« サンデーモーニングでも「軍官複合体問題」等と、視聴者の中でトランプ政権や安倍政権等に悪いイメージを持たせる事等により、野党・北朝鮮等に利をもたらそう・・・等としていた様相だったが・・・。 | トップページ | 上辺では何も出来無くなっている様相の北朝鮮だが・・・。 »

{高報酬}常連出演者等が、相変わらず、精神文化・精神構造の健常進歩・正常進化へのロクな役に立たない情報配信等を続けているが・・・。

『「金権社会」では「貧乏人は罪人扱い」だ。「逆に、金持ち」は「金の出所もロクに問われず、正義の者扱いの場合が多い」。

「金権社会」では

「大部分の人間」が

「罪人扱い」され、

「金の為の労働」という

「懲役刑」を「否応無しに強いられている」。

「産まれながらに金権・立場等に恵まれた(???)者たち等」は

「まるで刑務所の看守の如く、

庶民を自分たちにとって都合良い状態に仕立て、

扱い・使いたがる」。

「模範囚の如き者たち等」には

「金権のオコボレが与えられ、

金権のオコボレを得た者たちのほとんど」は

「金権社会を擁護・維持等しようとする」。

「下々と下々の中の金権保有者にとって都合の良い者たち」による

「懲役刑の上」で

「金権保持者等は、金転がし等の手段で、益々、金権を膨らまし続けて来ている」。

「懲役刑を維持する為に有効な手段の一つ」は

「格差社会化」だ。

「金権社会で格差を設ける」なら、

「多くの人々」を、

「少しでもマシな状態を得る為」に

「金権の犬になる状態」に

「追い込める」。

「自らの実体やその実体の本来の目的等々は、何処へやら、

金権社会の中で少しでもマシな状態を得る為に

金権の犬と化した人々」は

「時には、不健常な手段まで使い、ライバルを蹴落としながら、

より良い状態を得る事が出来る

金権の犬となる為」の

「自虐競争を繰り広げている」。

「そんな金権人間社会」では

「何処でも、人々の中で、不平・不満等が渦巻いている」。

「自分の実体やその本来の目的に叛いているのだから、

それは、極めて当然の現実」だ。

「金権保有者」も

「金権の犬たち」も、

「この極めて当然の現実」を

「直視しない為」に

「者・物・事に過剰依存し続ける状態を得る事」という

「現実逃避のヤク」を

「求め、飲み続けている」。

「人間も自然環境も、

多くの人間たちの精神構造と

人間世界の精神文化が創り出して来ている

具現化実態故に

自らの中から、

ボロボロに崩壊し始めている」。

「人類が存続するなら、

無くなる事になる

現状の多くの人間たちの未熟過ぎる精神構造と

現状の人間世界の低レベル過ぎる精神文化」に

「現実逃避しながら、執着し続けている亡者たち」が

「正気になる」のは

「何時の日か?」

「人類滅亡を避ける為に必要な時間がある内で無ければ、

人類は、確実に滅亡する」』。

『「逆から見れば、

人類滅亡を避ける為に必要な事」は

「既に、明らか」だ。

「多くの人間の精神構造」と

「人間世界の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させれば良いダケ」だ』。

『「物質文明や物質文明製品の急速な進歩・進化を実現出来ている人間」に

「精神文化や精神文化製品の急速な進歩・進化が実現出来ない訳は無い」。

「何故なら、やるべき事は、基本的に同じ事だから」だ。

「物質文明側の急速な進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で

可能になっている」。

「精神文化側でも、同じ事を行えば良いダケ」だ』。

『「人間誰しも、自分の実体も???では、不安だらけ・・・になる」のは

「当然の現象」だ。

「人間誰しも、死の実態把握が出来ていなければ、死に対する大きな不安を抱く」のは

「当然の現象」だ。

「人間誰しも、どう生きれば良いのか?が分らなければ、人生に迷う」のも

「当然の現象」だ。

「この様な、何処の誰にでも共通している基本的な事から始め、

細部にわたって詳細に

精神文化側の健常進歩・正常進化の役に立つ仕事をする」のが

「所謂、文系の者たちが本来行うべき仕事」だ』。

『「幸いな事」に

「人間の実体」も

「死の実態」も

「既に、科学レベルで判明している」。

「生きている人間の誰もの実体」は

「約60兆とも言われている、

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群」であり

「その細胞群の命の連続性は、

遠くは、地球上で生命が発生した時まで繋がり、

そこから、色々なルートを辿るなら

他人も含む地球上の全ての細胞群にも通じている」。

「狭義の自分」は

「約60兆とも言われている今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群」だ。

「広義の自分」は

「他人も含む地球上の全ての生物」になる』。

『「死という現象」が

「細胞レベルの現象であり、

生きている人間なら誰でも、

今、この瞬間にも実体験している実現象である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「丸ごと一人の死生観」とは

「その様な実体が良く解っていなかった時代」に

「当時の人間たち」が、

「意識上で創り出した概念に他ならない」。

「死という現象の実体が良く解らなかった時代」に

「死という重大事に対する

人々の考え・思い・感情等」を

「人々の意識上で創り出した思考体系により

納得させ、落ち着かせる為」の

「工夫の産物に他ならない」』。

『「考え・思いによる納得法」は

「常に、実体や事実・現実と合っている訳では無い」。

「例えば、古の一部の人々」は、

「生贄による考え・思い上の納得を重用していた」が

「もちろん、

生贄に、

例えば、

天気を左右させたり、

橋や建造物等の安全を確保出来たり・・・する

実際の力がある訳も無い」。

「今時のほとんどの人間」は

「生贄の自虐性も実効の無さも知っている」から

「生贄を重用したりしない」。

「丸ごと一人の死生観」も

「同じ話し」だ』。

『「どう生きれば良いのか?」の

「答」も

「自分の実体やその実体の本来の目的から考えれば、

直に解る」。

「自分の実体は上記の通り」だ。

「では、その実体の本来の目的は?」

「根本的目的」が

「存続である事」は

「疑いの余地が無い」。

「広義の自分」が、

「増大化~多数化~多種化しながら共存し、

その構築度を上げる事」で

「時間経過による物理崩壊に抗い、

生物として存続して来ている実態・実体」は

「今時なら、小・中学生レベルでも十二分に理解・把握済みの事」だろう。

「生物原理で存続し続けて来ていた広義の自分」が

「巨大隕石の衝突等の事態を実感」し

「地球外への強い興味を抱き、

地球外への進出も目指して、

出来る限り高空にも行こうとした」が

「高空に限らず、

色々なところで、

生物原理の限界」を

「いやと言うほど味わい、

生物原理以外の道を求め続け、

実態/実体把握力とその応用力が秀でた人類にまで

健常進歩・正常進化して来た実態」も

「今時の多くの人々が良く知っている事」だろう。

「上記の事」からも

「人類としてどう生きるべきか?」は

「既に、明らか」だ。

「広義の自分の存続を維持する事」と

「広義の自分の宇宙での存続を可能にするべく、

必要な物質文明と物質文明製品を生み出し

実用して行く事」と

「それら高度な物質文明や物質文明製品を生み出し、実用しても

自虐状態を引き起こさないで済む様に

物質文明側以上に高度な精神文化・精神文化製品を生み出し、実用して行く事」等になる』。

『「ここで、人類の歴史を振り返るなら、

誰もが直に分る筈」だ。

「広義の自分を存続させる面」では

「人類の過剰偏重状態である事」。

「多種共存状態の継続が脅かされている事」。

「物質文明面」では

「進歩・進化はかなり早く出来て来ているが、

その実用面で、大いなる問題がある事」。

「精神文化面の進歩・進化」が

「圧倒的に遅れている事」』。

『「この様な現況」は

「既に明らか」なのに

「未だに、出来の悪い精神文化製品である現状社会・経済システム上での

利権争奪争い等を続けている人間たちが多い・・・」のだから、

「本当に、呆れる」。

「特に酷い」のが

「ロクな成果もあげられていない」のに

「現実逃避のヤク」を

「大量に集めようとし続けている

所謂、文系の者たち等」だ。

「そんな劣悪状態の者たち等」が

「例えば、

公共の電波上や

公共的マスコミ上や

学校教育上等々」で

「重用され、公然化され続ける」なら

「人類の精神文化面は、益々、健常進歩・正常進化し辛くなる」。

「しかし、

例えば、

いじめや殺傷の方法や事件の起こし方や逮捕のされ方等々を{教える}

ドラマ・小説・映画・アニメ等々」を

「大衆に向かって大々的に配信等する事等」により

「集金」等しよとし続けている

「現状では劣悪状態の者たち」が

「健常な殺欲動を理解・把握しながら殺人欲動を殺す等々を{教える}

ドラマ・小説・映画・アニメ等々」を

「大衆に向かって大々的に配信等する状態に

健常進歩・正常進化等する事」の

「人間世界・多くの人間の健常化・正常化実効」は

「かなり高い事になる」。

「学校教育等でも同じ事」だ。

「現状の劣悪レベルの社会・経済システム上での

{集金}等に有益な教育等を行い続け、

自虐状態を維持~継続させる事等に力を加える事等により

自らの下に{集金・集権}等し続けようとしている

劣悪状態の教育者・研究者???等」が

「自らを健常化・正常化」し

「現状の社会・経済システム等の自虐性を是正する

教育・研究等を行う」なら

「その実効は高い事になる」』。

『「今時の人類として、行うべき事」は

「既に、はっきりしている」。

「現状で立場・金権等で優位な立場を保持出来ていながら、

必要な仕事が出来ていない劣悪状態の者等」に

「何時までも、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでも「軍官複合体問題」等と、視聴者の中でトランプ政権や安倍政権等に悪いイメージを持たせる事等により、野党・北朝鮮等に利をもたらそう・・・等としていた様相だったが・・・。 | トップページ | 上辺では何も出来無くなっている様相の北朝鮮だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事