« サンデーモーニングでは、「お手盛りリベラル論」等の喧伝により、内実、総選挙大衆誘導等を行おうとしていた様相だったが・・・。 | トップページ | 米・英の戦争準備と「起こり得ない第三次世界大戦」&「起こり得るアッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」・・・。 »

総選挙、明日公示だが・・・。

『「各政党の様相」も「大分、はっきりして来た」。

「大別する」と

「現実主義派」と

「思想主義派」になる。

「現実主義派」は

「現状の人間世界・経済システム等の実態」を

「とりあえずは、是認」し、

「その上で、どうやったら、その政党等が利そうとしている人々や組織や国等」を

「有利に出来るか?」という

「基軸」を「基」に

「政権公約等を公表している」。

「思想主義派」は

「自分たちの考え・思い等が一番だ!正しい!等」と

「訴え、有権者塔からのお墨付きを求めている」』。

『「現実主義派の場合」は

「利そうとしている人々や組織や国等」が

「誰になるのか?何処の組織になるのか?何処の国になるのか?」を

「公約内容から検証すれば、その実体は、誰にでも、直に判る」。

「具体的に言う」なら、

「ある党の公約を実現させたら、

日本がより有利になるのか?

中・韓(北朝も含む)等が有利になるのか?」等を

「現実的に考える」なら、

「誰もが、その党の実体を直ぐに判別出来る事になる」』。

『「現実的に検証する」なら

「耳障りの良い、大衆受けの良い、

{極東地域日本のみ・・・ここは、黙殺している場合が多い}脱原発」の

「実体」は

「中・韓・北朝等を有利にする政策に他ならない」。

「何故なら、現状で人類が持ち得ていて実用出来る技術」で

「環境問題と電力エネルギー問題とその経済問題」を

「総合的に解決出来る{正解}」は

「原発{安全}使用

+再生可能エネルギー発電の積極的使用

+経済効率上必要となってしまう化石燃料発電の抑制的な使用になるから」だ。

「此処で、極東地域日本のみ脱原発政策を実行すれば、

原発を自由に使える中国や韓国が有利になり、

核兵器を持つ北朝鮮の日本に対する核兵器圧力を増させる事になる」。

「当たり前の現実論」だ』。

『「時代遅れの思想主義派の実体」は

「多くの有権者が理解・把握済み」だろう』。

『「思想主義派の特徴としては、上辺の仮面や言葉に拘る事がある」。

「例えば、実質的、旧社会・共産主義等保守派」が

「リベラル仮面を好んで使いたがっている事等」も

「その象徴」だ。

「リベラルとは、寛大な、自由な等の意味の言葉」で、

「断じて、旧社会・共産主義等保守派に馴染む言葉では無い」が

「リベラルの意も知らない、

あまり良く考えない有権者等にとって」は

「リベラル派の政党・政治家等と言われると、

まるで、それが、正義の政党や政治家の様に感じる事が出来てしまう

{魔法の言葉}」だ。

「もちろん、{魔法}には仕込みが在る」。

「旧社会・共産主義派のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「リベラルと言う言葉を好イメージで情報配信し続け、

それを、

旧社会・共産主義保守派の

革新等に替わる仮面として

積極的に、大宣伝し続けて来ている

{仕込み}」だ』。

『「東西冷戦が終わって久しい現在」なのに、

「未だに、旧社会・共産主義等を保守したがっている者たちの実体」は

「言うまでも無く、革新でも、改革はでも、左翼でも、無い」。

「ましてや、本来のリベラル(寛大な、自由な)でも無い」。

「現実主義派の保守と言われている政党等より、

遥かに、保守的な政党や者たち等」だ。

「実質的」には、

「保守したがっているのが、旧社会・共産主義等」という

「もはや、新興宗教レベルの

時代遅れの

政党や者たち」だ。

「日本の国政で、時代遅れ者たちに相応の実権を与える事」の

「実効」は

「日本の時代遅れでは無い対応を阻害」し、

「その結果として、

中・韓・北朝等の反日国等を利す事になる」』。

『「少し考えるなら、誰もが判る事」だ。

「普通の日本国民なら、

日本を不利にする政党や候補者等への投票が自虐でしか無い事等は」・・・。

「本来なら在るべき、大衆の冷静な考慮等」を

「阻害させる為の情報配信等を行い続けている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」には

「十二分にご用心!!」』

『「テレビ上がりで、朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身した小池氏」は、

「騒動売り等の手段」で、

「テレビ・マスコミ等を使う術に長けている」。

「もちろん、そんな策略で操られてしまう様では、

総選挙自体が本当に危うい」。

「何故なら、その実態・実体」は

「ナチス・ヒトラーと同じだから」だ。

「選挙時には、正々堂々と、政策を訴える」。

「騒動売り等の策略は行わない」。

「安倍政権より日本国・多くの日本国民の為になる

本当に良い政策等が訴えられる」なら

「正攻法」で

「十二分に戦える筈」だ。

「安倍政権にダメ出しをしていながら、

安倍政権より良い

日本国・多くの日本国民の為になる

本当に良い政策を訴えていない政党や候補者」を

「選択する事」は

「日本国・多くの日本国民にとっての自虐になる」。

「日本国・多くの日本国民にとっての自虐を誘う策略等を行う」のは

「どんな者たちか?」等を

「冷静に考える」なら

「安倍政権より良い、

日本国・多くの日本国民の為になる

本当に良い政策を訴えられていない政党・候補者等の実体」は

「既に、明らか」だろう。

「政治家や政党だけに限らず、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等でも、

韓国や北朝鮮等、反日国の臭いがする場合も決して少なく無い」のは

「単なる偶然では無い」。

「異常な戦後処理」を

「未だに引き摺っているが故の現実現象」だ』。

『「日本が脱原発に追い込まれる」と

「その分の電力エネルギー」は

「基本的に、化石燃料や他国に頼らざるを得ない事になる」。

「何故なら、日本で再生可能エネルギー発電事業を行う事は高くつくから」だ。

「化石燃料では、ロシアが実権を持ち易くなる」。

「安い化石燃料を山ほど持っているのがロシアの実態」だ。

「再生可能エネルギーでは、モンゴル等からの輸入の声まで出ている」。

「ここで、絶対に忘れるべきでは無い重大事」は

「国のエネルギーの一部を他の国に依存する事」は

「依存している国に日本に対する支配力が生まれている事」だ。

「お互いに支配力が生じている関係なら、未だマシ」だが

「極東地域で日本のみ脱原発する」と

「日本に対する支配力が生まれる国」は

「ロシア等となり、

核兵器を持つ北朝鮮や中国共産党支配下の中国の核兵器圧力も増す事になる」。

「旧社会・共産圏の国々」と

「お互いさまの関係を構築する事」は

「困難を極める」どころか

「実質的に不可能」だ。

「それは、北朝鮮問題からも明らか」だ。

「売国奴に成り下がりたく無い」のなら、

「極東地域日本のみ脱原発には慎重なのが当たり前になる」』。

『「その辺りの実状の裏返し」だろう。

「日本国民でも朝鮮系の政財界実権者等」は、

「極東地域日本のみ脱原発に積極的な場合が多い」。

「売国奴の臭いが充満している」等と

「感じているのは、筆者たちだけでは無い」が

「そんな連中にとって、重要なのは、日本国・多くの日本国民では無く、

祖国・母国や

祖国民/民族/血統・母国民/民族/血統等なのだろう」から

「ある意味、当然の現象なのかも知れない」。

「お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「好イメージ」で

「他国からの電力輸入等を喧伝する場合が多い」から

「十二分にご用心!!」』

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等に踊らされずに、

普通に考える」なら

「総選挙時」に

「多くの日本国民」が

「自虐とならない投票先」は

「既に、決まっている」。

「現実主義派」で

「極東地域日本のみ脱原発派では無いところ」だ』。

『「消極的選択」は

「自虐的選択」より

「遥かにマシ」だ。

「消極的選択を嫌がり、

小事の悪に過剰な嫌悪感等を抱き、

自虐を選択する/させられる」のは

「超おバカ」になる』。

|

« サンデーモーニングでは、「お手盛りリベラル論」等の喧伝により、内実、総選挙大衆誘導等を行おうとしていた様相だったが・・・。 | トップページ | 米・英の戦争準備と「起こり得ない第三次世界大戦」&「起こり得るアッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」・・・。 »

政治」カテゴリの記事