« 国産コンパクトカーを乗り比べていたが・・・。 | トップページ | 総選挙、実質的、野党応援(特に、立憲民主党)等を行っている様相のテレビ等では、交通トラブルやいじめ自殺等の大宣伝も得意な様相だが・・・。 »

北朝鮮解放戦争を避けさせたがり、日本の総選挙では与野党を同等扱いしたがっている、偏向・偏重状態の異常なテレビ等・・・。

『「そもそも、従来からの戦争という表現が馴染まない」のが「北朝鮮解放戦争の実態」だ。

「何故なら、米・韓・日等の側には、ほとんど犠牲が出ない事になるから」だ。

「普通の話しが出来ない劣悪国家指導者を頂き続けている北朝鮮に対する、

一方的、懲罰となる、軍事行動」というのが、

「北朝鮮解放戦争の実態」だ。

「其処に在るのは、旧来の戦争では無い」。

「人類として正常な対話・協議等さえも行えない、

今までの、かなり、正常国側が譲歩した、対話・協議上で導き出された合意さえ守らない」のに、

「核・ミサイル等を保持したがり、

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)を行い続けている

現状の人間世界から明らかに逸脱している、

劣悪な実質的、カルト宗教」を

「無理やり、つくり出し、維持~増大等し続けようとして来ている

劣悪な国家指導者等の

命令・指令等を容認し続けて来ている

どうしようもない状態の一勢力地域に対する

軍事行動による

ある意味では、正当な対処である、

懲罰」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、早急に態度を是正しない」のなら

「戦争ならぬ、一方的軍事懲罰が現実のモノとなる」』。

『「戦争はダメ!」は

「今時のほとんど全ての人類の常識」だが、

「北朝鮮に対する軍事行動=旧来同様の戦争」と

「多くの視聴者・読者等に思い込ませようとし続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「明らかに、

北朝鮮を不当に利す、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の状態に在る」』。

『「そもそも、日本国内の北朝鮮等による工作活動等の徹底摘発を訴えていない事」からも

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態・実体は明らか」だ。

「昨今でも、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべきモノとして使えてしまう

数多くの電子回路・ソフト仕込み」が

「日本国内で大々的に行われ続けている」。

「家電製品でも、

家・建物等(商業施設・工場等も含む)の設備電気機器でも、

電線でも、

電車や車でも、

スマホやパソコン等々でも、

数多くの仕込みが行われ続けている」ばかりか、

「その一部は、実験使用されている」』。

『「例えば、車の運転手の頭や目や心臓等の

車運転上の重要部位に、

音響兵器の電子・ホール版が当てられる」と

「車の運転がかなり阻害される」。

「渋滞中に、気絶状態に追いやられたり、

走行中に事故に追いやられたり、

・・・等々している可能性もかなり高い」。

「元々が、音響兵器的特性を持つ工作兵器による害」なので、

「音が大きくなれば、なる程、音の被害も大きくなるのと同様」に

「電磁波工作兵器による害が重なれば、重なる程、実害が出易くなる」。

「例えば、ターゲットの車自体に電磁波工作を仕込み、

電磁波工作車をその前後・左右等に配置する事で、

工作電磁波の害を増大させる等の工作手段による

実害の発生実験等が、

盛んに行われ続けている」。

「例えば、ターゲットの住処に電磁波工作を仕込み、

その周囲から工作電磁波を強く当てる事による実害の発生実験等も

行われ続けている」。

「電車・バス等の公共交通機関や駅・商業施設・ビジネスビル等々にも工作電磁波発生装置・ソフト等は仕込まれ続けて来ている」ので、

「ターゲットがその場所に居る時に、工作電磁波を発生させ続ける」なら

「其れこそ、一日中、ターゲットを工作電磁波漬けにする事も可能になる」。

「年がら年中、ターゲットに当てる工作電磁波濃度を高め続ける事による

非人道的な粛清実験等が

行われ続けて来ている」』。

『「意植物工作や侵入工作等々共々、電磁波工作」は

「集団的工作活動だから実現可能な悪の手段」だ。

「戦後日本国内で蔓延り続けて来ている集団的工作活動の裏に在る」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等である事」は

「拉致工作からも明らか」だ。

「拉致工作を行ったり、協力させられたりした者たちが、

その後、何もやらされて来ていない」と

「考え・思える」なら

「本当に深刻な平和ボケ」だ。

「拉致工作の実態」とは、

「その多くが、

先ず、

拉致に適切な者を選別」し

「有益分子化教育を施し、

日本全国各地から、北朝鮮に連れて行く渡し工作船等に、

平穏に乗せるまで、

次々と、工作員や協力者等の中で移動させる事により、

実現している」。

「日本海側で、工作船の搭乗員等が、手柄目的で、日本国民を拉致した実例」は

「言うまでも無く、圧倒的少数派」だ。

「基本的に、拉致{工作}だから、

簡単には表面化しない様に、

有益分子化による拉致被害者当人の同意取得等、

相応の手間をかけて行っている」のが

「現実」だ。

「もちろん、そんな事を行う為には、かなりの数の人々が要る」。

「日本国内には、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が、

其れこそ、数十万人以上レベルで居る」のが、

「戦後日本の寒過ぎる実態」だ』。

『「そして、拉致被害者が行わされた事の重大一例」が

「北朝鮮工作員に対する、

その地域の日本語・日本文化教育」だ。

「その地域の日本語・日本文化教育を受けた北朝鮮の工作員」が

「北朝鮮に留まる訳も無い」。

「その多くは、日本社会の中に潜り込まされている」。

「そして、行い続けて来ている事」が

「工作活動の実質的、命令・指令等と

北朝鮮劣悪国家指導者等に対するその成果の報告等」だ。

「日本語・日本文化教育等を行わさせられた拉致被害者を帰す」と

「何処の誰が、潜り込んでいる工作員なのか?もバレる事になる」から

「北朝鮮は、関連拉致被害者を日本に帰せない」。

「逆から言うなら、日本国内の北朝鮮の工作員等を徹底摘発する」なら

「北朝鮮が拉致被害者を日本に帰せない理由も無くなる事になる」』。

『「金正男が不法来日した事が露呈した裏」にも

「日本国内の北朝鮮の工作員による、実質的、情報提供等が在る」。

「元々、日本国内の工作員等には、在日朝鮮人等も数多く含まれている」。

「在日人脈にしてみれば、在日の母を持つ者が金正日の後を継ぐ事が望ましい」。

「その為には、在日の母では無い者の子である金正男を蹴落とす事が合理的になる」。

「元々が、工作活動を行い続けて来ている者たち」にとって、

「金正男を不法来日させ、それをワザと露呈させる事等」は

「{お手の物}」だ。

「結果、金正日後継者争いレース」では、

「金正男は早々に脱落させられた」が

「その結果」として、

「北朝鮮の親中国共産党寄りの改革・解放路線も遠ざかり、

現状の様な大問題カルト宗教国家状態を招いている」。

「一般日本国民も含む、数多くの日本国民に対し、非人道的な工作活動を行い続けて来ている事」からも、

「{北朝鮮の現状}の意味」からも、

「在日工作員等の罪はかなり重い」。

「自らの重い罪を顧みず、未だに、非人道的な工作活動等を行い続けている者たち」に

「果たして、人間としての頭や心は在るのか???」』

『「実質的に、戦争では無く、一方的な武力懲罰となる北朝鮮解放戦争」により

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等が一掃される」なら

「一方的な武力懲罰による被害低減効果は絶大になる」。

「何しろ、現状までの実態としては、

其れこそ、数百万人以上の人々が

北朝鮮による工作活動の犠牲になって来ている

(何しろ、数十万人以上レベルもの工作員・協力者等による数十年に渡る

飲食物工作・医療工作・侵入工作・電磁波工作等々の工作活動だ!)」のだし、

「今後も、現状の様な状態を放置するなら、

犠牲者の数は益々増大する事になるから」だ』。

『「過去の戦争を持ち出して、戦争ダケは絶対にダメ!等を喧伝している

工作活動犠牲者を無視している

異常な人々」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」なのだろう』。

『「日本の政治」で

「与野党を同等に扱うのも異常」だ。

「与野党を同等に扱って、

与党が増えれば良いですか?

野党が増えれば良いですか?等と聞く」なら

「有権者の思考は異常な状態で単純化され易くなる」。

「どんな日本の政治が良いですか?」等と「聞く」なら

「話しは解る」が

「与党と野党と、与党と野党を同等扱いして併記した扱い」には

「明らかな違和感を覚える」。

「はっきりしている事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等を喜ばせたい」のなら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い政党・政治家等を当選させ

日本の政界で実権を与えれば良い事が、合理的になる事」だ。

「与党・野党同等扱い」には、

「その辺りと同様の臭いがする」等と

「感じている人々も多い筈」だ』。

『「日本の公共の電波を使っている一方的な情報の大量配信上」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、利になる情報配信」が

「あまりにも多い」のは、

「明らかに異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 国産コンパクトカーを乗り比べていたが・・・。 | トップページ | 総選挙、実質的、野党応援(特に、立憲民主党)等を行っている様相のテレビ等では、交通トラブルやいじめ自殺等の大宣伝も得意な様相だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事