« NHK受信料等、最高裁「合憲」判決問題・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、中東より北朝鮮の方が心配な様相の常連出演者等が「トランプ大統領批判・非難論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

「イスラエルの首都をエルサレムと認めた米国」、「ロシア国家ぐるみドーピングで韓国冬季五輪出場権剥奪」、「日本の大相撲問題」、・・・比べっこ時代の崩壊は既に始まり、20年遅れの世紀末がやって来る・・・。

『「それは、地球環境問題からも明らか」だ。「現状までの比べっこ時代の人類の世紀末」が

「かつて、巷で良く、言われていた、1999年頃から、約20年遅れ」で

「やって来ている」・・・。

「今後、現状のまま・・・」なら、

「比べっこ時代の崩壊現象」は、

「加速度的に進んでしまう事になる」。

「超おバカ、もしくは、悪、テレビ・ラジオ・マスコミ等々や、学校教育等々」は

「未だ、比べっこ上の優位者等を賛美・推奨している」が

「崩壊を回避させようとせず、崩壊をより早める事に力を加えていてどうする???」』

『「当ブログ」は、「一般日本国民による日本語表記」なので

「日本国民にとって、身近なところから考えてみよう」。

「日本の大相撲問題」だ』。

『「元々、日本の相撲は、武力による比べっこ支配権・被支配権争い時代の平穏時」に

「力士たちの有り余る力を昇華させる事」により

「武運アップ(立身出世)や豊かな実りや平和等を願う奉納神事」や

「大衆娯楽」として

「つくり出された」。

「平時が続く事により、より娯楽の要素が高くなった」。

「日本の{相撲}の発生」も

「他の精神文化製品同様、

発生当時の人間社会の精神文化欲求上に在り」、

「{相撲}の成長も成長当時の人間社会の精神文化上に在る」。

「日本の武力による比べっこ時代」は

「第二次世界大戦終了時まで続いた」から

「それまでは、日本国内の人間社会が持っている精神文化と

{相撲}との整合性も高く、

{相撲}自体の問題が問われる事は無かった」』。

『「戦後の日本社会」は

「武力による比べっこ」から

「武力をベースにした経済による比べっこ」へと

「日本社会が保有している精神文化」を

「進化」させた。

「経済による比べっこの要素が強く入り込んで来た」から

「{相撲}もより商業化」し、

「横綱や人気力士等は商売にも利用される頻度が飛躍的に上がった」。

「経済による比べっこ」で「より有利な状態を得る為に合理的な手段の一つ」は

「国際化」だ。

「国際化と共に、{相撲}は商業スポーツの色合いが濃くなった」。

「内実としては、より良い報酬・立場等を得る為」に

「外国人力士が部屋入りする事等も増えた」。

「発生時からしばらくは、神事の要素も濃かった相撲」には

「神事的形骸が多々ある」が

「内実」として、

「主として、商業スポーツでの成功を目指している力士(日・外を問わず)や

商業スポーツを見る事による実効を求めている人々等にとって」は

「神事的要素」より

「勝負」が

「より重要」となる。

「その結果、ジャパニーズプロレスリングでも良かった{相撲}」は

「ボクシングの様な、ガチンコスポーツ勝負へと

変質させられて来ている」。

「主要力士の場合、強者同士のガチンコスポーツ勝負が15日も続く場所」が、

「一年に何回もある」のだから、

「怪我人だらけ・・・になる」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「怪我まで伴う場合が決して少なく無いガチンコスポーツ勝負を望まれている人々」が

「力を抜けるところでは、力を抜きたい・・・」等と

「考え・思い・感じたり・・・する」のは

「ある意味当然の現象」で

「その力を抜けるところ」が

「商業スポーツから遠い、相撲の伝統文化面等になり易い」のも

「当然の現象」だ。

「商業スポーツを見る事による実効を期待している人々にとってもそれは同様」になる。

「その逆に、本来の{相撲}を大切にしたい人々(親方・力士等も含む)にとっては、

その様な現象は許容出来ない事になる」』。

『「比べっこの究極」は

「命がけの比べっこ」で

「それが、武力の比べっことなった」のは

「高度な頭脳を持つ人類の必然」だ。

「命がけの比べっこ」が

「基本的に、抹殺状態にある現状の似非平和人間社会」では

「商業スポーツ等にガチンコ勝負を求め、命がけの比べっこの代わりを演じさせよう・・・とする

代償欲求追及者が溢れている」。

「現状の{相撲}の悩み」は

「多くの人々の精神構造の悩みの投影転嫁版」でもある』。

『「高度な頭脳を持つ人類」なら

「精神文化や精神構造の進歩・進化の方向性等から

自らの精神構造を進歩・進化させる事や

人間社会の精神文化を進歩・進化させる事」等により

「この{悩み}を解消させる事も出来る事になる」が』。

『「比べっこ」の「後」の

「精神構造・精神文化」は

「実体・本質・快適等探究」だ。

「比べっこ」とは「結論を比べる事により得る手段」だが

「実体・本質・快適等を探究する為に、比べっこは必需では無い」。

「比べっこ」は

「深い知識も高度な技術も無くても可能」だが

「実体・本質・快適等探究の為には、相応の知識や技術等が要る」。

「比べっこ」は

「人類なら、乳幼時代の精神構造として相応しく、

成人の人類の精神構造として相応しいのは、

実体・本質・快適等探究になる」。

「小~中~高~大時等」は

「比べっこから実体・本質・快適等探究へと

自らの精神構造を健常進歩・正常進化させる時」だ。

「本来の文系情報・教育の肝」は「其処に在る」』。

『「多くの人々の精神構造」が

「比べっこから実体・本質・快適等探究」へと

「健常進歩・正常進化出来ている」なら

「{相撲}」で、

「比べっこ商業スポーツとしての実効」を

「強く求める人々は減る事になる」。

「精神構造が実体・本質・快適等探究に至っている」なら

「力士でも、観客でも、

ガチンコ怪我だらけ・・・」が、

「決して、快適では無い事」は

「直に判る」。

「{相撲}本来の実体を顧みる時、

時の精神文化が生み出した伝統文化遺産的精神文化製品の

必要性や味わい等も良く分る」。

「{相撲}が残るべき精神文化製品となる為に必要な事」は

「ガチンコでは無く、伝統文化的要素の維持・保護等である事」も

「本質から考えるなら直に解る」』。

『「異常な現状の緊張感や対立等」は

「多くの人々の精神構造が未だ、比べっこレベルであるが故の悪現象」に他ならない』。

『「重要な事」は、

「多くの人々の精神構造」を

「一刻も早く、健常進歩・正常進化させる事」だ』。

『「比べっこ五輪」で

「ロシアの国家ぐるみドーピング」という「ズル・インチキ等」が

「バレ」だ。

「スポーツ比べっこはフェアであってこそ価値がある」と

「当然の考え等を持つ、IOC」は、

「ロシアを冬季韓国五輪から排除した」。

「国家ぐるみ・・・とは国家の問題」だから

「国としてのロシアは排除しても、{クリーン}な個人は排除しない」と

「IOCは正義ぶってもいる」。

「報道されている実態から推測する」と

「ドーピング選手も、国家ぐるみドーピングの被害者の様相」で

「クリーンな選手とは、国家ぐるみドーピングの被害者では無かった者たち等」になる。

「何れにしても、この問題の基」は

「国家ぐるみドーピング」だ。

「ロシアを国家ぐるみドーピングに走らせた」のも

「国家同士の比べっこで何としても勝者に成りたい」等の

「比べっこ故の動機」だ。

「五輪の本質」は

「平和の祭典」とも言われている。

「スポーツの本質」は

「人類の限界や新たな世界の体現等に在り、

比べっこ上には無い」。

「それでも、比べっこ原理主義者等」は、

「スポーツ比べっこでの勝利・勝者等」を

「過剰な程、重要に扱いたがる」。

「それは、経済による比べっこ上での使い勝手の良い道具にも出来るから」だろう』。

『「経済による比べっこ」で

「短絡的に勝者を目指す者たちが多過ぎて来ている上」に

「未だ、その是正等も無い」から

「現状の地球環境問題」は、

「加速度的に深刻化しているのに!」』

『「古の時代から在る、

宗教比べっこ」も

「大変」だ。

「何しろ、

宗教」とは、

「実質的には、

徹底的にその宗教を信じる事で

深い納得を得続けようとする手段」だから

「宗教対立は、必然的に深い対立に成り易い」。

「歴史上も、何度も、命がけの対立になっている」』。

『「宗教問題解決の為」には

「先ずは、宗教を別にして、

人々の精神構造や

人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」が

「重要」だ。

「宗教を持ち出して、解決を図る」と

「命がけの比べっこになってしまい易いから」だ』。

『「現状人間世界」の

「多くの重大問題」を

「解決させる鍵」は

「個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化」と

「その集大成である人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」だ。

「本来の文系の仕事」は

「其処に在る」』。

『「時は、急を要している」。

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化に繋がる

精神文化製品が

どんどん発表・発行・公開等される事」により

「加速度的に、多くの人類の精神構造が健常進歩・正常進化」し

「人間世界の精神文化も健常進歩・正常進化する」なら

「無用な戦争も、環境破壊等もかなり避けられる事になる」。

「人間世界の精神文化を次世代に移行させる事」で

「初めて、人類に、宇宙の本格進出権が与えられる事になる」。

「それは、地球生命体細胞群の存続~永続の為の必需品」だ』。

『「未だ、筆者の周りでは、邪魔・妨害・嫌がらせ等々する悪者たち」が

「蔓延っている」。

「北朝鮮等問題(日本の中の工作活動問題も含む)の早期徹底解決」は

「本当に、重要」だ』。

|

« NHK受信料等、最高裁「合憲」判決問題・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、中東より北朝鮮の方が心配な様相の常連出演者等が「トランプ大統領批判・非難論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事