« 総選挙、明日公示だが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、総選挙をダシに「劣悪な経済論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

米・英の戦争準備と「起こり得ない第三次世界大戦」&「起こり得るアッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」・・・。

『「左だ!右だ!中道だ!・・・等々」と「イメージ」で「者・物・事を操ろうとする事まで、蔓延れている、平和ボケ日本社会」を「他所」に

「現実世界」は「確実」に

「実効のある問題対処へと動いている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、劣悪な態度を、自ら角を折り、改め無い限り、

北朝鮮問題に対する実効のある対処」が

「行われる事になる」』。

『「どんなに、

日本の中で、

脱原発や戦争反対等の

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す政策」に

「力を与え」たり、

「イメージ誘導等の手段で、例え、従北政権等を成立させる事が出来て」も

「実効のある対処をする国々」の

「実効のある北朝鮮問題対応を止める事など出来る訳も無い」。

「既に、詰んでいる北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「その現実を認めて、素直に、投了し、

核・ミサイル等の開発や

他国内での工作活動等の

北朝鮮の角を折らない限り、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる実戦争による問題解決が行われる事」は

「確定的な現実」だ』。

『「つまり、実戦争を避けたい」のなら

「北朝鮮劣悪国家指導者等に投了させる事」こそが

「合理的」なのだが、

「未だに、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下やその協力者等」は

「既に詰んでいる北朝鮮を認めたがらず、

未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を行い、

着実に実戦争を招いている」のだから

「本当に、困ったモノ」だ』。

『「音響兵器」の

「空気の役割」を

「電子とホールに担わせている」のが

「工作電磁波の実態・実体」だが、

「未だに、工作電磁波を発生させるべく、

日本社会の至る所に、

{悪魔の輪唱}ソフト等を仕込んだり、

電子機器等を取り付けたりしている、

近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる者たち」は、

「本当に、遅れている」。

「既に負けている側の者たちが行うべき事」は

「出来る限り、敗戦後の立場を悪くしない事に他ならない」が

「超おバカたちは、既に詰んでいる事さえも???なのかも知れない」。

「実に、御気の毒な事だが」・・・』。

『「在日の母の下に産まれた金正恩」なのだから、

「在日人脈の中には、

金正恩に適切な態度を取らせるべく働きかける事等が出来得る者たちも

少なからず居る筈」だ。

「本気で戦争を避けたい

本当の平和主義者」なら

「命がけでも、行うべき事」は、

「既に明らかな筈」だが』。

『「ノーベル平和賞を与えられたアイキャン等」が

「どんなに核兵器廃絶を訴えても、

多くの人類の精神構造が、

比べっこによる支配権/被支配権争いである限り、

武力比べっこ上で効率の良い道具になる核兵器が無くなる訳も無い」。

「比べっこ上に生きる人類が多い限り、

核兵器廃絶が可能になる時」は

「核兵器以上に効率の良い武力比べっこの道具が普及し、

核兵器保持が馬鹿らしくなる時」になる。

「核兵器廃絶が実現しても、

核兵器以上に凄い兵器が普及・・・では、

何の為の核兵器廃絶運動なのか???」

「偽善では無い核兵器廃絶法」なら

「人類の精神構造や人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化は、

絶対に外せない」。

「当たり前の現実論」だ』。

『「北朝鮮問題解決の為の当たり前の現実論」も

「核兵器廃絶の為の当たり前の現実論」も

「冷静に現実的に考える」なら

「多くの人々の頭の中で直に明らかになる事」だが

「夢やイメージ等で操られている

実質的、現実逃避状態に陥らされている人々」は

「多くの場合、現実を直視する事自体が困難な状態に陥らされている」。

「現実を直視する事」は

「恐い、いけない事等の思想信条」を

「頭の中に焼き付けられる」と

「例えば、人間の誕生・死が細胞レベルの実現象に他ならず、

生きている人間なら誰もが今、この瞬間にも、誕生・死を体験しながら存続している

既に、科学レベルではっきりしている現実」さえも

「認めたがらない状態にも陥る事が{出来て}しまう」。

「もちろん、現実との乖離の分だけ、

現実の自分の人生を損ねている」のだが、

「その様な現実をちゃんと現実通りに理解・把握する事さえも、

出来ずに・・・という場合が多い」。

「実に、もったいない人生が其処に露呈している」・・・』。

『「個人レベルの思想信条は、もちろん、自由」だが

「実質的、現実逃避信者が、

例えば、

公共の電波上や、公共的マスコミ上で、

実質的、大衆誘導を行っていたり、

学校教育上で、現実逃避教を教え込んでいたり、する」なら

「そんな事を蔓延らせている人間社会が現実から乖離し易くなる」のは

「当然の現象」だ。

「その単純化版」は

「北朝鮮を見るなら、誰もが判る」が

「余りにも、現実離れが激しい北朝鮮が在るから・・・」等の

「理由」で

「現実として、現状の日本が良くなる訳も無い」。

「現実との整合性を高める事でのみ、

人間も、人間社会も、

より健常で良い状態に

現実として出来る」』。

『「夢や希望」は

「例えば、未熟時や急変時等」の

「緩衝薬」だ。

「緩衝薬の過剰使用」等で

「ベロベロのロレロレ・・・等になる」のは

「現実の人生を捨てた

実質的、廃人等になる」。

「もちろん、個人レベルなら、

実質的、廃人状態で、自分を休める時があっても良い」。

「しかし、大きな影響がある仕事等を行っているのに、

実質的、廃人状態」は、

「明らかにダメ」だ』。

『「何れにしても、人間世界の急変」は

「必需」だ。

「何故なら、

現状までの

人間社会の精神文化である比べっこ原理主義」は

「既に、限界を迎えているから」だ。

「ここで、

精神構造の健常進歩・正常進化を抜きに、

事を進めようとする」のは

「明らかにおバカ」で

「現実離れしている」。

「情報・教育を大急ぎで、正常化・健常化する必要が有る」。

「何故なら、情報・教育の正常化・健常化が遅れれば、遅れる程、

人類の犠牲者の数も増えてしまうから」だ』。

『「より良い日本社会・人間世界構築の為」にも

「個人レベルでも、社会的実効のある、あらゆる選択」は

「慎重に行い、現実的であるべき」だ』。

|

« 総選挙、明日公示だが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、総選挙をダシに「劣悪な経済論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事