« 「飲酒、パワハラ・暴行~傷害」の日馬富士に大甘処分を望んでいる様相の常連出演者等問題・・・。 | トップページ | 「イスラエルの首都をエルサレムと認めた米国」、「ロシア国家ぐるみドーピングで韓国冬季五輪出場権剥奪」、「日本の大相撲問題」、・・・比べっこ時代の崩壊は既に始まり、20年遅れの世紀末がやって来る・・・。 »

NHK受信料等、最高裁「合憲」判決問題・・・。

『「公正な放送の為」に「他からの影響を排除する為、受信料を徴収する契約を強制的に締結させる事等」が「合憲判断された」のは

「ある意味、当然」だ。

「しかし、現状のNHK」が

「公正か?」は

「全く別問題」だ』。

『「特に、

実権者人脈、民主党人脈{圧力}人事以降、

NHKでは、芸能界等の者たちの起用」が

「より激しくなった」。

「論調」も

「親韓(北朝鮮も含む)・親中国共産党等寄り論調等」が

「より蔓延る様になった」。

「視聴者から受信料を強制的に徴収していても、

政界等の実権者からの圧力には容易に屈している実態・実体」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後日本の芸能界」では

「異常な戦後処理故」に

「朝鮮系等の者たちの割り合いが一般日本社会より遥かに高い」。

「その面では、●暴同様の実態」が「其処に在る」。

「現状のNHK」では、

「芸能界の者たちが登用されている割り合い」が

「それ以外の一般日本国民が登用されている割り合い」より

「遥かに高い」。

「民法と同様化している」』。

『「戦後日本の芸能界や●暴等」と

「例えば、北朝鮮のお友達かつての旧巨大野党等との繋がりの濃さ」は

「色々なところで、度々、良く指摘されている通り」だ。

「其処には、

政治論調等でも、

親韓(北朝も含む)・親中国共産党等の論調が重用されがちになる土壌」が

「出演者等によってつくり出されている実態が露呈している」』。

『「政界圧力等で

ゲイノウ人等を重用する事等」を

「実現する人事等が

行われている実態」が

「露呈している」のだから

「例えば、

NHKで雇う者や、

外注先等や、

アナウンサーや

論説者等や、

起用するご用達コメンテーター等々」でも

「その実態に変わりは無い事」が「強く推定出来る」』。

『「その実態」は

「多くの民放と全く同様」で

「多くの民放と同様の

偏向・偏重等が蔓延るNHK」には

「視聴料を徴収する契約等が強制的に締結出来る状態は馴染まない」』。

『「内実として、公正性を失い、民放同様に偏向・偏重傾向を顕著に露呈している状態」の

「現状のNHKの実態を十二分に問う事無し」に

「視聴料の徴収契約等を強制的に締結する事等」が「合憲か?否か?等を争った裁判」の

「合憲判決」には

「内実を問わない事を是認さしめる実効」までもが

「含ませられている様相」だ』。

『「その悪のメリットが享受出来る

現状の多くのテレビ・マスコミ等の報道や情報配信等」でも

「テレビ・マスコミ等自らの問題の露呈を恐れてか?

内実問題への言及は異常な程希薄」だ』。

『「この辺りの、実質的、策略ぶり」から

「スジの悪い裁判を仕掛けた者たちの実体の臭い等を感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「他に影響されない公正な放送等の内実が伴っている」なら、

「視聴料徴収等を含む契約を強制的に締結出来る事」が「合憲」でも「当然かも知れない」。

「しかし、現状のNHKの実態」は

「違う」。

「芸能界の者たちとそれ以外の一般日本国民の登用割り合いの異常な差」等からも

「明らかな様」に

「内実が十分に伴っていない」。

「そして、その様な実態への悪い方向への急激な変化」が

「旧民主党系の者たちが政界で強い実権を持てていた時期」と

「重なっている」のは

「単なる偶然とは到底思えない」』。

『「今、多くの旧民主党系のテレビ・マスコミ等」では

「政界等からの圧力問題等は言っている」が

「その実体は、異常な現状を是正させない為の悪の防波堤の様相ですらある」』。

『「NHKは、ゲイノウ人等の起用割り合いを一般日本国民並みにする」と「共」に

「テレビ出演等により知名度が上がると仕事に繋がるメリットを受ける事になるゲイノウ人等から」は

「宣伝料を取るべき」だ。

「そして、得られる宣伝料分、一般日本国民の視聴料を安くするべき」だ。

「更に、視聴料に所得・資産等の高低によっての差が無い事も、異常」だ。

「テレビの大小による差があっても良い筈」だ。

「個人所得・資産等の実態把握や決算システム等がどんどん進歩・進化している今時、

その辺りを大雑把なままにし続ける事の正当性は無い」』。

『「スジの悪い訴えの最高裁判決等」を「基」に

「現状利権等の固定化を図ろうとするのは悪」だ。

「北朝鮮等の実態からも明らか」な様に、

「悪を蔓延らせてもロクな事は無い」。

「今回の最高裁判決」は

「受信料徴収自体は正当である事の最高裁判決」として、

「現状のNHKの是正すべき問題」を

「是正させる事」は

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「飲酒、パワハラ・暴行~傷害」の日馬富士に大甘処分を望んでいる様相の常連出演者等問題・・・。 | トップページ | 「イスラエルの首都をエルサレムと認めた米国」、「ロシア国家ぐるみドーピングで韓国冬季五輪出場権剥奪」、「日本の大相撲問題」、・・・比べっこ時代の崩壊は既に始まり、20年遅れの世紀末がやって来る・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事