« 富岡八幡宮「宮司姉等、弟等による殺傷事件」問題・・・。 | トップページ | テレ朝昼番では、米ティラーソン国務長官が「北朝鮮との無条件対話を提案した旨」等情報配信していたが・・・。 »

テレ朝昼番では、拉致問題でも、白頭山についてでも、北朝鮮ご用達論を日本の公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。

『「拉致問題」で「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が配信すべき情報」は

「{一刻も早い解決を!}等を優等生ぶり、紳士ぶり言うダケの{実効の無い偽善論}等」では

「断じて無い」。

「既に、露営している、拉致被害者の日本語教師化等の拉致目的等」から

「容易に推定出来る

日本国内に送り込まれて来ている

北朝鮮の工作員等と

工作員等による工作活動等」の

「徹底摘発」だ。

「この当たり前の重大事を黙殺し続ける事の実効」が

「日本国内の北朝鮮の工作員や工作活動等の援助・支援等になる現実」からも、

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

この重大な事を言わない方が異常」になる。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の

日本の中の情報工作機関等」としての「実態」だ。

「もちろん、そんな事を行い続けて来ている者たち」に

「公共の電波を使わせ続けたる必要は全く無い」。

「公共的マスコミ上等で蔓延らせ続け、

その様な者たちの論等を重用し続ける必要も全く無い」』。

『「白頭山」を「革命の聖地としている」のは

「北朝鮮のお手盛りカルトファンタジー等」だ。

「実際の歴史上の事実・現実」は

「日韓併合当時の日本国内で

二国間の合意契約に基づく朝鮮半島内の近代化同化政策に

武力まで用いて抗う事で、

朝鮮半島内の支配を目論んでいた

当時の朝鮮人にも、日本人にも{迷惑}な

{小規模な反政府反乱武力組織}」が

「当時の朝鮮人・日本人の警察・軍等」により

「追い込まれた場所」が

「白頭山」だ。

「その結果」として、

「反政府運動」も

「反乱武力組織等による支配等」も

「その実効」は

「大勢に影響の無い極々小さなレベルにまで至った」のが

「歴史上の現実」だ。

「白頭山」とは、

「当時の小さな反政府組織反乱武力組織」の

「実質的、鎮圧」が「成功した」の「場所」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が

当時の小さな反政府反乱武力組織」が

「実質的に、追い込まれ、鎮圧された場所」を

「革命の聖地」と

「嘯ける、

実質的には、

厚顔無恥の恥知らず状態の

精神文化等」を

「是正しない限り、

北朝鮮との普通の対話等は成り立つ訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の精神文化等」が

「普通の国々では通用しない事等を認識させる為」にも

「日本の中」でも

「北朝鮮ご用達論ダケを喧伝する」のでは「無く」、

「歴史上の事実・現実等を優先して情報配信する」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の正道」になる』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等としての正道は何処へやら、

北朝鮮劣悪国家指導者等のご用達論等ばかり・・・」を

「日本の公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」に

「ばら撒き続けて来ている者たち等」の

「実態」は

「日本の中の

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等」になる。

「もちろん、

そんな者たちに

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「米国がパリ協定を離脱したばかりでは無く、

月や火星等の有人探査に積極的になった」のは

「言うまでも無く、

中国・インド等の超人口大国が

十分に先進国か出来ていないまま発生させる温暖化ガス等が

地球環境に与える現実の変化予測故」と

「強く推定出来る」。

「現状のまま、世界経済等を動かし続ける」なら

「それ程遠く無い近未来」に

「地球環境の激変が

雪雪崩的に

やって来てしまう事になる」。

「その時に、サバイバル戦争が起きる」なら

「核戦争となってしまう可能性も決して小さく無い」。

「世界レベルで核戦争が起きてしまった場合、

人類が地球で暮らす事も困難になる可能性大」だ。

「その場合の受け皿」を

「今の内に用意して置かなければ、

人類は滅亡する事になる」。

「パリ協定離脱も、月・火星等の有人探査積極化」も

「極めて、現実的な判断に基づいた

米国として行うべき政策」に他ならない』。

『「最悪の事態を避ける為に今、必要な事」は

「もう一つ在る」。

「筆者も常々訴え続けて来ている

多くの人類の精神構造と人間社会の精神文化を

意識的かつ積極的に

健常進歩・正常進化させる事」だ。

「人間世界に大きな影響を与え続けて来ている

出来の悪過ぎる現行の社会・経済システム等の

精神文化製品」を

「出来る限り早く、

出来の良い精神文化製品へと健常進歩・正常進化させる事」の

「実効は非常に大きい」。

「自虐的な戦争を回避させ、

地球温暖化の抑制にも拍車がかかる等」の

「大きな実効」が

「大いに期待出来る」。

「今、所謂、文系の仕事をしている人々」が

「強く意識し、積極的に行うべき仕事」が

「其処に在る」』。

『「旧態依然とした、

今時、求められている仕事のレベルに達していない、

仕事、もしくは、破壊行為、もしくは、自虐行動等を行う事」で

「現状利権等を貪り続けようとしている実態を露呈している者たち」は

「断じて、優秀でも、優等でも無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下状態等までも露呈している」なら

「もはや、劣悪レベル、醜悪レベル」だ。

「もちろん、劣悪レベル、醜悪レベルの者たちや論等を、

常連出演・常筆等させ

公然化等し続けていても、

ロクな事は何も無い

ばかりか、

むしろ、{有害}」だ。

「そんな状態の是正が急務である事」は「言うまでも無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 富岡八幡宮「宮司姉等、弟等による殺傷事件」問題・・・。 | トップページ | テレ朝昼番では、米ティラーソン国務長官が「北朝鮮との無条件対話を提案した旨」等情報配信していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事