« いよいよ近づく米朝戦争・・・。 | トップページ | 「飲酒、パワハラ・暴行~傷害」の日馬富士に大甘処分を望んでいる様相の常連出演者等問題・・・。 »

サンデーモーニングでは「言葉の上辺を大問題化する無害化・去勢化工作」等を日本の公共の電波を使って行っていたが・・・。

『「日頃から、言葉の上辺」は「如何にも優等生的・紳士的」に「内実としては、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す論等」を

「日本の公共の電波上にばら撒き続けて来ている者たち等」が

「言葉の上辺を大問題化する事の内実」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等を利す事等」になる』。

『「差別」や「人権」や「表現の自由」等と

「言葉の上辺の大問題化」等を

「使い分け」ながら

「実質的に、利しているところ」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等」では

「日本のテレビ等として、本当に、呆れるばかり・・・」で、

「その実態・実体」は「劣悪で醜悪なモノ」になる』。

『「言葉で重要」なのは

「断じて、上辺では無い」。

「内実」だ』。

『「内実」として

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、大犯罪者等を利している」なら

「どんなに言葉の上辺が紳士的・優等生的であって」も、

「その実体」は

醜悪で劣悪なモノ」に他ならない。

「視聴者・読者等が傾注すべき」は

「内実であり、断じて、上辺では無い」』。

『「言葉の上辺を大問題化する事」は

「内実の理解を阻害させ」たり

「その言葉を発した者等を貶め」たりする事等には

「大いなる実効を発揮する」。

「例えば、

現状の日本社会」では

「政治家の言葉狩り」で

「無用な大臣交代劇等が起こされる事」は

「与党の政策より日本国・多くの日本国民の為になる政策」の

「提案・提示等」さえ

「ロクに行えない{反対}野党の者たち等」を

「正義ぶらせ、{反対}野党支持率を上げる為等」に

「大いなる実効がある」。

「現状の日本社会」では

「テレビ・マスコミ等の者たち等」による「言葉狩り・態度狩り」等々で

「その政治家の内実を探究しないまま

悪者のレッテル貼りをしてしまう

テレビ・ラジオ・マスコミ等の操り人形状態の人々」が

「未だ、多いから」だ。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が利して来ている政党・政治家等」は

「もはや、多くの日本国民が知っている事」だろう。

「現状の日本社会で、

何とか、人気が取れる、

{反対}野党や{反対}野党政治家」や「その人脈の者たち」等である場合が多い。

「其処には、北朝鮮労働党の{お友達}旧社会党系の者たち等」も

「多数含まれている」。

「内実として、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す論や政策等」を

「平然と公言出来ていたり、実行しようとしていたり・・・等々する」のも

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「其処に在る」のは

「人脈の問題」であり、

「劣悪国家指導者等の手下化してしまっている者たちの問題」だ。

「例え、自分の親兄弟姉妹親戚等でも、

悪者は悪者として扱い対処する健常状態の人間ばかり・・・」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「時と共にドンドン小さな問題になって行く」のが

「当然の現象」だ。

「逆」に、

「自分の人脈の者たちこそが正義」等の

「誤った正義感等に毒されている人々の数が多ければ多い程」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「時と共に、ドンドン深刻化{出来て}しまう事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の現状はどちらか?」

「言うまでも無く、後者の状態になってしまっている」。

「今まで、

散々、

日本等の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の

実質的、手下等(政財界の者たちや、テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等も含む)」が

「其れこそ、

言葉や態度等の上辺」では、

「如何にも紳士的・優等生的」に

「内実としては、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す論や政策等」を

「蔓延らせ、実現させて来た事」等による

「悪現象」が

「其処に、露呈」している』。

『「もちろん、こんな状態の是正」は

「急務」だ。

「今までの、悪効果の実績ダケ」でも

「多くの{反対}野党の者たちや

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち」等は

「過分な立場・報酬・権力等を剥奪されるに十二分」になる。

「政治家には選挙がある」。

「実際に、{反対}野党等の者たち」は

「ある程度は、少数勢力化している」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等には選挙も無い」。

「人脈交代も無い」。

「未だに、民主党政権成立に多大なる力を発揮した者たち等」が

「テレビ・ラジオ界や

公共的マスコミ界」等で

「大いに蔓延れている」。

「情報の一方的大量配信が民主主義等に与える事が出来る重大な影響」等を

「鑑みる」なら

「公共の電波を使うテレビ・ラジオ」と

「公共的マスコミ」等には

「実質的、選挙等による人脈交代が有って然るべき」だ。

「或いは、

実体や事実・現実に基づいた脚色の無い原寸大情報配信」の

「罰則

(背いた場合は、

即クビ、

即公共の電波の使用権停止、

等々)もある

強い義務等があって然るべき」だ。

「現状」の

「実質的、偏向・偏重・脚色等自由状態」で

「人脈交代も無い事」による

「多大な悪影響」は

「北朝鮮問題でも出ている」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« いよいよ近づく米朝戦争・・・。 | トップページ | 「飲酒、パワハラ・暴行~傷害」の日馬富士に大甘処分を望んでいる様相の常連出演者等問題・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事