« 昨今の記事等が{痛い}からか(?)筆者に対する工作が更にお旺盛になっているが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、将棋等をダシに「現行経済システム上での集金頑張り」や「比べっこ上の勝ち」等を喧伝していたが・・・。 »

「火山脅し」や「代理母出産の宣伝」等を行っている番組が多いが・・・。

『「本白根山」という「想定外の場所」からの「水蒸気噴火」が「起きた」が、

「現状の想定」とは

「地球環境極端化前までの過去の実績ライン上」だから

「想定外と言う」よりは

「現状までの人間社会・経済システム等がもたらした

地球環境温暖化等による

地球環境極端化故の現象」とでも

「言うべき」だ。

「カナダでも大地震が起き、

フィリピンでも火山が爆発し、その後の大地震まで予想されている」。

「今後」も、

「世界中」で、

「雪雪崩的に、

極端気象等故の現象が

どんどん露出し易くなる状態」は

「当分続く事になる」が

「元々は、現状までの人間社会・経済システム等故」だ。

「逆から言えば、

元の是正こそが肝要である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」が

「未だに、

多くの人々が、

特に、

この手の問題に関して、

リーダー的情報配信・教育等を行う立場にある者たちの多く」が、

「肝心要」の

「元の是正を強く訴える事等」を

「怠り続けている」のだから

「本当に呆れる」。

「何れにしても、

現状までの人間世界の終わりの時代」が

「確実に訪れて来ている」。

「次世代人間世界への進歩・進化」に

「失敗する」なら、

「人類は近々滅亡する事になる」』。

『「現状人間世界を終わらせる事に直結している人類の実行動等」も

「至るところで露出している」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が核・ミサイル等を大量保持しようとしている事」を

「容認し続ける」なら

「近々、人類は破滅する事になる」。

「トランプ大統領等による政策がどんどん実現して行く」なら

「人類は、破滅に至らない現状人間世界の破壊」を

「行う事になり、

現状人間世界破壊後に

次世代人間世界の構築が可能になる」。

「次世代人間世界への軟着陸を実現させるべく

全世界レベルで

本気で

実効のある情報・教育改革等を行う」なら

「次世代人間世界への軟着陸も可能だった」が

「今や、既に、時遅過ぎて・・・状態」だ。

「この意味から」は、

「現状までの情報・教育界や政界等、所謂、文系の仕事をしていた者たち等」の

「責任は、非常に大きい事になる」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の者たち等や

大学教授等も含む学校教育界の者たち等はもちろん、

映画・ドラマ・音楽・小説・漫画・アニメ・芸術等々の{仕事}をして来た者たち」の

「責任」は

「非常に大きい事になる」。

「未だに、本気で是正しようともしていない状態」は

「本当に、救い様の無い状態」だ』。

『「優等生ぶっているテレビ常連出演者等」は

「想定外の噴火」を「受けて」、

「御嶽山の噴火を受けた対策と同様のシェルター対策等」を

「訴えていた」が

「対策を想定されている場所に行うダケでもかなり困難」で

「ましてや、想定外の場所全てに直に行う事」は

「実質的に、不可能」だ。

「絵に描いた餅」で

「優等生ぶり、正義ぶれている

裸の{王様}」が

「自らが裸でしかない事に気づくのは何時の日か?」

「今、大声で訴えるべき事」は

「人類の物質文明側の進歩・進化に対して

余りにも、遅れ過ぎている

人類の精神文化側の進歩・進化の役に立つ情報配信」だ。

「例えば、

物質文明側の進歩・進化は、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事によって

実現し続けて来ている」のだから

「同じ事を精神文化側でも行う」等の

「情報配信」だ。

「具体例として、

自分の実体把握や

死生観・人生観等」から

「始めれば良い」。

「そもそも、

現状までの人間社会・経済システム等の自虐性」も

「自らの実体さえ満足に理解・把握出来ていない者たち等が内在させている

膨大なストレス等の

個体意思外押しつけ等から生まれている」。

「多くの人類が自分の実体を

科学レベルで十分に理解・把握する事の

実効は大きい」。

「自分の実体をちゃんと理解・把握出来た」なら

「死生観・人生観」の

「現実との整合性」も

「高くなる事になる」。

「多くの人々の死生観・人生観の現実との整合性が高くなれば、

必然的に

人間社会・経済システム等も

現実との整合性がより高いモノに進歩・進化させられる事になる」。

「今、人類が行うべき大事業を行わない劣悪者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「自分たちのDNAを残したい・・・」と

「代理母出産を選択した者たち等」を

「公共の電波上等で大宣伝する悪態」も

「未だ、是正されていない」。

「そんな事を行っている暇がある」なら

「個の保存では無い、種の保存である人類の世代交代の実体・実態等」を

「情報配信するべき」だ。

「父・母のDNA部品が、

DNA部品として、

混ぜられ、

合計半数が、

選択的に使われる事」で

「誕生する子」とは

「父・母とは別人格の別人以外の何モノでも無い」。

「代理出産で別の母に育成される受精卵」が

「代理母の胎内で

必要と感じ

発芽させる

遺伝的体質や特性等」は

「代理母由来のモノ」だ。

「代理出産」とは、

「代理母という第三の親も{参加}する

三親共同による

子造り」に他ならない。

「そして、産まれて来る子」は

「三親の誰とも別」の

「別人格の別人」だ。

「別人格の別人」に

「過剰な程に、自らの延長線等を感じたがる考え・思い等を生み出している」のは

「その個体の本質的自信の喪失」だ。

「生物個体の本質的自信」は

「生物個体の実体や実体の本来の目的」を

「本質的に満たす健常・正常行動等の蓄積により得られ続ける」。

「本質的自己健常制御が重要な理由は其処に在る」。

「ところが、

現状人間社会・経済システムや

丸ごと一人の死生観・人生観等々の

現実離れが激しい思想信条等に毒される」と

「人は、容易に、本質的自己健常制御状態を失う状態に陥り、

その酷い状態を継続し易くなる」。

「本質的自信の喪失は当然」となり、

「本質的自信を喪失した分だけ

その代償を追及する状態に陥り易くなる」。

「自らが、

既に、本質的自信を喪失させる

本質的不健常な事を行っている」のに

「他の者・物・事等にそんな自らを認めさせる事等により

自信や自己承認感等を得続けよう・・・」としたり、

「自らと、子や子孫や同じ仲間等や同じ民族や同じ人種等を同一視し、

自らの思い等をそれらの者たち等に投影・転嫁等する事により

自己保存感や自己継続感等を得続けよう・・・」としたりする

「状態に陥り易くなる」。

「狭義の自分の現実離れした考え・思い等により

他の人々や広義の自分の健常状態等を損ねさせる

更なる、悪態・悪行により

自らの不健常状態を誤魔化し続けようとする

超自虐」等を

「知らず、知らずの内に行ってしまっている人々の数」は

「未だ、未だ、多い」。

「こんな状態」は

「全人類が本気で早急に是正すべき事以外の何モノでも無い」』。

『「不健常状態を是正せず、

悪戯に時を重ねる」なら

「至る所で破綻が露出する事になる」。

「地球温暖化による極端気象や天変地異等」も

「人間社会の

現状経済システムや

その恩恵を強く受けている極一部の者たち等の為」の

「グローバル化」や

「その反動の保守化」も、

「極悪国家指導者等」の

「保身」や

「支配地域・人民拡大の為」の

「核・ミサイル等開発~実戦配備や

他国内工作活動等」も、

「破綻現象の氷山の一角」だ』。

『「現状のまま、人間世界が時を重ねる」なら

「破綻現象の氷山の元までもが、露出して来る事になる」。

「極悪国家指導者等を存続させ続ける」なら

「人類は破滅する」。

「現状経済システムを維持し続けようとする」なら

「グローバル化の反動の保守化の先に

破滅に至らない破壊が生まれる」。

「何れにしても、

元まで露出した氷山は崩れ去り、

新たな人間世界の構築が必要になる」が

「破滅の場合には、それも無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題」は

「人類破滅を避ける為にも、

早々に片付けるべき事」だ。

「現状経済システム」は

「本来なら、少々前から、意識的かつ、積極的に、是正して来るべきモノだった」が

「もはや、是正で事を収めるには時が遅過ぎる」。

「現状で出来る事」は

「破壊後の次世代人間世界構築をよりスムーズに行う為の準備等になってしまっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者問題を早々に片付ける」なら

「その後、

人類は、

破滅に至らない破壊に

自らを導く、

或いは、

自然と、導かれる

事になる」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ。

「次世代人間世界への軟着陸」を

「大いに阻害した悪」が

「其処に在る」』。

|

« 昨今の記事等が{痛い}からか(?)筆者に対する工作が更にお旺盛になっているが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、将棋等をダシに「現行経済システム上での集金頑張り」や「比べっこ上の勝ち」等を喧伝していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事