« 有権者をバカにしている、仮面保守(内実、左翼=親朝鮮等)の小池仮面で当選を目論む旧民主党(落選組みも含む)等の者たち・・・。 | トップページ | 立憲民主党=第二社民党、希望の党=第二民主党、やっぱり出て来た「第二、最低でも県外!=ベーシックインカム等々」、究極の安倍降ろしは、希望・立憲・自由・社民・共産等+公明で過半数超えなら、「首班指名公明党山口で安倍降ろし」、バレバレの政治茶番劇に乗せられる超おバカな有権者の数は?・・・。 »

テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う「リベラル」とは、社会・共産系の事・・・。

『「小池氏等も得意」な「外来語系の耳障りの良い言葉」でもある「リベラル」。

「テレビ・マスコミ等」では、

「保守」や「革新」等と同様に、

「政党や政治家のレッテル貼り用語」として、

「盛んに使われ続けて来ている」』。

『「英語のリベラル」は

「寛大な」とか「大まかな」とか「自由な」等々の「意味」だ。

「日本の社会・共産系の政治家・政党等」には、

「英語の意味は、似合わない・・・」が

「何に対して寛大か?」等を「付け加える」と

「非常に馴染む事になる」。

「社会・共産系等、日本の、所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党)等」の

「実態・実体」は

「韓国(北朝鮮も含む)・中国や朝鮮人(在日も含む)・中国人(在日も含む)等」に

「寛大」だったりしているから、

「テレビ・マスコミ等の言う、リベラルの実体」も

「その通り・・・」と

「強く推定出来る」。

「社会・共産系の思想や政治体制等」で

「日本人は縛る」が

「日本人を縛る分だけ、

在日も含む、朝鮮人や中国人等は、自由になり、

日本を縛る分だけ、韓国(北朝鮮も含む)や中国等も、有利になる」というのが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の言うリベラルの実体」等と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「例えば、日本ダケ脱原発」の「実体」も

「日本ダケ原発は使えない様に縛る事」に他ならない。

「現状の技術」で

「電気エネルギー問題(経済面も含む)と環境問題を相応に両立させる為」には

「原発を安全に使う事こそが合理的」だが、

「日本だけその合理的な手段はダメ」と

「縛れる状態をつくり出す」なら

「その反面で、中国や韓国等は、日本より優位に成り易くなる」。

「更に、北朝鮮の核兵器圧力の力も増させる事が出来る」のが

「日本のみ脱原発の実体」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う、リベラル」が

「脱原発派」なのは、

「ある意味、当然になる」』。

『「小池氏の下の希望の党」も

「実体」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う、リベラル」だ。

「だから、実際」に、

「日本だけ脱原発」を

「掲げている」。

「しかし、

内実通り、テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う、リベラルだと

多くの日本国民からの支持を得辛い」。

「民主党政権時」の、

「中・韓(北朝も含む)、在日も含む、中国人・朝鮮人等を

自由に、

より有利にした実績」等による

「痛み」を

「重々、味合わされて来ている多くの日本国民」は

「所謂、左翼(内実、親朝朝鮮等)」や、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う、リベラル」等に

「もはや、騙されない」。

「其処で、

内実を誤魔化す為の保守仮面」を

「必死に被ろうとしている」のが

「現状の小池新党(希望の党)」の「実態」だ』。

『「多くの日本国民」に

「小池新党(希望の党)を保守系の政党と認識させ、

自民党同様と思い込ませる為」の

「政界茶番劇」が

「お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等上で大々的に行われている」。、

「小池新党(希望の党)が

保守仮面を被る為の大芝居」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う、リベラル切り」という訳だ。

「大衆に印象付ける為」には

「ドギツイ印象付けが効果的」なので、

「排除{騒動売り}茶番劇が、行われている様相」だが、

「多くの日本国民」は

「もはや、

そんな

テレビ・ラジオ・マスコミ上の政界{騒動売り}茶番劇」には、

「もう、うんざり・・・」だろう』。

『「候補者リストをナカナカ出さない、

遅滞{騒動売り}茶番劇」も

「もはや、醜悪なダケ・・・」等と

「感じている日本国民の数も多い筈」だ』。

『「希望の党の候補者リスト」から

「排除される民進党系候補者」は

「既に、はっきりしている」。

「それは、内実を考えるなら、誰もが直に判る事」だ。

「旧民主党時代からの有名人、知名度の高い者」を

「希望の党が抱き込む」なら

「希望の党のイメージも民主党同様となる」から、

「有名人や、知名度の高い者は、余程のメリットが無い限り、抱き込めない」。

「保守仮面を被る為」には

「大衆がはっきりと、

所謂、左翼、もしくは、テレビ・ラジオ・マスコミ等の言うリベラルと認識している者たちは、

抱き込めない」。

「逆から言えば、残りは、小池氏等希望の党中枢部に忠実な限り、抱き込める」。

「実態としては、希望の党の約7~8割が、旧民主党系の候補者となる筈」だ。

「そもそも、旧社会党~系の連合の候補者等を大量に抱き込んでいて、保守も無いモノ」だが、

「小池仮面、保守仮面の、旧民主党の二番煎じ」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等により、

政権交代目的で、

つくられて来ている」。

「それが、小池新党(希望の党)大騒動」の

「実体」だ』。

『「どんな上辺の形でも、当選すれば、国会議員となり、

国会内で、相応の実権を持てる」から、

「希望の党から

保守仮面の為に

排除される

民進党等の候補者」にも

「出来る限り、良いイメージを持たせる事」で

「選挙時に有利にしようとしている」のが、

「希望の党政界茶番劇を仕込んだ

お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」で

「そんなお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「今度は、枝野氏が立ち上げた立憲民主党を大宣伝し始めた」』。

『「自民ダメ!」で

「政権交代!!」や

「政権選択!」等を

「訴えて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち」の

「実体」は

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)の{政治}組織」だ』。

『「日本国・日本人を縛る事」で

「韓国(北朝鮮も含む)・中国等や、

在日も含む、朝鮮人・中国人等」を

「より、自由にしたがっている

似非リベラリスト(自由主義者)、

もしくは、

売国奴・売国民奴」等による

「実に、醜悪で、劣悪な、

テレビ・ラジオ・マスコミ等上の政界茶番劇」は

「何時まで続けられるのだろうか・・・」。

「多くの日本国民」は

「本当に、呆れている」と思う』。

『「自民ダメ!」等を「言うは易しい」。

「どんな人でも政党でも、完璧はあり得ない」から

「ダメなところを見つけ出し、大問題化し、大騒ぎ等する事」は

「結構、容易い」。

「自民ダメ!安倍ダメ!等は、それは、それで、結構」だが、

「自民ダメ!安倍ダメ!等で、

自民党安倍政権よりダメな政権を選ばせられてしまう」のは

「もっとダメ」だ。

「民主党政権時の反省等が生きている」なら

「多くの日本国民は、

もはや、自虐的な判断はしない事になる」』。

『「それなのに、

未だに、

悪足掻きしている」のが、

「北朝鮮のお友達、旧社会党~

旧民主党~」等の

「お仲間、

テレビ・ラジオ・マスコミ等」という訳だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の為に、日本も韓国同様、従北政権化したがっている臭い」さえ

「漂って来る場合も少なく無い」のが、

「現状の日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 有権者をバカにしている、仮面保守(内実、左翼=親朝鮮等)の小池仮面で当選を目論む旧民主党(落選組みも含む)等の者たち・・・。 | トップページ | 立憲民主党=第二社民党、希望の党=第二民主党、やっぱり出て来た「第二、最低でも県外!=ベーシックインカム等々」、究極の安倍降ろしは、希望・立憲・自由・社民・共産等+公明で過半数超えなら、「首班指名公明党山口で安倍降ろし」、バレバレの政治茶番劇に乗せられる超おバカな有権者の数は?・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事