« 「9人殺害事件」や「ゲイノウ人覚せい剤」等の大宣伝を行っている番組が多いが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、トランプ大統領の来日等を受けて、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相を露呈している常連出演者等が「日米安保一辺倒で良いのか?」等と視聴者の考え・思い・感情等を北朝鮮等にとって都合の良い方向に誘導しようとしていた様相だったが・・・。 »

座間、9人殺害で、「首吊り士」や「死にたい」を宣伝したり・・・等々している、現状利権に溺れている劣悪なテレビ等問題・・・。

『「常連出演者等(ゲイノウ人等の場合まである)やテレビご用達学者等」が「公共の電波上に撒き散らしている論等」は

「本質探究が疎かである場合がほとんどなのに、

悪モノ指定等をして、悪戯に、正義ぶる・・・等々」、

「劣悪で醜悪な場合が多い」。

「公共の電波上や公共的マスコミ上等々で、

常連出演や常筆等として

~何百万人~何千万人~もの人々の{上}から

一方的に自論等をばら撒いている

現状利権に溺れている偽善者等」とは

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき存在でもある」』。

『「そんな者たち等を蔓延らせ続けて来ている戦後日本社会」では

「同様の新たな事件・事故等が起こり続け、

その実態は、時と共に、より深刻化している」のだから、

「実力が不十分な常連出演者や常筆等の実質的、罪」は

「果てしなく重い」』。

『「自暴自棄状態に陥った、陥らされた人間による

大量殺傷事件」も

「以前から、度々、起こり続けて来ている」』。

『「今回の、座間、9人殺害」も

「その上辺の形態」は

「今時の物質文明の一つであるSNSを悪用した大量殺人」だが

「その内実」は

「自暴自棄人間による超自虐行動以外の何モノでも無い」。

「人口密集場所でのナイフや車等を悪用した超自虐行動」等の

「代わり」に

「SNSを悪用して、自分の下に殺害し易い者たちを大量に集め、殺した

今回の事件」は

「物質文明の急速な進歩・進化」と

「精神文化の進歩・進化の異常な程の遅滞」という

「現実」を

「見失わずに考える」なら、

「何ら、特別なモノでは無い事等」が

「直に判る」』。

『「同様の新たな事件等を防止する為に必要な事」が

「精神文化の健常進歩・正常進化である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「それなのに、未だに、

テレビ・ラジオ・マスコミ等では、

精神文化の健常進歩・正常進化の役に立つ情報配信等が

極めて、希薄」だ。

「今時の人類世界の所謂、文系の仕事を行う為に

必要な能力が十分に無い者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、

この酷い状態が改善される訳も無い」。

「物質文明の進歩・進化と共に、

同様の新たな事件・事故等が連綿と続く状態が生まれるダケ」だ』。

『「現状人間社会の中で、比べっこによる支配権・被支配権争い等」の

「未熟な、或いは、獣レベルの、精神構造を仕込まれている者」が

「周囲や社会等からダメ出し等を食らう」と

「自暴自棄状態に陥り易くなる」。

「自暴自棄状態に陥った、その様な状態の者」にも

「物欲や性欲や支配欲等々の欲は在る」。

「今回の容疑者」も

「差別が蔓延る比べっこ人間社会の中」で

「その時々、容疑者が考えられた{合理的な解決}」を

「実践して来ている」。

「例えば、違法風俗店への派遣業」は

「金と異性を手に入れる為には、相応に合理的」だが、

「もちろん、摘発される可能性のある、アブナイ=自虐的な仕事」でもある。

「それでも、該当容疑者の状態(社会的認知状態も含む)上」では

「金と性を手に入れる為に出来得ると該当容疑者が判断出来る仕事」だった。

「ところが、その仕事は、当然の如く、摘発された」。

「該当容疑者は、社会から、ある種のダメ出しを食らった訳」だ。

「該当容疑者の強い、自暴自棄状態が始まってしまった」。

「この段階で、適切な情報・教育等により、向かう方向性が是正されていた」なら

「今回の事件は起きていない」。

「ところが、現状日本社会では、学校教育もテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」も

「劣悪状態のまま・・・」だ。

「適切な情報・教育を得られなかった

ダメ出しを受けた等と思い込んでいる

自暴自棄状態に陥っている者たち」は

「往々にして、更なる自虐行動へと走ってしまう」。

「今回の容疑者にとって、重要なのは金と性だった」。

「ダメ出しを受けた状態でも金と性を手に入れる{合理的な方法}」を

「容疑者なりに考え出しあ結果」が

「自殺サイトSNS等を利用して、

容疑者の下に、金を持ってくる異性を導く方法」だった。

「最初に容疑者の下に導く事に成功hした{女性}」に、

「50万もの{金}を持ってこさせる事に成功」した「該当容疑者」は

「女性を殺す事によって、その実態を隠蔽する

更なる、自暴自棄行動に走ってしまった」。

「該当女性には彼氏が居た」。

「彼氏は彼女の行方を捜し、該当容疑者のところに辿り着いた」。

「該当容疑者にとっては、その彼氏も排除する必要性が生まれた」が

「既に、人間を殺している該当容疑者が選択した方法は殺人」だった。

「金と身勝手な性欲満たしを手に入れ、

殺人により、

その隠蔽にも成功したと思い込んでいた該当容疑者にとって

自殺サイトSNS等を悪用して女性を該当容疑者の下に導き

身勝手な性欲を満たし、金も手に入れる手法」は

「ある種の成功体験と思い込めていた筈」だ。

「該当容疑者の代償欲求を追及する

身勝手で超自虐的な手法」は

「短期間の間に繰り返されてしまった」。

「行方不明の妹を探す兄により、該当容疑者が炙り出されるまで、

該当容疑者の身勝手で超自虐的な手法は繰り返され続けていた」・・・。

「上記の様な実態」は

「他の自暴自棄状態に陥らされた者たち」が、

「例えば、

人口密集地域でナイフや車等人間殺傷の武器にも成り得る物を使って、

殺傷行為を行えば、大量殺人等が出来る等と

{合理的}に考え、思い込み、

現状脱出欲動の暴発に誘われて

その実行に走ってしまう実態」と

「基本的に、何も変わらない」』。

『「劣悪な情報・教育等」や

「劣悪な社会・経済システム等」を

「蔓延らせ続けている限り、

同様の新たな事件・事故等」は

「連綿と起こり続ける事になる」。

「そればかりか、

急速な進歩・進化を実現し続けている物質文明・物質文明製品等の悪用により、

時と共に深刻化して行く事になる」。

「地球を丸ごと消滅させる事が出来る物質文明製品を

自暴自棄状態の人間が現状脱出欲動の暴発に誘われて実用しない内」に

「人類は、

精神文化側を必要十分に進歩・進化させる必要が在る」』。

『「それでは、

自暴自棄状態の人間を生み出さない為には何が、どんな事等が、必要か?」

「それは、

科学レベルで判明している

人類誰もの実体やその実体の本来の目的」と、

「ちゃんと整合性を取って考えるなら、誰にでも解る事」だ』。

『「そもそも、古の時代から、長い間ずっと、

多くの人類の意識は

丸ごと一人レベルだけ・・・だった」。

「丸ごと一人レベルだけの意識上」で

「例えば、死を理解・把握しようとする」と

「どうなるのか?」は

「既に、古の人々が数多い実例を示している」。

「死の実体把握が出来ていなかった時代の人々」は

「例えば、

丸ごと一人レベルの霊やあの世等を{つくり出す}事によって、

人生上の重大な事が分らない{巨大なストレス}」に

「対抗」した。

「大衆支持が得られ易い{つくり出し}概念」として

「輪廻転生や丸ごと一人レベルの生まれ替わり等々が在った」。

「それらは、当時の人々の意識上」で、

「実体把握が出来ていない人生の重大事である死への

悪戯な恐怖等」を

「やわらげる実効が有った」から

「相応に、多くの支持を得たいた訳」だ。

「死の実体」は

「細胞レベルの実現象である事」が

「科学レベルではっきりと検証されている今日」では、

「学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報が健常状態なら、

ちゃんと死の実体を

理解・把握出来ている人々が

ほとんどになっている筈」だ。

「ところが、古からの丸ごと一人の死生観・人生観等を重用している

人間社会体制等の維持等が優先され、

死という人生上の一大事に対する実体把握が極めて希薄な状態の人々」が

「実質的に、量産されてしまっている」のが

「現状の多くの国々の実状」だ』。

『「現状の日本社会の状態」も、

「現状の多くの国々と同様になってしまっている」』。

『「丸ごと一人レベルの死生観・人生観が公然化されている人間社会」では

「丸ごと一人レベルの

格差も

差別も

利権も・・・蔓延らされている」。

「産まれながらの大金持ち・大権持ちまでもが居る反面」では

「産まれながらの

被差別対象者や

劣位状態者等々までもが居る

非常に劣悪な状態」が

「続いてしまっている」』。

『「丸ごと一人レベルでの

優越感や

劣等感や

満足感や

不満感等々が、

それぞれの人々の中で渦巻かされている」』。

『「そんな現状」では、

「丸ごと一人レベルの問題が、起きない、起こされない方が不思議」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」で

「人類の物質文明」は

「急速な進歩・進化を成し遂げ続けて来ている」。

「ところが、精神文化側」では

「未だに、

科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が悪い

丸ごと一人レベル・・・が蔓延っている」。

「時と共に、どんどん豊かになって来ている物質文明」が

「科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が悪い

物質文明に対して明らかに遅れている精神文化上」で

「実用されて来ている」。

「精神文化の健常進歩・正常進化が余りにも疎かな状態の人類の超自虐的な{得意技}」が

「殺傷事件であり、テロ・戦争等々」だ』。

『「人の誕生・死が細胞ごとの実現象である事」を

「ちゃんと理解・把握出来ている」なら

「丸ごと一人レベルの殺傷行為の馬鹿らしさ等」は

「其れこそ、何処の誰にでも、分る事」だ。

「殺すべき実体」は

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

丸ごと一人の人間」では

「断じて無い」。

「余りにも、進歩・進化を怠っている

科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が悪過ぎる

現状の人類が{無理やり}抱きしめている

劣悪な精神文化であり、精神文化製品」だ。

「人間社会システムや経済システム等々」も

「言うまでも無く、精神文化製品」になる』。

『「楽に死にたい???」

「人類誰でも、今、この瞬間にも、死を実体験している」。

「もちろん、痛くも、痒くも無い筈」だ。

「既に、楽に死に続けているのだから、

今更、何を言う???」

「人体の苦悩」は

「健常状態からの逸脱により起こされている」。

「今、この瞬間にも死を体験し続けながら存続している人間は、

同時に、今この瞬間にも誕生も体験しながら存続している人間でもある」。

「全ての人類も含む、地球の生物の基本的な目的は、存続」だ。

「地球の生物の健常な存続を不当に阻害する悪い物質文明や悪い精神文化こそ」が、

「殺すべき、殺されるべき実体」に他ならない』。

『「誕生・死の健常状態が

呼吸に必要な空気や飲食に必要な飲食物等、

物質文明面で阻害されたり、

悪い精神文化製品である悪い社会体制や悪い経済システム等や

現実離れした考え・思い等への執着等

精神文化面で阻害されたり、する」と

「苦悩等が生まれる」』。

『「苦悩等とは、ある種の警告・警報でもある」』。

『「殺すべき」は

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪過ぎる

物質文明であり

精神文化」だ。

「例えば、

ルックス差別であり、

経済差別であり、

能力差別であり、

人種・民族・血統・出生・出所等々による差別であり、

出来の悪い社会・経済システムであり、

出来の悪い情報・教育であり、

現実との乖離が激しい丸ごと一人の死生観・人生観であり、

出来の悪い物質文明製品であり、

出来の悪い精神文化製品

・・・等々」だ』。

『「出来の悪い精神文化製品の域を脱していない

テレビ・ラジオ番組や

映画・音楽・小説等々や

学校教育等々」を

「そのまま存続させ続ける必要は全く無い」』。

『「事件・事故等の上辺を宣伝し、

常連出演者等が

指定しても自分たちは困らない{悪モノ}を

{指定}して、

正義ぶっていたり、

浅過ぎる心理論等を学者???が述べていたり・・・等々

していても、

同様の新たな事件・事故等が起こり続ける事態が改善される訳も無い」。

「物質文明の進歩・進化との乖離の分だけ

より酷い事態が起こり易くなるダケ・・・」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「9人殺害事件」や「ゲイノウ人覚せい剤」等の大宣伝を行っている番組が多いが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、トランプ大統領の来日等を受けて、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相を露呈している常連出演者等が「日米安保一辺倒で良いのか?」等と視聴者の考え・思い・感情等を北朝鮮等にとって都合の良い方向に誘導しようとしていた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事