« 北朝鮮解放戦争を避けさせたがり、日本の総選挙では与野党を同等扱いしたがっている、偏向・偏重状態の異常なテレビ等・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、昨今の交通トラブル問題等を受けて、常連出演者やご用達カウンセラー等が「底の浅い、怒りコントロール論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

総選挙、実質的、野党応援(特に、立憲民主党)等を行っている様相のテレビ等では、交通トラブルやいじめ自殺等の大宣伝も得意な様相だが・・・。

『「戦後日本の学校教育上等」では「学業の優劣等、短絡的な価値観に基づいた比べっこによる評価」が「蔓延っている」。

「そして、学校教育等により、短絡的な比べっこの精神構造を仕込まれた多くの人々」は

「往々にして、短絡的な評価」を「利用」した

「自己確認の代償欲求の追及行為」を

「行い続ける状態」に「陥っている」。

「そんな状態の人々が溢れる現状人間社会」では

「比べっこ評価」や

「自己確認の代償欲求追及上」の

「トラブルが絶えない」。

「いじめ等による自殺追い込み」や

「交通トラブル」等の「裏に在る」のも

「その比べっこの精神構造」であり

「自己確認の代償欲求の追及行為」だ。

「そして、それは、

実質的には、厚顔無恥状態の常連出演者等」が

「毎日の様に、~何百万人~何千万人もの前に、

平然と常連出演等し続けられている裏にも在る」』。

『「学業の優劣」で

「優位と評価された者たち」は

「学業優位者として、他の人から認められている状態等を基」に

「自己確認の代償欲求の追及行為が行える」。

「もちろん、

学業の優劣」で、

「劣位と評価された者たち」にも

「自己確認の代償欲求追及欲は生まれている」。

「学業では劣位評価なら、他の事で・・・」となり、

「他の人々に出来ない、特出した、自己確認の代償欲求追及の具が見い出せた」なら

「その{道}に邁進したがる」のが

「比べっこ&代償欲求の追及」の「精神構造」を

「仕込まれた者たち」の

「特徴」だ。

「他の人々に出来ない、特出した、自己確認の代償欲求追及の具」は

「他の人々にとって、好ましく、有益である必要も無い」。

「特出した実質的、悪事等」でも、

「自己確認の代償欲求追及の具」に「成り得る」。

「例えば、他の多くの人々が恐怖感等を抱き、引く事等」でも

「他の多くの人々に認知される事には違いが無い」ので

「自己確認の代償欲求追及の具」には「成得てしまう」』。

『「交通トラブル問題」で

「足でハンドル操作をしながら、カップ麺等を食べていた者」が

「紹介された」が

「もちろん、その様な、他の多くの人々は行わない、行えない、愚行」も

「その者にとっての、自己確認の代償欲求追及の具だった」から

「その者は、その後も、その{道}上を歩み続けた」。

「車の運転が、自己確認の代償欲求の具である者」にとって

「車の運転を他の者から否定される事」は

「自己確認の代償欲求追及行為が壊される事でもある」。

「現状の人間世界」では

「自己確認の代償欲求追及行為を否定される事」により

「自らを{全}否定された感」で

「自らを満たしてしまう状態の者たちも少なからずいる」。

「人の{全}否定感は命がけの復活欲等を誘いがち」だ。

「所謂、キレる」の

「内実」だ』。

『「いじめ自殺追い込み」も

「いじめる側、いじめられた側の、自己確認の代償欲求追及行為故」の

「惨劇に他ならない」。

「いじめる側にとって、相手を徹底的に、自殺に追い込む程に、いじめる事」は

「自己確認の代償欲求追及行為であるが故に、{出来てしまう}事」だ。

「いじめられた側の命がけの自己確認の代償欲求追及行為」が

「自殺」だ』。

『「学業優位者」等は、

「学業優位による自己確認の代償欲求追及の先」に

「立場・報酬等優位による自己確認の代償欲求追及を行いたがる場合が多い」。

「現状人間社会」では、

「その様な状態の人々にとって、都合の良い枠も整備されている」。

「テレビ界等の実権者たちや、一部常連出演者等」も

「学業優位者上がりである場合が多い」。

「テレビ界等」では、

「単純学業優位者では無く、

新たな人材を選ぶ側にとって都合の良い者の優先」という

「選ぶ側の自己確認の代償欲求追及行為」までもが、

「重なっている場合が多い」から

「益々、酷い状態に陥り易くなっている」。

「学業劣位者等」でも

「大手ゲイノウ事務所等に重用される」と

「選ぶ側の自己確認の代償欲求追及行為にも都合が良くなり、

常連出演等し易くなっている実態が露呈している」のだから、

「その醜悪度は、かなりのモノ」だ』。

『「比べっこに基づく、自己確認の代償欲求追及の精神構造」を

「仕込まれている人々が主」の

「人間世界」に

「平和は在り得ない」。

「その逆に、命がけの自己確認の代償欲求追及行為等が、

多発する」ので

「事件・事故・テロ・戦争等々は枚挙に暇が無くなる」』。

『「上記の様な現状人間世界の実態」や

「多くの人々の精神構造の実態」から

「人間世界の問題をちゃんと解決する」なら

「人類の精神構造の健常進歩・正常進化」が

「絶対に必要な事」等は、

「冷静に、少し考える」なら

「多くの人々が直に解る筈」だ』。

『「特に、

代償欲求は代償欲求でしか無く、

決して、充足され無い事」等は、

「人類として、ちゃんと認識しておくべき事」だ。

「全ての人類」が、

「過剰な程に、代償欲求を追及している暇がある」なら

「本来欲求の理解・把握等や、本来欲求の充足等」を

「図る事に力を注ぐようにする事」こそが

「現実として実現出来る世界平和の元」になる』。

『「交通トラブルを起こした者」が

「比べっこ&代償欲求の追及等」の

「精神構造」を

「{仕込まれる}教育」では「無く」、

「自分の実体やその実体の本来の目的等を理解・把握出来、

代償欲求の追及は程々に、

本来欲求の充足等、

自己健常支配の継続を主とする

精神構造」を

「育成する教育」を

「受けていた」なら

「交通トラブルは起きていない」。

「いじめ自殺追い込み等の当事者等」が

「代償欲求の追及等はほどほどに、

本来欲求の充足等

自己健常支配の継続を主とする

精神構造」を

「育成する教育」を

「受けていた」なら

「いじめ自殺追い込みは起きていない」』。

『「本来欲求の充足等、

自己健常支配の継続」の

「実現」には

「本質的に悪い事を行わない事が需要になるから」だ。

「もちろん、

他の者・物・事支配、他の者・物・事による被支配等、

代償欲求の過剰追及に奔走している悪い自己制御状態」とは

「本質的に悪い事に他ならない」』。

『「テレビ等により、

多くの人々を支配する事や多くの人々からお墨付きを取る事や

それに伴う、過剰な報酬・利権・権力等」から

「解放される」なら

「実質的に、厚顔無恥なテレビ常連出演等の悪行」も

「解消される事になる」。

「テレビ常連出演者やテレビ論調等に自分を操らせている視聴者の悪行の解消」は

「視聴者の自己健常支配の継続に強く繋がる事になる」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の論調やイメージ等が推す政党・候補者等」で

「操られている人々が多い社会に在る」のは

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム」であり

「断じて、民主主義では無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズムの実体」は

「上辺の言葉等」が、

「どんなに、紳士的で、

如何にも、中立的・民主的、等々であっても、

ナチス・ヒトラーと何ら変わりが無い」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズムを解消する為」にも

「個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化」は

「非常に重要」だ』。

『「精神文化が世界標準より遥かに遅れている北朝鮮」は

「人間世界の主流」が

「軍事力の後ろ盾による経済比べっこ」という

「現状人間世界の基本精神文化」から、

「次世代の精神文化に正常進化しようと

蠢き始めている」のに、

「未だに、軍事力を増大させる事により米国と対等交渉等を行おう・・・としている」。

「もちろん、何周回も遅れている北朝鮮が、例え、米国まで届く核ミサイル等を保持しても、

米国が北朝鮮を対等な相手と認識する訳も無い」。

「北朝鮮の軍事力の進歩より遥かに早い米国の軍事力の進歩との差は、

時と共に、益々広がるダケ」だから

「北朝鮮の軍事力の増大では、米国との対等関係は永遠に成立し得ない」。

「人類の精神文化の流れを見極め、米国より先に行く事等」により

「初めて、世界を振り向かせる事等も実現可能になる」が

「旧態依然とした独裁体制では、其れも無理」だ。

「北朝鮮は既に詰んでいる」。

「詰みを自認出来ない」のは、

「国家指導者等の頭等が劣悪だからに他ならない」。

「詰んでいるのに、将棋を進めるなら、最終的には、王、もしくは、玉が取られて、

完全負け」となる。

「完全負け」では「再戦も望めない」。

「普通は、其処までやらない」が

「余りにも、劣悪な国家指導者に力を与え続けている」なら

「再戦の無い完全負け」が

「北朝鮮に与えられる事になる」。

「戦争ならぬ北朝鮮に対する一方的な軍事懲罰が実現する前に、

北朝鮮は、早々に投了するべき」と

「先進諸国等の多くの人類は思っている筈」だ』。

『「未だに、実質的に、北朝鮮を応援している内容の情報配信まで行い続けている」のが

「戦後日本の、酷い、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「比べっこ&代償欲求の過剰追及」等の

「精神構造を

良く{仕込まれている}

所謂、文系の

優等生等」に

「今時の人間世界が本当に必要としている仕事等」が

「十分に出来る訳も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 北朝鮮解放戦争を避けさせたがり、日本の総選挙では与野党を同等扱いしたがっている、偏向・偏重状態の異常なテレビ等・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、昨今の交通トラブル問題等を受けて、常連出演者やご用達カウンセラー等が「底の浅い、怒りコントロール論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事