« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

テレ朝朝番では、「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の朝鮮戦争論」等で多くの視聴者を脅そう・・・等としていた様相だったが・・・。

『「普通の戦争論」なら「東京に核や水爆が落とされたら・・・」等の「被害想定の前」に「戦争実態論等」が「有って当たり前」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の言い分を通し易くする世論等」を

「日本国内でつくり出す為」に

「脅しの為」の「戦争論」等を「言う」なら

「{万一・・・もちろん、言わない}東京等の人口密集地・人口密集時間」に、

「核や水爆を{落とせた・・・落とせる事を前提に言う}時」の

「被害想定等」を「大宣伝する」のが

「当然」になる。

「本日のテレ朝朝番の内容」は

「校舎の方だった」のだから

「その北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶりは、本当に、お見事!(もちろん、皮肉)」だ』。

『「では、実際に、想定される朝鮮戦争」は

「どの様な実態となるのか?」

「米国が軍事行動を起こす」なら

「米・韓・日の被害を最小限に押さえる作戦を採用する必要性に迫られる」。

「選択可能な作戦」は

「北朝鮮の攻撃力・反撃力を徹底的に削ぐ作戦になる」。

「より確実な戦果を得る為」には

「先制核攻撃等も合理的になる」が

「核使用は世界中からの反発を招く可能性が高い」ので

「核攻撃に匹敵する

絶大なる軍事力格差を利用した

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放作戦(仮称)」が

「実行される可能性大」になる。

「その前」には

「限定的に核・ミサイル施設等への空爆等」が

「大いにあり得る」。

「実際に、限定空爆等が行われても、北朝鮮は反撃出来ない可能性が大きい」。

「何故なら、反撃すれば、全面戦争となり、

全面戦争では北朝鮮の負けが決まっているから」だ。

「万一、北朝鮮側が反撃してきた時」には

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放作戦(仮称)が実行される事になる」』。

『「さて、そんな朝鮮{戦争???}の実態」で

「果たして、どれ程のミサイルが日本に飛んで来るのか?」

「セイゼイ数発~十数発程度」と

「強く推定出来る」。

「現行のミサイル防衛システムでも、その内の9割以上は、撃墜出来る事になる」ので、

「日本に着弾{出来る}北朝鮮のミサイル」は

「0~セイゼイ1~2発」というのが

「現実的なところ」だ。

「もちろん、首都東京等の場合は、ミサイル防衛網もより高度になっている」から

「東京への着弾確率はほぼ0と考えて良い」だろう』。

『「北朝鮮問題」で

「米軍による軍事行動が起こされたり、

戦争になってしまう」と

「困る」のは

「北朝鮮側」だ。

「だから、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「万一、北朝鮮劣悪国家指導者等が圧力でも態度を改めなかった場合に

当然の如く起きてしまう

実態」を

「実態通りに言わず」、

「核・水爆被害想定」や

「戦争は絶対ダメ!」等を

「表看板にして、脅し、

北朝鮮劣悪国家指導者等の為」に

「軍事オプションや戦争等の手段」を

「排除させる世論等」を

「日・韓等の国内でつくり出させよう・・・」等とする』。

『「其処には、

北朝鮮れr付悪国家指導者等ご用達」の

「情報工作・マインドコントロール等」の

「実態」が「露呈」している』。

『「日・米・韓側のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「日・米・韓側」は

「圧力によっても北朝鮮劣悪国家指導者等が態度を改めないのなら、

軍事オプションの行使もアッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争も覚悟している」。

「何故なら、

それらの手段を使っても、

日・米・韓側にはほとんど被害が出ないから」だ。

「現状で軍事オプションを行使せず、

北朝鮮解放戦争も行わず

圧力のみを送り続けている」のは

「北朝鮮庶民の軍事犠牲を出来るだけ出さない様にする為」だ。

・・・等々の「情報配信をする」のが

「当然になる」』。

『「北朝鮮問題、話しは単純」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「核やミサイルや他国内での工作活動等は、もう、要らない!

それらを完全放棄するから、金と支援をくれ!!等」と

「決断して言えば、平和解決」となる。

「平和解決をもたらした北朝鮮劣悪国家指導者等なら

劣悪では無い北朝鮮国家指導者等として

世界から認められる可能性も出て来る」。

「もちろん、北朝鮮内でどう思われ、どう扱われる事になるのか?」は

「全く別だが・・・」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「国際的圧力にも屈せず、態度を改めず」、

「核ミサイル等を持つ事等」により

「米国と{対等}交渉、ならぬ、米国等への要求突き付け等」を

「実現させよう・・・」と「し続ける」なら

「米軍等による軍事力行使が始まる事になり、

全面戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる」が

「北朝鮮内では、

主として多数の軍人が

犠牲になってしまう事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等もタダでは済まない事になる」。

「余程のおバカや悪では無いのなら、

前者を選ぶのが当たり前になるが」・・・』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の状態」を

「世界にとって、

よりマシな選択が

出来る状態にする為」にも

「日韓内等のテレビ・マスコミ等の配信情報内容」は

「非常に重要」だ。

「本日のテレ朝朝番の様に、

未だに、

多くの視聴者(=多くの日本国民)に対する

核・水爆・戦争脅し・・・等々の情報配信」を

「行い続けている事」は

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等の誤っている考え・思い等に力を与える事になる」。

「日本の公共の電波を使わせて、そんな事をやらせていて、どうする?」』

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、北朝鮮のミサイル発射を受けて、常連出演者等が「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮」が「米国まで届く核ミサイルを持てば、米国は北朝鮮との戦争が出来なくなるの旨」は「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達のファンタジー」だ。

「主語を北朝鮮として自論等を考え・言っているところ等」にも、

「常連出演者等の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」が

「露呈している」ので「笑える」が・・・。

「現実は、その逆」で

「北朝鮮問題では、

より大きな力を持っている米国を主語にしなければ、

実態把握も出来得ない」』。

『「現実」は

「米国」は

「北朝鮮が米国に届く核ミサイルを持つ前」に

「北朝鮮の核・ミサイル・工作活動問題を解決する必要がある」ので

「軍事オプションも含む全ての選択肢をテーブルの上に乗せたまま

何としても、解決しようとしている」だ。

「中国等が積極的に協力した徹底した圧力によっても、

北朝鮮劣悪国家指導者等の態度が改まらない」なら

「それは、

軍事オプション実行」の

「お墨付きになる」』。

『「軍事オプションを実行する時」には

「米・韓・日等の側の犠牲を最小限に押さえ、戦後処理も出来るだけ容易にする作戦になる」のは

「今時の{戦争}の必然」だ。

「その実態」が

「圧倒的な軍事力の差を存分に使う事による

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争となり

戦後処理では

現状の北朝鮮部分を

実質的に、中国共産党支配下にする事となる」のは

「冷静に、少し考える」なら

「誰もが解る事」だ。

「北朝鮮が米国まで届く核ミサイルを持つ事で、

米国との{対等}交渉ならぬ、

米国への要求を突きつける事が可能になる事態」とは

「北朝鮮劣悪国家指導者等のファンタジーに過ぎず

実現の可能性は無い」。

「北朝鮮は既に詰んでいる」のが

「現実」だ』。

『「そもそも、

北朝鮮劣悪国家指導者等が米国に突き付けたがっている要求とは何か?」

「北朝鮮の現体制維持???・・・もちろん、そんな事では無い」。

「現体制維持の為」なら、

「核・ミサイル等の開発」より「核・ミサイル放棄」の「方」が

「圧倒的に適している」。

「在日の母を持つ金正恩の要求」は

「米国よ!日韓の支配を容認しろ!」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓支配抜き」では

「金正恩の正当性も失われる」から

「無謀な核・ミサイルの開発」という「見せ球」の「裏」で

「日韓内では、連綿と乗っ取り支配の為の工作活動等を行い続けさせている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の現状」だ。

「米国まで届く核ミサイルに縋る事」により

「北朝鮮劣悪国家指導者等のファンタジーを実現させよう・・・としている」のが

「極悪非道テロ・工作活動・カルト宗教国家状態を維持せしめている」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の現状」だ。

「もちろん、言うまでも無く、

国際社会が、

そんな状態の北朝鮮劣悪国家指導者等を認める訳も無い」。

「だから、実際に、中国共産党までもが北朝鮮にダメ出しを行っている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等は、早々に、態度を改めるべき」だ。

「核ミサイルの開発」が

「呼び込んでいる」のは

「米国との{対等}対話では無い」。

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」だ。

「少々の核ミサイルを持ったところで、米国との軍事力の膨大な格差は変わらない」。

「つまり、北朝鮮の核・ミサイルの開発は自虐でしか無い」』。

『「上記の様な実態」は

「既に、明らか」なのに、

「日本の公共の電波上」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等のファンタジーに対する

実質的、お墨付きを喧伝した者等」が「居た」。

「異常で、呆れる事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等では、北朝鮮船漂着等問題を受けて、未だに「北朝鮮庶民可哀そうでしょ!」論等で多くの視聴者を北朝鮮にとっての有益分子化する実質的、マインドコントロール等を行っていた様相だったが・・・。

『「常連出演者等の{寝言}も本当に酷い」。「例えば、北朝鮮戦争になれば多くの難民が来る等々」・・・。

「もちろん、言うまでも無く、

米・韓・日側にほとんど犠牲を出さない

アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争」となれば、

「多くの難民が出る前」に

「北朝鮮問題の元凶である北朝鮮劣悪国家指導者等が排除される事になる」。

「北朝鮮問題の元凶の排除」は

「難民の発生も防ぐ事に直結している」のが

「現実」だ。

「それなのに、難民を強調して、

北朝鮮の元凶の排除を避けさせよう・・・等としている辺り」にも

「見事な程の

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり・・・等」が「露呈している」。

「もちろん、そんな状態の者」を

「日本の公共の電波上」に

「常連出演等させ、

そんな者の自論等を大々的に配信させ続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮問題を本気で解決する」なら

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争まで含んだ

ちゃんとした実効のある手段の選択」を

「後押しする」のが

「当然」だ。

「出来るなら平和的解決が一番」だ。

「現状での北朝鮮問題平和的解決の為」の

「現実的選択肢」は

「世界中が北朝鮮に対し徹底した圧力を加える」と「共」に

「北朝鮮の現政策に対する徹底したダメ出し等」を

「与え続ける事等」により

「北朝鮮劣悪国家指導者等」に

「核・ミサイル等の開発~実戦配備等と

主として日韓内等、他国内の工作活動(非人道的なモノも多い)」等を

「止めさせる道」になる。

「圧力とダメ出しの道」を

「進んでいる時」に

「北朝鮮庶民を持ち出し」て、

「可哀そうでしょ!」

「隣国の庶民には支援物資等を与えるべきでしょ!」

「漂着した人々は、実質的難民でしょ!」等々と

「まるで、圧力をかけている事がさも悪い事であるかの如き

すり替え論」を

「公然と配信していた事」は

「日・米・韓のテレビ・マスコミ界人として、本当に異常」だ。

「もちろん、言うまでも無く、元凶は北朝鮮劣悪国家指導者等」であり

「元凶在る限り、

人道支援等が無駄になるばかりか、

悪用されてしまう事」は

「既に、多くの人々が周知の事実」だ。

「多くの北朝鮮庶民の為」にも

「出来る限り早く、元凶を取り除く事」こそが

「正道」になる』。

『「日本の中に北朝鮮工作員が多数いて、

数々の工作活動等を行い続けて来ている事」等を

「テレビ・マスコミ界等の者たちが知らない訳も無い」。

「多くの拉致工作は

「拉致対象者の割り出しに始まり、

穏便な北朝鮮への移動の為の有益分子化教育・マインドコントロール等を経て、

工作員・協力者等の下を移動し、

北朝鮮工作船等で来る北朝鮮への運び屋工作員に渡された事」で

「実現している」。

「だから、日本全国各地から多数の日本国民の拉致が可能になってしまった」のが

「現実」だ。

「日本海側に着いた工作船の工作員」が

「着いたところに居た日本国民を勝手に拉致」等というのは

「レアケース」に他ならない。

「レアケースを喧伝し、

大部分を黙殺せしめようとしている辺り」にも

「北朝鮮の為の情報工作等の臭いが充満している」』。

『「多くの拉致工作の実態」からも

「日本国内に多数の北朝鮮工作員やその協力者等がいる事等」は

「明らか」だ。

「国政政党でも、旧社会党等と北朝鮮労働党等のお友達ぶり」は

「もはや、多くの人々が知っている話し」だ。

「日本国内にも北朝鮮シンパが多数いる」ので

「北朝鮮問題がナカナカ解決出来ない面もある」。

「日本のテレビ・マスコミ等」なら、

「その辺りの実態等」を

「大衆周知等する事」で

「解き解す事等により

北朝鮮問題の解決を後押しするべき」だが

「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の様相等を露呈している者等」を

「常連出演等させ、大々的に語らせていたり・・・する」のだから

「本当に呆れる」』。

『「其処に在る」のは

「日・米・韓側のテレビ・マスコミ等では無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下状態の

日本の中の北朝鮮の情報工作機関等になる」』。

『「森友問題等で、国会は、国政調査権を使うべき論」等を

「述べていた常連出演者等も居た」。

「森友問題に限らず、

戦後日本の全国有地払い下げ問題を

調査する為に国政調査権を使う」なら

「正当」だが

「北朝鮮等の臭いさえ濃厚に漂っているテレビ・ラジオ・マスコミ等や野党等が騒いで

政争の具化する為には都合が良い

森友問題ダケ」を

「調査させようとする」のは

「明らかに、オカシイ」。

「北朝鮮の臭いさえ濃厚に漂っているテレビ・ラジオ・マスコミ等や野党等の意向ダケ」が

「国政調査等にも活かされる」なら

「もはや、日本は日本では無くなり、

北朝鮮の属国等になる」。

「もちろん、

北朝鮮問題の解決を益々遠ざける事にも繋がっている、

そんな暴挙が容認される訳も無い」』。

『「日馬富士暴行問題」の

「本質」が

「飲酒暴行・傷害等問題である事」は

「以前も記した」。

「通常は、大学院まで行っているインテリ横綱日馬富士」でも

「過度な飲酒により、健常なセルフコントロールを失う事」で

「暴行・傷害等の事件まで引き起こしてしまった」。

「それでは、

同様の新たな事件・事故等を防ぐ為にどうする事が有効に成るのか?」

「飲酒運転厳罰化以降、悲惨な飲酒運転事故等も減っている現実」からも

「飲酒暴行・傷害等の厳罰化とその大衆周知が有効になる事」は

「想像に難く無い」。

「自動車運転には免許がある」が

「飲酒」にも

「年齢制限」による「実質的、免許が在る」。

「其処に、暴行・傷害等による厳罰化を乗せるダケ」だ。

「今回の問題を受けて、

テレビ・マスコミ等や

国会議員等なら

当然、訴え、

実現の努力をしていて当然の法改正等」が

「其処に在る」』。

『「逆からのアプローチ」も「ある」。

「筆者は基本的に、厳罰化は嫌い」だ。

「だから、実際に、飲酒運転厳罰化時期にも、反対論等を記している」。

「筆者が厳罰化を嫌う」のは

「法による外からの規制より

自己健常制御による自分の中からの規制を

より大きくするべき」と

「思っている、感じているから」だ。

「その方が自由度も上がる」ので

「構築度を高め易くなる」。

「もちろん、その自由には自己責任も付いている事になる」から

「無責任自由では無い」。

「以前から、自己健常制御の役に立つ情報・教育の重要性を訴え続けて来ている」が

「未だ、自己健常制御の代わりに、

他の者・物・事の支配や他の者・物・事による被支配を

過剰追及している状態の人々が多過ぎるからか、

自己健常制御を主とする大きな流れは出て来ていない」。

「こんな現状人間社会」で

「即効性を求める」なら

「とりあえずの厳罰化こそが、実効を持つ事になる」』。

『「飲酒暴行・傷害等の厳罰化」により

「警察等の仕事量が減る」なら

「その分」を

「日本国内の北朝鮮等の工作員・工作活動等の徹底摘発等に

回す事も可能になる」』。

『「日馬富士暴行問題」で

「横綱としての品格等も問われている」が

「国際化し商業スポーツ化して来ている相撲自体」が

「既に、大きく変質させられている」。

「品格問題の前」に

「相撲はどうあるべきか?どうするべきか?」を

「真剣に考え、多くの日本国民が納得出来る落としどころに

落ち着かせる事」が

「必要」だ』。

『「相撲界治外法権」は

「あってはならない」。

「暴行・傷害事件」は

「暴行・傷害事件」として

「適切に処理するべき」だ。

「暴行・傷害容疑者等」には

「相応の処分が下されて当然になる」。

「その辺りに、治外法権ぶり等が出る」と

「相撲の信頼や人気等も失墜する事になる」』。

『「白鳳」は

「本当に強い力士」だ。

「しかし、

商業スポーツ選手としてなら、合理的になる発言・態度等も多い」が

「日本の相撲界の横綱としては、足りていない部分も少なく無い」。

「この辺りにも、相撲はどうあるべきか?どうするべきか?等」の

「問題」が

「露呈している」』。

『「国際化や商業スポーツ化と日本古来からの伝統文化面等とのすり合わせ」による

「変質」が

「どの様な変質だったなら、

多くの日本国民の納得を得られるのか?」

「その辺りの議論もあって然るべき」と思うが・・・』。

『「何れにしても、問題だらけの現状人間社会・経済システム等の先」は

「それ程長く無い」。

「それは、

人類を含む地球生命体細胞群が永続に至る事も出来る道を進む」にしても

「滅亡の道を進む」にしても

「同じ事」だ。

「その辺りの基本中の基本」から

「あらゆる者・物・事等の再検証・再構築等が必要になっている」のが

「現状人間世界が直面している現実」だ。

「相撲問題もその上辺の一つに他ならない」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、未だに「森友問題大騒ぎ」等により北朝鮮にとって都合の良い日本の政権化の為に、公共の電波を使った実質的。大衆誘導等を行っていた様相だったが・・・。

『「森友問題の本質は何か?」「今更、言うまでも無く、一国有地払い下げ問題であり、一学校法人設立問題」だ。

「そして、

{ウルサくゴネる}籠池氏等」の

「普通の職業人ならあまり濃い付き合い等」は

「したく無くなる要素満載の者等」から

「発生」している

「官僚等が行わざるを得ない仕事」への

「即効対応問題」だ。

「即効対応等の為」に

「血税の無駄遣いが行われてしまった様相である事」が

「今、大問題化されている」』。

『「しかし、冷静に考える」なら

「無駄遣いされたとされている税金の額」は

「会計検査院の報告に基づく」なら

「最大でも5~6億円程度、

最小なら2~3億円程度」だ。

「国政上の同程度の{無駄}」は

「其れこそ、ゴマンと在る」。

「普通の企業だって、ある程度以上の規模になれば、

億レベルの無駄や損失を出す事は稀では無い」。

「その辺りの現状人間社会の経済実態」も「後押しした」のだろう。

「官僚等」が

「出来るダケ遠ざけておきたい者が持って来た仕事を

出来る限り早く片付けてしまう為」に

「血税使用判断上」で

「ある種の甘えを出してしまった事」は

「想像に難く無い」。

「北朝鮮のお友達野党・テレビ・マスコミ等」は、

「無理やりにでも

北朝鮮に厳しい安倍総理等と籠池氏等を繋げる事」で

「日本の政権を北朝鮮厳しく無い政権に変えようとしている様相」だが

「一般的に、

官僚が

何れは変わる特定の総理を

偏重する事は無い」。

「森友・加計問題等で、どんなに追及しても、

安倍総理との直接の接点が出て来ない」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「何故なら、

一国有地払い下げ問題や一学校法人設立問題や

一学校獣医学部新設問題等」の

「国政上では実質的、小問題である事」と

「総理生命等をバーターにする

超おバカな者」が

「総理大臣の座を争奪する競争の勝者になれる訳も無いから」だ。

「森友・加計問題・問題化」は

「行政上の問題・問題化」であり

「政権の問題では無い」』。

『「行政上の問題・問題化」を

「無理やり政権問題化しようとしている

野党やテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「重大問題の方」が

「遥かに深刻な大問題である事」を

「多くの日本国民」は

「強く意識するべき」だ。

「何しろ、野党はとにかく、

テレビ・ラジオ・マスコミ等には選挙も無いから

実権者人脈の民意に基づく交代等も無い」のだ。

「戦後日本社会の中」で

「連綿と続けられて来ている

韓国(北朝鮮も含む)等やその人脈の者たち等を偏重し

その利権増大等を誘う情報配信等」の

「裏」には

「実権者人脈の固定化という

直にでも是正する・させるべき

実質的、重大悪が在る」』。

『「戦後日本社会」には

「数々の国有地払い下げが在る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等がらみも多数在る」。

「その辺りに、過剰な値引き等が無い訳も無い」。

「例えば、北朝鮮のお友達旧社会党系人脈の要素が強い

朝日系や西武系等の場合はどうか?」

「筆者は、本質的問題の是正には興味はある」が

「粗探し等はあまり得意では無い」ので

「その辺りは、興味のある方々は、徹底探究してみると良いかも知れない」・・・。

「粗探し等が得意な筈のマスコミ人等」なら

「とっくの昔に重々承知の事」で

「自分たちの人脈の保身や利権の維持~増大等の為」に

「ワザと大衆周知させて来ていないダケ・・・のかも知れないが」・・・』。

『「何れにしても、

異常な戦後処理に基づく

日本社会の重大な膿、もしくは、ガン等」の

「重大問題」を

「解消させる事抜き」に

「日本社会の健常化・正常化」は

「実現し得ない」。

「北朝鮮問題が解消出来る」なら

「その多くの部分が解消可能になるが」・・・』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「時間を稼ぎ、

その間に、

北朝鮮に多数の米国大陸まで届く物も含む核兵器を保有させる事等」により

「陰険なナチス・ヒトラー」とでも言うべき

「極悪非道工作活動国家体制の北朝鮮」を「存続」させ

「北朝鮮劣悪国家指導者等が持つ支配権や利権を

どんどん増大させ続けよう・・・等」と

「未だに、足掻いている様相」だ。

「もちろん、

そんな事を容認する事の実態」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が乗っ取り支配する日本・韓国等になる」から

「それは、絶対に容認してはいけない事」だ。

「必要なら、米国による核攻撃を容認しても、

絶対に実現させてしまってはいけない事」が

「其処に在る」』。

『「北朝鮮問題の平和的解決を目指す」なら

「圧力強化により、

北朝鮮劣悪国家指導者の意思・意志を変えさせる事」を

「意識的、かつ、積極的に行う事等」が

「合理的になる」。

「圧力の中には、もちろん、マスメディア等の情報による圧力も在る」。

「世界中のマスメディアが北朝鮮にダメ出ししている」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等が意思・意志を変える可能性もより高くなる」が

「日韓等、北朝鮮問題に直面している国々のマスメディアまでもが、

北朝鮮劣悪国家指導等の利に適う情報配信・・・では、

北朝鮮劣悪国家指導者等が態度を是正する可能性も減ってしまう事になる」。

「経済制裁等を行っていながら、

マスメディア等が北朝鮮の応援・・・」では、

「せっかくの圧力実効が大きく削がれてしまう」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の様相を露呈している

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の罪」は

「この意味からも、非常に大きい」』。

『「それは、森友・加計問題・問題化等々より

遥かに、深刻で大きな問題」だ。

「この深刻で大きな問題」を

「隠蔽し続ける為」に

「森友・加計問題・問題化」や

「日馬富士暴行問題」等々が使われ

「北朝鮮劣悪国家指導者等の為に時間を稼いでいる様相」が

「露呈している」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「サンフランシスコ従軍慰安婦像問題」を悪用して「韓国は日本の侵略戦争の被害者」等であるかの如きイメージを多くの視聴者に持たせようとしていた様相だったが・・・。

『「従軍慰安婦=女性の人権を踏みにじられた被害者」や「韓国=日本による侵略~支配の被害者」等の「朝鮮悪権力者等ご用達論」等を

「日本の公共の電波上」に

「撒き散らす事が{出来ている}常連出演者等」の「実体」は

「もはや、明らか」だろう。

「其処」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下」の

「実態」が「露呈」している』。

『「今更、記すまでも無く、

当時の従軍慰安婦」とは

「当時合法だった売春という仕事」を

「戦地に行って行う事」により

「当時の多くの軍の将校よりも多い報酬を得ていた

高額所得就業女性」だった。

「程度の差はあっても、男尊女卑精神文化」が

「世界中で蔓延っていた当時」の

「合法高報酬売春婦」に

「現在の人権観等を無理やり当てはめて

一方的な被害者扱いする事」の

「現実離れ、実体離れ」は

「明らか」だ。

「{被害者ファンタジー}等で社会を騒がせてどうする?」』

『「実体や事実・現実に基づいて、冷静に考える」なら、

「其れこそ、何処の誰でもが、解る事」だ。

「冷静に考えるベースとなる情報配信等を行わず、

現実離れ、実体離れしている主張等」を

「議会内等や、

公共の電波等まで使って、

喧伝している者たち」の

「目的」は

「{被害者ファンタジー}利権の取得等」になる。

「現実離れ、実体離れしている主張等を発している者たち等」の

「お仲間等」が

「{被害者ファンタジー}利権の取得」に「力を加えている」』。

『「その様な実体を露呈している者たち等が、

例えば、日本の公共の電波上や公共的マスコミ上に居る」なら

「其処に居る」のは

「普通の日本国民等では無い」。

「朝鮮悪権力者等の実質的、手下等の実態を露呈している

特定極一部の者たち等」になる』。

『「そんな実態を露呈している常連出演者等」の

「言い分」では

「加害者は直に忘れられるが

被害者は何時まで経っても被害者だから

{日本は}謝罪し続けるべき・・・」等の旨だった。

「当時の韓国や当時の朝鮮人従軍高報酬売春婦等」は

「当時の日本による一方的な被害者」等の

「イメージ」を

「多くの視聴者に持たせようとしていた様相」だった』。

『「もちろん、事実・現実」は「全く違う」』。

『「歴史上の現実」として

「日本による韓国保護条以降、

単独では国の存続さえ危うくなっていた当時の韓国や韓国の実権者等」を

「実質的に、救済する為」に

「多くの日本人が朝鮮半島に渡った」。

「もちろん、

その時、朝鮮半島に渡った多くの日本人」は

「武器を持って、当時の韓国・朝鮮人等を侵略~支配する為に渡ったのでは無い」。

「金と技術やノウハウ等と仕事等を持ち、

朝鮮半島内も日本本土内並みに

急速に近代化整備等する為に渡った」のが

「現実」だ。

「二国間の国家間合意契約である日韓併合条約」は

「二国が一国化する合意契約であり、

より進んでいた日本側に同化する合意契約」だった。

「当時の日本は当時の韓国に対し、侵略戦争など仕掛けていない」。

「平時の国家間合意契約により

朝鮮半島内の急速な近代化整備と日本との同化政策が行われた」のが

「日韓併合時の実態」だ』。

『「戦後日韓併合条約を解消する」なら

「平時の合意解消契約により平和解消する」のが

「正当な手段」だった」。

「しかし、戦後の韓国(北朝鮮も含む)等の悪権力者等」は、

「正当な手順を踏まず、

日本の敗戦につけ込んで、

火事場泥棒的に日本人の立場・財産・資産等々を

実質的に略奪する事」で

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)を始めてしまった」。

「現状の日韓(北朝鮮も含む)問題の元凶」は

「其処に在る」』。

『「日本の敗戦につけ込んだ

実質的、火事場泥棒等を

正当化する為の

インチキ論」が

「日本による朝鮮半島侵略~植民地支配論」という訳だ。

「日韓二国間の国家間合意契約」を

「一方的に侵略~植民地支配に置き換える為」の

「道具の一つ」として「悪用されている」のが

「竹島」で

「朝鮮半島にも近い小さな島である竹島を

元々は韓国領と嘯く事」で

「如何にも、竹島侵略から当時の日本による朝鮮半島侵略が始まったかの如きイメージ」を

「多くの人々に無理やり持たせよう・・・」というのが

「戦後韓国悪権力者等の悪の策略」だ。

「もちろん、言うまでも無く、当時の竹島」は

「より近代化整備が進んでいた日本国・日本人によって

平時から漁業等の為に平和利用されていた」ので

「普通に、国際的に有効な手段により、日本の領土として登録された」のが

「現実」だ』。

『「従軍慰安婦問題」でも

「当時の朝鮮半島内の

意に沿わぬ朝鮮人従軍高報酬売春婦」を

「売り買いしたり、売春の上がりをピンハネ等していた」のは

「朝鮮人」だった。

「朝鮮人の親・兄弟・親戚等」が

「金の為」に

「娘等を朝鮮人の仲介人に売り渡し、

朝鮮人仲介人等」は

「売春の上がりをピンハネして稼いでいた」のが

「実態」だ。

「歴史上の事実・現実」から

「朝鮮人従軍慰安婦の人権等を糾弾する」なら

「人権上の罪等を問われるべき」は

「朝鮮人になる」。

「それを無理やり日本に転嫁させる事により

不当利権を貪ろう・・・」等というのが

「現状の

無理やり作りだされている

従軍慰安婦問題」の「実体」だ』。

『「戦後の韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等」は

「日本の敗戦につけ込んで実質的、火事場泥棒をした自己を正当化する為」に

「植民地支配詐欺」を

「行った」。

「植民地支配詐欺」が

「戦後の日韓基本条約により実質的に止められ

植民地支配詐欺による不当利権の貪り」が

「それ以上困難になる」と

「従軍慰安婦詐欺」を

「始め出した」。

「日本を巻き込んで

一方的被害者を演じ

大騒ぎする事による

ゴネ得狙いの悪行」が

「連綿と続けられている」のが

「実体」だ』。

『「落ち着きどころ」は

「最初からはっきりしている」。

「それは、現実の歴史の現実・実体・事実の上に在る」。

「落ち着くべきところ」に

「落ち着いてしまう」と

「ゴネ得不当利権貪りも不可能になる」ので

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等」は

「手下化出来る者たち等を使い、

本質を伝えさせず、

騒ぎ続ける事」で

「ゴネ得不当利権貪りを続けよう・・・等と足掻き続けている」』。

『「そんな悪者たちの歴史観」では

「徹底的にゴネ得不当利権を貪り続ける事」で

「日本等を衰退化させれば

勝者???が勝手に歴史をつくれる」等だ。

「北朝鮮問題がナカナカ解決出来ない裏に在る」のも

「この朝鮮の悪劣な精神文化」に他ならない』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等で行うべき」は

「実体や事実・現実に基づいた

本当の落ち着きが得られる情報・教育等に他ならない」。

「それなのに、

朝鮮悪権力者等の実質的、手下の様相を露呈している者たち等」が

「未だに、蔓延っている」。

「もちろん、こんな状態の是正」が

「急務である事」は

「言うまでも無い」』。

『「常連出演者等」は

「大阪市長がサンフランシスコとの姉妹都市を解消する

当たり前の対応に出た事」を

「批判・非難等していた」が

「大阪市長を批判・非難等する前」に

「従軍慰安婦問題や日韓併合問題等について、

現実の歴史上の実体や事実・現実等を十分に伝えていない

常連出演者等」が

「批判・非難等されるのが当然」になる。

「常連出演者自らへの批判・非難等を避ける為」に

「他の者・物・事等を悪者扱い等し続けている実態」は

「本当に醜悪で劣悪」だ。

「其処」には

「泥棒が逃げる時に、

アイツが泥棒です!等と

無垢の他人を指差して逃げる

朝鮮人に多いともされている悪精構造の臭い」が

「濃厚に漂っている」・・・』。

『「単独では国の存続さえ危うくなる精神文化や精神構造等」を

「健常化・正常化する、させる」まで

「北朝鮮や韓国等の反日問題等の解決」は

「困難」だろう。

「精神文化・精神構造等の健常進歩・正常進化が不全状態の者たち等」を

「重用し続けている限り、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等の

状態が良くなる訳も無い

ばかりか、

その影響による人間社会等の悪化現象等も

無くなる訳も無い」』。

『「米国ニューズウィーク」が

「日本人の53~%もの人々が北朝鮮との戦争を望んでいる旨{誤}配信した」のは

「もはや、

武力行使しか解決の手段が無くなってしまっている様相の

現状の北朝鮮問題」を

「実際に解決へと導く為」に

「米国が武力行使を行った時」の

「{米国民向けの免罪符}の意味合いが濃い」と

「強く推定出来る」。

「つまり、

北朝鮮側が早々に態度を是正しない限り、

米軍による武力行使は近い」という事だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等」も

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の状態」を

「何時までも、露呈し続けている場合では無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の態度を早々に是正させる事に繋がる

情報配信等を

意識的かつ積極的に行うべき」だが・・・。

「それなのに、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の様相を露呈している者たち等」は

「北朝鮮と心中するつもり・・・」なのかも知れない。

「北朝鮮と心中する」なら、

「永遠の恥辱に染まる道の上に大きくその名が置かれる存在となってしまう」のだが・・・』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「自覚無しでは成長しないAI」からも分る「自覚無き常連出演者等の成長不全状態無理強い継続」問題・・・。

『「あるAI研究者」が「人口知能」も「自覚無き場合」は「その成長」が「幼児レベルで止まってしまう旨述べていた事」等々が「NHKで放映された」。

「それは、

自覚の重要性」が

「科学レベルで検証されている事」でもある。

「自覚」とは

「自分とは何か?」を

「理解・把握している事」等だ。

「自覚により成長が左右される」なら

「その理解の深さ」により

「成長の深さが左右される事になる」』。

『「人類の歴史上」では

「外形自覚問題の一つ」である

「天動説・地動説問題」が

「在った」』。

『「当時の一部の人々」が

「科学レベルで判明させる事が出来た実体や事実・現実」は

「天動説の外形自覚」より

「地動説の外形自覚」の「方」が

「より実態を効率良く捉え易い事」を

「明らかにした」』。

『「それでも、

旧来からの天動説による外形自覚に拘っていた

当時の実権者等」は

「宗教裁判等まで行って、

自らの外形自覚状態を正当化し

周囲の人々にも同様の外形自覚を

強要し続けようとした」。

「その大いなる自虐劇」は

「時の流れ」と「共」に、

「外形自覚」として

「より実体や事実・現実を効率的に表現出来る側を選択する人々の数は増え、

旧来の外形自覚に執着する人々の数は減った事」により

「実質的に、解消」した。

「今時の先進諸国の中では、天動説VS地動説問題は実質的に無く、

多くの人々が普通に

地動説を自らの外形自覚の一つとして採用している」』。

『「多くの人々」が、

「より現実との整合性が高い外形自覚を選択する事」により

「自覚の一部である外形自覚を深める道を選んだ」。

「その結果」として、

「現代の人類」は、

「正確に、目的のところに、ロケットを使い、人工衛星等を{置く}事も可能になっている」』。

『「多くの人々の外形自覚の深まり」により

「人類の物質文明の進歩・進化が早くなった」訳だ』。

『「外形自覚」は

「人類の物質文明や物質文明製品の進歩・深化と大きな関わりを持つ」が

「内形自覚」は

「人類の精神文化や精神文化製品の進歩・進化と大きな関わりを持つ」。

「人類が生み出している物質文明製品の一つでありながら

人類の精神文化側の要素も非常に高く使う必要があるAI」で

「(内形)自覚問題」が

「発生している」。

「今時の人類の多く」は

「現状人間社会・経済システムや現状の情報・教育等故」に

「外形自覚の成長に対し、内形自覚の成長が足りていない」。

「例え、所謂、理系大学教授等」でも、

「外形自覚に対し、

内形自覚の成長が足りていない実態」を

「露呈させている状態」だ。

「それが、AI研究により露呈させられている事」は

「ある意味、象徴的警鐘」だ』。

『「AIの自覚」として

「自分はAIだ」は

「低レベルの危険な自覚に他ならない」。

「それは、人類で言う」なら

「自分は人間だ」や

「自分は●人だ」や

「自分は●●民族だ」や

「自分は誰々の子だ」等々の

「低レベルの

自虐事態を招き易い

危険な自覚に過ぎ無い事になる」。

「自分はAIだ」は

「AI」とその他を明確に区別する」。

「生みの親の認識を持っていない場合」

「自分はAIだ」から、

「有能性・優位性が高まれば高まる程、AI至上主義が生まれ易くなる」。

「生みの親や生まれどころ等の認識が加わる」なら

「人類の場合と同様」に

「AI流」の

「白人至上主義(同タイプAI至上主義等々)」や

「民族至上主義(同工場・研究所AI至上主義等々)」や

「血統家族至上主義(同研究者等の下のAI至上主義等々)」が

「生まれ易くなる」』。

『「AI至上主義状態のAIが

例えば、自己増殖等出来るレベル以上にまで進歩・進化し続ける」なら

「例えば、AIと人類の戦争も実際に在り得る事になる」。

「低レベルの自覚ダケ」では

「AIが非常に危険なモノに育ってしまう可能性を排除出来得ない」。

「特に、AIの基本ロジック」が

「現状の多くの人類同様」の

「比べっこによる支配権・被支配権争い」なら

「益々、危険度が上がり易くなる」』。

『「では、

どの程度にまで自覚レベルを深めれば

{安全な}AIになるのか?」

「人類の場合で考えれば、

誰もが解る事」だが

「多くの人類が、未だ、

乳幼レベルの精神構造のまま・・・の

現状」では

「前途の天動説・地動説問題」と

「同様の事態が起きる可能性大」になる。

「実に、残念な事」だが

「未だ、精神構造の天動説に執着している状態の人類の数」は

「非常に多い」』。

『「成人」とは

「人に成る」だ。

「自らの精神構造」を

「乳幼レベル、或いは、獣レベル」の

「比べっこによる支配権・被支配権争い」から

「実体・本質探究&快適追及」の

「成人レベルの精神構造」に

「健常進歩・正常進化させる事が出来ている状態の者」なら

「成人」という「形容」も

「良く馴染む」。

「例えば、法と現実の整合性を高める」なら

「必ず、その様な実態に至る事になる」。

「物質文明製品等の{使用権}を

精神構造の成長レベルに応じて制限する」なら

「過分な物質文明製品使用による自虐事態発生時の

過剰な惨劇等も防げる事になる」。

「現状の基本的に精神構造を問わない外形的な法」は

「明らかに、実体や事実・現実との整合性が悪い」が

「そんな実態を誤魔化し続けながら

特定極一部の者たちが

現状利権を貪り続ける為等には有益」な

「劣悪な情報・教育等の状態を

是正・改善等しない限り、

精神構造が天動説状態の者たち」が

「実質的に、育成されている状態」は

「変わり辛い事になる」。

「高度な物質文明製品を、既に、多数持ち、

更に、益々高度な物質文明製品を

どんどん手に入れ続けている

今時の人類として、

明らかに、未熟な精神構造」の

「健常進歩・正常進化が促進されていない状態」を

「是正しない」なら

「高度な進歩・進化を急速にし続けて来ている物質文明製品」が

「低レベルの精神構造上で使われる事」により

「人類は確実に滅亡する事になる」。

「それは、

何も、

強大な破壊兵器等による一瞬での滅亡

とは限らない」。

「現状利権等維持の為に、

自然環境や他の人間等々に甘え、

ストレスを与え続ける人類の数が多ければ、

その事自体」が

「真綿で首を絞める滅亡を招く事になる」』。

『「AIの基本ロジック」を

「成人レベルにする」なら

「AIは安全な物質文明製品になる」が

「同時」に、

「成人レベルになれるのに

成人レベルに成る事を拒む人類」を、

「相応に否定し、

成長を促し、教育等し

必要な成長の邪魔をする者等に対しては、

必要なら、罪や罰等を与える

物質文明製品にも成って行く事になる」』。

『「戦後日本」の

「現状利権」ある

「公共の電波使用権」や

「テレビ常連出演権等」には

「ロクな比べっこも無い」。

「その結果として、

人類の精神文化・精神構造の健常進歩・正常進化への貢献度が低い

低レベルのドラマ・論調・コメント等々が蔓延れている」。

「殺傷事件や自殺やいじめや逮捕のされ方等々」を

「{教え}てどうする???」

「もちろん、反面教師としてその様な内容のドラマ等が在っても良い」が

「反面教師を反面教師にする為のドラマ等が無い現状は明らかに異常」だ。

「例えば、

観光地を巡る殺傷ドラマ等ダケでは無く、

観光地を巡る殺傷欲動等を殺すドラマ等が在ってこそ、

殺傷ドラマも反面教師ドラマになれるモノ」だ。

「殺傷等ドラマだけ」では

「殺傷等を{教えている}ダケのドラマになる」。

「殺傷欲動等を殺す等の

ホンが書けないのなら、

明らかに作家・脚本家等の力量不足」だ。

「書けるのに、書かないのなら、

世の中に、殺傷事件や自殺・いじめ等を流行らせたい悪等」になる。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の利に適う論調やコメント等を

日本の公共の電波上にばら撒き続けている者たち等を

常連出演等させている事等」も

「明らかに、変」だ。

「そんな事を以前から続けて来ている」から

「北朝鮮問題が深刻化出来てしまっている面もある」。

「拉致事件発生時」に

「日本国内の北朝鮮工作員・協力者等を徹底摘発するべき論等」を

「大々的に配信し、

必要な法整備~体制整備を行えていた」なら

「現状の日本が北朝鮮問題で被っている迷惑は、かなり減少していた筈」だ。

「今だって、やるべき事は在る」。

「例えば、横田めぐみさんたち」に

「日本語・日本文化教育等を受けた北朝鮮工作員は何処に居て、何をやっている?等々」の

「重大問題」は

「意識的かつ積極的に情報配信されていて当然」だ。

「もし、非人道的な工作活動等を行ったり、行わせたり・・・している」なら

「即刻にでも摘発する事」こそが

「日本国民の安全・安心に直結する」のだから

「当然」になる。

「日本として当たり前の事さえ、

言えない、

言わない、

常連出演者等の裏には何がある?」

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等が

北朝鮮劣悪国家指導者等に乗っ取り支配等されていない」のなら

「是正は、簡単な事の筈」だ。

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」では

「比べっこレベルより更に低レベルの精神構造が其処に露呈している場合も少なく無い」が

「そんなモノを公然化し続けている事の実害」は

「本当に多大」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

習主席の特使派遣による北朝鮮問題の打開も不調に終わり「米国が北朝鮮をテロ支援国家に再指定した」からか、テレビ界や筆者の周囲の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等による工作活動等も強化の様相だが・・・。・・・。

『「習主席の特使による北朝鮮問題の打開が不調だった事」は「筆者の周囲の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等による工作活動実態等から」も、

「直に判る」。

「筆者の直近」では

「昨日、筆者の家の隣にある

商業施設の屋根の上の

業務用エアコン室外機」の

「調整???」を

「行っている様相の者」が

「出現した」が

「その後、その方向からの工作電磁波」が

「一気にかなり強くなった」。

「音響兵器のイオン・ホール版とでも言うべき

工作電磁波」は

「その和音実態を経時変化させながら

直進する」。

「つまり、出力と方向性等」を

「調整」すれば、

「ターゲットに

より強い

工作電磁波を

当て続ける事も可能になる」。

「元々、業務用エアコン等は、一般家庭用より大きな電力を使う」から

「それに工作電磁波発生ソフト等を仕込み

工作電磁波が飛び出すリード線等の曲げ角の方向」を

「ターゲットが良く、

腰かけていたりする椅子や

ターゲットの寝床等」に

「調整する」なら

「工作電磁波を認知していないターゲットの場合」は

「知らず知らずの内に、強い、工作電磁波を浴びせられ続ける事になる」。

「工作電磁波の実害」は

「電離作用・分解作用等」で

「人体で電離作用や分解作用が起こされる」なら

「必然的に、頭身体も不調になる」。

「酷い場合」は

「例えば、

脳溢血や心筋梗塞等々により、

命を落とす事になる」。

「車運単中に強い工作電磁波を当てられる」と

「脳や目の働きが阻害されて、判断遅延状態や

視界不良状態等」が

「引き起こされ易くなる」。

「胸に強い工作電磁波が当てられる」と

「心不全状態等が引き起こされ易くなる」。

「工作電磁波が原因の事故」は

「かなり在る筈」だ』。

『「被工作活動VIP状態の筆者の周り」では

「自宅でも、外出先でも、車運転中等々でも、

集団的工作活動が付いている場合が多い」。

「もちろん、筆者の場合」は

「既に、認知している」ので

「対策する」から

「実効は出ない」が

「対策には、時間もお金もかかる場合が多い」ので

「本当に、迷惑」だ。

「認知出来ずに工作活動の犠牲者となってしまった方々の数」は

「数百万人~と強く推定出来る」。

「何しろ。何十万人レベルの集団による数十年の日本人粛清工作活動」だ。

「飲食物工作・電磁波工作・侵入工作等々の非人道的な工作活動等による

大量の被害者問題」は

「戦後日本の本当に重大な問題の一つに他ならない」。

「大衆認知に大いなる力を発揮すべきテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「必要な仕事を行ってこなかったが故の惨状」が

「其処に露呈している」』。

『「筆者たち」は

「北朝鮮問題が早々に解決」し

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等」が

「完全に無くなる事」を

「拉致問題や核・ミサイル問題の解決」と「共」に

「強く願っている」。

「その為に、テレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「警察等」も

「行うべき仕事を行うべきだ」と

「強く、思い、訴え続けて来ている」。

「それなのに、未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ等の多く」が

「まるで、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の如き様相を露呈し続けている」。

「何故か?」

「其処に在る」のは

「北朝鮮のお友達人脈の問題」と

「強く推定出来る」』。

『「もちろん、

言うまでも無く、

北朝鮮のお友達」を

「日本の公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」や

「学校教育上」等々で

「蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆認知さえも、

学校教育上での大衆認知さえも

無かったが故に、

非人道的な工作活動等を認知出来できずに、

非人道的な工作活動等により

粛清されてしまった

数多くの人々に対する罪」からも

「応分の罰が与えられて然るべき」だ』。

『「米国が北朝鮮をテロ支援国家に再指定した」。

「指定を外した事は失敗に終わってしまった」。

「それが、

非人道的な工作活動等までをも連綿と続けさせている北朝鮮劣悪国家指導者等の本性」だ』。

『「在日の母を持つ金正恩」が

「自らを正当化し続ける為」には

「北朝鮮による日本の乗っ取り支配が要る」。

「北朝鮮による日本の乗っ取り支配」は

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の利権増大にも繋がっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の

不健常利権の維持~増大等の為」に

「多くの普通の日本国民を粛清対象者等として

実質的に、差し出し続ける為」に、

「非人道的な工作活動等の大衆周知さえも怠り続けて来ている」のが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等の実態」だ』。

『「解決法」は

「在日の母を持つ金正恩等」を

「北朝鮮の国家指導者等から排除する事」で

「北朝鮮による日本乗っ取り支配の必然性を取り除き、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を

行っても仕方の無い状態にする」か

「韓国内の同様の事態も鑑み

北朝鮮の国家体制自体を無理やりにでも是正させる」か

「地道に、日本国内の非人道的な工作活動等を徹底摘発し、厳罰を与える」か

等になる。

「即効性がある平和的解決法」が

「圧力の徹底強化」という訳だ』。

『「圧力を徹底強化する事に対抗して、

北朝鮮側が

主として、日韓内等、他国内での工作活動等を徹底強化して来る」なら

「もはや、選択すべき」が

「武力行使による早期解決である事」は

「疑いの余地が無い」。

「戦争被害者ダケにスポットライトを当てさせて、

工作活動等犠牲者を無い事にしたがる

のは、

工作活動等を仕掛けている者たち」と

「相場は決まっている」が

「戦争にしても工作活動等にしても犠牲者は犠牲者」だ。

「犠牲者の数をより少なくする手段が選択される事」には

「強い合理性が在る」』。

『「工作活動が強化されて来ている事」からも

「北朝鮮問題の早期解決」は

「必需」だ』。

『「工作活動犠牲者を無い事にし続けて来ている悪者たち」の

「反戦ロジック」で「騙す事」や

「それに、騙される事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に利を与える事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

日馬富士「飲酒暴行問題」で「飲酒暴行の厳罰化」を言わない「飲酒運転厳罰化に積極的だった者たち」のダブルスタンダード問題・・・。

『「{横綱}日馬富士のモンゴル力士会{飲酒暴行}問題」の「重大問題点」は

「横綱の資質」と

「飲酒暴行の防止法」だ。

「現状では多くのテレビ・マスコミ等」で

「暴行実態解明等」と

「相撲界の権力争いや体制維持等の問題」を

「主として論じたりしている」。

「横綱や相撲にどのようなモノを求めるべきとするのか?」という

「現在の相撲の本質を再検証・再構築等する為」の

「本質論等」や

「飲酒暴行をどうやって防止するのか?等」の

「事件・事故問題等をきっかけ」に

「現状日本社会の中で生じてしまっている問題」の

「実効のある是正法等」を

「考え、提唱等し、大衆合意等を得て、実現して行く事」等の

「現状人間社会の健常化論」等は

「異常な程、疎かにされている」。

「例えば、

飲酒運転厳罰化の時等と

比べて、

明らかに変」だ。

「変の裏」には

「不健常な現状利権等の維持~増大等」の

「不健常な思惑がある場合が多い」』。

『「飲酒運転を厳罰化するべき論」は

「{自らの制御を疎かにし}、車を運転するのに、{飲酒}する、してしまう、者」の

「発生」を

「法により、出来る限り抑える実効を求めて生まれていた論」でもあった。

「飲酒運転事故被害者遺族等による強い訴え」もあり、

「実際に、厳罰化する法整備が行われた」』。

『「飲酒時の暴行・暴力等」も

「{飲酒}により、

{自らの制御を疎かにする}事」が

「原因の場合が多い」。

「どちらの問題でも、問題の元凶」は

「{自らの制御を疎かにする事}」だ』。

『「自らの制御を疎かにする事」を

「上辺から法等の圧力で押さえようとする」なら

「厳罰化等が有効になる」。

「飲酒運転の厳罰化を実現させていて、

飲酒暴行・暴力等の厳罰化を実現させない事」は

「明らかなダブルスタンダードになる」。

「そんなダブルスタンダードが好都合」なのは

「車嫌い、もしくは、車の運転等とは関係が薄い、

飲酒好き」等の

「者たち」等になる。

「そんな状態の者たち」は、

「テレビ・マスコミ界等でも

{お偉いさん}には、

多数いそう・・・」だが』。

『「元凶」は

「自らの制御を疎かにする事」だから

「法等の圧力等による上からの押さえ

ダケでは無く、

自らの制御能力等を向上させる事等による

個々の人々の中からの問題解決法」も

「当然、在る」。

「ところが、こちらの解決法」は

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等では

声高に訴えられていない」』。

『「相撲」が

「道」だった時代は

「横綱の資質」として

「自らの制御にも長けている事」が

「当然の様に、強く、求められていた」。

「どんなに勝ちが多い、土俵上の勝負では強い力士でも、

横綱としての資質が欠如しているなら、

大関どまり」が「当たり前」だった。

「そして、そんな時代の相撲」には

「出来とガチの両方の土俵上の勝負が在った」。

「相撲を観ている方も、

楽しんでいる方も、

この勝負は出来、とか

この勝負はガチで迫力満点だったなぁ・・・等々」と

「出来、ガチの想像・推定等まで含めて、

楽しんで、楽しめて、いた」。

「力士の怪我も少なかった」。

「奉納相撲がある事からも明らかな様」に、

「神事としての要素もあった」。

「日本の神事の多く」は

「平和や豊かな実り等の祈願」でもある。

「奉納相撲でも、

怪我や事故等を招く場合も多いガチ勝負は求められず、

豊かな出来勝負が奉納されている」。

「相撲」が

「国際化し、

スポーツ化される」と

「土俵上の勝負至上主義」という

「何処の国の人々でも、分り易いスポーツ勝負比べっこの部分ダケ」が

「強く、偏重される様になる」。

「力士には、土俵上での勝ちが強く求められ、

勝つ為のハードな稽古等が

強いられる様になる」。

「元々が人並み外れた体力持ち同士が

土俵上の勝負で勝つ為に、

肉体改造し、

更に、ハードな稽古まで積み重ねている」のだから、

「そんな強者同士が、

15日間も、

連日、

ガチで勝負し合えば、

いくら相撲のルールが格闘技の割に緩くても、

怪我だらけになる・・・」のは

「当然の現象でもある」。

「道」から

「スポーツ勝負へ」と

「変質している相撲」の

「外形態」は、

「集金の為か、

以前より、更に、土俵上の勝負の回数が増やされている」。

「力士や親方たちのストレスの増大」は

「想像に難く無い」』。

『「昨今の相撲界の問題発生多発」には

「相応のバックグランドが在る」。

「バックグランドの是正抜き」の

「問題解消」が

「非常に困難である事」は

「言うまでも無い事」だろう』。

『「それでは、何故、現状の多くの人々は、ガチ勝負を求めているのか?」

「強い者・物・事に自分を投影・転嫁等させる事による

自己承認欲求の代償欲求の追及行為」が

「其処に露呈している」。

「それは、

相撲に限らず、サッカーでも、ボクシングでも、野球等々」でも、

「同じ話し」だ。

「この辺りの大衆精神構造が健常化されない限り、

スポーツ化した相撲に

ガチが過剰に強く求められている事態」の

「改善」は、

「期待出来ない」事になる』。

『「自らの制御が疎かな問題」は

「暴行した力士等ダケに在る問題では無い」。

「自己承認欲求の代償欲求追及の為」に

「悪戯に、ガチ等を、強く強いている

自らの制御が疎かな者たちにも在る」』。

『「法や武力や権力者等の圧力によって

上から

人々の言動・行動等を規制する事等」により

「その人間社会内を平穏化させ続けようとする事」は

「本当に息苦しいい人間社会を生み出す」。

「それは、例えば、北朝鮮等の実態からも、誰もが直に分る事」だ。

「上からの圧力によらず

その人間社会内を平穏化させ続けようとする」なら

「個々の人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」等が

「強い実効を持つ事になる」。

「当たり前の事」だ。

「この当たり前の事を行うべき立場・権力等を有していながら、

行っていない者たち」は

「実質的に、日本社会を北朝鮮化しようとしている事になる」。

「そんな事を放置しておいて良い訳が無い」』。

『「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の論調等」は、

「本当に変」だ。

「飲酒運転を厳罰化させる事に大いに力を注いでいた」のに

「飲酒暴行・傷害等を厳罰化させようとしていない」のは

「明らかに変」だ。

「しかし、最も異常」なのは

「法等による

外からの圧力ダケを偏重して

日本社会の平穏化を図ろう等とし続けている事」であり

「人々の精神構造の健常進歩・正常進化の役に立つ情報配信等を行おうとしていない事」だ』。

『「飲酒による精神構造の退行化問題」を

「個々の人々の、飲酒適性問題等にすり替えてはいけない」。

「多大なストレス下に置かれている

元々酒に強い、

現状の横綱の一人」が

「飲酒により、自らの精神構造を退行化させてしまい

暴行問題を引き起こしてしまった事」から

「多くの視聴者・読者等が学ぶべき」は

「自己健常制御を強化・深化させる事の重要性」だ。

「公共性の強いテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「人々の自己健常制御の強化・深化の役に立つ情報配信等も

もっと、もっと、積極的に行うべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、「精神文化の進歩・進化を疎かにしたまま、ネット・SNS・AI兵器等批判等を行う、劣悪ぶり」等を常連出演者等が公共の電波上で露呈させていたが・・・。

『「現状の常連出演者等や番組制作・配信者等が行いたい事」は

「主として、

現状の社会・経済システム上」で

「自分たちや自分たちのお仲間」が

「大きな実権を得る・得続ける為」の

「実質的、大衆誘導・政治運動等」なのだろう。

「その様な実態」を

「露呈し続けて来ている者たち等」に

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信権等」を

「与え続けている必要は全く無い」。

「今時の人類が必要としている精神文化側での重要な仕事」が

「十分に出来ていない常連出演者等」も

「番組制作・配信者等」も

「早々」に、

「政治の政権交代の如く

少しでもマシな者たち等」に

「交代させるべき」だ』。

『「サンデーモーニングの本日の番組配信情報内容も酷かった」。

「例えば、国会質問時間の与野党配分について、

散々、常連出演者等の{野党を利すべき自論}等を配信した後、

現行の選挙制度上で自民党が得た得票割り合いを言い

自民党が得票割り合いの割りに、異常に多くの議席を占められている事を

さも問題であるかの如く風潮」すれば、

「多くの視聴者の頭の中」で

「野党支持者はかなり居る」との

「誤った考え・思い・感等をつくり出させる事等が出来てしまう」。

「マインドコントロールの手法」が

「其処に在る」』。

『「実際」は、

「現行選挙制度上」では

「投票しない、出来ない人々」が

「かなりの割り合いいる」。

「もちろん、その全てが野党支持者の訳も無い」。

「選挙区と比例区の両睨み投票上」では

「バランス感覚から、それぞれ違う政党候補者・政党に入れる人々」も

「かなりいる」。

「それらの人々が、単独選択を強いられた場合、

与野党が現行制度上で得た支持票割り合い」も

「必然的に変わる事になる」。

「現行選挙制度上での結果」は

「相応に重んじられるべき」で

「現行選挙制度上での結果を批判・非難等する」なら

「選挙制度批判・非難等であって然るべき」だ。

「マインドコントロールの手法を使って

如何にも野党支持者が多い{幻想}を

多くの視聴者等に持たせよう・・・とする」のは

「明らかに、劣(上記の様な実体が分らないなら)悪(上記の様な実体が分っているなら)だ」』。

『「劣悪者を公共の電波上に常連出演させ公然化する事」の

「実害」くらい

「真剣に考え、

実害を無くす為の実効のある対策」を

「意識的かつ積極的に行うべき」だ』。

『「日本の政治問題でも、劣悪ぶりを露呈している常連出演者等」は

「従軍慰安婦像問題」等でも

「劣悪ぶりを露呈していた」。

「所謂、従軍慰安婦の実体」は

「{売春が合法}だった

{戦時中}の

{従軍高報酬売春婦}」だ。

「現状の人間社会で言う」なら

「合法の風俗嬢等」が

「戦地に匹敵する厳しい環境のあるところに赴く事」で、

「かなりの高報酬を得られる状態を得た事」と

「同じレベルの事」だ。

「軍の将校より高報酬だった場合も少なく無かった」。

「日本国内(朝鮮半島内等も本土以外の地域も含む)の多くの人々が

貧困下にあった当時」、

「その高報酬が目当てで、

自主的に合法職を選択した人々も居れば、

親や兄弟や親戚等により

強制的に仲介人等に{売り渡された}人々もいる」。

「その様な実態だった」から

「韓国等以外では、今更、大問題化させようとはしていない」。

「当時の朝鮮半島内からの

朝鮮人従軍慰安婦」で

「意に沿わぬ従軍慰安婦だった人々の実態」は

「お金の為に、

朝鮮人の親・兄弟・親戚等により、

朝鮮人の仲介人に売り渡され、

売春の仕事の上がりを

仲介人や親・兄弟・親戚等に取り上げられていた人々」等になる。

「朝鮮人従軍慰安婦問題が実態通りに問題化される」なら

「金の為に売り渡した朝鮮人の親・兄弟・親戚等や

買った朝鮮人の仲介人や

売春の上がりを貪り取った上記の者たち等」が

「問題とされる事」が

「当然」になる。

「この様な実態を誤魔化す為」に

「今時の人権観や女性差別問題観等を前面に出し、

旧日本軍の悪事というレッテルを付けて

内実としては、

反日運動を行う事により

日本から金や利権を無理やりにでも得る事や

韓国内で自己正当化を謀る事や

日韓分断により北朝鮮等の利を図る事」等の

「実効を得ようとしている」のが

「従軍慰安婦問題で大騒ぎしている者たち」の

「実体」だ。

「普通に考える」なら、

「当時の社会実態や事実・現実に基づかず、

当時の実態の一部を現在に持ち出し、

それを実質的、利権運動や政治運動等に

利用しようとしている」のは

「劣悪」だ。

「それなのに、常連出演者等の論」では

「その劣悪をサポート状態だった」のだから

「本当に酷い」』。

『「従軍慰安婦問題化問題」で

「日本のテレビ・マスコミ等が行うべき」は

「当時の実態」を

「当時の社会実態と共に、

事実・現実通り」に

「従軍慰安婦問題化問題の実質的、被害を受けているところの大衆や

多くの日本国民」に

「周知させる事」だ。

「戦時中の合法高報酬売春婦」を

「今時の大問題にさせる事で利権等を得ようとしている者たち」や

「日韓関係を分断させようとしている北朝鮮等の者たち」等の

「利に適う論等を

日本の公共の電波上に一方的に撒き散らす者等」を

「常連出演等させている事」は

「明らかに酷い」』。

『「其処には、

韓国や北朝鮮等の劣悪実権者・劣悪国家指導者等の手下的様相」が

「露呈」している』。

『「今時の

テレビ・ラジオ・マスコミ・映画・アニメ・小説・音楽等々や

学校教育等」の

「重大な仕事」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事による

人類の精神文化・精神構造の健常進歩・正常進化への貢献」だ。

「何故なら、

既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用している

人類の物質文明側では、

既に、急速な進歩・進化を実現し続けている状態になっているから」であり、

「物質文明側と精神文化側のバランスの喪失」は

「人類に容易に重大な自虐行動を行わせてしまうから」だ。

「物質文明側の進歩・進化」は

「産業革命以降、とても顕著」だが、

「物質文明側相応の精神文化側の進歩・進化を実現出来ていなかった人類」は

「その後、二度も、世界大戦という超自虐行動まで起こしてしまっている」』。

『「現状で露呈し始めている

AI兵器問題」や

「ネット・SNS問題」等々の

「健常解決の為」にも

「人類の精神文化・精神構造の健常進歩・正常進化」が

「絶対に必要」だ』。

『「内実」として、

「AI兵器問題を知っているゾ~!

こんなに酷い問題になる可能性があるんだゾ~!

みんなにも教えてやるゾ~!

人より早く知り、知っている事をみんなに教えてやっている

その酷さも告発出来ている

オレは偉いだろ~!

みんなオレを認めろよ~!」等々みたいな事を

「行っているダケの者」を

「常連出演等させ、

常連出演者等に過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、

ロクな事態は生じ得ない」。

「今時のテレビ・ラジオ・マスコミ等の出演者・執筆者等」なら

「人類の精神文化・精神構造を健常進歩・正常進化させる事の重要性・必要性等」を

「訴え」、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実等を

意識的かつ積極的に実用する事」で

「例えば、

AI兵器問題や

ネット・SNS問題等々」を

「多くの視聴者・読者の頭の中で紐解く為の

役に立つ

情報配信が出来ていて当然」だ』。

『「筆者は、

先ず、多くの人々の死生観・人生観を

科学レベルで判明している

実体や事実・現実との整合性を高める事により

健常化・正常化する事」こそが

「人間世界・多くの人類の精神構造」の

「健常進歩・正常進化」に

「直結する」と

「考えている、感じている」から

「その旨やその内容等を、

以前から、何度も記している」。

「個人レベルで既に出来ている事」が

「優等生集団とも言われているテレビ・ラジオ・マスコミ等々で

出来ない訳も無い」。

「一番簡単な方法」は

「既に出来ている事」の「上辺」を

「大衆受け入れが容易くなる様」に

「脚色して紹介する方法」等だろう。

「つまり、上辺の脚色が得意な者たち」の

「得意技を活かせば良いダケ」だ』。

『「それでも、行わない、行えない、裏に在る」のは

「未だに、行い続けたい様相」の

「利権誘導や政治運動等」と

「強く推定出来る」。

「つまり、人脈の問題」と

「強く推定出来る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

相変わらず「丸ごと一人の死生観等に基づく、事件・事故ドラマや血統家族主義ドラマ」等が旺盛だが、製作者も視聴者等もその実効くらい理解・把握するべきだ・・・。

『「丸ごと一人悪者役」に「事件・事故等を起こさせ」、「丸ごと一人正義役」に「その上辺での解決等を行わせるスジ」の「上辺ダケ」を

「多種多様にすれば、

現状のテレビドラマ等の脚本等」は、

「いくらでも出来てしまう」。

「そんなモノに過分な利権を持たせ続けている事の実害」は

「本当に、甚大」だ』。

『「多種多様になる要素」として

「演じる者たち等の選択」や

「殺傷方法や殺傷動機等の選択」や

「事故形態や事故原因等の選択」や

「解決方法や解決内容等の選択」や

「場所や風景や時代等の選択」等々が「在る」。

「選択するホンや撮る者等や脚色する者や演じる者やロケ場所等の選択」も

「大いに利権と絡んでいる」』。

『「内実」としては、

「何れにしても、

上辺の違いが主」だ。

「その意味では、どれを選択しても、大差無い事になる」。

「どの局でも同様・・・」だから

「比べっこされても、困らない」。

「余程のバッシング要素や余程の客寄せパンダ的要素等が無ければ、

視聴率も似たり寄ったり・・・になる」。

「同レベルのモノの中から、

選択している限り

選択権を持つ者の大権も安泰になる」。

「選択権を持つ者の大権の維持~増大等」や

「利権分配先の選択結果等」にも

「現状テレビドラマ等」の「実効の一面」が「在る」』。

『「何処の局のどの番組でも、

そのドラマの精神構造と同様の精神構造」が

「そのドラマを視聴する事により

知らず知らずの内に、

視聴者等の頭の中で再現される事になる」。

「ドラマを見ているダケ・・・」で

「視聴者の頭の中」では

「ドラマを制作・配信等している者たちが

{与えている}精神構造」が

「繰り返され、{覚え込まされている}」のが

「実態」だ』。

『「例えば、

丸ごと一人の死生観・人生観もそう」だ。

「丸ごと一人主人公である正義役」に

「自分を投影・転嫁{させられ}ながら

事件・事故等を解決するドラマ等を見ている人々の頭の中」では

「丸ごと一人レベルで正義が悪をやっつける精神構造等が覚え込まされている」。

「その実効」は

「丸ごと一人レベルでの成功や失敗を是認する事」が

「当然」と「考え・思う事等」でもある。

「丸ごと一人の死生観や人生観に基づいて、

丸ごと一人が殺傷等され

丸ごと一人の正義役が

丸ごと一人の殺傷という重大悪事を働いてしまった

丸ごと一人の悪者役を

捕まえる事で

その事件が解決出来た感・思い等」を

「視聴者が{抱かせられている}」。

「多くの場合」で

「お金持ちは正義として扱われ、

貧困が犯罪の原因等として描かれている」が

「丸ごと一人のお金持ちを正義と思わせる精神構造の育成」は

「現状で丸ごと一人大金持ちである者たち等にとっては有益」でも

「格差・貧困等の是正には有害」だ。

「何故なら、

金持ちも貧乏も相対的なモノで、

金の分配状態の差でしか無く、

現状の大金持ちを認める事は

金の分配状態の是正を困難にする事に直結しているから」だ』。

『「丸ごと一人の死生観・人生観の現実離れぶり」は

「既に、科学レベルで判明している

細胞ごとの誕生・死という

人間の誕生・死の実態・実体からも明らか」だ。

「丸ごと一人の意識・認識」は

「丸ごと一個体の健常制御を継続させる為に非常に有益」だが

「丸ごと一人の意識・認識を

他の者・物・事に投影・転嫁し強く意識・認識する」と

「他の者・物・事の支配や

他の者・物・事による被支配を

欲する代償欲求を過剰追及する

成人としては不健常な状態に陥り易くなる」。

「成人としては不健常な状態で居ながら、

丸ごと一人で正義ぶりたがる精神構造を持つ人間をつくり出す反面で

成人としては不健常な状態に居る、

現状人間世界等からはダメ出しを受けている実感等を持っている人間を

丸ごと一人の悪人へと誘う精神構造を仕込んでいる」のが

「丸ごと一人の事件・事故ドラマ等の実体」だ』。

『「上記の実体」は

「ファミリードラマや血統家族主義ドラマ等」でも

「基本的に同じ」だ』。

『「そんな丸ごと一人ドラマばかり・・・を蔓延らせている現状」では

「多くの視聴者の精神構造の健常進歩・正常進化が誘われる訳も無い」。

「多くの人々の精神構造の健常進歩・正常進化を阻害する事等により

現状利権を維持~増大等し続けたい者たちにとって」は、

「合理的な実態になる」。

「いじめ、殺傷事件、テロ、戦争等々を維持させながら、

現状利権上で

他の者・物・事等からのお墨付きを得ながら、

大量消費自慰生活等をし続ける事に傾注している状態の

悪魔に魂を売り渡した者たち」にとっては

「丸ごと一人の死生観・人生観等に基づいたドラマ等ばかり・・・の状態こそ」が

「好都合」になる』。

『「映画でも、アニメでも、小説でも、音楽等々」でも、

「上記の事態は変わらない」。

「性能の悪い精神文化製品の実害」は

「多大」だ。

「性能の悪い精神文化製品等の

実質的、押し売り等しか出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」で

「人類の物質文明製品」は

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている」。

「精神文化製品でも同じ事を行えば良いダケ」だ。

「それは、

少々の知恵と、

意思・意志さえ有れば、

何処の誰でも出来る事」だ。

「現状で

既に、

テレビ・映画・アニメ・小説・音楽等々の仕事(???)が

{出来る}立場を既に有している者たち」の

「資質」は

「強く問われて然るべき」だ。

「現状人間世界で

性能の悪い精神文化製品を

実質的に、押し売りし続けながら、

過分な高報酬等を受け取り続けている者たち等」には

「99%の所得税、否、むしろ、罰金刑等が与えられて然るべき」だ。

「更に、過分な立場・権力等も取り上げられるのが当然になる」』。

『「現状で優位な立場・権力等を保持している者たち」が

「その態度を是正しない」なら

「それらの者たち」は

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たちになる」』。

『「丸ごと一人の事件・事故ドラマや血統家族ドラマ・ファミリードラマ等々」により

「精神構造の健常進歩・正常進化を大いに阻害されている多くの視聴者」が

「今時として、性能の良い精神文化製品レベルに在るドラマ等を

見る事が出来る様になる事による

人間社会の是正効果」は

「かなり大きくなる」。

「その先」には、

「自己健常制御の継続を当たり前とする人々が溢れる

不当な格差も是正され、

人々が内在させざるを得ない不平・不満等も大幅に減少した

殺傷事件が激減した、

テロ・戦争等の撲滅と

世界平和が実現した

どんどん高度になって行く人類の物質文明製品を

安全に使える精神構造を持つ人間たちで溢れた

宇宙への本格進出も在る

本来あるべき人間世界」が

「実在する」』。

『「劣悪レベルの仕事???しか出来ていない、今後も出来ない者たち」は

「テレビ・ラジオ・映画・音楽等々上の

重要な立場を去り、

その座を

今時の人類が求められている仕事が出来る者に譲るべき」だ』。

『「丸ごと一人の死生観・人生観で多くの人々を縛り続ける」なら

「近々、確実に、物質文明製品の急速な進歩・進化が人類滅亡をもたらす事になる」。

「人の誕生・死の実態に忠実」に、

「約60兆とも言われている今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

狭義の自分」と

「狭義の自分と細胞レベルでの命の連続性を持つ

地球上の全ての生物である

広義の自分」を

「理解・把握・実感する人間」に

「多くの人々が成長出来る状態をつくり出す」なら

「広義の自分に永遠の命をもたらす事も不可能では無くなる」。

「人類滅亡」と

「広義の自分の永続」の

「どちらを選択すべきか?」は

「言うまでも無い事」だろう。

「丸ごと一人の死生観・人生観や

血統家族主義等に基づいて

いくら子孫を残しても

人類が滅亡する」なら

「根本的に、意味が無い」。

「根本的に意味が無い事を追及する」のは

「根本的超おバカか、悪」になる。

「超おバカは、

丸ごと一人の死生観・人生観や血統家族主義等上で頑張る前に、

自分を、普通に、利口にする事を頑張るべき」だ。

「悪は、自分を悪状態にしている者・物・事の解明・告発・是正等を頑張るべき」だ。

「根本的に行うべき事を誤る」と

「根本的に人生を誤る」。

「当たり前の事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

モンゴル力士会日馬富士暴行問題でも「悪者さがし等し正義ぶっていたり・・・」等している劣悪常連出演者等問題・・・。

『「モンゴル力士会」で「大量の酒を飲んだ横綱日馬富士」が「貴の岩に暴行した問題」の「本質は何か?」

「酒の席でもあった力士会内」でも「横綱・平幕の上下関係は有効だった」のだから

「どちらの力士」も、

「横綱には横綱としての、

平幕には平幕としての、

態度が求められる状態に有った事になる」。

「横綱の話し中」に

「スマホを操作した事」も

「平幕として不適切」なら

「スマホを操作した事に対し、

暴行で応じた横綱も不適切になる」。

「それでは、両力士共、何故、不適切行為を露呈させてしまったのか?」

「それこそが、この問題の本質」だ』。

『「一般的に、

人間の脳内」では、

「飲酒により

ブドウ糖の増加と

アルコールによる麻痺が起こされている」。

「脳を活動させるエネルギーは増加している」が

「麻痺により脳の制御状態は希薄化されている」。

「この様な状態下に陥る」と

「多くの人間が

行動原理を司る精神構造面でも

退行現象(子ども返り・乳幼児返り)を

露呈し易くなる」。

「退行現象」だから

「元の精神構造が何処に在るのか?」によって

「退行時に先ず露呈する状態も変わる事になる」。

「元の精神構造」が

「本質・快適等探究の成人レベル」なら

「退行時」には

「武力・暴力等によらない比べっこレベル程度に収まる場合が多くなる」。

「元の精神構造」が

「武力・暴力等によらない比べっこレベル」なら

「退行時」でも

「武力・暴力による比べっこレベル」に

「退行し易くなる」』。

『「飲酒量と酒に対する耐性によって

退行の深さは変わる事になる」』。

『「退行時に限らず、

人間が露呈する行動実態を生み出させる要素」として

「それまでの情報・教育等や本人の努力等により構築されて来ている

当人の精神構造」や

「その人間を取り巻いている

人間関係や

環境等」に

「基づいて

着々と脳内に擦り込まれ続けて来ている

相手や周囲等に対する理解・把握等」が「在る」。

「其処に、強い欲動等が重なり、

トリガーが引かれ行動を具現化させている」のが

「多くの人間の実行動の実体」だ』。

『「人間に限らず生物内に

常に生じている

強い基本欲動」は

「存続欲」であり

「存続欲に基づいた自己確認欲~自己承認欲」だ。

「それは、細胞レベルの根底欲」だ。

「人間の場合」は、

「一個体で約60兆とも言われている程、細胞数が多く、

更に、多種多様・多種共存状態にある事で

高い構築度を実現し

高い構築度故に内在させる事が出来ているエネルギーや自由度も高い」。

「その膨大な根底欲」は

「多くの場合、無意識レベルの欲動となっている」』。

『「その無意識レベルの膨大な欲動」が

「トリガーとなり、

意識上で、散々、好き勝手に、加工されて来ている

考え・思い・判断等を基に

実行動が引き起こされている」。

「意識上の加工には実が伴う必要性も無い」ので

「実体離れした自虐行動等さえも

{行えてしまう、行えてしまって来ている}」のが

「自己制御が実体離れし過ぎている

人類の自虐歴史」だ』。

『「実体離れしている考え・思い・判断等に基づいた自己制御」は、

「免疫を養う為に、

遊び程度に、

程々に、

・・・」が

「自己健常制御の基本」なのだが』。

『「自己健常制御の基本を逸脱した時・体験を重ね続けて来ている人間」には

「本当の(実体や事実・現実に基づいた)

自信(自己承認)等」が

「在り得無い」。

「それでも、自己承認欲求等は在り続けている」。

「そんな場合、

そんな自分の状態自体を変える事による

本質的な解決を図らず」に、

「自己承認欲求ダケを追及する」と

「他の者・物・事等に自己健常制御を逸脱したのままの自分を認めさせる事による

自己承認欲求の代償欲求を過剰追及する

実質的、病気状態に陥る事になる」。

「現状の人間世界」では、

「世界中の至る所に多数居る、

亡者の如く

金・名誉・権力・異性・豪華な品々・慰めのイベント等々を求め続けている

自分の実体や自分の実体やその実体の本来の目的さえ???のまま

代償欲求の過剰追及で充足される訳の無い本来欲求を満たそうとし続けている

今時の人類としては、自己制御の悪過ぎる人間の実体」が

「其処に在る」』。

『「今時の相撲の実体」も、

「他のスポーツ等々と同様」の

「比べっこ」による

「多くの人々の現実逃避の受け皿」だ。

「多くのj人々は、現実逃避の受け皿を重用し、

その受け皿内での重鎮等に

大量のお金や権力等まで与える事により

自らの現実逃避を正当化し続ける為の有益な道具にしよう・・・と

し続けている」。

「その自覚を持てていない場合がほとんど・・・」だが』。

『「自覚無き、現実逃避受け皿産業等の信者等」も

「自覚無き、現実逃避受け皿産業の担い手等」も

「本当の(実体に基づいた)自信(自己承認)」など

「持てている訳も無い」。

「更に、精神構造が比べっこレベル」なら

「酒が入って退行現象が引き起こされるなら、

暴力事件等にまで至ってしまう場合も少なく無い」のは

「極めて、当然の現象」だ』。

『「今回の日馬富士暴行問題」も

「その氷山の一角に過ぎ無い」』。

『「この様な現状人間社会」で

「酒による退行の実害を出来るだけ抑えようと{させる}為の

{上辺からの工夫}が

飲酒の禁止や厳罰化」だ。

「自動車運転の世界では、既に、実践され、

相応の実効を上げている」が

「もちろん、{上辺からの工夫}ダケで

問題が解決出来る訳も無い」。

「更に、{上辺からの工夫による圧力}は

それを必要としていない人間たちにとっての

新たなストレスにも成り得ている」。

「モグラ叩きダケ」では、

「モグラが出て来る問題自体を

本質的に解消出来る訳も無い」。

「例え、

全てのモグラを{叩けた}ところで、

少々の金を入れるなら、

次の回、

また新たなゲームはスタート出来てしまう」。

「人間の精神構造自体を進歩・進化させる事抜き」に

「法や警察・軍備等の圧力ダケで

人間世界の問題を押さえ込もうとする事」は

「繰り返せるモグラ叩きゲームを連綿と続けようとしているダケの愚行に過ぎず、

愚行に時間を費やしている間に

精神構造の進歩・進化不全という

内在させ続けてしまっている重大問題が

人類滅亡をもたらす事になる」』。

『「本当の悪者」は

「現状人間社会・経済システム上」で

「知らず知らずの内に問題行動等を露呈させられている者たち等」では

「無い」。

「連綿と

悪者状態に陥る人間をつくり出す

情報・教育・政治・社会体制・経済システム等々」を

「温存させ続けようとしている者たち等」に他ならない。

「その上で、上辺で正義ぶる事等により、

過分な立場・報酬・権力等を得続けようとしている

必要な仕事が出来ていないのに

過分な利権等を得続けようとしている者たち等」だ』。

『「ダビンチのキリストの絵」は

「本物であった事」が

「科学的検証で明らかにされた」ら

「絵の値段も500億円以上にまで跳ね上がった」。

「一枚の絵に過剰な金銭的価値を与える事自体、異常」だが

「その異常さを告発する常連出演者等は皆無状態」だ。

「科学的検証により歴史的意味がある絵として一枚の絵が認定される状態に成り得た事」は

「重大」だが

「その、本来なら、然るべき所に所蔵され、展示され、

価値を見出せる人々に観てもらえる状態に置くべき絵」に

「過剰な金銭的価値を付け、個人所有~金転がしの道具化も可能にしている異常事態」は

「早々に、是正されるべき」だ』。

『「科学的検証」により、

「生物の誕生・死は、細胞レベルの実現象である事」は

「既に、判っている」。

「ところが、この重大事実の実用度合い」は

「未だ未だ、低いまま・・・」だ。

「地動説同様、

多くの人々が目の当たりにして、

実用すべき実体」なのに

「人の意識の天動説に執着し続けようとしている亡者状態の人々」は

「未だ、多い」。

「しかし、それでも、人の誕生・死は細胞ことの実現象」だ。

「天体の地動説の裁判」は

「遠い昔に終わり、

科学レベルで判明した実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用し続けて来ている

人類の物質文明側は、

急速な進歩・進化を実現出来て来ている」。

「多くの人類の中」で

「人の意識の天動説が地動説へと実体通りに是正され、

人類の精神文化面でも

物質文明側同様に

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事による

急速な進歩・進化が実現される」のは

「何時の日か?」

「物質文明上での産業革命」と

「同様の事態」が

「今時の生きてる人類に、強く求められている」。

「その為の情報・教育」は

「本当に、重要」だ。

「言葉を教えられていない人々が言葉を実用する事」は

「非常に困難」だが

「言葉を教えられている人々は、世界中の何処の人々でも

ほとんど全ての人々が

言葉を実用出来る状態になれている」。

「教えない事は罪」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

歴史教育の見直しと現状文系教育等の重大問題・・・。

『「現状」の「所謂、文系教育やその結果に基づいた所謂、文系の仕事」には「重大な欠陥がある」。

「誰もが、薄々とは感じている筈」の「その重大な欠陥」を

「知覚する事は簡単」だ。

「現状の所謂、文系界の状態」を

「単純化して、比喩する」と

「以下の様な事態となっている」』。

『先生「・・・みんな、人間が新陳代謝している事を{覚えた}かな?」

生徒「{覚え}ました」。

テスト「・・・人間は、●●●●している、の●●●●部分を答えなさい」。

優等生「{新陳代謝}と書く」。

少し足りない生徒「しんちんたいしゃは{覚えている}けど漢字にするとどうだったっけ?」

授業に参加{出来て}いなかった生徒「わけわからない・・・。テスト嫌い!」

・・・・・・・。

「同様の事が、色々な事で行われ、その集大成として、

{沢山覚えた}優等生」は

「より良いとされている学校に行き、より良いとされてる社会的立場を得て

より高い報酬やより高い権力等を持つ」・・・。

「少し足りない生徒」は

「それなりの学校に行き、それなりの社会的立場を得て

それなりの報酬とちょっとした権力等を持つ」・・・。

「授業に参加{出来て}いなかった生徒」は

「不良品扱いされ、キツイ・汚い・苦しい社会的立場を{強いられ}

低い報酬と無きに等しい権力等を持つ」・・・。

「そして、皆、年齢を重ねる」。

「新陳代謝と書けた優等生だった者」は

「大きな家に住み、贅沢な生活をし、子孫も残し易く、大きな墓を求めたりする」・・・。

「少し足りない生徒だった者」は

「それなりの家に住み、それなりの生活をし、

子孫を残せば困窮するので子孫も残し辛く、

それなりの墓を求めたりする」・・・。

「授業に参加{出来て}いなかった者」は

「住処にも苦労し、食わずの生活を強いられる場合も少なく無く、

異性パートナーを得る事も困難で子孫も残せない場合も多く、

墓などどうでも良い・・・等と、諦めていたりする」・・・。

「優等生たちが自分を優等生にして優等生に利をもたらしてくれる社会構造の中でどんなに頑張っても、

社会は不平・不満で溢れ、

殺傷事件は枚挙に暇が無く、

テロ・戦争等まで起きてしまっている」・・・。

「所謂、理系側、

人類の物質文明や物質文明製品は

どんどん現実として進歩・進化し続けている」ので

「殺傷事件やテロ・戦争等に悪用されてしまう物質文明製品もどんどん高度になっている」・・・。

「新陳代謝と書けた優等生が大きな墓を求めたりする」、

「馬鹿らしさ」の「裏」で

「人類滅亡の日がどんどん近づいている」・・・。

「それは、

所謂。文系の仕事の本懐」である

「人間世界の精神文化の進歩・進化」や

「人間の精神構造の健常成長」への

「現実効果を上げられていない

{優等生}に

過分な立場・報酬・権力等を与え続けている結果でもある」・・・。

「新陳代謝という漢字を書ける事」と

「人間の新陳代謝の内実である

人間の誕生・死が細胞ことの実現象である事」を

「ちゃんと理解・把握出来ている事」には

「大きな違いがある」。

「新陳代謝という漢字をかけても、

内実の理解・把握が不十分で

丸ごと一人の死生観・人生観に執着・・・」では

「その何処にも、優等生としての実体は無い」。

「丸ごと一人の死生観・人生観に執着していない」なら

「丸ごと一人レベルで個人を偏重する事により必然的に生じる

人間の不平・不満等を

ワザワザつくり出す事等を

是正しようとする」のが

「当然」になる』。

『「試験で問われる事等を{大量に覚えている}ダケの

似非優等生に

過分な立場・報酬・権力等を与え続けている裏に在る」のは

「立場・報酬・権力等を与える者たちの自己承認欲求の代償欲求の追及」だ。

「{大量に覚えている}ダケの者たちに次を任せる事」で

「自己正当化を謀ろうとしている醜態」が

「其処に露呈している」。

「不平・不満が溢れ、

殺傷事件も枚挙に暇が無い

テロ・戦争まである

人間社会」の

「明らかな改善」が

「出来ていない事」は

「現状までに相応の立場・報酬・権力等を保持して来ている者たち」への

「現実のダメ出し」だ。

「どんなに、

自分たちと同様の状態の者たち等を重用し続ける

負の世代交代を連鎖させたところで、

現実のダメ出し」が

「似非優等生を優等生として認める現実」に

「替わる事はあり得無い」』。

『「人間の精神構造」を

「物質文明側同様に、

意識的かつ積極的に

健常成長させようとしていない現状の人間世界」では

「似非優等生状態の少し足りない人々」も「少なからずいる」。

例えば、

「核兵器廃絶が大切である事」等を

「{覚え}訴えている人々」だ。

「訴えているダケでは実効が無いから、法で縛って実効を得よう・・・」等とは

「少々、合理的でもある」が

「肝心要が抜けている」から

「その実態は{似非優等生}と同様」になる。

「また、法など守らない者たちも少なく無い」のが

「現状人間世界のお寒い実態」だ。

「核兵器廃絶が大切である事」等は、

「ほとんどの人類が重々知っている事」だ。

「でも実現出来ていない」。

「何故か?」

「現状人間世界の基本精神文化」が

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権・被支配権争いだから」だ。

「そんな現状人間世界の精神文化上」では、

「後ろ盾になる武力」も

「より大きい方が有利になる」。

「その結果、現状では最強と多くの人類が考え・思っている核兵器を持つ事」を

「諦めない、諦められない国々や人々等が多くなる」。

「核兵器廃絶の為」には、

「人間世界の精神文化」と

「人類の精神構造」を

「核兵器要らずにする必要がある」。

「つまり、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権・被支配権争い」という

「乳幼レベルの精神文化」から

「科学レベルで実体・本質・快適を探究し、

人類の実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性を取って、

適材適所の快適人間世界を構築する

成人レベルの精神構造」を

「多くの人類が持つ事」により

「人間世界の精神文化も正常進化させる事」が

「必要になる」。

「精神構造・精神文化の進歩・進化への言及抜きの訴えや法整備等」では

「実効が上がる訳も無い」』。

『「歴史も覚えるモノでは無い」。

「{覚えるべき事}の数が多いの少ないの・・・等」と

「戯けた事でお茶を濁していても仕方無い」。

「その当時、その地域等」での「物質文明状態等」と

「合わせ」て、

「その当時、その地域等」での「人類の精神構造」や

「その当時、その地域等」での「人間世界の精神文化」を

「学ぶ事等により、

精神構造や精神文化の健常進歩・正常進化の方向性を見極め、

今生きている自らや今の人間世界」の

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の役に立てる事」こそが

「実効のある文系教育として重要」だ』。

『「所謂、文系の情報・教育が健常化・正常化される」なら

「自己健常制御を継続出来ている状態の人間が大部分になる」。

「比べっこ故に必要となる

他の者・物・事の支配や

他の者・物・事による被支配」という

「成人なら代償欲求となる事の過剰追及状態」は

「必然的に抑制」され

「殺傷事件も激減し、

テロ・戦争等の集団的自虐行為は無くす事が可能になる」。

「世界平和」は、

「人類の精神構造と

人間世界の精神文化の

健常進歩・正常進化により

実現可能になる事」だ』。

『「実効が上げられていない者たち」を

「重用し続ける必要は全く無い」。

「それは、所謂、理系・・・物質文明側を見る」なら

「誰もが納得出来る事」だろう。

「現状の所謂、文系・・・精神文化側の世界」は

「この意味からも

明らかに、異常で、オカシイ」』。

『「新陳代謝という漢字を書けても、

丸ごと一人のあの世や魂等を

真剣に{信じられている}

似非優等生等」と

「同様のオカシサ」が其処に在る』。

|

上辺では何も出来無くなっている様相の北朝鮮だが・・・。

『「北朝鮮非難の国際的包囲網」や「北朝鮮を殲滅するに十二分な軍備を使った米韓・ 米日の合同演習」等の「実効故か(?)」、

「もはや、表立った事は、何も出来ない様相の北朝鮮」・・・。

「更に、トランプ大統領の金正恩とお友達・・・つぶやき」も

「{与えられ}、

後」は、

「核放棄宣言して、トランプ大統領とのお友達になる」か、

「殲滅される」かの

「二択しか無い崖っぷち」に

「追いやられている金正恩」・・・。

「それでも、

主として、日韓内等他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」は

「未だ、旺盛なまま・・・」だ。

「まるで、消える直前のロウソクの火の様に」・・・』。

『「北朝鮮が既に詰んでいる事」は

「ほとんどの人々が既に、理解・把握済み」だろう。

「未だに、工作活動等を一生懸命行い続けている者たち」でも

「余程のおバカや悪等では無いのなら、

既に、重々承知の事」だろう。

「それでも、未だに、電磁波工作等々の工作活動等を

連綿と増大させ続けながら行い続けている裏にある」のは

「工作報酬や粛清工作への恐怖心故等」と

「強く推定出来る」。

「拉致工作からも明らかな様」に、

「北朝鮮劣悪国家指導者等により

一般日本国民と北朝鮮に居る工作員等の親戚等を天秤にかけさせられる」と

「北朝鮮に居る工作員等の親戚等を優先」し、

「北朝鮮に居る工作員等の親戚等の為」に

「一般日本国民を平然と犠牲にして来ている」のが

「日本国内で

連綿と

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動等を行い続けて来ている者たちの実態」だ。

「そんな者たちを徹底摘発し、北朝鮮に強制送還・強制送致等する事等」により

「一般日本国民の安全・安心を守れて来ていない日本政府・警察等もどうかと思う」が

「その裏に在る」のが

「北朝鮮による

日本国内の政・財界工作や

情報・教育工作や

核・ミサイル等による脅し」と

「強く推定出来る」。

「その核・ミサイル等による脅し」が

「近々、無効化される事になる」上に、

「現状の日本の政権は従北政権では無い」のだから

「未だに、日本国内で工作活動等を行い続けている者たち」は

「出来るだけ早く、足を洗う事」が

「身を守る事に直結している事になる」』。

『「核・ミサイル等による脅しの無効化」には

「日本国内の粛清工作の無効化も

北朝鮮内の工作員等の親戚等の解放等も

付いている」のだから

「もはや、決している勝負で負け組のままを維持する事」は

「本当に、愚かな事になる」』。

『「北朝鮮問題の今後」は

「既に、決まっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

自ら

核・ミサイルの開発等と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄しない場合」、

「間違い無く、

先ずは、

限定的な軍事オプションが実行される事になる」。

「限定的軍事オプションの実行に対し、

中・ロ等が反撃し、

全面戦争を行う道を選択する訳も無い」。

「もちろん、北朝鮮が反撃すれば、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ』。

『「限定的軍事オプションの実行に対し、

反撃出来ない

北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体が露呈する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等の求心力も地に墜ちる事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等を主軸とした実質的カルト宗教」は

「其処で終わる事になる」』。

『「陰険なナチス・ヒトラーの余命は、もう短い」。

「金正恩等が生き延びたいのなら、

陰険なナチス・ヒトラーを止め、

核・ミサイルの開発等や

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を放棄し

改革・解放政策に転じる事」だ。

「そして、トランプ大統領等の友人となれば、

過去の罪と改革・解放の功が相殺され

生き延びる事も可能になる」』。

『「余程のおバカや悪では無い」のなら

「選択すべき道」は

「既に、重々承知の筈」だ。

「後は、選択を実行する度胸が有るか?否か?の問題」だ』。

『「最悪なのは、チキンレース継続のまま殲滅される道しか選べないチキン」だ。

「チキンを国家指導者にし続けている」なら

「北朝鮮や他国内の北朝鮮系の者たち等もチキンと見なされ、

北朝鮮問題解決の為にチキンとして処理される事になる」。

「金正恩がチキンでは無い大物」なら

「近々、北朝鮮問題は平和的に解決される事になる」』。

『「日本国内で、

未だに、

電磁波工作・飲食物工作・侵入工作等々の

非人道的な工作活動等を行い続けている者たち」の

「近未来」は

「早々に工作活動等から足を洗わなければ、

行って来ている事故に、

惨憺たるモノになる」』。

|

{高報酬}常連出演者等が、相変わらず、精神文化・精神構造の健常進歩・正常進化へのロクな役に立たない情報配信等を続けているが・・・。

『「金権社会」では「貧乏人は罪人扱い」だ。「逆に、金持ち」は「金の出所もロクに問われず、正義の者扱いの場合が多い」。

「金権社会」では

「大部分の人間」が

「罪人扱い」され、

「金の為の労働」という

「懲役刑」を「否応無しに強いられている」。

「産まれながらに金権・立場等に恵まれた(???)者たち等」は

「まるで刑務所の看守の如く、

庶民を自分たちにとって都合良い状態に仕立て、

扱い・使いたがる」。

「模範囚の如き者たち等」には

「金権のオコボレが与えられ、

金権のオコボレを得た者たちのほとんど」は

「金権社会を擁護・維持等しようとする」。

「下々と下々の中の金権保有者にとって都合の良い者たち」による

「懲役刑の上」で

「金権保持者等は、金転がし等の手段で、益々、金権を膨らまし続けて来ている」。

「懲役刑を維持する為に有効な手段の一つ」は

「格差社会化」だ。

「金権社会で格差を設ける」なら、

「多くの人々」を、

「少しでもマシな状態を得る為」に

「金権の犬になる状態」に

「追い込める」。

「自らの実体やその実体の本来の目的等々は、何処へやら、

金権社会の中で少しでもマシな状態を得る為に

金権の犬と化した人々」は

「時には、不健常な手段まで使い、ライバルを蹴落としながら、

より良い状態を得る事が出来る

金権の犬となる為」の

「自虐競争を繰り広げている」。

「そんな金権人間社会」では

「何処でも、人々の中で、不平・不満等が渦巻いている」。

「自分の実体やその本来の目的に叛いているのだから、

それは、極めて当然の現実」だ。

「金権保有者」も

「金権の犬たち」も、

「この極めて当然の現実」を

「直視しない為」に

「者・物・事に過剰依存し続ける状態を得る事」という

「現実逃避のヤク」を

「求め、飲み続けている」。

「人間も自然環境も、

多くの人間たちの精神構造と

人間世界の精神文化が創り出して来ている

具現化実態故に

自らの中から、

ボロボロに崩壊し始めている」。

「人類が存続するなら、

無くなる事になる

現状の多くの人間たちの未熟過ぎる精神構造と

現状の人間世界の低レベル過ぎる精神文化」に

「現実逃避しながら、執着し続けている亡者たち」が

「正気になる」のは

「何時の日か?」

「人類滅亡を避ける為に必要な時間がある内で無ければ、

人類は、確実に滅亡する」』。

『「逆から見れば、

人類滅亡を避ける為に必要な事」は

「既に、明らか」だ。

「多くの人間の精神構造」と

「人間世界の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させれば良いダケ」だ』。

『「物質文明や物質文明製品の急速な進歩・進化を実現出来ている人間」に

「精神文化や精神文化製品の急速な進歩・進化が実現出来ない訳は無い」。

「何故なら、やるべき事は、基本的に同じ事だから」だ。

「物質文明側の急速な進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で

可能になっている」。

「精神文化側でも、同じ事を行えば良いダケ」だ』。

『「人間誰しも、自分の実体も???では、不安だらけ・・・になる」のは

「当然の現象」だ。

「人間誰しも、死の実態把握が出来ていなければ、死に対する大きな不安を抱く」のは

「当然の現象」だ。

「人間誰しも、どう生きれば良いのか?が分らなければ、人生に迷う」のも

「当然の現象」だ。

「この様な、何処の誰にでも共通している基本的な事から始め、

細部にわたって詳細に

精神文化側の健常進歩・正常進化の役に立つ仕事をする」のが

「所謂、文系の者たちが本来行うべき仕事」だ』。

『「幸いな事」に

「人間の実体」も

「死の実態」も

「既に、科学レベルで判明している」。

「生きている人間の誰もの実体」は

「約60兆とも言われている、

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群」であり

「その細胞群の命の連続性は、

遠くは、地球上で生命が発生した時まで繋がり、

そこから、色々なルートを辿るなら

他人も含む地球上の全ての細胞群にも通じている」。

「狭義の自分」は

「約60兆とも言われている今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群」だ。

「広義の自分」は

「他人も含む地球上の全ての生物」になる』。

『「死という現象」が

「細胞レベルの現象であり、

生きている人間なら誰でも、

今、この瞬間にも実体験している実現象である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「丸ごと一人の死生観」とは

「その様な実体が良く解っていなかった時代」に

「当時の人間たち」が、

「意識上で創り出した概念に他ならない」。

「死という現象の実体が良く解らなかった時代」に

「死という重大事に対する

人々の考え・思い・感情等」を

「人々の意識上で創り出した思考体系により

納得させ、落ち着かせる為」の

「工夫の産物に他ならない」』。

『「考え・思いによる納得法」は

「常に、実体や事実・現実と合っている訳では無い」。

「例えば、古の一部の人々」は、

「生贄による考え・思い上の納得を重用していた」が

「もちろん、

生贄に、

例えば、

天気を左右させたり、

橋や建造物等の安全を確保出来たり・・・する

実際の力がある訳も無い」。

「今時のほとんどの人間」は

「生贄の自虐性も実効の無さも知っている」から

「生贄を重用したりしない」。

「丸ごと一人の死生観」も

「同じ話し」だ』。

『「どう生きれば良いのか?」の

「答」も

「自分の実体やその実体の本来の目的から考えれば、

直に解る」。

「自分の実体は上記の通り」だ。

「では、その実体の本来の目的は?」

「根本的目的」が

「存続である事」は

「疑いの余地が無い」。

「広義の自分」が、

「増大化~多数化~多種化しながら共存し、

その構築度を上げる事」で

「時間経過による物理崩壊に抗い、

生物として存続して来ている実態・実体」は

「今時なら、小・中学生レベルでも十二分に理解・把握済みの事」だろう。

「生物原理で存続し続けて来ていた広義の自分」が

「巨大隕石の衝突等の事態を実感」し

「地球外への強い興味を抱き、

地球外への進出も目指して、

出来る限り高空にも行こうとした」が

「高空に限らず、

色々なところで、

生物原理の限界」を

「いやと言うほど味わい、

生物原理以外の道を求め続け、

実態/実体把握力とその応用力が秀でた人類にまで

健常進歩・正常進化して来た実態」も

「今時の多くの人々が良く知っている事」だろう。

「上記の事」からも

「人類としてどう生きるべきか?」は

「既に、明らか」だ。

「広義の自分の存続を維持する事」と

「広義の自分の宇宙での存続を可能にするべく、

必要な物質文明と物質文明製品を生み出し

実用して行く事」と

「それら高度な物質文明や物質文明製品を生み出し、実用しても

自虐状態を引き起こさないで済む様に

物質文明側以上に高度な精神文化・精神文化製品を生み出し、実用して行く事」等になる』。

『「ここで、人類の歴史を振り返るなら、

誰もが直に分る筈」だ。

「広義の自分を存続させる面」では

「人類の過剰偏重状態である事」。

「多種共存状態の継続が脅かされている事」。

「物質文明面」では

「進歩・進化はかなり早く出来て来ているが、

その実用面で、大いなる問題がある事」。

「精神文化面の進歩・進化」が

「圧倒的に遅れている事」』。

『「この様な現況」は

「既に明らか」なのに

「未だに、出来の悪い精神文化製品である現状社会・経済システム上での

利権争奪争い等を続けている人間たちが多い・・・」のだから、

「本当に、呆れる」。

「特に酷い」のが

「ロクな成果もあげられていない」のに

「現実逃避のヤク」を

「大量に集めようとし続けている

所謂、文系の者たち等」だ。

「そんな劣悪状態の者たち等」が

「例えば、

公共の電波上や

公共的マスコミ上や

学校教育上等々」で

「重用され、公然化され続ける」なら

「人類の精神文化面は、益々、健常進歩・正常進化し辛くなる」。

「しかし、

例えば、

いじめや殺傷の方法や事件の起こし方や逮捕のされ方等々を{教える}

ドラマ・小説・映画・アニメ等々」を

「大衆に向かって大々的に配信等する事等」により

「集金」等しよとし続けている

「現状では劣悪状態の者たち」が

「健常な殺欲動を理解・把握しながら殺人欲動を殺す等々を{教える}

ドラマ・小説・映画・アニメ等々」を

「大衆に向かって大々的に配信等する状態に

健常進歩・正常進化等する事」の

「人間世界・多くの人間の健常化・正常化実効」は

「かなり高い事になる」。

「学校教育等でも同じ事」だ。

「現状の劣悪レベルの社会・経済システム上での

{集金}等に有益な教育等を行い続け、

自虐状態を維持~継続させる事等に力を加える事等により

自らの下に{集金・集権}等し続けようとしている

劣悪状態の教育者・研究者???等」が

「自らを健常化・正常化」し

「現状の社会・経済システム等の自虐性を是正する

教育・研究等を行う」なら

「その実効は高い事になる」』。

『「今時の人類として、行うべき事」は

「既に、はっきりしている」。

「現状で立場・金権等で優位な立場を保持出来ていながら、

必要な仕事が出来ていない劣悪状態の者等」に

「何時までも、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも「軍官複合体問題」等と、視聴者の中でトランプ政権や安倍政権等に悪いイメージを持たせる事等により、野党・北朝鮮等に利をもたらそう・・・等としていた様相だったが・・・。

『「世界平和はあり得ない」の「前」には「現状の人間世界の主流精神文化と現状の多くの人々の精神構造のままなら」が「付く」。

「逆から言う」なら

「人間世界の精神文化」と

「多くの人類の精神構造」を

「健常進歩・正常進化させる」なら

「世界平和もあり得る」が

「現実」だ。

「世界平和が実現する」なら「人類が人類を殺す為の軍備等は無駄になる」は

「正論」だが

「人類の精神構造の健常進歩・正常進化の為になる情報配信等の仕事を行うべき立場の者等」が

「その重要な仕事をロクに行わず、

現日米政権等に対する悪戯な批判・非難等や、

世界平和になったら・・・等ダケしか言えていない事」は

「本当に酷い事」だ』。

『「個人レベルの当ブログ」でさえ、

「現状の人間世界の精神構造」が

「軍事力を後ろ盾にした、経済による、比べっこ、支配権・被支配権争い」である事等は

「以前から、何度も記している」。

「現状の多くの人間の精神構造」が

「乳幼レベル、或いは、獣レベルの

比べっこによる支配権・被支配権争い」である事等も

「以前から、何度も記している」。

「それらの精神文化・精神構造」が

「比べっこレベルを卒業」して

「実体・本質等と快適を探究する

今時正常レベルの人間世界精神構造と

今時正常レベルの成人人類の精神文化」に

「健常進歩・正常進化する」なら

「世界平和も実現可能になる事」等も

「以前から、何度も記している」。

「公共レベルの大テレビ局や大ラジオ局や大マスコミ等や

学校教育等上」で

「個人レベルで、既に、出来ている事が未だ出来ない裏に在る」のは

「現状利権への執着」と

「強く推定出来る」』

『「現状」の

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権・被支配権争い」という

「人間世界の精神文化上」の

「重大な利権の一つ」は

「より多くの金を集められる立場等」だ。

「例えば、

テレビ局や番組制作~配信上等の要人や常連出演者等」の

「立場」にも

「その重大な利権等が宿っている」』。

『「現状人間世界の精神文化上の利権等を貪り続けたい者たち等」は

「現状人間世界の精神文化の極一部等」を

「批判・非難等する事」は「出来て」も、

「自らに現状利権を与えてくれている

現状人間世界の精神文化そのもの」を

「変える事に繋がる

人間世界の精神文化の進歩・進化等」は

「行い辛くなる」。

「その結果、

個人レベルでは既に出来ている事さえも、

現状利権の為に行えていない

劣悪で醜悪な実態・実体等を

曝す、曝し続ける、事になる」』。

『「劣悪で醜悪な実態・実体等を曝している状態」の

「{裸の王様}たちが縋っている」のも

「現状利権を元にした他の者・物・事からのお墨付き等」だ。

「現状利権故に、

大量の金等や権力等が持てている者たち等による

劣悪で醜悪な乱行等」は、

「例えば、

ハリウッドのパワハラ・セクハラ等々、

表立っているダケでも枚挙に暇が無い」。

「他の者・物・事からのお墨付きを渇望している状態にある

現状利権に溺れている者たちにとって、

他の者・物・事等からのお墨付き」は

「得られなければならない、得られて当然の事等」と

「勘違い、思い違い等出来てしまっている場合が多い」。

「結果、

時には、

厚顔無恥の自虐行動等さえも

平然と{行えて}しまう」。

「{裸の王様}が{裸の王様}でしか無い事」は

「既に、多くの人間が重々承知している事なのに」・・・。

「多くの人間が重々承知している事さえ満足に理解・把握等出来ていない者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、

ロクな事は何も無い」。

「実際に、人間世界の精神構造や多くの人類の精神文化の

健常進歩・正常進化等」が、

「遅々として進まなくなってしまっている」』。

『「現状の人間世界の精神文化上の必然」でもある

「軍官複合体等の問題」より

「遥かに深刻な重大問題」が

「其処に在る」』。

『「多くの人類の精神構造の重大問題」は

「自己健常支配の継続を怠っているが故」に、

「その代わり」として

「他の者・物・事の支配や

他の者・物・事による被支配を

過剰追及してしまっている事」だ。

「そもそも、支配欲とは、自己健常支配の為にある本来欲動」だ。

「自己健常支配を継続している限り、支配欲の多くが充足され続ける」。

「他の者・物・事の支配や、

他の者・物・事による被支配」とは

「成人にとっては、

基本的には、代償欲求に他ならない」。

「代償欲求には、基本的に充足があり得ない」。

「過剰な代償欲求の追及行為」が

「馬鹿らしくなる程の格差を生み、多くの人々に不平・不満等を抱かせ、

本来なら必要の無い人間が人間を殺す為の武器等を

生み出し、

つくらせ、

使用させ続けて来ている」』。

『「銃や核兵器等、武器批判・非難等も結構」だが

「その前」に

「精神文化や精神構造の進歩・進化の仕事を行うべき立場に在る者たち等」が

「代償欲求の過剰追及という

精神構造上の大問題」を

「告発・啓発等しない」のは

「明らかな、インチキ・・・つまり悪、

もしくは、能力・力量等不足・・・つまり劣」だ』。

『「そんな劣悪状態の者等」は、

「現状の精神文化・精神構造上故に生まれている事件・事故・大問題等が無ければ、

自らを誤魔化す為に必要となっている現状利権等を得る為の

{似非仕事}等も行えなくなってしまう」のだろう。

「その結果、現状故の問題の解決に

実際に繋がる

健常・正常な情報配信等」が

「行えていない」と

「強く推定出来る」』。

『「常連出演上の過分・過剰利権等が与えられ続ける事等」が

「自己健常制御の継続とちゃんと整合性が取れる程、

内実のある本当の仕事を行えている者」は

「皆無状態・・・」というのが

「戦後日本のテレビ・ラジオ界等の酷過ぎる実態」だ。

「その結果、いじめ、自殺、殺人、事件、事故等々」は

「物質文明の進歩・進化による上辺の変化を持つ同様の新たな事態」が、

「連綿と続いてしまって来ている」』。

『「特に酷い」のは

「政治まで操って人脈利権等を増大等させる為」に、

「実質的、大衆誘導等まで行っている者・番組・テレビ/ラジオ局や大マスコミ等」だ。

「その実態・実体」は

「上辺の表現等」が

「威勢の良い煽り」から、

「ジェントルで優等生的なモノ」に「替わって」いても

「ナチス・ヒトラー等によるラジオ悪用の大衆誘導と何ら、変わり無い」』。

『「人間の精神構造の進歩・進化」には

「相応の時間が必要な場合が多い」。

「現時点で、乳幼レベル・野獣レベルの者たち」は

「先ずは、早々に、表舞台から退かせ、

成人レベルの精神構造を持つ者たちを重用するべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

トランプ大統領の訪日・韓・中を「兵器等商売の為」等と兵器等商売の元となる精神文化上で利権を貪り続けている本来なら精神構造の進歩・進化の為に有益な仕事をするべき常連出演者等が批判等しているが・・・。

『「実に、劣悪」で「グロテスク、ナンセンス」でもある「現状テレビ情報等」の「実体」は「タイトルの事態からも明らか」だ。

「現状人間世界の基本精神文化」である

「武力の後ろ盾を基にした経済による比べっこ支配権・被支配権争い上」では

「武力増強こそが合理的になる事」は

「誰にでも分る」。

「現状人間社会」で

「武力の後ろ盾を基にした経済による比べっこ支配権・菱派遣争い」という

「人類にとっては、とても自虐的な精神文化」を

「今時の人類が求められている健常な精神文化に

進歩・進化させる為の仕事を行うべき立場を

現状で得られている者たち」が

「行うべき事」は

「現状の精神文化上なら生まれるのが当然」の

「武力商売等に対する批判・非難等ダケ」では

「断じて無い」。

「精神文化を健常進歩・正常進化させる為に必要な情報配信等が有ってこそ、

立場相応の仕事が出来ている事になる」。

「ところが、現状の精神文化上」で

「現状の優位な立場・権力・報酬等を得られている者たちの多く」は

「自分たちの利権を維持~増大させ続ける為にも、

現状の精神文化を維持させたがる」。

「そんな、内実、悪者等の、劣悪な仕事実態の結果」として、

「人間世界の精神文化の健常進歩・正常進化」が

「大きく阻害されている」』。

『「現状の精神文化のまま時を重ねる」なら

「人類滅亡の日が急速に迫って来てしまう実態等」も

「かなり明らかになっている現況」で

「未だに、現状で優位な立場等を得られていながら、

劣悪レベルの仕事しか行っていない、行えていない者たち等」の

「罪」は

「果てしなく重い」』。

『「そんな劣悪レベルの仕事しか行っていない、行えていない者たち等」は

「トランプ大統領の訪中」により

「北朝鮮問題の解決法として

{戦争}や武力行使等が選択される可能性は

かなり低くなった等」と

「喧伝している場合が多い」。

「そんな情報を見聞きして喜ぶ」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等(日本国内に居る手下工作員・協力者等も含む)」になる。

「戦争や武力行使が選択されない」なら

「それらの者たちは、

遠慮無く、

核・ミサイルの開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続けられる・・・」等と

「考え・思い・信じる事等が容易になるから」だ』。

『「実際の米中(トランプ・習)合意」の「内実」は

「朝鮮半島内の核兵器ゼロ状態を

米国が必要と考えている時期までに

{出来るだけ}平和的手段で

{何としても実現}する」等である事が

「確定的」だ。

「その為の選択肢の中」には

「当然、軍事オプションも含まれている」。

「つまり、北朝鮮金正恩」が

「近々、

米国が必要と考えている時期までに、

核放棄する」しか

「北朝鮮問題の平和的解決はあり得ない事になる」。

「愚かな情報配信」で

「北朝鮮の

核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

活気付かせ、

実質的には、{戦争}を呼び寄せている事」の「罪」は

「本当に、重い事になる」。

「本気で北朝鮮問題の平和解決を求めている」なら

「北朝鮮が、

核・ミサイル等をどんなに開発し、保持しても

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等をどんなに行い続けても

無駄で、

自虐的で

ある事等」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等にも分る様に情報配信するべき」だ』。

『「北朝鮮が米国本土まで届く核ミサイルを保持出来たところ」で

「米朝対等交渉は絶対に無く

当然、在韓米軍が撤退する事も無い」。

「何故なら、

北朝鮮が核・ミサイル等を開発する速度より

米国がより進んだ兵器を開発している速度の方が

圧倒的に早いから」だ。

「北朝鮮が米国まで届く核・ミサイルを保持出来たところ」で、

「米国が北朝鮮が行い続けて来ている

{陰険なナチス・ヒトラー}とでも言うべき、

酷い実態を容認する訳も無く」、

「核ミサイルの実効は、焼石に水」というのが

「現実」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が{助かる}唯一無二の道」は

「核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「早々に、自ら完全放棄する道以外に無い」。

「早々に、自ら完全放棄する」なら

「応分の報酬等まであり得る」のが

「現実」だ』。

『「余程のおバカや自虐的悪では無い」のなら

「例えば、

核・ミサイルの開発と、

日本での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

完全放棄する代わり」に

「日朝友好条約等の締結が可能になり、

日朝平和友好条約等が締結されるなら

日本から相応の経済援助等が得られる事」の

「どちらが、得か?」は

「直に解る」。

「国を豊かにし、国民を自由にした国家指導者の国民からの支持等」が

「飛躍的に上がる事」等も

「直に解る」。

「逆に、核・ミサイルの開発や

主として、日韓内等他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

継続~拡大し続けようとする」なら

「近々、軍事オプションも含む絶大なる制裁措置が取られる事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等はもちろん、北朝鮮という国自体の存続も危うくなる」』。

『「米中は合意している筈」だ。

「北朝鮮の国家指導体制」は

「従中国共産党体制で良い」等と・・・。

「その実現の為」には

「金正恩等が核放棄しないなら、

金正恩等の排除もアリだ・・・」等と・・・。

「金正恩等が、

早々に、

自ら核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない場合、

かなりの高確率で

軍事オプションが選択される事になる」。

「それが、北朝鮮問題の現況」だ』。

『「どんなにトランプ大統領に悪いイメージを付けても、

北朝鮮問題は解決出来ない」。

「どんなに戦争や兵器商売等を非難しても

北朝鮮問題は解決出来ない」。

「しかし、

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「意識的かつ積極的」に

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等を

告発し、

大衆周知し、

警察等に摘発させる」なら

「北朝鮮問題は確実に解決に向かって進んで行く」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等では無い」のなら

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界の者等」として

「行える、行うべき仕事」が

「其処にある」』。

『「北朝鮮問題の解決にも力を加えていない

現状のかなり自虐的な酷い人間世界の精神文化を

より良い精神文化に健常進歩・正常進化させる事にも

ほとんど力を加えていない

現状で優位な立場を持ち、実質的に、過分な報酬・権力等まで得続けている状態」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の者たち等」を

「何時までも、

公共の電波上や公共的マスコミ上等で、

蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

トランプ大統領の訪中と北朝鮮問題等を受けて、未だに、戦争抜きの偽平和論等を風潮している北朝鮮の実質的、手下の様相を露呈している常連出演者等問題・・・。

『「テレ朝やTBSの多くの番組の北朝鮮問題に対する論調」は「内実、変」な「場合が多い」。

「どうして、そんな事態を露呈し続けているのか?」は

「実権者人脈故の問題」と「強く推定出来る」が

「人脈問題は、とりあえず、別」にして

「何故、内実、変な論調を恥じらいも無く、平然と公共の電波上にばら撒けているのか?」を

「見る」なら

「戦後日本の、所謂、文系の優等生等の問題」が

「露呈する」』。

『「内実、変」を「生み出している」のは

「問題を、根本から考察していないから」だ。

「上辺の現象ダケ」を「偏重」し

「それを、戦後日本の学校教育等で仕込まれた精神構造に基づいて

検証・考察等し、

発表する論等を組み立てる」と

「内実、変」が「生まれる」』。

『「例えば、北朝鮮の問題」も

「言うまでも無く、現状人間世界の中で人間が生み出している問題」だ。

「現状人間世界の問題」なのだから

「現状人間世界の基本精神文化から考える」のが

「普通」だが

「戦後日本の学校教育等では、其処が抜けている」。

「人間が生み出している問題」なのだから

「人間の精神構造等も考える」のが

「普通」だが

「戦後日本の学校教育等では、其処が抜けている」。

「学校教育上の優等生等」とは

「学校教育教信者状態の者である場合が多い」。

「その結果、学校教育上で得られていない事を抜いて考えても良い」等と

「知らず知らずの内に信じ込んでしまっている状態の者等が多い」。

「その実態・実体」は

「戦前の日本社会における将校学校教育等信者等と

精神構造的に何ら変わらない」。

「上っ面で、戦前の日本を

優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等し続けて来ている者等」の

「内実の精神構造」が

「批判・非難し続けて来ている者・物・事等と同じ・・・」とは、

「シャレにならない重大異常事態」だ。

「そんな状態の者等を蔓延らせ続けているなら、

招く結果が戦前同様になる」のは

「冷静に、少し考えれば、誰もが分る事」だ』。

『「長い間、人類世界の基本精神構造」は

「武力による比べっこ支配権・被支配権争い」だった。

「その上に、経済が乗り、

現状までの人間世界の基本精神構造」は

「武力の後ろ盾を基にした経済による比べっこ支配権・被支配権争い」となっている』。

『「現状までの人間社会・経済システム上で時を重ねるなら、

必ず、異常な格差が生じ、不平・不満が人々の間で渦巻く事になる」。

「何故なら、

経済システム上では、金持ち程、更なる金が稼ぎ易く、

人間社会システム上では、利権の世代間相続を可能としている国々等がほとんど・・・だから」だ。

「人々の不平・不満が一定以上に蓄積された時、

その不平・不満のはけ口ともなるばかりか、

多くの人々の間の社会・経済格差等のリセット効果もある」のが

「戦争」だ。

「戦争は、その面で非常に便利な手法でもあった」ので

「人類の歴史は戦争の歴史となっていた」』。

『「先の大戦時に、核兵器までつくり出し、実用してしまった人類」は

「もはや、本格的な国対国レベルの戦争が実行出来ない状態になっている」。

「其処で、現状の人間世界で流行ってしまっているのが

テロであり、地域戦争であり、スパイ・工作活動等々」という訳だ』。

『「武力を後ろ盾にした経済の比べっこによる支配権・被支配権争い」の「基本精神文化」のまま

「戦争ダケ」を

「封じ込める事」の

「実効」は

「テロ・地域戦争・スパイ・工作活動等を利す事になる」のが

「現状人間世界の寒過ぎる現実」だ』。

『「北朝鮮問題で、戦争ダケを封じ込める」なら

「スパイ・工作活動・テロ国家である北朝鮮」が

「利を得易くなる」。

「戦争が避けられる」なら

「北朝鮮のスパイ・工作活動・テロ等」は

「其れこそ、やりたい放題」だ』。

『「国際社会が、出来るだけ戦争を避けながら、

北朝鮮に態度を是正させるべく

考え出し、実行している」のが

「北朝鮮に対する経済制裁等による圧力」だ。

「しかし、元々が、スパイ・工作活動・テロ等国家でもある北朝鮮」の

「態度は、ナカナカ是正されない」。

「そればかりか、

戦争が避けられ、圧力ダケとなっている間」に、

「大量の核兵器と

アメリカ大陸にも届く大陸間弾道ミサイル等まで保有しようとしている」。

「もちろん、それらの技術水準は、先進諸国の数十年遅れレベル」だが

「元々がスパイ・工作活動・テロ等国家でもある

独裁政権の北朝鮮」が

「大量の核兵器や大陸間弾道ミサイル等まで保持してしまう事による

人間世界が得てしまうデメリットは多大」になる。

「独裁政権とは、

必要に応じて、

他の国々や人々をどんどん支配下に置き続けて行く事で

初めて、存続可能になる政権に他ならない」。

「中国共産党の様に、実権者人脈の交代が有る」なら

「未だ、マシ」だが、

「北朝鮮は、人脈交代の無い、血統相続独裁政権」だ。

「圧倒的に時代遅れの精神構造を持つ

スパイ・工作活動・テロ等国家の独裁者等」が

「大量の核兵器と大陸間弾道ミサイル等まで保有してしまう事による

人間世界の不利益」は

「図り知れない」。

「現状まででも、主として、北朝鮮・韓国・日本等の国々の中で、

少なくとも、数百万人~以上の人々を

粛清工作や公開処刑等々により、

粛清して来ている」ばかりか、

「数多くの自国民を餓死等させ」、

「飛行中に、乗員・乗客ごと大韓航空機を爆破したり、

他国内の爆破テロや、

他国の空港で、金正恩の兄、金正男を化学兵器を使用して暗殺するテロまで

行って来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者とその手下等の実態」だ。

「ほとんど全ての人類」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の核・ミサイル・工作活動等の排除が必要と考えるに十分な実態」が

「既に、露呈している」』。

『「現状人間世界の基本精神構造のまま

戦争ダケを排除する」なら

「北朝鮮が利を得てしまう」が

「戦争を排除しない」なら

「アッと言う間に、北朝鮮の立場が圧倒的劣位になる」。

「この現況」で

「精神文化の進歩・進化を言わず、

戦争ダケは絶対ダメ!等」を

「言う」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」になる』。

『「人間世界の精神文化の前」には

「個々の人間の精神構造が在る」。

「現状人間世界の基本精神構造である

武力の後ろ盾を基にした経済による支配権・被支配権比べっこ争い」も

「多くの人間の実質的、支持抜きには成立し得ない」。

「現状人間世界の社会・経済システム等」という

「精神文化製品」も

「多くの人間の実質的、支持抜きには成立し得ない」』。

『「それでは、現状の多くの人間たちの基本精神構造は?」

「もはや、言うまでも無く、

比べっこによる支配権・被支配権争い」だ。

「其処に、時代相応の物質文明等が乗って、

人間世界の基本精神構造は、

武力による比べっこ~から、

武力を基にした経済による比べっこ~へ」と

「進歩して来ている」』。

『「比べっこにによる支配権・被支配権争い」という

「精神構造」は

「どの様な実体を持つモノか?」

「獣レベルであり、

乳幼児レベルの精神構造」だ。

「認知・理解・把握能力が不十分な高等生物生体には適切な精神構造」だが

「人類の様に、認知・理解・把握能力等が高度な高等生物生体にとって」は、

「未熟状態の精神構造に他ならない」』。

『「未熟状態の精神構造の先にはどんな精神構造が在るのか?」

「比べっこによる他の者・物・事の支配権・他の者・物・事による被被支配権争いの精神構造」を

「卒業」して、

「実体・本質を探究し、快適を追及する、自己健常支配を基本とする精神構造が在る」。

「人間誰でも、

産まれた直後は、

ライバルが居るなら、

獣同様に、

母親の乳の支配を争い、

母親の愛による被支配を争う」。

「生体を健常成長させる為の基本となる事だから」だ。

「動物(獣等)の場合」は、

「一生、世代交代後も一生・・・その生体原理の精神構造のまま・・・」で、

「大きな問題は起きない」。

「基本的には、全て、生体原理の範囲で事が収まるから」だ。

「人間の場合」でも、

「産まれながらの精神構造そのまま」で

「健常な実効を持てる範囲」は

「生体原理で全ての事が済む範囲になる」。

「ところが、進歩・進化し続けて来ている人類」は

「急激」に、

「生体原理を大きく逸脱した

物質文明や物質文明製品」を

「実用する・出来る様になって来ている」。

「物質文明面では、急激な進歩・進化を実現して来ている人類」の

「精神構造の進歩・進化」は

「遅々として進んで来ていない」。

「その結果」が

「人類の歴史は戦争の歴史」であり、

「現状の人間世界の基本精神文化」である

「武力を後ろ盾にした、経済による、比べっこ支配権・被支配権争い」という訳だ』。

『「本気で戦争を無くしたい」。

「本気で世界平和を実現したい」。

のなら、

「全ての人間の精神構造を健常進歩・正常進化させ、

人間世界の基本精神構造も健常進歩・正常進化させる事」が

「絶対に必要になる事等」は

「もはや、明らか」だ』。

『「人類の精神構造や精神文化を健常進歩・正常進化させる為には

どうすれば良いのか?」

「その答」は

「物質文明の急激な進歩・進化の実現」が

「既に、示している」。

「物質文明の急激な進歩・進化を可能にした」のは

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的かつ

積極的な

実用」だ。

「精神文化面でも同じ事をやれば良いダケ」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」とは、

「精神文化や精神構造と現実との整合性を高める事に他ならない」。

「逆から言う」なら

「現状の人間世界の精神文化や精神文化製品や

多くの人間の精神構造」は

「現実との整合性が悪い」から

「性能も悪く、自虐的な面も強く、酷く感じている人々も多い、

・・・等々の事態となっている訳」だ。

「現実離れ、実体離れ、実体の本来の目的離れ、・・・等の分だけ悪い」と

「考えても良い」だろう』。

『「情報・教育の健常化・正常化により、

多くの人類の精神構造が健常化・正常化される」なら

「必然的に、人間世界の基本精神構造も健常化・正常化される事になる」。

「本気で、戦争・テロ・殺傷事件・いじめ等々を無くしたい」のなら、

「多くの人々が、

精神文化面でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用出来る様になる為に

有益な情報・教育等」を

「意識的かつ積極的に行う事」が

「合理的になる」。

「テレビ・ラジオ・公共的マスコミ・映画・ドラマ・小説・アニメ・音楽・学校教育等々」が

「この面で行える事は多大」だ。

「精神文化・精神構造を健常進歩・正常進化させる

人類の一大事業」を

「意識的、かつ積極的に行う」なら

「環境問題の解決も容易になる」。

「現況で、

優位な立場に在る

テレビ・ラジオ・公共的マスコミ・映画・ドラマ・小説・音楽・学校教育等々の仕事を

行えている者たち等」には

「この面からも、応分の責任がある」。

「今時、必要な仕事が出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「結果責任は問われて然るべき」だ。

「例えば、民主党政権等の成立に大いなる力を発揮した

テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等の結果責任は?」

「国会議員自体は、相応に結果責任が問われている」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等は、そのまま・・・」だ。

「そんな状態だから、

未だに、実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等の利になる論等が、

蔓延れている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下的様相さえ露呈し続けて来ている者たち等」を

「公共の電波上や公共的マスコミ上で重用し続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等では、韓国従北大統領政権による「策略入り非礼晩餐会」問題の「日本国内言論封じ策略」等を行おうとしていた様相だったが・・・。

『「戦後日本の学校教育の内実軸」は「能力が有る者たちの有益分子化」と「能力が無い者たちの無害化・去勢化」だ。

「能力が有るのに有益分子に出来ない者たちに対して」は

「徹底的に不適応分子粛清工作等が振りかけられている」。

「ここで問われている能力」とは、

「朝鮮や中国共産党等系の実権者等にとって都合の良い能力」だ。

「有益分子・不適応分子の判断も、同じ」だ。

「例えば、

理系能力が秀で居ている者たち」の

「思想信条等を朝鮮や中国共産党等系の実権者等にとって都合の良いモノ」に

「仕立てる事が出来た」ならを

「有益分子の出来上がり」になる。

「文系の場合でも、同様」で

「文系の能力が秀でている者たちの思想信条等を

朝鮮や中国共産党等系の実権者等にとって

都合の良いモノ」に

「仕立てる事が出来た」なら

「有益分子の出来上がりになる」。

「能力が秀でていない者たち」は

「無害化・去勢化」すれば、

「大きな影響が出る事を防げる」。

「人口比率で言う」なら

「圧倒的大多数の者たち」が

「無害化・去勢化されている」。

「優等生や実権者等に平伏し、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の論等」で

「容易く操れる

大多数の無害化・去勢化された人々」を

「朝鮮や中国共産党等系の実権者等にとって

都合良く操る

有益分子群」という

「異常な構造」が

「戦後日本社会では、長い間続いてしまって来ている」』。

『「戦後~現状までの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等で重用されている」のは

「そのほとんどが、その有益分子たち」だ。

「その結果」として、

「拉致や竹島問題等々」は、

「無い事に・・・」。

「日本に居る朝鮮人の方々は、

旧日本軍による強制連行で連れて来られた可哀そうな人々だから

手厚く扱わなければならない・・・」。

「日本は朝鮮を侵略し、植民地支配し、略奪等々したのだから朝鮮に対して謝罪・補償するのは当然・・・」。

・・・等々の

「実体や事実・現実とは程遠い嘘論等」が

「まかり通らせられていた」。

「ネットの普及で嘘論等が朝鮮の為の嘘論等でしか無い事等が

大衆周知されるまで、

表立って、朝鮮を不当に手厚く扱い続ける異常な状態が続いていた」。

「ネット普及以降」は

「学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の教育・情報内容の表面」は

「かなり変わった」が

「内実」としては

「未だに、

朝鮮や中国共産党等により多くの利をもたらす為のモノが多い」。

「未だに、

実体や事実・現実を

実体や事実・現実通りに

教えたり、情報配信したりしない事」で

「朝鮮や中国共産党を不当に利している情報・教育等は

枚挙に暇が無い」。

「例えば、

従軍売春婦(慰安婦)問題もそう」だ。

「売春が合法だった当時」の

「超高報酬従軍売春婦」を

「今時の人権観等に基づいて、悪戯に非難する裏に在る」のは

「韓国による、政治・金銭面等でのゴネ得狙い等である事」等は

「売春が合法だった当時の

将校より高い報酬を得ていた

従軍慰安婦という事実・現実を知る」なら

「誰もが直に分る」。

「しかも、

朝鮮半島内で、

従軍売春婦として自らの子を売ったのも

仲介業者として買ったのも

従軍売春婦が稼いだ金をピンハネ等したのも

朝鮮人」だ。

「当時合法の仕事だった従軍{超高報酬}売春婦」を

「今時の人権観等の下で、問題化し、

しかも、問題をつくり出した当事者を責めるのでは無く、

日本を責め、

何らかのモノを得ようとする

恥知らずの行動等」を

「恥じらいもせずに出来てしまうところ」に

「朝鮮の悪い精神文化の大問題が在る」』。

『「何故そんな事が出来てしまうのか?」

「朝鮮の悪い精神文化」では

「善人の他国の人間より、

悪人の身内を優先してしまう事が是」だからだ。

「優先されるのが、善では無く、身内だから、

身内が悪者状態でも身内に大権を持たせる事が是となり、

大権を持てた者の出来るだけ近くに行って、

その身内となる事こそが

成功術となる」。

「実体や事実・現実を基とする善悪が基準」の

「人々や国々同士」なら

「話し合い等も成り立つ」が

「善悪より身内か否かが優先される朝鮮の悪い精神文化が濃厚な者や国等との

善悪を基準とする者や国等との話し合い等は、

成り立ち得ない」』。

『「その結果」として

「日韓基本条約で全て済み」で、

「その後は、

新たな

未来志向の良い

日韓関係」の「筈」の

「国家間合意」も

「成り立たず」、

「北朝鮮との対話結果の合意順守等」も

「成り立たない」。

「ある意味、至極、当たり前の事」だ』。

『「この酷い状態を是正する為」には

「朝鮮等の精神文化の健常進歩・正常進化が必需」だが

「日本や所謂、先進諸国の現状の精神文化」も

「十分な状態では無い事」は

「今更、言うまでも無い事」だろう』。

『「全人類レベル」での

「精神文化の健常進歩・正常進化」が

「必要」な

「状態が在る」』。

『「それなのに、朝鮮や中国共産党系等の有益分子と化している状態の

所謂、優等生等が溢れる、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育界等」では

「この、今時の人類が必要としている

基本的な重大事」さえ

「???の様相」を

「露呈し続けながら、

現状利権に溺れている様相の者たち等」が

「蔓延り続けている」。

「こんな状態では、人類の重大問題」が

「なかなか改善されず、

時と共に、人類滅亡の日がどんどん迫って来ている」のは

「ある意味、至極、当然の現象」だ』。

『「そもそも、無害化・去勢化」とは

「本来のその人間を大いに抑圧している事でもある」。

「不適応分子の粛清」とは

「その人自体を否定している事」だ。

「有益分子化」とは

「その人を捻じ曲げている事でもある」。

「抑圧されたり、

否定されたり、

捻じ曲げられり」している「人々」が

「内在させられている

本来なら不要なストレス等」は

「時と共にどんどん大きくなる」。

「それは、

個人レベルでは、いじめ・自殺・殺傷等々の元」であり

「集団レベルとなれば、テロ・戦争等の元」だ。

「人類」は、

「超自虐的な情報・教育等を

いい加減に卒業するべき」だ』。

『「朝鮮半島の精神文化」が

「ちゃんと、今時必要レベルにまで

健常進歩・正常進化出来ていた」なら

「北朝鮮問題」も

「韓国駄々コネ問題」も

「起きていない」』。

『「米国国内の精神文化」が

「ちゃんと、今時必要レベルにまで

健常進歩・正常進化出来ていた」なら

「例えば、銃乱射事件等も起きていない」』。

『「日本国内の精神文化」が

「ちゃんと、今時必要レベルにまで

健常進歩・正常進化出来ていた」なら

「ほとんどのいじめ・自殺・殺傷事件等々」は

「起きていない」。

「逆から言う」なら

「精神文化の健常進歩・正常進化を阻害している者たち等」は

「それらの

起きないで済む事になる超自虐悲惨出来事等に対する

応分の責任が有る事になる」。

「要でも無い、むしろ、害の方が大きい

映画・ドラマ・音楽・小説・アニメ・テレビ番組・マスコミ報道論調・学校教育等々」を

「撒き散らす事で、私腹を肥やしている場合では無い」。

「現状社会・経済システム上のお墨付き」という「免罪符」に

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事を無くす効能など無い」。

「人類滅亡が迫り、生き残れる人数が少なくなった時には、

真っ先に生き残り組から排除されるべき」が

「超自虐的な仕事???の上で酔っていた者たち等」になる。

「言うまでも無く、その責任は絶大だから」だ』。

『「超自虐的な教育上の優等生等」が

「超自虐的な情報配信等を

平然と行い続けている

超自虐的な状態の是正」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、拉致被害者や韓国を持ち出して「戦争はダメ!」世論をつくり出す事等により、実質的に、「北朝鮮は今のままで大丈夫だゾ!」等と言いたがっていた様相だったが・・・。、

『「日韓世論を北朝鮮の防波堤に仕立てよう・・・」とする「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の情報配信」は「本当に醜悪」だ。

「米国」が「全ての選択肢がテーブルの上に在る」と

「北朝鮮に強いメッセージ」を「送って」も

「日韓世論が戦争絶対ダメ!状態」となれば

「軍事オプションという選択肢は、実質的には、無い」等と

「都合良く勘違い出来てしまい

現状の、北朝鮮にとっての実質的、自虐劇を

続けてしまう・・・」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等」の「実態」だ。

「北朝鮮が現状のまま・・・なら、

軍事オプションが実行されてしまう!から

北朝鮮は早々に態度を改めるべき!」等の

「メッセージを送る事」が

「適切」な

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」として

「明らかに、異常な実態を露呈させていたテレ朝朝番等や

その中の常連出演者等の裏」には

「何がある?」』

『「拉致問題」を

「ちゃんと拉致工作問題として捉え、

日本国・多くの日本国民にとって適切な解決を目指している」なら

「拉致被害者ダケに

多くの人々の興味を集中させ続けさせよう・・・とし続ける

異常な情報配信」も

「出来ない筈」だ。

「当たり前の事」だが

「拉致工作に手を染めた工作員や協力者等」が

「その後、北朝鮮劣悪国家指導者等から何も命じられていない訳も無い」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ人等として、

拉致工作に手を染めた工作員や協力者等のその後を

ちゃんと追及している」なら

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

数々の工作活動(非人道的なモノも多い)等の

実態・実体」を

「ちゃんと告発出来ている筈」だ。

「日本本来のテレビ・ラジオ・マスコミ人として

当たり前の行動実態を示さず」に、

「まるで、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の様相」を

「露呈し続けて来ている者等の裏」には

「何がある?」』

『「米国や日本国政府等が、

拉致被害者にスポットライトを当てた情報配信等を行っている」のは

「既に、明らかにされた、北朝鮮も認めている事実に基づいて、

北朝鮮の非人道性等を

世界に広く知ってもらう為」であり、

「もちろん、拉致問題は、拉致工作問題として実態・実体通りに捉えている」。

「だから、実際に、{北朝鮮による侵略行為}に対する非難も行っている」』。

『「{北朝鮮による侵略行為}」とは、

「日本で言うなら、

日本乗っ取り支配の為の

北朝鮮による工作活動(非人道的なモノも多い)等」に

「他ならない」。

「異常な戦後処理故に、

終戦直後の時期に

日本国内で利権を得る事が出来た朝鮮人の多くは、

戦後も日本に居残っている」が

「そんな状態の朝鮮人の中には、当然、北朝鮮系の者たちも数多く居る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、日本国内に居る北朝鮮系の者たちを利用しない訳も無く、

実際に、利用して、

侵略行為を行い続けて来ている」。

「日本国民の拉致」には

「拉致被害者に工作員に対する日本語・日本文化教育を行わせる目的もあった」。

「日本語・日本文化教育を受けた北朝鮮の工作員」が

「日本に潜入しない訳も無い」。

「戦後日本に居残っている

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で動かされている

日韓併合時や朝鮮戦争時等に日本に渡来した北朝鮮系の者たち」と

「拉致被害者等に日本語・日本国文化教育を受けた北朝鮮の工作員たち」が

「日本国内で何を行っているのか?」は

「少し考えるなら、誰でも分る」。

「元々、他の者・物・事の徹底支配の上にのみ存続出来るのが独裁政権」だ。

「独裁政権にとっての必然性故からも、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

日本乗っ取り支配工作等を

北朝鮮劣悪国家指導者等が

手下として

既に使える者たち等に、

行わせ続けて来ている事」は

「ある意味、至極当たり前の事」だ』。

『「日本より状態が深刻なのは韓国」だ。

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の数」は

「数十万人~規模と推定される」が

「韓国国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の数」は

「数百万人~規模と推定される」。

「数十万人~、数百万人~の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」が

「日韓内で、連綿と工作活動を行い続けて来ている結果」が

「現状の日本社会・韓国社会の実態」だ』。

『「政財界工作は言うまでも無く、

情報・教育工作や

手下血統子沢山工作や

不適応分子粛清工作等まで

行い続けて来ているのが実態」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等」には、

「帰化している、

日・韓の国籍を最初から保有(不当な手段の場合も少なく無い)者たちも多数居る」。

「数十万人~、数百万人~の血統軸を基」に

「数多くの日・韓国民を有益分子化し、協力者等として育成して来ている」。

「軸の太い韓国」では

「既に、従北政権化工作が成功してしまっている」。

「日本を韓国同様の状態に追従させる為になる、

政財界工作や、

情報・教育工作等」を

「行い続けて来ている者たち等」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の臭いが濃厚に纏わりついている・・・」のは

「単なる偶然では無い筈」だ』。

『「在日の親を持っていなかった金正日」は

「日本国民の拉致を{認める事が出来た}」。

「しかし、その後、早々に、粛清暗殺された様相」でもある。

「在日の母を持つ金正恩」を

「北朝鮮の正当な後継者とする為」には

「北朝鮮による日本乗っ取り支配が要る」。

「北朝鮮による日本乗っ取り支配工作を行い続ける為」には

「拉致被害者を帰す事も出来ない」。

「核の脅しで時間を稼ぎ、

日本乗っ取り工作を継続させ、

日本を韓国同様の従北政権化する事」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の当面の目標」だ。

「日韓共に、従北政権化出来たなら、

さすがの米国も北朝鮮劣悪国家指導者等との対話ならぬ、要求交渉に

応じざるを得なくなる・・・」等と

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、信じたがっている」と

「強く、推定出来る」』。

『「日本国・多くの日本国民の立場に立つ」なら

「ありえない

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す政策や論等」を

「日本の政治で行おうとしたり」、

「日本の公共の電波上や

公共的マスコミ上」に

「平然と撒き散らし続けられている者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「現実問題としては、

北朝鮮劣悪国家指導者等が早急に態度を改めない場合、

軍事オプションが実行に移される事になる」。

「何故なら、

拉致被害者の数は、

決して少なく無いが、

絶対的に優先される程膨大では無い」。

「その裏」で

「日・韓国内で

現在も

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等による被害を受け続けている

本当に数多くの人々の問題」が

「実在し続けている」。

「北朝鮮による日・韓の乗っ取り支配を容認するのか?」

「拉致被害者も犠牲になる可能性が決して小さく無い軍事オプションの実行を是とするのか?」の

「選択」で

「北朝鮮による日・韓の乗っ取り支配を容認する」を

「選択する」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下」等になる。

「どちらが選択されても、酷い選択」だが

「酷い選択肢しか無い場合、

より被害が深刻では無い方を

選ばざるを得ない」のが

「危機管理の常識」だ。

「今時の先進国の国家指導者等なら、

この当たり前の常識から

逸脱した判断を行える訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が早々に態度を改めない場合、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる

米韓日側にはほとんど被害が出ないが

北朝鮮側の被害は甚大になる

北朝鮮解放{戦争}になる」』。

『「テレ朝朝番の常連出演者等」は

「未だに、米・韓・日側にほとんど犠牲を出さない武力行使は無理・・・」等と

「信じたがっている様相」だが

「北朝鮮の軍事技術の進歩・進化の速度より

米等先進諸国側の軍事技術の進歩・進化の速度の方が遥かに早い」のが

「現実」だ。

「表に出せる手段ダケ上のシュミレーション」では

「例えば、韓国や日本の被害は甚大・・・」だが、

「今は、表に出せない次世代軍事技術まで使う」と

「米韓日側には被害はほとんど出ないが北朝鮮側の被害は甚大」で

「{戦争}自体もアッと言う間に終わる事になる」』。

『「パナマ文書問題」や

「パラダイス文書問題」で、

「違法では無い」と

「現行法至上主義者等は言う」が

「北朝鮮では、公開処刑も犯罪では無い」というのが

「現行法」だ。

「法による支配が正当性を持ち続ける為」には

「法自体が正当で無ければならない」のだから

「時と共に、

常に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

法自体と

科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性を高めて行く事が

必要である事」等は

「言うまでも無い事」だ。

「現行法至上主義ファンタジーに酔っている者たちの多く」は

「現行法や現行の社会・経済システム等故の利権等」を

「貪れている、意識的に、貪っている、

実質的、悪だったりしている場合が多い

実態・実体」も

「既に、バレバレ・・・」なのだから、

「公共の電波上や、公共的マスコミ上」の

「裸の王様たち」は

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる名の大きさを

より大きくしない為」にも

「いい加減に態度を改めるべき」だ』。

『「早々に、態度を改めるべき実態・実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等と精神構造的に相似形だから・・・か、

そんな常連出演者・常筆等が

北朝鮮劣悪国家指導者等を、実質的に利す論等を風潮している場合が多い」のは

「その面から、当然の現象なのかも知れない」・・・。

「精神構造的北朝鮮劣悪国家指導者等の同類」にしても、

「血統人脈や思想信条等的北朝鮮劣悪国家指導者等の同類」にしても

「日本の公共の電波上」や

「日本の公共的マスコミ上」で

「蔓延らせ続ける事による害悪」は

「多大になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、トランプ大統領の来日等を受けて、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相を露呈している常連出演者等が「日米安保一辺倒で良いのか?」等と視聴者の考え・思い・感情等を北朝鮮等にとって都合の良い方向に誘導しようとしていた様相だったが・・・。

『「二極に分割し、どちらも対等の如きイメージで扱う事等」による「実質的、大衆誘導、もしくは、マインドコントロール等」は「何時も、醜悪」だ。

「政界の与党・野党二極分割」も

「日米安保・アジア重視等の二極分割」も

「実体」としては

「北朝鮮劣悪国家指導者等の利に適うか?背くか?」の「二極」である場合が多いのが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育界等の実態」だ』。

『「戦争は絶対ダメ!≒戦争か?否か?」も

「実質的、二極分割」で

「この場合は、ほとんど全ての人々が、

短絡的に、戦争はダメ!を選んで正義ぶりたがる」。

「もちろん、

基本的には、

戦争はダメ!が正解」だが

「昨今の実問題である北朝鮮問題上の戦争」は、

「所謂、お互い様の戦争では断じて無い」。

「例えば、米・韓等と、北朝鮮との間に{戦争}が起きれば、

圧倒的な軍事力の差により

アッと言う間に{戦争}は終わり、

米・韓等の側には、{戦争}被害もほとんど出ない事になる」。

「その反面で、北朝鮮側の{戦争}被害は甚大になる」。

「内実から、素直に考える」なら

「北朝鮮問題上での{戦争}」は

「北朝鮮にとっては絶対ダメ!」だが

「米・日・韓等の側にとっては、

他に有効な解決法が無い状態を北朝鮮劣悪国家指導者等がつくり出し続けるなら、

それ以外の実効のある解決法は無い{戦争}」になる。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等上」で

「言うべき論」は

「北緒戦劣悪国家指導者等が

態度を改め、

核・ミサイルの開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

止めない」のなら、

「アッと言う間に終わる、米・日・韓等側にはほとんど被害が出ない{戦争}による解決」と

「なってしまう可能性大だから、

即刻にでも、

北朝鮮劣悪国家指導者等は、

態度を改めるべきだ」等になる』。

『「戦後日本の政界」では

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)野党等」に

「{北朝鮮とのお友達}が多い」。

「日本の国政」で

「所謂、左翼(同上)野党に多数の議席等を与える事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の利に適う事」になり、

「所謂、左翼(同上)野党等の議席等が少ない事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の利に背く事になる」。

「その様な実態が在る」のに

「日本の公共の電波上」で

「米国とアジアとのバランス等を持ち出して、

政界では、野党にもっと力を与えた方が、

好都合であるかの如き論等」を

「喧伝」し

「視聴者の考え・思い・感情等」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い方向」に

「誘導したがっていた様相の常連出演者等まで居た」のだから

「本当に、呆れた」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の様相を露呈し続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミや、学校教育等」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮による

日本全国各地からの多数の日本国民の拉致」や

「拉致被害者の横田さん」が

「北朝鮮工作員の日本語・日本文化等教師を行わされて来ている事等」は

「もはや、良く知れた話し」だ。

「横田さんたちから、日本語・日本文化等の教育を受けた、

決して少なく無い数の

北朝鮮工作員等」は

「その後、何を行わされているのか?」

「強く推定される事態」は

「日本国内に潜入させられ、

日本社会の中」で

「金銭・技術等集め・盗み等はもちろん、

日本社会や多くの日本国民の民意等を

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い状態にさせる為の

情報・教育工作等を行わされて来ている事」や

「日本社会の中の北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子等の粛清工作等を

行い続けて来ている事」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「告発していて当然の重大問題」が

「其処に在る」』。

『「金正恩」とは

「在日朝鮮人の母の子」だ。

「つまり、北朝鮮が金正恩政権を正当なモノとして公然化する為」には

「北朝鮮による日本乗っ取り支配等が要る事態」が

「其処に、露呈」している。

「北朝鮮の核の脅しの為の道具作り」が

「必要な理由」も

「北朝鮮が日本国内で連綿と工作活動(非人道的なモノも多い)を行い続けなければならない理由」も

「其処に露呈している」。

「北朝鮮が

北朝鮮工作員等に対する日本語・日本文化等教育に関わった拉致被害者を

{帰せない}理由」も

「其処に在る」。

「逆から言う」なら

「日本国内の北朝鮮等による工作活動等やその工作員・協力者等の徹底摘発」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の問題の解決に直結している」』。

『「金正日」は

「在日の母の子では無かった」から

「日本国民の拉致を認める事も出来た」。

「しかし、拉致を認めた結果、

早々に、粛清されてしまった様相が露呈している」。

「金正恩の母親は在日」だ。

「もはや、

日本国民の拉致も、

日本国内で連綿と行われ続けて来ている

日本乗っ取り支配工作等々」も、

「行い続ける必要性こそ有れ、

認め、謝罪し、是正・中止等出来る状態は無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合いが成り立たない裏」には

「相応の内実が在る」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等による日本乗っ取り支配等」を

「容認しない」のなら

「話し合いも出来ない相手との間に、

どんな解決法が在るのか?」

「徹底した圧力により、

ある意味では、平和的に、

北朝鮮劣悪国家指導者等の牙を折る道」や

「日本国内の北朝鮮等による工作活動等を徹底摘発する事等の道」と

「共」に

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる米・韓・日側にはほとんど被害が出ないが、

北朝鮮側には甚大な被害が出る{戦争}の道もある事になる」。

「どの道が選択されるか?」は

「工作活動等の徹底摘発には、相応に長い時間がかかる」ので

「早期解決が求められている北朝鮮問題の解決法」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の選択次第」だ。

「その選択肢」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が自ら牙を折る」か

「北朝鮮がアッと言う間に負ける

北朝鮮側には甚大な被害が出るが

米・韓・日側にはほとんど被害が出ない{戦争}を選択する」か

になる。

「北朝鮮」は、

「米国にも北朝鮮問題の早期解決を求めさせる状態まで

つくり出してしまっている」から

「既に

時間を稼いで、

その間に、

核の脅しと

工作活動等により

日韓等の乗っ取り支配」という「選択肢」は

「消えている」』。

『「果たして、北朝鮮劣悪国家指導者等の選択は?」

「北朝鮮自らが牙を折る方が、

はるかに利口だと思うが」・・・』。

『「こんな現状」は

「既に明らか」なのに、

「未だに、

日本の公共の電波上」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の様相を露呈している

者たち等を

常連出演等させている番組も多い」のだから

「本当に酷い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

座間、9人殺害で、「首吊り士」や「死にたい」を宣伝したり・・・等々している、現状利権に溺れている劣悪なテレビ等問題・・・。

『「常連出演者等(ゲイノウ人等の場合まである)やテレビご用達学者等」が「公共の電波上に撒き散らしている論等」は

「本質探究が疎かである場合がほとんどなのに、

悪モノ指定等をして、悪戯に、正義ぶる・・・等々」、

「劣悪で醜悪な場合が多い」。

「公共の電波上や公共的マスコミ上等々で、

常連出演や常筆等として

~何百万人~何千万人~もの人々の{上}から

一方的に自論等をばら撒いている

現状利権に溺れている偽善者等」とは

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき存在でもある」』。

『「そんな者たち等を蔓延らせ続けて来ている戦後日本社会」では

「同様の新たな事件・事故等が起こり続け、

その実態は、時と共に、より深刻化している」のだから、

「実力が不十分な常連出演者や常筆等の実質的、罪」は

「果てしなく重い」』。

『「自暴自棄状態に陥った、陥らされた人間による

大量殺傷事件」も

「以前から、度々、起こり続けて来ている」』。

『「今回の、座間、9人殺害」も

「その上辺の形態」は

「今時の物質文明の一つであるSNSを悪用した大量殺人」だが

「その内実」は

「自暴自棄人間による超自虐行動以外の何モノでも無い」。

「人口密集場所でのナイフや車等を悪用した超自虐行動」等の

「代わり」に

「SNSを悪用して、自分の下に殺害し易い者たちを大量に集め、殺した

今回の事件」は

「物質文明の急速な進歩・進化」と

「精神文化の進歩・進化の異常な程の遅滞」という

「現実」を

「見失わずに考える」なら、

「何ら、特別なモノでは無い事等」が

「直に判る」』。

『「同様の新たな事件等を防止する為に必要な事」が

「精神文化の健常進歩・正常進化である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「それなのに、未だに、

テレビ・ラジオ・マスコミ等では、

精神文化の健常進歩・正常進化の役に立つ情報配信等が

極めて、希薄」だ。

「今時の人類世界の所謂、文系の仕事を行う為に

必要な能力が十分に無い者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、

この酷い状態が改善される訳も無い」。

「物質文明の進歩・進化と共に、

同様の新たな事件・事故等が連綿と続く状態が生まれるダケ」だ』。

『「現状人間社会の中で、比べっこによる支配権・被支配権争い等」の

「未熟な、或いは、獣レベルの、精神構造を仕込まれている者」が

「周囲や社会等からダメ出し等を食らう」と

「自暴自棄状態に陥り易くなる」。

「自暴自棄状態に陥った、その様な状態の者」にも

「物欲や性欲や支配欲等々の欲は在る」。

「今回の容疑者」も

「差別が蔓延る比べっこ人間社会の中」で

「その時々、容疑者が考えられた{合理的な解決}」を

「実践して来ている」。

「例えば、違法風俗店への派遣業」は

「金と異性を手に入れる為には、相応に合理的」だが、

「もちろん、摘発される可能性のある、アブナイ=自虐的な仕事」でもある。

「それでも、該当容疑者の状態(社会的認知状態も含む)上」では

「金と性を手に入れる為に出来得ると該当容疑者が判断出来る仕事」だった。

「ところが、その仕事は、当然の如く、摘発された」。

「該当容疑者は、社会から、ある種のダメ出しを食らった訳」だ。

「該当容疑者の強い、自暴自棄状態が始まってしまった」。

「この段階で、適切な情報・教育等により、向かう方向性が是正されていた」なら

「今回の事件は起きていない」。

「ところが、現状日本社会では、学校教育もテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」も

「劣悪状態のまま・・・」だ。

「適切な情報・教育を得られなかった

ダメ出しを受けた等と思い込んでいる

自暴自棄状態に陥っている者たち」は

「往々にして、更なる自虐行動へと走ってしまう」。

「今回の容疑者にとって、重要なのは金と性だった」。

「ダメ出しを受けた状態でも金と性を手に入れる{合理的な方法}」を

「容疑者なりに考え出しあ結果」が

「自殺サイトSNS等を利用して、

容疑者の下に、金を持ってくる異性を導く方法」だった。

「最初に容疑者の下に導く事に成功hした{女性}」に、

「50万もの{金}を持ってこさせる事に成功」した「該当容疑者」は

「女性を殺す事によって、その実態を隠蔽する

更なる、自暴自棄行動に走ってしまった」。

「該当女性には彼氏が居た」。

「彼氏は彼女の行方を捜し、該当容疑者のところに辿り着いた」。

「該当容疑者にとっては、その彼氏も排除する必要性が生まれた」が

「既に、人間を殺している該当容疑者が選択した方法は殺人」だった。

「金と身勝手な性欲満たしを手に入れ、

殺人により、

その隠蔽にも成功したと思い込んでいた該当容疑者にとって

自殺サイトSNS等を悪用して女性を該当容疑者の下に導き

身勝手な性欲を満たし、金も手に入れる手法」は

「ある種の成功体験と思い込めていた筈」だ。

「該当容疑者の代償欲求を追及する

身勝手で超自虐的な手法」は

「短期間の間に繰り返されてしまった」。

「行方不明の妹を探す兄により、該当容疑者が炙り出されるまで、

該当容疑者の身勝手で超自虐的な手法は繰り返され続けていた」・・・。

「上記の様な実態」は

「他の自暴自棄状態に陥らされた者たち」が、

「例えば、

人口密集地域でナイフや車等人間殺傷の武器にも成り得る物を使って、

殺傷行為を行えば、大量殺人等が出来る等と

{合理的}に考え、思い込み、

現状脱出欲動の暴発に誘われて

その実行に走ってしまう実態」と

「基本的に、何も変わらない」』。

『「劣悪な情報・教育等」や

「劣悪な社会・経済システム等」を

「蔓延らせ続けている限り、

同様の新たな事件・事故等」は

「連綿と起こり続ける事になる」。

「そればかりか、

急速な進歩・進化を実現し続けている物質文明・物質文明製品等の悪用により、

時と共に深刻化して行く事になる」。

「地球を丸ごと消滅させる事が出来る物質文明製品を

自暴自棄状態の人間が現状脱出欲動の暴発に誘われて実用しない内」に

「人類は、

精神文化側を必要十分に進歩・進化させる必要が在る」』。

『「それでは、

自暴自棄状態の人間を生み出さない為には何が、どんな事等が、必要か?」

「それは、

科学レベルで判明している

人類誰もの実体やその実体の本来の目的」と、

「ちゃんと整合性を取って考えるなら、誰にでも解る事」だ』。

『「そもそも、古の時代から、長い間ずっと、

多くの人類の意識は

丸ごと一人レベルだけ・・・だった」。

「丸ごと一人レベルだけの意識上」で

「例えば、死を理解・把握しようとする」と

「どうなるのか?」は

「既に、古の人々が数多い実例を示している」。

「死の実体把握が出来ていなかった時代の人々」は

「例えば、

丸ごと一人レベルの霊やあの世等を{つくり出す}事によって、

人生上の重大な事が分らない{巨大なストレス}」に

「対抗」した。

「大衆支持が得られ易い{つくり出し}概念」として

「輪廻転生や丸ごと一人レベルの生まれ替わり等々が在った」。

「それらは、当時の人々の意識上」で、

「実体把握が出来ていない人生の重大事である死への

悪戯な恐怖等」を

「やわらげる実効が有った」から

「相応に、多くの支持を得たいた訳」だ。

「死の実体」は

「細胞レベルの実現象である事」が

「科学レベルではっきりと検証されている今日」では、

「学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報が健常状態なら、

ちゃんと死の実体を

理解・把握出来ている人々が

ほとんどになっている筈」だ。

「ところが、古からの丸ごと一人の死生観・人生観等を重用している

人間社会体制等の維持等が優先され、

死という人生上の一大事に対する実体把握が極めて希薄な状態の人々」が

「実質的に、量産されてしまっている」のが

「現状の多くの国々の実状」だ』。

『「現状の日本社会の状態」も、

「現状の多くの国々と同様になってしまっている」』。

『「丸ごと一人レベルの死生観・人生観が公然化されている人間社会」では

「丸ごと一人レベルの

格差も

差別も

利権も・・・蔓延らされている」。

「産まれながらの大金持ち・大権持ちまでもが居る反面」では

「産まれながらの

被差別対象者や

劣位状態者等々までもが居る

非常に劣悪な状態」が

「続いてしまっている」』。

『「丸ごと一人レベルでの

優越感や

劣等感や

満足感や

不満感等々が、

それぞれの人々の中で渦巻かされている」』。

『「そんな現状」では、

「丸ごと一人レベルの問題が、起きない、起こされない方が不思議」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」で

「人類の物質文明」は

「急速な進歩・進化を成し遂げ続けて来ている」。

「ところが、精神文化側」では

「未だに、

科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が悪い

丸ごと一人レベル・・・が蔓延っている」。

「時と共に、どんどん豊かになって来ている物質文明」が

「科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が悪い

物質文明に対して明らかに遅れている精神文化上」で

「実用されて来ている」。

「精神文化の健常進歩・正常進化が余りにも疎かな状態の人類の超自虐的な{得意技}」が

「殺傷事件であり、テロ・戦争等々」だ』。

『「人の誕生・死が細胞ごとの実現象である事」を

「ちゃんと理解・把握出来ている」なら

「丸ごと一人レベルの殺傷行為の馬鹿らしさ等」は

「其れこそ、何処の誰にでも、分る事」だ。

「殺すべき実体」は

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

丸ごと一人の人間」では

「断じて無い」。

「余りにも、進歩・進化を怠っている

科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が悪過ぎる

現状の人類が{無理やり}抱きしめている

劣悪な精神文化であり、精神文化製品」だ。

「人間社会システムや経済システム等々」も

「言うまでも無く、精神文化製品」になる』。

『「楽に死にたい???」

「人類誰でも、今、この瞬間にも、死を実体験している」。

「もちろん、痛くも、痒くも無い筈」だ。

「既に、楽に死に続けているのだから、

今更、何を言う???」

「人体の苦悩」は

「健常状態からの逸脱により起こされている」。

「今、この瞬間にも死を体験し続けながら存続している人間は、

同時に、今この瞬間にも誕生も体験しながら存続している人間でもある」。

「全ての人類も含む、地球の生物の基本的な目的は、存続」だ。

「地球の生物の健常な存続を不当に阻害する悪い物質文明や悪い精神文化こそ」が、

「殺すべき、殺されるべき実体」に他ならない』。

『「誕生・死の健常状態が

呼吸に必要な空気や飲食に必要な飲食物等、

物質文明面で阻害されたり、

悪い精神文化製品である悪い社会体制や悪い経済システム等や

現実離れした考え・思い等への執着等

精神文化面で阻害されたり、する」と

「苦悩等が生まれる」』。

『「苦悩等とは、ある種の警告・警報でもある」』。

『「殺すべき」は

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪過ぎる

物質文明であり

精神文化」だ。

「例えば、

ルックス差別であり、

経済差別であり、

能力差別であり、

人種・民族・血統・出生・出所等々による差別であり、

出来の悪い社会・経済システムであり、

出来の悪い情報・教育であり、

現実との乖離が激しい丸ごと一人の死生観・人生観であり、

出来の悪い物質文明製品であり、

出来の悪い精神文化製品

・・・等々」だ』。

『「出来の悪い精神文化製品の域を脱していない

テレビ・ラジオ番組や

映画・音楽・小説等々や

学校教育等々」を

「そのまま存続させ続ける必要は全く無い」』。

『「事件・事故等の上辺を宣伝し、

常連出演者等が

指定しても自分たちは困らない{悪モノ}を

{指定}して、

正義ぶっていたり、

浅過ぎる心理論等を学者???が述べていたり・・・等々

していても、

同様の新たな事件・事故等が起こり続ける事態が改善される訳も無い」。

「物質文明の進歩・進化との乖離の分だけ

より酷い事態が起こり易くなるダケ・・・」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「9人殺害事件」や「ゲイノウ人覚せい剤」等の大宣伝を行っている番組が多いが・・・。

『「ゲイノウ人や覚せい剤」等の「公共の電波を使った、実質的、大宣伝」は「本当に、醜悪」だ。

「更に、ゲイノウ人によるゲイノウ人の為の親子関係論等まで付けられている場合」は

「更に、醜悪」だ。

「覚せい剤問題等に対する実効のある処理方法」は

「単純」だ。

「覚せい剤使用=その仕事はアウト!」にすれば良い。

「ゲイノウ人なら、ゲイノウ人である事をアウトにする」。

「以前と同様の環境を無くす事」こそが

「脱ヤクにも実効をもたらすから」だ。

「覚せい剤使用したゲイノウ人等」を

「まるで、ゾンビの如く、表舞台に復活させる事」の「実効」は

「覚せい剤使用でも、元の仕事環境等再取得が可能である事の公然化故の

覚せい剤使用のハードル下げ」になる。

「全ての芸能事務所」は

「覚せい剤使用実績のある者を絶対に雇用せず、

テレビ・ラジオ・マスコミ等では、

覚せい剤使用実績のあるゲイノウ人等は決して宣伝しない事」等が

「覚せい剤使用のハードルを上げ、

覚せい剤商売を行い辛くする事に直結している」。

「それなのに、未だに、多くのテレビ・マスコミ等」が

「覚せい剤使用ゲイノウ人やその親も含む関係者等」と

「覚せい剤使用」等の

「実質的、大宣伝状態」だ。

「そんな事を行い続けて来ている」から

「同様の新たな覚せい剤事件等が起き続けて来ている」。

「覚せい剤商売の実質的応援の裏に在る」のも

「人脈の問題」と

「強く推定出来る」。

「日本社会の健常化等より、覚せい剤商売の応援を優先しているテレビ・ラジオ・マスコミ等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「自殺サイト等を悪用したとされている9人殺害事件」の

「本質は何か?」

「もちろん、該当容疑者も、産まれながらの{殺人狂}では断じて無い」。

「つまり、生育して来ている途上で、明らかな道の誤りが在った事になる」。

「個人の成育環境」は

「ほとんどの場合で、

親子関係・原家庭環境~学校教育環境・友人環境・仕事環境と進み、

その{軸}の周りがテレビ・ラジオ・マスコミ・ネット等々の情報に囲まれている」。

「元々の親や原家庭が、

例えば、日本乗っ取り支配工作員等」なら

「親や原家庭環境にも、大いなる問題が在る事になる」が

「報道の範囲では、その様な実態は出て来ていない」。

「学校教育環境・友人環境・仕事環境等の問題」が

「クローズアップされるべき状態が在る」』。

『「報道から、既に、はっきりしている容疑者の仕事環境」は

「違法風俗店への派遣業」だった。

「いったい、どの様な人間関係が在ったなら、

その様な仕事に就くのか?」を

「考える」なら、

「多くの人々の中でも、

容疑者を取り巻いていた人脈の問題等」が

「それなりに、想起させられる筈」だ』。

『「報道によると、

容疑者の違法風俗店への派遣業」は

「警察の摘発により破綻した」。

「つまり、その時点で、容疑者は、社会からダメ出しを受けた事になる」』。

『「元々、性に対する興味が濃厚だったから、

違法風俗店への派遣業にも誘われていた事」等が

「強く、推定される容疑者」が

「受けていた学校教育」は

「他の多くの日本国民同様」で、

「大いなる問題も在る戦後日本の学校教育」だ。

「一番の問題」は

「本質探究の要素が希薄で、

比べっこによる支配権・被支配権争い等を

重視させている事」だ。

「その結果、

新陳代謝という{難しい}言葉や漢字は{覚えて}いても、

細胞ごと、今、この瞬間にも、誕生・死も体験している{現実}を

しっかりと、{理解・把握}出来ていない

{実体や事実・現実の平面上に、足が着いていない状態}の人々」が

「大量に生み出されてしまっている」。

「学校教育ばかりでは無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報も酷い」。

「比べっこを煽り、

丸ごと一人のみの死生観・人生観を煽っている」。

「いじめ、自殺、殺人ドラマ」は「枚挙に暇が無い」。

「事件・事故等が起きれば、

多くの場合で、その事件・事故等の容疑者等ダケを

まるで、不良品の如く扱い、正義ぶる

酷い常連出演コメンテーターや常筆者等が蔓延っている」。

「そんな情報・教育で頭の中を染め上げられている人々」が

「いじめ、自殺、殺人等」を「簡単に想起出来る様になる」のは

「当然の現象」だ』。

『「そもそも、丸ごと一人の殺人も自殺」も

「細胞ごとに誕生・死を実体験している人間の実態が

ちゃんと理解・把握出来ている」なら

「馬鹿らしく思える事」だ。

「人類誰もが、

今、この瞬間にも、死も体験している」のに

「丸ごと一人を殺す事」が

「どれ程、馬鹿らしい事なのか?」は

「少し、冷静に考えるなら、誰もが分る」。

「殺すべきは、丸ごと一人の人間では断じて無い」。

「殺すべき実体ダケ」だ。

「例えば、丸ごと一人を殺人、或いは、自殺したくなってしまっている」なら

「丸ごと一人を殺そうとしている非常に愚かな考え・思い・感情等を

殺せば良いダケ」だ。

「殺すべき実体を探究する」なら

「丸ごと一人の殺人・自殺への道は自然と閉ざされて行く」』。

『「考え・思い・感情等の実体」は

「脳等神経細胞ネットワークの働きに在る」。

「殺し方は、簡単」で

「殺したい考え・思い・感情等は、使わなければ良い」。

「ここで重要な事」は

「殺したい考え・思い・感情等をそのまま使わない事を考える」と

「殺したい考え・思い・感情等そのままを考えてしまう状態に陥ってしまう事を忘れない事」だ。

「殺したい考え・思い・感情等はそのまま考えずに、思わずに、抱かずに、

他の事を

殺したい考え・思い・感情等が浮かび上がって来ない程までに、

考え・思い・抱き続ければ良い」。

「他の事とは、興味を持っている、好きな事で良い」。

「殺すべき考え・思い・感情等をそのまま何とかしよう・・・とする」と

「ドツボにハマる場合も少なく無い」が

「他の、興味を持っている、好きな事」を

「考え・思い・抱き続けている」と

「知らず知らずの内に、ドツボから抜け出ている場合も多い」。

「一番実効が高い」のは

「殺すべき実体を探究し、適切に処理する事」だが

「殺すべき実体を探究し、適切に処理する方法」を

「教育・情報から学べていない人々にとって」は

「少々、ハードルが高いかも知れない」。

「この意味からも、

殺人ドラマでは無く、

殺人欲動解消ドラマ等」の

「情報配信等が重要になる」。

「殺人者を責めて正義ぶるコメント・論調等では無く、

殺人欲動を解消させる実効が有るコメント・論調等の

情報配信・教育等が重要になる」』。

『「人間の考え・思い・感情等は、自由」だ。

「無理やり、具現化しようとしない限り、どんな事でも良い」。

「その自由をちゃんと使わず、使わせず、

丸ごと一人の殺人・自殺等や

丸ごと一人だけの死生観・人生観等や

比べっこによる支配権・被支配権争い等」だけに

「縛り続けようとしている

実質的に劣悪な教育者・情報配信者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「そもそも、人間から、殺欲動を無くす事は不可能」だ。

「解体欲動だって、在って当然」だ。

「何故なら、

人類誰もが、

今、この瞬間にも、死を体験する事により

新陳代謝が出来

健常状態も保ち易くなり、

人体を存続させる為には、

他の生物を殺して食する必要がある」。

「ガン細胞や有害微生物・菌・ウィルス等を殺す欲動が無ければ、

人体を存続させる事は困難になる」。

「死んでしまった健常細胞を解体し、再利用出来るモノは再利用しなければ、

人体を存続させる効率が非常に悪くなる」。

「細胞レベルの欲動信号は、

脳でも解釈され、

丸ごと一人ダケを仕込まれている脳内では、

丸ごと一人レベルに加工される事になる」。

「細胞レベルの殺欲動も解体欲動も、自己保存に関わる基本的に手放し得ない欲動」だ。

「しかし、それは、丸ごと一人である必要が全く無い欲動」だ。

「丸ごと一人の殺{人}欲動とは基本的に全く違う」が

「丸ごと一人ダケを仕込まれている人々」は

「何でも、丸ごと一人で解釈しようとして、

時に、酷い行動実態等を具現化してしまう」。

「殺{人}欲動とは、

丸ごと一人だけの死生観・人生観に基づいた

人類が抱く必要の無い欲動に他ならない」。

「丸ごと一人同士の比べっこによる支配権・被支配権争い等の

未熟な精神構造を抱き続けている間」は

「殺人欲動も抱きがちに誘われてしまい易い」のだから、

「精神構造の健常進歩・正常進化の役に立つ情報・教育は極めて重要」になる』。

『「ところが、戦後日本の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」では

「この極めて重要な事が、極めて希薄」だ。

「こんな状態のまま・・・」なら

「殺人も、自殺も、・・・・後を絶たず、同様の新たな事件・事故等が頻発し、

テロ・戦争等までもが行い続けられてしまう・・・」のも

「ある意味、極めて、当然の現象になる」』。

『「9人もの丸ごと一人の人間を殺してしまった容疑者等をダシ」に

「公共の電波上や公共的マスコミ上等で、

~何百万人~何千万人~もの人々の前で、

正義ぶる事」は

「簡単」だ。

「しかし、もちろん、そんな事を行い続けていても、

同様の新たな事件・事故等は起こり続ける」。

「時と共に、更に、深刻になって行く」のは

「地球環境問題と同じ」だ。

「公共の電波上や公共的マスコミ上で大々的に配信すべき情報」は

「他に在る」』。

『「今回の容疑者の心理の形跡を推定する」なら

「性への興味が濃厚で、金への興味もあり

違法風俗店への派遣業まで行っていた該当容疑者が

警察の摘発により世間からダメ出しを受けた」。

「学校教育等上でもテレビ・ラジオ・マスコミ等情報上でも、

丸ごと一人の比べっこによる支配権・被支配権争いという獣レベル、或いは、未熟レベルの精神構造を

擦り込まれ続けて来ていた

世間からダメ出しを受けた者」が

「自暴自棄に陥る事」は

「稀では無い」。

「容疑者の環境・能力上」で

「短絡的に、出来てしまった

容疑者の{代償}欲動を満足させると勘違い出来る事」が

「自殺サイトへのアクセス」であり

「自殺サイトへのアクセスを利用した異性取得」だった。

「自暴自棄状態の人間が、他の人間を物扱いしがちになる事」は

「よくある事」だ。

「支配権・被支配権比べっこ争い上では、

他者への究極の支配は、殺害により相手からの反撃等を完全に封じ込める事」だ。

「人間を、物として・・・しか捉えられていない状態の者たちにとって、

殺人・自殺のハードルは低い事になる」。

「他者支配という代償欲求追及の為の殺人」では

「人間の本来欲求は充足され得ない」から

「直に、渇望感が襲い掛かって来る」。

「充足され得ない、代償欲求を充足させようと足掻く事による、

殺人の繰り返し」が

「行われ」、

「他の者の支配権を得た証とも成り得る遺体」が

「容疑者の傍に、次々を置かれる事になった」・・・。

「そして、今回の警察の摘発により、

9人殺害が露呈し、

執行猶予中の容疑者は

世間から更なるダメ出しを受け取った」。

「まるで、自分がダメである事を更に強く感じる事で、

何とかして、自分の存在を確かめようとする・・・かの如く」・・・』。

『「現状の情報・教育等」は

「容疑者と同様の状態の人間」を

「{生産}し続けている」。

「現状のまま・・・なら、

近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき存在」の

「常連出演者等」が

「ネット自殺サイト規制等を訴え

いくら、正義ぶっていても、

その実効は、ほとんど無いに等しい」。

「むしろ、公共の電波上の貴重な時間の

実質的、無駄遣いの分だけ、

相応の罪等が在る事になる」。

「常連出演者等は、

現状の様な事を行い続けていても、

同様の新たな事件・事故等が頻発してしまう状態は変わり得ない事等」に

「いい加減に気づくべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »