« 国会与党質問時間を増大に反対している「テレビ等、野党人脈常連出演者等」問題・・・。 | トップページ | 座間、9人殺害で、「首吊り士」や「死にたい」を宣伝したり・・・等々している、現状利権に溺れている劣悪なテレビ等問題・・・。 »

「9人殺害事件」や「ゲイノウ人覚せい剤」等の大宣伝を行っている番組が多いが・・・。

『「ゲイノウ人や覚せい剤」等の「公共の電波を使った、実質的、大宣伝」は「本当に、醜悪」だ。

「更に、ゲイノウ人によるゲイノウ人の為の親子関係論等まで付けられている場合」は

「更に、醜悪」だ。

「覚せい剤問題等に対する実効のある処理方法」は

「単純」だ。

「覚せい剤使用=その仕事はアウト!」にすれば良い。

「ゲイノウ人なら、ゲイノウ人である事をアウトにする」。

「以前と同様の環境を無くす事」こそが

「脱ヤクにも実効をもたらすから」だ。

「覚せい剤使用したゲイノウ人等」を

「まるで、ゾンビの如く、表舞台に復活させる事」の「実効」は

「覚せい剤使用でも、元の仕事環境等再取得が可能である事の公然化故の

覚せい剤使用のハードル下げ」になる。

「全ての芸能事務所」は

「覚せい剤使用実績のある者を絶対に雇用せず、

テレビ・ラジオ・マスコミ等では、

覚せい剤使用実績のあるゲイノウ人等は決して宣伝しない事」等が

「覚せい剤使用のハードルを上げ、

覚せい剤商売を行い辛くする事に直結している」。

「それなのに、未だに、多くのテレビ・マスコミ等」が

「覚せい剤使用ゲイノウ人やその親も含む関係者等」と

「覚せい剤使用」等の

「実質的、大宣伝状態」だ。

「そんな事を行い続けて来ている」から

「同様の新たな覚せい剤事件等が起き続けて来ている」。

「覚せい剤商売の実質的応援の裏に在る」のも

「人脈の問題」と

「強く推定出来る」。

「日本社会の健常化等より、覚せい剤商売の応援を優先しているテレビ・ラジオ・マスコミ等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「自殺サイト等を悪用したとされている9人殺害事件」の

「本質は何か?」

「もちろん、該当容疑者も、産まれながらの{殺人狂}では断じて無い」。

「つまり、生育して来ている途上で、明らかな道の誤りが在った事になる」。

「個人の成育環境」は

「ほとんどの場合で、

親子関係・原家庭環境~学校教育環境・友人環境・仕事環境と進み、

その{軸}の周りがテレビ・ラジオ・マスコミ・ネット等々の情報に囲まれている」。

「元々の親や原家庭が、

例えば、日本乗っ取り支配工作員等」なら

「親や原家庭環境にも、大いなる問題が在る事になる」が

「報道の範囲では、その様な実態は出て来ていない」。

「学校教育環境・友人環境・仕事環境等の問題」が

「クローズアップされるべき状態が在る」』。

『「報道から、既に、はっきりしている容疑者の仕事環境」は

「違法風俗店への派遣業」だった。

「いったい、どの様な人間関係が在ったなら、

その様な仕事に就くのか?」を

「考える」なら、

「多くの人々の中でも、

容疑者を取り巻いていた人脈の問題等」が

「それなりに、想起させられる筈」だ』。

『「報道によると、

容疑者の違法風俗店への派遣業」は

「警察の摘発により破綻した」。

「つまり、その時点で、容疑者は、社会からダメ出しを受けた事になる」』。

『「元々、性に対する興味が濃厚だったから、

違法風俗店への派遣業にも誘われていた事」等が

「強く、推定される容疑者」が

「受けていた学校教育」は

「他の多くの日本国民同様」で、

「大いなる問題も在る戦後日本の学校教育」だ。

「一番の問題」は

「本質探究の要素が希薄で、

比べっこによる支配権・被支配権争い等を

重視させている事」だ。

「その結果、

新陳代謝という{難しい}言葉や漢字は{覚えて}いても、

細胞ごと、今、この瞬間にも、誕生・死も体験している{現実}を

しっかりと、{理解・把握}出来ていない

{実体や事実・現実の平面上に、足が着いていない状態}の人々」が

「大量に生み出されてしまっている」。

「学校教育ばかりでは無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報も酷い」。

「比べっこを煽り、

丸ごと一人のみの死生観・人生観を煽っている」。

「いじめ、自殺、殺人ドラマ」は「枚挙に暇が無い」。

「事件・事故等が起きれば、

多くの場合で、その事件・事故等の容疑者等ダケを

まるで、不良品の如く扱い、正義ぶる

酷い常連出演コメンテーターや常筆者等が蔓延っている」。

「そんな情報・教育で頭の中を染め上げられている人々」が

「いじめ、自殺、殺人等」を「簡単に想起出来る様になる」のは

「当然の現象」だ』。

『「そもそも、丸ごと一人の殺人も自殺」も

「細胞ごとに誕生・死を実体験している人間の実態が

ちゃんと理解・把握出来ている」なら

「馬鹿らしく思える事」だ。

「人類誰もが、

今、この瞬間にも、死も体験している」のに

「丸ごと一人を殺す事」が

「どれ程、馬鹿らしい事なのか?」は

「少し、冷静に考えるなら、誰もが分る」。

「殺すべきは、丸ごと一人の人間では断じて無い」。

「殺すべき実体ダケ」だ。

「例えば、丸ごと一人を殺人、或いは、自殺したくなってしまっている」なら

「丸ごと一人を殺そうとしている非常に愚かな考え・思い・感情等を

殺せば良いダケ」だ。

「殺すべき実体を探究する」なら

「丸ごと一人の殺人・自殺への道は自然と閉ざされて行く」』。

『「考え・思い・感情等の実体」は

「脳等神経細胞ネットワークの働きに在る」。

「殺し方は、簡単」で

「殺したい考え・思い・感情等は、使わなければ良い」。

「ここで重要な事」は

「殺したい考え・思い・感情等をそのまま使わない事を考える」と

「殺したい考え・思い・感情等そのままを考えてしまう状態に陥ってしまう事を忘れない事」だ。

「殺したい考え・思い・感情等はそのまま考えずに、思わずに、抱かずに、

他の事を

殺したい考え・思い・感情等が浮かび上がって来ない程までに、

考え・思い・抱き続ければ良い」。

「他の事とは、興味を持っている、好きな事で良い」。

「殺すべき考え・思い・感情等をそのまま何とかしよう・・・とする」と

「ドツボにハマる場合も少なく無い」が

「他の、興味を持っている、好きな事」を

「考え・思い・抱き続けている」と

「知らず知らずの内に、ドツボから抜け出ている場合も多い」。

「一番実効が高い」のは

「殺すべき実体を探究し、適切に処理する事」だが

「殺すべき実体を探究し、適切に処理する方法」を

「教育・情報から学べていない人々にとって」は

「少々、ハードルが高いかも知れない」。

「この意味からも、

殺人ドラマでは無く、

殺人欲動解消ドラマ等」の

「情報配信等が重要になる」。

「殺人者を責めて正義ぶるコメント・論調等では無く、

殺人欲動を解消させる実効が有るコメント・論調等の

情報配信・教育等が重要になる」』。

『「人間の考え・思い・感情等は、自由」だ。

「無理やり、具現化しようとしない限り、どんな事でも良い」。

「その自由をちゃんと使わず、使わせず、

丸ごと一人の殺人・自殺等や

丸ごと一人だけの死生観・人生観等や

比べっこによる支配権・被支配権争い等」だけに

「縛り続けようとしている

実質的に劣悪な教育者・情報配信者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「そもそも、人間から、殺欲動を無くす事は不可能」だ。

「解体欲動だって、在って当然」だ。

「何故なら、

人類誰もが、

今、この瞬間にも、死を体験する事により

新陳代謝が出来

健常状態も保ち易くなり、

人体を存続させる為には、

他の生物を殺して食する必要がある」。

「ガン細胞や有害微生物・菌・ウィルス等を殺す欲動が無ければ、

人体を存続させる事は困難になる」。

「死んでしまった健常細胞を解体し、再利用出来るモノは再利用しなければ、

人体を存続させる効率が非常に悪くなる」。

「細胞レベルの欲動信号は、

脳でも解釈され、

丸ごと一人ダケを仕込まれている脳内では、

丸ごと一人レベルに加工される事になる」。

「細胞レベルの殺欲動も解体欲動も、自己保存に関わる基本的に手放し得ない欲動」だ。

「しかし、それは、丸ごと一人である必要が全く無い欲動」だ。

「丸ごと一人の殺{人}欲動とは基本的に全く違う」が

「丸ごと一人ダケを仕込まれている人々」は

「何でも、丸ごと一人で解釈しようとして、

時に、酷い行動実態等を具現化してしまう」。

「殺{人}欲動とは、

丸ごと一人だけの死生観・人生観に基づいた

人類が抱く必要の無い欲動に他ならない」。

「丸ごと一人同士の比べっこによる支配権・被支配権争い等の

未熟な精神構造を抱き続けている間」は

「殺人欲動も抱きがちに誘われてしまい易い」のだから、

「精神構造の健常進歩・正常進化の役に立つ情報・教育は極めて重要」になる』。

『「ところが、戦後日本の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」では

「この極めて重要な事が、極めて希薄」だ。

「こんな状態のまま・・・」なら

「殺人も、自殺も、・・・・後を絶たず、同様の新たな事件・事故等が頻発し、

テロ・戦争等までもが行い続けられてしまう・・・」のも

「ある意味、極めて、当然の現象になる」』。

『「9人もの丸ごと一人の人間を殺してしまった容疑者等をダシ」に

「公共の電波上や公共的マスコミ上等で、

~何百万人~何千万人~もの人々の前で、

正義ぶる事」は

「簡単」だ。

「しかし、もちろん、そんな事を行い続けていても、

同様の新たな事件・事故等は起こり続ける」。

「時と共に、更に、深刻になって行く」のは

「地球環境問題と同じ」だ。

「公共の電波上や公共的マスコミ上で大々的に配信すべき情報」は

「他に在る」』。

『「今回の容疑者の心理の形跡を推定する」なら

「性への興味が濃厚で、金への興味もあり

違法風俗店への派遣業まで行っていた該当容疑者が

警察の摘発により世間からダメ出しを受けた」。

「学校教育等上でもテレビ・ラジオ・マスコミ等情報上でも、

丸ごと一人の比べっこによる支配権・被支配権争いという獣レベル、或いは、未熟レベルの精神構造を

擦り込まれ続けて来ていた

世間からダメ出しを受けた者」が

「自暴自棄に陥る事」は

「稀では無い」。

「容疑者の環境・能力上」で

「短絡的に、出来てしまった

容疑者の{代償}欲動を満足させると勘違い出来る事」が

「自殺サイトへのアクセス」であり

「自殺サイトへのアクセスを利用した異性取得」だった。

「自暴自棄状態の人間が、他の人間を物扱いしがちになる事」は

「よくある事」だ。

「支配権・被支配権比べっこ争い上では、

他者への究極の支配は、殺害により相手からの反撃等を完全に封じ込める事」だ。

「人間を、物として・・・しか捉えられていない状態の者たちにとって、

殺人・自殺のハードルは低い事になる」。

「他者支配という代償欲求追及の為の殺人」では

「人間の本来欲求は充足され得ない」から

「直に、渇望感が襲い掛かって来る」。

「充足され得ない、代償欲求を充足させようと足掻く事による、

殺人の繰り返し」が

「行われ」、

「他の者の支配権を得た証とも成り得る遺体」が

「容疑者の傍に、次々を置かれる事になった」・・・。

「そして、今回の警察の摘発により、

9人殺害が露呈し、

執行猶予中の容疑者は

世間から更なるダメ出しを受け取った」。

「まるで、自分がダメである事を更に強く感じる事で、

何とかして、自分の存在を確かめようとする・・・かの如く」・・・』。

『「現状の情報・教育等」は

「容疑者と同様の状態の人間」を

「{生産}し続けている」。

「現状のまま・・・なら、

近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき存在」の

「常連出演者等」が

「ネット自殺サイト規制等を訴え

いくら、正義ぶっていても、

その実効は、ほとんど無いに等しい」。

「むしろ、公共の電波上の貴重な時間の

実質的、無駄遣いの分だけ、

相応の罪等が在る事になる」。

「常連出演者等は、

現状の様な事を行い続けていても、

同様の新たな事件・事故等が頻発してしまう状態は変わり得ない事等」に

「いい加減に気づくべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 国会与党質問時間を増大に反対している「テレビ等、野党人脈常連出演者等」問題・・・。 | トップページ | 座間、9人殺害で、「首吊り士」や「死にたい」を宣伝したり・・・等々している、現状利権に溺れている劣悪なテレビ等問題・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事