« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の様相を露して来ているテレビ等の多くが「大相撲・自動車事故等{煙幕}」等で日本の中の工作活動等の問題を黙殺し続けているが・・・。

『「今、こうしている間にも、北朝鮮の核・ミサイル等の開発~実戦配備等も、主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等も、旺盛に続けられている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「出来る限り早く解決すべき重大問題」だが、

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の重大問題」は

「その前」に

「意識的かつ積極的に解消させるべき重大問題」だ』。

『「それなのに、未だに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「重大問題を黙殺し続けている」。

「その実態」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等では無いのなら、本当に異常になる」』。

『「日本国内で起きてしまっている

脳溢血・心不全・ガン等や

アルツハイマー等や

自殺扱いの死亡事件等」の「裏」に

「飲食物工作や電磁波工作や侵入工作等々」の

「工作活動が在る場合」は

「決して少なく無い」。

「自虐情報・教育等で自虐行動等を引き起こさせられ易く{調教}されてしまっている

戦後の多くの日本人」に

「日本国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等{集団}」が

「飲食物工作や電磁波工作や侵入工作等々」を

「重ねた結果」が

「其処に露呈している」』。

『「集団的に、お仲間以外には、工作活動等を浴びせ続ける悪業」が

「まかり通り続けてしまっている裏に在る」のも

「情報・教育・政治工作等々」だ。

「戦前にこそ重要だった反戦!を戦後に持ち出す裏」で

「戦後にこそ重要な反工作活動!を戦前~戦中の特高警察等を持ち出して黙殺せしめる事」や

「政界でスパイ・工作活動防止法等に反対し続ける事」等により

「工作活動を仕掛けている側を利し続けて来ている」と「共」に

「多くの一般日本国民を工作活動の犠牲者にし続けて来ている悪態」は

「直ちに是正する・させるべき事」だ』。

『「工作活動被害者等の財産・資産等が詐欺的手段で巻き上げられ

それが、北朝鮮の核・ミサイル等の開発資金等に化けている場合も稀では無い」。

「新興宗教団体や工作活動企業等が悪用されている場合も稀では無い」。

「現状」では、「

「警察等は、

法の縛りで、

スパイ・工作活動等の摘発が非常に困難にされている」が、

「現状でも、

ゲイノウ人等に対する新潮・文春等並みのド根性で、

マスコミ人等が本気で調べる」なら

「工作活動等の実態把握等」は

「困難な事では断じて無い」。

「一度、ある程度以上の規模のマスコミ等」が

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等集団の工作活動等」を

「告発して穴を開ける」なら

「その後は、其れこそ、アッと言う間に、

実態を露呈させる事等も可能になる筈」だ』。

『「今の日本に本当に必要な重大な仕事」を

「行わずに、ゲイノウ人等の{ストーカー}等で

過分な報酬・立場・権力等を得よう・・・等としている

ゲス者たち」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭いが漂って来ても、

「日本のマスコミ人としての重要気質等は

全く、感じない」』。

『「重要気質を感じさせない者たちばかり・・・という実態の裏に在る」のは

「人脈問題」と

「強く推定出来る」』。

『「日本の基幹産業である自動車産業に情報面からダメージを与える効果もある

自動車事故等の大宣伝を

行い続けているテレビ等」では

「スパイ・工作活動天国状態の戦後の日本でこそ重要」な

「反工作活動!」は「実質的に、黙殺し続け」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が一番望んでいる反戦!」を

「日本からの戦争が全く考えられない戦後の日本で、

声高に大宣伝して来ている場合が多い」。

「優等生ぶり、正義ぶり、

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を利している

その実態」は

「本当に、劣悪で醜悪」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子等として{調教}されてしまった

所謂、高学歴者等の哀れな実態」が

「其処に在る場合も少なく無い」が

「多くの場合」は

「確信犯の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」なのだろう』。

『「韓国の元従軍高報酬売春婦」を

「懐柔し、有益分子化する」のと

「同様」に

「日本の中で差別等されて来ていた者たち」を

「懐柔し、有益分子化する工作」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の得意技」だ。

「組合や企業や学校等々や

宗教団体等々」に

「潜り込んでいる

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等のオトモダチ政治家等」が

「共調しながら、有益分子化工作等を行い続けて来ている

結果群」が

「現状の日本社会の至る所で露呈している」。

「もちろん、{調教}されてしまっている状態の人々」は

「一刻も早く、本来の自分を取り戻すべき」だ』。

『「マスコミ人等なら、

{調教}実態等の告白」が

「工作活動の告発に直結する事になる」』。

『「大相撲界の出来事」は

「大相撲の出来事として、

事実・現実通りに

原寸大で報道等すれば良い」。

「事件・事故等も同様」だ。

「例えば、

自動車事故ダケを偏重し、過剰宣伝するのでは無く、

全ての事件・事故等を

実体や事実・現実通りに原寸大で報道等すれば良い」。

「時間や紙面に制約がある」から

「大きな事件・事故や、

同様の事件・事故等が多数在るモノ」の

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等」こそが

「本来在るべき情報配信の状態」だ』。

『「ゲイノウ人の問題行動等」や

「不倫」や

「覚せい剤」等々

「現状では、多くの人々の興味を引寄せやすい者・物・事等」を

「偏重して大宣伝する事」や

「日本の自動車産業等にダメージ等を与えるべく

特定の自動車事故等を偏重宣伝する事」等は

「明らかに、異常」だ』。

『「異常状態を是正しない、されない事」も

「明らかに、異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の日本の国政論や平昌五輪論や従軍慰安婦問題論」等々を日本の公共の電波上に撒き散らしていた様相だったので本当に呆れた・・・。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」では「北朝鮮労働党のオトモダチ達等」が「大きな実権を握り占め続けて来ている」。

「その結果、

例えば、

政治論では、

所謂、左翼側とされているのテレビ・ラジオ・マスコミ等で、

旧社会党等の流れが濃い

所謂、反対野党等の論等が喧伝され、

所謂、保守側とされているテレビ・ラジオ・マスコミ等では

其れに対する反論が黙殺され

代わりに、ゲイノウ界・相撲界等スポーツ界・大衆興味寄せ事件/事故等が喧伝される

異常状態がまかり通って来てしまっている」。

「その結果、

視聴者・読者等が得られる」のは

「政治面では、主として、反対野党等側の論となる」。

「ナチス・ヒトラーのラジオ等悪用大衆誘導と同様の事態」が

「戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が悪用されて

行われ続けて来ている」。

「実質的には、

日本を不利にする政策等を平然と訴え続けて来ている

反対野党等が、未だ、日本の国政上等で

少なからず、存続出来てしまっている裏」には

「戦後日本の情報・教育界等の異常性が在る」』。

『「元々」が、

「日韓併合時の圧倒的少数派、

白頭山に追いやられ、

実質的、影響力も失っていた反政府反乱軍の者たちの古事」を

「無理やり英雄化して被せ、

戦後の朝鮮半島を支配させるべく

国家元首等として祭り上げた旧ソ連」。

「旧ソ連の絶大なる支援の下で

朝鮮半島の支配権を得る事こそが正当だ!等と

勘違いしたまま

突っ走って来ている北朝鮮劣悪国家指導者等」。

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒により国を立ち上げた事」は

「戦後韓国同様」だが

「北朝鮮の根っ子の腐りぶり」は

「本当に酷い」』。

『「元が腐っている」のに

「直して来ていない」から

「行って来ている事も本当に酷い」。

「多くの北朝鮮国民を脅し、衰退させる反面」で

「元凶を直さないが故に必要となってしまっている

元凶の保身の為」の

「軍備・工作等」の

「オンパレード」だ。

「日韓国民を含む多くの外国人を拉致」したり、

「拉致した者たちからその国の言語・文化等を学ばせた多数の工作員」を

「それぞれの国々に潜り込ませ、

スパイ・工作活動

(非人道的なモノも多く、

その犠牲者数は、

少なくとも、数百万人レベル~と

強く推定される)等」を

「行わせ続けて」いたり、

「国家レベルで偽札や覚せい剤等をつくらせ、不当利益等を稼いだ」り、

「国際的協議の合意等を反故」にしたり、

「大韓航空機を爆破」したり

「他国内で爆破テロを実行」ししたり、

「ネットを悪用して、

破壊工作等を行ったり

金銭・情報等を不当搾取等」したり、

「他国内で化学兵器まで使用した暗殺テロを実行」したり、

・・・等々、

「その悪業」は

「枚挙に暇が無い」ばかりか、

「今も続けられている」。

「酷い悪業に身を染め続けて来ている

劣悪国家指導者等が

保身~利権増大等の為に

大量の核・ミサイル等の保持を実現させようとしている」のが

「北朝鮮核・ミサイル問題の本質」だ。

「国際社会が

北朝鮮の核保有に

NO!を突き付け続けて来ている事」には

「十二分の正当性が在る」』。

『「今、北朝鮮劣悪国家指導者等が一番恐れている事」は

「十二分の核・ミサイル等を保有してしまう前」に

「核・ミサイル関連施設等を破壊されてしまう事」だ。

「現時点では、

反撃すれば、アッと言う間に北朝鮮の負けとなる北朝鮮解放戦争になるダケ」だから

「反撃も出来ない」。

「核・ミサイル等という牙を折られた劣悪国家指導者等に待っている」のは

「過去の大罪の清算になる」。

「極悪人は、逮捕等され罪を問われ罰が与えられる」のが

「至極当然の世界標準」だ。

「逮捕が無理なら、排除・駆除等が適切になる」。

「極悪人に更なる時間と金等を与え続け

極悪人に大量の核・ミサイル等を保持させ

極悪人の命令・指令の下の工作活動等を蔓延らせ続ける事」は

「人類破滅を招く超自虐業になる」。

「極悪人」とは

「自己健常制御が出来ていない者」に他ならず、

「自己健常制御による支配欲の本来欲求の充足無き者」は

「他の者・物・事等を支配したがる

代償欲求の過剰追及状態に陥り易い」。

「実際に、元が腐っている北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「当初から、人民支配に邁進し続けて来ている」。

「そればかりか、韓国支配や日本支配まで企み、

その為の工作活動等も実行し続けて来ている」。

「もちろん、

例え、韓国支配~日本支配等が実現してしまっても、

極悪人の支配欲の本来欲求が充足される事は無い」から

「極悪人による韓国~日本支配等を容認してしまった後」には

「極悪人による~全世界支配がもれなく付いて来る事になる」。

「其れを拒絶する為に、軍事力行使となれば、

十二分な核・ミサイル等を保持出来てしまった極悪人が

極悪な反撃をする事になる」。

「結果、人類は破滅する」。

「破滅なので人類にその先は無い」』。

『「人類破滅を避ける為」にも

「極悪人の逮捕・排除・駆除等」は

「即刻でも行うべき事」だ。

「早ければ、早い程、被害も少なくて済む」。

「五輪等に興じている場合では無い」のが

「実状」だが

「韓国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」が

「極悪人が国家指導者等の座に在る限り、

在り得る訳も無い

南北融和等という美辞麗句を道具」に

「多くの韓国国民等を騙す」と「共」に

「国際社会も騙そうとしている」』。

『「極悪人が望んでいるのは、

先ずは、韓国支配」だ。

「その為には、米軍を遠ざけ、

時間と金を得て、

核・ミサイル等を出来る限り多く実戦配備する事」が

「合理的になる」から

「五輪も悪用して、その道を邁進している」のが

「北朝鮮の現状」だ。

「大量の核・ミサイル等実戦配備の脅しの下」で

「韓国の従北大統領等が

南北融和という美辞麗句の裏で売国・売国民すれば

極悪人による韓国支配が実現する事になってしまう」。

「韓国を支配下に置けた」なら

「次は、日本」というのが

「在日の母を持つ極悪人の実体」だ』。

『「極悪人と普通の状態の人間との対話や合意が成立する訳も無い」。

「極悪人が要るのは、他の者・物・事支配」だ。

「極悪人にとっての対話とは要求を突きつける機会以外の何モノでも無い」。

「要求以外の事態で合意等が締結されれば

簡単に反故にする」。

「それらは、実際に、既に、

北朝鮮劣悪国家指導者等が実際に行って来ている事に他ならない」。

「対話や太陽政策等では極悪人問題の早い解決は出来得ない」。

「もはや、北朝鮮問題が解決出来る時間は非常に短い」。

「極悪人」は「出来る限り早く、逮捕・排除・駆除等する」。

「当たり前の事」だ。

「もちろん、多くの北朝鮮国民が極悪な訳では無い」。

「極悪人の逮捕・排除・駆除等」は

「極悪人では無い人々の解放にも直結している」』。

『「戦時中の従軍慰安婦問題」を

「現在の女性人権問題等として悪用している裏」にも

「極悪人等の臭いが濃厚に漂っている」。

「従軍慰安婦問題を持ち出す事による日韓分断工作の臭い」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等による

先ずの、韓国支配の為」には

「米軍を遠ざけ、日韓を分断する事等」が

「合理的になる」』。

『「従軍慰安婦の実態」は

「従軍高報酬売春婦」であり

「当時は、売春は合法の{仕事}だった」。

「多くの男性の{仕事}が命がけの戦争殺し合いだった当時」に

「兵士が、

次に戦場に行き

命を落とすかも知れない前」に

「従軍高報酬売春婦のお世話になっていた」のが

「実態」だ。

「其処に、現在の女性人権ダケを持ち込む事の異常性」は

「もはや、明らか」だろう。

「戦時中の男性の人権等は何処に追いやっているのか???」

「従軍高報酬売春婦を問題にするなら、

責められるべきは、

売春を合法としていた事や

戦争の非人道性等になる」』。

『「当時の

意に沿わぬ、

朝鮮半島内朝鮮人従軍高報酬売春婦」の「実態」は

「以前にも記した」。

「貧困・借金等の事情故等のお金目的」で

「朝鮮人の親や兄弟や親戚等」が

「朝鮮人仲介人に売った」のが

「現実」だ。

「買った朝鮮人仲介人等」が

「売春の上がりをピンハネして儲けていた」のが

「現実」だ。

「{お客}は、

明日、戦場で命を失うかも知れない日本兵や将校等だった」のが

「現実」だ』。

『「朝鮮人の親・兄弟・親戚等に売られ、

朝鮮人の仲介人に売春の上がりをピンハネされていた

ピンハネされる前は将校より高報酬だった従軍高報酬売春婦」が

「現在では、北朝鮮劣悪国家指導者等により、政治利用されている」。

「その裏にある」のも

「差別と懐柔・有益分子化工作」だ。

「戦時中、従軍高報酬売春婦だった方々」が

「戦後朝鮮半島内でどの様な扱いを受けたのか?」は

「想像に難く無い筈」だ。

「八つ当たり等の対象とされ、

差別を受けた人々も少なく無い」。

「其処に、天使の如く登場した」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の息のかかった新興宗教団体や政治家等と言う場合」も

「決して、少なく無い」。

「上辺は天使的に、徹底した懐柔・有益分子化工作等を行う」と

「共」に

「裏では、政治工作の道具等として仕立てる悪業」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の得意技」で

「日本の拉致工作でも大いに用いられた悪の手法」だ。

「実質的に、マインドコントロールされてしまった元従軍高報酬売春婦たち」は

「資金・環境面等でも既に縛られてしまっている場合も少なく無く」、

「もはや、言われるままの政治j工作の為の操り人形とされてしまっている」。

「意に沿わぬ、朝鮮半島内朝鮮人従軍高報酬売春婦の実態」が

「上記の通り」なのだから

「実態を素直に反映した元従軍高報酬売春婦の本音」が

「全く別のところに在る事」等は

「少し考えるなら誰でも分る筈」だ』。

『「元従軍高報酬売春婦」が

「現在、政治利用されている事」等こそが

「現在の女性人権問題になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」に

「騙されたり、

懐柔されてしまったり、

有益分子化されてしまったり、

している人々」は

「出来るだけ早く、本来の自分を取り戻すべき」だ』。

『「悪魔に魂を売り渡したままの者たちの行き先」は

「永遠の恥辱に染まる道の上になってしまう」のだから・・・』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

昨日のNHKニュース(夜)では「人間を障害扱い」し「ジャニーズの反戦宣伝」等まで行っていたので本当に呆れた・・・。

『「今更、言うまでも無く、特定の状態にある人間を障害扱いしている現状人間社会・経済システム等の方を問題にするべきだ」。

「障がい者差別問題」は

「女性蔑視や人種差別や奴隷制度等々の問題」と

「同様の事態」なのだから

「問題とすべきモノを間違えてはいけない」』。

『「現状人間社会・経済システムの実態」は

「武力も含めた、他の者・物・事との比べっこ支配権・被支配権争い競争」であり

「其処に金権支配強いが付いている」。

「そんな人間社会・経済システム下」では

「競争を有利にし易い者・物・事等が

不当な程過剰に重用され易い反面」で

「競争を不利にし易い者・物・事等は

過剰なまでに厄介モノ扱い等され易い」。

「現状」では、

「特定の状態にある人間を障がい者とし、

障がい者とされた人々が

法的に守られる場合もあるが、

不当に厄介モノ扱い等される場合も少なく無い」。

「物質文明面でのバリアフリー化は促進されている」が

「精神文化面でのバリアフリー化は未だ未だ」だ。

「現状人間世界の元凶」である

「精神文化側の健常進歩・正常進化の遅滞による実害の一つ」が

「障がい者差別等問題」だ』。

『「古の時代」では

「主として、体力勝負の比べっこ支配権・被支配権争い状態だった」。

「当然の如く、

女性や子どもや身体的弱者等々、体力的弱者が、厄介モノ扱い等されていた」。

「物質文明の進歩・進化に伴って、

体力勝負の上に知力勝負が重なる様になる」と

「体力・知力の優位者が重用される様になる」。

「その反面で、体力・知力の劣位者は冷遇されていた」。

「例えば、女性蔑視は、近年まで続いていた」。

「元々、体力面では男性より不利な要素も多い女性に

知力の元にもなる高等教育等を受けさせなければ、

優位男性の不当特権の維持も容易という

実質的、悪巧み等さえも」が「露呈している」のが

「人類史の実態」だ。

「悪巧み等を実現させ、維持等し続ける為」には

「相応に不当な圧力等が必要になる」。

「圧力は強力な武器等を持ったり、利権等を集中させたり、

優遇特定集団等をつくる事等により、

容易につくり出せる」。

「優遇集団内に居る者たちの多くは、圧力維持に賛同し易い」。

「それが、不当なモノであっても」。

「強い武力を持ち、

合戦等に勝った、

特定極一部の男性に利権が集中させられ、

武力・知力比べっこ争いの間は、

男性を優遇させる圧力に多くの男性が賛同し続けていた」から、

「女性蔑視状態が続いていた」』。

『「武力・知力比べっこ争い」は

「先の大戦が終わるまで続いていた」』。

『「大戦後は、武力・知力比べっこ争いでは無く、

武力を後ろ盾に引っ込めた知力・経済比べっこ争いとなった」。

「原水爆を持ててしまった人類に、もはや、本気の武力比べっこ争いは許されていない」。

「武力を後ろ盾に引っ込めた知力・経済比べっこ争い上」では、

「知力・経済力のある女性も大いなる戦力となる」。

「しかし、比べっこ争いは変わらない」から

「武力を後ろ盾に引っ込めた知力・経済比べっこ争い上で、

大きな戦力とならない場合が多い者・物・事等を

厄介モノ扱い等する悪癖は是正出来ていない」。

「女性蔑視の障がい者版が行われている」のが

「現状」だ』。

『「比べっこ争いに基づく、

現状人間社会・経済システムや

金権等」が

「与えている不当圧力等が無ければ、

障がい者差別等の維持は困難になる」。

「何故」なら、

「本質」として「問題」なのは、

「特定の状態にある人間では無く、

特定の状態にある人間を不当に貶める事等だから」だ。

「問題がある」のは

「不当利権等を貪っている者たち等」や

「その悪事を実現し続ける為の圧力機構として使われている

性能の悪過ぎる精神文化製品である

現状人間社会・経済システムの方だからだ」。

「比べっこ争い」という「{麻薬}」が

「この実体を誤魔化し続けさせよう等としている」が

「多くの人間の精神構造」が

「乳幼レベル、或いは、獣レベルの比べっこ争い」から

「成人レベルの本質・快適探究」に

「健常進歩・正常進化する」なら

「本質に基づいだ快適をもたらす処理が行われる」のが

「当然になる」から

「{麻薬}も{麻薬」として機能しなくなる」』。

『「視聴者の精神構造の進歩・進化の役に立つ情報配信をすべく、

本質を探究し、

其処から論等を導き出す」なら

「本当に障害のある者・物・事等の是正にも繋がる」が

「酷い現状を大前提に、

現状不当利権等を維持し、或いは、維持させたまま、

優等生ぶり、正義ぶり、偽善論等を言う」と

「例えば、障がい者塔施設での大量殺傷事件を受けて、

{殺傷は悪だが、気持ちは分る}等の

醜悪な考え・思い等に対し、

{其れはダメ!}程度の事しか言えなくなる」』。

『「根本的に間違っている事」を

「根本的に間違っている旨等説明等出来ない様では、

今時の所謂、文系の仕事として必要十分な仕事が出来ているとは

到底、言えない」』。

『「人種差別や奴隷制度等」が

「ある程度以上に是正出来た」のは

「根本的悪を

根本的悪として

多くの人々が理解・把握出来たから」だ。

「特定の状態にある人間」を

「障害として扱っている現状人間社会・経済システム等」や

「人々等」は

「女性蔑視や人種差別等を行っていた人々と同様」で、

「根本的に悪い」。

「障害人間社会・経済システム」と

「考え・思い等が病んでいる状態の人々」の

「根本的悪」を

「是正する事抜き」には

「人類の長い~永い未来」は

「成立し得ない」』。

『「女性蔑視問題」や

「人種差別問題」や

「奴隷問題」等々も

「十二分に学んでいる筈」の

「所謂、優等生等」が

「学び取っている、或いは、覚えている」のは

「上辺ダケ・・・」という

「劣悪で醜悪な実態」が

「露呈している」。

「内実や本質等を学び取れている」なら

「上記程度の話しが出来ない訳も無い」』。

『「更に、

NHKなのにジャニーズや反戦等の宣伝」とは

「本当に呆れた」。

「今、一番戦争を恐れているのは金正恩等」なのに

「日本国内でタレント等を使って反戦運動等」とは

「その実体」は

「金正恩等の為の日本国内の情報工作等」になる。

「戦後の日本国内では、

戦争被害よりも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動による被害の方が

遥かに大きい」。

「今の日本の情報・教育等で強く訴えるべき」は

「戦前にこそ重要だった{反戦!}では無く、

今も続けられ、更なる、被害が積み重なっている

{反工作活動!}」だ。

「{反戦!}を訴えて

工作活動を利す悪業・愚業・自虐業」は

「いい加減に止めるべき」だ。

「特に、

公共の電波や公共的マスコミ等が、

そんな酷い業等」を

「行い続ける事」は

「直ちに止める、止めさせられるべき事になる」』。

『「北朝鮮労働党等のオトモダチ、旧社会党系人脈の者たちも少なからず居る民主党政権時等の

NHK人事等の

悪影響」は

「未だ、色濃い」。

「是正が急務である事は言うまでも無い事」だ』。

『「差別はダメ!」等と

「戦後居残り続けていた朝鮮人等にも

大いなる利権がからんでいる仕事等を

与える事等を

米国側から求められた

ジャニー氏等」は

「其れに応え、

日本国内に居残っていた朝鮮人等にも

芸能界の仕事等を

与えた」。

「利権を持てた朝鮮人等はより居残りやその後の帰化等が容易になった」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等が無ければ、

平和友好で済む、メデタイお話しかも知れない」が

「実際の戦後日本社会では、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等が

蔓延り続けている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等も数多く居る

戦後日本の朝鮮人系の者たち等に

多大な利権等をもたらした事」の

「実効」は

「戦後日本に居残り続けている

北朝鮮系の者たち等も含む朝鮮系の者たちの地盤の強化等」であり、

「工作活動(非人道的なモノも多い)等の旺盛化や

核・ミサイル等開発~配備等の迅速化等

だったりしている」。

「平和ボケ等は、戦前にこそ重要だった反戦!を今頃訴えて、北朝鮮等を利している」から

「性質が悪い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等なら、確信犯の悪」になる。

「拉致は氷山の一角に過ぎ無い」。

「酷い実効等に対する反省等がある」なら

「今、訴えるべき」は

「反戦!では無く、反工作活動!になる筈」だが

「ジャニーズのタレント等が行い、NHKが宣伝したのは、反戦!」だ。

「其処には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、情報工作員等の臭い」が

「充満している」』。

『「戦後のテレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界」や

「学校教育界」等には

「明らかな異臭が漂い続けて来ている」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、将棋等をダシに「現行経済システム上での集金頑張り」や「比べっこ上の勝ち」等を喧伝していたが・・・。

『「頑張る者が勝つ」とは「昨日のテレ朝朝番常連出演者等の発言」だが「自分に負けている者が他人との比べっこ上で勝った幻想を味わいたがっている」のは「劣悪」で

「何を頑張るか?」が「重大問題」だ。

「頑張りの実体」や

「重大問題」を

「黙殺したままの{上辺頑張る}喧伝」等では

「多くの視聴者の精神構造や

人間社会の精神文化」の

「健常進歩・正常進化」が

「誘われる訳も無い」。

「むしろ、

実体としては自虐的頑張りが行われ易くなってしまったり、

精神構造や精神文化の進歩・進化を阻害する悪効が出てしまい易い」。

「公共の電波を使って、そんな悪業を行っている者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「頑張る者が勝つ!」の「裏」には

「核・ミサイル等の開発~実戦配備」や

「他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「頑張り続けている北朝鮮劣悪国家指導者等の臭い」さえ

「感じられる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が勝つ

人類破滅をもたらす状態」を

「望んでいる」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等と相場は決まっている」。

「愚かで自虐的な他の者・物・事等まで巻き込む頑張り」は

「大迷惑以外の何モノでも無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、

過去から積み重ねて来ている極悪事故に

更なる大迷惑な頑張りを行わざるを得なくなっている」。

「頑張りの本質を問う」なら

「止めるべき・止めさせるべき頑張り」と

「頑張る価値のある頑張り」の

「はっきりとした区別」も

「容易になる」。

「頑張る論の始めには、

頑張りの本質を問う項」等が

「あるべき」だ』。

『「自虐になるか?否か?」を

「判別する為」には

「自分の実体把握が必要」だ。

「この意味からも、

人類誰もの実体である地球生命体細胞群という広義の自分と

その中の約60兆とも言われている細胞群人類個体である狭義の自分」を

「ちゃんと理解・把握しておく事」と

「広義の自分の根本的目的が存続である事」を

「ちゃんと理解・把握しておく事」は

「非常に重要」になる。

「自分や自分の根本的目的の実体把握が出来ている」なら

「自虐か?否か?」の

「判別は容易になる」』。

『「例えば、

丸ごと一人ダケの死生観・人生観や

現状の人間社会・経済システム等」の

「自虐性、つまり、自分の実体やその根本的目的との整合性の悪さ」も

「少し考えるなら、何処の誰でも解る」筈だ』。

『「整合性の悪い、つまり、性能の悪い、

自らの精神構造状態や

人類の精神文化製品である

現状の人間社会・経済システム等」を

「性能の良い精神構造や精神文化製品に進歩・進化させる事」も

「実体から科学レベルで整合性を高める事で可能になる」』。

『「自虐性を増大させる頑張りは迷惑」だが

「自虐性を是正する頑張り」には

「大きな価値がある」。

「迷惑は止め、勝ちのある頑張りを行う人々の数が増えれば増える程

人間世界の自虐度も下がる」のだから

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や

映画・音楽・小説・漫画・アニメ・絵画等々や

政治等、

所謂、文系の仕事をしている人々」なら

「人間世界の自虐度を下げる重要な仕事を

意識的かつ積極的に

頑張って行うべき」だ』。

『「逆に、

人間世界の自虐度を上げる迷惑な仕事???等を行っている者たち等」からは

「早々に、

過分な立場・報酬・権力等を取り上げ、

害の大きさによっては罪や罰を与えるべき」だ』。

『「広義の自分を存続~永続させる為に行うべき

当たり前の仕事」が

「其処に在る」』。

『「金権宣伝や比べっこ頑張り等のダシにされていた様相の将棋とは?」

「言うまでも無く、版上で駒を使って勝ち負けを争うゲーム」だ。

「其処に金銭的価値を付ける事を容認させている」のが

「現状の人間社会・経済システム」だ。

「将棋自体は、相応に構築度の高い洗練されたゲーム」だが

「其処に金銭的価値や社会的価値が付加されている事により

現状人間社会・経済システム由来の自虐性が付き纏う状態になっている」』。

『「将棋自体を行っている限り、実戦争や殺し合いは行わないで済む」から

「命がけの比べっこ争い等よりは、将棋は、遥かに、自虐度が低い」。

「現状人間社会・経済システム由来の

金銭的価値や社会的価値が付加されていない」なら、

「健常範囲の

比べっこという乳幼レベルの精神構造を基にした

代償欲求追及の道具」として

「実用」出来る

「相応に構築度が高められている洗練されたゲーム」だ。

「ところが、現状までの人間社会・経済システムには

大きな自虐性が在り、

その自虐性故に

不当な格差や貧困等、重大な問題が存在出来てしまっている」。

「その中で、将棋を利権構造化した将棋界が生まれている」。

「現状人間社会・経済システム上」では

「極一部の大金持ち等を除き、ほとんど全ての人々」が

「集金の為の労働等を強いられる状態になっている」。

「偏在させられているお金」に

「大権を持たせる事を是とさせられている代わり」に

「お金さえ持てば、あらゆる者・物・事等を手に入れ易い状態」等を

「得ている」のが

「現状の金権社会下の人間の実態」だ。

「お金さえ持てば、あらゆる者・物・事等を手に入れ易い状態」という

「麻薬」により

「偏在させられているお金という重大問題」を

「重大問題として考える事も出来ない状態にされている

多くの人間たち」は

「効率良くお金を集める手段・方法等の構築に熱心になる」。

「将棋に限らず、

多数のゲームも、

スポーツも、

映画・音楽・絵画・小説・漫画・アニメ等々も、

情報も教育も資格等々も

集金用精神文化製品化され、

集金用物質文明製品同様に

効率良くお金を集める為の道具にされている」』。

『「比べっこという乳幼レベルの精神構造」を

「保持している、させられている人間たちが多い

金権人間世界」で

「比べっこ」を

「集金道具化して使う事」は

「容易」だ。

「比べっこの勝者に賞や賞金等出すゲーム等を行い

多くの観客やスポンサー等を集めたり、

テレビ・ラジオ等に放送権等を与えたり・・・すれば良いダケ」だ。

「観客等は、

贔屓の選手やチーム等に

自らを投影・転嫁等し

自らの中の比べっこ精神構造上の

代償欲求を充足させよう・・・とする」が

「代償欲求には充足が在り得ない」ので

「代償欲求の追及を連綿と続ける状態に陥り易い」。

「こんな人間世界の状態」なら

「サッカーや野球等々、

ある程度以上の観客等を掴んだ

集金道具化された界」が

「金満状態を維持し易い」のも

「当然の現象」になる。

「観客等」とは、

「元々」が、

「お金」に

「強い興味を持ち、或いは、持たされた

比べっこ精神構造の代償欲求の追及に奔走させられている状態」の

「人間たち」だ。

「そんな状態の人間たち」の

「大金信仰心は強烈」だから

「象徴的選手等を金満状態にする事等により

集客もより容易になる」』。

『「所謂、平和状態の先進諸国」では

「多数の集金界ゲーム等々で、上辺は華やか」だが

「劣悪独裁国家等になると、そんな現実逃避受け皿産業等も不十分になる」。

「其処で、劣悪独裁国家の劣悪国家指導者等は

他国より強い!等と虚勢を張り続ける為に

核・ミサイル等の開発~実戦配備等や

他国内での乗っ取り支配工作活動等」を

「支配下人民やその協力者等に行わせ続けたり・・・している」。

「南北融和により

北朝鮮の核・ミサイル等開発~実戦配備や

対韓・対日工作等が弱められる訳も無い」。

「在日の母を持つ金正恩政権を未来永劫正当化し続ける為には

金正恩政権による日韓支配が必需になる」。

「極悪事を積み重ね続けて来ている金政権等との対話は無駄だ」。

「極悪人は逮捕・排除等する」のが

「極悪人に更なる罪を重ねさせず、

更なる被害者等を出さない為の王道」だ。

「極悪人を放置し、逮捕・排除等しようとしている側を貶したりする」のは

「人類滅亡を招いている者たち等になる」』。

『「人類滅亡の時までの時計」が

「後2分」とまで

「喧伝されている現状人間世界の寒過ぎる実態」の

「本質」は

「多くの人類の未熟な精神構造」と

「それに伴う人間社会の未熟な精神文化」に

「他ならない」のに

「正義ぶって、脅し、嘆くダケ・・・」とは

「其処にも、所謂、文系の劣悪な仕事ぶり」が

「露呈している」。

「そんな事をしている暇がある」なら

「人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる為の役に立つ情報配信等を行うべき」だ』。

『「極悪人は、早々に、逮捕・排除等する」。

「人間世界の精神文化を健常進歩・正常進化させる為」に

「多くの人間の精神文化を健常進歩・正常進化させる為の役に立つ

重要な仕事を

意識的、かつ積極的に行う」。

「それらは、今の人間世界に求められている重大事」だ』。

『「将棋」は「悪者では無い」。

「むしろ、有用な道具」だ。

「将棋界」も

「他の多くの界同様、

現状人間社会・経済システム故」の「現象に他ならない」から

「特定の界を悪者扱いしても仕方無い」。

「重要な事」は

「余りにも、出来の悪過ぎる、性能の悪い、

現状の人間社会・経済システム等の

人類の精神文化製品」を

「性能の良い精神文化製品に

健常進歩・正常進化させる事」だ。

「その為に、出来るだけ多くの人類の精神構造」を

「健常進歩・正常進化させる事」だ』。

『「将棋界等をダシ」に

「現行金権システム上等での比べっこ頑張り等を

公共の電波まで使って喧伝等する事」が

「多くの視聴者の精神構造の健常進歩・正常進化の役に立つのか!」

「むしろ、多くの視聴者の拝金心理を増大させ、健常進歩・正常進化を阻害している」のが

「実態」だろう』。

『「人類滅亡時計を進めている様な、実質的、悪者たち等」を

「公共の電波上等で重用し続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「火山脅し」や「代理母出産の宣伝」等を行っている番組が多いが・・・。

『「本白根山」という「想定外の場所」からの「水蒸気噴火」が「起きた」が、

「現状の想定」とは

「地球環境極端化前までの過去の実績ライン上」だから

「想定外と言う」よりは

「現状までの人間社会・経済システム等がもたらした

地球環境温暖化等による

地球環境極端化故の現象」とでも

「言うべき」だ。

「カナダでも大地震が起き、

フィリピンでも火山が爆発し、その後の大地震まで予想されている」。

「今後」も、

「世界中」で、

「雪雪崩的に、

極端気象等故の現象が

どんどん露出し易くなる状態」は

「当分続く事になる」が

「元々は、現状までの人間社会・経済システム等故」だ。

「逆から言えば、

元の是正こそが肝要である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」が

「未だに、

多くの人々が、

特に、

この手の問題に関して、

リーダー的情報配信・教育等を行う立場にある者たちの多く」が、

「肝心要」の

「元の是正を強く訴える事等」を

「怠り続けている」のだから

「本当に呆れる」。

「何れにしても、

現状までの人間世界の終わりの時代」が

「確実に訪れて来ている」。

「次世代人間世界への進歩・進化」に

「失敗する」なら、

「人類は近々滅亡する事になる」』。

『「現状人間世界を終わらせる事に直結している人類の実行動等」も

「至るところで露出している」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が核・ミサイル等を大量保持しようとしている事」を

「容認し続ける」なら

「近々、人類は破滅する事になる」。

「トランプ大統領等による政策がどんどん実現して行く」なら

「人類は、破滅に至らない現状人間世界の破壊」を

「行う事になり、

現状人間世界破壊後に

次世代人間世界の構築が可能になる」。

「次世代人間世界への軟着陸を実現させるべく

全世界レベルで

本気で

実効のある情報・教育改革等を行う」なら

「次世代人間世界への軟着陸も可能だった」が

「今や、既に、時遅過ぎて・・・状態」だ。

「この意味から」は、

「現状までの情報・教育界や政界等、所謂、文系の仕事をしていた者たち等」の

「責任は、非常に大きい事になる」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の者たち等や

大学教授等も含む学校教育界の者たち等はもちろん、

映画・ドラマ・音楽・小説・漫画・アニメ・芸術等々の{仕事}をして来た者たち」の

「責任」は

「非常に大きい事になる」。

「未だに、本気で是正しようともしていない状態」は

「本当に、救い様の無い状態」だ』。

『「優等生ぶっているテレビ常連出演者等」は

「想定外の噴火」を「受けて」、

「御嶽山の噴火を受けた対策と同様のシェルター対策等」を

「訴えていた」が

「対策を想定されている場所に行うダケでもかなり困難」で

「ましてや、想定外の場所全てに直に行う事」は

「実質的に、不可能」だ。

「絵に描いた餅」で

「優等生ぶり、正義ぶれている

裸の{王様}」が

「自らが裸でしかない事に気づくのは何時の日か?」

「今、大声で訴えるべき事」は

「人類の物質文明側の進歩・進化に対して

余りにも、遅れ過ぎている

人類の精神文化側の進歩・進化の役に立つ情報配信」だ。

「例えば、

物質文明側の進歩・進化は、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事によって

実現し続けて来ている」のだから

「同じ事を精神文化側でも行う」等の

「情報配信」だ。

「具体例として、

自分の実体把握や

死生観・人生観等」から

「始めれば良い」。

「そもそも、

現状までの人間社会・経済システム等の自虐性」も

「自らの実体さえ満足に理解・把握出来ていない者たち等が内在させている

膨大なストレス等の

個体意思外押しつけ等から生まれている」。

「多くの人類が自分の実体を

科学レベルで十分に理解・把握する事の

実効は大きい」。

「自分の実体をちゃんと理解・把握出来た」なら

「死生観・人生観」の

「現実との整合性」も

「高くなる事になる」。

「多くの人々の死生観・人生観の現実との整合性が高くなれば、

必然的に

人間社会・経済システム等も

現実との整合性がより高いモノに進歩・進化させられる事になる」。

「今、人類が行うべき大事業を行わない劣悪者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「自分たちのDNAを残したい・・・」と

「代理母出産を選択した者たち等」を

「公共の電波上等で大宣伝する悪態」も

「未だ、是正されていない」。

「そんな事を行っている暇がある」なら

「個の保存では無い、種の保存である人類の世代交代の実体・実態等」を

「情報配信するべき」だ。

「父・母のDNA部品が、

DNA部品として、

混ぜられ、

合計半数が、

選択的に使われる事」で

「誕生する子」とは

「父・母とは別人格の別人以外の何モノでも無い」。

「代理出産で別の母に育成される受精卵」が

「代理母の胎内で

必要と感じ

発芽させる

遺伝的体質や特性等」は

「代理母由来のモノ」だ。

「代理出産」とは、

「代理母という第三の親も{参加}する

三親共同による

子造り」に他ならない。

「そして、産まれて来る子」は

「三親の誰とも別」の

「別人格の別人」だ。

「別人格の別人」に

「過剰な程に、自らの延長線等を感じたがる考え・思い等を生み出している」のは

「その個体の本質的自信の喪失」だ。

「生物個体の本質的自信」は

「生物個体の実体や実体の本来の目的」を

「本質的に満たす健常・正常行動等の蓄積により得られ続ける」。

「本質的自己健常制御が重要な理由は其処に在る」。

「ところが、

現状人間社会・経済システムや

丸ごと一人の死生観・人生観等々の

現実離れが激しい思想信条等に毒される」と

「人は、容易に、本質的自己健常制御状態を失う状態に陥り、

その酷い状態を継続し易くなる」。

「本質的自信の喪失は当然」となり、

「本質的自信を喪失した分だけ

その代償を追及する状態に陥り易くなる」。

「自らが、

既に、本質的自信を喪失させる

本質的不健常な事を行っている」のに

「他の者・物・事等にそんな自らを認めさせる事等により

自信や自己承認感等を得続けよう・・・」としたり、

「自らと、子や子孫や同じ仲間等や同じ民族や同じ人種等を同一視し、

自らの思い等をそれらの者たち等に投影・転嫁等する事により

自己保存感や自己継続感等を得続けよう・・・」としたりする

「状態に陥り易くなる」。

「狭義の自分の現実離れした考え・思い等により

他の人々や広義の自分の健常状態等を損ねさせる

更なる、悪態・悪行により

自らの不健常状態を誤魔化し続けようとする

超自虐」等を

「知らず、知らずの内に行ってしまっている人々の数」は

「未だ、未だ、多い」。

「こんな状態」は

「全人類が本気で早急に是正すべき事以外の何モノでも無い」』。

『「不健常状態を是正せず、

悪戯に時を重ねる」なら

「至る所で破綻が露出する事になる」。

「地球温暖化による極端気象や天変地異等」も

「人間社会の

現状経済システムや

その恩恵を強く受けている極一部の者たち等の為」の

「グローバル化」や

「その反動の保守化」も、

「極悪国家指導者等」の

「保身」や

「支配地域・人民拡大の為」の

「核・ミサイル等開発~実戦配備や

他国内工作活動等」も、

「破綻現象の氷山の一角」だ』。

『「現状のまま、人間世界が時を重ねる」なら

「破綻現象の氷山の元までもが、露出して来る事になる」。

「極悪国家指導者等を存続させ続ける」なら

「人類は破滅する」。

「現状経済システムを維持し続けようとする」なら

「グローバル化の反動の保守化の先に

破滅に至らない破壊が生まれる」。

「何れにしても、

元まで露出した氷山は崩れ去り、

新たな人間世界の構築が必要になる」が

「破滅の場合には、それも無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題」は

「人類破滅を避ける為にも、

早々に片付けるべき事」だ。

「現状経済システム」は

「本来なら、少々前から、意識的かつ、積極的に、是正して来るべきモノだった」が

「もはや、是正で事を収めるには時が遅過ぎる」。

「現状で出来る事」は

「破壊後の次世代人間世界構築をよりスムーズに行う為の準備等になってしまっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者問題を早々に片付ける」なら

「その後、

人類は、

破滅に至らない破壊に

自らを導く、

或いは、

自然と、導かれる

事になる」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ。

「次世代人間世界への軟着陸」を

「大いに阻害した悪」が

「其処に在る」』。

|

昨今の記事等が{痛い}からか(?)筆者に対する工作が更にお旺盛になっているが・・・。

『「出先の医院等の待合室では、筆者が訪れた後、程なく、工作員と強く推定される者(女性)が表れ、スマホを操作」、

「すると、待合室の換気扇・エアコン等や外のその建物の集合電気設備等の方向」から

「強い工作電磁波(実態・実体は他の記事をご参照下さい)」が

「筆者に向かって照射される状態になった」。

「設備機器関連に潜り込んでいる、或いは、確信犯の工作設備関連業者等の者たち等」が

「至るところに仕込み回っている工作電磁波発生ソフト・回路等」を

「工作員が実用」し

「ターゲットに粛清工作等を行う実態」が

「露呈している」。

「もちろん、工作電磁波の存在を知っている筆者」は

「工作電磁波が当てられる状態になった時、直に、体勢を変えたり、居場所を変えたりした」から

「実害は出ていない」。

「しかし、必要な対策抜きでは、実害が出ても不思議の無いレベルの工作電磁波」と

「強く推定される強い工作電磁波だった」から

「実害が出てしまっている人々も少なからず居る可能性がある」。

「実害が発生するレベルの強い工作電磁波を発生させる事が出来てしまう状態の機器等」が

「街中に仕込まれ続けて来ている事」を

「放置し続けて来ている日本政府・与党・警察等々」の

「異常な程の危機管理の甘さ」は

「非難されて然るべき事」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等」なら

「積極的に告発等していて当然の事」だ』。

『「筆者の部屋」は

「随分前から、工作電磁波対策をし続けて来ている」。

「工作電磁波が強化される度に、対策も強化する」の

「繰り返し」だ。

「手間も時間も金もかかる」ので

「大迷惑」だが

「対策のお陰で、工作電磁波による実害は防げている」。

「本日、またまた、上方向で、工事等の音がした」ら

「筆者に向かって照射されている工作電磁波も強化された」。

「今は、

対策故に工作電磁波が当たると発生する

大量のマイナスイオンに包まれて、

このブログを記している」。

「リラックス効果は抜群」なのだが、、

「元々、ストーブもエアコンも使わず、コタツだけで暖を取っている筆者にとって」は

「寒過ぎる状態」と

「成ってしまっている」。

「早く、

工作員等も雨散霧消した

暖かい春になれば良いのだが」』。

『「確実に言える事」は

「戦後の日本国内には

非人道的な粛清工作等まで行い続けている

工作員やその協力者等」が

「少なからず居る事」だ。

「日本国民の安全・安心の為」には

「それらの工作員・協力者等の徹底摘発」が

「合理的になる」。

「何時までも、戦前~戦中の日本の体制等を持ち出して、

その対策を行わせない事」は

「実質的に、それら工作員・協力者等を応援・支援等している事になる」』。

『「実質的、売国奴・売国奴たち」は

「直にでも心を入れ替え、考え・思い等を健常化・正常化するべき」だ。

「非人道的な粛清工作等を仕掛けている側からすれば

戦前~戦中等の日本の体制等を無理やり現在にまで持ち出して

悪戯な批判・非難等を行う事」で

「現状で必要になっている対策等を行わせない者たち」は

「有益分子」だ。

「現状では、有益分子には、強い粛清工作はかけない場合が多い」が

「日本乗っ取り支配度が高まれば高まる程、

日本人である事自体を不適応分子とする面が

強く表に出て来る事になる」から

「強い粛清工作等を放置する」なら

「何れは、強い粛清工作の犠牲者になる事になる」。

「同朋の日本人を売り、自らにも強い粛清工作を招いている

愚かで劣悪な考え・思い等」を

「仕込んだのは、何処の誰たち等か?」を

「検証したり、思い出したりする」なら

「戦後の日本社会にスキルス癌の如く潜り込んでいる悪者たち」の

「正体や手口等を見極めたり、

悪者たちの操り人形状態から抜け出す事」等も

「困難では無くなる」』。

『「悪者等の操り人形状態から抜け出し、

本来の自分を取り戻すべき

日本国民の数」は

「未だ、多い」』。

『「本来なら、情報・教育等」が

「積極的に、

脱悪者等操り人形の手助けを行っているべき」だ。

「本来の仕事を行っていない」ばかりか

「北朝鮮の核・ミサイル等の大宣伝等」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等が一番恐れている戦争」や

「北朝鮮の核・ミサイル等」による

「日本国民脅し」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等の賛美」等まで

「行い続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等として明らかに異常」だ。

「異常なモノの裏には、

異常状態を無理やりつくり出し続けて来ている悪者等が居る」と

「強く推定出来る」。

「それなのに、

選挙も無い、

故に、人脈交代も無い、

故に、異常状態の是正も無い、

のが

戦後日本のテビ・ラジオ・マスコミ界」だ。

「毎日、何処の局でも、同様の顔、同様の論調ばかりが主流」・・・。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界実権者同士の実質的、談合情報配信により

視聴者・読者等を操り続けようとし続けている」・・・』。

『「もちろん、こんな状態をこのまま蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「北朝鮮等の工作員・協力者等の問題共々、

戦後日本の情報・教育界等の問題の是正」は

「急務」だ』。

『「北朝鮮等の工作員・協力者等を警察等に徹底摘発させ

工作活動被害・犠牲等を無くす

大勢の人々の民意」や

「異常な情報・教育等にはダメ出しをする大勢の人々の民意」等々が

「実際に生きていてこそ、民主主義社会の国と言える」。

「戦後の日本」は「長い間」、

「実質的に、テレビ・ラジオ・マスコミ等と学校教育等によるファシズム状態だった」。

「ネットの普及により、是正傾向が出て来た」が

「未だ、不十分過ぎる」。

「だから、

未だに、

北朝鮮等の工作活動等までもが

日本社会で蔓延れている」。

「其処に在る」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等への

日本国売国や日本国民売等であり、

一般日本国民の安全・安心では無い」。

「金や異性や弱みを掴まれた事等による脅し等々に

屈している者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

|

テレ朝朝番では「金正恩等賛美」等を行っていた常連出演者等が「金正恩等が最も怖がっているのは融和戦略」等と「饅頭怖い落語の北朝鮮版」等を喧伝していたが・・・。

『「饅頭怖い!」と「怖がる者」に「面白がって饅頭を与える」と「怖い!怖い!」と「言いながら饅頭を食べる」。

「更に、もう一つ!」とは

「お笑いだから面白おかしい話し等で済む」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「融和戦略等を怖がっている」等と

「嘯く者たちに乗せられて、

北朝鮮劣悪国家指導者等に融和戦略等を仕掛ける」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「更なる時間や資金等が得易くなった事等」を

「怖がる訳も無い」、

「ばかりか、

北朝鮮の核・ミサイル等の開発~実戦配備や

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」が

「より増大等させられてしまう」のだから

「面白可笑しい話し等で済む訳も無い」』。

『「金大中時代の太陽政策により

北朝鮮国民の多くが所謂、西側諸国等の情報を得られ

北朝鮮劣悪国家指導者等を

劣悪では無い者等に

挿げ替える事が出来る状態になっていた」なら

「現状の北朝鮮劣悪国家指導者等の問題は無い事になる」。

「実際」は、

「太陽政策により太った」のが

「多くの北朝鮮国民が得られる、西側も含む、情報等では無く

劣悪国家指導者等の利権維持の為の核開発や軍備増強だった」から

「北朝鮮問題はより深刻化し続けて来ている」。

「金大中時代でも現在」でも、

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題は太陽政策ではより深刻化するダケ」だ。

「カルト宗教信者状態の北朝鮮国民」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等こそが正しく、強く、信じられる等々」と

「現実離れし過ぎている実態を{信じさせられ}続けて来ている」が

「そんな実質的、カルト宗教信者が

実体や事実・現実を

ある程度以上

必要十分な範囲で

ありのままに認められる状態になるまでに、

いったい、どれ程の時間が必要になるのか!」

「少々の情報流入や交流等レベルでは

カルト宗教信者状態の者たちを

普通の状態にまで快復させる事等は

本当に困難だ」。

「徹底した情報流入や交流等の実現」を

「十二分な核・ミサイル等を保持する前の

北朝鮮劣悪国家指導者等が許す訳も無い」。

「北緒戦劣悪国家指導者等が

他の全ての国々を脅し続けられる程の十二分な核・ミサイル等を保持出来てしまうなら

徹底した情報流入や交流を認めたところ」で

「全世界を脅し続け

保身や利権の維持~増大等を行える事になってしまう」。

「政権交代の無い独裁者等が大量の核兵器等を持ってしまう事による

全世界の苦難状態」が

「生まれてしまう事になる」』。

『「現況でも、

韓国乗っ取り支配がある程度以上実現出来てしまっている状態の

北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「次に、乗っ取り支配をある程度以上実現させようとしている」のは

「日本」だ。

「何しろ、金正恩の母親は在日朝鮮人」だった。

「金正恩政権が正当性を保ち続ける為」には

「金正恩政権による日韓支配が必需になる」。

「それは、独裁王朝政権故の必然」だが

「北朝鮮金政権が民主化するなら

其れこそ、直ちに過去の罪が問われる状態に陥る事になるから

北朝鮮金政権は独裁王朝政権状態を続けざるを得ない」。

「核もミサイルも他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等も

北朝鮮金政権が独裁王朝政権を続ける為の

必要道具に他ならない」。

「上記の様な実体を持つ

北朝鮮金政権等に対し

一般人間世界側が

其れこそ、世界中から、

圧力をかけ、是正を求めたところで

北朝鮮金政権が是正行動等を起こす訳も無い」。

「保身と利権の維持j~増大の為の必要道具である

核・ミサイル等の開発~実戦配備や

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

何としても続けようとするダケ・・・になる」。

「太陽政策や融和戦略等」は

「{泥棒に置い銭}以外の何モノにも成らない」。

「北朝鮮金政権に対する実効のある手段」は

「先ずは、

軍事力の行使による核・ミサイル等の無効化」であり

「その後の、

元が消失する事による他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の

雨散霧消化」になる』。

『「韓国平昌五輪をダシにした南北融和戦略」の

「結果」は

「既に、見えている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が保身や利権の維持~増大の為の

核・ミサイルの開発~実戦配備や

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

より旺盛に行う事になるダケ・・・」だ。

「北朝鮮金政権自体が内包している根本的理由故に

出来る訳の無い核放棄等の

上辺での話しくらい・・・は出来る事があるかも知れないが、

内実としては、

北朝鮮の時間と資金等稼ぎに悪用されるダケ・・・になる」』。

『「人類破滅を望まない」のなら

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「一刻も早く片付けるべきだ」』。

『「それなのに、

未だに、

日本の中の

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「日本の公共の電波上等」でも

「北朝鮮が一番怖いのは融和戦略等の旨」等の

「実質的、嘘、もしくは、北朝鮮劣悪国家指導者等の為の論」等を

「喧伝したり、出来たり、・・・している」のだから

「本当に、酷い」』。

『「そんな事が出来てしまっている裏に在る」のは

「テレビ界等の実権者人脈の問題」と

「強く推定出来る」。

「つまり、戦後日本のテレビ界等の裏」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下状態等の

実権者等が居る事になる」。

「弱みを握られているからか、

金や異性等を与えられているからか、

確信犯の北朝鮮劣悪国家指導者等系の者なのか、

・・・等々は良く分らない」が

「何れにしても、酷い実態が露呈している事」は

「テレビ界等の現実」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「工作活動&核ミサイル等の脅しによる北朝鮮の韓国乗っ取り支配策略」を日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が賛美等していた様相だったが・・・。

『「韓国従北政権化工作に成功し、IOC等有益分子化工作にも成功した様相」の「北朝鮮劣悪国家指導者等」にとっては

「韓国平昌五輪」を

「北朝鮮支配下の韓国の五輪」と

「改変する事」等など

「容易い事」なのだろう。

「もはや、平昌の冬季五輪」は

「北朝鮮による韓国乗っ取り支配策略の為」の

「道具に過ぎ無い状態」だ。

「それを、日韓内等の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「南北融和」等と

「北朝鮮に利をもたらす様に、宣伝等している」』。

『「事の実体から報道等する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等による

韓国乗っ取り支配策略の為」に

「冬季五輪が悪用されている」。

「韓国内の従北政権化工作や核・ミサイル、戦争等の脅し」により

「韓国が従北政権化されてしまった事」が

「その元凶でもある」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等に有益分子化されてしまった

韓国の政権や

IOC等」の

「脆弱性」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の増長を助け、

国際社会の危機を増大させてしまう

重大問題だ」。

・・・「等々となる」のが

「普通」だが』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の悪の手口」は

「単純」だ。

「主として、日韓内等、他国内にいる北朝鮮劣悪国家指導者等の手下化出来る人々を悪用」し

「主として、日韓内等、他国の中から工作活動で崩して行く」。

「それと共に、核・ミサイル武装等する事」等により

「是正対策や工作活動排除等を阻害し続ける」。

「その結果として、やりたい放題の粛清政治等を可能とし、

更なる利権集中を図る」。

「元々、他国内の工作活動がベース」なので

「国際的経済制裁等の圧力への対抗も相応に容易」だ。

「国際社会が北朝鮮に経済制裁を与えても、

主として、日韓内等、他国内に少なからず居る

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等への

経済制裁は無い」。

「裏で、迂回ルート塔を通じ、実質的、手下等から

資金・情報・技術等々を巻き上げる事」は

「相応に容易」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題を実際に解決する為」には

「軍事オプションの行使」等により

「北朝鮮劣悪国家指導者等自体を排除する方法が一番合理的になる」。

「散々の悪の実績を積み重ねて来ている陰険なナチス・ヒトラー」との

「対話」が

「成り立つ訳も無い」。

「今回の平昌五輪」でも

「北朝鮮劣悪国家指導者等の要求」を

「韓国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」が

「要求通りに成立させるべく、

如何にも、韓国側から希望しました」等々の

「上辺を繕っているダケ」だ。

「結果、平昌五輪は

北朝鮮劣悪国家指導者等に更なる資金と時間を与える為」の

「道具されてしまっている」』。

『「東西ドイツが統一出来た」のは

「どちらも劣悪国家指導者等の支配下の国では無かったから」だ。

「合理的、現実的な判断が出来る国家指導者と国民故」に

「東西ドイツの統一は実現出来た」。

「現状の北朝鮮」は

「劣悪国家指導者等の下で

北朝鮮国民はカルト宗教信者状態に追いやられ、

主として、日韓内等、他国内での

北朝鮮劣悪国家指導者等が手下化出来る人々による

工作活動(非人道的なモノも多い)等も旺盛」で

「国際社会が経済制裁までしてダメ出しをしている核開発等も止めず」、

「北朝鮮国民の公開処刑や粛清等は枚挙に暇が無い」ばかりか、

「他国民の拉致や

大韓航空機の爆破や

他国内での爆破テロ・化学兵器テロ」等々の

「極悪事を積み重ね続けて来ている

とんでも無い状態」だ。

「極悪人との話しが通じると言う」のは

「極悪人の手下やお仲間等」と

「相場は決まっている」。

「普通の人間世界」では

「極悪人は、逮捕し、罪を問い、罰を与える」が

「常識」だ。

「常道を逸脱している者たち等」が

「極悪人を増長させ、北朝鮮問題をより深刻化し続けて来ている」。

「ナチス・ヒトラー支配下のドイツとの対話が成り立ち得なかったのと同様」に

「陰険なナチス・ヒトラー的実態を露呈している北朝鮮・北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」は

「無駄」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」を

「賢い、ずる賢い等」と

「実質的に、賛美していた常連出演者等」は

「本当に、どうかしている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等について言う」なら

「散々の極悪事を積み重ねて来ている極悪人等」が

「実体通り、実態通り」で、

「適切」になる。

「其処に在るのは、賢さやずる賢さ等では無い」。

「極悪人故の数多くの他人まで巻き込んだ超自虐」だ』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実施的、手下等」には

「上辺に現れる共通点がある」。

「トランプ大統領や安倍政権に対する批判・非難等が旺盛」で

「反米感情等煽りも旺盛」だ。

「逆に、中・ロ・韓・北朝等へは甘く、優しい」。

「東西冷戦時には、日本の中にも、東側贔屓の者たち等が少なからず居た」。

「例えば、

旧社会党等と北朝鮮労働党とのオトモダチ関係等や

旧ソ連の多大なる支援の下の日本共産党等」の

「話し」は「有名な話し」だ。

「オトモダチや支援を受けた者等」が

「その後、その元とスッパリ切れるのか?」は

「言うまでも無い事」だろう。

「異常な終戦処理」や

「朝鮮戦争等」により、

「日本国内に、多数の朝鮮人が居残れる状態が出来てしまった事」と

「オトモダチ関係」等を

「北朝鮮劣悪国家指導者等が悪用した事」により

「日本の中にも、数多くの北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が居て、

日本の中で、北朝鮮劣悪国家指導者等の為の工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続けている」。

「それが、現状日本の寒過ぎる現実」だ』。

『「本来の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「この寒過ぎる現実を是正する為に役立つ情報配信等を行う」のが

「当然」だ。

「ところが、戦後日本の情報・教育界等」は

「米軍の占領政策により、

所謂、左翼系の者たちや朝鮮系の者たちが重用された」。

「そして、情報・教育界には選挙も無い」から

「人脈交代も無い」。

「例えば、親北朝鮮系の情報・教育界の実権保有者等」は

「自己正当化の為にも、親北朝鮮系の者等に後を継がせたがる」。

「雇用・採用等の段階」で

「この選別が働いている」から

「戦後日本の情報・教育等」では

「例えば、親北偏向・偏重情報・教育等が蔓延り続けて来ている」。

「戦後日本の情報・教育界等」には、

「北朝鮮のオトモダチもゾロゾロ居る」。

「公共性が高い、実権お大きい、影響力も大きい、仕事」なのに、

「選挙も無い、人脈交代も無い事の重大害」が

「其処に露呈している」』。

『「特定の事件・事故等を偏重して取り上げたり、

トランプ大統領や日本の与党等を批判・非難等して、

正義ぶっている

内実、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」を

「何時までも、

日本の公共の電波上や

公共的マスコミ上や

学校教育上等々」で

「蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「特定極一部の者たちばかり・・・が常連出演という異常事態」は

「即刻にでも是正する、させられるべき事」だ。

「論調も同様」だ。

「例えば、

日本の中」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等の

徹底摘発」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、工作員・協力者等の

徹底摘発」等の

「日本国・日本国民の安全・安心等の為には、

大々的に訴えられていて当たり前の論」の

「黙殺状態」は

「明らかに異常」で

「直にでも、是正する、させられるべき事」だ』。

『「情報・教育界等で、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の状態を露呈している者たちに問う」。

「きみたちはどう生きるべきか?」

「何時までも、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等を続けるのか!」

「自らの過去の罪等を告白等し、

知り得ている他の者等の罪を告発等し、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態から抜け出すのか!」

「日本の情報・教育界等で生き残るべきは後者である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、高額所得者の常連出演者等が「大相撲」や「茶碗鑑定」等をダシに「金権免罪符圧力の維持~増大」等を蔓延らせようとしていた様相だったが・・・。

『「今更、言うまでも無く、現状の経済システムや金権社会等」とは「非常に出来の悪い精神文化製品」だ。

「そんなモノを蔓延らせ続ける」なら

「人類は確実に滅亡する」。

「逆から言えば、今時の教育・情報等の仕事で重要な事」は

「現状の経済システムや金権社会等々、出来の悪過ぎる精神文化製品」を

「少しでもマシな精神文化製品に進歩・進化させる為」に

「力を加える事」になる。

「それなのに、

現状社会・経済金システム上で

有名人利権まで持つ高額所得者等」が

「自らが保持出来ている利権」を

「維持~増大させる為」に

「実質的に、力を加えている論」等を

「公共の電波を使って

一方的に大量配信していた」のだから

「本当に、酷い」。

「公共の電波を使って、人類滅亡方向に力を加えてどうする?」

「本質的、悪者たち等」を

「テレビ・ラジオ・マスコミ上等や学校教育上等」に

「蔓延らせ続けている自虐」は

「早々に是正する、させるべき」だ』。

『「そもそも、現状の人間社会・経済システム等」の

「根本的問題点」は

「それらが、多くの人々の依存心理の上で創り出されたまま・・・になっているところ」だ。

「古の時代、科学レベルで理解・把握出来ていた事が本当に少なかった時代の人々」が

「他人より強い者」や、

「綺麗に思え滅多な事では姿を変えない希少な金や石等々の物」や

「納得心を強める為の宗教や儀式等の事」等々に

「依存」して

「人間社会システムを創り出した」のは

「ある意味、必然」だが

「そのベース」を

「科学レベルで理解・把握出来た物事等々が十分に在る現在でも

十分に進歩・進化させていない事」は

「明らかに異常」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の偽善者たち等が

優等生ぶり、正義ぶり、

批判・非難等している

現状人間社会・経済システム上の小既得権益」より

「遥かに大きな、批判・非難等すべき重大な既得権益」が

「其処に在る」。

「小既得権益を批判・非難等する事等により

大既得権益上で過分な報酬・権力等を得、

それを基に、

他の人々からのお墨付きを得たり

他の人々からお墨付きを得られる様に他の人々を支配・コントロール等し続けよう・・・等としていたり、

・・・する

本質的、悪者たち等」を

「蔓延らせ続ける」なら

「それ程遠く無い近未来、人類は確実に滅亡する」』。

『「科学レベルで理解・把握出来た物事等が圧倒的に少なかった

古の人々とは違い

今時の多くの人々」は

「科学レベルで理解・把握出来る物事等を

其れこそ、山ほど持てている」。

「例えば、

多くの人々は、

誕生・死の実態」が

「細胞ごとの実現象である事も理解・把握出来ている筈」だ。

「古からの丸ごと一人ダケの死生観・人生観」では

「現実との整合性が悪い」から

「今、この瞬間にも、生きている世界中の人々なら実体験している死」さえも

「恐れる事等が出来てしまい、

其れに伴い、

丸ごと一人の霊や

あの世等々の

更なる現実離れした概念までをも生み出し、重用しよう・・・と

もがき苦しむ事等も出来てしまう」。

「人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがる」が

「生きている人の実態」は

「今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している

約60兆とも言われている細胞群である現実」を

「理解・把握している」なら

「死を恐れたり、死に関する実質的、妄想等に溺れている暇がある」なら、

「生きる事の意味や

どう生きるか?等々」を

「ちゃんと自分の実体から整合性を取って考え、

それを実際の人生に還元する事等々」を

「実践した方が

遥かに、本質的に豊かな人生が送れる事」等も

「直に分る」。

「多くの人類が、ちゃんと自分の実体から整合性を取って人生を考えたりする」なら

「必然的に、

余りのも出来の悪い現状の人間社会・経済システム等も是正されて行く事になる」。

「丸ごと一人ダケの死生観・人生観」では

「特定個人の偏重」等や

「特定個人への依存」等々が

「起こされ易い」から

「それらを許容する人間社会・経済システム等を

創り出し

実用し続けたがる人々」が

「生まれ易い」。

「しかし、もちろん、そんな人間社会・経済システム等」は

「現実との整合性が悪い」。

「非常に出来の悪い精神文化製品に過ぎ無い」。

「だから、実用し続けていれば、

何処でも、

本質的正当性の無い格差や差別が蔓延り、

不平・不満を持つ人々は多く

殺傷事件は枚挙に暇が無く

テロ・戦争等々の集団的殺傷事件等々まで

蔓延り続ける事になる」。

「人類の歴史は戦争の歴史」とは

「上辺の話し」で

「内実」は

「個々の精神構造の健常進歩・正常進化を怠り続けて来た人類集団が

実用し続けて来ている出来の悪い精神文化製品でしかない

人間社会・経済システム等」が

「数々の自虐事態を引き起こし続けて来ている」等になる』。

『「経済システムや金権等上で重要な事」は

「どの様な者・物・事に経済価値や金権等を与える事を是とするか?」だ。

「人類を滅亡方向に追いやる事等に力を加えている者・物・事に

経済価値や金権等を与える事を是とし続けてしまう」なら

「人類の滅亡がより早くなる」のは

「当然の現象」に他ならない。

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続への貢献度」等に

「基づいて、

経済価値や金権を与える」なら

「地球生命体細胞群という人類誰もの広義の自分」の

「存続~永続」が

「実現し易くなる」。

「個々の経済・金権等評価の進歩・進化の集大成」が

「人類の永い未来に直結している」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用し続けて来ているが故に

急速な進歩・進化を実現し続けている

人類の物質文明側」には

「相応に高い経済評価や金権等が与えられるべき者・物・事が

少なからず在る」。

「しかし、人類の精神文化側の進歩・進化が余りにも遅過ぎる」ので

「自虐物質文明製品も未だ多い」。

「現状の多くの精神文化側の者・物・事は

今時の人類が必要な仕事等を出来ていない」。

「高い経済評価や金権等を与えるべきでは無い状態」だ。

「それなのに、

姑息な手段で利権等を集中させたり、

詐欺的手段で多くの人々を実質的に、騙す事等々」により

「過分な経済評価や金権等を無理やり貪り取っている者たち等」が

「蔓延れている」。

「それは、

人類にとっての超自虐になる

とんでも無い事」だ』。

『「昨今、

多くの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等で取り上げられている

大相撲問題」だが

「日本の中で長い歴史を持つ大相撲」を

「無理やり、世界に開かれた商業スポーツ化する事」の

「是非は、慎重に考えるべき事」だ。

「各国独自の歴史文化等を無理やり世界平均化する事」とは

「多様性を崩壊させ、構築度を下げる事」に他ならない。

「物質文明も精神文化も進歩・進化させるべきは、進歩・進化させる事が重要」だが

「急いで、進歩・進化させるよりも、

当面は、歴史文化遺産等として維持した方が良い者・物・事も在る」。

「日本の大相撲」は

「日本の大相撲で良く、

外国人力士はゲスト扱いでも良い」等の

「大相撲問題解決手段もある」。

「商業スポーツ化させる事」と

「日本の大相撲化させる事」の

「どちらが大相撲の維持~発展等に繋がるのか?」は

「多様性等の観点も含めて検証されるべき事」だ。

「金権教が蔓延り、

格差や差別も蔓延る

現状人間社会・経済システムを維持し続ける」なら

「有能選手うがより大きな金権を得られ易くなる

世界中を巻き込む商業スポーツ化」が

「合理的になる」が

「現状人間社会・経済システムを維持し続ける」なら

「漏れなく人類滅亡も付いて来る」。

「人間社会・経済システムの進歩・進化を前提にする」なら

「各国独自の多様性がより重要になる」。

「その辺りの事を言わず」に

「短絡的にお金の額の多さ等を喧伝する者たち等」は

「明らかに、

足りない(劣者)か

自らの利権維持~増大等に奔走している信犯の悪者等になる」。

「もちろん、劣者や悪者等を

公共の電波上に常連出演等させ続ける必要は全く無い」』。

『「茶碗等に過分な経済価値等を与える悪習」も

「現状利権の維持~増大等の為には合理的になる」が

「それは、人類滅亡方向に力を加えている事でもある」。

「歴史遺産的に価値のある茶碗等」なら

「歴史遺産を歴史遺産として生かす事こそが合理的」だ。

「個人が他の個人から自分を認めさせる為に持ったところで、

自己承認欲求の過剰追及状態を露呈しているダケの裸の王様」なのだから、

「恥にしかならない」。

「ましてや、

投資(金転がし)の道具として所有ともなれば、

もはや、人類滅亡を招いている悪者とでも言っ方が適切なくらい」だ。

「もっとも、そんな悪者たちばかり・・・の状態を無理やりにでも

生み出し続けさせる為の

悪魔の道具」としての

「進歩・進化が不十分な精神文化製品である

現状人間社会・経済システムが在る」ので

「現状人間世界では、そんな悪者たち等が

世界中でゾロゾロ・・・だが」。

「赤信号レベルなら、皆で渡れば怖く無いで済むかも知れないが、

人類滅亡方向に皆で進めば

人類が滅亡する事になる」。

「劣者も悪者もいい加減にして頂きたい!」』

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等がトランプ大統領の精神状態まで問題化させいようとしていた様相だったので、本当に呆れた・・・。

『「人間の精神状態上で重要な事」は「実体や事実・現実をありのままに認められるか?否か?」であり

「他の人々(実態としては、特定の集団等)との共感があるか?否か?」では

「断じて無い」。

「それは、天動説VS地動説問題時の実態現象等からも明らか」だ。

「当時の多くの人々との共感を有していた天動説派の人々の実体」は

「実体や事実・現実をありのままに認める事が出来ていなかった

本質的、劣者・悪者等」だった。

「もちろん、

当時の多くの人々との共感が在ったからと言って

その後の多くの人類が

天動説を選択し続ける訳も無い」。

「現在では、多くの人々」が

「実体や事実・現実をより明確に表現している地動説を普通に選択している」。

「天動説に共感する人々の数は減り、

地動説に共感する人々の数が増えている現実」は

「共感」という、

「その時の現状利権保有者等にとっては、利用し易い

好き勝手な共感を情報・教育や圧力等によりつくり出す事も可能な

便利な道具」の

「実体」を

「露呈させている」。

「心理学」等でも

「共感」や

「現状適応」等は

「現状権力者等の利権維持~拡大等の為に悪用され易い」。

「テレビ常連出演者等が共感等を持ち出す裏には、

何処かの誰か等の為の政治運動等の臭い」が

「充満している場合が多い」。

「実体や事実・現実をありのままに認める事」は

「それまでの自分や自分の考え・思い・認識等を

否定する必要が生じる場合も少なく無い」。

「自己否定には不安や拒否感が付き纏い易い」。

「しかし、

ありのままに認める事が出来た時」には

「自分や自分の考え・思い・認識等が

実体や事実・現実と共に在る

落ち着いた、安定した状態を得る事が出来る」。

「短絡的に自己否定を避けて、

実体や事実・現実と共に在る落ち着きや安定を取り逃がす」のは

「愚か者か、悪者の行う事」だ』。

『「もちろん、悪戯な自己否定は自虐になる」。

「重要な事」は

「実体や事実・現実と共に在るか?否か?」だ。

「実体や事実・現実と共にある為にそれまでの自己を否定する必要がある」なら

「自己否定は自虐にならず、むしろ、自分を進歩・進化、成長等させる為の王道になる」』。

『「精神医学上等で重要視すべき」は

「実体や事実・現実をありのままに認められるか?否か?」等であり

「他の人々(実態として、特定の集団等)との共感」等では「断じて無い」』。

『「現状の多くの人類」は

「狭義の自分は自覚していても、

広義の自分の自覚が希薄過ぎる

自我狭窄症状態にある」。

「自我狭窄症状態の者たち同士」が

「共感を持ちあっている状態」とは

「例えて言うなら、同じカルト宗教信者同士が共感を持ちあっている様なモノ」だ。

「どちらも、実体や事実・現実離れが激しいのだから、

それは、50歩・100歩の問題(目糞・鼻糞の問題でも良いけど・・・)」だ』。

『「現実離れが激しい者たちの

比べっこ支配権・被支配権争いや

共感等に基づいて

人間社会を構築している」から

「現状の様な自虐的な人間社会が出来上がってしまっている」のは

「当然の現象に過ぎ無い」』。

『「偽善者たち」は

「大量移民や難民等が出る環境の徹底是正を怠りながら、

大量移民や難民等を低賃金労働者等として利用しようとし続ける」。

「本来の解決法」は

「大量移民や難民等の元凶を無くす事」だ。

「例えば、

劣悪国家指導者等による悪政等が元凶」なら、

「劣悪国家指導者等を排除し、

普通の国家指導者等に替える事」が、

「正当な解決法になる」。

「大量移民や難民等を出している段階」で

「もはや、その国の内政問題ダケでは無くなっている」のだから

「内政干渉等の問題を過剰に気にする必要も無い」。

「人権を考えても、劣悪国家指導者等からの解放には、高い正当性が在る」。

「劣悪な環境が元凶の大量移民や難民等の発生」なら

「劣悪な環境を是正する」のが

「正当な解決法」になる。

「こちらは、物質文明上の問題が主になる」から

「現状の多くの人類にとっては、解決がより容易な筈」だ。

「性能の悪い、劣悪な精神文化製品に過ぎ無い

現状の経済システム等に

余りにも、過剰な力を与え続けなければ、

金余りなのに、格差・貧困だらけ・・・等の

自虐事態の是正」は

「意外と簡単に是正可能になる」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等」は

「トランプ大統領の精神状態を問題視等しよう、させよう、としている暇がある」なら

「自分たちの精神状態の検証等を行うべき」だ。

「大した中身も無いのに、

常連出演等を平然と行えている

厚顔無恥の図々しさ等」を

「実体や事実・現実通りに認識する」なら

「現状の様な、毎日の様に、何処の局でも、同様の顔、同様の論等という異常事態」は

「即刻にでも、是正したくなる」のが

「当然になる」。

「人類の精子構造や人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化への貢献度が低い

性能の悪い精神文化製品状態の

現状の多くのテレビ・ラジオ番組や

新聞・雑誌・小説・漫画・アニメ・映画・音楽等々の多く」が

「性能の良い精神文化製品に進歩・進化する」なら

「人間社会・経済システム等の大枠の精神文化製品の進歩・進化も

よりスムーズに、より早くなる」。

「性能の良い精神文化製品を生み出せていない」のは

「実体や事実・現実をありのままに認められていないから」でもある』。

『「人類の物質文明は、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用している」から

「急速な進歩・進化も実現出来ている」。

「しかし、精神文化側」では

「未だに、考え・思いレベル、宗教レベル・・・で、

他の人々(実態として、特定集団等)との共感が大切!」とかやっている。

「核兵器禁止条約を喜ぶ」のは

「法や条約など守らない悪たち等」だ。

「何故なら、法や条約等を無視して核兵器等を保持してしまうなら、

その核兵器等の脅し圧力」等が

「核兵器禁止条約等が無い場合より強くなるから」だ。

「善人の多くが法等に忠実に丸腰になり、

悪者が銃や強力な武器等を持つ世界」では

「悪者の意向が通り易くなる」。

「そんな事を世界レベルで行ってどうする?」

「{ノーベル平和ボケ}(利権)等」の「重用」等も、

「いい加減にするべき」で

「どうしても、核兵器禁止で偉ぶりたいのなら、

最低限、北朝鮮に核放棄させてから偉ぶるべき」だ』。

『「法や条約等では効き目の無い北朝鮮劣悪国家指導者等」には

「圧力や軍事力行使等こそが

実効を持つ」。

「核兵器平和条約ノーベル賞等でも核放棄させる事が出来なかった北朝鮮」が

「圧力や軍事力行使等により核放棄させられた」なら

「現状の現実人間世界で実効のあるのは、

法や条約等では無く、実効圧力や実効軍事力等である事」が

「何処の誰にでも良く分る」。

「現状の人間世界をつくり出しているモノ」は

「個々の人々の精神構造とそれに基づく行動等であり、

その集大成としての人間世界の物質文明や精神文化」だ。

「綺麗ごとの法・条約整備&共感(実態として、特定の集団等)の前」に

「世界中の個々の人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」こそが

「肝要」だ。

「個々の人々の精神構造の健常進歩・正常進化無きままの法・条約整備」等では

「その実効も微々たるモノで、下手をすれば悪を利してしまう事になる」が、

「個々の人々の精神構造を健常進歩・正常進化させた後に

法・条約等を整備する」なら

「本質的悪自体が激減するから、その実効は相応に高くなる」。

「悪は、その自虐性を実体や事実・現実通りに認められないから悪で居る事が出来てしまっている」。

「悪者同士の共感も在る」。

「人類としての本質的悪行」は

「自分の実体(狭義の自分=約60兆とも言われている細胞群、広義の自分=地球う生命体細胞群)や

その実体の本来の目的(地球生命体細胞群の存続~永続)に

叛く事に他ならない」。

「本質的悪行を行わない

自己健常制御を継続する事等により

自己承認欲求の本来欲求は充足され続ける」が

「本質的悪行を行ったり

自己健常制御を疎かにし過ぎると

他の者・物・事等に、自分を認めさせ続けよう・・・等と、

自己承認欲求の代償欲求の過剰追及に奔走する状態に陥ったり、」』

自己制御の代わりに、

他の者・物・事等を支配しようとしたり、

他の者・物・事等に自分を支配・コントロールさせようとしたり、する

支配欲の代償欲求の過剰追及状態に陥ったり、する事になる」。

「その様な個々の人々の悪態こそが、

人間社会の元凶でもある」。

「悪態を露呈し続けている人々は皆、

精神的な、問題状態にある」のが

「現実」だ』。

『「テレビ等の常連出演者等」は

「トランプ大統領等の精神状態を問題にする前に

常連出演者等自らの精神状態を

実体や事実・現実通り、ありのままに認められる様に、

{治療}に励むべき」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

テレ朝等では、未だに「北朝鮮の楽団等韓国派遣工作等の大宣伝」を日本の公共の電波を使って行っているので、本当に呆れる・・・。

『「韓国に派遣しない事になった牡丹峰(モランボン)楽団」の「大宣伝」を「日本の公共の電波を使って行っている者たち等」の「実態・実体」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等」になる。

「入隊条件の紹介宣伝」を行い

「入隊した、操り人形化、或いは、犬化されている哀れな女性たち」を

「美人等々と賛美」等する

「大宣伝状態」は

「本当に、異常」だ。

「実際に、韓国に派遣される」のは

「三池(サムジオン)管弦楽団」との事で

「色々な物の受け渡し等に便利」な

「百何十人もの楽器(ケース)等保持者」の

「行き来」等により

「北朝鮮にとっての春(資金・工作指令・工作結果情報・技術情報等々)」を

「着実に行き来させる工作の了承」は

「明らに国連決議等に背く悪業」だが

「その裏には、北朝鮮側からの懐柔工作(金・異性・弱み脅し等々)がある」と

「強く推定出来る」。

「日本の中」で

「牡丹峰(モランボン)楽団等の宣伝等を行っている者たち等の裏」にも

「同様の懐柔工作や有益分子化工作等がある」と

「強く推定出来る」』。

『「普通に表現する」なら

「牡丹峰(モランボン)楽団の女性たち」は

「美人では無い」。

「哀れな、操り人形化、もしくは、犬化された人々」だ。

「操り人形化、もしくは、犬化された人々」を

「美化」し

「その利権を増大させようとし続けている者たち等」は

「明らかに、変」になる。

「ルックス差別・スタイル差別ばかりでは無く、

家柄差別まである

北朝鮮劣悪国家指導者等の選別」の

「醜悪さ、劣悪さ等」を

「実感する健常な感性」を

「麻痺させる、させようとする、

劣悪で醜悪な情報配信等」は

「今時の先進国なら、直ちに止めさせられるべき悪事」になる』。

『「もっとも、所謂、先進国側」でも

「未だに、

ルックス差別やスタイル差別等が蔓延っているばかりか、

産まれながらの差別を温存し続けようとしている」のだから

「目糞、鼻糞を嗤う」の「世界」だが』。

『「昨今の先進諸国で起きている所謂、保守化」は

「必然」だ。

「何故なら、

今までは、

偽善的問題誤魔化し法を

蔓延らせ続けて来ているから」だ。

「偽善的問題誤魔化し法」とは

「例えば、

米国等で黒人等への差別を解消させる為に

黒人等の入学条件や採用条件等を甘くする方法」だ。

「黒人等差別問題を解決する正道」は

「産まれながらの環境格差を無くす事」だが

「正道を実行に移す」と

「産まれながらの環境格差利権等を貪り続けようとしている者たちの

悪の思惑まで消失する事になる」。

「其処で、元凶はそのまま」に、

「上辺」で、

「如何にも、

差別撤廃の為の政策等を行っています!」と

「優等生ぶり、正義ぶる」と

「学校や企業等への入学・採用ハードル差別」等を

「生み出す事が出来てしまう」。

「その実体」は

「逆差別以外の何モノでも無い」が

「逆差別を正当化する為」に

「黒人等差別を持ち出すところ」が

「このインチキの肝」だ。

「差別を無くす為に行っている事だから、良いでしょ!」の

「誤魔化しの前」に

「多くの既存の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ情報等々により

操り人形化された人々」は

「容易に平伏させられてしまう」。

「しかし、逆差別の悪の実績が積み重なる」と

「必然的に逆転現象が起こされる」。

「昨今の、先進諸国等の、所謂、保守化」は

「その流れの上に在る」』。

『「そもそも、産まれながらの環境差別には正当性が無い」。

「何故なら、何処の誰の下で産まれた人々でも、

その親とは全くの別人格の別人だから」だ。

「例えば、

平均するなら、

白人は、黒人より、学校成績等が良く、

歴史上では、

より優秀な物質文明や精神文化をつくり出して来た」という

「事実・現実が在る」が

「平均して、学校成績等が良いのは、現状の環境故である可能性が非常に高く、

より優秀な物質文明や精神文化をつくり出したのは

過去の別人たち」だ。

「偶々、その子孫に産まれたダケ」で

「過去の別人たちの恩恵を独占出来てしまう」なら

「そんな事態に、不平・不満等を抱く人々が出ない方が不思議」だ。

「産まれながらの環境差別を解消する方法は、単純で簡単」だ。

「先ずは、

情報・教育等の差別状態を無くす為に、

情報・教育等の健常化・正常化を行う」。

「そして、

その地域の中で、

平均以上の相続財産・資産等に恵まれた者たちから、

平均以上分を取り上げ、

それを平均以下の者たちに

平均になる様に再分配すれば良い」。

「そして、次に、地域格差の是正も行えば良い」。

「身近なところ(人類誰もの精神後続~それぞれの人々が実際に暮らしている地域~)から

格差差別を解消して行く事」により

「次世代人間世界への軟着陸が可能になる」。

「多くの人々が、

自らの実体やその実体の本来の目的等を

理解・把握等し、

代償欲求の過剰追及や血統家族主義の呪縛等々から

解放される」なら

「実現する事が当たり前になる政策」が

「其処に在る」』。

『「上記の源流対策を行う」なら、

「必然的に

逆差別等は、

要らなくなる」。

「源流対策を行う事を前提」に

「逆差別の撤廃から行っても良い事になる」』。

『「先ずは、比べっこ利権上に生き続けようとしている

劣悪で醜悪な

偽善者等や

情報・教育界の者たち等」を

「情報・教育界や政界等

人類の精神文化側の世界から駆逐する事」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」で

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている

人類の物質文明側の世界」に比べ、

「人類の精神文化側の

進歩・進化が異常な程遅れてしまっている元凶」を

「是正する事」が

「肝要」だ』。

『「自己承認欲求」は「言って」も

「充足のある本来欲求」と

「充足があり得ない代償欲求の過剰追及」を

「ちゃんと言わなければ、

「自己承認欲求というキーワード」の

「自分解放鍵としての働き」は

「ほどんと出ない」。

「その程度の心理学の基本中の基本さえ

???の様相の者たち等」を

「例えば、テレビ常連出演等させ続けていたところで、

実際の人間世界が受ける実現状」は

「同様の新たな事件・事故等が続き、

問題の本質を解決しないが故に

問題の深刻化が進むダケ・・・等々」になる。

「人類には、もう、そんな自虐を行い続けている暇は無い」』。

『「北朝鮮問題の解決」は

「急を要する」。

「何故なら、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」が

「未だ、旺盛に行われ続けているから」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

更なる、時間や資金等を得る事に直結している

韓国冬季五輪北朝鮮参加問題」も

「その工作活動の成果の一つ」に他ならない。

「そして、今、この瞬間にも、

日本国内等では、

陰険なナチス・ヒトラーによる工作活動等の

被害者・犠牲者等が増え続けている」。

「戦争犠牲ダケを言い、

工作活動犠牲を黙殺し

工作活動対策を行おうとも、訴えようともしない

偽善者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、北緒戦劣悪国家指導者等の実質的、手下等が南北会談等をダシに「日米分断情報工作」等に忙しい様相だったが・・・。

『「トランプ大統領」は「気まぐれでも、おバカでも無い、むしろ、すごく頭の良い、現実主義者」だ。

「賢ぶり、正義ぶる事等により、

視聴者・読者等を引き続けようとし続けて来ている

比べっこレベルの劣悪マスコミ等」は

「自分たちより上を認めたがらない」から

「トランプ大統領を貶める情報工作等にも熱心になっている」が

「事実は全く違う」』。

『「例えば、最近、

トランプ大統領」は、

「金正恩と良い友達になれる旨等まで発信していた」が

「その内実」は

「こうまで言ってやっているのだから、

良い子として核放棄に応じる対話をしなさい!」等の旨

「伝えている」のが

「実態」だ。

「其れ」を、

「トランプ大統領を無理やり自分たちの下に置こうとしているマスコミ等」は

「気まぐれ」と

「貶めようとしている」。

「実に、劣悪な実態を露呈している」のは

「其の様なマスコミ等の方」であり

「トランプ大統領では無い」』。

『「日本でも、米国でも、マスコミ等には選挙も無い」。

「人脈交代が無い」から、

「マスコミ同士」の

「実質的、談合情報配信等」により、

「ある程度以上多くの視聴者・読者等を操れ続けている限り、

その利権は安泰」という訳だ。

「人脈交代の無い者たち等」が

「過分な利権や立場・報酬等を得続けて来てしまっているが故の悪現象」が

「其処に、露呈」している』。

『「小型核の巡行ミサイルの配備」も

「現実対応策の一つ」だ。

「例えば、北朝鮮の様な国々やテロリスト等」が

「米国を脅す核兵器等を持ててしまった場合、

その危険をちゃんと除去する為」には

「過大な核や、過小な通常兵器」では

「適合性が悪い場合も生じる可能性が大きい」。

「その間を埋める

小さな核巡行ミサイル等によるピンポイント攻撃(群)等」の

「手段を実現可能」にする

「実戦配備」は

「万一の際の戦争被害等」を

「敵・味方共に

最小限に押さえる為」の

「現実対応策になる」。

「その様な現実対応策を実戦配備等する事等による抑止効果」も

「相応に大きくなる」。

「例えば、

北朝鮮に核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄させる為の圧力としての効果」も

「相応に大きくなる」。

「悪戯な、核兵器廃絶運動等」の「実効」は

「例えば、北朝鮮等の核・ミサイル等の圧力効果を増大させる事等になる」のだから

「米国の小型核巡行ミサイルの実戦配備」と

「悪戯な、核廃絶等」との

「差」は「甚大」だ』。

『「日本が米国と共にある事を否定したがる人々等」は

「日本が自前で、

中国共産党軍にも、

北朝鮮軍にも、

韓国軍にも、

ロシア軍にも、

米軍にも、

EU軍等々にも、

十分に対抗出来る軍を持ち、

核武装をする事」に

「賛成なのだろうか?」

「そうでは無い場合」は

「早急に、人間世界の精神文化を変える大事業を行わない限り」、

「現状人間世界の精神文化」である

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権・被支配権争い」の「下」で

「日本」は、

「例えば、中国共産党支配下の中国やロシア等、

他の国の属国化するダケ」に

「なってしまう事になる」。

「対米従属」と

「対中従属」や「対ロ従属」等を

「比べ」て

「対米以外を選ぶ」のは

「それらの国々の手下等」と

「強く推定出来る」。

「戦後の日本」は

「武力を後ろ盾にした経済比べっこ支配権・被支配権争いの世界の中」で

「米国の武力を{利用}する事等」により

「民主主義圏の中で、相応に、効率の良い発展を成し遂げて来ている」。

「未だ、旧社会・共産圏の精神文化が色濃く残っている

中国やロシア等の武力を後ろ盾にした」なら

「どの様な事態が多くの日本国民を襲う事になるのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「沖縄で米軍ヘリの事故が続いている」が

「その裏に在る」のも

「北朝鮮等問題」であり

「オバマ政権時」の

「対北朝鮮、{戦略的忍耐}政策同様」の「{偽善}」

「在日米軍予算の圧縮」だ。

「北朝鮮問題の深刻化により、

沖縄米軍ヘリの出動回数は増え、

日本国内にも多数居る

北朝鮮の工作員・協力者等による

工作等も濃厚になっている

現状」で

「十分な整備予算さえも無い米軍ヘリの事故が増える」のは

「ある意味、当然」だ。

「それが、沖縄に集中している裏」には、

「沖縄米軍等に対する

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等による工作活動」等が

「実行されている可能性も非常に大きい」。

「普通に考える」なら

「対策」は

「日本国内の北朝鮮等による工作活動等の徹底排除」や

「米軍{必要}予算の充実」等であり、

「米軍批判・非難等では無い」。

「何よりも、{世界一危険な基地}普天間」の

「移設」は

「急務」だ。

「北朝鮮問題」や

「中国共産党問題」等々が

「激減する」なら

「沖縄米軍基地等の縮小」も

「急速に進める事が可能になる」。

「逆に、元凶問題がある内」は

「下手な軍縮や移設等」は

「日本を脆弱にしたり、割高となったり・・・等々」して、

「日本国・多くの日本国民に大きな不利益をもたらす事になる」。

「それは、

普通の人々」なら

「確信犯の中国共産党や北朝鮮等の手下等でも無い限り、

其れこそ、何処の誰にでも、分る話し」だ。

「ところが、

一部政治家や

一部テレビ・ラジオ・マスコミ人等や

一部教育界の者たち等々」は

「未だに、中国共産党や北朝鮮等の実質的、手下的様相を露呈し続けている」のだから

「本当に呆れる」』。

『「比べっこ主義者たち」は

「上辺の平和と戦争を短絡的に比べたがる」。

「しかし、平和も戦争も上辺に現れる最終現象に他ならない」から

「現実的には、その元こそが肝要」だ。

「現実主義者」は

「現状を現実的に捉えて、

例えば、力による平和を維持し続けようとする」。

「本質探究主義者」は

「人間の精神構造や人間世界の精神文化等の根本問題を解決する事により

現実の平和を実現させようとする」』。

『「今時の人類」が

「取るべき態度」は

「比べっこ主義者では無い」。

「何故なら、比べっこ主義者が力を持つ」なら

「偽善により悪が育ち得て、人間世界は破滅する事になるから」だ。

「現実主義者が力を持つ」なら

「破滅に至らない破壊により

{偽善人間世界等}が破壊され、

その後、

新世代人間世界の構築が可能になる」。

「本質探究主義者が力を持つ」なら

「人類は、新新世代人間世界に軟着陸出来る様になる」』。

『「何事でも、肝要なのは、実体や事実・現実」だ。

「人類誰でも、事実・現実の地平面に立つ事で、初めて落ち着ける」。

「人間関係も、国々や組織等々同士の関係」も

「実体や事実・現実を共有する事」で

「初めて、落ち着ける」』。

『「韓国従北政権」は「未だに、従軍慰安婦問題で騒いでいる」が

「実体や事実・現実」は

「日韓が国家同士の二国一国化同化契約に合意し、

同じ一国だった

売春が合法だった

多くの男性の{仕事}が戦争という殺し合いだった

戦時中」の

「主として、朝鮮人の、従軍高報酬売春婦」を

「無理やり、問題化している」のが

「実態」だ。

「当時の朝鮮半島内の朝鮮人」の

「意に沿わぬ従軍高報酬売春婦」は

「朝鮮人の親・兄弟・親戚等が

朝鮮人の仲介にに売り、

売春の上がりを

ピンハネ等していたのも

それら朝鮮人だった」のが

「現実」だ。

「歴史上の事実・現実通りに慰安婦像をつくる」なら

「その旨等を記した札でも付ければ良い」。

「例えば、

売春が合法だった当時、

親・兄弟・親戚等に売られ、

売春の上がりをピンハネされた

可哀そうな少女」とか

「多くの男性の仕事が戦争という殺し合いだった当時、

多くの将校より高い報酬を得ていた

従軍高報酬売春婦」とか

「・・・等々」。

「その上」で

「度重なり、日本に補償や謝罪等を

要求し続けて来ている韓国一部団体等作」等の

「看板も付ける」なら

「歴史上の実体や事実・現実を反映した従軍慰安婦像」として

「それなりの価値が生まれる事になる」が、

「言うまでも無く、

韓国等が大恥をかく事になる」。

「戦後~現在の女性人権問題」は

「戦後~現在の女性人権問題」として

「戦時中の従軍高報酬売春婦等を無理やり持ち出さずに、

正当に訴えれば良い事」だ』。

『「何れにしても、

反日無罪ファンタジー情報・教育等により

現実の史実を直視出来なくされている

哀れな朝鮮の方々」や

「北朝鮮等による韓国内の工作活動の結果誕生した様相」の

「従北大統領」等にとって

「必要な事」は

「反日無罪ファンタジーから脱却して、

実体や事実・現実の上に立つ事」だ。

「精神構造・精神文化の進歩・進化がある人々や国々」は

「存続可能になる」が

「精神構造・精神文化の進歩・進化無き人々や国々」は

「衰退~消滅して行く事」が

「人類が存続する為の必然」だ。

「衰退~消滅側に長い未来は無い」のだから

「そちらを選ぶのは、

おバカか、悪になる」』。

『「未だに、多くの視聴者・読者等」を

「おバカ状態・悪状態等々に陥れる事」により

「比べっこ上で、優等生ぶり、正義ぶりたがっている

劣悪なテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等の

者たち等」を

「蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等は「日本の脱原発に熱心」で「米軍による限定攻撃を不安視」等している様相だが・・・。

『「今更、言うまでも無く、日本の脱原発」は「北朝鮮の核兵器圧力を増させる事の手助け」になり、

「多くの日本企業や日本国民を電力面からも不利にする」。

「責任のある政権与党側」が

「脱原発に舵を切れない」のは

「日本国・多くの日本国民が自虐政策による不利益を被らない為」の「必然」だ。

「無責任、或いは、反日他国等の手先的、野党等」が

「脱原発で正義ぶり、

実質的には、日本国・多くの日本国民を不利にしよう・・・とする」のも

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「朝鮮系とも言われている

利権集中悪徳改悪等で

日本社会を急激に破壊し

多くの日本国民を苦境状態に追いやり、

数多くの倒産・自殺者等まで出した実績を持つ

小泉元総理」や

「朝日新聞上がりで、朝日新聞在籍時等に散々、

そのスジの者たちにとっての有益分子として

育成されてしまった様相の

細川元総理」や

「所謂、反対野党等」や

「米軍による朝鮮人等優遇戦後処理のまま(選挙も無いので、人脈交代も無い)の

実権者人脈等故に、

朝鮮系の臭いが濃厚に漂い続けている

戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「北朝鮮等も有利にする

日本の脱原発に熱心」なのは

「ある意味、当然の現象」でもある』。

『「エネルギー政策で言う」なら

「脱化石燃料は、地球環境問題上からも、正解」だ。

「脱化石燃料の代わり」になる

「現状からしばらくの間は、経済的不利益が一番小さい発電方法」は

「原子力発電」に他ならない。

「当面の間、例えば、北朝鮮問題や中国共産党問題等々が解消するまで・・・等の間」は

「脱化石燃料&原発使用&再生可能エネルギー発電の経済的不利益をもたらさない積極実用」が

「適切になる」。

「現時点で、

まるで、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等に従うかの如く、

日本の脱原発を大々的に訴えよう・・・としている者たち等」からは

「明らかな{異臭}が漂って来る」』。

『「日本の公共の電波や

公共的マスコミ等や

学校教育等まで使って、

{異臭}を公然化する事」で

「{異臭}を{異臭}として感じさせなくする

実質的、情報・教育工作等」には

「くれぐれもご用心!」。

「そんなモノに呑まれてしまう日本国民が多いなら、

日本を北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に置く事を容認させたり

天皇を金一族に挿げ替える事等々」も

「実現可能」となってしまう。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「時間をかけた人民有益分子化等が得意中の得意」だ。

「その悪実績」は

「北朝鮮国民」や

「日韓内の北朝鮮親派等の者たち等」からも

「明らか」だ』。

『「悪魔に魂を売り渡さない

自己健常支配の継続」は

「今時の人類が持つべき人間としての重大資質」だ』。

『「日本の脱原発に熱心な者たち等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者問題で戦争が起きる事」を

「大いに不安視している場合が多い」。

「つまり、

日本の脱原発と

北朝鮮の為の反戦」は

「同じ人脈の者たち等が抱いている願い等である様相」が

「露呈」している』。

『「近々、遅くとも、今年の秋前には、

米国が自衛の為に

北朝鮮の核・ミサイル施設等や

撃ち上げようとしている大型ミサイル等を

限定的に攻撃する可能性はかなり高い」。

「その場合、北朝鮮による反撃は、先ず、無い」。

「何故なら、万一、反撃すれば、北朝鮮がアッと言う間に負ける北朝鮮解放戦争になるダケだから」だ。

「限定攻撃に対抗する北朝鮮側の手段」は

「日・米・韓内での工作活動やテロ等になる可能性が大きい」が

「限定攻撃で牙を折られた北朝鮮劣悪国家指導者等が更なる自虐行為を行うなら、

北朝鮮は益々衰退して行く事になる」。

「限定攻撃で北朝鮮劣悪国家指導者等の牙を折る事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に

態度を是正するか、

滅亡を選ぶのか、

の究極の二択を強く突きつける事に直結している」。

「限定攻撃後、

北朝鮮劣悪国家指導者等が生き延びたいのなら、

選べる選択肢は

態度を是正する

しか無くなる」。

「工作活動やテロ等を行う可能性」と

「態度を是正する可能性」の

「どちらが大きいのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

余りある核・ミサイル等を保持する前」に

「軍事オプションを使用して

北朝鮮問題の解決を図る事」は

「非常に合理的」だ。

「逆に、

現状で、

北朝鮮に更なる時間と金を与える事に直結している

悪戯な反戦や

対話・協議等を言う」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」になる』。

『「戦争被害・戦争犠牲者」ダケを「訴え」、

「工作活動被害・工作活動犠牲者」を「訴えない」のも

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の一大特徴」だ』。

『「綿密に調べ、検証する」なら

「戦後、主として、日韓内等で

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等の

被害を受けたり、受け続けていたり、犠牲になってしまったり、

している人々の数」は

「どんなに少なく見積もっても、数百万人レベル~になる事」が

「判明する筈」だ。

「何しろ、何十万人(日本国内)・何百万人(韓国国内)もの

北朝鮮劣悪国家指導者等が手下として扱える者たちによる

数十年に渡る工作活動(非人道的なモノも多い)の

被害者・犠牲者」だ。

「数百万人レベル~は決して、絵空事では無い」。

「戦争被害・犠牲」は

「はっきり表に出る場合が多い」が

「数百万人レベル~の被害・犠牲の出る戦争」が

「今の北朝鮮相手で起きる訳も無い」。

「本格的戦争になったところ」で

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わり」で

「その被害・犠牲は、北朝鮮側でセイゼイ数十万人~、

米・韓・日側では、ほとんど無し~」と

「強く推定出来る」。

「もっとも、北朝鮮が核使用に走る事で米側も核を使用せざるを得なくなるなら、

北朝鮮側の被害・犠牲は、数百万人~になってしまう事になるだろうが」・・・。

「それでも、北朝鮮による工作活動被害・犠牲と同レベル」だ。

「現状の北朝鮮を止めない限り、

工作活動被害・犠牲は今も増え続けている」。

「在日の母を持つ金正恩政権が

独裁政権として

正当性を持つ為」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓支配が必需」だ。

「独裁政権を止めさせるか、

金正恩を止めさせ、北朝鮮内の親を持つ者に替えるか、

等」が

「北朝鮮の核・ミサイル・他国内での工作活動の放棄」と

「共」に

「必要となっている」』。

『「一番平和的な解決策」は

「金正恩が独裁政権を止めると共に、

核・ミサイルの開発も

他国内での工作活動等も止める事」だ。

「血統独裁軍事政権を止め

核・ミサイルの開発~配備と

他国内での工作活動等を止めた

北朝鮮の

非独裁解放政権の初めての長」として

「金正恩が立つ」なら

「金正恩等も生き延びられる可能性が高くなる」。

「愚かで自虐的な北朝鮮軍部等の者たち等に操られ、

核・ミサイル等の開発~配備や

他国内での工作活動等を続ける」なら

「金正恩等の余命は極めて短いものとなってしまう可能性大」だ。

「北朝鮮に今、必要」なのは、

「先軍政治では無い、廃軍政治であり、廃工作活動政治」に他ならない。

「それを行わない場合、

近々、遅くとも、今年の秋ごろまでには、

米軍による軍事オプションの行使」が

「現実のモノとなる」』。

『「未だに、日・米・韓等の中で

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等として動いている者たち等」は

「本当に、おバカ」だ。

「泥船はどんなに大きくしても、泥船に他ならない」。

「岸(=北朝鮮)から動いて

水の上(=正常な人間世界)に出るなら、

アッと言う間に沈む」。

「泥船の乗員だった泥まみれの者たち」は

「水を汚す悪者として扱われる事になる」。

「同様の新たな事態を防止する為にも、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動

(電磁波工作・飲食物工作・侵入工作・医療工作等々、非人道的なモノも多い)等による

被害者・犠牲者の数」は

「今、この瞬間にも、増え続けている」。

「この現実からも、米軍等による軍事オプションの行使」は

「出来るだけ、早い方が良い」』。

『「韓国が従北政権」で

「多くの韓国国民が従北政権を支持している」なら

「韓国の政権も多くの国民も、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の様なモノ」だ。

「逆から言う」なら

「米国等は、

北朝鮮の手下的状態の韓国の意向等を

無視しても良い事にもなる」。

「冬季五輪やそれをダシにした南北協議等」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等に

更なる、時間と金等を与えたダケ」なら

「米国は韓国の意向など無視して

北朝鮮問題の早期解決を実現するべき」だ。

「日本にも、同様の事が言える」。

「特に、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」や

「所謂、反対野党等」の

「内実として、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す論や政策等」は

「相手にしない方が良い」。

「実効として、日米側を利さず、北朝鮮側を利す論や政策等の裏」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等が在る場合が多い」から

「むしろ、そちらを告発等するべき」だ』。

『「かつての、故金●氏の様に、

金庫を開けたら、北朝鮮製の金の延べ棒が・・・」等の

「事態」や

「北朝鮮側に、ハニートラップ等を仕掛けられて、弱みを握られて・・・」等の

「事態」が

「ゾロゾロ・・・」というのが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等が蔓延っている国々」の

「寒過ぎる実態」だ。

「米国等の反戦派、もしくは、工作活動被害・犠牲等を訴えない偽善者等の裏」も

「調べてみる価値大」だろう』。

『「自らの兄である金正男まで化学兵器まで使った工作活動で暗殺した

金正恩等には、

斬首工作等を受ける十二分の資格がある」。

「反戦派が、斬首工作等による北朝鮮劣悪国家指導者等排除を実行する」なら

「話しは解る」。

「限定攻撃や戦争以外の手段」でも

「問題の元凶を除去する」なら

「北朝鮮問題は解決出来る事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等には

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や医療工作等々の

一億三千万倍返し」でも

「与えるべき」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「北朝鮮劣悪国家指導者等の国民人質策」を支援等していた様相だったが・・・。

『「何処の国にでも、善良な人々は居る。戦争になれば、善良な人々の命までもが失われる。悪いのは、独裁者等。・・・等々の旨」は「もちろん、真実」だが「そう」ならば、

「悪い独裁者等を一刻も早く排除し、或いは、排除させ、

一刻も早く

善良市民を

悪い独裁者等による支配下に置かれている状態から

解放しよう!」等が

「其れに続く当たり前の論等になる」。

「更に続けて言うべき」は、

「悪い独裁者等を排除する、或いは、排除させる

具体的方法」だ。

「例えば、

斬首作戦や

斬首工作等々」の

「早期実行」が

「言われて当然になる」。

「ところが、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「いきなり戦争を持ち出して、人々を脅したがる」。

「戦争になれば、北朝鮮がアッと言う間に負ける」から

「戦争を一番嫌がっている、恐れている」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の側の者」なら、

「戦争や核・ミサイル脅し等の手段を用いたりする事等」により、

「戦争を避けさせる世論・民意等を日韓内等で増大させる事等」が

「合理的になる」が

「米・日・韓等の側の者」なら

「米・日・韓等の側は、

北朝鮮劣悪国家指導者等の態度を是正しないなら

戦争による劣悪国家指導者等の排除という選択も

恐れていない旨等」を

「喧伝する事」等こそが

「合理的になる」。

「もちろん、

実際は、

現状なら、

戦争となればアッと言う間に北朝鮮の負けになる」から

「現状では、

例えば、

米軍が核・ミサイル等の施設等に対する限定攻撃等を行っても

北朝鮮劣悪国家指導者等は反撃も出来ない可能性が非常に大きい」。

「だから、北朝鮮劣悪国家指導者等は、反撃を可能とする為」に

「核・ミサイル等の開発~配備に躍起になっている」。

「その為の時間と金を何としても、得ようとしている」。

「その応援・支援等をして、

北朝鮮劣悪国家指導者等に大量の核・ミサイル等を保持させよう・・・等としている」のは

「余程のおバカか、確信犯の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者等」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」が

「日本国内より遥かに数多く居る」のが

「韓国」だ。

「韓国国内の北朝鮮による工作等により

従北政権化された韓国」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の要求に応じ、

冬季五輪をダシ」に

「北朝鮮が時間と金を得る為の南北会談」を

「行った」。

「同じ民族」と言えば「聞こえは良い」が

「その内実」は

「植民地支配詐欺」と

「日本の敗戦につけ込んだ実質的、火事場泥棒等」と

「戦後の駄々コネ不当利得外交や核・ミサイル等脅し瀬戸際外交等の

実質的、反人間社会的外交」等を

「行い続けて来ている

悪者たち」であり、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」だ。

「もちろん、多くの善良な韓国国民や北朝鮮国民」と

「劣悪国家指導者等」は

「同じでは無い」。

「この区別」は

「非常に重要」だ。

「同じ民族」という

「偽善仮面」で「誤魔化そうとする」のでは無く、

「善良市民」と「劣悪、もしくは、極悪国家指導者等」と

「内実を現実通りに表現する」のが

「健常で正常な表現方法」になる。

「偽善の先には、問題解決は無い、ばかりか、問題の深刻化等が在る」。

「健常で正常な表現方法により、

全世界の人々が実態をありのままに理解・把握・認識等する」なら

「問題の解決がより容易になる」。

「その差は、甚大」だ』。

『「問題解決を遠ざけているばかりか、

問題を深刻化させる情報配信等をし続けて来ている者たち等」とは、

「問題の元凶のお仲間等になる」。

「それが、テレビ・ラジオ・マスコミ界等の者たち」なら

「性能の悪い精神文化製品の提供しか行えていない劣者等」か

「ワザと性能の悪い精神文化製品を提供し続ける事で

視聴者・読者等を愚民化等しよう・・・とし続けて来ている

悪者等」になる。

「もちろん、劣者等や悪者等に

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「劣者等や悪者等」に

「汚染、もしくは、実効支配等されている

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等」の

「改善」は

「急務」だ』。

『「スポーツ競技比べっこ利権争いの世界」で

「ライバル選手に禁止薬物を飲ませたり、

ライバル選手の道具等を盗んだり・・・等々した者」が

「自首」した。

「自首した」から

「未だ、人間として最低限のラインは保てている」が

「同様の悪事を行っていながら、自首していない者たちも数多い」のが

「現状人間世界の寒過ぎる現実」だ。

「その元凶」は

「現状の多くの人々」の

「比べっこによる支配権・被支配権争い」という

「乳幼レベル、もしくは、獣レベルの精神構造に在り、

其れを基にした人間世界の精神文化に在る」。

「つまり、解決法は既に明らか」で

「個々の人間の精神構造を

比べっこレベルから

本質&快適探究レベルへと

健常進歩・正常進化させる事により

人間世界の精神文化も健常進歩・正常進化させる事」だ。

「物質文明側同様」に

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」で

「実現可能になる」。

「この今時の先進国の情報・教育界の者なら、

訴えていて当然」の

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の問題」を

「十分に訴えていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「金正恩の核ボタン」より「トランプ大統領の核ボタン」の方が不安な様相の常連出演者等が、実質的、日米政府批判・非難(≒利北朝鮮)等を日本の公共の電波を使って行っていたので本当に呆れた・・・。

『「米国でバカ売れ」の「トランプ大統領の暴露本??」等を「ダシ」に「トランプ大統領が核ボタンを持っている事」等を「悪戯に、批判・非難等」していたが、、

「その前に在るべき、金正恩が持つ核ボタン」という「重大問題」は

「黙殺」だ。

「そればかりか、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって」は

「時間稼ぎ、金稼ぎ等の道具」と

「強く推定される

冬季五輪参加等をダシにした

北朝鮮・韓国の協議」を

「まるで、北朝鮮問題の解決に結び付く正義の協議であるかの如きイメージで

風潮」していた』。

『「見事(もちろん、皮肉)なまでの

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者の手下の様相」が

「其処に、露呈している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」を

「実際に解決する方法」は

「限られている」。

「一つは、主として、日韓内等、他国内での

北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等を

徹底的に撲滅する事」だ。

「その為には、

もちろん、工作員や協力者等の徹底摘発が必要になる」。

「そして、それは、工作員・協力者等が意外な程多いが故に、

手間も時間のかかる

即効性が期待できない方法」でもある。

「もう一つ」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が開発~実戦配備に躍起になっている

核・ミサイル等を

外科手術的に除去する方法」だ。

「北朝鮮の核・ミサイル等」は

「軍備としては、時代遅れで、実戦争では使えば負けるレベルのモノ」だが

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道駅なモノも多い)等の

摘発を行わせない為の圧力道具としては

相応に機能するモノ」だ。

「圧力の元を無くす」なら

「時間と手間をかけた工作活動等の徹底摘発を行わなくても、

主として、日韓内等、他国内での

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等」は

「雨散霧消方向に動くしか無くなる状態に追いやられる事になる」。

「元々、在日の母を持つ金正恩政権が正当化され続ける為」には

「北朝鮮による日韓支配が必需」だ。

「北朝鮮が核・ミサイル等の開発~実戦配備を急いでいる」のは

「出来るだけ早い内(金正恩時代の内)」に、

「在韓・在日米軍を追い出し、

日韓を支配下に置く為」だ。

「そう出来ない場合、金正恩以降の北朝鮮の政権には本質的正当性が無い事になる」。

「そんな根本的政権事情を内包している北朝鮮」は

「米軍を追い出せるレベルの核・ミサイル等を保持出来るまでは、

核・ミサイル等の開発~実戦配備を諦められる訳も無い」。

「つまり、

現状での

北朝鮮劣悪国家指導者等との

話し合い・対話・協議等」は

「成り立つ訳も無く」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

本格的に、話し合い・対話・協議等に舵を切れる状態に至った後の

北朝鮮側の{要求}は既に、はっきりしている」。

「その要求」は

「先ずは、日韓内の米軍を撤退させ、日韓の支配権をよこせ!」だ』。

『「日・米・韓側はどうするべきか?」

「日韓内の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等

(≒北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動・・・非人道的なモノも多い等を

行ったり、協力したりした者たちや、

北朝鮮劣悪国家指導者等に金や権力や異性等を与えられ懐柔されてしまった者たちや

北朝鮮劣悪国家指導者等に弱みを握られた者たち等々)」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が日韓内から米軍を追い出せるレベルの核・ミサイル等を保持する事等」を

「当面の保身等の為」に

「望んでいる」。

「悪魔に魂を売り渡した者たち」の

「醜悪な実態」が

「其処に在る」。

「多くの日・米・韓等の国民も含む、

世界中のほとんどの人々」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄する事を望んでいる」。

「その中の似非平和主義者等」は

「成り立つ訳も無い対話・協議等による解決を言う」が

「もちろん、北朝鮮劣悪国家指導者等との対話・協議の先に在る」のは

「解決では無く、上記の事態」だ。

「現実主義者たち」は

「北朝鮮が持つ核・ミサイル等が出来るだけ少ない内の

軍事オプション使用による無力化等」こそが

「即効性がある」と

「考えたり、訴えていたり、する」。

「もう一つの道である

主として、日韓内等での

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を

徹底摘発する方法」は

「あまりにも、手間と時間がかかり過ぎる」ので

「現実的では無いから」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の問題を解決しないで良い」と

「望んだり・・・している」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等くらい・・・」だ。

「世界中のほとんど全ての人々」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の問題の解決を望んでいる」。

「そして、現実的な解決法」は

「早期の核・ミサイル等無力化」になる。

「戦争犠牲者ダケを言い

工作活動犠牲者を黙殺し続けている

似非平和主義者たち」は

「いい加減に、実質的、恥晒しを止めるべき」だ。

「陰険なナチス・ヒトラー」による

「数十年に渡る、

数十万人レベル(日本)・数百万人レベル(韓国)の

工作員・協力者等による

工作活動(非人道的なモノも多い)の

犠牲者」は

「どんなに少なく見積もっても、何百万人~レベルになる」。

「陰険なナチス・ヒトラー」に

「工作活動を継続させる事」は

「犠牲者の数を更に増やし続ける事」だ。

「似非平和主義者たち」は

「目を覚ますべき」だ。

「陰険なナチス・ヒトラー」は

「直ちに、排除すべき極悪」だ。

「見せ球の核・ミサイル等だけに踊らされている場合では無い」。

「工作活動(非人道的なモノも多い)等の早期徹底撲滅の為」にも

「陰険なナチス・ヒトラーの核・ミサイル等に

余りにも多くの核・ミサイル等を持たせない為」にも

「早々に、実効のある対処をする事」が

「強く求められている」』。

『「それは、北朝鮮劣悪国家指導者等に悪用されようとしている様相の冬季五輪」等より

「優先されて然るべき事」だ。

「スポーツ競技の世界レベルの比べっこ」と

「多くの人々の命・健康等々」の

「どちらが優先されるべきか?」は

「論を待たない」』。

『「今回の韓国・北朝鮮の会談」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等側が早々の核・ミサイル・工作活動等放棄」を

「実現する確約等をせず、

時間稼ぎ・金稼ぎ等に悪用しようとし続ける」なら

「即時徹底攻撃」でも

「決して、間違いでは無い」』。

『「何れにしても、日本の公共の電波上や

公共的マスコミ上や

学校教育上」等々で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が蔓延れている状態」は

「本当に、異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が相変わらず劣悪な「揺らぐ世界論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「人類」の「物質文明」の「進歩・進化」と「精神文化」の「進歩不全・進化不全」の「問題」は

「物質文明は、何故、急速に進歩・進化出来たのか?」を

「検証等」すれば

「其れこそ、何処の誰にも、直に解る」。

「この基本中の基本」を

「疎か」に

「人類の精神文化側」を

「心等として曖昧に扱う」なら

「要でも無い劣悪論」等が

「いくらでも出て来てしまう事になる」。

「要でも無い論」等で

「視聴者の頭の中を埋めようとする事」の

「実体」は

「視聴者愚民化情報工作等」になる。

「公共の電波をそんな事に使う」のは

「余程のおバカか、悪等」になる』。

『「視聴者愚民化の悪のメリット」を

「受ける」のは

「現状で優位な者たち」だ。

「何しろ、多くの人々が愚民状態」なら

「酷い現状を酷い現状のまま続け易くなる」。

「酷い現状をそのまま続ける事」で

「多くの人々の現状脱出欲動の暴発を誘う」なら

「無差別殺傷・テロ・戦争等が発生する確率も上がる」。

「公共の電波を使った愚民化情報の公然化等により

その様な事態を招いている者たち」とは

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち」だ。

「大衆愚民化」の「悪の報酬」が

「現状権力者等から」の

「常連出演者等の過分な出演料や有名人利権の増大等」になる。

「正義ぶって格差是正等を口先ダケで訴えている者たち」の「実体」は

「酷い現状故に高報酬が得られてる有名人」等という

「悪魔に魂を売り渡した状態の者たち」だ。

「真に格差是正等を実現したい」のなら

「余程のおバカや確信犯の悪等では無い限り、

実効のある格差是正法が訴えられていて当然」だ』。

『「現状の人間世界の精神文化側の問題」を

「解決する方法」は

「既に、明らか」だ。

「物質文明側」の

「急速な進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実等」を

「意識的かつ積極的に実用する事」で

「実現出来ている」。

「精神文化側でも同じ事を行えば良いダケ」だ。

「産業革命時に、その様な健常な流れが出来ていた」なら

「物質文明側の進歩・進化故」に

「経済システムという精神文化製品」にも

「求められていて性能アップ」も

「実現出来ていて

世界大戦も回避出来ていた筈」だ。

「ところが、実際」は

「物質文明側の進歩・進化ダケだった」から

「世界大戦に至る道を人類は歩み続けてしまった」。

「二度目の世界大戦の末期」に

「急速に進歩・進化し続けていた物質文明製品の一つである原爆」が

「使われた事」と

「その後の核兵器開発等」により

「第二次世界大戦後の世界レベルの大戦が抑えられて来ている」のは

「未だに、進歩・進化を怠り続けている精神文化側への大いなる皮肉」になる』。

『「人間世界の精神文化の進歩・進化の前」には

「多くの人々の精神構造の進歩・進化が必需」だ。

「多くの人々の精神構造」を

「心等の曖昧な概念で誤魔化そう・・・とする事」は

「進歩・進化の邪魔になる」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「人類の精神構造面」で

「どの様に実用すれば良いのか?」

「先ず」は、

「人類誰もに共通の問題である誕生・死から実用すれば良い」。

「科学レベルで判明している誕生・死の実態」は

「細胞レベルの実現象」だ。

「生きている人類なら誰でも。今、この瞬間にも。

細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら、存続している」。

「それが、現実」だ。

「この現実」は

「旧来からの丸ごと一人レベルの死生観を明白に否定する」。

「丸ごと一人レベルの死も無ければ、霊も、魂も、あの世も無い」。

「それが現実」だ。

「死生観を現実との整合性がより高い様に

性能アップする」と

「必然的に人生観の性能アップも起こって来る」。

「丸ごと一人の死生観故に丸ごと一人レベルで考えていた人生観等」を

「細胞ごとの誕生・死という現実」から

「再構築等する」と

「丸ごと一人の命の連続性」は

「主として、人類の親子等に偏在させ易い」が

「細胞レベルの命の連続性」が

「其れこそ、地球上の全ての生物に繋がっている事」等は

「少し考えるなら、其れこそ、何処の誰にでも解る」。

「人類の世代交代」も

「丸ごと一人レベルの個の保存では無く、

種の保存レベルである

科学レベルで判明している現実」等を

「考え合わせる」なら

「益々、地球生命体細胞群としての自分の実体」が

「実感し易くなる」。

「狭義の自分」は「約60兆とも言われている細胞群」であり

「広義の自分」は「地球上の全ての生物(地球生命体細胞群)」だ。

「自分の現実像を理解・把握する」なら

「狭義の自分ダケを偏重する悪態」は

「悪態としてちゃんと理解・把握等出来易くなる」』。

『「多くの人類の精神構造」を

「相応に現実との整合性が高いモノ」へと

「性能アップ出来た」なら

「人間世界の精神文化製品の性能アップ」も

「容易になる」。

「経済・社会システム等の精神文化製品」を

「より、人類誰もの実体等、現実との整合性の高いモノへと

健常進歩・正常進化させる」なら

「不当な格差等の撲滅も可能になる」。

「無差別殺傷・テロ・戦争等の元」が

「解消される」なら

「それらの超自虐劇等の発生も激減する事になる」。

「逆に、口先ダケで反戦・平和等を訴えていても、

事態を好転させる事が出来る訳も無い」。

「当たり前の現実」が

「其処に在る」』。

『「常連出演者の一人」は

「地球のキャパ」を「問題にしていた」。

「言うまでも無く、人類とは、

地球外も利用可能に出来る

地球上では唯一無二の種」だ。

「元々、生命体細胞群が存続し続ける為には、

物理崩壊に対応出来る様に

その構築度を上げ続ける必要がある」。

「生体構築度が高い人類の増加」は

「その意味からも必然」だ。

「地球のキャパを問題にしている暇がある」なら

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化」を

「意識的かつ積極的に行う事」による

「宇宙の平和・安定利用」を

「訴えるべき」だ。

「地球のキャパを問題にする詭弁」も

「現状を続けさせる為の悪の策略の一つ」と

「強く推定出来る」』。

『「人類誰もの自分の実体」が

「約60兆とも言われている細胞群(狭義の自分)」と

「地球生命体細胞群(広義の自分)」であり

「誕生・死とは細胞レベルの実現象」であり

「自分の実体の根本的目的」は

「存続」だ。

「地球生命体が存続し続ける為」には

「物理崩壊に対抗出来る様に、生命体細胞群の構築度を上げ続ける必要がある」。

「生命体構築度を上げ続けるなら、生命体自体も肥大化するから、

地球外の住処の確保も必要になる」。

「そして、人類は、

地球外の住処を確保する仕事も出来る地球生命体細胞群内では唯一無二の存在」だ。

「地球外を積極利用出来る進んだ物質文明を持っていても

自虐行動等を起こさないで済む

精神構造と精神文化」を

「身に着ける事」が

「今の人類と人間世界には求められている」。

「この重要な時代」に

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信を行える者たち等」が

「政治運動レベルの劣悪な情報配信等を行い続けている」のは

「本当に、酷く、劣悪で醜悪」だ』。

『「今の人類に求められている情報配信等が出来ない者たち等」は

「早々に、過分な立場・報酬・権力等を手放す・手放させられる、べき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

相変わらず「日本の中の北朝鮮等による工作活動等問題という重大問題」等を黙殺し続けている「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作機関」の様相を露呈し続けているテレビ等問題・・・。

『「金正恩の新年挨拶等は大宣伝」しても「日本の中の北朝鮮等による工作活動(非人道的なモノも多い)等は黙殺し続けている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作機関的様相を露呈し続けて来ている

日本の公共の電波が使えているテレビ・ラジオ等」だ。

「明らかな異常事態」が

「戦後日本社会では蔓延れている」。

「言うまでも無く、是正は急務」だ』。

『「日馬富士等飲酒~パワハラ・暴行~傷害事件問題」を

「大相撲界権力争い問題」に

「すり替え」て

「北朝鮮問題(日本の中の工作活動等問題も含む)等の

煙幕として使い続けている実態」も

「本当に、劣悪で醜悪」だ。

「飲酒~パワハラ・暴行~傷害事件問題」は

「飲酒~パワハラ・暴行~傷害問題」として

「同様の新たな事件・事故等を減らす為の役に立つ情報配信をするべき」だ。

「例えば、

飲酒運転~事故等が厳罰化された様」に

「飲酒~パワハラや飲酒~暴行・傷害等も厳罰化され、

それが大衆周知される」なら

「同様の新たな事件・事故等を相応に減らす事が可能になる」。

「飲酒運転が厳罰化されていて、

飲酒パワハラや飲酒暴行・傷害等が厳罰化されていない状態」とは

「公平・平等であるべき法の状態としても異常」だ。

「飲酒~暴行・傷害等が厳罰化され、それが大衆周知される」なら

「酷い性暴行事件等もかなり減る可能性が大きい」。

「飲酒~暴行・傷害等は厳罰に当たるのだから、絶対にダメ!規制の効果により、

今回のモンゴル力士会の事件も起こらなかった可能性が大きい」。

「実効を考える」なら

「出て来て当たり前の論」を

「黙殺し続けている状態」は

「明らかに異常」だ』。

『「更に異常」なのが

「大相撲界権力争い」を

「大々的に宣伝」し

「多くの視聴者等の頭の中」に

「人と人との権力争いの精神構造を焼き付けよう・・・としているところ」だ。

「その実効」は、

「大権による事件・事故等の圧殺等をより容易にする事」や

「大権に媚びる不健全な精神構造を持つ人々を増やす事」等になる。

「権力は人に持たせず、

実体や事実・現実に預け、

それを成人となった誰もが共有する」のが

「人間世界を健常にし平和安定させる基本中の基本」だ。

「権力を人に持たせ、大権化させ、大権を公然化する」とは

「時代に逆行する

独裁政権方向に向かう

{悪魔の大衆誘導}」になる』。

『「その辺りの情報配信ぶり」にも

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の臭い」が

「充満している」』。

『「独裁者等」に

「大量の核ミサイル等を持たせたり、

他国内での工作活動(非人道的なモンも多い)等を続けさせたり・・・する」なら

「人類は確実に破滅を迎える事になる」。

「現状の人間世界」は

「破滅に至らない破壊」の「後」に

「新世代健常精神文化・精神構造による平和安定状態に至る道」と

「破滅に至る破壊で人類滅亡に至る道」の

「分かれ目に在る」。

「本来なら、破壊抜きで新世代への軟着陸が出来る道」も

「在るべきだった」が

「もはや、手遅れ状態」だ。

「この様な現状」で

「破滅方向に向かう様に力を加える」とは

「本当に酷い、おバカ状態の者か、悪状態の者」の

「やる事」だ。

「自己健常制御の継続という人間一個体としての基本中の基本」を

「すっかり忘れ」、

「その代わり」に、

「他の者・物・事を支配しようとしたり、

他の者・物・事に自分を支配させる事による病床利得的メリットを得続けようとしたり、

している

代償欲求の過剰追及状態に陥っている

迷い子、或いは、悪魔に魂を売り渡した者」等の

「行動実態」は

「本当に、酷い」。

「もちろん、そんな行動実態を露呈している者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮が韓国に対話を求めて来ている」が

「北朝鮮との対話が成り立たない事」は

「既に、歴史が実証済み」だ。

「対話による合意が形成されても、それを反故にし続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等が求めて来ている対話」の

「実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の時間稼ぎ以外の何モノでも無い」。

「それに、乗ったのも、

北朝鮮の工作が旺盛で

北朝鮮の工作の成果として生まれた

韓国従北政権」なのだから

「お手盛り時間稼ぎ」で

「喜んだり、安堵したり、・・・する」のは

「本当に深刻なおバカか、余程の平和ボケか、確信犯の悪等」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決法」は

「斬首作戦の実行」か

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争の実行」か

「核・ミサイル施設等への限定攻撃実行の後の北朝鮮劣悪国家指導者等の屈服」等しか

「在り得ない」。

「核ミサイル等をつくり続けられ、

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等も行い続けられている

現状」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等が悪の思惑等を手放せる訳も無い」。

「対話も対話による合意も無駄」だ。

「圧力には、ちゃんと機能するなら、若干の実効がある」が

「少々の事では、北朝鮮劣悪国家指導者等が思惑を変える訳も無い」から

「時間がかかり過ぎ、

結果として、

北朝鮮劣悪国家指導者に更なる時間を与えているダケになる」。

「北朝鮮問題を早期解決しない」なら

「近未来の人類が否応無しに得る事になる」のは「破滅」だ』。

『「大量の核ミサイル等を持ててしまった北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「先ずは、日韓支配、そして、

最終的には、全世界支配」を

「全世界に要求する中、

全世界側には拒否しない選択肢は無い」。

「それに腹を立てた劣悪国家指導者等」が

「例えば、米国等に、核ミサイルを撃つ時、

世界中から反撃が始まる」。

「北朝鮮側も持っている核ミサイルを

それこそ、全部、撃つ」。

「世界中に、大陸間弾道核ミサイルが降り、

世界は破滅し

人類は滅亡する事になる」』。

『「今の内に軍事力を行使し、北朝鮮問題を解決する」なら

「極東地域の被害は少々(日本は少々のチリに埋もれるが、その後、不死鳥の如く復活する)」で

「後は、中東の{破滅に至らない破壊}の問題」となる。

「破滅に至らない破壊」により

「宗教問題等もクリアーされる方向に動き、

その後、

新世代人間世界が構築される事になる」。

「どちらの場合でも、環境問題が重く圧し掛かって来る事になる」が

「破滅に至らない破壊」に「至る」なら

「環境問題の解決」や

「人類の宇宙本格進出を可能にする」

「役に立つ新世代技術」も

「公開~実用される事になる」』。

『「北朝鮮問題の解決」は

「早ければ、早い程、良い」。

「工作活動(非人道的なモノも多い)被害者・犠牲者等も

その分だけ少なくて済むから」だ』。

『「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の様相を露呈し続けている

テレビ・ラジオ・マスコミ等や教師・教授等々」には

「本当に呆れる」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち」が

「其処に居る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「冬季五輪」も「韓国従北政権」も「米国反戦派」も、「核ミサイル等を増大配備する為の時間稼ぎとして使っている北朝鮮」の実質的、応援等をしていたテレ朝朝番等問題・・・。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話等」が「無駄、どころか、事態をより深刻化させる為の時間与えにしかならない事」は

「北朝鮮問題の歴史が既に、実証済み」だ。

「それなのに、未だに、対話等を訴えている者たち等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の臭い」が

「漂って来る」。

「かつての、

金庫から北朝鮮製の金の延べ棒が3本も出て来た・・・」という

「故金●氏等の様・・・」に

「何らかのモノを与えられていたり、

弱み等を握られていたり、

・・・等々しているのかも知れない」が・・・』。

『「何れにしても、{悪魔に魂を売り渡した者たち}の近未来」は

「永遠の恥辱に染まる道の上」と

「決まっている」』。

『「対話では解決不可能な北朝鮮問題」を

「解決する方法」は

「既に、明らか」だ。

「反戦を言い、工作活動犠牲を言わない

似非平和主義者、

もしくは、偽善者、

もしくは、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「一番嫌がっている」のは

「武力行使」だ。

「例えば、

米軍が、北朝鮮の核・ミサイル施設等に対し、

限定攻撃等を行っても、

北朝鮮側は反撃出来ない可能性が非常に高い」のが

「現実」だ。

「何しろ、反撃すれば、全面戦争となり、

全面戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わるから」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が核ミサイル等の増大配備に異常な程熱心」なのは

「全面戦争時に直ぐ負ける状態を脱したいからに他ならない」。

「全面戦争時に北朝鮮が直ぐ負けない、

ばかりか、

大量の核ミサイル等による反撃まで可能になる」となれば、

「武力行使による北朝鮮問題の解決が出来なくなる」ので、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「対話とは名ばかりの要求突き付け場所」で

「好き勝手な要求を突き付けられる様になる」と

「共」に

「他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「連綿と行わせ続ける事が出来る様になる」から

「陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき

北朝鮮劣悪国家指導者等による

先ずは、日韓支配、何れは、全世界支配も

可能になる・・・」等というのが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の悪の思惑」だ。

「逆に、北朝鮮の核ミサイル等が不十分な内」に

「武力行使する」なら

「北朝鮮問題」は

「其れこそ、アッと言う間に解決出来る事になる」』。

『「圧力によろ解決」は

「非常に困難」だ。

「圧力をどんなに強めても、

北朝鮮劣悪国家指導者等は

核ミサイル等の増大配備を止めない」から

「圧力による解決を目指している時間の分だけ

北朝鮮の核ミサイル等も増大配備されてしまう」。

「そして、その臨界点が来た時

北朝鮮側から対話要求が出て来る事になる」。

「もう、十二分の核ミサイル等の実戦配備が出来たから

米・日・韓・中・ロ等関係諸国は

北朝鮮劣悪国家指導者等の要求を呑め!

呑まないのなら、核ミサイルを使うぞ!」の

「要求」を

「関係諸国は、どう処理出来るのだろうか???」』

『「今、こうしている間」にも

「主として、日韓内等」では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等による犠牲者」が

「増え続けている」。

「北朝鮮内では、核ミサイルの実戦配備がどんどん進められている」』。

『「似非平和主義者や、偽善者等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等では無い」のなら

「直ちに、考えを改めるべき」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題を解決出来る

現実的手段」は

「出来るだけ早い内」の

「米軍等による核ミサイル施設等に対する限定攻撃」だ。

「その時、万一、北朝鮮が反撃して来た」なら

「遠慮無く、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争を行う事」だ。

「対話や圧力等で、

北朝鮮劣悪国家指導者等に更なる時間を与え続ける事」は

「工作活動(非人道的なモノも多い)等犠牲者」と

「北朝鮮の核ミサイル等」を

「増やし続ける

{悪魔の策」」に他ならない』。

『「現状の韓国」は

「韓国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員等やその協力者等の

{悪の頑張り}」により、

「従北政権化されている」。

「戦後の日本」にも

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員やその協力者等」が

「少なからず居る」。

「それは、日本全国各地から多数の日本国民が拉致された現実」からも

「明らか」だ。

「拉致工作等を行った工作員・協力者等」が

「その後、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態から解放される訳も無い」。

「日本国内で、北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子育成に励んだり

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子の粛清工作

(飲食物工作・侵入工作・電磁波工作等々、

非人道的な手段が用いられている場合も多い)

を仕掛けたり

し続けて来ている」のが

「実態」だ。

「政財界工作や情報・教育工作等はもちろん、

医療工作等々ま行って来ている

非人道的な者たち」の

「徹底摘発」は

「日本国政府・警察等の重大任務」だが

「その重大任務の実効のある実行」は、

「戦後日本の法・体制故、

世代間連鎖まで有る多人数による集団的工作活動故、

困難を極めている」のが

「現実」だ。

「一番手っ取り早い実効のある手段」は

「工作活動の元を無くす事」になる』。

『「金正恩の母」が

「在日朝鮮人である事」は

「決して忘れるべきでは無い」。

「金正恩政権正当化の為」には

「金正恩による日本支配が要る事になる」』。

『「日本の中の

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「重大問題」として

「大衆周知させようともしない

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当に、異常」だ。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達」の

「情報工作機関等」になる』。

『「その様な実体」を「内包している」が「故」に

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の

北朝鮮問題等に対する論調」も

「内実として、北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達になってしまっている」と

「強く推定出来る」』。

『「摘発すべき工作員・協力者等」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等にも、ゾロゾロ・・・の様相」なのだ』。

『「視聴者・読者等が普通の日本国民」なら

「そんな状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等の論調等に同調する、させられる事」は

「本当に、自虐的な事」になる。

「戦後日本の学校教育等」も

「同様」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »