« サンデーモーニングでは、トランプ大統領の来日等を受けて、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相を露呈している常連出演者等が「日米安保一辺倒で良いのか?」等と視聴者の考え・思い・感情等を北朝鮮等にとって都合の良い方向に誘導しようとしていた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番等では、韓国従北大統領政権による「策略入り非礼晩餐会」問題の「日本国内言論封じ策略」等を行おうとしていた様相だったが・・・。 »

テレ朝朝番では、拉致被害者や韓国を持ち出して「戦争はダメ!」世論をつくり出す事等により、実質的に、「北朝鮮は今のままで大丈夫だゾ!」等と言いたがっていた様相だったが・・・。、

『「日韓世論を北朝鮮の防波堤に仕立てよう・・・」とする「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の情報配信」は「本当に醜悪」だ。

「米国」が「全ての選択肢がテーブルの上に在る」と

「北朝鮮に強いメッセージ」を「送って」も

「日韓世論が戦争絶対ダメ!状態」となれば

「軍事オプションという選択肢は、実質的には、無い」等と

「都合良く勘違い出来てしまい

現状の、北朝鮮にとっての実質的、自虐劇を

続けてしまう・・・」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等」の「実態」だ。

「北朝鮮が現状のまま・・・なら、

軍事オプションが実行されてしまう!から

北朝鮮は早々に態度を改めるべき!」等の

「メッセージを送る事」が

「適切」な

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」として

「明らかに、異常な実態を露呈させていたテレ朝朝番等や

その中の常連出演者等の裏」には

「何がある?」』

『「拉致問題」を

「ちゃんと拉致工作問題として捉え、

日本国・多くの日本国民にとって適切な解決を目指している」なら

「拉致被害者ダケに

多くの人々の興味を集中させ続けさせよう・・・とし続ける

異常な情報配信」も

「出来ない筈」だ。

「当たり前の事」だが

「拉致工作に手を染めた工作員や協力者等」が

「その後、北朝鮮劣悪国家指導者等から何も命じられていない訳も無い」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ人等として、

拉致工作に手を染めた工作員や協力者等のその後を

ちゃんと追及している」なら

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

数々の工作活動(非人道的なモノも多い)等の

実態・実体」を

「ちゃんと告発出来ている筈」だ。

「日本本来のテレビ・ラジオ・マスコミ人として

当たり前の行動実態を示さず」に、

「まるで、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の様相」を

「露呈し続けて来ている者等の裏」には

「何がある?」』

『「米国や日本国政府等が、

拉致被害者にスポットライトを当てた情報配信等を行っている」のは

「既に、明らかにされた、北朝鮮も認めている事実に基づいて、

北朝鮮の非人道性等を

世界に広く知ってもらう為」であり、

「もちろん、拉致問題は、拉致工作問題として実態・実体通りに捉えている」。

「だから、実際に、{北朝鮮による侵略行為}に対する非難も行っている」』。

『「{北朝鮮による侵略行為}」とは、

「日本で言うなら、

日本乗っ取り支配の為の

北朝鮮による工作活動(非人道的なモノも多い)等」に

「他ならない」。

「異常な戦後処理故に、

終戦直後の時期に

日本国内で利権を得る事が出来た朝鮮人の多くは、

戦後も日本に居残っている」が

「そんな状態の朝鮮人の中には、当然、北朝鮮系の者たちも数多く居る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、日本国内に居る北朝鮮系の者たちを利用しない訳も無く、

実際に、利用して、

侵略行為を行い続けて来ている」。

「日本国民の拉致」には

「拉致被害者に工作員に対する日本語・日本文化教育を行わせる目的もあった」。

「日本語・日本文化教育を受けた北朝鮮の工作員」が

「日本に潜入しない訳も無い」。

「戦後日本に居残っている

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で動かされている

日韓併合時や朝鮮戦争時等に日本に渡来した北朝鮮系の者たち」と

「拉致被害者等に日本語・日本国文化教育を受けた北朝鮮の工作員たち」が

「日本国内で何を行っているのか?」は

「少し考えるなら、誰でも分る」。

「元々、他の者・物・事の徹底支配の上にのみ存続出来るのが独裁政権」だ。

「独裁政権にとっての必然性故からも、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

日本乗っ取り支配工作等を

北朝鮮劣悪国家指導者等が

手下として

既に使える者たち等に、

行わせ続けて来ている事」は

「ある意味、至極当たり前の事」だ』。

『「日本より状態が深刻なのは韓国」だ。

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の数」は

「数十万人~規模と推定される」が

「韓国国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の数」は

「数百万人~規模と推定される」。

「数十万人~、数百万人~の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」が

「日韓内で、連綿と工作活動を行い続けて来ている結果」が

「現状の日本社会・韓国社会の実態」だ』。

『「政財界工作は言うまでも無く、

情報・教育工作や

手下血統子沢山工作や

不適応分子粛清工作等まで

行い続けて来ているのが実態」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等」には、

「帰化している、

日・韓の国籍を最初から保有(不当な手段の場合も少なく無い)者たちも多数居る」。

「数十万人~、数百万人~の血統軸を基」に

「数多くの日・韓国民を有益分子化し、協力者等として育成して来ている」。

「軸の太い韓国」では

「既に、従北政権化工作が成功してしまっている」。

「日本を韓国同様の状態に追従させる為になる、

政財界工作や、

情報・教育工作等」を

「行い続けて来ている者たち等」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の臭いが濃厚に纏わりついている・・・」のは

「単なる偶然では無い筈」だ』。

『「在日の親を持っていなかった金正日」は

「日本国民の拉致を{認める事が出来た}」。

「しかし、その後、早々に、粛清暗殺された様相」でもある。

「在日の母を持つ金正恩」を

「北朝鮮の正当な後継者とする為」には

「北朝鮮による日本乗っ取り支配が要る」。

「北朝鮮による日本乗っ取り支配工作を行い続ける為」には

「拉致被害者を帰す事も出来ない」。

「核の脅しで時間を稼ぎ、

日本乗っ取り工作を継続させ、

日本を韓国同様の従北政権化する事」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の当面の目標」だ。

「日韓共に、従北政権化出来たなら、

さすがの米国も北朝鮮劣悪国家指導者等との対話ならぬ、要求交渉に

応じざるを得なくなる・・・」等と

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、信じたがっている」と

「強く、推定出来る」』。

『「日本国・多くの日本国民の立場に立つ」なら

「ありえない

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す政策や論等」を

「日本の政治で行おうとしたり」、

「日本の公共の電波上や

公共的マスコミ上」に

「平然と撒き散らし続けられている者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「現実問題としては、

北朝鮮劣悪国家指導者等が早急に態度を改めない場合、

軍事オプションが実行に移される事になる」。

「何故なら、

拉致被害者の数は、

決して少なく無いが、

絶対的に優先される程膨大では無い」。

「その裏」で

「日・韓国内で

現在も

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等による被害を受け続けている

本当に数多くの人々の問題」が

「実在し続けている」。

「北朝鮮による日・韓の乗っ取り支配を容認するのか?」

「拉致被害者も犠牲になる可能性が決して小さく無い軍事オプションの実行を是とするのか?」の

「選択」で

「北朝鮮による日・韓の乗っ取り支配を容認する」を

「選択する」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下」等になる。

「どちらが選択されても、酷い選択」だが

「酷い選択肢しか無い場合、

より被害が深刻では無い方を

選ばざるを得ない」のが

「危機管理の常識」だ。

「今時の先進国の国家指導者等なら、

この当たり前の常識から

逸脱した判断を行える訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が早々に態度を改めない場合、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる

米韓日側にはほとんど被害が出ないが

北朝鮮側の被害は甚大になる

北朝鮮解放{戦争}になる」』。

『「テレ朝朝番の常連出演者等」は

「未だに、米・韓・日側にほとんど犠牲を出さない武力行使は無理・・・」等と

「信じたがっている様相」だが

「北朝鮮の軍事技術の進歩・進化の速度より

米等先進諸国側の軍事技術の進歩・進化の速度の方が遥かに早い」のが

「現実」だ。

「表に出せる手段ダケ上のシュミレーション」では

「例えば、韓国や日本の被害は甚大・・・」だが、

「今は、表に出せない次世代軍事技術まで使う」と

「米韓日側には被害はほとんど出ないが北朝鮮側の被害は甚大」で

「{戦争}自体もアッと言う間に終わる事になる」』。

『「パナマ文書問題」や

「パラダイス文書問題」で、

「違法では無い」と

「現行法至上主義者等は言う」が

「北朝鮮では、公開処刑も犯罪では無い」というのが

「現行法」だ。

「法による支配が正当性を持ち続ける為」には

「法自体が正当で無ければならない」のだから

「時と共に、

常に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

法自体と

科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性を高めて行く事が

必要である事」等は

「言うまでも無い事」だ。

「現行法至上主義ファンタジーに酔っている者たちの多く」は

「現行法や現行の社会・経済システム等故の利権等」を

「貪れている、意識的に、貪っている、

実質的、悪だったりしている場合が多い

実態・実体」も

「既に、バレバレ・・・」なのだから、

「公共の電波上や、公共的マスコミ上」の

「裸の王様たち」は

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる名の大きさを

より大きくしない為」にも

「いい加減に態度を改めるべき」だ』。

『「早々に、態度を改めるべき実態・実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等と精神構造的に相似形だから・・・か、

そんな常連出演者・常筆等が

北朝鮮劣悪国家指導者等を、実質的に利す論等を風潮している場合が多い」のは

「その面から、当然の現象なのかも知れない」・・・。

「精神構造的北朝鮮劣悪国家指導者等の同類」にしても、

「血統人脈や思想信条等的北朝鮮劣悪国家指導者等の同類」にしても

「日本の公共の電波上」や

「日本の公共的マスコミ上」で

「蔓延らせ続ける事による害悪」は

「多大になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、トランプ大統領の来日等を受けて、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相を露呈している常連出演者等が「日米安保一辺倒で良いのか?」等と視聴者の考え・思い・感情等を北朝鮮等にとって都合の良い方向に誘導しようとしていた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番等では、韓国従北大統領政権による「策略入り非礼晩餐会」問題の「日本国内言論封じ策略」等を行おうとしていた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事