« テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う「リベラル」とは、社会・共産系の事・・・。 | トップページ | さすがに「第二の最低でも県外!=ベーシックインカム」を表看板にする事は諦めた様相の「希望の党」だが、公約内容は民主党時と同様の「日本細らせ政策のオンパレード」・・・。 »

立憲民主党=第二社民党、希望の党=第二民主党、やっぱり出て来た「第二、最低でも県外!=ベーシックインカム等々」、究極の安倍降ろしは、希望・立憲・自由・社民・共産等+公明で過半数超えなら、「首班指名公明党山口で安倍降ろし」、バレバレの政治茶番劇に乗せられる超おバカな有権者の数は?・・・。

『「安倍政権で困るのは?」を「考える」なら「今の野党等、政権茶番劇の実体」は「多くの人々の中で、直に明らかになる」。

「安倍政権で困っている」のは、

「例えば、北朝鮮であり、

例えば、テレビ・ラジオ界や、公共的マスコミ界や、学校教育界等々にも多い、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の人脈の者たち」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・公共的マスコミや、学校教育界や、農協等組合界等の

実験者人脈」からも、

「外国人献金の実績が有る≒在日外国人

(前原世代では、その多くは、必然的に北朝鮮も含む朝鮮系になる)

とも

馴染みが深い

前原」が

「何としても、安倍降ろしを行いたがっている事」等の「実態」からも、

「その実体は、少し考えるなら、誰もが分る事」だ』。

『「旧民主党落選組み」の「多く」を

「復活させる」だけでは無く、

「アワよくば、政権奪取までも目論んで、

そのスジの者たちが、担いだ小池」だったが、

「思惑通り、都知事には成れたモノの、

その後のちゃぶ台返しでは、実質的に、全敗」。

「ちゃぶ台返し混乱の責任が問われて当然の状況にある現在、

大衆からのNO!さえ無ければ、

国政に転身で誤魔化す事等を目論んでいたのかも知れないが、

国政転身には、多くの人々が大反対!」・・・。

「其処で、起死回生の一発」として、

「耳障りの良い政権公約を列挙・・・」とは、

「まるで、民主党政権成立前の二番煎じ状態」だが、

「この二番煎じには、隠しワザが仕込まれていて、

希望・立憲・自由・社民・共産等+公明で過半数を得られるなら、

首班指名は公明山口で、安倍降ろし」・・・。

「何としても、安倍降ろしダケ」が「目的」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ等実権者等や、

そのお仲間たち等」による、

「北朝鮮劣悪国家指導者等援護策略」・・・』。

『「安倍政権」では、

「北朝鮮に対して、先ず、圧力で、

北朝鮮劣悪国家指導者等の政策・態度等が改善されるなら、対話」だが、

「新興宗教団体創価学会が支持母体の公明党山口」なら

「どうなるのか?」

「圧力より対話」が

「浮上する」と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の当面の目標」は

「総選挙時に、

希望・立憲・自由・社民・共産等+公明で、

過半数を押さえる事」だ。

「その本当の目的が多くの視聴者・読者等に悟られない様にする為」に、

「現状の情報配信上」では、

「如何にも、希望の敵」や

「希望、第二自民イメージ」や、

「今時、主流大衆支持が得られる訳も無い、立憲好イメージ大宣伝」等々が

「行われている」のが

「実体」と「強く、推定出来る」。

「目的は、上記総合で、過半数を超える事ダケ」だから、

「どの様な形であれ、視聴者・読者等に、

自民より強く、

上記の政党等を、覚えさせ、

散々、言葉狩り・態度狩りや、小問題の大問題化等で覚えさせてきている

自民嫌!で、

自民以外の否安倍政権政党の何処かに投票させれば、

OK」になる』。

『「日本国や多くの日本国民の為になるから・・・」なら、

「未だ、良いのだが、

少し考えれば、誰もが判る様に、

実態・実体としては、

北朝鮮劣悪国家指導者等の為になる事」を

「多くの視聴者・読者等を操る事で行おうとしている様相なのだから、

{主演}の政治家・政党等」も、

「{脚本・演出等}のテレビ・ラジオ・マスコミ等」も、

「本当に、醜悪」だ』。

『「希望が訴えている、{第二の最低でも県外!}の

ベーシックインカム等々」。

「そもそも、ベーシックインカムを実現する前」には、

「現状の社会・経済システムの大幅な改善が必要になる」。

「現状のインチキ社会・経済システム」は

「産まれながら等の必然的不遇を食いモノにした、

比べっこ原理主義の経済成長モデルを

軸として、組み立てられている」。

「具体的に言う」なら、

「産まれながら等に恵まれた、大資本家が裏に居る大企業等」が

「産まれながら等が、大資本家等々に比べれば、不遇だが、

目一杯の学力・体力等向上努力が可能なレベルの者たちに、

目一杯の努力を行わせ、

同様の者たちを競わせた上で、

より{戦闘力}の高い者を

容易に手下として使える様に出来ている」。

「更に、その下」には、

「産まれながら等に不遇で、目一杯の努力さえ出来ない者たちが溢れている」。

「努力が出来た者たち」に

「少々高めの報酬等を与え、

努力が出来なかった者たちは、低賃金労働者等として、

どちらも、奴隷の如く使う事」で

「大企業等の{利益}は膨らんで行く」。

「このシステム上の大企業等比べっこ上」で

「肝要な事」は、

「目一杯の努力が出来る者たち」を

「贅沢に選別出来」、

「その上で、比較的、低賃金で使え」、

「目一杯の努力が出来ない環境下の者たち」を

「出来る限り低賃金で使う事が出来る事」に他なら無い。

「もちろん、人間誰しも、目一杯の努力を好む訳も無い」から、

「目一杯の努力{圧力}を人間社会に充満させる事も大切になる」。

「冷静に考えれば、とんでも無く酷い、人間社会・経済システムが其処に在る」』。

『「当然、そんな人間社会・経済システムに対する反発からの発想等は、以前から、在った」。

「例えば、社会・共産主義等がそうだ」。

「しかし、短絡的な反発の域を出ていなかった旧社会・共産主義を実運用した国々」は、

「皆、実質的に、独裁主義国家となってしまった」。

「実質的、独裁主義国家群と、競争原理上の自由も大きな自由・民主主義国家群」が

「主として、物質文明上(武力も含む)で競った結果」が

「東西冷戦の結果」で

「当然の如く、自由・民主主義国家群側が実質的に勝った」から

「東西冷戦は、基本的に終わった」。

「現状は、現状の酷い、人間社会・経済システム等」が

「世界中のほとんどの地域を占めている」』。

『「こんな状態」で

「いきなり、ベーシックインカムが導入されたら、どうなるのか?」』

『「現状社会・経済システム競争原理上の必定駒」である、

「目一杯の努力が出来る

比較的安く使える

自由に主査選択出来る人々」も

「目一杯の努力が出来ないが故に、

その下に置かれている

低賃金労働者等」も、

「もはや、基本的生活の為により優位な職等を得る為に足掻く必要が無くなる」。

「逆に、自分がやりたい事が行い易くなる」。

「大資本等を有しているが故に、現状の主権者等と成り得ていた者たちの立場」は

「アッと言う間に崩れ去り、

その実質的、罪だけが

クローズアップされて来る事になる」。

「大資本等縛りが無くなった人間世界」は

「新たな縛りか、個々の自立を求める事になる」が

「個々の自立が不全な状態では、

多くの人々が新たな縛りに頼り易くなる」』。

『「自立にも、

新たな縛りにも、

必要なのは、

科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的、かつ、積極的な実用」だ。

「新たな縛り」が

「宗教レベル」なら

「人類滅亡は必然になる」』。

『「筆者は、ベーシックインカムには賛成」だが

「その前に、個々の自立が必要と分っている」が、

「希望の党等からは、

ベーシックインカム故に激変する事になる日本社会・企業・個人等への

具体的な対処法等も、

個々の自立に必要な事さえも、

聞こえて来ていない」。

「その無責任ぶり」は

「正に、第二の{最低でも県外!}」だ』。

『「ベーシックインカム」に

「物質文明側から近づく方法として」は

「AIやロボット等の積極利用による

多くの人間の仕事消失」だ。

「主として、所謂、低賃金労働者層の仕事」が

「AIやロボットに取って替わられる事になる」なら

「生活保護同様のベーシックインカムが必需になるという訳」だ。

「もちろん、そんな場合でも、新たな問題が生じる事になる」。

「現状では、多くの人々の中」で

「仕事が、自己確認の代償欲求追及法の一つとして行われている」。

「自己確認の代償欲求を継続的・連続的に追及出来る手段が失われた時、

相応の対応抜きでは、

不安定状態に陥ってしまう人々も多い」。

「本来は、代償欲求の追及では無く、本来欲求の充足を求めて、合理的な行動を起こすべき」なのが、

「健常状態を維持し続ける人類の必定」だが、

「その辺りの現実をちゃんと情報・教育等でも

意識的かつ積極的に伝え、

多くの人々が実践出来る様にしなければ、

人間社会自体が、不安定状態に陥ってしまう事になる」』。

『「{最低でも県外!}では、

多くの人々が、

本来なら、陥れられる事も無かった酷い状態に陥れられてしまった」。

「その二番煎じ」は

「絶対に行わせてはいけない」。

「ベーシックインカム」は

「悪く無い

(適材・適所快適人間世界となれば、

経済システム自体も進化するので、

インカムという概念も不要になる事になる)」が

「その前に行うべき事がある事」を

「絶対に忘れてはいけない」』。

『「現状の人間社会・経済システム上では、

政治家になれる環境

(産まれながらや経済・体力等状況も含む)等に恵まれていながら、

底の浅い事しか訴えられていない

イス目当ての

欲ボケ等たち」とは、

「現状の人間世界には、

至る所、何処にでも居る類の同類」だから、

「同類・同レベル以下の者たち」が、

「{最低でも県外!}でも騙された」のが

「実態・実体」と

「強く推定出来る」。

「自分の実体も客観視出来ない者たち」は

「他人の実体も客観視出来ない」のは

「当然の現象」だ。

「自分の実体を客観視出来ない人々を育成し続けて来ている」のは

「劣悪な情報・教育」だから、

「筆者は、情報・教育の健常化・正常化」を

「以前から、何度も訴え続けて来ている」』。

『「いい加減に、超おバカな政界茶番劇等は止め、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で行われ続けて来ている

工作活動やその協力等を

徹底摘発するべき」等と

「強く、思っている」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「政界も酷い」が

「戦後日本」の

「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」も

「公共的マスコミ界」も

「学校教育界」等も

「本当に、酷い」。

「どんなに酷い親であっても、その親の下の家庭で育てば、子は親を酷く思わない」のは、

「多くのカルト宗教信者の親の下の子ども等の実例からも明らか」だが

「学校教師とは、ある意味、子ども時代の時間の大半を共有する親みたいな者」だ。

「酷い親の下の優等生等が、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実権を占めれば、

テレビ・ラジオ・マスコミ等も酷くなる」のは

「当然の現象」になる。

「戦後日本の所謂、文系教育は、本当に酷い」。

「最近、理系も、かなり、アヤシイ」・・・』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下人脈等を一掃する」なら

「理系も、文系も、一気に、正常化・健常化する可能性大」だ』。

『「政治の仕事」は

「現状の経済システム上のお金ダケでは無い」。

「実のある安全保障である日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等の徹底摘発」が

「今、本当に、強く、求められている」』。

|

« テレビ・ラジオ・マスコミ等の言う「リベラル」とは、社会・共産系の事・・・。 | トップページ | さすがに「第二の最低でも県外!=ベーシックインカム」を表看板にする事は諦めた様相の「希望の党」だが、公約内容は民主党時と同様の「日本細らせ政策のオンパレード」・・・。 »

政治」カテゴリの記事