« テレ朝朝番では、中東より北朝鮮の方が心配な様相の常連出演者等が「トランプ大統領批判・非難論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 富岡八幡宮「宮司姉等、弟等による殺傷事件」問題・・・。 »

サンデーモーニングでは、未だに「北朝鮮の為の戦争回避論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮問題」を「解決する方法」は「既に、はっきりしている」。「一つ」は

「北朝鮮が

核・ミサイル等の開発

と主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

完全放棄した上での、

話し合い~平和解決」だ。

「もう一つ」は

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等の軍事オプションによる解決」だ。

「其処には、北朝鮮劣悪国家指導者等の利に適う、対話の為の対話等」は

「無い」。

「対話の為の対話等」では、

「悪戯に北朝鮮劣悪国家指導者等を利すダケになってしまい

北朝鮮問題の解決には結びつかないから」だ』。

『「一番理想的」なのは、

「北朝鮮が核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「放棄する事」による

「対話~平和解決」だが

「過去の実績からも、

北朝鮮劣悪国家指導者等が、この道を選択出来る」とは

「思えない」。

「現実的解決策」は

「軍事オプションの行使」になる。

「軍事オプションが行使される」なら

「米・韓・日等の側の犠牲を出来るだけ少なくする作戦」が

「合理的になる」。

「もちろん、その分、北朝鮮側の犠牲は膨大になる」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等が平和解決への道を歩まない」のなら

「もはや、どうしようも無い犠牲」になる。

「クリントン政権時には不可能だった、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放作戦(仮称)」は

「既に実行出来る状態」だ。

「北朝鮮の軍備の進歩・進化の速度より

米・韓等の側の軍事力の進歩・進化の速度」の方が

「遥かに早い」から

「クリントン政権時には、戦争になれば、韓国内の犠牲も膨大・・・」だったが、

「今では、米・韓・日等の側にほとんど犠牲を出さずに

北朝鮮問題を軍事的に解決する事」も

「可能になっている」。

「つまり、

北朝鮮の時代遅れの軍備増大は

無駄、

どころか、

自虐にしかなっていない」のが

「現実」だ』。

『「米・韓・日等の側にほとんど犠牲が出ない軍事作戦を実行する場合」は、

「事前避難等も必要無い事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、近々、態度を是正しない」なら

「近々、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等が

実行される事になる」』。

『「北朝鮮が国連を頼るとは、正に、末期症状」だ。

「散々、安保理決議等を反故にして来ている」のに

「国連に対話等の仲介を・・・」とは

「もはや、笑い話にもならない愚行劇」だ。

「実効」として、

「北朝鮮は少々の時間を得た」等と

「北朝鮮劣悪国家指導者等は思いたい・・・」だろうが、

「既に、米側のタイムリミットは決まっている」から

「実際は、全く、実効も無い」。

「他に出来る事が無くなっている」から

「仕方なく行ったダケ」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等による

出来の悪い茶番劇に

付き合わされた国連の方々」も

「本当に、ご苦労様・・・」』。

『「米側が既に定めているタイムリミットの前」に

「北朝鮮側が

核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「完全放棄しない限り」、

「タイムリミットが来た途端に、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争が実行される事になる」』。

『「今、日本のテレビ・マスコミ等が大々的に配信すべき情報」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

滅亡等を覚悟しない限り、

態度を是正せざるを得ない実状」であり、

「日本国内に戦争被害脅し等をかけたりして、

対話の為の対話実行民意圧力等をつくり出そう・・・等とする事」では

「断じて無い」。

「それなのに、

未だに、戦争被害脅しや対話推奨論等々を喧伝し、

実際に北朝鮮問題を解決する実効のある方法等は

ロクに言わない」のが

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の

実質的、手下の様相を露呈している

テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「実現可能な実効のある対案等はロクに出さず、出せず、

悪戯な批判・非難等や

言葉狩り・態度狩り、揚げ足取り等や

実質的、ファンタジー案等の提案等」は

「得意中の得意」な

「反対野党等」と

「同様の状態」が

「其処に在る」』。

『「反対野党の中には、北朝鮮のお友達」も

「少なからずいる」。

「政界には、選挙があり、民意も反映される」から

「反対野党は、当然の如く少数派になっている」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等」には

「選挙も無く、民意の反映も希薄」だから

「未だに、反対野党の様なテレビ・ラジオ・マスコミ等が

大政党並みに蔓延れている」。

「是正すべき、させるべき、である事が明らかな

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等と

公共的マスコミ等の

実態」が

「其処に在る」』。

『「北朝鮮問題の解決の為」には

「既に、時が遅過ぎる

多くの人類の精神構造の健常進歩・正常進化と

その集大成としての

人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」を

「誘う、情報・教育等」の

「意識的かつ積極的な実行」だが、

「現状の人間世界」には

「北朝鮮問題以外にも、深刻な問題が多々在る」。

「未だ、その実効が見込める重大問題の為」にも

「一刻も早く、精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の役に立つ

情報配信等」を

「意識的かつ積極的に始めるべき」だ。

「それさえも出来ない」のなら

「力量不足、実力不足等は明らか」なのだから、

「恥の上塗りを続けない為」にも

「早々に、

過分な立場・報酬・権力等を手放すべき」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等と同様の問題」が

「其処に在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、中東より北朝鮮の方が心配な様相の常連出演者等が「トランプ大統領批判・非難論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 富岡八幡宮「宮司姉等、弟等による殺傷事件」問題・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事