« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

ネットケーブルから工作電磁波が発生する様になってしまったが・・・。

『「昨今の記事が余程痛いからか、筆者の周囲のそのスジの者たちからの粛清・妨害工作等」が

「非常に強化されている」。

「例えば、

外出時に

レーザー的工作電磁波が当てられる率が上がった」。

「もちろん、それは、工作電磁波を発生させている者たちが居る場所等の特定にも繋がる」から

「家にしろ、車にしろ、リストアップ」で

「リストから特定される者たち等は、

何れ、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」。

「本日、パソコンを立ち上げたら

ネットケーブルから工作電磁波が出る様にされていた」が

「思い当たる」のは

「昨日、筆者の暮す建物に繋がっている電話回線関連の工事が行われていた事」だ。

「光回線利用の筆者」だが

「当然、建物の直近から部屋・パソコンまでの間」等は

「光回線では無い」。

「筆者の建物に通じている回線に

ハードか、ソフトか、は不明だが

工作電磁波を発生させる仕掛けを仕込めば、

当然、

筆者のパソコンに繋がっているネットケーブルからも

工作電磁波を発生させる事が可能になる」。

「その様な実態」が

「露呈した」訳だ。

「電話回線工事を行っていた車」は

「バケット車」と

「赤の軽自動車」だった。

「バケット車は足して18になるナンバー」で

「軽の方は足して20になるナンバー」だった。

「警察や公安等」は

「将来的全摘発の為に

電磁波工作の実態等を

完全把握しておく為」にも

「該当」を

「調査しているべき」だ。

「筆者の周囲」には、

「上方向の監視ポイントアップ工作員等々

その手の工作員・協力者等が

ゾロゾロ・・・だから

結構、効率良く、摘発準備材料が入手出来る筈」だ』。

『「電磁波工作や侵入工作や飲食物等々」の

「非人道的な集団工作等」により

「粛清」し

「ネット等の個人発信言論等を封じる事で

テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等による

情報・教育統制状態を回復させようとしている」ばかりか

「血統や思想等々から、

身勝手に、不適応分子と認定した

日本人の人口を減らそう」としている

「陰険なナチス・ヒトラー」は

「一刻も早く葬るべき」だ。

「そして、その実態」や

「少なくとも、陰険なナチス・ヒトラーの主要メンバーや主要工作員・協力者等々」は

「同様の新たな事態の再発防止の為」にも

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき」だ』。

『「今時のメディアの情報配信」は

「実体や事実・現実を原寸大で視聴者・読者に伝え、

善悪・賛否判断等は視聴者・読者に委ねる」のが

「正道」だ。

「メディアの実権者等がした

善悪・賛否判断等に基づいた

偏向・偏重配信等を行ったり、

メディアの実権者等の都合に沿う世論等をつくり出す為に

脚色した情報配信をしたり、

例えば、

反体制等を訴え、

実質的に、反対野党や反日国悪権力者等を利したり・・・する」のは

「明らかに時代遅れ」だ』。

『「時代遅れ状態を是正しようともせず、

個人レベルの言論等を

非人道的な工作等の手段まで使って

粛清等しよう・・・とし続けている」のは

「悪魔に魂を売り渡した

人間の皮を被った

非人類とでもいうべき

者たち等」に他ならない』。

『「人類の長い存続~永続の為にも

早急に排除・駆逐・隔離等すべき存在」が

「其処に在る」。

「非人類とでも言うべき存在による人類排除・粛清等々」を

「放置し続ける」なら

「人類は滅亡する」。

「非人類を排除・駆除・隔離等する」なら

「人類存続が可能になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「早々に、片付けるべき」だ。

「それと共に

主として、日韓内等で蔓延り続けている

工作活動(非人道的なモノも多い)等」も

「早々に、撲滅させるべき」だ』。

『「地球生命体細胞群」が

「人類滅亡と人類存続のどちらの道を選ぶのか?」も

「全宇宙が見守っている小重大事の一つ」に他ならない。

「宇宙への本格進出が迷惑となる生命体」なら

「消滅が相応しい」。

「全宇宙レベルでは地球ごと消滅したところで大勢に影響が出る訳も無い」。

「消滅方向を選択している

悪魔に魂を売り渡した者たち等」は

「どちらに転んでも、先が無い」。

「悪魔に魂を売り渡したが故に

自虐の自覚さえ持てずに、

実に愚かな選択をしている」。

「常人から見れば、醜悪な裸の王様状態に他ならない」のだが』。

『「オリンピックとパラリンピックを同時に行っていない」ので

「今後のパラリンピック間の分だけ

未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等が時間を稼ぎ易い状態が続いている」。

「二枚舌の北朝鮮劣悪国家指導者等」に

「韓国従北大統領」は

「非核化二段階構想」を「提案」したが

「その骨子」は

「その間は、

北朝鮮は核を持ち続け

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

継続~拡大等出来る事に他ならない」。

「他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等次第」で

「核放棄仮面の核保持維持」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の核保有の容認にも化けさせる事が出来てしまう」。

「実に、

従北大統領らしい

北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う提案」だ。

「もちろん、言うまでも無く、

もはや、

米・日・中等々、全世界」は

「そんな{二枚舌}に騙される訳も無い」。

「散々の大悪事を積み重ねて来ている

現在でも、他国内で工作活動(非人道的なモノも多い)等を行わせ続けている

北朝鮮劣悪国家指導者等に相応しい」のは

「自首」であり

「自首しないのなら、逮捕・排除・駆除等になる事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「極悪非道劣悪国家指導者等が核・ミサイル等を保持し続ける事」を

「黙認・容認等し続けられる時代」は

「もう、終わっている」』。

『「未だに、

日韓等の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等は

恥の上塗りを行い続けている」が

「それは、

永遠の恥辱に染まる道上での名の大きさを拡大させ続けている愚業に他ならない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の要求を聞く為の対話では意味が無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が更なる時間を得る為の対話では意味が無い」。

「米朝対話が実現」しても

「北朝鮮劣悪国家指導者等の自首が無い」のなら

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は、

「対話では解決出来得ない事」が

「再確認されるダケになる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の自首等が無い場合

米軍等の限定攻撃等により

短期間で解決される事になる」』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「米朝会談と北朝鮮の体制維持等を渇望」等していた様相だったが・・・。

『「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている、在日の母を持つ、北朝鮮の現政権」を「普通の政権の如く扱い

その体制維持等」を

「まるで、正義であるかの如く風潮等」し

「{哀れな操り人形}女性応援団」を

「美女応援団等と賛美宣伝」等している

「テレ朝朝番」等では

「米朝の接触~米朝会談の実現」を

「渇望している様相」だが

「もちろん、言うまでも無く、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄し

自首しない限り、

対話・会談等は無駄以外の何モノでも無い」。

「米朝が接触したところで

極悪非道北朝鮮の言い分と

現状人間世界の常道に在る大国の言い分」が

「交わる訳も無い」。

「極悪非道北朝鮮側が過去から積み重ねて来ている大罪を悔い

自首等する事により

常道に在る状態にならない限り

北朝鮮問題の対話解決は不可能」だ。

「極悪人は逮捕する。

逮捕が無理なら、排除・駆除等する。

・・・それが、現状人間世界の常道」だ。

「国際社会側が、極悪人の実体を見誤って、

極悪人を優遇する事で改心を期待したり、

極悪人との対話等を試みる事等により

悪戯に時間を費やし

極悪人を実質的に、放置し続けて来た事等」により

「極悪人が核武装し、ICBMまで保有しようとしている」のが

「現状の北朝鮮問題の内実」だ。

「国際的圧力をかけ続ける事等により

極悪人が自首等しない」なら

「力による逮捕、もしくは、駆除・排除等」こそが

「適切になる」』。

『「それなのに、テレ朝朝番等」では

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮の現政権」を

「まるで、普通の国の普通の政権であるかの如きイメージで扱い

彼らが求めているのは体制維持だけ・・・等と

実質的には、極悪非道な大悪事等の黙認等を

多くの視聴者にさせよう・・・等としていた様相だった」のだから

「本当に酷い」。

「北朝鮮の現政権が在日の母を持つ金正恩である事」も

「黙殺していた」のだから

「それも、酷い」。

「普通に、

北朝鮮の政権について情報配信する」なら

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている

在日の母を持つ金正恩政権」の

「体制維持の為には

金正恩等による

最低でも、日韓等の支配が必需になってしまう」。

「金正恩等の支配下に置かれる事を是としない」なら

「金正恩等が自首等するか

北朝鮮の政権を常道上の政権に変えてもらうしか無い」。

・・・「等々になる」。

「自首等を促す為にも、国際的圧力を最大限にまで高める事には大きな意味がある」。

「それでも、極悪非道政権側が自首等しない」のなら

「力による逮捕・排除・駆除等も止むを得ない」。

「何故なら、

極悪非道政権を存続させる事により多くの人類が受けてしまう絶大なるデメリットに

比べれば、

極悪非道政権を排除・駆除等する為の一時的な小戦乱等の方が

遥かにデメリットが小さいから」だ。

「戦争犠牲者ダケを誇大に扱い

工作活動犠牲者を黙殺する」のは

「極悪非道工作活動政権等を利す為の

悪魔の論等」になる』。

『「実質的、悪魔の論等」を

「日本の公共の電波を使って

大々的に配信する」のは

「{悪魔の手下}等」になる。

「公共の電波上の論等」は

「常道上に在るモノが主であるべき」だ。

「{悪魔の論}が主」では

「本当に酷い」』。

『「多くの常道上に在る北朝鮮国民」を

「極悪非道劣悪国家指導者等から解放する為」にも

「極悪非道劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

一刻も早く消滅させる為」にも

「極悪非道劣悪国家指導者等の自首」もしくは

「極悪非道劣悪国家指導者等の逮捕・排除・駆除」等が

「激烈に求められている」のが

「現状の北朝鮮問題の実態」だ』。

『「この後に及んで、

未だに、

極悪非道劣悪国家指導者等の側に付いている者たち等」は

「本当に、異常」だ。

「余程、繋がりの濃い手下等なのか?!」』

『「民族差別主義者等」は

「同じ民族だから・・・」と

「極悪人さえも容認してしまう」。

「常人」なら

「民族等を問わず、

善人同士協力して、

極悪人等は逮捕等し、

善人化させよう・・・等とする」。

「極悪人支配下の国家」なら

「その国の極悪人では無い民の為」にも

「常人同士協力して、

一刻も早く、

極悪人による支配を終わらせよう・・・とする」。

「極悪人の

核武装・ミサイル等保持、

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等継続・拡大等々」を

「悪戯な性善説等に基づいて

実質的に、援助し続けて来てしまった」から

「現状の北朝鮮問題がこんなに深刻化している」のが

「実態」だ。

「これ以上の放置~容認」が

「絶対ダメ!」である事等は

「多くの人類が既に、重々承知の事」だ。

「違うのは、極悪人等の手下等」と「強く推定出来る」』。

『「他の事件・事故等や政治問題等々をダシ」に

「どんなに正義ぶり、優等生ぶって」も

「北朝鮮問題への言及内実等」により

「テレビ常連出演者等の正体」は

「バレバレ等になっている」のが「実態」だ。

「実体」が

「極悪人の手下やオトモダチ等々」なら

「日本の公共の電波上に常連出演等させ続ける事」は

「明らかに不適切」になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「米国の銃問題」や「商業科した五輪」等で正義ぶり、優等生ぶっていたり・・・等々していたが・・・。

『「日本国内の北朝鮮等による工作活動(非人道的なモノも多い)等」さえも「重大問題として十分に訴えていない者等」による

「他国の問題や五輪等をダシにした

正義ぶり論、優等生ぶり論」等は

「本当に、劣悪で醜悪」だ。

「当然の如く、

論内容等」も

「上っ面をダシにするダケ」等の

「劣悪状態」となっている』。

『「市民の自主防衛が認められている米国」では

「既に、溢れる程の銃器等が市民の中にも在る」。

「その中で、自主防衛用としては過剰な性能とも言える

軍隊レベルの銃器等」を

「規制する事」は

「それなりに合理的でもある」が

「当然、既に、出回っている物を回収する事」等は

「非常に困難」だ。

「在る物を規制する道以上」に

「在る物をどう使うか?を健常化・正常化する対策」こそが

「求められている」のが「現実」だが、

「現状利権に酔っている様相の常連出演者等」からは

「当然の如く、

その辺りへの言及は無かった」。

「常連出演者等の論の内実」は

「この件に限らず」、

「自分たちの現状利権を損ねない範囲」で

「現状に在る者・物・事等」を

「正義ぶり、優等生ぶり、批判・非難・否定等する

まるで、反対野党の様な

酷いモノばかり・・・状態」だ。

「もちろん、そんなモノで多くの視聴者の頭の中が染め上げられてしまう」なら

「低レベル論に染め上げられてしまった視聴者等の劣化」も

「必然となってしまう」。

「早急な是正」が

「必要」だ』。

『「何故、自主防衛等が要るのか?」

「もちろん、防衛しないと悪状態の者が付け入って来るから」だ。

「何故、悪状態の者が生まれるのか?」

「人間の状態」は

「環境や情報・教育等により大いに変わる」。

「悪状態の者を生み出す環境・情報・教育等の撲滅こそが極めて重要になっている」のが

「物質文明が極めて急速に進歩・進化し続けて来ている人間世界の現実」だ』。

『「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明相応」の

「精神文化の急速な健常進歩・正常進化」を

「実現出来て来ている」なら

「とっくの昔に戦争やテロや殺傷事件等々」を

「極めて小さく・少なく出来ている」のが

「人間世界の現実」だ。

「しかし、現状まで」では

「圧倒的に精神文化側の健常進歩・正常進化が足りていない」。

「何故か?」

「精神文化側では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して来ていないから」だ。

「人間社会・経済システム等も精神文化製品」だが

「ちゃんと科学レベルで判明している人類の実体やその実体の本来の目的等から

整合性を取って構築していない」。

「それなのに、

意識的かつ積極的に、

現状を直し、構築し直そうともしていない」。

「結果、現状の人間社会・経済システム等という環境故に

多大な不平不満等を抱かせられ

悪状態に陥ってしまう者も

少なからず出続けてしまっている」』。

『「現状の不出来な人間社会・経済システム下でも

多くの人々は、極めて抑制的で居られている」。

「しかし、抑制的で居られている人々の裏」には

「抑制的で居られるに十分な環境や資質・能力等がある」のが

「現実」でもある』。

『「資質・能力等に大きく関わっている」のが

「情報・教育」だ。

「現状の多くの情報・教育」では

「比べっこを推奨」し

「比べっこ上の上位者等を賞賛等している」。

「それは、既に、現状で、優位である者たちにとっては

非常に都合の良い情報・教育」だが

「現状で劣位にある者たちを悪状態に誘い易い情報・教育でもある」。

「不遇な者たちが

優遇されている者たちとの

比べっこで勝つ」には

「摘発等されない不健常な手段の実用も合理的になってしまう」のが

「現実」だからだ。

「ズル等をする者たち等から自分を守る為」には

「相応の自己防衛も必需になる」。

「米国では、銃保有レベルの自己防衛が必要な時代が長く続いて来ている」。

「しかし、そのお陰」で

「体力的弱者の自己防衛も可能」となり

「一般市民レベルを狙う他国悪権力者等の命令・指令の下の工作活動等」は

「蔓延れ辛い状態になっている」。

「自主防衛が認められていない戦後の日本」では

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

スパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等」さえもが

「蔓延れてしまっている」』。

『「比べっこ」から

「本質・快適探究」へと

「多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる情報・教育」を

「意識的かつ積極的に行う」なら

「銃武装等無しで

スパイ・工作活動等も蔓延らない

人間世界の構築も可能になる」。

「本質・快適を探究する」なら

「他の者・物・事との比べっこ上で

自分を確認し続けたり

落ち着けたり

させようとするのでは無く

自分の実体やその実体の本来の目的に沿う事や

科学レベルで判明している実体や事実・現実と共にある状態に自分を置く事等により

自分を確認し続けたり

落ち着けたりする様になる」。

「人間社会・経済システム等の精神文化製品の

実体や現実との整合性も高められるのが当然となり

産まれながらの環境格差や

生後の過剰な経済格差等の是正も必然になる」。

「狭義の自分を健常にコントロールし続ける事により

本来の支配欲を充足させる人々が主となり

他の者・物・事の支配や

他の者・物・事による被支配等の

乳幼レベルの精神構造を

成人後も使い続けようとする人々の数」は

「激減する事になる」。

「産まれながらの環境格差や

生後の過剰な経済格差等が解消され

自己支配欲を満たす人々が主となる

人間世界」では

「人類の自虐が大きく抑えられ」

「世界平和や環境改善等が当たり前になる」』。

『「現状利権という{麻薬}に溺れている様相」の

「今時必要な仕事が十分に出来ていない

常連出演者・常筆等」の

「劣悪さや醜悪さ」等も

「多くの人々が直に分る様になる」から

「劣悪で醜悪な事を行い続けている」なら

「同様の新たな実質的、大犯罪等の再発等を防ぐ為にも

劣悪で醜悪な事を行い続けている者たち等は

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「商業化している五輪の問題」も

「五輪という精神文化製品の質の向上」により

「正常に是正されて行く事になる」』。

『「人類として向かうべき方向等さえも???」では

「公共の電波上や公共的マスコミ上や

学校教育上等々で

情報・教育等を大々的に行う資質が???」だ。

「資質が???の者たち等を重用し

過分な立場・報酬・権力等を与え続けていてもロクな事は何も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「トランプ大統領批判等により、北朝鮮劣悪国家指導者等を利そうとしている悪質番組」等が多いが・・・。

『「米国の銃乱射事件問題等」の「現実的解決策」は「銃規制か?銃武装か?それとも、その他の手段か?」

「実利主義者のトランプ大統領が現状で推奨等している」のは

「銃武装」だが、

「高校での銃乱射殺傷事件を受けて米国の高校生等」も

「銃規制を求めるデモ等を行っている」。

「日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「戦後日本の平和ボケ化・無害化・去勢化教育上の犠牲者等」が

「声高に銃規制を訴え

正義ぶり、

優等生ぶっている」』。

『「現実」は

「米国では既に、銃だらけ・・・」だ。

「銃使用の無差別殺傷等を意図的に行おうとする悪者」が

「銃規制によって銃を手に入れられなくなる事は無い」。

「もちろん、規制の分だけ新たな銃を手軽に手に入れる事は困難になる」が

「その{小さな}ハードルの実効」が

「どれ程のモノになるのか?」は

「試しに、ホンの1~2年でも銃規制してみれば直に判る」。

「そもそも、悪者は何故、銃使用の無差別殺傷等を行う状態に陥ってしまうのか?」

「この人間の行動原理を司る精神構造の問題」を

「解決する事抜き」に

「大量殺傷事件(銃使用も含む)問題等に対する実効の高い解決は在り得ない」。

「多くの人々の精神構造が変わらないまま・・・」なら

「既に、銃が大量に出回ってしまっている米国」では

「銃規制より銃武装の方が

犯罪抑制の実効は高くなる」。

「実利を取る事が得意なトランプ大統領」が

「銃武装を言った」のは

「米国の実利派大統領の当然に他ならない」。

「警察・自衛隊等」と

「●暴等」以外では

「ほとんど銃を持つ人が居ない島国日本」と

「米国」とでは

「基になるベースが全く違う」。

「売春合法時代の戦時中の

従軍高報酬売春婦」を

「売春が違法で人権がより高くまもられている現在の感覚」で

「大問題視し、正義ぶり、優等生ぶったり、

大問題化する事により、新たな利権等を得ようと画策したりする

悪態」と

「同様の事態」を

「公共の電波上で堂々と曝せている

厚顔無恥・裸の王様状態の者たち等」を

「常連出演等させ、公然化する事等」による

「害」は

「決して、小さく無い」』。

『「学校は教育の場」と

「優等生ぶる」なら

「死生観・人生観等を現実化させる教育」や

「殺欲動を認め殺人欲動を否定する教育」や

「現実的善悪対処の教育」等々の

「現状の多くの人々が本当に必要としている教育内実」についても

「訴えるべき」だ。

「教育の場だから銃はダメ!」等では

「反対野党等の非現実的な政治訴えのレベル」で

「本当に情けない」』。

『「善悪に現実対応する事」は

「本当に重要」だ。

「例えば、

意図的な(大量)殺傷等を行った極悪人とは共生は成り立たず、

極悪人と共生するなら共死になる」が

「この人類として当たり前の現実」さえも

「平和ボケ{麻薬}等に毒されると

判らない状態に陥り易い」。

「極悪人の行動原理を司る精神構造」を

「全ての人々から葬り去らせる事」こそが

「同様の新たな事件等を防ぐ王道」だ。

「極悪人が極悪人の精神構造を失う」なら

「真に罪を償える状態にもなれる」が

「極悪人の精神構造そのままに苦役等ダケを与えて

他の人々が正義ぶったり、憂さを晴らそうとしたり・・・等々」しても

「極悪人は苦役等からの脱走・解放等を追及し

脱走・解放等に成功する」なら

「極悪人に精神構造はそのまま」だから

「再犯率も高くなる」。

「銃が溢れれいる国々等なら

少々、銃規制等したところ」で、

「同様の新たな事件等が防げる訳も無い」。

「精神構造を直させる事が無理な状態」なら

「終身刑や死刑等こそが

極悪人に相応しい対応になる」。

「被害を出来るだけ少なくする為の現場対応」が

「常人側の銃武装」だ。

「それは、現実論では極当たり前の話し」になる。

「事件後の極悪人対応」でも、

「終身刑は手間も金もかかる」のが

「現実」だ。

「極悪人の為に手間と金をどこまでかける必要があるのか?」が

「現実問題」になる』。

『「北朝鮮の好戦派要人韓国派遣という脅し外交」を

「韓国従北政権側が受け入れた事」を

「度量が広い」等と

「大讃美していた」のが

「日本の従北テレビ等」だ。

「既に、散々の大悪事を積み重ねて来ている

極悪非道独裁政権等に対する実効のある対処」は

「徹底した圧力や

限定攻撃等で

極悪非道独裁政権の牙を折り

極悪非道独裁政権等が自首状態になる様に導く事に他ならない」。

「それでも自首等しない」のなら

「現場対応で更なる極悪事の継続・再発等を防ぐ事」こそが

「善悪対応上の必然になる」。

「極悪非道独裁政権等を責めず」に

「トランプ大統領や安倍総理等を責めている」のが

「極悪非道独裁政権等の手下の様相を露呈し続けて来ている

戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等」だ。

「極悪非道独裁政権等と共生しようとすれば共死になる」のに。

「それは、北朝鮮劣悪国家指導者等が十二分な核・ミサイル等を保持出来てしまった場合等を考える」なら

「誰もが分る事」だ。

「在日の母を持つ金正恩政権」には

「韓国支配だけでは無く、日本支配も必要になっている」。

「金正恩による日本支配を排除する」なら

「核・ミサイル等が不十分な内しか無い」。

「金正恩政権の持つ

核・ミサイル等が十分以上となってしまう」と

「日本国内での金正恩等の命令・指令の下の工作活動等が

遠慮無く超強化出来てしまう事になる」。

「現状」でも、

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

十分に摘発出来ていない」のが

「実態」だから

「未だに、北朝鮮はその辺りの実状を知る拉致被害者を帰そうともしていない」。

「工作活動の摘発等が滞っている裏に在る」のが

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者等による邪魔」と

「北朝鮮の核・ミサイル等の脅し」だ。

「もし、戦後の日本が米国並みの銃社会」なら

「工作活動等、変な事が在れば、市民レベルで直に対応する事も可能になる」。

「実際に、銃社会の米国」では

「日本国内より遥かにその手の問題がスッキリしている」。

「飲食物工作や侵入工作や電磁波工作等々」に

「銃等で直に対応される」なら

「当然、それらの工作活動等は行い辛くなるから」だ。

「市民の自主防衛等が認められていない戦後の日本」では

「警察等を押さえてしまえば、工作活動等もやりたい放題」で

「その実態」は

「まるで、ネット普及前」の

「情報・教育等」と

「同様」だ。

「工作活動自体の摘発」を

「意識的かつ、積極的に行わない」のなら

「大元の北朝鮮劣悪国家指導者等を排除・駆除する事」等による

「早期解決」が

「強く望まれている」』。

『「極悪な罪を既に犯してしまった者たち」には

「応分の罰を与える事」こそが

「正道」になる。

「極悪状態に陥る人々を出来る限り減らす為」にも

「健常な情報・教育が重要」だ』。

『「人類誰でも、殺欲動は無くし得ない」。

「何故なら、

生きている人類なら誰でも、

基本的に、

他の生物を

殺して食する事により

狭義の自分を存続させているからだ」。

「人類にとって、殺欲動とは、自らの存続にも関わる正当で健常な欲動に他ならない」。

「殺欲動」に

「丸ごと一人の死生観・人生観等が重ねられ

食の要素が忘れ去られる」と

「殺人欲動が生まれる」。

「人は狭義の自分を守る為に外の者・物・事を

良いモノ(自分の存続との整合性があるモノ)と

悪いモノ(自分の存続を脅かすモノ)に

区別して捉えたがる」。

「丸ごと一人の死生観・人生観」だと

「良い者も

悪い者も

丸ごと一人」だが

「実際」は、

「ある人」の

「良い態度・行動・言動・思想・対応等々と

悪い態度・行動・言動・思想・対応等々」だ。

「コミュニケーション手段が体現等が主の獣等」とは

「全く違い

人類は

言語による高度で緻密なコミュニケーションも可能な場合が多い」。

「人類の主たるコミュニケーション手段」は

「言語であり体現等では無い」。

「出来るだけ多くの人類」が、

「言語による

高度で綿密なコミュニケーションが成り立つ様にする為」の

「情報・教育」が

「重要」だが

「言語によるコミュニケーションが成り立ち得ない極悪人」にも

「それを適用しようとする」のは

「否現実」になる。

「重要な事」は

「実体や事実・現実と共に在る事」だ。

「夢・理想{逃避}等は、遊び程度」が

「重大な現実を損なわない為の必需」になる。

「逆に、極悪人等」は

「多くの人々を夢・理想{逃避}状態にマインドコントロールする事」等により

「極悪人等が不当な利権等を大いに貪り続ける為に

現実を大きく損ねながら

大悪事を行い続けようとする」。

「それは、

例えば、

極悪非道カルト宗教国家状態の北朝鮮等の実態」だが

「もちろん、そんな大悪事は一刻も早く解消する、させるべき事」に他ならない』。

『「未だに、

実質的に、

北朝鮮劣悪国家指導者等を利し続けようとしている

テレビ・ラジオ・マスコミ等々」は

「本当に、異常」だ。

「トモダチ・お仲間優遇それ以外差別」の

「行きつく先」は

「その集団の共死以外の何モノでも無い」のに。

「それは、少し考えるなら誰でも分る事」だ。

「そんな集団が存続に値するのか?

実際に、存続出来るのか?」

「もちろん、人類存続の為には、健常性が要求される」から

「そんな非健常集団に存続はあり得ない」』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「トランプ大統領の

現実的な銃武装論等」を

「批判・非難等している暇がある」なら

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

徹底告発等するべき」だ。

「北朝鮮のオトモダチ人脈の臭いが濃い反対野党等を偏重応援等している暇がある」なら

「今、多くの人類が必要としている情報・教育内容等」を

「配信するべき」だ』。

『「何れにしても

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝等では北朝鮮{哀れな操り人形}女性応援団を美女応援団とした賛美宣伝を復活させ、金与正の妊娠宣伝等まで行っていたが・・・。

『「更に、テレ朝朝番の常連出演者等」は「日米抜きの極東地域安保体制等について」まで

「日本の公共の電波を使って大喧伝していた」のだから

「本当に酷い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達」の

「核・ミサイル・戦争脅し」や

「工作活動(非人道的なモノも多い、情報工作も含む)」等により

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓支配等の為の努力」を

「いくら、一生懸命積み重ねても

無駄になる、

ばかりか、

迷惑なダケ」なのに』。

『「もちろん

言うまでも無く、

どんなに北朝鮮劣悪国家指導者等が

ロシアのオトモダチや

中国共産党の一部や

韓国悪権力者等を

抱き込んでも

米・韓・日・中・ロやその他の世界中の国々の良識的な人々の総意等」を

「覆せる訳も無い」。

「極悪非道同祭政権」が

「核・ミサイル等の開発~実戦配備や

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等に

邁進し続け

先ずは、韓国支配、

次に、日本支配、

・・・等々を実現させようとし続けている事」を

「放置~容認等出来る健常な人々はいない」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が積み重ねて来ている極悪事」は

「其れこそ、枚挙に暇が無い」。

「日韓国民等他国民の拉致」や

「大韓航空機の爆破」や

「主として、日韓内等、他国内でのスパイ・工作活動(粛清工作等も含む、非人道的なモノも多い)」や

「覚せい剤製造~販売」や

「他国内での爆破テロ」や

「偽札製造~使用」や

「ネット悪用破壊・搾取工作(情報・電子マネー等も含む)」や

「他国内化学兵器使用暗殺テロ」等々や

「北朝鮮国民に対する圧政・公開処刑・非人道的な再教育等の為の収容所送り」等々、

・・・等々・・・。

「在日の母を持つ北朝鮮劣悪国家指導者等の体制維持」には

「積み重ねて来ている極悪事等を訴追されない為にも支配が必要」で

「地域的には、最低でも日韓支配が必需である事」等は

「少し考えるなら、誰でも分る事」だ。

「極悪非道独裁者等の支配下に置かれたくない健常な人々は皆

北朝鮮の核・ミサイルの開発~実戦配備等や

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

止めさせようとしている」。

「世界中からの北朝鮮に対する圧力が強められている今日」なのに

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等や協力者等ダケ」は

「未だに、無駄になる、或いは、大迷惑な、努力等を続けている」のが

「実態」だ』。

『「何としても、

米韓合同軍事演習を止めさせ、

核・ミサイル等の脅しと

工作活動等により

先ずは、韓国内を北朝鮮劣悪国家指導者の支配下に置きたい様相」なのが

「現状の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等や協力者等が行っている事」だ。

「その様な行動実態を露呈している者たちの正体」は

「既に、バレバレ状態」だから

「その動きに賛同する人々の数が増える訳も無い」のに』。

『「五輪・パラリンピック終了後には、

米韓合同軍事演習が行われる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等に対する圧力は、今後も、

北朝鮮劣悪国家指導者等が核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない限り、

どんどん強められて行く事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」には、

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄する自首」か

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争による死(先ず、助かる事は無い)」かの

「いずれかの選択」が

「強く求められている」。

「その決断を先延ばしにする」なら

「米軍等による核・ミサイル関連施設等に対する限定攻撃が行われる」。

「中国共産党軍による北朝鮮を助ける為の進駐もある」が

「それは、北朝鮮を助けるであり、

北朝鮮劣悪国家指導者等を助けるでは無い」。

「北朝鮮内は中国共産党支配下の中国並みの状態にまで

{改善}される事になる」。

「ずっと前から、北朝鮮劣悪国家指導者等は詰んでいる」。

「その手下等として、未だに、工作活動等を行い続けている者たち」は

「無駄な努力、大迷惑な努力を行い続けているダケ」だ。

「大迷惑な努力を行い続けている者たちの近未来も決まっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等無き後には

その実態が露呈され

相応の罪と罰が与えられる事になる」。

「永遠の恥辱に染まる道の上から抜け出したい」のなら

「出来るだけ早い内に

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者等から脱却するしか無い」。

「下っ端工作員・協力者等に対する粛清工作等はもはや、有名無実状態」だから

「脱却によるデメリットは非常に少ない場合が多い筈」だ。

「詰んでいる側に追従し続ける」のは

「本当に愚かで

迷惑な事」になるが

「北朝鮮劣悪国家指導者等と強い繋がりがある者たち等」は

「脱却も困難になる」。

「脱却困難な者たち等」が

「数は少ないが、

テレビ界等の{実権者には居る}から

未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等賛美情報等が

日本の公共の電波を使って

一方的に大量配信されている」。

「もちろん、

こんな状態の是正が急務である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「テレ朝朝番では、

フェギアスケート男子の中国人ジャッチ」が

「公平では無い採点をした」等の旨、

「正義ぶり」、

「偏りの無、公平な採点等で無ければ、信用は得られない」等々の旨、

「優等生ぶっていた」が、

「本当に悪い冗談状態」だ。

「番組制作者や常連室園者等」は、

「極悪非道な悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等やその支配下の哀れな女性応援団等の

賛美宣伝等を行っている事」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の極悪事等を無い事にする

偏重情報配信等である事等」さえも

「理解・把握等出来ないのだろうか?」

「それとも、

血統等の繋がり等故に、

朝鮮民族無罪!等の

悪思想等」を

「保有者等し続けている者等なのか?」

「それとも、

戦後日本の悪教育等の悪影響により

朝鮮民族無罪!&日本人は自虐せよ!等の

悪思想によるマインドコントロール状態の者なのか?」

「何れにしても、日本の公共の電波上に

常連出演等させ続ける事が適切では無い状態の者等になる」が』。

『「極悪人との対話や協議や合意等が成り立つ訳も無い事」は

「既に、北朝鮮問題の歴史が十二分に立証している」。

「北朝鮮との対話をする為」には

「北朝鮮の国家指導者等が極悪人人脈の者では無くなる事」が

「必要」だ。

「極悪事を積み重ねて来た者等でも自首した後なら、

相応に話しが出来る状態になる」が

「現状の北朝鮮劣悪国家指導者等は、

代々極悪事を積み重ねて来た事を未来永劫正当化し続ける為に

核・ミサイル・他国内での工作活動等に邁進している状態」だ。

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄し自首するまで

現状の北朝鮮劣悪国家指導者等との対話は適切では無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等や

朝鮮無罪!信者等で無ければ、

誰でも分る当たり前の話し」だ』。

『「当たり前の話し」を

「しない」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の情報配信等」を

「日本の公共の電波を使って行い続けて来ている状態」は

「明らかに異常」だ。

「早急に、是正する、させるべき異常状態」が

「其処に在る」』。

『「選挙のある政界」なら

「選挙時にある程度の是正も可能になる」。

「選挙同様のシステムの導入」が

「公共の電波使用のテレビ・ラジオ等」や

「公共的マスコミ等」にも

「必要」だ。

「或いは、

強い罰のある

偏向・偏重情報配信の禁止や

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信の義務等」の

「強制」が

「必要」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

厚労省のデータミスを政争の具にしている反対野党を大宣伝のテレビ・ラジオ・マスコミ等・・・。

『「法案審議で重要な事」は「参考資料の一データ等の不備等を大問題化する事では無い」。

「法案内実」を

「本質から検証し、

明らかにし、

問い、

改善すべき点があるなら改善させる事」等により

「より良い法整備が行える様にする事」だ。

「微に入り細に入りあら探しをし、

言葉狩りや

態度狩りや

資料ミス等々の

実質的、小問題」を

「大問題化させるべく大騒ぎする事」等により

「健常な法案審議等を損なう裏で

政争を行う」のは

「質の悪過ぎる野党等」になる』。

『「小問題の大問題化等した情報配信」により

「与党・政権等に

あたかも大悪の如きイメージを付ける事」で

「質の悪い野党を利そう・・・とし続けて来ている」のが

「質の悪過ぎるテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ』。

『「そして、

質の悪い野党等からも

質の悪いテレビ・ラジオ・マスコミ等からも

北朝鮮劣悪国家指導者等のオトモダチの臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や一部政党等」の

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や政党等としては異常な程の

北朝鮮・韓国等贔屓ぶり」は

「今更、改めて、言うまでも無い事」だろう。

「ネット普及以前」は

「本当に酷過ぎる状態」だった。

「其処に露呈している」のは

「人脈の問題」だ』。

『「働き方改革」を

「実現させる助けとなる法案」の

「肝」は

「労働者側に

より強い自主性を求めている事」だ。

「経営者側の言いなりになるのでは無く

実体を伴う根拠を基に

強い自主性を発揮する」なら

「労働時間の短縮と賃金の上昇の両方を手に入れられるお墨付きともなる」のが

「今回の法案」だ。

「ここで問題となる」のが

「実体を伴う根拠を基にした強い自主性の代わりに

自虐的な事でも上の言いなりになる自虐性」が

「戦後の情報・教育等により、多くの日本国民に植え付けられてしまって来ている事」だ。

「この重大問題の元」は

「言うまでも無く、

北朝鮮等のオトモダチ

反対野党等」が

「つくり出した事」だ。

「自分たちの悪業」を

「反省し、是正する」のでは「無く」

「無かった事にする為」に

「法案が悪い!与党が悪い!」等と

「やり続けて来ている」のが

「質の悪過ぎる反対野党や

その大応援等を続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「●●無罪!」の

「精神構造」が

「其処に露呈している」』。

『「精神構造が似た者同士」だから

「北朝鮮劣悪国家権力者等や

韓国悪権力者等」との

「親和性が高い」のだろう。

「もちろん

その親和性」は、

「日本の

健常な

政治や

テレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信や

学校教育等々」と

「高い整合性がとれる事では無い事」だが』。

『「戦後日本の情報・教育等により

自虐性等を擦り込まれてしまっている人々にとって」は

「過労死等を誘う法案にも成り得る法案」の

「本当の問題点」さえも

「国民に訴える事が出来ていない

政治家やテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「本当に劣悪」だ。

「もちろん、劣悪な者・物・事等」を

「蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「粗探し反対野党レベルである限り、

高い血税をそれらの者たちに与え続ける必要は全く無い」。

「圧倒的少数」で

「必要十分になる」。

「今の状態野党」が

「政権交代等を訴えても

お笑いにもならず

醜悪なダケ」だ。

「政権交代を訴える前」に

「与党より良い

日本国・多くの日本国民の為になる

実現可能な政策・政治等」を

「ちゃんと提案等するべき」だ。

「それが出来ず

まるで、反日国等の手先政治工作機関の如き事等」を

「行い続ける」のなら

「反対野党等に相応しい」のは

「国政の場では無く、

税金泥棒や国家・国民叛逆罪等故」の

「監獄の中等」になる。

「それは、

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等や

公共的マスコミ等でも

同じ話し:だ。

「実質的、公の立場等」で

「国家・国民叛逆が出来ている戦後の日本」は

「明らかに、異常」だ。

「日本国内で、

未だに、

旺盛に

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続けている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等」の

「徹底摘発さえも行っていない

戦後の日本」は

「明らかに異常」だ。

「その訴えさえしていない

戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等は

明らかに異常」だ。

「戦争犠牲者」は

「重大問題」で

「工作活動犠牲者」は

「黙殺等する」では

「人権・人命等の明らかなダブルスタンダード」だ。

「もちろん、そんな異常状態」が

「容認され続けていて良い訳は無い」』。

『「非人道的な工作活動等を続けて来ている

日本国内等の

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等」の

「早期、徹底摘発等が無い場合」

「人類滅亡の時」は

「意外な程、早く、やって来る事になる」。

「何故なら、そんな状態の人類に

本格的な宇宙進出等は容認されないから」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「反対野党人脈の政治運動等の宣伝」や「米朝対話の推奨」等々を日本の公共の電波を使って行っていた様相だったので本当に呆れた・・・。

『「国税庁長官を問題視し、税務署等に押しかけている人々の多く」は「反対野党人脈の政治運動家たち」で

「その中には、日本国民では無い人々も居る事」等は

「もはや、多くの日本国民が十分に知っている事」だろう。

「もちろん、

言うまでも無く、

国税庁長官が誰であれ

税金の徴収等で不正等が出来る訳も無く、

万一不正等があるなら、

法的手段で不正を追及出来る」のが

「日本の制度」だ。

「国税庁長官人事」を

「多くの人々の思い等の中」で

「大問題化させる為」に

「集団で大騒ぎ等する」のは

「反対野党」や

「反現政権政治運動家等」と

「相場は決まっている」。

「その{反現政権政治運動}等」を

「公共の電波上で宣伝する」のも

「反対野党人脈等の者たち」と

「相場は決まっている」。

「日本の公共の電波が使われている」のに、

「明らかな政治的偏向・偏重である

反対野党側偏向・偏重情報配信等」が

「行われ続けられている事」は

「明らかに不当」だ。

「不当な事を行い続けている者たち等」に

「相応しい」のは

「過分な立場・報酬・権力等では断じて無い」。

「罪や罰等になる」』。

『「未だに森友問題等で大騒ぎする事等により、

何としても、日本の政権を変えさせたい者たち等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等贔屓でもある」。

「森友問題」とは

「超うるさい、面倒な、籠池氏がらみの仕事」を

「一刻も早く片付けたい官僚等」が

「籠池氏が安倍夫人等に無理やりすり寄っている事等を

いい事」に

「仕事を早々に片付ける為の対応をした」のが

「実態」と

「強く推定出来る」。

「何しろ、

籠池氏が利用しようとしていたのは安倍氏だけでは無く、

安倍氏が総理では無い時から

安倍氏にすり寄る事」で

「安倍氏を利用しようとしていた籠池氏」だ。

「政治家に無理やりにでもすり寄る事」で

「官僚等事務方への圧力とする手法」は

「籠池氏ダケの専売特許では無い

よくある話し」だ。

「官僚等の側のその手の手段を使う者等への対応」も

「如何にも優等生的」で

「タダでさえ忙しい中、

他の仕事に悪影響が出ない様」に

「面倒な者等の仕事は早々に片付けられる様にする事」等は

「常套手段」でもある。

「他の仕事への悪影響等まで考える」なら

「少々の税金の無駄遣いなら安いモノ・・・」というのが

「現実だから」だ。

「その辺りの{どんぶり勘定状態}」を

「是正する為」には

「相応に有能な者たちを十分な数かかえる事が必要になる」。

「スパイ・工作活動等の十分な摘発が出来ていない現状警察等と

同じ問題」が

「官僚等の世界にも在る」のが

「戦後日本のお寒い実状」だ』。

『「異常な戦後処理故」に

「健常な保守系の考え・思い等を持てる人々が

数多くは育てず」、

「反対」に

「実態としては

反日国等を利す

自虐的な考え・思い等を十分に覚え込んだ人々が

数多く育成されてしまって来ている」ので

「日本の官僚や警察等々に適性のある人々の数は足りず」

「所謂、反対野党等や左翼マスコミ等々に適性を持つ人々の数は余剰状態」だ。

「日本の官僚や警察等々の適性を伴った増員」が

「出来辛い土壌」が

「戦後の日本にはつくり出されてしまって来ている」』。

『「かつては、政界までもが、その悪影響により自虐状態だった」が

「ネット普及以降、ある程度は是正されて来ている」。

「選挙がある政界」では

「是正も進んでいる」が

「選挙も無い

テレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界等々」では

「未だ、旧態依然としたまま・・・」だ。

「テレビ常連出演

反対野党・反日国等大好き大学教授・マスコミ人等々」は

「その悪い状態の{象徴}」だ』。

『「一国有地払い下げ問題」等を

「政権争い等の具に出来てしまう」なら

「其れこそ、問題を起こす者に

国有地払い下げ政争の具化工作等」を

「行わせれば良い事になってしまう」。

「その様な泥仕合い」で

「政権交代を繰り返す様な国家」なら

「衰退が必然になる」。

「野党が与党になる為」には

「与党より

日本国・多くの日本国民の為になる

実現可能な

政治・政策等を

提示する事」が

「肝要」だ。

「言葉狩りや態度狩りや

国政上では小さな問題等々を政争の具」に

「与党ダメ!・・・だから、反対野党に政権を持たせろ!」等では

「泥仕合い以外の何モノでも無い」。

「泥仕合いを応援する」のは

「泥仕合い人脈のテレビ・ラジオ・マスコミ等になる」。

「もちろん、

そんな人脈の者たちに

公共的大仕事が行える立場や

それに伴う多大な報酬・権力等は

相応しく無い」』。

『「現状の多くの常連出演者や常筆等」は

「早々に、退場させられ、

新たな、まともな者たちに

その座が譲られるべき」だ』。

『「米朝対話を日本が後押しせよ論」等には

「本当に呆れた」。

「言うまでも無く、

極悪人と常人の間に対話が成り立つ訳も無い」。

「散々積み重ねて来ている罪を無い事にしたい、ばかりか、

更なる罪を犯し続けたい」のが

「極悪人の実態」で

「そんな極悪人が言う」のは

「要求になる」。

「常人」なら

「双方にとって納得出来る落としどころ等を模索する為に

対話等が行える」。

「その差は甚大」だ。

「米朝対話が実現しても、

結果は既に判っている」。

「極悪人北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「日韓支配の道具にする為の核・ミサイル・工作活動等を放棄しない」。

「米国は、北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等の放棄を徹底して求める」。

「極悪人が自首でもしない限り、

対話とは成り得ず

双方の意思確認が行われる事になるダケ」だ。

「例え、米朝対話が行われても、

それは、

北朝鮮からの開戦の動機に繋がるダケ」になる。

「日頃から、戦争はダメ!を言い続けて来ている

工作活動等を本気で問題にしない似非平和主義者」等が

「実質的に、北朝鮮からの開戦を誘っている」とは

「本当に寒く、

笑えない話し」だ』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ番組等」が

「現状のままで良い訳が無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

だいぶ五輪時の番組らしくなって来たが・・・。

『「序列2位の金も、金正恩の妹も、帰り、美女???応援団を女性応援団と普通に表現する番組も出て、

ようやく、普通の五輪時のテレビ番組化して来ている」が

「日本の国政等」での

「反現政権政治運動等」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等の賛美宣伝等」の

「代わり」に

「旺盛にしたりしている番組もある」のだから

「同じ人脈が仕切っている限り、

公共の電波の使用目的(内実)等」が

その人脈の意思・意志等で決められてしまっている悪態自体」が

「是正される事」は

「期待薄」だ』。

『「政治問題」では

「与野党双方の主張」を

「誤解無く視聴者に伝える為」にも

「報道情報だけでは無く、

常連出演者やコメンテーター等も

双方の人脈の者を起用するべき」だ。

「現状では、

圧倒的に反対野党寄りになっている番組が蔓延れている」。

「選挙のある国会での議席数等から考える」なら

「それは明らかな

公共の電波を使った

反対野党偏重情報配信になる」。

「早急な是正」が「当然の事態」が

「其処に露呈している」』。

『「かなり商業科してしまっている五輪」でも

「選手たちの

一定の条件の下での人間の限界を

探究し続けている様」は

「多くの人々の心を打つ」。

「メダルの有無や色等」が

「その後の経済に直結している様」は

「現状人間社会・経済システム故の醜悪事態」だが

「もちろん、それは、主として、選手たちの責任では無い」。

「中には現状人間社会・経済システム等に媚びて

現状故の利権を貪るべく

選手となり努力を重ねている人もいるかも知れない」が

「そんな邪な動機で勝てた時代」は

「既に、終わっている様相」だ。

「利権目的のハングリー精神等」より

「人類の限界に挑む無私・無欲の本質探究精神等」の「方」が

「強い状態でなければ

比べっこ上のトップも難しい時代」に

「成りつつある実態」が

「露呈」している』。

『「国の為に!」から

「自分の為に!」が

「誰かの為になれば・・・」に

「変節して来ている」とは

「本日のテレ朝昼番の情報配信内容」だが

「求められているスポーツ技術内実の高度化等」が

「その裏に在る」と

「強く推定出来る」。

「まるで、

兵器の発達により

原水爆まで持ってしまった現状の人類が本気の戦争を出来なくなった如く、

求められているスポーツ技術内実の高度化」は

「出来の悪過ぎる現状人間社会・経済システム等への依存からの解脱」を

「選手たちにも要求している様」が

「巷で旺盛に商業スポーツ化しているスポーツ等より出易い」のが

「五輪の良いところ」だ』。

『「それなのに、五輪自体を現状社会・経済システム等にどんどん摺り寄せている様相」なのが

「IOC等」なのだから

「その辺りにも、実権者人脈の変更要求が強く出る必要性等」を

「感じる方々も決して少なく無い筈」だ』。

『「一部韓国人たち等」が

「五輪選手SNSに心無い書き込みをしたニュースも流れた」。

「その裏に在る」のは

「韓国無罪!朝鮮無罪!等の現実離れした精神構造」と

「強く推定出来る」。

「何処の国のどの人種・民族等の人々」でも

「良い状態の人」も

「悪い状態の人」も

「いる」。

「良い・悪いや善・悪や優・劣等」は

「個々の人の状態」であり

「国や人種・民族等による事では断じて無い」。

「ところが、悪化状態にある人々」は

「往々にして、自らの悪化状態を認めたがらない」。

「その代わりに、外に悪者を求める」。

「そして、自己正当化も図りたがる」。

「それらを、ある意味では合理的に解決する手段」が

「国民無罪!や民族無罪!や人種無罪!等々」だ。

「特定の国民や民族や人種等々ならOK」とすれば

「悪化状態に在る者でも

その国民や民族や人種であるダケで

簡単に自己正当化出来てしまう」。

「悪魔の{麻薬}」が

「其処に在る」』。

『「朝鮮半島系の民の場合」は

「異常な終戦処理」により

「正当な方法で日韓併合契約を解消せず

日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒等を元に

国を始める事が出来てしまった」。

「その悪影響」で

「自己正当化欲が過剰に強くなっている場合が多い」。

「戦後の朝鮮半島内」では

「朝鮮権力者等正当化の為の

現実離れした反日教育等が行われ続けて来ている」ので

「それに毒されているが故の場合も多い」。

「韓国の場合」は

「異常な戦後処理の悪影響」を

「日韓基本条約を頼りに全て終わらせる政治・情報・教育等が行われていた」なら

「現状はもっと、もっと、健常状態に近い所に在る筈」だが

「残念な事」に

「その後も、政権が変わる度に、

日本に対して、

駄々をコネ、

それを終息させる為に・・・と、

利権等を要求し続けて来ている」。

「悪化状態にある権力者の

その辺りの悪業が解消されない限り、

多くの韓国国民」が

「悪影響を悪影響として排除等出来ず

悪徳等を目指してしまう精神構造を持ち続け易くなってしまい易い」。

「そんな悪い精神構造上で起こされる数々の実現象」が

「世界中の笑い者等」と

「なってしまっていても、

韓国無罪!に縋り付きたがる」のが

「悪い状態の者たちの実態」だ』。

『「もっと酷い状態」なのが

「北朝鮮」で

「北朝鮮の酷さ」は

「もはや、全世界からダメ出しが出るレベルに至ってしまっている」が

「それでも尚、

未だに、

十分な核・ミサイル等を持てば朝鮮無罪!は永久なり!等なのだから、

●●につける薬は無い、

●●は死ななきゃ治らない・・・等々」と

「全世界の多くの人々が呆れ、

仕方無く、

北朝鮮問題の早期解決へと動いている」のが

「米・中・日・韓等という訳」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が生き延びられる唯一無二の道」は

「早々の自首」だ』。

『「悪魔の{麻薬}」に

「縋り続けている

悪い状態の人々」を

「悪魔に魂を売り渡した者たち」と言う。

「●●無罪!」は

「{麻薬}上の幻想」であり

「現実では無い」。

「現実」では、

「個々の状態の善・悪等が問われ続けている」。

「悪い状態に執着する」のは

「自虐的な愚か者」だ。

「自分の現実を直視出来る様に

悪い状態から抜け出し

良い状態をつくる事」等が

「人生を誤らないコツになる」。

「それは、世界中のどの国のどの民族でもどの人種でも全く同じ事」だ』。

『「実体や事実・現実と共に無い状態」は

「悪い状態」だ。

「実体や事実・現実と共にある為」には

「自分の実体把握とその実体の本来の目的の把握が要る」。

「人類誰でも、

広義の自分である地球生命体細胞群の内の

約60兆とも言われている細胞群(=狭義の自分)」だ。

「生きている人なら誰でも、

今、この瞬間にも

細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している」のが

「現実」だ。

「広義の自分の本来の目的」は

「存続(~永続)に他ならない」。

「誕生・死の現象は細胞レベルの実現象」だから

「丸ごと一人の死生観・人生観ダケ」は

「現実離れしている」。

「丸ごと一人の感覚」は

「狭義の自分を健常にコントロールし続ける為には大いに有用」だが

「それを他の者・物・事にまで投影・転嫁する」と

「現実離れ故の悪害が出現する」。

「その辺りの実態」は

「歴史を見ても、現状人間世界を見ても、

其れこそ、枚挙に暇が無い」。

「現状の人間社会・経済システム等も、

言うまでも無く、

丸ごと一人の死生観・人生観上のモノ」だ。

「逆から言う」なら

「その現実離れを直すダケ」で

「かなりの悪害も無くせる事になる」。

「その様な

実質的、悪業や破壊行為等では無い、

本当の仕事」を

「多くの人々が

意識的かつ積極的に行う」なら

「人間世界は急速に健常化・正常化されて行く事になる」』。

『「人類として行うべき事」は

「既に、明らか」だ。

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている人類の物質文明」に

「健常・正常対応出来る様」に

「人類の精神文化を

急速に健常進歩・正常進化させ続ける事」だ。

「物質文明に進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事等」により

「実現出来ている」。

「精神文化でも同じ事を行えば良いダケ」だ。

「細胞ごとの誕生・死等

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用すれば良い」。

「行う事が出来る事」は

「それぞれが持てている立場・権力・資金力等々によってかなり違う」。

「それだけに、

現状で優位な立場・権力・」資金力等を保持出来ている者たちの

責任は重大」になる』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」や

「学校教育等」や

「政治等」の

「責任は、非常に大きい」。

「現状では、必要十分な仕事が行われていない」から

「現状の人間世界は、こんなに酷い状態」なのだ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等の賛美宣伝等」よりは

「五輪情報の方が遥かに健常」だ。

「反対野党等を利す為の政治運動は劣悪だが

より良い民意に基づく

より良い政治を実現させる為に有益になる

実体や事実・現実情報の原寸大配信等」は

「大いに行うべき」だ。

「今時求められている資質が明らかに希薄な者たち等」を

「常連出演等させ続けていてもロクな事は何も無い」。

「必要な情報配信が出来る者たちに早々に入れ替えるべき」だ』。

『「悪害の元」には

「往々にして人脈問題が在る」。

「●●人脈無罪!お仲間無罪!等々」では

「何処かの国の悪い状態と同じ」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が未だに「戦争脅し」等により北朝鮮が十二分な核兵器等を持つ為に必要な時間・資金等が得られ易くなる世論状態等をつくり出そうとしていた様相だったが・・・。

『「米軍の軍事力行使=戦争」では「断じて無い」。

「例えば、

米軍」が

「北朝鮮の核・ミサイル施設等を限定攻撃等」しても

「北朝鮮側が反撃する可能性は非常に低い」。

「万一、北朝鮮が反撃する」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケだから」だ。

「戦争になる可能性が極めて低い

米軍等による北朝鮮の核・ミサイル施設等に対する限定攻撃等」を

「戦争脅し」や

「対話・融和等推奨宣伝」等々により

「多くの視聴者等に嫌がらせる事」等で

「メリットを受ける」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等になる」』。

『「見事なまでの北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」等が

「其処に露呈している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の様相が顕著」な

「韓国従北大統領」が

「南北首脳会談等に積極的」なのは

「ある意味、当然」だ。

「米国も対話を否定していない」が

「もちろん、米国が言う対話」とは

「実のある対話以外の何モノでも無い」。

「北朝鮮側が現実として

核・ミサイル等の開発~実戦配備と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄しない限り

実のある対話」は

「成り立ち得ない」。

「当然、韓国が行う北朝鮮との対話等」にも

「実が求められている」。

「実が無い場合」は

「散々、対話を認めて来たけど

明らかに無駄な事が明らかになったのだから

米国の脅威となる前に

遠慮無く、

核・ミサイル施設等への限定的な軍事力行使となる」。

「そして、北朝鮮側は、反撃するなら滅亡する事になる」ので

「反撃も出来ない」』。

『「上記の様なベース」は

「既に、明らか」なのに

「未だに、戦争脅し等を行い続けている」のは

「本当に異常」だ。

「極悪非道政権の北朝鮮との対話や

極悪人支配と常人実生活の融和に当たる南北融和等」を

「賛美宣伝している事」も

「本当に異常」だ。

「更に、何としても、米韓合同軍事演習を避けさせよう等としている事」も

「本当に異常」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の自首や核放棄宣言等、

実のある対話実績が無い場合」、

「米韓軍事演習が止められる訳も無い」』。

『「人相学等の感覚や知識のある方々」なら

「何処の誰でも、既に、理解・把握済みの事」だろうが

「既に、北朝鮮劣悪国家指導者等」には

「死相が現れている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の近未来」は

「ほぼ決まってしまっている」と

「強く推定出来る」。

「そもそも、

死体を祀り続け、

国民にも仰がせ続けて来ている国???」が

「21世紀の時代に、長続きする訳も無い」。

「それは、

極悪非道独裁者等が

どんなに多くの時代遅れの核ミサイル等を保持しても

どんなに他国内で工作活動(非人道的なモノも多い)等を行い続けても

変わり様の無い現実」だ。

「国家???の中心に死体を祀る」なら

「死体に牧尾まれて行く国家???になる」。

「更に、

太陽が昇る方角で核実験等を繰り返せば

核爆発等に見舞われ易くなる国家???になる」。

「更に、去年~今年に南北を重用する」なら

「破局はより近くなる」。

「現状のままなら、今年中」に

「破局が訪れる」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の状態」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等がこの事態を好転させる唯一無二の道」は

「自首」だ。

「それは、日本の中の工作員・協力者等でも同じ事」だ。

「既に、詰んでいる、或いは、最初から詰んでいる

極悪非道国家指導者等に

連綿と追従し続ける必要は全く無い」。

「個人個人の自由を決して忘れるべきでは無い」』。

『「地球生命体細胞群の一個体」は

「地球生命体細胞群の存続~永続の為」の「意」を

「例えた」、

「一人は皆の為に、皆は一人の為に」なら

「実体を伴う正論」だが

「極悪非道独裁者を一個体の位置に置き、

その手下や協力者等を地球生命体細胞群の位置に置く

暴論」は

「言うまでも無く、邪な悪論」だ。

「健常な正邪の感覚を喪失させられた者たち等で無ければ、

邪な悪論は邪な悪論として

直ちに、認識出来てしまう」。

「其処で、極悪非道独裁者等は

支配下の人々から健常な正邪の感覚を喪失させ続けるべく

実体や事実・現実とは程遠い情報・教育等を行ったり

恐怖政治や

核・ミサイル・戦争等々で脅したり

飲食物工作や電磁波工作や侵入工作等々で人々の状態を劣化・病化させ続けたり・・・等々」の

「更なる悪事を積み重ね続けて来ている」。

「もちろん、そんな状態を放置し続ける人間世界」では

「人間世界自体が強過ぎる不健常状態に陥ってしまう」。

「現状で、世界中の多くの国々」が

「北朝鮮に是正を求めている事」は

「極めて当たり前の健常現象」だ』。

『「言うまでも無く、人類が存続する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等」は

「滅ぼされると共に、

同様の新たな事態の再発等を防ぐ為に

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」。

「先の無い、

ばかりか、

先が死後尚いばらの道になる方」を

「選択し続ける」のは

「相当なおバカか、自虐人間等になる」。

「個々の選択は基本的に自由」なのだから

「早々に、先の明るい方に乗り換える事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決にも力を加える事」等が

「真に賢い道になる」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

日米の反現政権メディア等は「陰険なナチス・ヒトラーの特使等までをも賛美」等しているが・・・。

『「敵の敵は味方」とばかりに「極悪非道政権の特使や操り人形等」までをも「反現政権政治運動等の為」に「利用」する。

「ゲスメディア」の「厚顔無恥ぶり」は

「本当に醜悪」だ』。

『「非人道テロ・工作活動等無理強いカルト宗教集団状態」の

「現状の北朝鮮の金政権」を

「健常な人間」なら

「どうやっても、賛美等する訳が無い」。

「それなのに、

{金メダルを取ったのは金正恩の特使}等々」と

「悪戯な賛美」をし

「金正恩等が自首等しない限り成り立つ訳も無い

南北首脳会談や

南北融和や

戦争(軍事力行使)抜きの北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決等」を

「喧伝」する。

「そして、その本当の目的」は

「反日米の現政権政治運動」等だ』。

『「北朝鮮問題の今後」は

「既に、はっきりしている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等側は

何としても

核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しないまま、

3月中までに南北首脳会談を実現させようとする」が

「もちろん、そんな極悪人側の虫の良すぎる要望」が

「叶う訳も無い」。

「実体は直にバレ、

{3月中までの南北首脳会談}は実現しない事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない限り、

4月には米韓合同軍事演習が始まる事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等側が、

それに何の対応もしないのでは

権威失墜も免れない」ので

「仕方無く、核実験やミサイル発射実験を行う」が

「もちろん、更なる、核・ミサイル開発等を米国が容認する訳も無い」。

「積み重ねて来ている極悪非道な悪事」に

「加えて」

「米国にまで届く核ミサイルの大量保持ともなれば、

極悪非道政権の要求を呑み続けるか、

本格的な核戦争等を覚悟しなければならなくなる」ので

「その前の無力化」が

「必需である事」は

「米国要人も重々承知」だ。

「現実対応として、

其れこそ、

米韓軍事演習中にも、

北朝鮮の核・ミサイル施設等への限定攻撃が行われる事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が反撃する」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者側は軍事反撃はせず、

他国内での工作活動等に活路を見出そうとする事になる」。

「しかし、米・韓等による限定攻撃後直ぐに、

北朝鮮を助ける為に、

中国共産党軍による進駐がある」。

「北朝鮮を韓国化されては困る中国共産党」は

「進駐により北朝鮮を中国共産党支配下の中国並みにする」。

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない

劣悪国家指導者等は排除・駆逐され、

新たな、中国共産党にとって都合の良い

北朝鮮の国家指導者等が担がれる事になる」。

「米国も中国も納得出来る

大きな戦争には至らない

北朝鮮劣悪国家指導者等問題の解決」が

「其処に在る」』。

『「日・米・韓等の健常なメディア等」なら

「南北首脳会談を煽ったり、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い反戦を訴えたり

・・・等々するのでは無く、

北朝鮮劣悪国家指導者等に

核・ミサイル・他国内での工作活動等の放棄と

自首等」を

「強く勧めるべき」だ。

「何故なら、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄し、

自首等しない限り、

近未来」は

「上記の様になるから」だ。

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄」し

「自首等する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等の延命もあり得る」が

「そうでは無い場合」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の余命は非常に短いモノとなる可能性が非常に大きい」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等を死刑台に誘っている」のが

「北朝鮮問題までも反現政権政治運動等に利用している日・米等のゲスメディア等」の

「実態」だ』。

『「未だに、

日本国内(少なくとも筆者の知る限り)では

電磁波工作等々の非人道的な工作活動等が

旺盛に行われ続けている」。

「陰険なナチス・ヒトラー、

北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「未だに、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

実行し続けている実態」が

「此処にも在る」。

「健常なマスメディア等」なら

「例えば、

電磁波工作の実態暴露等々」を

「行えば良い」。

「個人レベルの筆者でも

ある程度はその実態が把握出来る

実体のある非人道的な工作活動等」だから

「マスメディア等なら少々本気で調査等するダケ」で

「実態を大々的に暴露する事等も可能な筈」だ。

「もちろん、電磁波工作で言うなら、

ある程度の理系の知識や技術等は要る」が

「本当の優等生等なら、

文系だから・・・と理系がチンプンカンプンの訳も無い筈」だ』。

『「今の時代、

メディア人等も

本質が問われている」。

「未だに、

反現政権政治運動や

ゲイノウ宣伝等々で

メシを食い続けよう・・・としている」なら

「本当にゲス」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決への貢献にもなる

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の

大々的暴露等」は

「健常で能力の有る今時のメディア人等」なら

「積極的に行う価値が非常に大きい

重大事」だ』。

『「工作活動の暴露等さえも面倒」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等に

自首等を薦める情報配信等を行う事等」により

「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決に力を加えるべき」だ。

「褒め殺し等で、死刑台に誘う」のでは

「やっている事が北朝鮮劣悪国家指導者等と同様になる」。

「そんな精神文化を公然化等する事により

世界中に蔓延らせる事」の

「実害も多大になる」』。

『「何れにしても、

人類が存続するなら、

比べっこ原理主義の時代」は

「近々、終焉に向かう」。

「人類の次世代精神文化」である

「本質・快適探究主義」への

「軟着陸の為」にも

「今、行うべき仕事」を

「疎かにし続けていてはいけない」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「北朝鮮は金王政だから兄・親戚等の粛清も当然」等の旨喧伝していたが・・・。

『「歴史上、近親者等粛清等を行った王政は、其れこそ、幾らでも在る」が「遥か昔故に、ある意味では、仕方無く行われていた政治手法等」を

「21世紀の今日、実用している事等」が

「北朝鮮の重大劣悪問題」だ。

「遥か昔故に、ある意味では許されていた政治手法等を

現在使っている事等の

重大劣悪性等」を

「ちゃんと説明しない

北朝鮮金王政論等」の「実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の応援情報等」になる。

「もちろん、そんなモノ」を

「日本の公共の電波上で蔓延らせて良い訳は無い」』。

『「高学歴バカ」等には「良くある事」だ。

「戦後日本の学校教育等で覚えさせられた史実等を

タダ壊れたテープレコーダーの如く繰り返し

史実を覚えている自分を承認しろ!と言わんばかりに

優等生ぶったり、正義ぶったり・・・等々{出来て}しまう」。

「その実態」は

「史実を覚えたダケのおバカぶりを露呈しているダケ・・・」なのに

「高学歴やそれに伴う現状社会の中での立場等のお墨付きに縋って、

実体としては裸の王様である自分を

直視出来ない・・・」。

「実に、醜悪で哀れな姿が其処に在る」』。

『「史実を覚えたダケ」では

「重要な事を歴史から学べない」が

「その時代の史実の裏に在る、精神文化や必然性等にも

考え・思い等を至らせる」なら

「歴史を覚えるダケでは無く、重要な事を歴史から学ぶ事も可能になる」』。

『「多くの人類が歴史から学ぶべき重要な事の一つ」は

「人間世界の精神文化の進歩・進化であり、

その方向性等」だ』。

『「この重要な事を歴史からちゃんと学び取っている」なら

「現状の北朝鮮の政権の重大問題の本質」にも

「想いが至っていて当然になる」』。

『「現状の北朝鮮の核・ミサイル問題の本質」とは

「精神文化が遥か昔の王政レベルの政権」が

「現状で最も破壊力が大きい兵器の一つである核・ミサイル等」を

「保持しようとしている事の重大危険性の問題」だ。

「精神文化と保有物質文明兵器のギャップが余りにも大きい」から

「世界中のほとんど全ての国々が北朝鮮の核兵器等の保有にNO!を突きつけている」。

「この北朝鮮問題の本質が分っている」なら

「王政だから兄や親戚等の粛清も当然・・・」とか

「北朝鮮が核・ミサイル等を保持したがっているのは、現体制維持の為・・・」等々の

「{平和ボケ寝言}等」を

「日本の公共の電波上で、恥じらいも無く、喧伝し続け来る事等」など

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等でも無い限り、

出来る訳も無い」』。

『「現状の北朝鮮が疑似王政に拘っている理由」は

「明らか」だ。

「北朝鮮の現体制」とは

「在日の母を持つ金正恩政権」だ。

「北朝鮮の現体制にとって」は

「日韓の支配抜き」では

「長い現体制維持が不可能」だ。

「日本には天皇制が在る」。

「天皇の下では金政権の体制維持は出来ない」

「其処で、天皇に替われるベースとしての王政が必要になる」。

「政治上の長であるばかりでは無く、

王でもある金」なら

「日本を乗っ取り支配出来た後、天皇と金を入れ替える事も可能になる」』。

『「北朝鮮が中国共産党から世襲はダメ!等」と

「強く言われても、

世襲を止めない裏」には

「日本乗っ取り支配後の悪の策略まで有る」のが

「実態」と

「強く推定出来る」』。

『「北朝鮮の政権の実体」は

「王政では無い」。

「極悪人たちによる独裁政権」だ。

「北朝鮮による極悪事」は

「枚挙に暇が無い」。

「北朝鮮による悪事」を

「黙殺したまま、

南北融和や

南北首脳会談等実現等」の

「{応援}をする」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」になる』。

『「もちろん、日本の公共の電波上」等で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等を

蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「極悪人に相応しい」のは

「逮捕し、罪を問い、罰を与える事」だ。

「逮捕が無理なら、排除・駆除等する事」が

「適切になる」。

「極悪人に核・ミサイル等を保持させていて良い訳は無い」。

「極悪人が逮捕や排除・駆除等を避ける為に

核・ミサイル等で武装し、

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を行い続けている

現状」は

「一刻も早く、是正すべき状態」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「北朝鮮の積み重ねて来た罪」を

「列挙」し

「それぞれに対する、応分の罰等を紹介等する事」等々により

「極悪人に自首等を促す事」等が

「適切になる」』。

『「人間世界の標準である極悪人の逮捕や排除・駆除等を抜き」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「解決し得ない」』。

『「最善」は

「極悪人の自首」だ。

「其れが無理」なら

「世界中の多くの国々による外圧等」での

「極悪人の逮捕や排除・駆除」になる』。

『「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等を

実質的に、応援等している

テレビ・ラジオ・マスコミ等々」は、

「極悪人を応援等する事」の

「罪」を

「もっと、もっと、深刻に考えるべき」だ。

「確信犯の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等では無い」のなら、

「それは、簡単に出来る事」だ』。

『「北朝鮮問題」は

「極悪人実態の徹底暴露~広報等」が

「世界中で進めば進む程、

解決も容易になる」。

「日・米・韓等の健常テレビ・マスコミ等」なら

「この、

今こそ積極的に行うべき

重大な仕事」が

「行えない訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等では無い

テレビ・ラジオ・マスコミ等なら

出来ない訳も無い」』。

『「他国民の拉致」には

「どの様な罰が応分か?」

「大韓航空機の爆破」には

「どの様な罰が応分か?」

「他国内での何百万人~の他国民に対する粛清工作活動等に対して」は

「どの様な罰が応分か?」

「覚せい剤の製造~販売等に対して」は

「どの様な罰が応分か?」

「他国内での爆破テロに対して」は

「どの様な罰が応分か?」

「偽札製造~使用に対して」は

「どの様な罰が応分か?」

「ネットハッキングによる金銭搾取や破壊等に対して」は

「どの様な罰が応分か?」

・・・等々、等々・・・。

「更に、

20世紀後半~21世紀初頭のご時世なのに、

多くの北朝鮮国民を困窮状態に追いやっている圧政には?

多くの北朝鮮国民等の公開処刑や粛清等々には?」

・・・等々、等々・・・』。

『「絶対に忘れるべきでは無い

極悪人たちによる重大犯罪」が

「其処に在る」』。

『「極悪人が保身の為に核・ミサイル等を保有しようとしている事」等を

「極悪人支配下の国???を

普通の他の国々等と同列に扱う事等や

極悪人の重大犯罪行為等を黙殺し続ける事等により、

実質的に、応援している者たち等」は

「いい加減に、恥を知れ!」』

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題の健常解決(対極悪人応分の軍事力行使も含む)」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」も

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者の為の核兵器論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたので本当に酷い・・・。

『「多くの視聴者に、米国の小型核を問題視させる事」等により「実質的に、北朝鮮の核兵器等の圧力等」を「高めさせよう等としているその実態」は

「本当に醜悪」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「米国も北朝鮮も同じ国として同列に扱いたがる」が

「実際」は

「極悪人の国家指導者等による独裁政権の北朝鮮」と

「民主化されている米国」では

「国としての本質が全く違う」。

「北朝鮮の核問題」とは

「極悪人の国家指導者等による独裁政権が核兵器を持つ事の問題に他ならない」。

「普通の、国家間同士や国際的な対話・協議等による合意等をちゃんと守る国」と

「対話・協議等による合意を何度も反故にし続けて来ている国」とでは

「国としての善良資質等が全く違う」。

「更に、

自国民への圧政や粛清や

他国民の拉致や

他国民間機の爆破や

他国内でのテロ・工作活動等や他国民粛清等々の

重大悪事を行い続けて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「極悪人以外の何モノでも無い実態」が

「其処に露呈している」。

「その極悪人に大量の核・ミサイル等まで保持させて良い訳など在る訳も無い」。

「極悪人は一刻も早く逮捕し、罪を問い、応分の罰を与える事」こそが

「人類標準」だ。

「逮捕が無理なら、排除・駆逐等する事により極悪人による害を一刻も早く無くす」のが

「人類標準」だ』。

『「それなのに、未だに、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「極悪人独裁国家である北朝鮮」と

「他の国々」を

「同列に扱う事」で

「実質的に、北朝鮮を利し続けよう・・・等としている」。

「本当に、酷い、劣悪な実態が其処に露呈している」』。

『「極悪人支配下の国家・国民が衰退するのは当然の現象」だ。

「極悪人故に、衰退させられている北朝鮮国民に対する同情心等」を

「煽る事」で

「現状の制裁等を緩めさよう・・・等としている様相」の

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」を

「未だに、日本の公共の電波上に登場させている実態」は

「その番組自体が極悪人等ご用達である事等」を

「示唆している」』。

『「もちろん、日本の公共の電波上」に

「極悪人ご用達番組等を蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「平昌五輪を悪用」して

「制裁に穴を開ける」ばかりか

「同じ民族という{麻薬}を使い

南北首脳会談等にまで実現させようとしている

北朝鮮劣悪国家指導者等」だが

「その努力は虚しく終わる」。

「何故なら、今時の世界標準」は

「否民族差別」であり

「問う善悪」だからだ。

「同じ民族だからと極悪人と善良市民等が融和するなら、

その民族は極悪化されてしまう」。

「それは、

極悪人を認めた段階で

極悪人の仲間となってしまうから起きる当然の現象」だ。

「もちろん、そんな事」を

「世界中の国々や

世界中の善良市民等が許す訳も無い」』。

『「序列ナンバー2に加え、自らの妹まで韓国に送り込んだ金正恩」だが

「得られた結果」は

「南北首脳会談の確約では無かった」。

「その前に・・・と韓国側が要求した米国との対話」は

「北朝鮮の核放棄が前提で無い限り実現しない」から

「今回の北朝鮮にとっての結果」は

「実質的、ゼロ回答になる」。

「金正恩が核放棄を決断しない限り、

序列ナンバー2と妹は

粛清対象となる可能性大」なのが

「北朝鮮のこれまでの実績」だが

「果たして」・・・』。

『「米国が北朝鮮の米国まで届く、核・ミサイル保有等を認める訳も無い」。

「北朝鮮が核放棄しない限り、

半年以内に

米軍等による北朝鮮の核・ミサイル施設等への限定攻撃が行われる事になる」。

「其処で、北朝鮮が反撃すれば全面戦争となるが

全面戦争の実態は

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になる」から

「北朝鮮劣悪国家指導者等に反撃は出来ない」。

「他国内でのテロ・工作活動等を行おうとする」が

「その前に、中国共産党軍が進駐し、それを止める事になる」と

「共」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等を排除する事になる」。

「北朝鮮内は中国共産党支配下の中国並みとなり、

ある程度は普通の話しが成り立つ状態になる」から

「北朝鮮劣悪国家指導者人脈以外の者たち」なら

「上記の近未来を歓迎する事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者人脈の者たち」は

「その実態が暴かれ

他国内で工作活動等を行った者たち等は

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「北朝鮮が核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない場合」の

「近未来」は

「既に、決まっている」』。

『「極悪人を放置する」なら

「人類は確実に滅亡する」。

「極悪人を放置する」とは

「実質的に、容認している事に他ならず

極悪人を容認した段階で

容認した側も極悪人化し

極悪人化した者が善人に戻る事は

大量殺人犯が善人に戻れるのか?を考えるなら誰もが分る」。

「贖いきれない罪を犯した者が進める位置は

善人では無い」。

「終身刑か死刑等が適切」で

「更に、永遠の恥辱に染まる道の上」と「なる」。

「極悪人を容認した人間世界が行きつく先」も

「同様となる必然が在る」から

「人類は確実に滅亡する」。

「滅亡するべき状態の生き物に更なる悪業を行わせない為」に

「一気に消滅させる事でけじめをつける人類等も出る事になる」。

「極悪人を認めるなら地球消滅等も絵空事では無くなる」』。

『「冬季五輪を冬季五輪として素直に楽しめない状態」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等とその要求を受け入れた韓国従北政権等により

つくり出されてしまっている」。

「この、とんでも無く酷い事態」も

「極悪人を認めた事により実現した」のが

「実態」だ。

「極悪人は早々に逮捕する」。

「逮捕が無理なら、排除・駆除等する」。

「それは、当たり前の人類標準」だ』。

『「極悪人の実質的、味方をしている者たち」は

「一刻も早く、

自らが犯している重大な罪を自覚するべき」だ。

「北朝鮮問題解決の為に必要な事」は

「断じて、民族融和では無い」。

「極悪人の逮捕、もしくは、駆除・排除」だ。

「極悪人を逮捕、もしくは、駆除・排除する」なら

「その後の問題解決も容易になる」。

「善良市民同士なら話しも通じ、話しも早い」し

「合意等も守られるから」だ』。

『「根本を間違ってはいけない」。

「極悪人を放置し続けていてはいけない」。

「反戦や同じ民族等の{麻薬}」で

「ロレロレ・・・等にさせられてはいけない」。

「戦争も工作活動も排除すべき事」だ。

「どちらの犠牲でも犠牲者は犠牲者に他ならない」。

「戦争による爆死等の死者と

工作活動の真綿で首を絞める殺害による死者」を

「差別扱いしてはいけない」。

「陰険なナチス・ヒトラー」は

「一刻も早く抹消するべき」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等に核放棄や自首等を推奨すべき

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「北朝鮮を他の国々と同列で扱う事や

北朝鮮の核・ミサイル等を大宣伝し

北朝鮮の他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を実質的に黙殺する事等により、

実質的に

北朝鮮劣悪国家指導者等の応援をし続けて来ている事」は

「本当に異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮の宣伝を続ける事で北朝鮮劣悪国家指導者の下での待遇等を向上させたい様相の日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等・・・。

『「制服と言えば、アルマーニでは無く、人民服・・・。ついでに、マスゲーム等を行わせれば良い。等と思っている様相」の

「似非リベラリストたち」は

「銀座の問題校長の批判・非難等」でも

「優等生ぶり、正義ぶっていた」が

「最も力を入れ続けて来ている」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う

北朝鮮の大宣伝」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等により操り人形化されてしまっている

哀れな、本来の人間性を喪失させられているが故に美しく無く気持ちの悪い・・・

等々実体は黙殺」して、

「美女と賛美している

北朝鮮劣悪国家指導者等が無理やり送り込んだ

楽団・応援団等」の

「賛美大宣伝」は

「もちろん」、

「訪韓して

北朝鮮劣悪国家指導者の為の仕事???をしようとしている

金正恩の妹の賛美大宣伝」も

「忘れない」。

「更に、

南北融和や南北統一等を大宣伝」し、

「南北首脳会談に結び付けられる様に・・・等」と

「実質的には、

北朝鮮劣悪国家指導者等を応援する情報配信まで付けている」』。

『「軍事パレード」の

「宣伝も忘れていない」。

「実質的には、未だ、未完成の火星15」を

「例え、何十機も出しても、無駄な事」は

「少し考えるなら、北朝鮮劣悪国家指導者等でも分る」から

「ハリボテ軍事パレードで出したのはタッタ四機ダケ」だった。

「大いなるハリボテ軍事パレードが行える程、ゆとりなどある訳の無い北朝鮮の

苦肉の策」を

「南北融和の為の気遣い」等と

「賛美宣伝する」のが

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の役割」と

「強く推定出来る」』。

『「もちろん、

戦争となれば、圧倒的な軍事力の差により

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる」。

「それなのに、北朝鮮側でも戦争の準備が出来ているから、

対話へ・・・」と

「無理やりにでも誘おうとしている」のも

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の役割」と

「強く推定出来る」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話や合意等」が

「成り立たない事」は

「既に、何度も実証済み」だ。

「対話を実現させる」なら

「その前に、

北朝鮮が核・ミサイル・他国内での工作活動等を

完全に止める必要がある」。

「その前の対話を推奨する」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」と

「相場は決まっている」』。

『「日本の中の

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等は

未だ、旺盛」だ。

「この事実」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「放棄させられないレベルの核・ミサイル等を開発~実戦配備し、

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を連綿と続けられる状態に達するまで

核・ミサイル等の開発~実戦配備を止めるつもりが無い事」等を

「示唆している」。

「今は、その為の時間と資金等が要る」ので

「五輪」や

「対話・融和ムード工作等々」を

「悪用」して、

「制裁に穴を開け

時間を稼ぎ、

先ずは韓国から、

そして、その先の日本の中の手下等から、

資金等を集めている」のが

「実態」と

「強く推定出来る」』。

『「北朝鮮ペースで物事が進んでしまう様にする為」に、

「実質的、北朝鮮応援情報を大量配信等し続けている」のが

「日韓内等の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等」だ。

「もちろん、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」を

「日本の情報・教育界や政界等で

蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「政界には選挙がある」から

「今や、北朝鮮のオトモダチは圧倒的少数派」だ。

「ところが、情報・教育界には選挙も無い」。

「未だに、数多くの北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が

蔓延れている」から

「現状の日本の情報・教育等」は

「現状の様に、異常なところが多々ある状態にされてしまっている」。

「その是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「高い服は、大人になって自分で稼いでから着るべき・・・等」と言った

「{拝金}常連出演者」が居たが、

「現状の経済システムでは、

偶々、お金持ちの下に産まれたダケ」で

「高い服でも、高い食べ物等々でも、幼少期から容易に手に入る」。

「そして、大金持ちの訳も問われていない」から

「北朝鮮劣悪国家指導者等でも、それに近い手下等でも、大金持ち」だ。

「べき論の前には、本質論があるべき」で

「本質から整合性を取らなければ、

本当の正邪の見極めも出来る訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者問題」も

「本質的には、正邪問題」だ。

「それを

民族融和等の{麻薬}や、

反戦{麻薬}や

平和ボケ{麻薬}で

誤魔化す」と

「極悪人との対話による平和解決等」の

「在り得ない結論が導きだせてしまう」。

「高い服は大人になって自分で稼いでから・・・と同様」の

「似非正義論」が

「簡単に生まれてしまう」。

「そして。似非正義論等の実効」が

「問題解決を先延ばしにし、困難にし続けて来た事である事」は

「北朝鮮問題の歴史を振り返るなら誰もが直に分る」。

「極悪人は、サッサと、逮捕し、罪を問い、罰を与える」。

「逮捕が無理なら、早々に、排除・駆逐する」。

「それが、極悪人による害を出来る限り小さくする次善の策」だ。

「最善の策」は

「極悪人自らが是正し自首する事」だが

「極悪人が自浄出来る確率は極悪人故に非常に低い」。

「極悪人放置時間の分だけ極悪人の害も大きくなってしまう」のだから

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の解決」は

「早ければ早い程良い事になる」。

「当たり前の現実論」だ』。

『「今なら、

米軍が北朝鮮の核・ミサイル施設等を限定攻撃したところで

北朝鮮は反撃出来ない」。

「反撃するなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成るダケだから」だ。

「反撃無き場合、中国共産党軍が北朝鮮を守る為に進駐すれば良い」。

「そして、北朝鮮を中国共産党支配下の中国並みにする・・・つまり、国家指導者を入れ替える」なら

「米中共々納得」で

「北朝鮮も、未だ、話しの通じる状態になる」から

「日韓も納得・・・」となる。

「納得出来ない」のは

「日韓乗っ取り支配等を画策し続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」だろうが、

「元無き子分の力は微々たるモノになる」から

「工作活動等を続けるなら、即摘発も容易になる」。

「日韓内の工作活動(非人道的なモノも多い)等」は

「雨散霧消状態になる」。

「往生際悪く工作活動等を続ける者たち」は

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が自首しない場合」の

「近未来が其処に在る」が

「自首するなら、

米軍の限定攻撃も

中国共産党軍の進駐も

無くて済む」から

「少なくとも、その分は、減刑に値する事になる」』。

『「劣悪では無い国家指導者等」なら

「即刻にでも、

核・ミサイル等の開発~実戦配備と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「止めさせるべき」だ。

「最後の軍事パレードでオシマイ!」が

「望ましい」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等に自首を促すべき

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の応援を行い続けて来ている事」は

「本当に異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮の制裁穴あけ工作に協力等している日韓の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等問題・・・。

『「{工作船}万景峰92」とは「在日朝鮮人等の人々」が「北朝鮮劣悪国家指導者等の下での

自らや家族や親類縁者等の立場等」を

「向上させる為」に

「約1200億円も貢いでつくり上げた船」でもある。

「その辺りの効果もあったからか、

金正男落とし工作も成功し、

金正日の後」は

「在日朝鮮人の母を持つ金正恩」が

「北朝鮮のトップになった」。

「在日の母を持つ者をトップに頂いた事により

自己正当化の為には

日本の乗っ取り支配までもが必要になってしまった」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「その結果として、

元々、乗っ取り支配が必需だった韓国に加え

日本国内でも

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等が

非常に旺盛に行われる様になってしまっている」』。

『「何しろ、日韓併合以降」は

「韓国内はもちろん

日本国内にも北朝鮮系の人々は多数居る」。

「日本では、

米軍の占領政策につけ込んで

終戦処理時に多大な利権等までも得た朝鮮人も少なく無い」。

「本来なら、

朝鮮半島内の日本人のほとんど全てが日本に帰還したのと同様に

日本国内の朝鮮人のほとんど全てが朝鮮半島に帰る」のが

「健常な終戦処理」だ。

「ましてや、日本による侵略~植民地支配等まで訴える」なら

「侵略~支配国に居残る方が異常になる」。

「帰還費用等の補償を求め

積極的に、朝鮮半島内に戻る」のが

「当然になる」。

「ところが、

米国民主党政権下の終戦処理」では

「朝鮮人に日本国内で利権を与えてしまった」。

「日本国内で得た利権」は

「朝鮮半島内では通用しない」から

「利権を得た朝鮮人の多くが必然的に居残る道を選択し易くなった」。

「その余波」は

「時と共に増大」し

「現状の北朝鮮問題の裏」でも

「隠れた大きな問題となっている」』。

『「いくら、北朝鮮劣悪国家指導者等が

日韓の乗っ取り支配を企んでも、

日韓内に手下として使える十分な人々が居なければ

その実行は非常に困難」だ。

「朝鮮半島内に北朝鮮系の朝鮮人も数多く居る」のは

「当然の事」だが

「戦後の日本国内にも

上記の理由等により

多数の北朝鮮系の人々が居る」。

「そして、当然の如く、

それらの人々は、協力者等を集いたがる」。

「戦後の日本国内でそのターゲットとなった」のは

「所謂、非差別系の人々だった」。

「困窮状態に追いやられている差別等を受けている者同士等」の

「共感煽り」は

「韓国内での同じ民族同士等の共感煽り同様に

多くの人々の心の関門を容易に通り越し

その後に続くマインドコントロールを

容易に染み込ませる為の

{麻薬}となる」。

「本来なら、共感を抱くべき」は

「善悪対応等」だが

「善悪対応の前」に

「被差別や同じ民族等々を持ってきて

その{麻薬}で

善悪対応共感を麻痺させる策略」だ』。

『「残念な事」に

「戦後日本国内」では

「{麻薬}に毒されて

健常な善悪対応共感等を壊されてしまった人々が

大量に出てしまった」。

「旧社会党の様な戦後しばらくの巨大政党までもが

北朝鮮のオトモダチとなって来ている」のが

「戦後日本の実態」だ』。

『「その結果、未だに、

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」では

「北朝鮮賛美や北朝鮮宣伝等が

蔓延っている」。

「健常な善悪対応共感等が壊されていない」なら

「数々のテロ・工作活動等を行い続け

北朝鮮国民や主として、日韓等、他の国の人々を大量粛清等し

北朝鮮国民に対する圧政を行い

国際社会の意向を無視して核・ミサイル開発~配備等を続けている

等々」の

「数多くの大悪事を行い続けている極悪人の国家指導者等」が

「繰り広げさせ続けている

者・物・事等」を

「賛美・宣伝等出来る訳が無い」。

「それなのに、

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等」で

「実質的。賛美・宣伝状態」だ。

「オマケに、

極悪人状態の北朝鮮劣悪国家指導者等に対し

太陽政策を言う者たちまで居る」。

「逮捕~終身刑・死刑等が当然の者たち」に

「太陽政策」とは

「大量殺傷等でも罪を問わず、

更なる資金や利権等を与える」とは

「そんな事を言える状態の者」の

「善悪共感」が

「明らかに壊れている事」は

「健常な人々なら誰でも直に分る」』。

『「其処に露呈している」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下人脈」だ。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち」だ』。

『「日本国内の工作活動」は

「未だ、旺盛」だ。

「本当に異常な事」だが

「工作活動等」を

「積極的に、大々的に、告発~摘発等しようとする

健常な動きさえ

実質的に、無い」。

「そんな不健常状態が続く」なら

「人類は確実に滅亡する」のに』。

『「北朝鮮のハリボテ軍事パレード」の

「大宣伝」は

「今のところ無い様」だが、

「美女

(実際は、操り人形化されている亡者の様な哀れな人々で、

人間本来の美しさを喪失させられている人々)軍団や

万景峰92等々や

北朝鮮劣悪国家指導者等々」の

「賛美・宣伝」等は

「本当に旺盛」だ。

「修正が得意な北朝鮮」だから

「軍事パレード」は

「盛り盛りの修正映像等」で

「発表するつもりかも知れない」が

「時代遅れの陳腐な兵器をいくら並べても、

今時、感心等する者は、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下や家来くらい」だから

「実質的に無駄」だ。

「過去の罪を素直に認め、詫び、粛々と刑に服す」のが

「劣悪では無い北朝鮮国家指導者等のあるべき姿」になる』。

『「自浄無き場合どうなるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「場合によっては、北朝鮮自体も無くなる事になる」』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」も

「工作活動等を行ってしまっている」なら、

「過去の罪を認め、詫び、粛々と刑に服す」のが

「あるべき姿」だ。

「自浄無き場合」は

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「五輪情報の旨言って、北朝鮮の大宣伝を日本の公共の電波を使って行っていた」ので、本当に酷い・・・。

『「見事なまでの北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」を「露呈している」。

「さすが、北朝鮮労働党等とのオトモダチ政党等人脈の者等」が

「実権を握り占め続けて来ているテレビ等のやる事」だ。(もちろん、皮肉)』

『「日本の五輪情報」なら

「日本の選手の調子や状態等の情報配信」や

「メダル取得予想等」が

「メインであって当然」だ。

「しかし、

本日のテレ朝朝番でメインだった」のは

「北朝鮮の応援楽団情報」や

「訪韓する北朝鮮の人々に韓国の人々がどう対応すべきか?宣伝」や

「北朝鮮の同行者の内実推定情報」や

「北朝鮮の船を使った派遣形態宣伝」等々と

「南北融和や南北統一問題等の政治問題」等であり

「更に、北朝鮮問題解決の為には、太陽政策!」等の

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い政策の推奨等まで付けていた」』。

『「五輪を道具」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い世論を形成させたり

政策を行わせようとしたり・・・」等々し

「実質的」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

更なる、

核・ミサイル等の開発~実戦配備や

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続ける事が出来る時間」を

「何としても、つくり出させよう・・・」等としている

「その実態」は

「本当に、醜悪」だ』。

『「北朝鮮の楽団等を宣伝している暇がある」なら

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「積極的に告発等する」のが

「本来の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「日本の中で、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、宣伝や応援等を行い続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態・実体」は

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作機関等になる」』。

『「戦争脅し」にも「本当に呆れた」。

「現状なら、

例えば、

米軍が北朝鮮の核・ミサイル施設等を限定攻撃したところで、

北朝鮮側の反撃は先ず無い事が強く推定出来る」。

「反撃して、全面戦争となってしまう」と

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等になるダケだから」だ。

「現状では、

戦争を一番恐れている」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等に他ならない」。

「現状で、

米軍が北朝鮮の核・ミサイル関連施設等を限定攻撃する事」は

「北朝鮮による反撃が無い可能性が高く、

戦争には成らない可能性が高い」。

「戦争まで至らずに、

北朝鮮劣悪国家指導者等が縋り付いている核・ミサイル等を駆除する方法」は

「現状では行き詰っている北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決」に

「直結」する

「実効が高い方法になる」。

「それを、

{戦争脅し」と

{太陽政策の推奨}等により

避けさせよう・・・とし続けて来ている」のが

「主として、日韓内に多い、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、

十分な反撃が出来るレベルの核・ミサイル等を

何としても、持たせてしまいたい」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」と

「相場は決まっている」。

「もちろん、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」を

「日本の公共の電波上や

日本の公共的マスコミ上や

日本の学校教育上や

日本の政界」等々で

「蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「選挙のある政界」では

「当然の如く、

北朝鮮劣悪国家指導者等のオトモダチ等の議員等」の

「当選率が激減している」。

「ところが、情報・教育界には選挙も無い」から

「人脈交代も遅々として進ま無い」。

「その結果」として、

「未だに、

北朝鮮劣悪国家指導者等を利す情報・教育等が

まかり通り続けている」。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「毎日、何処の局でも、同様の顔・同様の論等」という

「異常事態」は

「即刻にでも、是正させられる・するべき事」だ。

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

積極告発するテレビ・ラジオ・マスコミ等が無い異常事態」も

「即刻にでも、是正させられる・するべき事」だ。

「選挙も無い、自浄も無い」では

「民意や代理民意等を基に、

潰す、或いは、解体等する」のが

「当然・必然になる」』。

『「米軍ヘリや自衛隊ヘリの事故等の裏」にも

「大迷惑な北朝鮮劣悪国家指導者等がある」。

「北朝鮮問題故に、使用率が高まっている事等が事故の遠因となっている可能性も高い」が

「工作活動等による事故等の可能性も決して小さく無い」。

「何しろ、

余りにも、タイミング等が北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合良く、

今回墜落した自衛隊ヘリも

日本版海兵隊の立ち上げに大いに関わっている所での

異常な事故???」だ。

「それなのに、

米軍批判・非難や

自衛隊批判・非難等は大喧伝等しても、

工作活動等の可能性等を十分に言わない事」は

「明らかに、異常」だ』。

『「工作活動等を黙殺し続けたがる」のは

「工作活動等を行っている側の者たち等」と

「相場は決まっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等を秀でた指導者等として考え・思い・祭り上げ続けたがる」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等のお仲間か、

北朝鮮劣悪国家指導者等にマインドコントロール等されてしまっている者たち等」と

「同様の事態」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後日本国内で蔓延り続けている

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等」の

「徹底排除等」は

「急務」だ。

「拉致は氷山の一角に過ぎ無い」が

「氷山の一角が認知された」のに

「氷山自体に適正対処しない」のは

「明らかに間違っている」。

「船と氷山なら避けるべきは船になる」が

「国と氷山なら壊すべきは氷山」だ。

「氷山を壊さずに、街にぶつかるまで放置する」のは

「明らかに、間違っている」』。

『「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等」の

「徹底摘発等」は

「本当に急務」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題を放置し続ける」なら

「平昌冬季五輪の平壌五輪化」の「次」は

「東京五輪の平壌五輪化」が

「待っている事になる」。

「北朝鮮との融和=北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に入る事」を

「本気で望んでいる日本国民」は

「圧倒的少数派の筈」だ。

「圧倒的少数派の不健常な願い等の実現の為」に

「多くの日本国民が犠牲者となる必要は全く無い」』。

『「圧倒的少数派」でも

「情報・教育界等を牛耳り、

多くの日本国民をマインドコントロールし続ける」なら

「圧倒的少数派の不健常な願い等の実現を

多くの日本国民が知らず知らずの内に応援している状態等」を

「つくり出す事等が出来てしまう」。

「其れこそが、情報・教育等の恐ろしさ」だ。

「そんな悪事を行わせない為」にも

「マスメディアや学校教育」等では、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等の徹底」と

「人脈に偏りの無い常連出演・主筆等の徹底」と

「原寸大通りの各論併記情報配信の徹底」等が

「本当に重要」だ』。

『「現状の様な偏向・偏重等蔓延り状態」は

「直ちに是正する・させるべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「トランプ共和党政権の非難等」と「もっと、ロシアを気にしろ!宣伝等」により、何としても、北朝鮮劣悪国家指導者等を利そうとしていたり・・・等々していた様相だったが・・・。

『「先の大戦終戦時に、日本の異常な終戦処理を行った」のは「米国民主党政権」だった。

「米国民主党政権人脈の中」には

「戦前~戦中当時、米国内に居た

朝鮮人悪権力者等からの

懐柔工作等を受けた者たちが少なからず居た」と

「強く推定出来る」。

「民主党オバマ大統領の北朝鮮に対する戦略的忍耐」の「裏」では

「当時の懐柔工作等を知る北朝鮮等の者たちによる{脅し}等があった可能性」も

「非常に大きい」。

「植民地支配詐欺」等と

「懐柔工作」等により

「朝鮮人悪権力者等の意向を強く取り入れた

占領政策を行ってしまった当時の米国のツケ」は

「現在の北朝鮮問題の重大元凶の一つ」だ』。

『「米国民主党人脈等と同様の立場に在る」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」だ。

「終戦当時の米国民主党政権」が

「当時米国内に居た朝鮮人悪権力者等の意向を強く取り入れた

日本の占領政策等を行った時」に

「日本の政界や情報・教育界でも

多数の朝鮮系の者たちが重用される事になった」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」と

「韓国悪権力者等」と

「それらに懐柔等されてしまった米国民主党人脈の者たち等」と

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界や政界の一部等」は

「上記の意味での利権共同体」になる』。

『「その様なベースが在る」から

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等の多く」では

「韓国・北朝鮮贔屓」となり、

「米国政権では民主党贔屓」となっている。

「過去の{大罪}を隠蔽し続ける為」の

「悪徳利権共同体」の「実態」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後の韓国内同様、戦後の日本国内」では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等」が

「現在でも、行われ続けている」。

「正常な日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や政治等」なら

「遅くとも、

拉致事件が表沙汰になった時」には、

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「徹底告発・徹底摘発等する」のが

「当たり前」だ。

「ところが、

当時の多くの

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等」では、

「日韓併合時の日本による朝鮮人強制連行等を{捏造}」し

「それを理由」に、

「少々の拉致被害で騒ぐな!と言わんばかりの情報・教育等」で

「視聴者・読者等を実質的に、マインドコントロール」し

「旧社会党等が旺盛だった当時の政治では、国際問題になるから・・・等」と、

「先送り」した。

「異常な戦後処理の悪影響」により

「北朝鮮劣悪国家指導者等が不当に利されてしまった実態」が

「其処に露呈している」』。

『「上記の様な情報・教育・政治等により、

実質的に、スパイ・工作活動天国化されてしまった日本国内」では

「その後も、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等が

大いに行われてしまって来ている」。

「基本的に、余程の証拠等が露呈しない限り摘発等されない」のだから

「時と共に、工作活動等の実態もより酷くなって来ている」。

「当初は、拉致適性の有る者の選別~有益分子化教育~拉致実行」や

「政財界有力者等の懐柔工作」等の

「少人数対象の工作が主だった」が

「次第に、

日本乗っ取り支配の為の

日本人有益分子化工作&不適応分子日本人粛清工作」等の

「大規模な集団工作が主となる様に

変質して来ている」。

「盗聴・盗撮・侵入工作等々により

個性や弱み等々を盗まれた一般市民までもが

有益分子化工作や

不適応分子粛清工作の対象とされ続け来ている」。

「飲食物工作や

電磁波工作や

侵入飲食物等混入工作等々による

真綿で首を絞める事により早死に化をもたらす

非人道的な不適応分子粛清工作」等による

「被害者数」は

「少なく見積もっても、数若万人~レベルになる」。

「それは、

何十万人もの

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者化されてしまっている集団による

何十年も積み重ねられて来ている

悪の工作活動の悪の成果」だ』。

『「陰険なナチス・ヒトラー」は

「一刻も早く、排除・駆逐するべき」だが

「戦後の韓国では

悪権力者が国家首長になる場合も多く、

悪権力者は北朝鮮劣悪国家指導者等と同じ利権共同体に属している場合がほとんどだから、

排除・駆除等に否定的」となり、

「戦後の日本」は、

「軍事的に去勢されている上に、

スパイ・工作活動天国状態」だ。

「頼れる筈」の

「米国」では、

「共和党政権と民主党政権が交互に立つ様な状態が続いて来ている」ので

「排除・駆除の寸前まで行っても、

韓国等の意向を基に、

止めて来ている」。

「その結果、大いなる時間」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等に与えられてしまって来ている」。

「民主党オバマ政権時の戦略的忍耐」は

「更なる、北朝鮮劣悪国家指導者等に対する追い風だった」。

「もはや、北朝鮮劣悪国家指導者等の排除・駆除」は

「待った無し」の

「段階に至ってしまっている」』。

『「それなのに、未だに、

トランプ政権批判・非難等」や

「ロシアをもっと気にしろ!

(ロシアを気にするなら、

ロシアが背後に付いているかも知れない北朝鮮には

うかつに手を出せない筈だ)」等々で

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を応援」し

「日本全国各地の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等」の

「締め付け」等を

「図っていた様相」の

「テレビ番組等まである」のだから

「本当に、異常」だ』。

『「日本の公共の電波を使って

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等」を

「頑張らせてどうする!」

「日本のテレビ等」なら

「日本の中で行われ続けてしまって来ている

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

徹底告発等する事により

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等の

やる気を削ぐ」のが

「当たり前」だ。

「何故なら、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等」を

「元気にする」なら

「一般日本国民も含む工作活動被害者が益々増え易くなる」が

「元気を削ぐ」なら

「工作活動被害者も減る事になるから」だ』。

『「公共の電波を使って、

工作活動等の実質的、応援」では

「本当に、酷い」。

「その罪は、本当に重い」』。

『「日本国民の命・健康・安全・安心等」を

「実質的に、

阻害し続けて来ている場合も少なく無い」、

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

トランプ大統領は演説で北朝鮮の非人道性を大非難、北朝鮮は五輪前日に大量ミサイル軍事パレード、近々辿り着く行く末は・・・。

『「北朝鮮金政権の非人道性は、本当に酷過ぎる」。「それを、実質的に、放置し続けて来てしまっている国際社会の平和ボケぶりも、本当に酷い」。

「話しの通じない、

対話・協議・合意等では無駄な、

北朝鮮劣悪国家指導者等」への「実効のある対応」は、

「生物が言語文化を得とくする前のコミュニケーション手段が体現だった事と同様」の

「体当たり等となる」。

「体当たりされて、

北朝鮮劣悪国家指導者等が人間として目を覚ます」なら

「その後の対話・協議・合意等にも、初めて実効が出て来る」。

「連綿と

身勝手なお手盛りファンタジーの世界で暮らし続けたい様相を

露呈し続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「体当たりされたく無い」ので

「大量の核・ミサイル等で身の回りを囲う事を急いでいる」。

「要でも無い事を急ぎ続けて来ている結果

膨大な犠牲が生まれ続けてしまって来ている」。

「膨大な犠牲の責任を問われない様にする為にも、

絶対に、世界中の何処の誰からも、体当たりされない様に、

大量の核・ミサイル等を早急に保持してしまおう・・・」というのが

「北朝鮮劣悪国家指導者等が陥っている負のスパイラル」だ。

「その結果、得られている事」は

「世界中からのダメ出し」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等がどんなに大量の核・ミサイル等を保持したところで、

世界中からのダメ出しは止まず、

負のスパイラルから抜け出さない限り、

米国等、体力のある者からの体当たりを避けられる訳も無い」のが

「現実」なのに』。

『「かつては、

ハリボテジェット戦闘機等を人間が持って行進した軍事パレード」を

「平然と行った北朝鮮金政権」が

「行う軍事パレードの実態」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等のお手盛りファンタジーに満ち溢れた

虚構軍事パレードである場合が多い」。

「今回は、大量の核ミサイル等を引っ張り出す上辺を繕う筈」だが

「その内実」は、

「大部分がハリボテ」と

「強く推定出来る」。

「万一、本物をゾロゾロと出す」なら

「其れこそ、米軍等による北朝鮮問題一気解決の一大チャンスとなる」から

「韓国との協議中や五輪期間中」は

「軍事訓練等を慎む」等の

「米国の言葉」を

「言葉が通じない北朝鮮劣悪国家指導者等が鵜呑みにする訳も無い」。

「現代版のハリボテ軍事パレード」を

「主として、日韓内等の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「さも、本物で、凄いモノで、あるかの如く、

散々、喧伝するだろう」が

「そのお手盛り劇」も

「もはや、バレバレ・・・」だ』。

『「少なくとも、

米・日・中・韓等の専門実権者等には、

その実体が掴まれている

ハリボテ軍事パレードの実効は無いに等しく、

五輪後には、

体当たり等が待っている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の哀れな近未来」だ』。

『「核・ミサイル施設等を破壊され、

反撃をすれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケなので

反撃も出来ない北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「憂さ晴らしの為」に、

「他国に潜り込ませている手下工作員・協力者等にテロ等を行わせようとする」が

「中国共産党軍に進駐され、その動きも直に止められる事になる」』。

『「近々、

北朝鮮からは、劣悪国家指導者等が排除・駆逐等され、

北朝鮮は、中国共産党支配下の中国並みの状態になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈の者以外の人々なら、

少なくとも、とりあえずは、

世界中の誰もが歓迎する実態」が

「其処にある」』。

『「非人道性が極めて高い

陰険なナチス・ヒトラー」は

「葬られ」、

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等も

雨散霧消状態となる」。

「その結果、人間世界」は、

「次世代人間世界への転換を可能にするべく

破滅に至らない破壊に向かって

動く事になる」』。

『「トランプ大統領」が

「一般教書演説」で

「北朝鮮の非人道性」を

「強く訴えた事の意味は非常に大きい」。

「非人道政権を放置し存続させる事」は

「人類に対する叛逆以外の何モノでも無い」。

「非人道政権が戦略的忍耐で太った事からも明らかな事」は

「言葉の通じない相手に対しては

体当たりこそが

正当な手段になる事」だ。

「徹底した圧力というやんわりとした体当たりで

事態が改善しない」のなら

「やや強い体当たりに相当する

核・ミサイル施設等に対する限定攻撃等こそが

正当になる」。

「それに反撃して来る」なら

「本気の体当たりに相当する

総攻撃=アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争等こそが、

正当になる」』。

『「北朝鮮問題の解決法」は

「既に明らか」だ』。

『「当然、北朝鮮劣悪国家指導者等の側も、

上記の正当な、実効のある、北朝鮮問題の解決法等」は

「分っている」。

「其処で、圧力も強いから・・・と、

話しの通じる状態に是正出来る国家指導者等なら、

未だ、良い」が

「現状の北朝鮮の国家指導者等」は

「未だに、

核・ミサイル等の開発~実戦配備や

主として、日韓内等、他国内での集団工作活動(非人道的なモノも多い)等を

懸命に行い続けている」。

「国際的圧力等」の

「やんわりとした体当たり」では

「変われない」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「やや強い体当たり」が

「激烈に望まれている理由が其処に在る」。

「集団工作活動(非人道的なモノも多い)被害を

受け続けさせられている

主として、日韓内等、他国内の多くの人々や、

圧政による被害を受け続けて来ている

北朝鮮国民の多く」は

「一刻も早い解放」を

「激烈に望んでいる」』。

『「集団工作活動(非人道的なモノも多い)等の被害を受けている

数多い一般市民等」を

「他所」に

「日韓内等の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下や協力者等」は

「集団工作活動(非人道的なモノの多い)等」を

「黙殺し続けて来ている」。

「日本の中でも、

本来なら、積極的に告発等するべきテレビ・ラジオ・マスコミ等の中や

政界等の中にも、

決して、少なく無い数の

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下や協力者等が居る状態」なのだから

「本当に、酷い」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち」が

「其処に居る」』。

『「戦前にこそ必要だった反戦!」を

「戦後の日本で訴える事」や

「差別やグローバリズム等を悪用する事」等により、

「集団工作活動(非人道的なモノも多い)等を行っている者たち等を

利し続けて来ている

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者等」は

「本当に、酷い」。

「日本からの戦争が無い戦後の日本で訴えるべき」は

「反戦!では無く、

実際の被害が酷い

反スパイ・工作活動!」だ。

「当たり前の事を訴えずに、

集団工作活動(非人道的なモノも多い)等の告発もせずに、

優等生ぶり、正義ぶり、

実質的に、工作活動等を行っている者等を利し通d家て来ている事等」の

「罪は本当に重い」』。

『「政界は、民意に基づいた選挙があり、実権者人脈も入れ替わって来ている」ので

「未だ、マシ」だが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界やl学校教育界等」には

「選挙も無い」から

「人脈交代も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下・協力者等が

蔓延り続けられている訳」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »