

「他の多くの人々に認知される事には違いが無い」ので

「自己確認の代償欲求追及の具」には「成得てしまう」』。

『「交通トラブル問題」で

「足でハンドル操作をしながら、カップ麺等を食べていた者」が

「紹介された」が

「もちろん、その様な、他の多くの人々は行わない、行えない、愚行」も

「その者にとっての、自己確認の代償欲求追及の具だった」から

「その者は、その後も、その{道}上を歩み続けた」。

「車の運転が、自己確認の代償欲求の具である者」にとって

「車の運転を他の者から否定される事」は

「自己確認の代償欲求追及行為が壊される事でもある」。

「現状の人間世界」では

「自己確認の代償欲求追及行為を否定される事」により

「自らを{全}否定された感」で

「自らを満たしてしまう状態の者たちも少なからずいる」。

「人の{全}否定感は命がけの復活欲等を誘いがち」だ。

「所謂、キレる」の

「内実」だ』。

『「いじめ自殺追い込み」も

「いじめる側、いじめられた側の、自己確認の代償欲求追及行為故」の

「惨劇に他ならない」。

「いじめる側にとって、相手を徹底的に、自殺に追い込む程に、いじめる事」は

「自己確認の代償欲求追及行為であるが故に、{出来てしまう}事」だ。

「いじめられた側の命がけの自己確認の代償欲求追及行為」が

「自殺」だ』。

『「学業優位者」等は、

「学業優位による自己確認の代償欲求追及の先」に

「立場・報酬等優位による自己確認の代償欲求追及を行いたがる場合が多い」。

「現状人間社会」では、

「その様な状態の人々にとって、都合の良い枠も整備されている」。

「テレビ界等の実権者たちや、一部常連出演者等」も

「学業優位者上がりである場合が多い」。

「テレビ界等」では、

「単純学業優位者では無く、

新たな人材を選ぶ側にとって都合の良い者の優先」という

「選ぶ側の自己確認の代償欲求追及行為」までもが、

「重なっている場合が多い」から

「益々、酷い状態に陥り易くなっている」。

「学業劣位者等」でも

「大手ゲイノウ事務所等に重用される」と

「選ぶ側の自己確認の代償欲求追及行為にも都合が良くなり、

常連出演等し易くなっている実態が露呈している」のだから、

「その醜悪度は、かなりのモノ」だ』。

『「比べっこに基づく、自己確認の代償欲求追及の精神構造」を

「仕込まれている人々が主」の

「人間世界」に

「平和は在り得ない」。

「その逆に、命がけの自己確認の代償欲求追及行為等が、

多発する」ので

「事件・事故・テロ・戦争等々は枚挙に暇が無くなる」』。

『「上記の様な現状人間世界の実態」や

「多くの人々の精神構造の実態」から

「人間世界の問題をちゃんと解決する」なら

「人類の精神構造の健常進歩・正常進化」が

「絶対に必要な事」等は、

「冷静に、少し考える」なら

「多くの人々が直に解る筈」だ』。

『「特に、

代償欲求は代償欲求でしか無く、

決して、充足され無い事」等は、

「人類として、ちゃんと認識しておくべき事」だ。

「全ての人類」が、

「過剰な程に、代償欲求を追及している暇がある」なら

「本来欲求の理解・把握等や、本来欲求の充足等」を

「図る事に力を注ぐようにする事」こそが

「現実として実現出来る世界平和の元」になる』。

『「交通トラブルを起こした者」が

「比べっこ&代償欲求の追及等」の

「精神構造」を

「{仕込まれる}教育」では「無く」、

「自分の実体やその実体の本来の目的等を理解・把握出来、

代償欲求の追及は程々に、

本来欲求の充足等、

自己健常支配の継続を主とする

精神構造」を

「育成する教育」を

「受けていた」なら

「交通トラブルは起きていない」。

「いじめ自殺追い込み等の当事者等」が

「代償欲求の追及等はほどほどに、

本来欲求の充足等

自己健常支配の継続を主とする

精神構造」を

「育成する教育」を

「受けていた」なら

「いじめ自殺追い込みは起きていない」』。

『「本来欲求の充足等、

自己健常支配の継続」の

「実現」には

「本質的に悪い事を行わない事が需要になるから」だ。

「もちろん、

他の者・物・事支配、他の者・物・事による被支配等、

代償欲求の過剰追及に奔走している悪い自己制御状態」とは

「本質的に悪い事に他ならない」』。

『「テレビ等により、

多くの人々を支配する事や多くの人々からお墨付きを取る事や

それに伴う、過剰な報酬・利権・権力等」から

「解放される」なら

「実質的に、厚顔無恥なテレビ常連出演等の悪行」も

「解消される事になる」。

「テレビ常連出演者やテレビ論調等に自分を操らせている視聴者の悪行の解消」は

「視聴者の自己健常支配の継続に強く繋がる事になる」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の論調やイメージ等が推す政党・候補者等」で

「操られている人々が多い社会に在る」のは

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム」であり

「断じて、民主主義では無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズムの実体」は

「上辺の言葉等」が、

「どんなに、紳士的で、

如何にも、中立的・民主的、等々であっても、

ナチス・ヒトラーと何ら変わりが無い」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズムを解消する為」にも

「個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化」は

「非常に重要」だ』。

『「精神文化が世界標準より遥かに遅れている北朝鮮」は

「人間世界の主流」が

「軍事力の後ろ盾による経済比べっこ」という

「現状人間世界の基本精神文化」から、

「次世代の精神文化に正常進化しようと

蠢き始めている」のに、

「未だに、軍事力を増大させる事により米国と対等交渉等を行おう・・・としている」。

「もちろん、何周回も遅れている北朝鮮が、例え、米国まで届く核ミサイル等を保持しても、

米国が北朝鮮を対等な相手と認識する訳も無い」。

「北朝鮮の軍事力の進歩より遥かに早い米国の軍事力の進歩との差は、

時と共に、益々広がるダケ」だから

「北朝鮮の軍事力の増大では、米国との対等関係は永遠に成立し得ない」。

「人類の精神文化の流れを見極め、米国より先に行く事等」により

「初めて、世界を振り向かせる事等も実現可能になる」が

「旧態依然とした独裁体制では、其れも無理」だ。

「北朝鮮は既に詰んでいる」。

「詰みを自認出来ない」のは、

「国家指導者等の頭等が劣悪だからに他ならない」。

「詰んでいるのに、将棋を進めるなら、最終的には、王、もしくは、玉が取られて、

完全負け」となる。

「完全負け」では「再戦も望めない」。

「普通は、其処までやらない」が

「余りにも、劣悪な国家指導者に力を与え続けている」なら

「再戦の無い完全負け」が

「北朝鮮に与えられる事になる」。

「戦争ならぬ北朝鮮に対する一方的な軍事懲罰が実現する前に、

北朝鮮は、早々に投了するべき」と

「先進諸国等の多くの人類は思っている筈」だ』。

『「未だに、実質的に、北朝鮮を応援している内容の情報配信まで行い続けている」のが

「戦後日本の、酷い、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「比べっこ&代償欲求の過剰追及」等の

「精神構造を

良く{仕込まれている}

所謂、文系の

優等生等」に

「今時の人間世界が本当に必要としている仕事等」が

「十分に出来る訳も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮解放戦争を避けさせたがり、日本の総選挙では与野党を同等扱いしたがっている、偏向・偏重状態の異常なテレビ等・・・。

『「そもそも、従来からの戦争という表現が馴染まない」のが「北朝鮮解放戦争の実態」だ。

「何故なら、米・韓・日等の側には、ほとんど犠牲が出ない事になるから」だ。

「普通の話しが出来ない劣悪国家指導者を頂き続けている北朝鮮に対する、

一方的、懲罰となる、軍事行動」というのが、

「北朝鮮解放戦争の実態」だ。

「其処に在るのは、旧来の戦争では無い」。

「人類として正常な対話・協議等さえも行えない、

今までの、かなり、正常国側が譲歩した、対話・協議上で導き出された合意さえ守らない」のに、

「核・ミサイル等を保持したがり、

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)を行い続けている

現状の人間世界から明らかに逸脱している、

劣悪な実質的、カルト宗教」を

「無理やり、つくり出し、維持~増大等し続けようとして来ている

劣悪な国家指導者等の

命令・指令等を容認し続けて来ている

どうしようもない状態の一勢力地域に対する

軍事行動による

ある意味では、正当な対処である、

懲罰」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、早急に態度を是正しない」のなら

「戦争ならぬ、一方的軍事懲罰が現実のモノとなる」』。

『「戦争はダメ!」は

「今時のほとんど全ての人類の常識」だが、

「北朝鮮に対する軍事行動=旧来同様の戦争」と

「多くの視聴者・読者等に思い込ませようとし続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「明らかに、

北朝鮮を不当に利す、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の状態に在る」』。

『「そもそも、日本国内の北朝鮮等による工作活動等の徹底摘発を訴えていない事」からも

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態・実体は明らか」だ。

「昨今でも、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべきモノとして使えてしまう

数多くの電子回路・ソフト仕込み」が

「日本国内で大々的に行われ続けている」。

「家電製品でも、

家・建物等(商業施設・工場等も含む)の設備電気機器でも、

電線でも、

電車や車でも、

スマホやパソコン等々でも、

数多くの仕込みが行われ続けている」ばかりか、

「その一部は、実験使用されている」』。

『「例えば、車の運転手の頭や目や心臓等の

車運転上の重要部位に、

音響兵器の電子・ホール版が当てられる」と

「車の運転がかなり阻害される」。

「渋滞中に、気絶状態に追いやられたり、

走行中に事故に追いやられたり、

・・・等々している可能性もかなり高い」。

「元々が、音響兵器的特性を持つ工作兵器による害」なので、

「音が大きくなれば、なる程、音の被害も大きくなるのと同様」に

「電磁波工作兵器による害が重なれば、重なる程、実害が出易くなる」。

「例えば、ターゲットの車自体に電磁波工作を仕込み、

電磁波工作車をその前後・左右等に配置する事で、

工作電磁波の害を増大させる等の工作手段による

実害の発生実験等が、

盛んに行われ続けている」。

「例えば、ターゲットの住処に電磁波工作を仕込み、

その周囲から工作電磁波を強く当てる事による実害の発生実験等も

行われ続けている」。

「電車・バス等の公共交通機関や駅・商業施設・ビジネスビル等々にも工作電磁波発生装置・ソフト等は仕込まれ続けて来ている」ので、

「ターゲットがその場所に居る時に、工作電磁波を発生させ続ける」なら

「其れこそ、一日中、ターゲットを工作電磁波漬けにする事も可能になる」。

「年がら年中、ターゲットに当てる工作電磁波濃度を高め続ける事による

非人道的な粛清実験等が

行われ続けて来ている」』。

『「意植物工作や侵入工作等々共々、電磁波工作」は

「集団的工作活動だから実現可能な悪の手段」だ。

「戦後日本国内で蔓延り続けて来ている集団的工作活動の裏に在る」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等である事」は

「拉致工作からも明らか」だ。

「拉致工作を行ったり、協力させられたりした者たちが、

その後、何もやらされて来ていない」と

「考え・思える」なら

「本当に深刻な平和ボケ」だ。

「拉致工作の実態」とは、

「その多くが、

先ず、

拉致に適切な者を選別」し

「有益分子化教育を施し、

日本全国各地から、北朝鮮に連れて行く渡し工作船等に、

平穏に乗せるまで、

次々と、工作員や協力者等の中で移動させる事により、

実現している」。

「日本海側で、工作船の搭乗員等が、手柄目的で、日本国民を拉致した実例」は

「言うまでも無く、圧倒的少数派」だ。

「基本的に、拉致{工作}だから、

簡単には表面化しない様に、

有益分子化による拉致被害者当人の同意取得等、

相応の手間をかけて行っている」のが

「現実」だ。

「もちろん、そんな事を行う為には、かなりの数の人々が要る」。

「日本国内には、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が、

其れこそ、数十万人以上レベルで居る」のが、

「戦後日本の寒過ぎる実態」だ』。

『「そして、拉致被害者が行わされた事の重大一例」が

「北朝鮮工作員に対する、

その地域の日本語・日本文化教育」だ。

「その地域の日本語・日本文化教育を受けた北朝鮮の工作員」が

「北朝鮮に留まる訳も無い」。

「その多くは、日本社会の中に潜り込まされている」。

「そして、行い続けて来ている事」が

「工作活動の実質的、命令・指令等と

北朝鮮劣悪国家指導者等に対するその成果の報告等」だ。

「日本語・日本文化教育等を行わさせられた拉致被害者を帰す」と

「何処の誰が、潜り込んでいる工作員なのか?もバレる事になる」から

「北朝鮮は、関連拉致被害者を日本に帰せない」。

「逆から言うなら、日本国内の北朝鮮の工作員等を徹底摘発する」なら

「北朝鮮が拉致被害者を日本に帰せない理由も無くなる事になる」』。

『「金正男が不法来日した事が露呈した裏」にも

「日本国内の北朝鮮の工作員による、実質的、情報提供等が在る」。

「元々、日本国内の工作員等には、在日朝鮮人等も数多く含まれている」。

「在日人脈にしてみれば、在日の母を持つ者が金正日の後を継ぐ事が望ましい」。

「その為には、在日の母では無い者の子である金正男を蹴落とす事が合理的になる」。

「元々が、工作活動を行い続けて来ている者たち」にとって、

「金正男を不法来日させ、それをワザと露呈させる事等」は

「{お手の物}」だ。

「結果、金正日後継者争いレース」では、

「金正男は早々に脱落させられた」が

「その結果」として、

「北朝鮮の親中国共産党寄りの改革・解放路線も遠ざかり、

現状の様な大問題カルト宗教国家状態を招いている」。

「一般日本国民も含む、数多くの日本国民に対し、非人道的な工作活動を行い続けて来ている事」からも、

「{北朝鮮の現状}の意味」からも、

「在日工作員等の罪はかなり重い」。

「自らの重い罪を顧みず、未だに、非人道的な工作活動等を行い続けている者たち」に

「果たして、人間としての頭や心は在るのか???」』

『「実質的に、戦争では無く、一方的な武力懲罰となる北朝鮮解放戦争」により

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等が一掃される」なら

「一方的な武力懲罰による被害低減効果は絶大になる」。

「何しろ、現状までの実態としては、

其れこそ、数百万人以上の人々が

北朝鮮による工作活動の犠牲になって来ている

(何しろ、数十万人以上レベルもの工作員・協力者等による数十年に渡る

飲食物工作・医療工作・侵入工作・電磁波工作等々の工作活動だ!)」のだし、

「今後も、現状の様な状態を放置するなら、

犠牲者の数は益々増大する事になるから」だ』。

『「過去の戦争を持ち出して、戦争ダケは絶対にダメ!等を喧伝している

工作活動犠牲者を無視している

異常な人々」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」なのだろう』。

『「日本の政治」で

「与野党を同等に扱うのも異常」だ。

「与野党を同等に扱って、

与党が増えれば良いですか?

野党が増えれば良いですか?等と聞く」なら

「有権者の思考は異常な状態で単純化され易くなる」。

「どんな日本の政治が良いですか?」等と「聞く」なら

「話しは解る」が

「与党と野党と、与党と野党を同等扱いして併記した扱い」には

「明らかな違和感を覚える」。

「はっきりしている事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等を喜ばせたい」のなら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い政党・政治家等を当選させ

日本の政界で実権を与えれば良い事が、合理的になる事」だ。

「与党・野党同等扱い」には、

「その辺りと同様の臭いがする」等と

「感じている人々も多い筈」だ』。

『「日本の公共の電波を使っている一方的な情報の大量配信上」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、利になる情報配信」が

「あまりにも多い」のは、

「明らかに異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

国産コンパクトカーを乗り比べていたが・・・。

『「筆者の家から近いディーラーを優先して、スイフト・ノートEパワー・デミオ・アクア」を「乗り比べた」が

「改めて、はっきり判った事」は

「筆者にとっては、FFにファントゥドライブは無い事」だ。

「FRの場合」は

「コーナリング時にアクセルオン」で

「基本的に、締まる」から

「アクセルコントロールにより、

気分良く曲がる事が出来る」。

「しかし、FFの場合」は

「コーナリング時のアクセルオン」で

「基本的に膨らむ」から

「気分が悪くなる」。

「コーナリング時のアクセルコントロールによる楽しみ」が

「大いに削がれる」ので、

「もはや、ファンでは無い」。

「それは、

スポーツタイプのサスを持つ車でも、

サルーンタイプのサスを持つ車でも

基本的物理現象が同じなので、

同じ」だ』。

『「筆者の車使用実態」は、

「元々、公道レース等は嫌いで、

基本的に、気持ち良くドライブを楽しみたいダケ」なので、

「速さは求めない」。

「ほとんどの場合、1~2名+猫+少々の荷物、程度しか積まない」ので

「広大な車内スペースも必要無い」。

「基本的に、年間1万~1万2千キロ程度の使用」で

「高速道路使用は、偶に・・・、程度」だ。

「主として、一般道(山道も含む)でのコントロール性が快適」で

「変なところが無い車」で

「環境性能の良い車」という

「選択基準」で「選んだ」』。

『「日産R32スカイラインの後、

BMWE36の320を初代と末代の二台乗り継いで、

三菱アイに乗っていた筆者」だが、

「燃費・環境性能等を考え」て

「軽のアイにした事」は

「失敗」だった』。

『「価格自体が全然違うので、ある程度は予想出来たが、

車で出来が全然違った」。

「アイも後輪駆動なので、運転の楽しさは、相応に在った」が

「高速道路では、怖くて、使えない」。

「例えて言うなら、

320でメーター上200キロ超え連続走行をするのは、

恐怖感を伴わ無いが、

アイでメーター上140~150程度で連続走行しようとすると、

多大な恐怖感に襲われる」。

「その位、車としての出来が違った」』。

『「車の電子回路の{空}に

{悪魔の輪唱ソフト}が仕込まれ、

常に、車のリード線等から、工作電磁波が出っぱなし状態のアイ」の

「電気的状態がオカシイ」と

「三菱に相談したところ、

本社側では、調査すると言いながらも、

ディーラーが拒否」という

「異常な対応」により

「車自体も、益々嫌」になり、

「軽故か?エアコン故か?{夏の燃費の結構な悪化}も気に入らない事」からも

「アイは手放す事にした」』。

『「其処で、近隣のディーラーを回って、適当な車を探していた訳」だが、

「近隣には、国産ディーラーしか無い」ので

「上記のような乗り比べとなった訳」だ』。

『「運転が一番し易かった」のは「デミオ」だった。

「上記の車の中で、長距離移動がメインの使用状態なら、迷う事無く、デミオを選ぶ」。

「サスの出来も、イスの出来も、一番良かった」。

「残念なところは、ディーラー担当者の言うその地域の実用燃費が、

筆者の感覚では、十分に良く無かった事」だ。

「飛び道具無しの1.3ガソリン車としては、好実燃費」だが

「この際、実用燃費では、リッター20程度以上を・・・」と

「考えていた筆者には、少し、物足りない」。

「ディーゼルの場合は、筆者の希望にも適う程度の実用燃費が得られる様」だが

「常に、頭の重さを感じる運転感覚と、

静かとは言えども、ディーゼルである事が明らかに分るエンジンの音」が

「1.3ガソリン車の実用燃費並みに、引っかかった」。

「ディーゼルは価格も、少々、高い」ので

「1.3の燃費が、少々、値段が高くなっても、もっと良ければ・・・の{願い}が生まれ、

複雑な気分になった」。

「スイフトは、試乗出来たのが、スポーツタイプだった」。

「コントロール性は良く、速さを競うなら、上記の中では一番と思えた」が

「基本的にFFなので、コントロール性が良くても、筆者の好みには合わなかった」。

「また、ディーラー担当者の言うその地域での実用燃費も十分に高く無いレベルだった」ので、

「コントロールが基本的に楽しく無いなら、環境性能で・・・」等と

「考えていた筆者の選択肢からは、外れた」。

「ノートEパワー」は

「サルーン的な乗り心地も、基本的に電気自動車の走り味も、オモシロかった」が

「ディーラー対応が、三菱と同様の様相だった」ので

「早々に候補から外れた」。

「少し、大き目なところも、筆者の使用実態との整合性が今一つ・・・」。

「ディーラー担当者の言うその地域での実用燃費は、

高速道路の場合・・・を除き、驚く程、良く、

基本的に、電気自動車の走りは、

電池が弱らない限り、

{エンジンよりモーターの方が快適}と

多くの人々が言う事が、

良く判る感じ」だった。

「トヨタアクア」は

「良く売れているのが、良く解る出来だった」。

「FFとしては、前後重量バランスも適切な様相」で

「しかも、低重心感のある乗り心地」は

「ある種の納得感を生じさせた」。

「リアサスが、少々、動きが新しく無い様相」で

「基本設計の古さを感じさせた」が

「FFで、曲がる楽しみは諦め」、

「熟成の進んだ車が基本は変わらなくても全体的には結構良くなる事」を

「E36で重々知っている筆者にとっては、

微妙に、許容範囲だった」。

(「サスの面では、デミオの方がずっと良く感じられた」だけに、

「ガソリンデミオの実用燃費が、もう少し、良ければ・・・の感は、なかなか抜けなかった」。)

「ディーラー担当者の言うその地域での実用燃費」は

「ハイブリッドだけにノートEパワー並みに良かった」』。

『「結局、

曲がる楽しみを諦めた筆者」は、

「環境性能をかなり優先」して、

「筆者の使用実態では、

ディーゼルよりCO2の排出が少なくて済む事になる

ハイブリッド車を選択した」』。

『「トヨタ担当者の営業努力もあり、

かなり、安く、

結構な装備を付けたアクアを手に入れられた」』。

『「実用してみて、判った事」は

「ハイブリッドで無ければ絶対に無理・・・」の

「好燃費」だ。

「未だ、電池も新しセイもあるのかも知れない」が、

「筆者の使用実態」では、

「車載の燃費計で、

満タン返し時に、

リッター当り平均31キロ少々、

ガソリンスタンドのガソリンメーター割りで、リッター当り平均28キロ少々」と、

「リッター当り13.5キロ程度まで落ちる夏場を除き、

リッター14~15キロだった、軽のアイの約2倍」だ。

「つまり、ガソリン代は、約半分」。

「自動車税の差は、ガソリン代の安さで、十分におつりが来る」。

「ハイブリットでは無ければ、絶対無理・・・」と思えるのは、

「筆者の使用実態では、

エンジンは止まっているけど、モーターで走っている時間が

結構あるから」だ。

「特に驚いた」のは

「隣の隣の市までの往復移動」で

「車載の燃費計では、

行き、リッター当り35キロ少々、

帰り、リッター当り40キロ少々」なんて事が、

「繰り返し有った」。

「自動車のメーターは、ユーザーを喜ばせる為に、法違反にならない程度に、盛ってある事」を

「知っている筆者」は

「車のメーターの数字はそのまま信じない」から

「満タン返しで実測」した。

「ガソリンスタンドがケチメーター等を使用していない限り、

約1割程、盛ってある様相」が

「露呈した」が、

「それでも、往復とも、リッター30キロ超えの好燃費になる」。

「アイドリングストップ時等を除き

基本的に、常にエンジンを回している車では、

絶対に無理・・・」と

「強く、思える実用燃費」を

「実体験する」と

「今後、

実用車としては、

純エンジン車(ガソリン・ディーゼル共)を買う気にはなれなくなる・・・」』。

『「マツダに行った時」には

「ロードスターのその地域での実用燃費も聞いてみた」が

「アイと同じレベル」だった。

「後輪駆動車を趣味用と割り切って、二台保有出来れば良いのだが、

昨今の環境状勢を考えると、それも、どうも・・・」と

「強く思える」・・・。

「電気自動車は、

電池が、急速充電時間が数分程度、しかも、冷やす必要無し、と、

本当に、進化しなければ、

実用としては、困難」だ。

「原発使用が大いに控えられている日本の現状で、

電気自動車使用適性が有る」のは、

「太陽光等自然エネルギー発電メイン使用が可能な状態にある

極一部の人々くらい・・・」になる。

「多くの人々にとって、

環境性能を主に考えた上での、

現状での現実的な選択は、ハイブリッドになる」。

「環境性能の良い、ハイブリッドコンパクトカー」にも

「運転を楽しめる後輪駆動が在れば良いのだが」・・・』。

|

テレ朝朝番では、総選挙をダシに「劣悪な経済論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「現状経済システムの本質を語る事抜き」に「例えば、日本国の財政問題を語って」も

「虚しい」。

「現状経済システム」とは

「もはや、言うまでも無く、

現状の多くの人類の精神構造にお墨付きを得ている

現状人間社会の精神文化製品の一つ」だ。

「その特徴」は

「現状の多くの人類の精神構造である

比べっこによる支配権/被支配権争い」に

「基づいた」、

「相対的価値観に基づいて、

多くの実権を金に預けさせるシステム」となっている』。

『「生みの親が、競争原理の比べっこ」だから

「個人でも、企業等」でも、

「比べっこによる支配権争い等」となり、

「金に多くの実権を持たせている」ので

「金集め競争」が

「蔓延る事態になっている」』。

『「需要と供給に基づく、相対的価値観の特徴」は

「人為的に操れる事」に他ならない。

「例えば、

多くの人々が

{ある者・物・事}を

欲しく感じる・思える状態」を

「人為的に作り出せば、

{ある者・物・事}に相応に大きな金銭的価値を生じさせる事が出来る」。

「インフラ整備等が良く行き届いた場所の土地や建物等の金銭的価値」が

「インフラ整備等が十分に行き届いていない土地や建物等の金銭的価値より

高くなる」のも、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に{押し売り}されているゲイノウ人等」を

「{欲しがる}人々が多いが故」に

「該当ゲイノウ人等」に

「過剰なまでもの金銭的価値が付いたりする」のも

「人為的につくられている相対的価値観故の現象」だ』。

『「お金に多くの実権を預けさせていながら、

{お金に色が付いていない}」のも

「大きな特徴」だ。

「それは、人為的に作り出せる相対的価値観」という

「ある種のインチキ」を

「正当化せしめる為のインチキ」だが、

「その結果」として、

「例えば、

実際に、

或いは、内実として、

泥棒による集金でも、

略奪等による集金でも、

その罪が暴かれ、問われていない限り、

大金持ちとなれば、大金持ちとして社会的にも認知される事になっている」。

「内実として、泥棒でも、略奪等でも、

違法で無ければ摘発もされないし、

罪にも問われない」から

「法をつくれる立場、法を司る立場等」には

「大きな実権が在る事になる」。

「大金持ちなら、何でも通る状態」や

「どんな手段を使ってでも、大金持ちを目指す者たち等」が

「当然の如く、生まれている」。

「大金持ち程、法をつくる立場等も得やすくなるシステム」も

「多くの国々で健在」だ。

「そもそもが、比べっこによる支配権/被支配権争い」とは

「代償欲求追及の世界」だから、

「基本的に、本来欲求の充足が無い」。

「本来欲求の充足が無い事に邁進し続けている状態の人間」が

「本当の自信等を持てる訳も無い」。

「本当の自信等を持てていない人間たち」は

「本当の自信等の代わりを求める」。

「往々にして、在り得る実態」は

「自らの子孫等に自らを重ね、子孫等に、財産・立場等を与える事等により

自己承認欲求の代償欲求を追及する事」等だ。

「その結果、大金持ちや貧困の世代間連鎖も生まれ易くなっている」。

「大金持ち&法をつくり出せる立場の者たち」に

「そんな状態の者たちを多く抱えている実状が露呈している現状の人間世界」では、

「ほとんど全ての国々で、多くの人々が、酷い格差の世代間連鎖に悩まされている」』。

『「相対的価値観に基づく金権代理のシステム」だから、

「相対的価値観上で金権代理が必要と思える者・物・事」には

「{値}が付けられる事になる」。

「例えば、現状人間社会で仕事として認められている事」にも

「{値}が付く」。

「{値}が付いたモノ」には

「相応の金を与える必要が生じる」から、

「{仕事}が行われれば行われる程、金を増やす必要が生じる」。

「金の絶対量が増える事」は

「元の金の絶対価値が下がる事と同じ」だ。

「現状の金権システム」は

「金の絶対量の増大よりも、

保有している金の量を増やさなければ、

同レベルの金権が保てないシステム」となっている』。

『「同レベルの金権を保つ為、

或いは、より高い金権を持つ為」には

「タダ既に在る金を抱きしめているダケではダメ」で

「仕事をして稼いだり、

金自体を膨らませたり、

者・物・事を売って稼いだり、

・・・等々する必要が生じる」。

「仕事でより効率良く稼ぐ為」には

「他の者や企業等の仕事より大衆支持等が得られ易く、金集めがやり易い仕事をする事等」が

「実効がある」。

「元々が競争原理」なので、

「元々、より多くの金・金権等を保持している方が、

より有利な競争をし易い事になる」。

「更に、金・金権の世代間連鎖」までもが、

「まかり通っている人間社会・経済システムを採用している国々がほとんど」なので、

「結果として、時を重ねれば、重ねる程、

格差は、必然的に広がって行く事になる」』。

『「格差が広がっていく必然性を内包している現状までの人間社会・経済システム上」で

「格差を是正させ、総中流状態にリセットする{悪魔の毒薬}」は

「戦争」だった。

「平時にどんなに格差が拡大していても、

戦争により、資産・財産等のほとんどが破壊・解消され、

更に、戦後、支配圏を持つ人脈等や、

貨幣価値等までもが変わる」なら

「多大な格差は、リセット状態となり、

総中流状態が生まれ易くなる」。

「もちろん、破壊下の総中流だから、

皆、困窮した貧しい状態での総中流となる事になるが」。

「困窮した貧しい状態の総中流のまま、

上手く、時を重ねる」なら

「一定期間は、総中流状態が維持可能になる」。

「戦後の発展途上状態の日本国」は、

「{頭の良い}官僚主導の治世等により、正に、その状態だった」。

「しかし、発展途上状態から抜け出て、

世界のトップグループに属する様になる」と

「競争原理に強く迫られる事になった」。

「現状の日本の格差社会」は

「世界標準の競争原理故の必然でもある」』。

『「現状の比べっこ、競争原理のまま、

企業の内部留保に課税をしたり、

総中流状態を実現させようとしたり、

・・・する」なら

「どうなるのか?」は

「上記の様な基本をちゃんと理解・把握した上で現実的に考えるなら、

誰もが直に解る事」だ』。

『「一般論として、企業負担は、企業の足かせとなり、企業の競争力を削ぐ事に直結する」。

「比べっこ、競争原理の精神構造や精神文化をそのまま」に

「総中流化する事」の

「実効」は

「比べっこ不活性化状態を誘い、

競争力を削ぐ事になる」。

「総中流社会を命令してつくり出して維持している幹部は超偉い!」と

「極一部の者たちが特権階級化し、実質的、独裁政権となる事」は

「旧社会・共産圏の国々からも明らか」だ。

「そして、競争原理人間世界」では、

「旧社会・共産圏の国々は、

多くの人々が競争原理上で不活性化させられているが故に、

自由・民主主義圏の国々に負けた」。

「東西冷戦の勝負の結果」は

「既に、出ている」』。

『「現状経済システム上」で

「企業等の競争力を養いながら、

国際競争上で優位な国として在り続ける為」に

「{合理的な麻薬}は低賃金労働者」だ。

「前途の人間社会構造故に、

格差が世代間連鎖させられている状態で、

産まれながらに優位では無い者たちの一部」は

「自らの能力を高める事により、より優位な立場を目指す」。

「上手く、自らの能力を向上させる事に成功出来た者たち」は

「高能力低賃金労働者として使われる事になる」。

「こう能力低賃金労働者にも{成れなかった}多くの産まれながらの劣位者等のほとんど」は

「低賃金労働者となる」。

「民主主義圏では、一応は、民主主義が働く」ので

「低賃金労働者でも、人権や待遇向上等を訴える事が出来る」が

「基の経済システム自体」が

「実質的に、インチキ」なので、

「どんなに訴えが成功したところで、得られる結果は知れている」。

「更に、酷い」のは

「民主主義圏の国の自国民が、余りにも、ウルサイ」なら

「低賃金労働者等は、他国から、他国内で・・・と企む」のが

「競争原理上の企業等の常である事」だ。

「その為には、国境線が低い方が合理的だから、

自由主義だ!国際標準化だ!等々」と

「{屁理屈}を通し、

悪戯に、競争原理上の優位者を目指している」のが

「現状の多くのエリート???や悪等」だ』。

『「根本的に、

代償欲求の追及に明け暮れている

実質的、未熟者」なのに、

「未熟者同士のドングリの背比べで、

エリートだの、落ちこぼれだの、・・・等々やり、

エリート???どもが、自己正当化の為に格差をつくり、

金権等で誤魔化そう等々と

やっている事自体、

実に、醜悪で、愚かだと感じている人々も数多い」と思うが』。

『「現状経済システムの実態や本質からちゃんと考える」なら

「人類個人個人の精神構造の問題は、避けて通れない」。

「その集大成である現状人間社会の精神文化の問題も、避けて通れない」。

「避けて通れない問題」を

「無い事にしたがる、

日本国内の北朝鮮等による工作活動等を無い事にし続けたがっているのと同じ精神構造状態の人々」が、

「自らの精神構造を健常進歩・正常進化させる」のは

「何時の日か?」

「余りに、遅い」と

「人類滅亡の日の方が先に来てしまう」のだから、

「情報・教育界等で仕事をしている者たち」は

「本気で、情報・教育等の健常化・正常化」を

「急ぐべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

米・英の戦争準備と「起こり得ない第三次世界大戦」&「起こり得るアッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」・・・。

『「左だ!右だ!中道だ!・・・等々」と「イメージ」で「者・物・事を操ろうとする事まで、蔓延れている、平和ボケ日本社会」を「他所」に

「現実世界」は「確実」に

「実効のある問題対処へと動いている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、劣悪な態度を、自ら角を折り、改め無い限り、

北朝鮮問題に対する実効のある対処」が

「行われる事になる」』。

『「どんなに、

日本の中で、

脱原発や戦争反対等の

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す政策」に

「力を与え」たり、

「イメージ誘導等の手段で、例え、従北政権等を成立させる事が出来て」も

「実効のある対処をする国々」の

「実効のある北朝鮮問題対応を止める事など出来る訳も無い」。

「既に、詰んでいる北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「その現実を認めて、素直に、投了し、

核・ミサイル等の開発や

他国内での工作活動等の

北朝鮮の角を折らない限り、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる実戦争による問題解決が行われる事」は

「確定的な現実」だ』。

『「つまり、実戦争を避けたい」のなら

「北朝鮮劣悪国家指導者等に投了させる事」こそが

「合理的」なのだが、

「未だに、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下やその協力者等」は

「既に詰んでいる北朝鮮を認めたがらず、

未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を行い、

着実に実戦争を招いている」のだから

「本当に、困ったモノ」だ』。

『「音響兵器」の

「空気の役割」を

「電子とホールに担わせている」のが

「工作電磁波の実態・実体」だが、

「未だに、工作電磁波を発生させるべく、

日本社会の至る所に、

{悪魔の輪唱}ソフト等を仕込んだり、

電子機器等を取り付けたりしている、

近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる者たち」は、

「本当に、遅れている」。

「既に負けている側の者たちが行うべき事」は

「出来る限り、敗戦後の立場を悪くしない事に他ならない」が

「超おバカたちは、既に詰んでいる事さえも???なのかも知れない」。

「実に、御気の毒な事だが」・・・』。

『「在日の母の下に産まれた金正恩」なのだから、

「在日人脈の中には、

金正恩に適切な態度を取らせるべく働きかける事等が出来得る者たちも

少なからず居る筈」だ。

「本気で戦争を避けたい

本当の平和主義者」なら

「命がけでも、行うべき事」は、

「既に明らかな筈」だが』。

『「ノーベル平和賞を与えられたアイキャン等」が

「どんなに核兵器廃絶を訴えても、

多くの人類の精神構造が、

比べっこによる支配権/被支配権争いである限り、

武力比べっこ上で効率の良い道具になる核兵器が無くなる訳も無い」。

「比べっこ上に生きる人類が多い限り、

核兵器廃絶が可能になる時」は

「核兵器以上に効率の良い武力比べっこの道具が普及し、

核兵器保持が馬鹿らしくなる時」になる。

「核兵器廃絶が実現しても、

核兵器以上に凄い兵器が普及・・・では、

何の為の核兵器廃絶運動なのか???」

「偽善では無い核兵器廃絶法」なら

「人類の精神構造や人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化は、

絶対に外せない」。

「当たり前の現実論」だ』。

『「北朝鮮問題解決の為の当たり前の現実論」も

「核兵器廃絶の為の当たり前の現実論」も

「冷静に現実的に考える」なら

「多くの人々の頭の中で直に明らかになる事」だが

「夢やイメージ等で操られている

実質的、現実逃避状態に陥らされている人々」は

「多くの場合、現実を直視する事自体が困難な状態に陥らされている」。

「現実を直視する事」は

「恐い、いけない事等の思想信条」を

「頭の中に焼き付けられる」と

「例えば、人間の誕生・死が細胞レベルの実現象に他ならず、

生きている人間なら誰もが今、この瞬間にも、誕生・死を体験しながら存続している

既に、科学レベルではっきりしている現実」さえも

「認めたがらない状態にも陥る事が{出来て}しまう」。

「もちろん、現実との乖離の分だけ、

現実の自分の人生を損ねている」のだが、

「その様な現実をちゃんと現実通りに理解・把握する事さえも、

出来ずに・・・という場合が多い」。

「実に、もったいない人生が其処に露呈している」・・・』。

『「個人レベルの思想信条は、もちろん、自由」だが

「実質的、現実逃避信者が、

例えば、

公共の電波上や、公共的マスコミ上で、

実質的、大衆誘導を行っていたり、

学校教育上で、現実逃避教を教え込んでいたり、する」なら

「そんな事を蔓延らせている人間社会が現実から乖離し易くなる」のは

「当然の現象」だ。

「その単純化版」は

「北朝鮮を見るなら、誰もが判る」が

「余りにも、現実離れが激しい北朝鮮が在るから・・・」等の

「理由」で

「現実として、現状の日本が良くなる訳も無い」。

「現実との整合性を高める事でのみ、

人間も、人間社会も、

より健常で良い状態に

現実として出来る」』。

『「夢や希望」は

「例えば、未熟時や急変時等」の

「緩衝薬」だ。

「緩衝薬の過剰使用」等で

「ベロベロのロレロレ・・・等になる」のは

「現実の人生を捨てた

実質的、廃人等になる」。

「もちろん、個人レベルなら、

実質的、廃人状態で、自分を休める時があっても良い」。

「しかし、大きな影響がある仕事等を行っているのに、

実質的、廃人状態」は、

「明らかにダメ」だ』。

『「何れにしても、人間世界の急変」は

「必需」だ。

「何故なら、

現状までの

人間社会の精神文化である比べっこ原理主義」は

「既に、限界を迎えているから」だ。

「ここで、

精神構造の健常進歩・正常進化を抜きに、

事を進めようとする」のは

「明らかにおバカ」で

「現実離れしている」。

「情報・教育を大急ぎで、正常化・健常化する必要が有る」。

「何故なら、情報・教育の正常化・健常化が遅れれば、遅れる程、

人類の犠牲者の数も増えてしまうから」だ』。

『「より良い日本社会・人間世界構築の為」にも

「個人レベルでも、社会的実効のある、あらゆる選択」は

「慎重に行い、現実的であるべき」だ』。

|

総選挙、明日公示だが・・・。

『「各政党の様相」も「大分、はっきりして来た」。

「大別する」と

「現実主義派」と

「思想主義派」になる。

「現実主義派」は

「現状の人間世界・経済システム等の実態」を

「とりあえずは、是認」し、

「その上で、どうやったら、その政党等が利そうとしている人々や組織や国等」を

「有利に出来るか?」という

「基軸」を「基」に

「政権公約等を公表している」。

「思想主義派」は

「自分たちの考え・思い等が一番だ!正しい!等」と

「訴え、有権者塔からのお墨付きを求めている」』。

『「現実主義派の場合」は

「利そうとしている人々や組織や国等」が

「誰になるのか?何処の組織になるのか?何処の国になるのか?」を

「公約内容から検証すれば、その実体は、誰にでも、直に判る」。

「具体的に言う」なら、

「ある党の公約を実現させたら、

日本がより有利になるのか?

中・韓(北朝も含む)等が有利になるのか?」等を

「現実的に考える」なら、

「誰もが、その党の実体を直ぐに判別出来る事になる」』。

『「現実的に検証する」なら

「耳障りの良い、大衆受けの良い、

{極東地域日本のみ・・・ここは、黙殺している場合が多い}脱原発」の

「実体」は

「中・韓・北朝等を有利にする政策に他ならない」。

「何故なら、現状で人類が持ち得ていて実用出来る技術」で

「環境問題と電力エネルギー問題とその経済問題」を

「総合的に解決出来る{正解}」は

「原発{安全}使用

+再生可能エネルギー発電の積極的使用

+経済効率上必要となってしまう化石燃料発電の抑制的な使用になるから」だ。

「此処で、極東地域日本のみ脱原発政策を実行すれば、

原発を自由に使える中国や韓国が有利になり、

核兵器を持つ北朝鮮の日本に対する核兵器圧力を増させる事になる」。

「当たり前の現実論」だ』。

『「時代遅れの思想主義派の実体」は

「多くの有権者が理解・把握済み」だろう』。

『「思想主義派の特徴としては、上辺の仮面や言葉に拘る事がある」。

「例えば、実質的、旧社会・共産主義等保守派」が

「リベラル仮面を好んで使いたがっている事等」も

「その象徴」だ。

「リベラルとは、寛大な、自由な等の意味の言葉」で、

「断じて、旧社会・共産主義等保守派に馴染む言葉では無い」が

「リベラルの意も知らない、

あまり良く考えない有権者等にとって」は

「リベラル派の政党・政治家等と言われると、

まるで、それが、正義の政党や政治家の様に感じる事が出来てしまう

{魔法の言葉}」だ。

「もちろん、{魔法}には仕込みが在る」。

「旧社会・共産主義派のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「リベラルと言う言葉を好イメージで情報配信し続け、

それを、

旧社会・共産主義保守派の

革新等に替わる仮面として

積極的に、大宣伝し続けて来ている

{仕込み}」だ』。

『「東西冷戦が終わって久しい現在」なのに、

「未だに、旧社会・共産主義等を保守したがっている者たちの実体」は

「言うまでも無く、革新でも、改革はでも、左翼でも、無い」。

「ましてや、本来のリベラル(寛大な、自由な)でも無い」。

「現実主義派の保守と言われている政党等より、

遥かに、保守的な政党や者たち等」だ。

「実質的」には、

「保守したがっているのが、旧社会・共産主義等」という

「もはや、新興宗教レベルの

時代遅れの

政党や者たち」だ。

「日本の国政で、時代遅れ者たちに相応の実権を与える事」の

「実効」は

「日本の時代遅れでは無い対応を阻害」し、

「その結果として、

中・韓・北朝等の反日国等を利す事になる」』。

『「少し考えるなら、誰もが判る事」だ。

「普通の日本国民なら、

日本を不利にする政党や候補者等への投票が自虐でしか無い事等は」・・・。

「本来なら在るべき、大衆の冷静な考慮等」を

「阻害させる為の情報配信等を行い続けている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」には

「十二分にご用心!!」』

『「テレビ上がりで、朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身した小池氏」は、

「騒動売り等の手段」で、

「テレビ・マスコミ等を使う術に長けている」。

「もちろん、そんな策略で操られてしまう様では、

総選挙自体が本当に危うい」。

「何故なら、その実態・実体」は

「ナチス・ヒトラーと同じだから」だ。

「選挙時には、正々堂々と、政策を訴える」。

「騒動売り等の策略は行わない」。

「安倍政権より日本国・多くの日本国民の為になる

本当に良い政策等が訴えられる」なら

「正攻法」で

「十二分に戦える筈」だ。

「安倍政権にダメ出しをしていながら、

安倍政権より良い

日本国・多くの日本国民の為になる

本当に良い政策を訴えていない政党や候補者」を

「選択する事」は

「日本国・多くの日本国民にとっての自虐になる」。

「日本国・多くの日本国民にとっての自虐を誘う策略等を行う」のは

「どんな者たちか?」等を

「冷静に考える」なら

「安倍政権より良い、

日本国・多くの日本国民の為になる

本当に良い政策を訴えられていない政党・候補者等の実体」は

「既に、明らか」だろう。

「政治家や政党だけに限らず、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等でも、

韓国や北朝鮮等、反日国の臭いがする場合も決して少なく無い」のは

「単なる偶然では無い」。

「異常な戦後処理」を

「未だに引き摺っているが故の現実現象」だ』。

『「日本が脱原発に追い込まれる」と

「その分の電力エネルギー」は

「基本的に、化石燃料や他国に頼らざるを得ない事になる」。

「何故なら、日本で再生可能エネルギー発電事業を行う事は高くつくから」だ。

「化石燃料では、ロシアが実権を持ち易くなる」。

「安い化石燃料を山ほど持っているのがロシアの実態」だ。

「再生可能エネルギーでは、モンゴル等からの輸入の声まで出ている」。

「ここで、絶対に忘れるべきでは無い重大事」は

「国のエネルギーの一部を他の国に依存する事」は

「依存している国に日本に対する支配力が生まれている事」だ。

「お互いに支配力が生じている関係なら、未だマシ」だが

「極東地域で日本のみ脱原発する」と

「日本に対する支配力が生まれる国」は

「ロシア等となり、

核兵器を持つ北朝鮮や中国共産党支配下の中国の核兵器圧力も増す事になる」。

「旧社会・共産圏の国々」と

「お互いさまの関係を構築する事」は

「困難を極める」どころか

「実質的に不可能」だ。

「それは、北朝鮮問題からも明らか」だ。

「売国奴に成り下がりたく無い」のなら、

「極東地域日本のみ脱原発には慎重なのが当たり前になる」』。

『「その辺りの実状の裏返し」だろう。

「日本国民でも朝鮮系の政財界実権者等」は、

「極東地域日本のみ脱原発に積極的な場合が多い」。

「売国奴の臭いが充満している」等と

「感じているのは、筆者たちだけでは無い」が

「そんな連中にとって、重要なのは、日本国・多くの日本国民では無く、

祖国・母国や

祖国民/民族/血統・母国民/民族/血統等なのだろう」から

「ある意味、当然の現象なのかも知れない」。

「お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「好イメージ」で

「他国からの電力輸入等を喧伝する場合が多い」から

「十二分にご用心!!」』

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等に踊らされずに、

普通に考える」なら

「総選挙時」に

「多くの日本国民」が

「自虐とならない投票先」は

「既に、決まっている」。

「現実主義派」で

「極東地域日本のみ脱原発派では無いところ」だ』。

『「消極的選択」は

「自虐的選択」より

「遥かにマシ」だ。

「消極的選択を嫌がり、

小事の悪に過剰な嫌悪感等を抱き、

自虐を選択する/させられる」のは

「超おバカ」になる』。

|

サンデーモーニングでは、「お手盛りリベラル論」等の喧伝により、内実、総選挙大衆誘導等を行おうとしていた様相だったが・・・。

『「旧社会党~民主党等~民進党等」が「ご贔屓」の「テレビ等実権者たち(常連出演者等も含む)等」の「今の一番の贔屓政党」は「立憲民主党」の様だ。

「本日も、公共の電波を使って、{お手盛りリベラル論}等を大喧伝」し

「実質的に、立憲民主党等を大応援」していた』。

『「本来のリベラル」とは、

「現実主義上の寛大さ・自由等を重視する思想信条」だが、

「現状の日本のリベラル」は

「実質的」に、

「旧社会・共産思想を抱きしめている所謂、革新勢力」の

「上辺の仮面」となっている。

「東西冷戦終結以降、

社会・共産主義や

革新や

左翼等」では

「大衆支持が得られない者たちや、政党等」が

「基本思想信条等を変えないまま、大衆支持を得る為」の

「仮面」となっている。

「かつては、自民党等のハト派もリベラルと言われていた事」等も

「喧伝していた」が

「現状のリベラルの本質を十分に言わず、

かつての自民党等のハト派等と同様・・・等」の「印象」を

「多くの視聴者に与える情報配信ぶり」は

「相変わらず、醜悪」だ』。

『「実際」に

「現状の日本でリベラルとされている政党や者たちの主張」で

「特徴的な事」は

「全然、寛大でも自由でも無い事」だ。

「憲法改正反対!」然り、

「原発反対!」然り

「安保法制廃止!」然り

「共謀罪廃止!」然り・・・だ。

「日本が、憲法を変える事を縛り」、

「日本が、原発を使用する事を縛り」、

「憲法上国防軍を持てない日本の現実的安全保障政策の一つである安保法制を廃止し」、

「集団的犯罪行為の事前摘発を可能にする共謀罪を廃止する」

「裏」では、

「憲法等改正も原発使用も自由な国家等が有利になり、

日本の安全保障が脆弱になり、

日本国内で、共謀罪成立前は摘発が非常に困難だった集団的犯罪行為等を行い続けて来ている、

例えば、日本国内の北朝鮮等の手下工作員・協力者等が、

蔓延り易くなる」。

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の看板替えリベラルの実体」は

「日本を縛る反面で、

寛大に、

在日人脈も含む中・韓・北朝人脈の者たちや組織等を自由にする

多くの日本国民にとって自虐的なモノに他ならない」』。

『「もはや、上記の様な実体の現状の日本のリベラル」に

「本気で賛同している日本国民の数」は

「圧倒的少数派」だが、

「本質が実質的に隠蔽されたままの

リベラルという美辞麗句の類」に

「引き摺られてしまう人々の数」は

「未だ、決して、少なく無い」』。

『「言葉は悪い」が

「上辺や上辺の言葉等で操れる愚民を操る為の情報配信」等の

「実態が露呈している」』。

『「戦後日本の情報・教育は明らかに異常」だ。

「何処が?と言えば、

主として、所謂、文系で、

実体や事実・現実に実権を預けていないところ」が

「明らかに、異常」だ。

「教育無償化等も大いに結構」だが

「教育無償化等で、多くの人々が受け易くなる教育」が

「例えば、●教組等の教師等による反日・自虐教育等」であり、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報も同様」なら、

「教育無償化が日本にとっての自虐になってしまう事になる」。

「教育無償化等の前」に

「公共レベルの情報・教育等には

現実との整合性を十分に高める義務等を

十分な実効がある様に課すべき」だ』。

『「酷い情報配信」は

「昨日のテレ朝でも在った」。

「池上によるインチキ反日論等」だ。

「韓国や北朝鮮の反日の裏」には

「日本の敗戦に付け込んだ、実質的、火事場泥棒が在る」のが

「現実」だが、

「肝心な其処を現実通り言わない」。

「実質的、火事場泥棒を正当化する為の詭弁」が

「日本による侵略~植民地支配」だ。

「実際の日韓併合」は

「単独では国の存続さえ困難な状態に陥っていた当時の韓国・韓国権力者等が

保国・保身の為に、

日本と締結した二国が一国となる国家間契約」であり、

「その実態・実体」は¥

「日本の人材・資産・技術・能力等を使った、

急速な朝鮮半島内近代化整備」だった。

「内実は、台湾と同様の、善意に基づいた国家事業だった」。

「日本が韓国を保護する契約~日韓併合以降、朝鮮半島に渡った日本人のほとんど全て」は

「武器を持って、侵略する為に渡ったのでは無く、

金や仕事や技術や能力等々を持って、朝鮮半島内を急速に近代化する為に渡った」のが

「現実」だ。

「この基本的現実」を

「誤魔化す、或いは、黙殺する」と

「例えば、日本国民でも、韓国悪権力者等の言い分が正しい等と、思い違い出来易くなってしまう」。

「日韓併合時には、

多くの朝鮮人が、

自主的に、

より良い仕事や報酬や生活等を求めて、

時には、密航までして、

日本本土に渡来していた」。

「それは、日韓併合が、日本による侵略~支配では無く、

二国を一国にしたが故に生まれていた朝鮮人の自由故の実現象」だった。

「終戦時には、多数の自主渡来朝鮮人が日本本土に居た」ので、

「米軍は、日本の占領統治に当たり、朝鮮人等を重用した」。

「ところが、元々が、別天地を求めて渡来した様な人々が多かった」ので、

「米軍から武器を持つ事を許された朝鮮人たち」は

「例えば、駅前の一等地等を侵略した」。

「余りの乱行ぶり」に

「最後は、米軍が鎮圧」し

「米軍の将に、

あなたたちは、戦勝国の民では無い。

戦敗国の民でも無いのなら、三国人だ!」等と

「言われた」のが、

「三国人という言葉の誕生の実態」だ。

「終戦直後の米軍による重用や、

火事場泥棒的侵略等」により

「日本国内で、相応の利権を得た決して少なく無い数の朝鮮人」が

「朝鮮に戻りたがらない」のは

「元々が、別天地を追い求めていた人々なのだから、

ある意味、当然の現象」になる。

「当時、朝鮮半島内に居た、ほとんど全ての日本人」が

「多くの財産・資産等を置去りにしたまま、日本本土に帰還した事」と

「比べる」なら、

「該当日本人と該当朝鮮人の精神構造成熟度等の違い」は

「誰の頭の中でも明らか」だろう。

「戦後の朝鮮人権力者・利権取得者等」が

「反日思想により自己正当化を謀っている裏」には

「該当朝鮮人の未熟な精神構造が在る」。

「上記の様な現実」を

「ちゃんと伝えない結果」として、

「韓国や北朝鮮の、反日の本当の理由」が

「多くの視聴者に良く判らない」。

「テレ朝も、池上等も、公共の電波の無駄遣い」は

「いい加減に、止めて頂きたい!」と思う』。

『「今回の総選挙」で

「安倍の是非を判断基準にする・させる」のは

「ある種の策略」だ。

「昨今の北朝鮮状勢からも明らか」な様に、

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、安倍政権では困る」。

「韓国同様、日本でも従北政権が出来る事を求めている」。

「日本の中の実質的、手下等」に

「安倍降ろし」をさせ、

「従北総理・政権の擁立」等を

「行わせようとしている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者の為の政界工作が在り、

その為の情報工作が在る」のが

「現状の日本社会の寒過ぎる実態」だ』。

『「安倍政権の是非」を

「国政レベルでは、小問題に過ぎ無い、

森友・加計問題等」で

「考えさせられる」のは

「そのスジのテレビ・マスコミ等の操り人形」だ。

「現状の政治では、どんな政権でも、多少の荒は在る」。

「北朝鮮問題への対応」や

「景気政策」等の

「国政レベルの重大問題」で

「安倍政権の是非を考える」なら

「適切になる」。

「そして、安倍政権にNO!を出す」なら

「安倍政権より良い政権を成立させなければお話しにならない」。

「自民ダメ!~民主!!」等で

「日本を細らせ、中・韓(北朝も含む)等を大いに太らせた自虐」を

「再び行わせる」のは、

「超おバカ」になる』。

『「旧社会党~民主党等~民進党等~立憲民主党等」の

「実質的、公共の電波を使った応援団等と化して来ている番組」は

「明らかに、不当」だ。

「韓国・北朝鮮の親日・反日問題を言いながら、

日韓併合や戦後等の現実」を

「ちゃんと伝えていない番組」も

「明らかに、不適切」だ。

「公共レベルの、情報・教育上で、実体や事実・現実に実権を預ける事が必要」なのは、

「所謂、理系でも、所謂、文系でも、変わり無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

さすがに「第二の最低でも県外!=ベーシックインカム」を表看板にする事は諦めた様相の「希望の党」だが、公約内容は民主党時と同様の「日本細らせ政策のオンパレード」・・・。

『「ユリノミクスの財源」として「大企業の内部留保に課税」とは「現状経済システム上で、日本の大企業を不利にする{毒薬}」だ。

「現状人間世界の世界標準精神文化」は

「経済による比べっこ支配権/被支配権争い」だが、

「基本が比べっこ」となれば、

「より大きなモノ(能力・資金・国レベルも含む人脈等)を保持している方が有利になる」。

「幸いな事に、日本企業の場合」は

「能力や国レベルも含む人脈等」では

「相応に、優位な立場に在る」のは

「日本国の体制」が

「自由民主主義圏側」であり、

「尚且つ、先進諸国に入れて来ていたから」だ。

「それでも、実質的、政治工作等」を使えば、

「十分な過去の実績も、相応に優位な立場に在った日本の多くの大企業」を

「一気に細らせる{悪の毒薬}を仕込む事も可能」だ。

「例えば、民主党政権時の円高容認政策等が其れに当たる」。

「悪戯な円高容認政策」により

「日本経済が大いに細らせられた反面」では

「中・韓(北朝も含む)が、

{漁夫の利}を得て、

大いに太れていた」。

「民主党(看板を変えて民進党)の者たちが既に、過半数以上を占めている

希望の党の公約」が

「民主党政権時同様の日本細らせ政策のオンパレードとなっている事」は

「単なる偶然では無い」。

「構成人員を考える」なら

「当然の現象」だ。

「所属が何党か?」を「問わず」、

「同じ者の基本政治信条は、そう簡単に変わるモノでは無い」。

「実質的に、日本を細らせる事で、中・韓(北朝も含む)を利そうとし続けて来ている者たち」の

「行いたい事」は

「基本的に変わっていない」』。

『「日本の大企業の資金的体力を削ぐ事に直結している

大企業の内部留保への課税」。

「現状経済システム上」での

「留保課税の正道」は

「現状の経済システム上で大金持ち等になれている個人の{内部留保}への課税」であり

「企業の留保への課税では無い」。

「大企業の内部留保への課税を持ち出す事」で

「正義ぶる{偽善者}等に騙されてはいけない」』。

『「耳障りの良い、ある意味では当たり前の、何処の政党でも同様の事を言っている場合が多い、

ユリノミクス」の

「正体」は

「その財源とする大企業内部留保への課税を正当化する為」の

「日本の大企業を細らせる事に、大衆を賛同させる為」の

「実質的には、詐欺師のキャッチフレーズの様なモノ」だ』。

『「多くの人類の精神構造」が、

「獣レベルの比べっこ原理主義」から

「人間レベルの本質探究&適材適所の快適人生構築主義」に

「正常進化した後」には

「自然と、ベーシックインカム状態に移行する事になる」が、

「精神構造の正常進化抜き」に

「ベーシックインカム状態を持ち込む事」は

「旧社会・共産圏の二番煎じ状態をつくり出す事等にしか成り得ない」。

「つまり、精神構造が現状のまま」での、

「ベーシックインカム等の導入」とは

「旧社会・共産圏と自由主義圏の比べっこからも明らかな様に、

日本弱体化に直結している」。

「表看板からは外されている希望の党流のベーシックインカム」だが、

「もちろん、希望の党流のベーシックインカムは、

希望の党が行おうとしている政策」だ』。

『「日本のみ脱原発」が

「中・韓・北朝を利す事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「原発と電気自動車の関係も忘れてはいけない」。

「電気自動車が、本当にエコである為」には、

「現状では、原発の積極使用が必需」になる。

「何故なら、火力発電で発電した電気を使用では、電気自動車は、全然エコでは無いから」だ。

「特に、急速充電の場合は、バッテリーをエアコンで冷やす必要がある」ので

「熱効率が非常に悪くなる」。

「大雑把に言って、ガソリン車と同程度になる」。

「冬に暖房を使っても、同様」だ。

「電気自動車がエコである為」には

「再生可能エネルギー発電」か

「原発による発電」の

「電力を主にして使用するしか無い」。

「フランスやイギリスや中国」は

「原発積極使用派」なので、

「電気自動車の積極使用も行い易い」。

「今後、日本国内でも、電気自動車を本気で流行らせたい」のなら、

「原発の積極使用は避けられない」。

「それなのに、脱原発」とは

「日本での電気自動車の積極使用を阻害し、

日本の環境エネルギー問題の解決をより困難にする

実質的、{毒薬}」だ。

「もちろん、日本のみ脱原発」も

「日本を細らせる事に直結している」』。

『「総選挙時の有権者の判断基準」は

「明白」だ。

「日本を細らせ、中・韓・北朝等に漁夫の利を与え、中・韓・北朝等を太らせるのか?」

それとも、

「日本を成長させるのか?」

だ。

「政策の実体を検証する」なら

「判断は容易になる」』。

『「表看板が

多くの人々が、保守系に思えている、小池百合子」でも

「民主党系の者たちは、民主党系の者たち以外の何モノでも無い」。

「民主党系の者たち」が、

「既に、過半数以上の希望の党」の

「本質」は

「民主党系の者たちが、実権を握る政党に他ならない」。

「選挙が終われば、表看板の小池に独裁的手法を許す訳も無い」のが

「政治家の実体」だ』。

『「総選挙で選択すべき」は

「安倍政権の是非では無い」。

「日本国・多くの日本国民の近未来」だ。

「安倍政権の是非」で

「日本国・多くの日本国民の近未来」を

「酷くする

自虐的な選択」は

「絶対に、行うべきでは無い」』。

『「民主党政権時と安倍政権になってから」を

「比べるなら、誰もが判る事」だ。

「民主党政権時の方が良い」という方々なら、

「希望の党」や

「立憲民主党」等に

「投票すれば良い」。

「何故なら、それらの党の実体」は

「民主党と同様だから」だ。

「安倍政権になってからの方が良い」と

「感じている・思っている」のに、

「希望の党」や

「立憲民主党」等に

「投票する」のは

「自虐になる」。

「安倍政権の、実質的、小問題」は

「総選挙以外で解明し、是正させる事があるなら、是正させれば良い事」だ。

「実質的、小問題を理由」に

「日本国・多くの日本国民」に

「自虐を強いる状態を招き込む」のは

「超おバカ」等になる』。

『「小池氏や枝野氏等のお仲間、テレビ・マスコミ等」では

「安倍政権以外にする為の選挙」等を「喧伝している」が、

「日本国・多くの日本国民の近未来をより良くする為の選択」等は、

「実質的に、言わない」。

「冷静に、日本国・多くの日本国民の近未来を良くする為等を考える」なら、

「民主党の流れに在る、

希望の党や

立憲民主党」等を

「選択する有権者の数」が

「激減する事になるから」と

「強く推定出来る」。

「日本を細らせ、その裏で中・韓・北朝等を大いに太らせた実績のある者たち」が

「また、政権を取り、同様の事を行いたがっている」。

「日本を細らせ、その裏で中・韓・北朝等を大いに太らせた実績に対して与えられるべき」は

「国権上の重大な立場等では断じて無く、

日本の政界からの排除等であって然るべき!」なのに・・・』。

『「多くの有権者が、超おバカな自虐的選択をしない限り、

総選挙の結果」は

「もう既に、出ている様なモノ」だ。

「普通の日本国民が、

テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られず、

超おバカな自虐的選択を避ける」なら

「{投票出来る先}は、既に、絞られている」』。

『「消極的選択」でも

「超おバカな自虐」等を「避ける為」なら

「仕方無い」。

「現状の日本の選挙の実態」だ・・・』。

|

立憲民主党=第二社民党、希望の党=第二民主党、やっぱり出て来た「第二、最低でも県外!=ベーシックインカム等々」、究極の安倍降ろしは、希望・立憲・自由・社民・共産等+公明で過半数超えなら、「首班指名公明党山口で安倍降ろし」、バレバレの政治茶番劇に乗せられる超おバカな有権者の数は?・・・。

『「安倍政権で困るのは?」を「考える」なら「今の野党等、政権茶番劇の実体」は「多くの人々の中で、直に明らかになる」。

「安倍政権で困っている」のは、

「例えば、北朝鮮であり、

例えば、テレビ・ラジオ界や、公共的マスコミ界や、学校教育界等々にも多い、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の人脈の者たち」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・公共的マスコミや、学校教育界や、農協等組合界等の

実験者人脈」からも、

「外国人献金の実績が有る≒在日外国人

(前原世代では、その多くは、必然的に北朝鮮も含む朝鮮系になる)

とも

馴染みが深い

前原」が

「何としても、安倍降ろしを行いたがっている事」等の「実態」からも、

「その実体は、少し考えるなら、誰もが分る事」だ』。

『「旧民主党落選組み」の「多く」を

「復活させる」だけでは無く、

「アワよくば、政権奪取までも目論んで、

そのスジの者たちが、担いだ小池」だったが、

「思惑通り、都知事には成れたモノの、

その後のちゃぶ台返しでは、実質的に、全敗」。

「ちゃぶ台返し混乱の責任が問われて当然の状況にある現在、

大衆からのNO!さえ無ければ、

国政に転身で誤魔化す事等を目論んでいたのかも知れないが、

国政転身には、多くの人々が大反対!」・・・。

「其処で、起死回生の一発」として、

「耳障りの良い政権公約を列挙・・・」とは、

「まるで、民主党政権成立前の二番煎じ状態」だが、

「この二番煎じには、隠しワザが仕込まれていて、

希望・立憲・自由・社民・共産等+公明で過半数を得られるなら、

首班指名は公明山口で、安倍降ろし」・・・。

「何としても、安倍降ろしダケ」が「目的」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ等実権者等や、

そのお仲間たち等」による、

「北朝鮮劣悪国家指導者等援護策略」・・・』。

『「安倍政権」では、

「北朝鮮に対して、先ず、圧力で、

北朝鮮劣悪国家指導者等の政策・態度等が改善されるなら、対話」だが、

「新興宗教団体創価学会が支持母体の公明党山口」なら

「どうなるのか?」

「圧力より対話」が

「浮上する」と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の当面の目標」は

「総選挙時に、

希望・立憲・自由・社民・共産等+公明で、

過半数を押さえる事」だ。

「その本当の目的が多くの視聴者・読者等に悟られない様にする為」に、

「現状の情報配信上」では、

「如何にも、希望の敵」や

「希望、第二自民イメージ」や、

「今時、主流大衆支持が得られる訳も無い、立憲好イメージ大宣伝」等々が

「行われている」のが

「実体」と「強く、推定出来る」。

「目的は、上記総合で、過半数を超える事ダケ」だから、

「どの様な形であれ、視聴者・読者等に、

自民より強く、

上記の政党等を、覚えさせ、

散々、言葉狩り・態度狩りや、小問題の大問題化等で覚えさせてきている

自民嫌!で、

自民以外の否安倍政権政党の何処かに投票させれば、

OK」になる』。

『「日本国や多くの日本国民の為になるから・・・」なら、

「未だ、良いのだが、

少し考えれば、誰もが判る様に、

実態・実体としては、

北朝鮮劣悪国家指導者等の為になる事」を

「多くの視聴者・読者等を操る事で行おうとしている様相なのだから、

{主演}の政治家・政党等」も、

「{脚本・演出等}のテレビ・ラジオ・マスコミ等」も、

「本当に、醜悪」だ』。

『「希望が訴えている、{第二の最低でも県外!}の

ベーシックインカム等々」。

「そもそも、ベーシックインカムを実現する前」には、

「現状の社会・経済システムの大幅な改善が必要になる」。

「現状のインチキ社会・経済システム」は

「産まれながら等の必然的不遇を食いモノにした、

比べっこ原理主義の経済成長モデルを

軸として、組み立てられている」。

「具体的に言う」なら、

「産まれながら等に恵まれた、大資本家が裏に居る大企業等」が

「産まれながら等が、大資本家等々に比べれば、不遇だが、

目一杯の学力・体力等向上努力が可能なレベルの者たちに、

目一杯の努力を行わせ、

同様の者たちを競わせた上で、

より{戦闘力}の高い者を

容易に手下として使える様に出来ている」。

「更に、その下」には、

「産まれながら等に不遇で、目一杯の努力さえ出来ない者たちが溢れている」。

「努力が出来た者たち」に

「少々高めの報酬等を与え、

努力が出来なかった者たちは、低賃金労働者等として、

どちらも、奴隷の如く使う事」で

「大企業等の{利益}は膨らんで行く」。

「このシステム上の大企業等比べっこ上」で

「肝要な事」は、

「目一杯の努力が出来る者たち」を

「贅沢に選別出来」、

「その上で、比較的、低賃金で使え」、

「目一杯の努力が出来ない環境下の者たち」を

「出来る限り低賃金で使う事が出来る事」に他なら無い。

「もちろん、人間誰しも、目一杯の努力を好む訳も無い」から、

「目一杯の努力{圧力}を人間社会に充満させる事も大切になる」。

「冷静に考えれば、とんでも無く酷い、人間社会・経済システムが其処に在る」』。

『「当然、そんな人間社会・経済システムに対する反発からの発想等は、以前から、在った」。

「例えば、社会・共産主義等がそうだ」。

「しかし、短絡的な反発の域を出ていなかった旧社会・共産主義を実運用した国々」は、

「皆、実質的に、独裁主義国家となってしまった」。

「実質的、独裁主義国家群と、競争原理上の自由も大きな自由・民主主義国家群」が

「主として、物質文明上(武力も含む)で競った結果」が

「東西冷戦の結果」で

「当然の如く、自由・民主主義国家群側が実質的に勝った」から

「東西冷戦は、基本的に終わった」。

「現状は、現状の酷い、人間社会・経済システム等」が

「世界中のほとんどの地域を占めている」』。

『「こんな状態」で

「いきなり、ベーシックインカムが導入されたら、どうなるのか?」』

『「現状社会・経済システム競争原理上の必定駒」である、

「目一杯の努力が出来る

比較的安く使える

自由に主査選択出来る人々」も

「目一杯の努力が出来ないが故に、

その下に置かれている

低賃金労働者等」も、

「もはや、基本的生活の為により優位な職等を得る為に足掻く必要が無くなる」。

「逆に、自分がやりたい事が行い易くなる」。

「大資本等を有しているが故に、現状の主権者等と成り得ていた者たちの立場」は

「アッと言う間に崩れ去り、

その実質的、罪だけが

クローズアップされて来る事になる」。

「大資本等縛りが無くなった人間世界」は

「新たな縛りか、個々の自立を求める事になる」が

「個々の自立が不全な状態では、

多くの人々が新たな縛りに頼り易くなる」』。

『「自立にも、

新たな縛りにも、

必要なのは、

科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的、かつ、積極的な実用」だ。

「新たな縛り」が

「宗教レベル」なら

「人類滅亡は必然になる」』。

『「筆者は、ベーシックインカムには賛成」だが

「その前に、個々の自立が必要と分っている」が、

「希望の党等からは、

ベーシックインカム故に激変する事になる日本社会・企業・個人等への

具体的な対処法等も、

個々の自立に必要な事さえも、

聞こえて来ていない」。

「その無責任ぶり」は

「正に、第二の{最低でも県外!}」だ』。

『「ベーシックインカム」に

「物質文明側から近づく方法として」は

「AIやロボット等の積極利用による

多くの人間の仕事消失」だ。

「主として、所謂、低賃金労働者層の仕事」が

「AIやロボットに取って替わられる事になる」なら

「生活保護同様のベーシックインカムが必需になるという訳」だ。

「もちろん、そんな場合でも、新たな問題が生じる事になる」。

「現状では、多くの人々の中」で

「仕事が、自己確認の代償欲求追及法の一つとして行われている」。

「自己確認の代償欲求を継続的・連続的に追及出来る手段が失われた時、

相応の対応抜きでは、

不安定状態に陥ってしまう人々も多い」。

「本来は、代償欲求の追及では無く、本来欲求の充足を求めて、合理的な行動を起こすべき」なのが、

「健常状態を維持し続ける人類の必定」だが、

「その辺りの現実をちゃんと情報・教育等でも

意識的かつ積極的に伝え、

多くの人々が実践出来る様にしなければ、

人間社会自体が、不安定状態に陥ってしまう事になる」』。

『「{最低でも県外!}では、

多くの人々が、

本来なら、陥れられる事も無かった酷い状態に陥れられてしまった」。

「その二番煎じ」は

「絶対に行わせてはいけない」。

「ベーシックインカム」は

「悪く無い

(適材・適所快適人間世界となれば、

経済システム自体も進化するので、

インカムという概念も不要になる事になる)」が

「その前に行うべき事がある事」を

「絶対に忘れてはいけない」』。

『「現状の人間社会・経済システム上では、

政治家になれる環境

(産まれながらや経済・体力等状況も含む)等に恵まれていながら、

底の浅い事しか訴えられていない

イス目当ての

欲ボケ等たち」とは、

「現状の人間世界には、

至る所、何処にでも居る類の同類」だから、

「同類・同レベル以下の者たち」が、

「{最低でも県外!}でも騙された」のが

「実態・実体」と

「強く推定出来る」。

「自分の実体も客観視出来ない者たち」は

「他人の実体も客観視出来ない」のは

「当然の現象」だ。

「自分の実体を客観視出来ない人々を育成し続けて来ている」のは

「劣悪な情報・教育」だから、

「筆者は、情報・教育の健常化・正常化」を

「以前から、何度も訴え続けて来ている」』。

『「いい加減に、超おバカな政界茶番劇等は止め、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で行われ続けて来ている

工作活動やその協力等を

徹底摘発するべき」等と

「強く、思っている」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「政界も酷い」が

「戦後日本」の

「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」も

「公共的マスコミ界」も

「学校教育界」等も

「本当に、酷い」。

「どんなに酷い親であっても、その親の下の家庭で育てば、子は親を酷く思わない」のは、

「多くのカルト宗教信者の親の下の子ども等の実例からも明らか」だが

「学校教師とは、ある意味、子ども時代の時間の大半を共有する親みたいな者」だ。

「酷い親の下の優等生等が、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実権を占めれば、

テレビ・ラジオ・マスコミ等も酷くなる」のは

「当然の現象」になる。

「戦後日本の所謂、文系教育は、本当に酷い」。

「最近、理系も、かなり、アヤシイ」・・・』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下人脈等を一掃する」なら

「理系も、文系も、一気に、正常化・健常化する可能性大」だ』。

『「政治の仕事」は

「現状の経済システム上のお金ダケでは無い」。

「実のある安全保障である日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等の徹底摘発」が

「今、本当に、強く、求められている」』。

|

テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う「リベラル」とは、社会・共産系の事・・・。

『「小池氏等も得意」な「外来語系の耳障りの良い言葉」でもある「リベラル」。

「テレビ・マスコミ等」では、

「保守」や「革新」等と同様に、

「政党や政治家のレッテル貼り用語」として、

「盛んに使われ続けて来ている」』。

『「英語のリベラル」は

「寛大な」とか「大まかな」とか「自由な」等々の「意味」だ。

「日本の社会・共産系の政治家・政党等」には、

「英語の意味は、似合わない・・・」が

「何に対して寛大か?」等を「付け加える」と

「非常に馴染む事になる」。

「社会・共産系等、日本の、所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党)等」の

「実態・実体」は

「韓国(北朝鮮も含む)・中国や朝鮮人(在日も含む)・中国人(在日も含む)等」に

「寛大」だったりしているから、

「テレビ・マスコミ等の言う、リベラルの実体」も

「その通り・・・」と

「強く推定出来る」。

「社会・共産系の思想や政治体制等」で

「日本人は縛る」が

「日本人を縛る分だけ、

在日も含む、朝鮮人や中国人等は、自由になり、

日本を縛る分だけ、韓国(北朝鮮も含む)や中国等も、有利になる」というのが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の言うリベラルの実体」等と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「例えば、日本ダケ脱原発」の「実体」も

「日本ダケ原発は使えない様に縛る事」に他ならない。

「現状の技術」で

「電気エネルギー問題(経済面も含む)と環境問題を相応に両立させる為」には

「原発を安全に使う事こそが合理的」だが、

「日本だけその合理的な手段はダメ」と

「縛れる状態をつくり出す」なら

「その反面で、中国や韓国等は、日本より優位に成り易くなる」。

「更に、北朝鮮の核兵器圧力の力も増させる事が出来る」のが

「日本のみ脱原発の実体」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う、リベラル」が

「脱原発派」なのは、

「ある意味、当然になる」』。

『「小池氏の下の希望の党」も

「実体」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う、リベラル」だ。

「だから、実際」に、

「日本だけ脱原発」を

「掲げている」。

「しかし、

内実通り、テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う、リベラルだと

多くの日本国民からの支持を得辛い」。

「民主党政権時」の、

「中・韓(北朝も含む)、在日も含む、中国人・朝鮮人等を

自由に、

より有利にした実績」等による

「痛み」を

「重々、味合わされて来ている多くの日本国民」は

「所謂、左翼(内実、親朝朝鮮等)」や、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う、リベラル」等に

「もはや、騙されない」。

「其処で、

内実を誤魔化す為の保守仮面」を

「必死に被ろうとしている」のが

「現状の小池新党(希望の党)」の「実態」だ』。

『「多くの日本国民」に

「小池新党(希望の党)を保守系の政党と認識させ、

自民党同様と思い込ませる為」の

「政界茶番劇」が

「お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等上で大々的に行われている」。、

「小池新党(希望の党)が

保守仮面を被る為の大芝居」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う、リベラル切り」という訳だ。

「大衆に印象付ける為」には

「ドギツイ印象付けが効果的」なので、

「排除{騒動売り}茶番劇が、行われている様相」だが、

「多くの日本国民」は

「もはや、

そんな

テレビ・ラジオ・マスコミ上の政界{騒動売り}茶番劇」には、

「もう、うんざり・・・」だろう』。

『「候補者リストをナカナカ出さない、

遅滞{騒動売り}茶番劇」も

「もはや、醜悪なダケ・・・」等と

「感じている日本国民の数も多い筈」だ』。

『「希望の党の候補者リスト」から

「排除される民進党系候補者」は

「既に、はっきりしている」。

「それは、内実を考えるなら、誰もが直に判る事」だ。

「旧民主党時代からの有名人、知名度の高い者」を

「希望の党が抱き込む」なら

「希望の党のイメージも民主党同様となる」から、

「有名人や、知名度の高い者は、余程のメリットが無い限り、抱き込めない」。

「保守仮面を被る為」には

「大衆がはっきりと、

所謂、左翼、もしくは、テレビ・ラジオ・マスコミ等の言うリベラルと認識している者たちは、

抱き込めない」。

「逆から言えば、残りは、小池氏等希望の党中枢部に忠実な限り、抱き込める」。

「実態としては、希望の党の約7~8割が、旧民主党系の候補者となる筈」だ。

「そもそも、旧社会党~系の連合の候補者等を大量に抱き込んでいて、保守も無いモノ」だが、

「小池仮面、保守仮面の、旧民主党の二番煎じ」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等により、

政権交代目的で、

つくられて来ている」。

「それが、小池新党(希望の党)大騒動」の

「実体」だ』。

『「どんな上辺の形でも、当選すれば、国会議員となり、

国会内で、相応の実権を持てる」から、

「希望の党から

保守仮面の為に

排除される

民進党等の候補者」にも

「出来る限り、良いイメージを持たせる事」で

「選挙時に有利にしようとしている」のが、

「希望の党政界茶番劇を仕込んだ

お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」で

「そんなお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「今度は、枝野氏が立ち上げた立憲民主党を大宣伝し始めた」』。

『「自民ダメ!」で

「政権交代!!」や

「政権選択!」等を

「訴えて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち」の

「実体」は

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)の{政治}組織」だ』。

『「日本国・日本人を縛る事」で

「韓国(北朝鮮も含む)・中国等や、

在日も含む、朝鮮人・中国人等」を

「より、自由にしたがっている

似非リベラリスト(自由主義者)、

もしくは、

売国奴・売国民奴」等による

「実に、醜悪で、劣悪な、

テレビ・ラジオ・マスコミ等上の政界茶番劇」は

「何時まで続けられるのだろうか・・・」。

「多くの日本国民」は

「本当に、呆れている」と思う』。

『「自民ダメ!」等を「言うは易しい」。

「どんな人でも政党でも、完璧はあり得ない」から

「ダメなところを見つけ出し、大問題化し、大騒ぎ等する事」は

「結構、容易い」。

「自民ダメ!安倍ダメ!等は、それは、それで、結構」だが、

「自民ダメ!安倍ダメ!等で、

自民党安倍政権よりダメな政権を選ばせられてしまう」のは

「もっとダメ」だ。

「民主党政権時の反省等が生きている」なら

「多くの日本国民は、

もはや、自虐的な判断はしない事になる」』。

『「それなのに、

未だに、

悪足掻きしている」のが、

「北朝鮮のお友達、旧社会党~

旧民主党~」等の

「お仲間、

テレビ・ラジオ・マスコミ等」という訳だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の為に、日本も韓国同様、従北政権化したがっている臭い」さえ

「漂って来る場合も少なく無い」のが、

「現状の日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »