« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

TBSでは「朝鮮人等ご用達の北朝鮮問題論」等を日本の公共の電波を使って一方的に大量配信しているので本当に酷い・・・。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」が「どんな人脈によって牛耳られているのか?」等を

「露呈させている一例」が「またまた・・・」。

「朝鮮人ご用達論のインチキ」は

「例えば、以下の実例からも明らか」だ』。

『「二国間の国家間契約であった日韓併合」を

「日本による侵略~植民地支配」と

「印象付ける公共の電波を使った実質的、視聴者等マインドコントロール」は

「もちろん、今回が初めてでは無い」。

「日韓併合の実態」は

「日本による朝鮮半島内の急速な近代化」であり

「合意契約に基づいた二国が一国となる同化政策」だった。

「多くの朝鮮人は日韓併合以前より遥かに良い環境を手に入れられた」ので

「日韓併合は悪く無い。朝鮮王朝時代より、良い。」等と

「実感し、その旨を述べていた人々も決して少なく無かった」。

「極一部には、日本による近代化や国家間合意契約に基づいた同化政策等」を

「極端に嫌い、朝鮮半島内の支配等を画策した少数の人々も居た」が

「それらの人々は、次第に、数を減らし、居場所も無くし、

朝鮮半島内で武器まで使って反抗していた少数集団は

当時の朝鮮半島内の多くの人々(もちろん、多くの朝鮮人も含む)により

白頭山まで追いやられ

大勢に影響が出ない状態になっていた」。

「2百万人もの朝鮮人が日本本土に渡来{出来た}のも

基本的に差別を無くす同化政策故」で

「其処には、朝鮮人の自主密航等はあっても、日本による強制連行等は無かった」。

「強制連行が行われたのは戦時中」で

「当時は、多くの日本人男性が強制的に戦地に送り込まれていた」のだから

「強制連行を問題にする前」には

「戦争という重大問題」を

「決して、忘れてはいけない」。

「日本の敗戦時に朝鮮半島内で喜んだ」のは

「コレで朝鮮半島内の日本人の資産・財産等を自分たちのモノに出来る!」等と

「考え・思い・実行した者たちに他ならない」。

「元々が、

実質的には、

植民地支配政策では無く、

朝鮮半島内の急速な近代化と

二国を一国化する同化政策だった」ので

「当時の朝鮮半島内の朝鮮人と日本人の関係は相応に良好だった」。

「其処からの{解放}を喜んだ人々の内実」は

「上記の通り」だ。

「戦後朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては強制的に帰還させられた」のだから

「日本国内の朝鮮人も朝鮮に帰ってこそイーブン」だ。

「ましてや、日本による植民地支配を言う者なら、

植民地支配をした悪い国の中に留まる方が異常になる」。

「北朝鮮への帰還事業はこの意味からも正当な事業だった」。

「北朝鮮自体が酷過ぎた問題の責任は言うまでも無く、北朝鮮に在る」。

「朝鮮人ご用達論」では

「常に、朝鮮人を善良なる無垢の民

(善良なる無垢の民なら、

例えば、国家指導者等もより善良な者を選ぶ筈で、

人民衰退支配や国家指導者私利私欲政治等々の

{悪事}は

行わない筈だが)等として

特別扱いする」から

「日本の敗戦につけ込んだ実質的、火事場泥棒(こちらが内実)」で

「大喜びしていた者たち等」を

「植民地支配からの解放

(こちらは上記の内実を正当化する為につくり出した大衆騙しの表看板)」を

「喜ぶ人々」等と

「伝え」、

「北朝鮮帰還事業」を

「まるで、そんな事業を行った日本が悪いかの如きイメージで喧伝したがる醜態」を

「露呈し続ける事になる」。

「そんな朝鮮人ご用達論」に

「普通の状態なら、他の国の人々等が同意する訳も無い」。

「其処で出て来る」のが

「駄々」と

「駄々に基づく問題行動」と

「問題行動の解消を餌にした無理強い」だ』。

『「その基本的実態」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等でも

韓国悪権力者等でも

全く、同様」だ』。

『「ボクちゃんたち敗戦火事場泥棒じゃないもん!

可哀そうな侵略~支配されていた者たちだもん!

だから、支配していた者たちのモノを取るのは当然だもん!

もっと、もっと、取りたいもん!

日韓共支配下に置いて取りたい放題とってやるもん!

日韓を支配下に置く為に、日韓内に少なからず居る北朝鮮系の者たちが使えるもん!

日韓国民も騙して操ってやるもん!

騙しやズルや工作活動等は得意だもん!

取らせてくれないなら核もミサイルも持つもん!

核やミサイルを放棄して欲しかったらもっとよこせだもん!

核・ミサイル等の餌で沢山取れたもん!

元々、核放棄なんて嘘だもん!

もっと、もっと、取っる為に核・ミサイル等の開発行い続けるもん!

核・ミサイル等が充実すれば日韓を支配下に置く事も容易になるもん!

だから、絶対、核・ミサイルの開発~配備は止めないもん!

でも、核・ミサイルを充実させる前に戦争になったら負けちゃうから

未だ、戦争は嫌だもん!」

・・・等々と言うのが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ』。

『「植民地支配詐欺で米国人騙したら、支援金も沢山集まったもん!」

「コレを基に米国要人に取り入れば、

戦争も始まりそうだし、

戦後は朝鮮半島も日本も支配下に置けるかも知れないもん!」

「植民地支配詐欺が効いて、

戦後韓国の大統領にも成れたし、

日本からも結構取ればもん!」

「日本国内にはお仲間を残し続け、更に、取り続けるもん!」

「日韓基本条約でオシマイ!は嫌だもん!」

「別の国家指導者が結んだ国家間契約なんて、

ボクちゃん知らないもん!

無しにしちゃうもん!」

「今度は女性の人権で騙して、取ってやるもん!」

「ちょっとしか取れなかった

別の国家指導者が結んだ慰安婦合意なんて

無しにしちゃうもん!」

「国家同士の約束なんて、日韓併合同様、何でも、無しに出来ちゃうもん!」

「歴史だって捏造出来ちゃうもん!」

・・・等々というのが「韓国悪権力者等の実態」だ』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実態」が

「其処に在る」』。

『「北朝鮮も韓国」も

「異口同音に祖国統一を訴えている」が

「劣悪国家指導者と悪権力者を頂き続けている内」は

「支配権争いになるダケだから無理」だ。

「無理して統一すれば、悲惨な事になる」』。

『「もちろん、北朝鮮にも、韓国にも、

実体や事実・現実通りの歴史認識を持ち

劣悪国家指導者や悪権力者等を頂きたがらない

健常な人々も少なからず居る」。

「劣悪国家指導者や悪権力者の支配下から

健常な人々を解放する事」こそが

「朝鮮半島統一の王道に他ならない」』。

『「日本国内の

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「意識的かつ積極的に、告発等しようとして来ていない

テレビ・ラジオ・マスコミ等は

本当に異常」だ。

「其処に露呈している」のは

「日本国民の命や健康や安全や財産・資産等」より

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等の利を

図っている」

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の情報工作機関等の実態になる」。

「もちろん、そんな事を行い続けて来ている者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の為に、反戦等を訴えている者たち」は

「本当に異常」だ。

「戦争犠牲者ダケを言い、工作活動犠牲者を言わない」のは

「明らかに、異常」だ。

「米・日・韓側の犠牲がほとんど出ない、

アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争等の早期実行」により

「その後の日韓内等の北朝鮮等による工作活動の犠牲者が激減する」なら

「戦争を直にでも行う事」こそが

「人道面からも正道になる」。

「もちろん、

理想は、

北朝鮮劣悪国家指導者等が自ら態度を是正し

核・ミサイル等の開発や他国内での工作活動等を放棄する事」だが

「劣悪国家指導者等の実態は上記の通り・・・」だから

「絵に描いた餅は絵に描いた餅でしか無い」・・・。

「実効のある解決が先延ばしされている時間の分だけ

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等による

犠牲者の数も増え続けている」。

「この重大事態を実質的に、放置し続けている者たち」は

「本当に異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

「日馬富士等パワハラ・飲酒・暴行~傷害問題」や「北朝鮮の核・ミサイル問題」では、視聴者に寄り添っていたりしても、日本国内の北朝鮮の工作員・協力者等の重大問題は黙殺し続けている北朝鮮劣悪国家指導者等の手下かも知れない者たち問題・・・。

『「本当に、現状の日本のテレビ等は異常」だ。「何しろ、何処の局でも、取り上げる者・物・事は、ほぼ同じ」。

「更に、何処の局でも、

同様の者たち等が

同様の論等を

一方的に大量配信している」。

「その異常さの一つの象徴」は

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来てしまっている

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等」という

「重大問題」を

「何処の局でも、黙殺し続けて来ている事」だ』。

『「拉致問題」でも

「拉致被害者にはスポットライトを当てる」が

「拉致工作の実態」や

「日本国内に今も居る場合も多い拉致工作に手を染めた者たちや

拉致工作に協力した者たち等が

その後

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で行わされ続けて来ている

重大悪事」を

「ちゃんとマスコミらしく、告発等しているところ」は

「実質的に、皆無」だ。

「コレでは、まるで、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「隠蔽する事で実質的に応援している

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員/機関等そのもの」だ』。

『「この戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の重大異常事態」を

「隠蔽し続ける為に盛んに使われ続けて来ている策略」が

「大衆が興味を持ち易い話題を次々と提供し続ける情報配信」だ。

「現状の

日馬富士飲酒・パワハラ・暴行~傷害問題や

それに伴う大相撲界の権力構造や処理の仕方等問題」も

「その一つ」に他ならない。

「一つの大話題で大衆興味寄せが出来ない場合」は

「不倫問題を連続して取り上げる等の手段が用いられている」。

「何れにしても、

それらの{目隠し}もしくは{煙幕}」では

「必然的」に

「必要」となる

「貴重な公共の電波の時間の大量消費ぶり」や

「全ての局が同様である事の実現」等からも

「その悪の策略の実態」は

「明らか」だ』。

『「何処の局でも同様の者たちが同様の論ばかり・・・を配信」とは

「実質的、情報統制」に「他ならない」。

「本当に異常過ぎる悪態」が

「其処に露呈し続けて来ている」が

「選挙も無いから人脈交代も無い

テレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界等」では

「その様な悪態がまかり通り続けられている」』。

『「戦後日本の情報統制状態の学校教育で育成された有益分子=学校教育上の優等生」を

「異常な戦後処理故に、

本来の日本のマスコミ・ラジオ・テレビ等とは全く違っている状態に成れてしまった

現状のテレビ・ラジオ・マスコミ界等」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等や韓国等の有益分子として使い

上記の悪の策略」により

「多くの日本国民の頭の中」を

「北朝鮮や韓国等にとって都合の良い状態に{育成}しようと

し続けて来ている」。

「こんな異常状態」が

「何時まで続けられてしまうのだろうか!?」』

『「北朝鮮問題を解決する為に本当に有効な事」は

「主として日韓内等に少なからず居る

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的手下等」が

「行い続けて来ている工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「徹底摘発する事」だ。

「時代遅れの核・ミサイル等軍備をどんなに持っても

北朝鮮が北朝鮮だけで体制維持する為なら実質的に無力」だ。

「軍備の進歩・進化でも北朝鮮より米・日・韓等の先進諸国の方が遥かに早い」から

「実戦争となれば、何時でも北朝鮮が負けになるダケ」だ。

「北朝鮮が北朝鮮だけで体制維持する為」なら

「核・ミサイル等の開発を放棄して、その見返りの援助を得た方が遥かに合理的になる」。

「しかし、現状の北朝鮮は、時代遅れの核・ミサイル等の開発等を続けている」。

「何故か?」

「北朝鮮は北朝鮮だけで体制維持するつもりなど無く、

とりあえずは、韓・日を乗っ取り支配する事による体制維持を企んでいるから」だ。

「その為の実戦部隊が、韓・日の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下」になる。

「何故、北朝鮮は韓・日を乗っ取り支配する必要があるのか?」

「韓国支配の訳は言うまでも無い事だろう」。

「祖国統一」は、

「北朝鮮」でも「韓国」でも「異口同音」だ。

「根底にある」のは

「統一国家の主」だ。

「統一国家の主の正当性を問う」と

「在日の母を持つ金正恩」なら

「日本も支配しなければならない事になる」。

「金正日から金正男では無く、

金正恩となってしまった事による

日本のデメリットは多大」だ。

「金正恩となってから

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の

日本乗っ取り本気度は飛躍的に上がってしまっている」。

「元々、金正男の失脚を仕込んだ」のも

「在日金正恩人脈の者たち」と

「強く推定出来る」。

「その辺りを仕込んだ者たちは、その当時より前から、

日本乗っ取り支配を本気で企み、

本気でその為に必要なモノ事等を

行い続けて来ている」と

「強く推定出来る」』。

『「異常な戦後処理故」に

「終戦当時日本国内に居た数多くの朝鮮人が

終戦後の日本国内で相応の利権を得られてしまった」。

「その結果として、本来なら、朝鮮半島に帰還している人々が

利権故に日本に居残れる事態が生じた」。

「居残れた朝鮮人の中には北朝鮮系の者たちも多数居た」。

「日本国内に多数居た北朝鮮系の者たちを

北朝鮮劣悪国家指導者等が利用しようとしない訳も無かった」。

「北朝鮮内に居る家族や親戚等を人質」に

「日本乗っ取り支配工作(非人道的な不適応分子日本人等粛清工作も含む)等を

行わせ、

それを隠蔽・黙殺し続けさせる

悪魔の策略」は

「2017年が終わろうとしている現在でも、未だに、連綿と続けられてしまっている」。

「拉致は、

現在行われている悪の工作の前準備の為の工作の一つ」であり

「氷山の一角に過ぎ無い」。

「拉致被害が明らかになった事」は、

「北朝鮮が日本に仕掛けた工作の全てが明らかになった事では、

断じて無い」。

「普通のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「拉致工作以外の工作活動等も徹底調査等していて当たり前」だ。

「ところが、拉致以外の工作ばかりでは無く、

拉致工作の実態調査等さえロクに行っていない」。

「仮に、行っていても、ちゃんと表に出していない」。

「本当に異常」だ。

「そればかりか、北朝鮮の核・ミサイル等を大宣伝し続けて来ている」』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等と言うよりは、

北朝鮮や韓国による日本国内の情報工作機関と言った方が

適切な実態を露呈し続けて来ているモノ」に

「過分な立場・権力・報酬等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争を避けさせて、

北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓乗っ取り支配を

実現させようとしている

似非平和主義者等」は

「戦争さえ無ければ、

北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に置かれ、

身勝手に粛清等される状態下に置かれる事」を

「本気で、平和と思っているのか!?」』

『「出来るだけ早く

徹底排除すべき

陰険なナチス・ヒトラーをこのまま放置~増大化させる」なら

「人間世界に破滅をもたらす核戦争を覚悟しなければ

北朝鮮問題の解決は不可能になってしまう」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等や北朝鮮の精神構造や精神文化を検証」し

「その変化の方向性を検証する」なら

「北朝鮮問題」は

「一~二ヵ月の間に根本解決しなければならない喫緊の重大問題である事」が

「直に解る」』。

『「今、こうしている間にも、どんどん核ミサイルを量産している筈」だ。

「北朝鮮が実戦配備した核ミサイルが数百発レベルになってしまう」と

「その対処は本当に困難になる」。

「劣悪独裁政権とは交渉も成り立たない」。

「劣悪独裁政権側が要求を突きつけるダケになる」。

「例えば、韓・日の支配を容認せよ!と

要求された時、

米・中・ロや欧州の国々や世界中の国々がNO!と言う事を選択出来るのか?

核戦争を避ける為にYESと言ってしまうのか?

その後、更なる支配拡大を要求し出した時にどうするのか?

人類破滅を招く核戦争をするのか?

劣悪独裁政権の支配下に入る事を容認するのか?」』

『「政権交代、つまり、人脈交代が無い事による重大な害」が

「其処に露呈している」』。

『「それは、現状の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等でも同様」だ』。

『「米国は、今の内に、北朝鮮の核・ミサイル施設等を駆除するべき」だ。

「北朝鮮が反撃する」なら

「中国共産党軍も加わって一気に押さえれば良い」。

「その後、中国共産党軍が進駐したまま、北朝鮮の次期政権をつくれば、

北朝鮮は

中国共産党支配下の中国並みの状態」に

「{改善}される事になる」』。

『「元が消滅する」なら

「日韓内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等も

雨散雲消状態になる事になる」』。

『「何れにしても、今後、人間世界」は

「破滅か、破滅に至らない破壊か、の何れかの状態に陥る事になる」。

「どちらがマシか?」は「言うまでも無い事だろう」。

「破滅に至らない破壊」なら

「破壊後に新たな人間世界が構築出来る」。

「その為の準備を怠ってはいけないが・・・」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮劣悪国家指導者等が「世界中からNO!」でも態度を是正しない訳・・・。

『「今頃、北朝鮮では、一機でも多くの核ミサイル」等を「つくり続けている筈」だ。

「現状では、米・韓等とは戦争にもならない」から

「北朝鮮側からの先制攻撃は不可能」だが

「北朝鮮が数百機レベルの核ミサイルを実戦配備する」なら

「先制攻撃も可能になる」。

「元々、

生き延びる為」には

「他の国々・他国民等を拡大支配し続けて行く事」が

「必需になる」のが

「極悪非道な独裁体制の宿命」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「先ず、恐怖政治やカルト宗教国家化等の手段」で

「北朝鮮国民を支配下に置いた」。

「次に必要になる」のが

「近隣国である日韓等を支配下に置く事」だ。

「日韓等にとっては、不幸な事」に

「戦後の日韓内には、北朝鮮系の者たちが多数居る」。

「北朝鮮国民支配」で

「親兄弟姉妹や親類縁者等」を

「人質に取られている状態」の

「日韓内の者たちにとって、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令に背く」は

「人質の粛清や困窮状態への追いやりに直結している事になる」。

「結果、日韓内等には、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で動く者たち」が

「かなりの数居る」。

「一旦、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等に手を染めた者たち等」は

「その事自体が弱みになる」。

「例えば、拉致工作を行った者たちやそれに協力した者たち等」も

「北朝鮮劣悪国家指導者等が命令・指令等で動かし易い存在になる」。

「逆らうなら、北朝鮮内の人質等を冷遇したり、粛清工作員等を向かわせる・・・等々」となれば、

「嫌々でも、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令に忠実に動く事になる」。

「そんな、主として、日韓内等、他国内での北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の存在」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の態度を是正させない事に直結している」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって」は

「例え、一発の核ミサイルも撃たなくても、

先ずは、日韓内の工作活動等で

日韓内を乗っ取り支配出来れば、

延命に繋がる事になる」から

「核・ミサイル等の脅し」や「国際的制裁」の「裏」では

「実質的に、制裁無縁の日韓内等の工作活動等が

旺盛に行われ続けて来ている」』。

『「逆から見る」なら

「北朝鮮問題の解決法」は

「明らか」だ』。

『「日韓内等の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」を

「徹底摘発する道」と

「北朝鮮から先制攻撃が出来ない内」に

「軍事的に北朝鮮の核・ミサイル等を無効化」し、

「同時に、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を

徹底的に明らかにする事」で

「北朝鮮による、主として、日韓内等、他国内での工作活動等を徹底撲滅する道」が

「高い実効を持つ事になる」。

「逆に、それらを怠ったり、先延ばしにしたり・・・する」なら

「北朝鮮は、数百発レベルの核ミサイルを実戦配備出来てしまう事になる」。

「そうなれば、

北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に入る事を呑むか、

全世界の破滅に通じる全面核戦争を行うか」になってしまう』。

『「北朝鮮問題の解決」は

「本当に急務」だ』。

『「それなのに、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の様相を露呈し続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「未だに、北朝鮮問題の実体さえもロクに情報配信していない」。

「中国共産党軍、もしくは、人民解放軍等が進駐するかも・・・」等の

「絵に描いた餅論」で

「お茶を濁している」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が声を大にして言うべき」は

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の徹底摘発等なのに!」』

『「もっとも、テレビ・ラジオ・マスコミ等自体が北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」なら

「言うべき事が言えなくて当然・・・」になるが』。

『「今なら、未だ、間に合う」。

「出来る限り早く、北朝鮮の核・ミサイル施設等」を

「軍事攻撃してでも、無効化するべき」だ。

「現状なら、北朝鮮側の反撃も困難」だ。

「反撃する」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等を行えば良いダケ」だ。

「核・ミサイル施設等を無効化した」なら

「遠慮無く、北朝鮮に進駐し、

北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の

主として、日韓内等、他国内での工作活動等を

徹底解明し、

徹底撲滅するべき」だ。

「そうすれば、拉致被害者の帰還も実現出来る事になる」』。

『「大相撲問題煙幕」等で

「お茶を濁し続けよう・・・としている者たち等」に

「日本の公共の電波使用や公共的マスコミ等の仕事は馴染まない」。

「今、片付けなければ、重大な事態を招いてしまう北朝鮮問題」を

「一刻も早く、本気で、解決する為」の

「力となる情報配信」さえも

「出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「既に、散々な事を行い続けて来ている

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」に

「相応しい」のは

「応分の罪と罰」だ。

「それから逃れる為に、

北朝鮮劣悪国家指導者等に魂を売り渡している極悪劣悪状態の者たち等」に

「過分な配慮等は全く必要無い」。

「政権も警察等」も

「出来る限り早く」

「全く遠慮する事無し」に

「徹底摘発するべき」だ』。

『「北朝鮮の人質の為」や

「自らの罪を誤魔化し続ける為」に

「一般日本国民等に非人道的な工作活動等を仕掛け続けている

{悪魔に魂を売り渡した者たち}に

相応しい」のは

「永遠の恥辱に染まる道の上」になる。

「非人道的な工作活動により、多くの日本国民を

早死に等させたり、

苦難状態に陥れたり

・・・等々して来ている者たち」には

「それらの被害者の何十倍~何千倍もの生き地獄等が与えられて当然」になる。

「そして、その様な{悪魔に魂を売り渡した者たち}の跡継ぎは、皆無であって然るべき」だ』。

『「今までの罪を自ら清算等出来ない下劣な者たち」に

「これ以上人間世界を荒らさせ続ける必要は全く無い」。

「北朝鮮問題(日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の問題も含む)」は

「即刻にでも解決するべき」だ。

「悪者たちに余分な時間を与える必要は全く無い」。

「悪者たちに余分な時間を与え続けている分だけ

本来の健常な人間世界が損なわれている事」を

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

|

テレ朝朝番では、「視聴者等の共感力を失わせる事を行っている者たち」が「ご近所トラブルをダシに共感力等を訴えていた」ので、本当に呆れた・・・。

『「現状のテレビ界」で「大きな実権を保持出来ている者等」に「実質的には、気に入られたダケの者たち等」が

「公共の電波上」に「常連出演等」し

「偏向・偏重論等を一方的にばら撒き散らす事が出来ている事」の「実効」は、

「多くの視聴者等の中の健常な共感力等を破壊する裏」で

「多くの視聴者等に

現状で大権を持つ者等に気に入られる事等の重大性等」を

「擦り込む事」になる。

「そんなベース」の「上」で

「現状で大権を持つ者等」や

「現状で大権を持つ者等に気に入られた者等」の「論等」が

「公共の電波等を使って、公然化される事」の

「実効」は

「多くの視聴者等」を

「その論等に従う状態に追いやる事」等になる。

「現状で大権を持つ者等」や

「現状で大権を持つ者等に気に入られた者等」の

「論等を主としたテレビ等による公然化」は

「現状で大権を持つ者等」や

「現状で大権を持つ者等に気に入られた者等にとって都合の良い論等」による

「ファシズム」を

「可能にする」。

「ナチス・ヒトラーのラジオ等悪用の大衆誘導ファシズム」と

「同様の事態」が

「戦後の日本社会では、連綿と続けられて来ている」』。

『「そもそも、健常な共感」とは

「個々の視聴者等が健常に自立出来ていて初めて成り立つ事」だ。

「個が現状で大権を持てている個に従うダケの状態」に

「本当の共感は無い」。

「共感を言う」なら

「その前」に

「健常な個の自立の役に立つ情報配信等を行う」のが

「当たり前」になる』。

『「現状で大権を持てている者等」や

「現状で大権を持てている者等に気に入られた者等」にとって

「都合の良い論等」に

「視聴者等を従わせようとする」なら

「健常な個の自立を阻害し続ける事こそが合理的」になる』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」や

「学校教育等」が

「上記の何れか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「それでは、健常な個の自立を阻害し続けて来ている裏には何がある?」

「現状で(つまり、戦後の日本で)大権を持てている者等」や

「現状で大権を持てている者等に気に入られた者等」の

「現状利権等の維持~増大等の悪の思惑」等が

「其処に露呈して来る」』。

『「朝鮮系の者たち等を重用した異常な戦後処理を基」に

「戦後日本」の

「マスコミ・ラジオ・芸能界等」や

「学校教育界」等は

「つくり出されてしまった」。

「そして、その利権体制」は

「選挙も無い」から

「同様のまま・・・」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「常連出演者や

テレビ番組制作者等が

正義ぶる為のダシの一つとして使われた様相」の

「ご近所トラブル」の

「裏」にも

「反日他国人脈の悪の意思・意志等が潜んでいる場合が少なからずある」。

「北朝鮮等の反日他国の国民の多くは困窮状態にある」のに

「日本国民が安穏とした生活を送れるのは許し難い!」等の

「感や思い等に基づいた命令・指令等の下」で

「戦後日本の法や摘発体制では摘発困難な迷惑行為~殺傷行為等」を

「連綿と行い続けている、行い続けさせられている集団の存在」は

「決して、無視出来ない重大事」だ。

「本来の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「積極的に告発し、重大問題の解消等を訴えている」のが

「当然」になる。

「逆に、そんな集団のお仲間等」なら

「正義ぶる材料等にはしても、問題の本質を黙殺せしめよう・・・等とする事」が

「合理的になる」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」や

「学校教育等」が

「上記の何れに当たっているのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「日本全国各地から多数の日本国民が拉致までされている」のに

「日本国内の工作組織や協力者等を十分に摘発等しない、させない事」は

「本当に異常」だ』。

『「北朝鮮の核・ミサイル等がどんどん増強等出来てしまっている裏に在る」のも

「主として、日韓内等、他国内に存在している北朝鮮劣悪国家指導者等の手下人脈」に他ならない。

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下人脈を徹底摘発する事」は

「北朝鮮問題(拉致も含む)の解決にも直結している」のだから

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、それを訴えない方が異常」だ。

「政界でも同じ事」だ。

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下人脈を放置したまま・・・」を

「容認し続けて来ている政党・政治家等」は

「本当に、日本の政治家なのか???」』

『「金正恩の母親」が

「在日朝鮮人」だ。

「在日朝鮮人の母の子が北朝鮮の国家指導者として本当に認められる為」には

「北朝鮮による日本乗っ取り支配が要る事になる」。

「その為の悪の工作活動が連綿と戦後日本社会の中で行われ続けて来ている事」等は

「断じて、黙殺し続けていて良い事では無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「政治家」等も

「戦後日本社会の中に未だ存在し続けているこの重大問題の解決」を

「本気で、急ぐべき」だ』。

『「現状のままの北朝鮮を放置~容認等し続ける」なら

「北朝鮮が、全世界を破滅に追い込める程の核・ミサイル等を保持してしまう事になる」。

「逆に、早々にでも、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等を行う」なら

「米・韓・日等の被害も最小限で済む」先に、

「全世界の破滅も防げる」。

「もちろん、現状人間世界のまま・・・」では

「人類、もしくは、地球生命体細胞群の長い~永い存続は不可能」だから

「何れ、近々、現状人間世界は終わる、終わらせられる事になる」が、

「その後の存続~永続可能な人間世界をより負担少なく構築する為」にも

「北朝鮮問題の、出来る限り早い、早期解決」は

「本当に重要」だ』。

『「米国トランプ政権」が

「エルサレムをイスラエルの首都と認定した事」に

「他の多くの国々が正義ぶって反対している」が

「その姿」は、

「北朝鮮問題で問題の解決に直結している{被害のより少ない}戦争を

正義ぶって、先送りし続けて来ている姿」と

「同様」だ。

「先送りの結果」は

「{被害がより多い}戦争、もしくは、人間世界の破滅になる」のだから、

「北朝鮮問題の早期解決」と

「現状人間世界を終わらせる事に直結しているエルサレム仕込み」には

「賛同する事」こそが

「ベターチョイス」になる。

「本当は、全世界的に

人類の精神構造と人間社会の精神文化を

意識的かつ積極的に

健常進歩・正常進化させる事」で

「全ての難を解消させる{次世代人間世界への軟着陸}」こそが

「理想」だが

「残念ながら、理想が実現出来る程、

現状の多くの人類も

現状の人間社会も

出来が良くは無い」。

「現実的な道」は

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争による北朝鮮問題の早期解決」と

「現状人間世界の終わりを誘う

{イスラエルの首都エルサレム}」の

「実現」だ。

「破滅に至らない破壊」により

「現状人間世界が壊される事」で

「次世代人間世界の立ち上げが可能になる」』。

『「今時のテレビ・ラジオ・マスコミ上等や学校教育上等」で

「行うべき情報配信や教育等を行わず、行えず、

悪戯に、戦争等を先送りする事等により

現状利権を貪り続けている亡者等」とは

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」だ』。

『「現状で相応の立場・権力等を保持出来ている者たち」等は

「上記の事実」を

「厳粛に受け止めるべき」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。、

|

「大相撲、日馬富士飲酒・暴行~傷害事件の後処理問題ばかり・・・」が主流だが・・・。

『「しかも、視聴者等を野次馬化し、{丸ごと一人、誰が?の世界}で悪者捜し等をする精神構造」を

「実質的に、育成している」のだから

「本当に、劣悪で醜悪」だ。

「もちろん、この様な情報配信実態・実体の先」には、

「多くの視聴者の精神構造の健常進歩・正常進化も無ければ、

事件・事故等や問題の本質の改善も無い」。

「実に、性能の悪い精神文化製品の一つ」、

「劣悪テレビ番組」等が

「其処に在る」。

「ところが、現状」では

「性能の悪い精神文化製品の製造に対する対価」が

「余りにも、ばかげているくらい、膨大」だ。

「それは、

例えば、

テレビ常連出演者(ゲイノウ人等も含む)等の出演料や

テレビ局員等の給与・ボーナス等からも明らか」だ。

「劣悪な精神文化製品の製造・配信等」で

「暴利を貪れている

とても、

頭も心も健常とは思えない者たち」の

「中や裏」には

「何がある?」

「中にある」のが

「戦後日本の異常な学校教育等やラジオ・テレビ・マスコミ等」なら

「その負のスパイラル」は

「一刻も早く解消させるべき重大事」になる。

「裏にある」のが

「反日他国人脈」や

「日本乗っ取り支配工作」等なら

「それらは、直ちに、徹底排除する・させるべき事」だ』。

『「普通」に

「日馬富士、飲酒・暴行~傷害事件」と

「それに伴う、現状大相撲の問題」を

「考えたり、論じたりする」なら

「先ず、出て来て当然」なのが

「飲酒~暴行・傷害等厳罰論」だ。

「飲酒運転が厳罰化され、悲惨な飲酒運転事故等が減っている状態」からも

「飲酒~暴行・傷害等を厳罰化する事による

悲惨な飲酒~暴行・傷害等事件を減らす実効」は

「誰もが、容易に、推定・想定等出来る事」だ。

「大相撲界を治外法権扱いや特別扱い等しない当たり前の問題処理上」で、

「同様の新たな事件・事故等を減らす実効」が

「容易に、推定・想定出来る対策」を

「黙殺している」のは

「明らかに、異常」だ』。

『「そもそも、力士指導で重要な事」は

「横綱等上位者に従順であれ!」では

「無い」。

「大相撲」は

「軍隊や警察等、

上下関係をきっちりさせた組織でなければ

求められている仕事自体が困難になる{仕事}では無い」。

「力士は、観客等の憧れや尊敬等の的等であってこそ大相撲の魅力も深くなる」。

「指導する」なら

「話しを聞く態度では無く、話しの内容と、内容に対する実理解・把握」等だ。

「話しの内容」が

「後輩等なのに、生意気な事を言うな!」では

「とても、横綱として相応しく無い」。

「後輩等が本人の前以外で生意気な事を言っていた」なら

「陰で姑息な事はせずに、本人の前で言え!」等が「適切になる」。

「或いは、後輩等の言葉尻等は黙殺し、

その元気は、

土俵で発揮してもらいたい!」等でも良いだろう。

「後輩等を手下等として手懐けようとする」のも

「明らかに、間違っている」。

「庇って恩を売る等の邪心が在る」と

「邪心が裏切られた時に、自己破壊行動等が出現し易くなる」。

「酒が入っているなら尚更」だ。

「後輩等の自己破壊行動等が出た時、

直に、止めさせてこそ

横綱らしい」。

「生意気等と、快く思えていない後輩等が

後輩横綱の自己破壊行動等の犠牲になった時、

直に、止めさせなかった裏に在った」のも

「飲酒」による

「感覚の鈍化等とエネルギーの増大」の

「セット現象」と

「ご当人の自己破壊行動等」故と

「強く推定出来る」』。

『「白鵬」は

「相撲の比べっこ勝負」では

「圧倒的大横綱」だが

「日本の大相撲の横綱」には

「未だ、成れていない」。

「勝負で有利な事」と

「日本の横綱に求められている事」は

「全く違う」。

「勝ちにこだわる相撲で横綱まで登れた者の負け」は

「横綱感の喪失になる」が

「勝負で負けても、横綱を感じさせ続けられていてこそ日本の大相撲の横綱」だ。

「それは、

私生活上の生活習慣から磨き、

横綱の気を常に纏わり付け続けられる状態を

キープ出来ていてこそ

実現可能になる事」だ。

「神社等での奉納」では

「その気が要る」。

「白鵬は、現状までの状態」なら、

「古の時代」なら

「横綱の位は与えられず、大大関」が

「適切とされた筈」だ』。

『「いずれにしても、

白鵬しか止められない状態」とは

「ある種のパワハラ状態下の様なモノ」で

「それも責められて然るべき事」になる』。

『「何れにしても、

飲酒・暴行~傷害等がより重い罪なり、その事が徹底周知されていた」なら

「今回の事件{も}起こっていなかった可能性大」だ』。

『「日本の大相撲の伝統文化面」を

「軽く扱い」、

「商業スポーツ競技としての相撲の面」を

「重く扱う」なら

「圧倒的に強い白鵬」という「人寄せパンダ」には

「甘い処分」が

「適切になる」のかも知れない。

「しかし、その場合は、日本の大相撲」は

「もはや、国技とは、言えなく、言われなく、なる」。

「日本の大相撲」を

「単なる、相撲が好きな人々のスポーツにする」なら

「もはや、それも、悪く無いかも知れない」。

「何故なら、比べっこの時代」は

「それ程遠く無い近未来で終わるから」だ。

「その時」に

「伝統文化として」なら

「大相撲」にも

「残れるチャンスがある事になる」が・・・』。

『「本日のテレ朝朝番」では

「常連出演者等自己正当化の為の{お手盛り}組織論」等までもが

「公共の電波上にばら撒かれた」。

「組織」や「組織上の善・悪、正・邪等」を「言う」なら

「大元の地球生命体細胞群から整合性を取らなければ

自虐性の内在」を

「排除出来得ない」のに・・・』。

『「人類誰もの広義の自分である

地球生命体細胞群」の

「善・悪、正・邪等」と

「狭義の自分である

人類個人レベル」の

「善・悪、正・邪」の

「間」に

「様々な、現状人間社会・経済システム上」の

「組織」が「在り」、

「個々の組織の{お手盛り}善・悪、正・邪等」が

「在る」。

「多くの{お手盛り}善・悪、正・邪等」が

「広義の自分とも狭義の自分とも、その本来の目的とも、

ちゃんと整合性が取れている」なら

「自虐規制・強制・制限無し等は行われ辛い」が

「人類史上で、その時々、場当たり的に、規制・強制・制限無し等が決められ、

過去の慣例が、場当たり的に、{お手盛り}修正等されて来ているダケ・・・」なのが

「実態」だから、

「現状人間世界」には

「自虐が溢れている」』。

『「それでも、より自虐性が弱い方がより優位になり易い」から

「例えば、

東西冷戦では、自由主義圏が旧社会・共産主義圏に{勝利}した」。

「それでも、どちらも、

比べっこによる支配権・被支配権争い」という

「獣レベル、乳幼レベルの精神文化」だから

「どんぐりの背比べ」で

「本質的自虐が十分に排除出来ていない」』。

『「本質的自虐を無くす事」は

「簡単」だ。

「人類誰もの自分の実体である

地球生命体細胞群(広義の自分)」と

「広義の自分のの本来の目的である存続」から

「整合性を取れば良いダケ」だ。

「例えば、テレビ等による情報配信」なら

「その情報配信」が

「広義の自分に叛いているか?否か?」、

「広義の自分の存続の役に立つのか?否か?」の

「整合性を取れば良い」』。

『「視聴者を野次馬化し、

丸ごと一人レベルで悪者等を探す精神構造を

多くの場合、知らず知らずの内に、反復学習させる事」の

「実効」は

「多くの人々の精神構造」を

「丸ごと一人レベルの考え・思いに執着させ、

自我狭窄状態をつくり出す事」になる。

「狭義の自分を偏重した考え・思い」が

「獣レベル・乳幼レベルの比べっこ主義」と

「結び付く」と

「他の人々や生きもの等を、狭義の自分の為の道具や物等として捉え易くなってしまう」。

「狭義の自分を比べっこ上でより有利にする為」に、

「常人を逸脱した大量消費自慰生活等や大権等を追い求め、

それが得られるなら、

広義の自分である他人や他の生物等の犠牲も厭わない状態に陥り易くなる」。

「もちろん、そんな状態に陥れば、

広義の自分の一部である他人も物や道具としてしか感じないから孤独になり、

自分の実体に叛いているのだから

本当の自信が得られる訳も無い」。

「自我が狭窄した状態の者たち」は

「自信の代わりに、他の者・物・事等によるお墨付きを欲し、

孤独を誤魔化す為に、

多くを求め、

他の者・物・事を支配したり、

他の者・物・事に狭義の自分を支配させたりする事」で

「自分の実態・実体を見たり、感じたりする暇をつくらない様にし続けたがったり・・・する」』。

『「実に、劣悪で、醜悪で、迷惑で、自虐的な実態・実体」が

「其処に在る」が

「現状人間世界」では

「そんな状態の人々が、世界中に山程居る」』。

『「直すべき実態・実体」を

「直す為に有効な情報・教育等が行える立場・権力等々を持ちながら、

目先の組織の善・悪、正・邪等と言い訳に、

現状利権に溺れ続けようとする醜態を露呈している者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「飲酒」とは

「狭義の自分の自己責任、自己の選択により行われるべき事」だ。

「その前」に

「大前提」として、

「狭義の自分を健康にコントロールし続けて来ている事等が要る」。

「自己健常コントロールの継続が出来て来ている者が、

ひと時の緩やかな休みや、遊び等の為に

飲酒する」のが

「健常な状態」だ。

「健常コントロール状態を阻害し易い飲酒」を

「選択する責任」の「分」だけ

「飲酒時の問題行動等(暴行・傷害等も含む)に対する罪や罰等」は

「重くて然るべき」だ』。

『「飲酒運転が、{過剰な程}までに厳罰化された」のに

「飲酒暴行・傷害等が、厳罰化されようともしない」のは

「明らかに、異常」だ』。

『「ましてや、酒や薬等を、当人が飲む選択等をした」のに

「その責任が問われず」、

「酒や薬等故に、心神喪失状態で、罪に問えない、或いは、減刑」等の

「事態があって良い訳も無い」』。

『「同時」に

「酒や薬等を飲む事の強要や騙し飲ませ等も重罪にするべき」だ』。

『「科学レベルで判明している自分の実体やその実体の本来の目的から

ちゃんと整合性を取る事等による

自己健常支配度をどんどん高める情報・教育」の

「意識的かつ積極的な配信等」と

「共」に

「本質的自己健常支配度が極めて希薄な状態の人々が多い現状人間社会の実態」からも

「飲酒関連事故・事件等防止の為の厳罰化等」は

「非常に重要」だ』。

『「多くの人々が知る、

強い、興味も持っている場合も多い、

大相撲界」で、

「関連事件が起きてしまった事」を

「有効に使う為」にも

「せっかくの公共の電波上で、配信すべき情報内容」は

「もっと、もっと、真剣に改善するべき」だ』。

『「改善出来ない裏に何がある?」

「戦後日本の学校教育やテレビ・マスコミ等の情報」や

「反日他国人脈」や

「日本乗っ取り支配工作」等々なら

「何れにしても、元凶は、即刻にでも、徹底排除するべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「ならず者国家北朝鮮」等に対し「力による平和」を宣言した米国トランプ政権・・・。

『「精神文化の進歩・進化度」から「現状世界各国の状態を見る」なら

「現実主義度がより高い米国」が

「より上位に位置」し

「偽善者的平和主義を訴えている欧州等の国々」が

「その後に続き」、

「自己健常支配より遥かに高い他の者・物・事支配/被支配度が必要な

独裁政権の国々」が

「その遥か下に位置する」事になる。

「独裁政権国家の中」でも、

「より劣位に在る」のは

「より特定極一部の者たちに利権集中が図られてるばかりか、

実際に行っている政策等も、

核・ミサイル等の開発脅しの裏での

他国内工作活動(非人道的なモノも多い)等による

他国・他国民支配度アップ等」という

「北朝鮮」になる』。

『「現状人間世界の国々同士の関係上」で

「精神文化的には、

他の多くの国々より

上位に在る米国」が

「最下位レベルに在る北朝鮮」を

「非難する」のは

「人間世界全体の精神文化向上の面から」も、

「合理的」になる。

「更に、口先や文書等上での解決が実を結ばない

北朝鮮に対し、

力での平和を言う」のも

「当然」になる』。

『「当然では無い事」は

「未だ、力による平和が実現されず、

北朝鮮の核・ミサイル等の開発や他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等が

継続~強化・増大されている事」だ。

「今、この瞬間にも、

北朝鮮の工作活動犠牲者・被害者の数」は

「時と共に増加している」。

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争等による北朝鮮善良市民の解放」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)の廃絶」は

「現状人間世界にとりあえずの平和状態をもたらす為」の

「急務」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が早々に態度を是正しない限り、

行われるべき急務」を

「先延ばしにし過ぎる事の実効」は

「人類滅亡」になる』。

『「北朝鮮の軍備が出来るだけ少ない内」に

「早々に北朝鮮問題を力で解決する事」こそが

「極悪非道カルト宗教独裁国家状態である北朝鮮の問題」を

「出来る限り人間世界への被害を少なくした上で解決する為」に

「選択すべき正道」になる』。

『「現状日本社会の中」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等」による

「実害が少ない」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下や

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子等」だ。

「例えば、テレビ・マスコミ人等や政治家等」なのに

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等による工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「告発~摘発~撤廃等させようとしていない者たち等」が

「其れに当たる」』。

『「北朝鮮の工作活動等を撤廃させる実効のある手段」は

「地道に、実際の工作活動等を徹底的に捜査~摘発等して行く

{時間のかかる手段}」と

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争等により

一気に廃絶させる

{時間のかからない手段}」等が

「在る」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」で

「実質的に、

北朝鮮劣悪国家指導者等に

悪の工作活動や核・ミサイル等の開発~配備等の

時間を与える事になる

戦争先延ばし論・回避論等や

偽善的平和論等」を

「喧伝している者たち等」の

「実態・実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等になる」』。

『「エルサレム問題」でも

「偽善者たち」は

「米国を責めて正義ぶっている」が

「もちろん、そんな偽正義では、実際の平和は実現し得ない」。

「偽正義の裏」で

「着々と深刻な崩壊が進行するダケ」だ。

「現状人間世界」を

「終わらせる事により

次世代の人間世界の構築が可能な間」に

「現状人間上の本音をぶつけ合い、

現状世界を終わる

荒療治を行わない」なら

「気づいた時には、

荒療治も出来ない重篤状態のまま

人類は雪雪崩的に完全滅亡する事になる」。

「終わりの日抜き」の

「次世代人間世界への軟着陸方法」も

「未だ、実行可能」だが、

「その為には、全世界的に情報・教育等の革命的大改革が必要になる」。

「しかし、

未だに、

現状利権に溺れたまま、狭義の自分の一生を終わらせる事が出来れば良い」等と

「考え・思い・信じ込んでいる様相」の

「偽善者や偽正義者たち等」は

「この重大な革命的大改革にも抗っている」。

「その何処にも、リーダーも優等生も正義等も無い」。

「在るのは旧態依然とした陳腐な精神構造に過ぎ無い

現状利権上の保身等」だ。

「醜悪な実態・実体を露呈し続けている

裸の王様より醜い者たち」の

「大量急変是正等抜き」には

「軟着陸は出来得ない」。

「現実的には、終わりの日を招く策」が

「次善の策」になる』。

『「終わりの日を招く策」が

「実行に移されても、

次世代人間世界の正当な構築方法が???では、

お話しにならない」。

「大量急変是正等は無理」でも

「急変是正出来る者たちが急変是正する事等により

より終わりの日の犠牲を少なくしたり、

より次世代人間世界の始まりをスムーズにしたりする事」が

「可能になる」。

「偽善者・偽正義者等では無い」のなら

「今、現状の人間世界で、ある程度以上の立場・権力等を保持出来ている者たち等が

行うべき実務」が

「其処に在る」』。

『「そもそも、人の誕生・死は細胞ごとの実現象」だ。

「細胞レベルの命の連続性(個の連続性では無い事を、絶対に忘れるべきでは無い)」は

「地球上の全ての生物に繋がっている」。

「生きている一人の人類」とは

「約60兆とも言われている

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している

地球生命体細胞群の一塊」だ。

「一人の人類」が「狭義の自分」なら

「地球生命体細胞群」が「広義の自分」だ。

「狭義の自分が世代交代で出来ている事」は

「細胞レベルの命の連続性の延長であり、

個の保存では無い」。

「子造り等が出来ない・出来なかった個体」にも

「その命の連続性は繋がっている」。

「人類の世代交代も、個の保存では無く、種の保存」だ。

「個々の細胞群」は

「存続している瞬間・瞬間、

その個体が在る環境と

その個体の意思等により

細胞群自体を変化させ続けている」。

「細胞群の変化」は

「環境にも個体の意思等にも影響される個別の変化」だ。

「それは、同じ、DNAを持つ双子でも、

衣食住情報教育等や

本人の意思等により

例えば、

一人は、英語を話し、一人は、中国語を話し、

一人は、筋骨隆々に成れ、一人は虚弱にしか育てなかったりする事

(どちらの国がどちらの事態を招くか?等は全く別の話し)等々」からも

「明らか」だ。

「親子も、

個体としては、

別人・別人格の細胞群に他ならない」。

「個体として、自分の実体に叛いている人生を歩む」と

「必然的に自信を喪失する」。

「自信を喪失した者」が

「世代交代に救いを求め

自己と子孫等を実体以上に同一視等する」と

「血統家族主義等が生まれる」。

「現実・実体離れしている血統家族主義等を基」に

「人間社会をつくり出す」なら

「現実離れ・実体離れ」が

「崩壊を招く」。

「個人レベルなら、立場・財産等争いが生まれ、

集団レベルなら、集団レベルでの利権争いが生まれ、

それが、戦争にまで至ってしまった事も稀では無い」。

「基の精神文化の現実離れ度が激しい人間社会故の悲劇・惨劇」は

「人類史を見れば誰でにでも分る」。

「基の精神文化の現実離れ度・実体離れ度が激しいのだから、当たり前の話し」だ。

「悲惨な崩壊劇等を激減させる為に行うべき」は

「人類の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い人間社会への

進歩・進化」だ』。

『「人類誰もの実体」は

「約60兆とも言われている細胞群(狭義の自分)」であり

「その命の連続性は地球生命体細胞群(広義の自分)に繋がっている」。

「地球生命体細胞群の本来の目的」が

「存続である事」は

「疑いの余地が無い」。

「人類とは、地球外までにも、地球生命体細胞群の住処を広げる事を可能に出来る

地球生命体細胞群の中の唯一無二の種」だ。

「人類として行うべき」は

「広義の自分を健常存続させながら」、

「広義の自分の

地球無き後の存続も可能にする

高度な物質文明を創造する事等」であり

「その様な高度な物質文明を安全に使いこなす為に

必要十分な精神文化を創造する等」だ』。

『「高度な物質文明の創造等」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」で

「実現し続けて来ている」。

「精神文化側」でも

「同様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」への

「精神文化の健常進歩・正常進化」が

「今の人類に求められている」。

「この要求に世界レベルで応える事が出来た場合、

ようやく、在るべき次世代人間社会が出来上がる事になる」』。

『「広義の自分の健常存続の為にも

北朝鮮問題は、

早々に解決しなければならない」。

「早々に解決しない場合、

大量の核ミサイル等による大破局が

人間世界に訪れる事になる」。

「まるで、

20年遅れの

1999年7の月

大陸間弾道弾等が来てみんな死ぬ」の如く・・・。

「他の者・物・事の徹底支配を必需とする

独裁政権を維持させる事」は

「人類にとって、本当に、自虐的」だ。

「ロシア・中国等は、少しずつ独裁から抜け出せてきている」。

「北朝鮮が独裁から抜け出せる可能性は

現状の国家体制である限り、

ほぼゼロ」だ。

「北朝鮮の軍備増大・工作活動継続等の為」に

「これ以上時間を与える必要は全く無い」。

「独裁政権の排除」は

「人間世界の精神構造の進歩・進化の面」からも

「正当」になる』。

『「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等」は

「早い方が良い」。

「何故なら、早ければ、早い程、

北朝鮮の軍備が少ないから」だ。

「逆に、北朝鮮が世界中に届く核ミサイルを量産するまで待つ」なら

「20年遅れの1999が実現してしまう事になる」』。

『「今なら、日本も、セイゼイ、少々のチリに埋もれるダケで済み、

その後、不死鳥の如く復興する事になる」が

「20年遅れの1999を実現させてしまう」なら

「皆死ぬ」で

「人類終わり」になる』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が未だに「稚拙な核廃絶論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮問題」でも「米軍の先制攻撃」は「大変な事になる」から「困る」旨等「述べていた」が

「言うまでも無く、

米軍の先制攻撃」で

「大変な事になる」のは「北朝鮮」だ。

「米・韓・日等の側」にとっては

「北朝鮮問題を軍事解決する」なら

「北朝鮮の軍備がより少ない状態」での

「対応」こそが

「適切」になる。

「北朝鮮の軍備増強の為の時間稼ぎ」等に

「付き合い続け」

「北朝鮮に軍備を増強させる事」は

「軍事解決時の米・韓・日等の側の犠牲が増え易くなる状態」を

「招いている事」に

「他ならない」。

「北朝鮮問題を軍事解決する」なら

「北朝鮮側が先制攻撃を仕掛ける気になる程軍備増強する前」に

「米・韓等による徹底した先制攻撃」で

「アッと言う間」に

「北朝鮮」を

「劣悪国家指導者の下から解放する事」こそが

「適切」になる』。

『「それなのに、

米軍の先制攻撃」を

「大変な事になる・・・」等と

「心配等した常連出演者等とは」・・・。

「それに、{大変な事になるのは北朝鮮でしょ!}等」と

「突っ込まない、突っ込めない常連出演者等とは」・・・』。

『「其処」には、

「日本の中」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、情報工作員等」の

「臭い」が

「充満している」・・・』。

『「本来」なら

「多くの人類の精神構造」と「人間社会の精神文化」の

「健常進歩・正常進化」等を

「訴えているべき、

公共の電波を使った情報配信等の仕事が出来る立場にある者たち」が

「正義ぶり、優等生ぶり、

稚拙な核廃絶論」等を

「公共の電波上で展開していたその様」は

「本当に、劣悪で醜悪」だ』。

『「核兵器問題」も

「現状人間世界の基本精神文化」である

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権・被支配権争い上」に

「必然的に生じる問題の一つに過ぎ無い」。

「武力の後ろ盾」は

「人類の物質文明の急速な進歩・進化」により

「急速に強化・増大等させる事」が

「実現出来ている」。

「本来」なら

「物質文明の進歩・進化以上」に

「精神文化を進歩・進化させ続けていなければならない」のに

「現状人間世界の精神文化」は

「未だに、旧来の武力による比べっこ支配権・被支配権争い」から

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権・被支配権争い」へと

「少々の進歩」が

「出来ているダケの酷い状態」だ。

「物質文明の進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」の

「意識的かつ積極的な実用」により

「実現されている」。

「精神文化の進歩・進化が滞っている一大原因」は

「精神文化側では、物質文明側とは全く違い」

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用していない事に他ならない」。

「未だに、考え・思い等による納得レベルに執着している」から

「進歩・進化が滞っている実態」が

「明らかに、其処に露呈している」』。

『「実効のある核廃絶論」は

「人間世界の精神文化」を

「物質文明以上に進歩・進化させる事」に「他ならない」。

「人間世界の精神文化」を

「進歩・進化させる為」には

「個々の人類の精神構造を進歩・進化させる事」が

「必需」だ。

「個々の人類の精神構造」を

「健常進歩・正常進化させる為」には

「個々の人類に関わる科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用する事」が

「必需」になる。

「例えば、人類の誕生・死の実体」が

「細胞ごとの実現象である事」は

「既に、科学レベルで判明している」。

「古の人類」は

「細胞レベルの実態・実体把握が出来なかった」ので

「丸ごと一人レベルの死生観」を

「考え出し、実用して来た」。

「死生観や人生観等」も

「人類が生み出して来ている精神文化製品」に

「他ならない」。

「丸ごと一人の死生観」とは

「現実との乖離が激しい

性能の悪い精神文化製品に他ならない」。

「それは、

例えば、物質文明側の熱エネルギー利用」で

「木や草や炭等を燃やす事が主流だった時代」と

「同様の話し」だ。

「産業革命時」には

「石炭利用が始まり、

より高いエネルギーをより容易に使える事態が

熱エネルギーを利用して生み出せる多くの物質文明製品に波及」した。

「石炭利用」は、

「当時の先進諸国の主流となり

程なく、石油利用も盛んになった」。

「本来なら、

この時点」で

「精神文化側も

進歩・進化させなければならなかった」のに

「人類はその重大事」を

「意識的かつ積極的に行わなかった・行えなかった」。

「結果、

物質文明製品の一つである

兵器の急速な進歩・進化の裏に在るべき

兵器を使う精神文化の進歩・進化が足りず」、

「人類は、二度の世界大戦まで実現させてしまって来ている」。

「先の大戦の末期に原爆までもが実用されてしまった」』。

『「核兵器」とは

「急速に進歩・進化し続けている物質文明製品の現状一つ」に「他ならない」。

「どの様な物質文明製品を生み出すか?生み出させるか?」は

「精神文化の問題」だ。

「核兵器を禁止したところ」で

「精神文化が変わらなければ、

例え、核兵器を廃絶出来たところで

人類は他の大量破壊兵器等を用いて、

経済による比べっこ支配権・被支配権争いの

後ろ盾にするダケ」だ』。

『「精神構造・精神文化」を

「進歩・進化させる事抜き」に

「実効のある核廃絶等は実現し得ない」。

「至極当たり前の話し」だ』。

『「精神構造・精神文化」の

「進歩・進化」に「力を加える仕事」を

「行うべき者たち等」が

「未だに、現状人間社会の精神文化をそのままに、

その上での利権を貪り続けよう・・・等としている様」は

「本当に醜悪」だ。

「醜悪なモノが

公共の電波上や公共的マスコミ上や

学校教育上等」で、

「公然化され続ける事」の「実害は多大」になる。

「究極の実害」が

「人類滅亡」だ。

「人類滅亡とまで行かなくても、

現状人間世界の精神文化をそのままにし続ける」なら

「相当な破局が訪れる事になる」。

「人類滅亡や破局等を避ける為」には

「精神文化・精神構造」の

「健常進歩・正常進化」を

「意識的かつ積極的に急ぐ事」が

「非常に重要」だ。

「本来あるべき精神文化上への軟着陸」は

「精神構造・精神文化」の

「意識的かつ積極的」な

「健常進歩・正常進化上」に

「在る」。

「軟着陸させない場合」は

「現状精神文化の破壊」が

「必需になる」。

「所謂、終わりの日」だ。

「現状人間世界」が

「まるで、聖書預言の如く

終わりの日に向かう準備を進めている様相」なのは

「単なる偶然では無い」。

「軟着陸させようとしないが故の必然現象」が

「其処に露呈している」』。

『「北朝鮮問題」は

「早々に解決するべき」だ。

「何故なら、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等」も

「日々どんどん酷くなって来ているから」だ。

「北朝鮮問題の軍事解決時より

遥かに多い犠牲者を

生み出し続けて来ている

陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき

北朝鮮の工作活動の撲滅」は

「本当に急務」だ』。

『「人間世界の精神文化」と

「多くの人類の精神構造」を

「健常進歩・正常進化させる事による

次世代精神文化人間世界への軟着陸の為」にも

「情報・教育等」の

「正常化・健常化」は

「本当に、急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた健常化・正常化」も

「本当に、急務」だ』。

|

テレ朝昼番では「北朝鮮に利用されいる国連安保理等」を「国連安保理は機能している」等と常連出演者等が風潮していたが・・・。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等にとって都合が良い状態」は「核でも、ミサイルでも、国連でも、何でも・・・、

表の見せ球ダケ」に

「多くの人々の意識を執着させ続ける事が出来」、

「その裏で行い続けている

主として、日韓内等、他国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「連綿と行い続けられる状態」だ。

「逆に、一番困る状態」は

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争等により

北朝鮮劣悪国家指導者等が駆逐され

今まで、散々、行い続けて来ている

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の実態等」が

「世界中で公然化する状態」だ』。

『「北朝鮮が米国まで届く核ミサイル等を保持する事」の

「本当の目的」は

「その圧力の下」で

「米国内でも、現状の日韓内並みの工作活動(非人道的なモノも多い)等」が

「行う事が出来る状態を得る事に他ならない」』。

『「陰険なナチス・ヒトラーの暴力装置の本隊」は

「見せ球の核・ミサイルでは無い」。

「他国内の工作員・協力者等」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」の

「見せ球」は

「基本的に、何でも良い事になる」。

「時代遅れの核・ミサイルの開発等」の

「見せ球力(他国要人~大衆興味引き付け力)」は

「多大」だが

「常に、多大な引き付け力を持つ見せ球」を

「誇示し続ける事」には

「相応の負担が要る」。

「六ヵ国協議や国連等での

合意破り、駄々コネ等」も

「十分な見せ球として悪用出来る」。

「実際に、北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「国際的協議等上の合意破り、駄々コネ等」により

「主として、日韓内等、他国内での工作活動等を強化・増大化しながら継続する為」や

「大きな見せ球である核・ミサイル等の開発等の為」の

「十分な時間を得てしまって来ている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の重大問題の本質」である

「主として、日韓内等、他国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「十分に大衆周知せず、

見せ球部分ダケを

さも、問題の本質であるかの如く

嘯き続けて来ている者や企業や組織等々」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「今回も、北朝鮮問題」で

「国連安保理が機能する可能性は極めて低い」。

「何故なら、北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「今まで同様、

時間稼ぎの為に悪用しているダケ」の

「可能性が極めて高いから」だ。

「この当たり前に推定出来る

可能性が高い事」を

「言わず」、

「国連安保理が機能していて、うれしい等」の旨

「日本の公共の電波上で喧伝した常連出演者等」は

「余程の平和ボケ劣者

(日教組等による

北朝鮮劣悪国家指導者等の為の

日本国民無害化・去勢化教育等の

悪影響を

未だ受け続けている者たち、

特に、そんな教育等の優等生等に多い)」か

「確信犯の悪

(例えば、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等)」になる』。

『「言うまでも無く、

公共の電波上に

劣悪者等を

常連出演させ続ける必要は全く無い」』。

『「上記の様な北朝鮮の悪の戦略の実態」からも

「陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき、

北朝鮮劣悪国家指導者等の

重大問題」を

「実際に解決出来る方法」が

「極めて限られている事等」は

「もはや、多くの人々の頭の中で明らかな筈」だ』。

『「実効のある対策」や

「実利」を

「ちゃんと目指し、取る

精神文化が濃厚」な

「米国トランプ政権」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

近々、早々に、実を伴って態度を是正しない限り、

選択する道」は

「もはや、明らか」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が一番嫌がっている」のは

「戦争」だ。

「もちろん、今時、米・韓・日等が北朝鮮と戦争を行う」なら

「米・韓・日等の側の犠牲を出来る限り出なくする実行作戦等」が

「必需」になる。

「北朝鮮側には、

例えば、数百万人レベルの犠牲が出てしまっても、

米・韓・日側の犠牲がほとんど出ない」なら

「それこそが選択するべき作戦になる」。

「その場合の北朝鮮側の数百万人の犠牲」は

「今まで、

主として、日韓内等、他国内で行われ続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等」による

「少なくとも、数百万人~の犠牲者」の

「贖い」に「当たる事になる」』。

『「少なくとも、

筆者の周囲の電磁波工作等の非人道的な工作活動等」は

「今でも、日々、強化・増大され続けている」。

「筆者の場合は、

相応の対策を施し続けて来ている(金も時間もかかるので本当に迷惑だが・・・)」から

「実効は出ない」が

「対策無し」なら

「重篤な健康被害等が出ていても

何の不思議も無いレベルに至っている事等」が

「強く推定出来る」。

「電磁波工作は車にも仕掛けられ、強化・増大等されている」から

「昨今、乱暴な運転や危ない運転等が増えている事等」との

「強い関係」が

「強く推定出来る」。

「ガン化やアルツハイマー化」や

「風呂場やトイレ等での突然死等の裏」に

「電磁波工作&粛清工作員がある場合も少なく無い事」等も

「強く推定出来る」』。

『「工作電磁波の実態」は

「音響兵器の電子・ホール版」とでも言うべき、

「経時変化する

複数和音的な

直進性のある

ドット波・パルス波」だ。

「工作電磁波を発生させ、

電子機器や電線や車等々を

電磁波工作兵器化する悪工作」は

「ソフトでも、少々の電子ハードを組み込む事でも、

仕込む事が可能な様相」だ』。

『「家電製品やパソコンやスマホやエアコンの室外機等々」や

「車やバスや電車等々」や

「電線等のインフラ等々」等々、

「日本社会の至るところ」を

「電磁波工作兵器化」し

「ある日突然、それらの電磁波兵器されてしまった物」が

「一斉に最大出力等を出す」なら

「一瞬でどれだけ多くの日本国民が粛清されてしまうのか?」は

「想像に難く無い」』。

『「その前段階」として、

「上記の事故・喧嘩等の誘発や

健康被害(突然死やガン化・アルツハイマー化等々)がある様相」だ』。

『「何れにしても、

少なくとも、日本国内の

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等の徹底排除」が

「急務である状態」は

「既に、露呈している」。

「素人の筆者等でも察知出来る」のだから

「マスコミ人等が察知・検知等出来ない訳も無い」。

「それなのに、未だ、この重大問題」を

「告発等しようとしていない」のが

「異常な現状の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「そればかりか、北朝鮮劣悪国家指導者等の時間稼ぎの協力までしている実態等」を

「露呈している場合も少なく無い」』。

『「其処に露呈している」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等」になる』。

『「戦争犠牲者や拉致被害者等ダケを偏重させ

戦後日本の北朝鮮等による工作活動等の実態や

日本国内の工作活動犠牲者を黙殺し続けて来ている」のは

「明らかに、異常」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」を

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」や

「学校教育等」で

「重用し続けていても、

ロクな事は何も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、米ティラーソン国務長官が「北朝鮮との無条件対話を提案した旨」等情報配信していたが・・・。

『「もちろん、例え、対話自体は実現したところで、双方が納得出来る合意が成立する訳も無い」。

「更に、対話となれば、金正恩等北朝鮮の要人が北朝鮮外に行く事になる」。

「海外で自らの兄、金正男を

化学兵器まで使って暗殺した

悪の実績を持つ金正恩等」が

「北朝鮮外に出る」なら

「同様の事態が金正恩等に起きても仕方の無い旨」等の

「覚悟」が「必要」になる。

「更に、ティラーソン発言」には、

「今後、更なる核・ミサイル等実験等を行うなら、

無条件対話は消滅する旨」まで

「付いている」』。

『「今回の米ティラーソン国務長官による

北朝鮮との無条件対話

(テレ朝昼番等の

如何にも、北朝鮮劣悪国家指導者等のオトモダチらしく、

無条件降伏を連想させる無条件対話{表現}には

笑える・・・が)

提案」は

「米の政策変更では無く、

{米による最後通告}の

色合いが極めて濃い」。

「北朝鮮が無条件対話を求めて来る」なら

「金正恩等の暗殺が可能(何処の誰が行うのか?は別にして)となり、

北朝鮮が更なる核・ミサイル実験等を行えば、

米軍側の先制攻撃による

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる

北朝鮮解放戦争が始まる事になる」。

「どちらの場合」でも

「米中等の落としどころ」は

「中国共産党支配下の中国並みの北朝鮮」だ』。

『「金正恩等が、

早々に、

自ら、

核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄しない限り、

金正恩等の余命は、極めて短いモノになる」。

「金正恩等が早々に態度を是正しない限り、

近々、

北朝鮮解放戦争か

内実、斬首作戦等により

金正恩等は駆逐され、

北朝鮮内を、

中国共産党支配下の中国並みの状態にするべく、

新たな北朝鮮の国家指導者等が生まれる事になる」』。

『「米ワシントンポスト」では

「早々に、米朝{核}戦争の予想シナリオを載せた」らしい。

「もちろん、その被害は、膨大になる旨記されている」との事だ。

「米国内で

米軍の先制攻撃による

北朝鮮徹底懲罰容認世論等」を

「喚起する為」には

「実に、合理的な記事内容」になる』。

『「米・韓・日等の側に、膨大な被害を出さない為」には

「北朝鮮側からの宣戦布告や先制攻撃等が無くても、

米側が圧倒的な軍事力の差を十分に行使して

アッと言う間に北朝鮮を劣悪国家指導者の下から解放する事」こそが

「合理的になる」。

「もちろん、北朝鮮の主として、軍人等には多大な犠牲が出る事になる」が

「北朝鮮の工作活動の被害を

受け続けている

韓・日等の工作活動被害者等」を

「顧みる」なら

「それは、仕方の無い犠牲」になる』。

『「全ての元凶」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の悪の政策等である事」は

「もはや、疑いの余地が無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が悪の政策等を手放さない」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等には、

人類世界から排除される事の正当性が

付いている事になる」』。

『「金正恩等が劣悪では無い」のなら

「早々」に、

「時代遅れの核・ミサイル等の開発」や

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」の

「悪の政策」を

「手放すべき」だ。

「早々に悪の政策を手放さない事=劣悪国家指導者等の証明になる」からだ』。

『「未だ、

日本国内の電磁波工作等(筆者等に対するモノも含む)も強化し続けている」のが

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」と

「強く推定出来る」。

「拉致問題でも、

日本全国各地の北朝鮮工作員・協力者等の重大問題を黙殺したまま、

主として、日本海側の拉致被害者等ダケにスポットライトを当てる

酷い、偏向・偏重情報配信等が

蔓延っている」。

「情報・教育工作等も未だ旺盛なまま・・・の実態」が

「露呈」している。

「もちろん、

日本全国各地から多数の日本国民を拉致し北朝鮮に連れて行く為」には

「北朝鮮に連れて行くのに適している者の割り出し」から始まり、

「道中で反意・反乱等を起こさせない為の有益分子化教育等を施し」、

「主として、日本海側に来る運び屋工作員のところまで、

無事送り届ける事」等が

「必要になる」。

「拉致」も、

「北朝鮮誕生以来、

戦後日本国内で連綿と続けられて来ている

北朝鮮による日本支配の為の工作の一つ」だ。

「拉致被害者を日本語・日本文化教師等とする事」により

「北朝鮮内の朝鮮人工作員を日本人化して日本国内に潜り込ませる事等を

可能にしている」。

「拉致工作やその協力という{犯罪行為}を行ってしまったが故」に、

「実質的に、弱みを握られている、拉致工作の工作員・協力者等」が

「その後、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を行わせられていない訳も無い」。

「日本の中に北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等を量産する事」により

「日本乗っ取り支配等をより容易にしよう・・・と工作し続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子の育成工作

(情報・教育工作や工作員等の積極的、子造り等)」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子の粛清工作

(飲食物工作・電磁波工作・侵入工作等々)」等々を

「戦後日本社会の中で、連綿と行い続けて来ている」。

「本来、独立国なら、

実効のあるスパイ・工作活動等防止法等と摘発体制等を持ち

国家・国民の安全・安心を確保するのが当然」だ。

「しかし、戦後日本の政界」では

「北朝鮮労働党のお友達政党等」が

「それは、戦前の特高警察等と同様!」等々と

「実質的に、日本国内の北朝鮮工作員・協力者等を利し続ける状態を維持する事」を

「強いて来た」。

「北朝鮮のお友達政党と同様の人脈が運営し続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等の論調も同様・・・」で

「その結果」として、

「多くの日本国民」は

「日本国内の重大な危機・危険等」を

「十分に知る事も出来ず、

正当な民意も起こせない状態に追いやられたまま来ていた」。

「ネットの普及」で

「テレビ・ラジオ・マスコミ等情報統制状態が崩れ、

現在では、ある程度の是正傾向が出ていて、

政界では、民意の反映もあり相応に是正されている」が

「未だ、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の人脈は変わりが無い」。

「現状の日本社会では、

未だに、

かなりの数の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が

蔓延れている」。

「拉致」は

「氷山の一角」だ。

「氷山の一角から、重大問題の全体像がある程度判る情報配信等をする」のと

「氷山の一角ダケを強調して、他に重大問題が無いかの如き印象を視聴者・読者等に持たせる」のとでは

「その意味合いや実効が全く違う」』。

『「日本国内で、

一般日本国民の健常利権等を損なわせながら、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下工作員・協力者等の不健常利権の維持~増大等の

実質的、力添え等となる

情報・教育・政策等々」を

「行って来ている者や組織・企業等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、拉致問題でも、白頭山についてでも、北朝鮮ご用達論を日本の公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。

『「拉致問題」で「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が配信すべき情報」は

「{一刻も早い解決を!}等を優等生ぶり、紳士ぶり言うダケの{実効の無い偽善論}等」では

「断じて無い」。

「既に、露営している、拉致被害者の日本語教師化等の拉致目的等」から

「容易に推定出来る

日本国内に送り込まれて来ている

北朝鮮の工作員等と

工作員等による工作活動等」の

「徹底摘発」だ。

「この当たり前の重大事を黙殺し続ける事の実効」が

「日本国内の北朝鮮の工作員や工作活動等の援助・支援等になる現実」からも、

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

この重大な事を言わない方が異常」になる。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の

日本の中の情報工作機関等」としての「実態」だ。

「もちろん、そんな事を行い続けて来ている者たち」に

「公共の電波を使わせ続けたる必要は全く無い」。

「公共的マスコミ上等で蔓延らせ続け、

その様な者たちの論等を重用し続ける必要も全く無い」』。

『「白頭山」を「革命の聖地としている」のは

「北朝鮮のお手盛りカルトファンタジー等」だ。

「実際の歴史上の事実・現実」は

「日韓併合当時の日本国内で

二国間の合意契約に基づく朝鮮半島内の近代化同化政策に

武力まで用いて抗う事で、

朝鮮半島内の支配を目論んでいた

当時の朝鮮人にも、日本人にも{迷惑}な

{小規模な反政府反乱武力組織}」が

「当時の朝鮮人・日本人の警察・軍等」により

「追い込まれた場所」が

「白頭山」だ。

「その結果」として、

「反政府運動」も

「反乱武力組織等による支配等」も

「その実効」は

「大勢に影響の無い極々小さなレベルにまで至った」のが

「歴史上の現実」だ。

「白頭山」とは、

「当時の小さな反政府組織反乱武力組織」の

「実質的、鎮圧」が「成功した」の「場所」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が

当時の小さな反政府反乱武力組織」が

「実質的に、追い込まれ、鎮圧された場所」を

「革命の聖地」と

「嘯ける、

実質的には、

厚顔無恥の恥知らず状態の

精神文化等」を

「是正しない限り、

北朝鮮との普通の対話等は成り立つ訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の精神文化等」が

「普通の国々では通用しない事等を認識させる為」にも

「日本の中」でも

「北朝鮮ご用達論ダケを喧伝する」のでは「無く」、

「歴史上の事実・現実等を優先して情報配信する」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の正道」になる』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等としての正道は何処へやら、

北朝鮮劣悪国家指導者等のご用達論等ばかり・・・」を

「日本の公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」に

「ばら撒き続けて来ている者たち等」の

「実態」は

「日本の中の

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等」になる。

「もちろん、

そんな者たちに

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「米国がパリ協定を離脱したばかりでは無く、

月や火星等の有人探査に積極的になった」のは

「言うまでも無く、

中国・インド等の超人口大国が

十分に先進国か出来ていないまま発生させる温暖化ガス等が

地球環境に与える現実の変化予測故」と

「強く推定出来る」。

「現状のまま、世界経済等を動かし続ける」なら

「それ程遠く無い近未来」に

「地球環境の激変が

雪雪崩的に

やって来てしまう事になる」。

「その時に、サバイバル戦争が起きる」なら

「核戦争となってしまう可能性も決して小さく無い」。

「世界レベルで核戦争が起きてしまった場合、

人類が地球で暮らす事も困難になる可能性大」だ。

「その場合の受け皿」を

「今の内に用意して置かなければ、

人類は滅亡する事になる」。

「パリ協定離脱も、月・火星等の有人探査積極化」も

「極めて、現実的な判断に基づいた

米国として行うべき政策」に他ならない』。

『「最悪の事態を避ける為に今、必要な事」は

「もう一つ在る」。

「筆者も常々訴え続けて来ている

多くの人類の精神構造と人間社会の精神文化を

意識的かつ積極的に

健常進歩・正常進化させる事」だ。

「人間世界に大きな影響を与え続けて来ている

出来の悪過ぎる現行の社会・経済システム等の

精神文化製品」を

「出来る限り早く、

出来の良い精神文化製品へと健常進歩・正常進化させる事」の

「実効は非常に大きい」。

「自虐的な戦争を回避させ、

地球温暖化の抑制にも拍車がかかる等」の

「大きな実効」が

「大いに期待出来る」。

「今、所謂、文系の仕事をしている人々」が

「強く意識し、積極的に行うべき仕事」が

「其処に在る」』。

『「旧態依然とした、

今時、求められている仕事のレベルに達していない、

仕事、もしくは、破壊行為、もしくは、自虐行動等を行う事」で

「現状利権等を貪り続けようとしている実態を露呈している者たち」は

「断じて、優秀でも、優等でも無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下状態等までも露呈している」なら

「もはや、劣悪レベル、醜悪レベル」だ。

「もちろん、劣悪レベル、醜悪レベルの者たちや論等を、

常連出演・常筆等させ

公然化等し続けていても、

ロクな事は何も無い

ばかりか、

むしろ、{有害}」だ。

「そんな状態の是正が急務である事」は「言うまでも無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

富岡八幡宮「宮司姉等、弟等による殺傷事件」問題・・・。

『「宗教的考え・思い・信念等が濃厚と強く推定される人々による、神社利権争いの要素も濃い様相」の「惨劇」が

「起こされてしまった」。

「報道等による」と

「富岡八幡宮の{稼ぎ}は膨大」で

「宮司ともなれば、神社の{稼ぎ}も{資産}等も好き勝手に出来る」。

「宗教法人としての免税・減税も多い」。

「宮司時代の富岡弟」は

「酒や女性等々に、大量のお金を使う、等々の乱行ぶり」。

「それが、問題となり、父親から勘当、宮司職を退かされた」。

「富岡弟」の「宮司時代の年収は約4千万、退職金は1億2千万、

そして、問題行動を起こさない事を条件に、月々の支援付き」。

「富岡姉は宮司に成ろうとしたが、神社本庁から数年経っても、認可されない」。

「それは、境内に建てた豪邸等の問題故か?」

「しびれを切らせた富岡姉等は、神社本庁を脱退」。

「結果、富岡八幡宮の利権等に対する支配度はより高まった」。

「富岡弟は、それに激怒」。

「そして、今回の事件」。

・・・「という流れ」らしい』。

『「元々が、金満状態の人々による骨肉の争い」だから

「お金が目的」とは「考え辛い」。

「宗教的考え・思い・信念等が強い者たち」による

「お金や権力の支配権争いの様相」が

「露呈」している』。

『「宗教的考え・思い・信念等」の「特徴」として

「自己支配が希薄にされる部分の存在が在る」。

「神や教義や教組等々に、支配権を預ける・預けさせる事」により

「古の時代、自己支配等が困難だった重大問題」の

「鎮静化等を図る部分」が

「それに当たる」』。

『「神道」では

「全てのモノを八百万の神として祀る事」等により

「鎮静化等を図っている」。

「例えば、

古の時代、権力者等の敵に当たっていた強者や有力者等」が

「死後、怨霊とならず、良い神となる様に祀る事等」による

「人心や人間社会の鎮静化等」は

「和にも通じる

日本の旧来からの

考え・思い・信じ等による納得法(≒宗教)」だ。

「自然の驚異等に対しても同様」だから

「神社には、

人を祀ったモノも在れば、

自然等人以外のモノを祀ったモノも在る」』。

『「敵に当たっていた強者や有力者等や自然等々」を

「神社に祀る事による人心や人間社会の鎮静化等」の

「実効」は

「非常に大きかった」。

「日本の中で高度な物資文明製品等が生み出された事等」の

「裏」に「脈々と流れ続けて来ている」

「旧来からの精神文化の一つ」が

「其処に在る」』。

『「しかし、

神社や神道」は、

「明治~終戦まで、

国家神道として{悪用}」された。

「文明開化以降、欧米列強に追いつけ!追い越せ!」と

「当時」の

「武力による比べっこ支配権争い」という

「世界レベルの最先端精神文化に沿った比べっこ支配権争い等」の「為」に、

「多くの人々に、丸ごと一人レベルでの命がけを強いる事等には好都合」の

「神社・神道等が使われてしまった」。

「死して、靖国で会おう!」は

「もちろん、現実として実現する事では無い」が

「当時の多くの人々に命がけの武力による比べっこ等を行わせるハードルを低くする事」等には

「大いに役立ってしまった」』。

『「戦後」は、

「神社も神道も、普通の宗教状態に戻る事になった」』。

『「その戦後の有力神社の一つで起こされてしまった今回の惨劇」にも

「宗教的考え・思い・信念等の影響が大きく反映されている」。

「先ず、

丸ごと一人の殺傷自体、

丸ごと一人の死生観・人生観・宗教観等に基づいた

超自虐体現行動」だ。

「何故、超自虐なのか?」

「言うまでも無く、現実離れ・実体離れが激し過ぎるから」だ。

「人の誕生・死は、現実として、細胞レベルの実現象に他ならない」。

「殺すべきモノの実体は、丸ごと一人の人間では無い」。

「それなのに、丸ごと一人レベルで、身勝手に、殺傷等しようとする」なら

「現実離れ、実体離れが、超自虐行動を起こした者に襲い掛かる事になる」。

「今回の自殺した容疑者」は

「その辺りも宗教的に納得しようとしていた様相」だ。

「死して、怨霊になる」等々の

「非現実的な発想」は

「古の時代なら、それが普通だった」と「強く推定出来る」と

「共」に

「多くの人々」が「実際に、そう考え・思い・信じていた」から、

「実際に、怨霊を祀り良い神になって頂こうとする神社」も

「少なからず在る」。

「死して靖国で会おう!と同様の要素が在る」のが

「死して怨霊になる!」だ。

「その考え・思い・信念等を持つ者たち等にとって都合の良い

丸ごと一人のあの世の世界」が

「其処に在る」が

「もちろん、現実として実在する事はあり得ない」』。

『「それでも、今回の容疑者(富岡弟とその妻)」が

「犯行後自殺等した裏に在る」のは

「血統家族{宗教}」と

「強く推定出来る」。

「例え、両親である自分たちが犯行後自殺等してしまっても、

子が正当な跡継ぎとなる」なら

「自分たちの続きなのだから、それで良い等」の

「宗教的考え・思い・信念等」は

「多くの人々が、未だ、保持している考え・思い・信念等かも知れない」が

「もちろん、言うまでも無く、

人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存であり、

親子は別人格の別人」だ。

「子は両親から自らをつくり出すモトを貰い、

そのモトは選択され組み合わされて

環境に適合し易い様に発芽し、

環境や個体自らの意思の反映等も受け、変化し続ける」。

「同じDNAを持っていても、

頭・身・体等を意識的に鍛えた場合」と』

「鍛えていない場合」では、

「全く、別人の様になる」。

「同じDNAを持つ個体でもそう・・・なのだから、

兄弟姉妹ともなれば、

環境や意思等の違いはさらに大きくなり、

違うのが当たり前になる」。

「環境や意思等の影響を強く受けながら、

細胞ごとに入れ代わりながら成長~成熟~老化して行く

別人格の

約60兆とも言われている細胞群・・・それが、一人の人間個体の実態」だ。

「血統による差ばかりを偏重して重用したがる」のは

「溺れる者は藁にも縋る心理状態故の現象に他ならない」。

「溺れる者が何故溺れているのか?」

「言うまでも無く、

実体や事実・現実と共に在る状態を得ようとせず、

実体や事実・現実とは程遠い考え・思い・信念等に縋ろうとしているから」だ。

「その自覚があるにせよ、無いにせよ」・・・』。

『「今回の惨劇でも明らかな様に

宗教的考え・思い・信念等の重用状態上の犯行等は

悲惨な状態を生み出し易い」。

「まるで、飲酒状態と同様の様に」・・・』。

『「その辺りの実状」からすれば、

「宗教法人に対しては、免税・減税より酒・タバコ等並みの課税」が

「適切になる」。

「歴史文化遺産的に重要と多くの人々が認めるモノ」は

「歴史文化遺産等として保護すれば良いダケ」だ』。

『「エルサレム等の問題」でも

「宗教を過剰優遇して、宗教だから何でも通る・・・的」に

「事を処理しようとすれば、

上記の宗教故により酷くなってしまい易い悪の効果等故」に

「より酷い実体現象が出現させられ易くなってしまう」。

「全世界的な脱宗教の流れ」は

「時代の要請」だ』。

『「聖書の言う、偽りの宗教」とは

「実体や事実・現実と乖離している宗教の事」と「強く推定出来る」。

「今時の人類なら、

自然の摂理=神で、科学=宗教」等であってこそ、

「{偽りの宗教のドツボ}を避ける事が出来易くなる」』。

『「伝統文化遺産としての富岡八幡宮」は

「神社テーマパーク、神道テーマパーク」等としても

「大いに魅力的」だが、

「其処に仕えている人々の精神構造までもが、

古の時代のまま・・・である必要性は全く無い」』。

『「丸ごと一人の死生観等や血統家族主義や怨霊信仰等の色合いも濃い

神社利権の支配権争い殺傷惨劇」等の

「再発防止の為」にも

「多くの人々の精神構造」と

「人間社会の精神文化」の

「健常進歩・正常進化」が

「強く望まれている」』。

『「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化等の為の十分な仕事が出来ていない者たち」等を

「公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」や

「学校教育上」等々で

「蔓延らせ続けていてもロクな事は何も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、未だに「北朝鮮の為の戦争回避論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮問題」を「解決する方法」は「既に、はっきりしている」。「一つ」は

「北朝鮮が

核・ミサイル等の開発

と主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

完全放棄した上での、

話し合い~平和解決」だ。

「もう一つ」は

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等の軍事オプションによる解決」だ。

「其処には、北朝鮮劣悪国家指導者等の利に適う、対話の為の対話等」は

「無い」。

「対話の為の対話等」では、

「悪戯に北朝鮮劣悪国家指導者等を利すダケになってしまい

北朝鮮問題の解決には結びつかないから」だ』。

『「一番理想的」なのは、

「北朝鮮が核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「放棄する事」による

「対話~平和解決」だが

「過去の実績からも、

北朝鮮劣悪国家指導者等が、この道を選択出来る」とは

「思えない」。

「現実的解決策」は

「軍事オプションの行使」になる。

「軍事オプションが行使される」なら

「米・韓・日等の側の犠牲を出来るだけ少なくする作戦」が

「合理的になる」。

「もちろん、その分、北朝鮮側の犠牲は膨大になる」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等が平和解決への道を歩まない」のなら

「もはや、どうしようも無い犠牲」になる。

「クリントン政権時には不可能だった、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放作戦(仮称)」は

「既に実行出来る状態」だ。

「北朝鮮の軍備の進歩・進化の速度より

米・韓等の側の軍事力の進歩・進化の速度」の方が

「遥かに早い」から

「クリントン政権時には、戦争になれば、韓国内の犠牲も膨大・・・」だったが、

「今では、米・韓・日等の側にほとんど犠牲を出さずに

北朝鮮問題を軍事的に解決する事」も

「可能になっている」。

「つまり、

北朝鮮の時代遅れの軍備増大は

無駄、

どころか、

自虐にしかなっていない」のが

「現実」だ』。

『「米・韓・日等の側にほとんど犠牲が出ない軍事作戦を実行する場合」は、

「事前避難等も必要無い事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、近々、態度を是正しない」なら

「近々、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等が

実行される事になる」』。

『「北朝鮮が国連を頼るとは、正に、末期症状」だ。

「散々、安保理決議等を反故にして来ている」のに

「国連に対話等の仲介を・・・」とは

「もはや、笑い話にもならない愚行劇」だ。

「実効」として、

「北朝鮮は少々の時間を得た」等と

「北朝鮮劣悪国家指導者等は思いたい・・・」だろうが、

「既に、米側のタイムリミットは決まっている」から

「実際は、全く、実効も無い」。

「他に出来る事が無くなっている」から

「仕方なく行ったダケ」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等による

出来の悪い茶番劇に

付き合わされた国連の方々」も

「本当に、ご苦労様・・・」』。

『「米側が既に定めているタイムリミットの前」に

「北朝鮮側が

核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「完全放棄しない限り」、

「タイムリミットが来た途端に、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争が実行される事になる」』。

『「今、日本のテレビ・マスコミ等が大々的に配信すべき情報」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

滅亡等を覚悟しない限り、

態度を是正せざるを得ない実状」であり、

「日本国内に戦争被害脅し等をかけたりして、

対話の為の対話実行民意圧力等をつくり出そう・・・等とする事」では

「断じて無い」。

「それなのに、

未だに、戦争被害脅しや対話推奨論等々を喧伝し、

実際に北朝鮮問題を解決する実効のある方法等は

ロクに言わない」のが

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の

実質的、手下の様相を露呈している

テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「実現可能な実効のある対案等はロクに出さず、出せず、

悪戯な批判・非難等や

言葉狩り・態度狩り、揚げ足取り等や

実質的、ファンタジー案等の提案等」は

「得意中の得意」な

「反対野党等」と

「同様の状態」が

「其処に在る」』。

『「反対野党の中には、北朝鮮のお友達」も

「少なからずいる」。

「政界には、選挙があり、民意も反映される」から

「反対野党は、当然の如く少数派になっている」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等」には

「選挙も無く、民意の反映も希薄」だから

「未だに、反対野党の様なテレビ・ラジオ・マスコミ等が

大政党並みに蔓延れている」。

「是正すべき、させるべき、である事が明らかな

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等と

公共的マスコミ等の

実態」が

「其処に在る」』。

『「北朝鮮問題の解決の為」には

「既に、時が遅過ぎる

多くの人類の精神構造の健常進歩・正常進化と

その集大成としての

人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」を

「誘う、情報・教育等」の

「意識的かつ積極的な実行」だが、

「現状の人間世界」には

「北朝鮮問題以外にも、深刻な問題が多々在る」。

「未だ、その実効が見込める重大問題の為」にも

「一刻も早く、精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の役に立つ

情報配信等」を

「意識的かつ積極的に始めるべき」だ。

「それさえも出来ない」のなら

「力量不足、実力不足等は明らか」なのだから、

「恥の上塗りを続けない為」にも

「早々に、

過分な立場・報酬・権力等を手放すべき」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等と同様の問題」が

「其処に在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、中東より北朝鮮の方が心配な様相の常連出演者等が「トランプ大統領批判・非難論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「未だに、日本の公共の電波上で、米朝の戦争は無いと思う旨」等を述べ、

「実質的には、北朝鮮劣悪国家指導者等の現状の政策を応援していた様相だった」のだから、

「本当に呆れた」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が現状の政策のまま突き進む」なら

「近々、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になる等」の

「メッセージを発する事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の態度を改めさせる事に力を加える」のが

「日本のテレビ・マスコミ等の正道なのに」・・・』。

『「トランプ大統領に対する悪戯な批判・非難等」も

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の得意技」だ。

「其処には、

米大統領選挙時に、

{トランプは落ちる!}等の旨を大々的に連呼した

テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち自身の

自己正当化の為の更なる恥晒しぶり等」が

「露呈」している』。

『「そもそも、米国でトランプ大統領が誕生した」のは

「それまでの状態の打破を欲する{現状脱出欲動}」が

「多くの米国国民の中に生まれていたから」故の

「実体現象」だ。

「現状利権を貪っている状態」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ界人等々にとって」は

「その様な本質は認め難い事」になる。

「よって、現状を変えるエネルギーが大きいトランプ氏に対する

強烈なバッシングを行う事で、

現状維持派のクリントン氏等を応援した」が

「それは、虚しく終わった」。

「多くの人々の中で渦巻いている現状脱出欲動の大きさの前」に

「現状のマスメディアファシズム等」が

「負けた」。

「実は、その現状脱出欲動」は

「もちろん、米国人の中だけに在るのでは無い」。

「世界中の多くの人間が自らの中に持ち、

知らず知らずの内に

どんどん巨大化させている場合」も

「決して少なく無い」』。

『「では、何故、現状脱出欲動が生じるのか?」

「自分の実体さえも十分に理解・把握出来ず、

その実体の本来の目的に沿う様に自分を健常にコントロール出来ていないから」だ。

「自分の実体やその本来の目的に叛いている現状を

背いていない状態に変えたくなる」のは

「本能欲動として当然」だ。

「しかし、どう変えれば良いのか?が分らない」。

「その様な状態のまま時を重ねる」と

「{変えたくなる}の蓄積」が

「{現状打破・現状脱出}の欲動」へと「{化けて}行く事になる」。

「自らの中に在る{化けモノ}を退治する実効のある手段」は

「自らの外に追い出す事」だ。

「その結果、現状脱出欲動という人間の中に巣食っていた{化けモノ}」が

「人間社会の中で具現化する」。

「個人レベルで強烈な破壊行動等として{化けモノ}を具現化する者も出る」し、

「集団レベルで、例えば、選挙時等に、より現状打破の要素が濃い候補者や政党等を選択する事もある」。

「もっとも悲惨なのが集団レベルの命がけの{化けモノ}具現化」で

「戦争」だ。

「人類の歴史は戦争の歴史とも言われている」が

「その実体は、人類が現状脱出欲動という化けモノに翻弄されて来た事」でもある』。

『「元々が、現状脱出欲動という{化けモノ}の

実体人間社会での具現化に

積極的なトランプ大統領」だ。

「そして、トランプ大統領は、現状脱出を求めている多くの米国民の支持を得て誕生した」。

「現状人間世界の至る所で、同様の現象がより顕著になって来ている」』。

『「精神構造・精神文化から、紐解く事により、

現状脱出欲動という{化けモノ}を

鎮静化~解消等させようとしない場合」、

「人類が歩む道」は

「今まで、同様の現状脱出欲動という{化けモノ}に翻弄される歴史を積み重ねる事となる」。

「精神構造・精神文化面」から、

「その様な実態を予見していた古の時代の賢人たち(もしくは、エイリアン等)」は

「未来の人類への{警告}として、

聖書等の預言書を残した」。

「その{警告}を{警告}と理解・把握せず、

預言であり、決まっている将来」と

「考え・思い・信じる」と

「聖書預言を実現させる事こそが、人類の為になる」等の

「{信念}も生まれる」。

「その{信念}に基づいて、事を具現化させよう・・・とする人々が多ければ、

実際の人類の歴史も

聖書預言同様となる」。

「とても、悲惨な実態」だが

「それは、自らの中から現状脱出欲動を解き解し、鎮静化~解消させる努力」を

「怠っている人類への強大な罰」でもある』。

『「愚か者のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「紳士ぶり、優等生ぶり、現状維持等や

現状脱出欲動の具現化に対する悪戯な批判・非難等ダケ」を

「続ける」なら

「人類への強大な罰」が

「確実に与えられる事になる」』。

『「中東問題」も

「北朝鮮問題」も

「戦争・テロ・殺傷・いじめ等々の問題」も

「格差・貧困・差別等々の問題」も

「皆、解決しなければならない重大問題」だ。

「そして、その平和的解決法」は

「多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」と

「その集大成として、人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる事」だ。

「人間の中の進歩・進化を抜きにして、

外の世界ダケで事を処理し続けよう・・・とする」なら

「強大な罰ばかりでは無く、漏れなく人類滅亡が付いて来る」。

「当たり前の事」だ』。

『「今時の所謂、文系の仕事として、必要十分な仕事が出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「イスラエルの首都をエルサレムと認めた米国」、「ロシア国家ぐるみドーピングで韓国冬季五輪出場権剥奪」、「日本の大相撲問題」、・・・比べっこ時代の崩壊は既に始まり、20年遅れの世紀末がやって来る・・・。

『「それは、地球環境問題からも明らか」だ。「現状までの比べっこ時代の人類の世紀末」が

「かつて、巷で良く、言われていた、1999年頃から、約20年遅れ」で

「やって来ている」・・・。

「今後、現状のまま・・・」なら、

「比べっこ時代の崩壊現象」は、

「加速度的に進んでしまう事になる」。

「超おバカ、もしくは、悪、テレビ・ラジオ・マスコミ等々や、学校教育等々」は

「未だ、比べっこ上の優位者等を賛美・推奨している」が

「崩壊を回避させようとせず、崩壊をより早める事に力を加えていてどうする???」』

『「当ブログ」は、「一般日本国民による日本語表記」なので

「日本国民にとって、身近なところから考えてみよう」。

「日本の大相撲問題」だ』。

『「元々、日本の相撲は、武力による比べっこ支配権・被支配権争い時代の平穏時」に

「力士たちの有り余る力を昇華させる事」により

「武運アップ(立身出世)や豊かな実りや平和等を願う奉納神事」や

「大衆娯楽」として

「つくり出された」。

「平時が続く事により、より娯楽の要素が高くなった」。

「日本の{相撲}の発生」も

「他の精神文化製品同様、

発生当時の人間社会の精神文化欲求上に在り」、

「{相撲}の成長も成長当時の人間社会の精神文化上に在る」。

「日本の武力による比べっこ時代」は

「第二次世界大戦終了時まで続いた」から

「それまでは、日本国内の人間社会が持っている精神文化と

{相撲}との整合性も高く、

{相撲}自体の問題が問われる事は無かった」』。

『「戦後の日本社会」は

「武力による比べっこ」から

「武力をベースにした経済による比べっこ」へと

「日本社会が保有している精神文化」を

「進化」させた。

「経済による比べっこの要素が強く入り込んで来た」から

「{相撲}もより商業化」し、

「横綱や人気力士等は商売にも利用される頻度が飛躍的に上がった」。

「経済による比べっこ」で「より有利な状態を得る為に合理的な手段の一つ」は

「国際化」だ。

「国際化と共に、{相撲}は商業スポーツの色合いが濃くなった」。

「内実としては、より良い報酬・立場等を得る為」に

「外国人力士が部屋入りする事等も増えた」。

「発生時からしばらくは、神事の要素も濃かった相撲」には

「神事的形骸が多々ある」が

「内実」として、

「主として、商業スポーツでの成功を目指している力士(日・外を問わず)や

商業スポーツを見る事による実効を求めている人々等にとって」は

「神事的要素」より

「勝負」が

「より重要」となる。

「その結果、ジャパニーズプロレスリングでも良かった{相撲}」は

「ボクシングの様な、ガチンコスポーツ勝負へと

変質させられて来ている」。

「主要力士の場合、強者同士のガチンコスポーツ勝負が15日も続く場所」が、

「一年に何回もある」のだから、

「怪我人だらけ・・・になる」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「怪我まで伴う場合が決して少なく無いガチンコスポーツ勝負を望まれている人々」が

「力を抜けるところでは、力を抜きたい・・・」等と

「考え・思い・感じたり・・・する」のは

「ある意味当然の現象」で

「その力を抜けるところ」が

「商業スポーツから遠い、相撲の伝統文化面等になり易い」のも

「当然の現象」だ。

「商業スポーツを見る事による実効を期待している人々にとってもそれは同様」になる。

「その逆に、本来の{相撲}を大切にしたい人々(親方・力士等も含む)にとっては、

その様な現象は許容出来ない事になる」』。

『「比べっこの究極」は

「命がけの比べっこ」で

「それが、武力の比べっことなった」のは

「高度な頭脳を持つ人類の必然」だ。

「命がけの比べっこ」が

「基本的に、抹殺状態にある現状の似非平和人間社会」では

「商業スポーツ等にガチンコ勝負を求め、命がけの比べっこの代わりを演じさせよう・・・とする

代償欲求追及者が溢れている」。

「現状の{相撲}の悩み」は

「多くの人々の精神構造の悩みの投影転嫁版」でもある』。

『「高度な頭脳を持つ人類」なら

「精神文化や精神構造の進歩・進化の方向性等から

自らの精神構造を進歩・進化させる事や

人間社会の精神文化を進歩・進化させる事」等により

「この{悩み}を解消させる事も出来る事になる」が』。

『「比べっこ」の「後」の

「精神構造・精神文化」は

「実体・本質・快適等探究」だ。

「比べっこ」とは「結論を比べる事により得る手段」だが

「実体・本質・快適等を探究する為に、比べっこは必需では無い」。

「比べっこ」は

「深い知識も高度な技術も無くても可能」だが

「実体・本質・快適等探究の為には、相応の知識や技術等が要る」。

「比べっこ」は

「人類なら、乳幼時代の精神構造として相応しく、

成人の人類の精神構造として相応しいのは、

実体・本質・快適等探究になる」。

「小~中~高~大時等」は

「比べっこから実体・本質・快適等探究へと

自らの精神構造を健常進歩・正常進化させる時」だ。

「本来の文系情報・教育の肝」は「其処に在る」』。

『「多くの人々の精神構造」が

「比べっこから実体・本質・快適等探究」へと

「健常進歩・正常進化出来ている」なら

「{相撲}」で、

「比べっこ商業スポーツとしての実効」を

「強く求める人々は減る事になる」。

「精神構造が実体・本質・快適等探究に至っている」なら

「力士でも、観客でも、

ガチンコ怪我だらけ・・・」が、

「決して、快適では無い事」は

「直に判る」。

「{相撲}本来の実体を顧みる時、

時の精神文化が生み出した伝統文化遺産的精神文化製品の

必要性や味わい等も良く分る」。

「{相撲}が残るべき精神文化製品となる為に必要な事」は

「ガチンコでは無く、伝統文化的要素の維持・保護等である事」も

「本質から考えるなら直に解る」』。

『「異常な現状の緊張感や対立等」は

「多くの人々の精神構造が未だ、比べっこレベルであるが故の悪現象」に他ならない』。

『「重要な事」は、

「多くの人々の精神構造」を

「一刻も早く、健常進歩・正常進化させる事」だ』。

『「比べっこ五輪」で

「ロシアの国家ぐるみドーピング」という「ズル・インチキ等」が

「バレ」だ。

「スポーツ比べっこはフェアであってこそ価値がある」と

「当然の考え等を持つ、IOC」は、

「ロシアを冬季韓国五輪から排除した」。

「国家ぐるみ・・・とは国家の問題」だから

「国としてのロシアは排除しても、{クリーン}な個人は排除しない」と

「IOCは正義ぶってもいる」。

「報道されている実態から推測する」と

「ドーピング選手も、国家ぐるみドーピングの被害者の様相」で

「クリーンな選手とは、国家ぐるみドーピングの被害者では無かった者たち等」になる。

「何れにしても、この問題の基」は

「国家ぐるみドーピング」だ。

「ロシアを国家ぐるみドーピングに走らせた」のも

「国家同士の比べっこで何としても勝者に成りたい」等の

「比べっこ故の動機」だ。

「五輪の本質」は

「平和の祭典」とも言われている。

「スポーツの本質」は

「人類の限界や新たな世界の体現等に在り、

比べっこ上には無い」。

「それでも、比べっこ原理主義者等」は、

「スポーツ比べっこでの勝利・勝者等」を

「過剰な程、重要に扱いたがる」。

「それは、経済による比べっこ上での使い勝手の良い道具にも出来るから」だろう』。

『「経済による比べっこ」で

「短絡的に勝者を目指す者たちが多過ぎて来ている上」に

「未だ、その是正等も無い」から

「現状の地球環境問題」は、

「加速度的に深刻化しているのに!」』

『「古の時代から在る、

宗教比べっこ」も

「大変」だ。

「何しろ、

宗教」とは、

「実質的には、

徹底的にその宗教を信じる事で

深い納得を得続けようとする手段」だから

「宗教対立は、必然的に深い対立に成り易い」。

「歴史上も、何度も、命がけの対立になっている」』。

『「宗教問題解決の為」には

「先ずは、宗教を別にして、

人々の精神構造や

人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」が

「重要」だ。

「宗教を持ち出して、解決を図る」と

「命がけの比べっこになってしまい易いから」だ』。

『「現状人間世界」の

「多くの重大問題」を

「解決させる鍵」は

「個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化」と

「その集大成である人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」だ。

「本来の文系の仕事」は

「其処に在る」』。

『「時は、急を要している」。

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化に繋がる

精神文化製品が

どんどん発表・発行・公開等される事」により

「加速度的に、多くの人類の精神構造が健常進歩・正常進化」し

「人間世界の精神文化も健常進歩・正常進化する」なら

「無用な戦争も、環境破壊等もかなり避けられる事になる」。

「人間世界の精神文化を次世代に移行させる事」で

「初めて、人類に、宇宙の本格進出権が与えられる事になる」。

「それは、地球生命体細胞群の存続~永続の為の必需品」だ』。

『「未だ、筆者の周りでは、邪魔・妨害・嫌がらせ等々する悪者たち」が

「蔓延っている」。

「北朝鮮等問題(日本の中の工作活動問題も含む)の早期徹底解決」は

「本当に、重要」だ』。

|

NHK受信料等、最高裁「合憲」判決問題・・・。

『「公正な放送の為」に「他からの影響を排除する為、受信料を徴収する契約を強制的に締結させる事等」が「合憲判断された」のは

「ある意味、当然」だ。

「しかし、現状のNHK」が

「公正か?」は

「全く別問題」だ』。

『「特に、

実権者人脈、民主党人脈{圧力}人事以降、

NHKでは、芸能界等の者たちの起用」が

「より激しくなった」。

「論調」も

「親韓(北朝鮮も含む)・親中国共産党等寄り論調等」が

「より蔓延る様になった」。

「視聴者から受信料を強制的に徴収していても、

政界等の実権者からの圧力には容易に屈している実態・実体」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後日本の芸能界」では

「異常な戦後処理故」に

「朝鮮系等の者たちの割り合いが一般日本社会より遥かに高い」。

「その面では、●暴同様の実態」が「其処に在る」。

「現状のNHK」では、

「芸能界の者たちが登用されている割り合い」が

「それ以外の一般日本国民が登用されている割り合い」より

「遥かに高い」。

「民法と同様化している」』。

『「戦後日本の芸能界や●暴等」と

「例えば、北朝鮮のお友達かつての旧巨大野党等との繋がりの濃さ」は

「色々なところで、度々、良く指摘されている通り」だ。

「其処には、

政治論調等でも、

親韓(北朝も含む)・親中国共産党等の論調が重用されがちになる土壌」が

「出演者等によってつくり出されている実態が露呈している」』。

『「政界圧力等で

ゲイノウ人等を重用する事等」を

「実現する人事等が

行われている実態」が

「露呈している」のだから

「例えば、

NHKで雇う者や、

外注先等や、

アナウンサーや

論説者等や、

起用するご用達コメンテーター等々」でも

「その実態に変わりは無い事」が「強く推定出来る」』。

『「その実態」は

「多くの民放と全く同様」で

「多くの民放と同様の

偏向・偏重等が蔓延るNHK」には

「視聴料を徴収する契約等が強制的に締結出来る状態は馴染まない」』。

『「内実として、公正性を失い、民放同様に偏向・偏重傾向を顕著に露呈している状態」の

「現状のNHKの実態を十二分に問う事無し」に

「視聴料の徴収契約等を強制的に締結する事等」が「合憲か?否か?等を争った裁判」の

「合憲判決」には

「内実を問わない事を是認さしめる実効」までもが

「含ませられている様相」だ』。

『「その悪のメリットが享受出来る

現状の多くのテレビ・マスコミ等の報道や情報配信等」でも

「テレビ・マスコミ等自らの問題の露呈を恐れてか?

内実問題への言及は異常な程希薄」だ』。

『「この辺りの、実質的、策略ぶり」から

「スジの悪い裁判を仕掛けた者たちの実体の臭い等を感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「他に影響されない公正な放送等の内実が伴っている」なら、

「視聴料徴収等を含む契約を強制的に締結出来る事」が「合憲」でも「当然かも知れない」。

「しかし、現状のNHKの実態」は

「違う」。

「芸能界の者たちとそれ以外の一般日本国民の登用割り合いの異常な差」等からも

「明らかな様」に

「内実が十分に伴っていない」。

「そして、その様な実態への悪い方向への急激な変化」が

「旧民主党系の者たちが政界で強い実権を持てていた時期」と

「重なっている」のは

「単なる偶然とは到底思えない」』。

『「今、多くの旧民主党系のテレビ・マスコミ等」では

「政界等からの圧力問題等は言っている」が

「その実体は、異常な現状を是正させない為の悪の防波堤の様相ですらある」』。

『「NHKは、ゲイノウ人等の起用割り合いを一般日本国民並みにする」と「共」に

「テレビ出演等により知名度が上がると仕事に繋がるメリットを受ける事になるゲイノウ人等から」は

「宣伝料を取るべき」だ。

「そして、得られる宣伝料分、一般日本国民の視聴料を安くするべき」だ。

「更に、視聴料に所得・資産等の高低によっての差が無い事も、異常」だ。

「テレビの大小による差があっても良い筈」だ。

「個人所得・資産等の実態把握や決算システム等がどんどん進歩・進化している今時、

その辺りを大雑把なままにし続ける事の正当性は無い」』。

『「スジの悪い訴えの最高裁判決等」を「基」に

「現状利権等の固定化を図ろうとするのは悪」だ。

「北朝鮮等の実態からも明らか」な様に、

「悪を蔓延らせてもロクな事は無い」。

「今回の最高裁判決」は

「受信料徴収自体は正当である事の最高裁判決」として、

「現状のNHKの是正すべき問題」を

「是正させる事」は

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「飲酒、パワハラ・暴行~傷害」の日馬富士に大甘処分を望んでいる様相の常連出演者等問題・・・。

『「日馬富士個人の帰化等利権」と「多くの人々が知っている、飲酒、パワハラ・暴行~傷害事件を甘く罰する事により日本社会の中に生まれる害悪」を

「天秤にかける」なら

「飲酒、パワハラ・暴行~傷害等の新たな被害者を出来る限り少なくする為」にも

「大甘処分に対して否定的」であって

「当然」になる。

「ところが、多くのテレビ常連出演者等」は

「大甘処分により日馬富士の帰化等利権を守る事」を

「まるで、正義の如く、風潮している」。

「そんな常連出演者等の頭の中」では

「飲酒、パワハラ・暴行~傷害等の被害者」より

「有名人等の利権」を

「優先する{悪魔のロジック}」が

「蔓延っている」のだろう。

「その{悪魔のロジック}故」に

「韓国(北朝鮮も含む)等の反日国への売国・売国民政策・政治家・政党等」も

「平然と、公共の電波等を使って、応援出来てしまっている」と

「強く推定出来る」。

「優等生ぶり、正義ぶり・・・

内実としては、

偽善者だったり、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下だったり、

・・・等々出来てしまっている」のも

「{悪魔のロジック}故」と「強く推定出来る」』。

『「では、その{悪魔のロジック}」は

「何時、

どんな者・物・事に、

仕込まれたのか?」』

『「戦後日本の学校教育」や

「戦後の日本社会」や

「それぞれの現家庭」等や

「現状人間社会・経済システム」等に

「{悪魔のロジック」を仕込む何かが潜んでいる」と

「強く推定出来る」』。

『「多くの人々が{悪魔のロジック}を支持し続ける」なら

「人間世界の行き先は決まっている」。

「人類は確実に滅亡する」。

「人類滅亡の元凶は多くの人の中に在る」。

「多くの人々が{悪魔のロジック}から抜け出す」なら

「人類誰もの自分の実体、広義の自分である地球生命体細胞群の永続も可能になる」』。

『「現状では、多くの常連出演者等」が

「内実として、人類滅亡に力を加えている」。

「{悪魔のロジック}を保持したままの狭義の自分を正当化しようとする」なら

「多くの人々に{悪魔のロジック}を保有させる事が合理的になる」』。

『「狭義の自分の悪い所の是正を拒み、

広義の自分を抹消させようとする

自虐状態の者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「{悪魔のロジック}を保持している者たちの頭の中」では

「持っている金の量≒その人間の価値」だ。

「得られている高いとされている立場≒その人間の価値」だ。

「持てている権力の強さ≒その人間の価値」だ。

「その様に重い・感じ・信じる事」で

「自己正当化を図ろうとしている」。

「もちろん、実際の人間の価値」は

「そんなところには在り得ない」。

「そんなところの価値に社会性を与えている現状の人間社会故」に

「ある種の幻想に浸れるダケ」だ。

「実際の価値が其処には無い」から

「どんなに金を大量に持っている者でも、更なる、金を求め、

どんなに高い立場が得られている者でも、更なる、高い立場を求め、

どんなに大きな権力を持っている者でも、更なる、大きな権力を求めている」。

「代償欲求の追及上には充足は在り得ない」。

「当たり前の事」だ』。

『「本来の人間の価値」は

「人間の実体である地球生命体細胞群」の

「本来の目的である存続に対する貢献で決まる」。

「自分の実体やその実体の本来の目的に沿った行動等追及」は

「本来欲求との整合性も高い」から

「合理的な行動実態や成果等次第」で

「その都度、本来欲求の充足状態も得られる」。

「其処に人間社会的価値や経済的価値等が与えられるのか?否か?」は

「その後の話し」だ。

「人間社会が人類の実体やその本来の目的との整合性を高めれば高める程、

本来欲求の充足状態を得て来ている人々への評価や報酬等も高くなって行く事になる」。

「逆に、人間社会が人類の実体やその本来の目的との整合性を悪くするなら、

当然、冷遇等される事になる」が

「そんな状態の人間社会なら人類滅亡が付いて来る事になる」。

「現状に媚びて、刹那的な利を得ながら人類滅亡を呼び込む人生」と

「本質を探究しながら人類の実体である地球生命体細胞群の存続~永続に力を加える人生」の

「どちらを選択するのか?」は

「個々の自由であり、自己責任の世界」だ。

「しかし、その集大成により人類の余命も決まるのだから、

一人一人の責任は、非常に重い」』。

『「公共の電波上で、人類滅亡方向に力を加えている自虐者等」を

「常連出演させ続ける害」は

「本当に大きい」。

「何故なら、そんな自虐者等を実質的に、公然化している事になるから」だ。

「多くの視聴者等が自虐者等と同様の状態になる」なら

「人類の余命は急速に短くなって行く事になる」』。

『「日馬富士、飲酒、パワハラ・暴行~傷害問題」でも

「大相撲や横綱のあり方」と

「飲酒、パワハラ・暴行~傷害事件等」は

「ちゃんと分けて扱うべき」だ。

「多くの人々にとって、より重要」なのは

「飲酒、パワハラ・暴行~傷害事件等」の

「抑制~撲滅」に他ならない。

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為の実効のある策」が

「求められて然るべき状態が其処に在る」。

「それを、大相撲や横綱のあり方とごちゃまぜにして、

本質を歪め、

要でも無い結論等で

多くの視聴者の頭の中を染めよう・・・としている様相」なのだから

「本当に呆れる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「言葉の上辺を大問題化する無害化・去勢化工作」等を日本の公共の電波を使って行っていたが・・・。

『「日頃から、言葉の上辺」は「如何にも優等生的・紳士的」に「内実としては、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す論等」を

「日本の公共の電波上にばら撒き続けて来ている者たち等」が

「言葉の上辺を大問題化する事の内実」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等を利す事等」になる』。

『「差別」や「人権」や「表現の自由」等と

「言葉の上辺の大問題化」等を

「使い分け」ながら

「実質的に、利しているところ」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等」では

「日本のテレビ等として、本当に、呆れるばかり・・・」で、

「その実態・実体」は「劣悪で醜悪なモノ」になる』。

『「言葉で重要」なのは

「断じて、上辺では無い」。

「内実」だ』。

『「内実」として

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、大犯罪者等を利している」なら

「どんなに言葉の上辺が紳士的・優等生的であって」も、

「その実体」は

醜悪で劣悪なモノ」に他ならない。

「視聴者・読者等が傾注すべき」は

「内実であり、断じて、上辺では無い」』。

『「言葉の上辺を大問題化する事」は

「内実の理解を阻害させ」たり

「その言葉を発した者等を貶め」たりする事等には

「大いなる実効を発揮する」。

「例えば、

現状の日本社会」では

「政治家の言葉狩り」で

「無用な大臣交代劇等が起こされる事」は

「与党の政策より日本国・多くの日本国民の為になる政策」の

「提案・提示等」さえ

「ロクに行えない{反対}野党の者たち等」を

「正義ぶらせ、{反対}野党支持率を上げる為等」に

「大いなる実効がある」。

「現状の日本社会」では

「テレビ・マスコミ等の者たち等」による「言葉狩り・態度狩り」等々で

「その政治家の内実を探究しないまま

悪者のレッテル貼りをしてしまう

テレビ・ラジオ・マスコミ等の操り人形状態の人々」が

「未だ、多いから」だ。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が利して来ている政党・政治家等」は

「もはや、多くの日本国民が知っている事」だろう。

「現状の日本社会で、

何とか、人気が取れる、

{反対}野党や{反対}野党政治家」や「その人脈の者たち」等である場合が多い。

「其処には、北朝鮮労働党の{お友達}旧社会党系の者たち等」も

「多数含まれている」。

「内実として、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す論や政策等」を

「平然と公言出来ていたり、実行しようとしていたり・・・等々する」のも

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「其処に在る」のは

「人脈の問題」であり、

「劣悪国家指導者等の手下化してしまっている者たちの問題」だ。

「例え、自分の親兄弟姉妹親戚等でも、

悪者は悪者として扱い対処する健常状態の人間ばかり・・・」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「時と共にドンドン小さな問題になって行く」のが

「当然の現象」だ。

「逆」に、

「自分の人脈の者たちこそが正義」等の

「誤った正義感等に毒されている人々の数が多ければ多い程」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「時と共に、ドンドン深刻化{出来て}しまう事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の現状はどちらか?」

「言うまでも無く、後者の状態になってしまっている」。

「今まで、

散々、

日本等の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の

実質的、手下等(政財界の者たちや、テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等も含む)」が

「其れこそ、

言葉や態度等の上辺」では、

「如何にも紳士的・優等生的」に

「内実としては、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す論や政策等」を

「蔓延らせ、実現させて来た事」等による

「悪現象」が

「其処に、露呈」している』。

『「もちろん、こんな状態の是正」は

「急務」だ。

「今までの、悪効果の実績ダケ」でも

「多くの{反対}野党の者たちや

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち」等は

「過分な立場・報酬・権力等を剥奪されるに十二分」になる。

「政治家には選挙がある」。

「実際に、{反対}野党等の者たち」は

「ある程度は、少数勢力化している」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等には選挙も無い」。

「人脈交代も無い」。

「未だに、民主党政権成立に多大なる力を発揮した者たち等」が

「テレビ・ラジオ界や

公共的マスコミ界」等で

「大いに蔓延れている」。

「情報の一方的大量配信が民主主義等に与える事が出来る重大な影響」等を

「鑑みる」なら

「公共の電波を使うテレビ・ラジオ」と

「公共的マスコミ」等には

「実質的、選挙等による人脈交代が有って然るべき」だ。

「或いは、

実体や事実・現実に基づいた脚色の無い原寸大情報配信」の

「罰則

(背いた場合は、

即クビ、

即公共の電波の使用権停止、

等々)もある

強い義務等があって然るべき」だ。

「現状」の

「実質的、偏向・偏重・脚色等自由状態」で

「人脈交代も無い事」による

「多大な悪影響」は

「北朝鮮問題でも出ている」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

いよいよ近づく米朝戦争・・・。

『「日韓等の多くのマスメディア等による{戦争は無いゾ!}等の旨の誤った情報配信」の「実効」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が行い続けている

核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」への

「応援」だった。

「戦争が無い」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「例え、経済制裁等がどんなにキツクなっても、

核・ミサイル等の開発や

主として日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「行い続ける事が出来てしまう」。

「経済制裁の抜け道・裏道等を探し出し、実用する事」は

「工作活動国家にとって、それ程困難な事では無いから」だ。

「しかし、

そもそも、

北朝鮮劣悪国家指導者等は

何故、核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(j非人道的なモノも多い)等」を

「行い続けているのか?」

「体制維持の為」と「言われている」が

「どんな体制を維持する為か?」こそが

「極めて重要になる」。

「それなのに、

日韓等の多くのテレビ・マスコミ等では、

この重要事項を無い事にしている」。

「戦争は無いゾ!の旨」や

「日韓内等の工作活動問題の黙殺」や

「体制内実を言わない体制維持の為の旨」を

「情報配信し続けて来ている実態」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「金正恩の母親」は

「在日朝鮮人」だった。

「金正恩を頂点とした政権を正当化する為」には

「北朝鮮による日本支配も必要になる」。

「北朝鮮による朝鮮半島内の支配は、金日成~金正日時代からの必需事項」だ。

「北朝鮮の体制維持」とは

「北朝鮮による日韓内支配の実現抜きに在り得ない」。

「北朝鮮がそんな事を{望める}裏に在る」のが

「日韓内に少なからず居る北朝鮮人脈の者たちの存在」という訳だ。

「北朝鮮人脈の者たちがテレビ・マスコミ等を牛耳る」なら』。

「日韓内で北朝鮮劣悪国家指導者にとって都合の良い配信情報は蔓延」させられ

「都合の悪い配信銃砲は黙殺」され

「北朝鮮人脈の者たちが政権を取れば、従北政権になる」という訳だ』。

『「北朝鮮が日韓内を支配する為」には

「日韓内から米軍を排除する必要がある」。

「その為の道具」が

「核ミサイル」という訳だ』。

『「日韓内で連綿と続けて来ている

政財界工作や

情報教育工作等々による

北朝鮮にとっての有益分子化工作」と

「その裏で行われている非人道的な

日韓本来人脈の駆逐&日韓内北朝鮮人脈の人口増大工作」や

「飲食物工作や

電磁波工作や

侵入工作や

医療工作等々の手段による

北朝鮮にとっての不適応分子粛清工作」も

「北朝鮮による日韓支配が目的だから行われている事」に他ならない』。

『「核ミサイルで米軍を排除」し

「日韓内の工作活動で日韓内を変質させる事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓支配が可能になる」。

「日韓支配の為」に、

「多くの北朝鮮国民の命や生活まで犠牲にして

何十年もの間、

核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続けさせて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ』。

『「元々」が

「北朝鮮による日韓内支配の為の100年(?)計画」で

「既に、主として、日韓内では、膨大な数の人々を粛清してしまっている上に、

北朝鮮人脈の人口増大化まである程度は図れてしまっている」から

「北朝鮮が劣悪国家指導者の支配下に在る限り、

他国がどんなに止めろ!と迫っても、

北朝鮮が核・ミサイル・工作活動等を放棄する事は無い」』。

『「もちろん、

陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき、

北朝鮮の現体制」を

「維持させ続けていてはいけない」』。

『「数字に拘る北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「金正恩の誕生日である1.8がらみも大好き」で

「2018年には、

北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓乗っ取り支配の目途を付けたがっている様相」だ。

「そのセイか?筆者の周り(関東平野)の電磁波工作仕込み」も

「急速に増大している」。

「多数仕込んだ上」で

「音響兵器の電子・ホール版による{悪魔の輪唱}の悪の実効が

最大限に至る」なら

「かなりの人数の人々が、その実害を被る事になってしまう」。

「北朝鮮工作活動問題の解決は、本当に、急務」だ』。

『「もちろん、米国等は、上記の様な実態を重々承知」だから

「陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき北朝鮮に対し、

米国側も一歩も引かない」。

「米・日・韓の被害を最小限に押さえる

軍事作戦がいくつも用意され、

その中で、より良いモノを

実行日時も含めて精査中」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮が核・ミサイル・工作活動を放棄しない限り、

近々、軍事オプションが実行される事になる」』。

『「戦争を避けたい」のなら

「日韓のマスメディア」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に諦めを誘う

情報配信等を行うべき」だ。

「それなのに、未だに、戦争は無いゾ!論等を公共の電波上等でばら撒いている者までもがいる」のだから

「本当に呆れる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が日韓支配を諦めて、

北朝鮮の国家指導者の地位だけを維持したい」のなら

「核・ミサイル・主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄する事」こそが

「合理的になる」。

「その為の動機付けとして、

核・ミサイル施設等への限定攻撃」は

「大いに有効」だ。

「米軍が限定攻撃を与えても、北朝鮮は反撃出来ない」。

「反撃するなら、全面戦争となり、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成ってしまうダケだから」だ』。

『「陰険な工作活動国家の劣悪ボス」に

「騎士の心が在る訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者が選択する」のは

「死して恥も残さず」では「無く」

「生き延びて、贅沢生活をする」に「なる」。

「民族主義カルト宗教仮面を被りたがる」のは

「カルト宗教メリットがある内ダケ」だ。

「人類の世代交代が個の保存では無く、種の保存でしかない事」や

「親子も別人・別人格等」は

「今や、多くの人類の共通認識」だ。

「子孫が否定せざるを得ないモノを残そうとする愚かさ」は

「少し考えるなら、誰もが分る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等」が

「日韓支配という代償欲求の追及に明け暮れている暇がある」なら

「自己健常支配の継続により本来欲求を充足させ続けるべき」だ。

「本質的に悪い事をしない事」こそが

「自己承認の特急券」でもある』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等に残されている時間は少ない」。

「米軍が限定攻撃する前」に

「核・ミサイルの開発と

他国内での工作活動等を

放棄する事」こそが

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等が、生き延びられる道」だ』。

|

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »