« 日米の反現政権メディア等は「陰険なナチス・ヒトラーの特使等までをも賛美」等しているが・・・。 | トップページ | だいぶ五輪時の番組らしくなって来たが・・・。 »

テレ朝朝番では、常連出演者等が未だに「戦争脅し」等により北朝鮮が十二分な核兵器等を持つ為に必要な時間・資金等が得られ易くなる世論状態等をつくり出そうとしていた様相だったが・・・。

『「米軍の軍事力行使=戦争」では「断じて無い」。

「例えば、

米軍」が

「北朝鮮の核・ミサイル施設等を限定攻撃等」しても

「北朝鮮側が反撃する可能性は非常に低い」。

「万一、北朝鮮が反撃する」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケだから」だ。

「戦争になる可能性が極めて低い

米軍等による北朝鮮の核・ミサイル施設等に対する限定攻撃等」を

「戦争脅し」や

「対話・融和等推奨宣伝」等々により

「多くの視聴者等に嫌がらせる事」等で

「メリットを受ける」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等になる」』。

『「見事なまでの北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」等が

「其処に露呈している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の様相が顕著」な

「韓国従北大統領」が

「南北首脳会談等に積極的」なのは

「ある意味、当然」だ。

「米国も対話を否定していない」が

「もちろん、米国が言う対話」とは

「実のある対話以外の何モノでも無い」。

「北朝鮮側が現実として

核・ミサイル等の開発~実戦配備と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄しない限り

実のある対話」は

「成り立ち得ない」。

「当然、韓国が行う北朝鮮との対話等」にも

「実が求められている」。

「実が無い場合」は

「散々、対話を認めて来たけど

明らかに無駄な事が明らかになったのだから

米国の脅威となる前に

遠慮無く、

核・ミサイル施設等への限定的な軍事力行使となる」。

「そして、北朝鮮側は、反撃するなら滅亡する事になる」ので

「反撃も出来ない」』。

『「上記の様なベース」は

「既に、明らか」なのに

「未だに、戦争脅し等を行い続けている」のは

「本当に異常」だ。

「極悪非道政権の北朝鮮との対話や

極悪人支配と常人実生活の融和に当たる南北融和等」を

「賛美宣伝している事」も

「本当に異常」だ。

「更に、何としても、米韓合同軍事演習を避けさせよう等としている事」も

「本当に異常」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の自首や核放棄宣言等、

実のある対話実績が無い場合」、

「米韓軍事演習が止められる訳も無い」』。

『「人相学等の感覚や知識のある方々」なら

「何処の誰でも、既に、理解・把握済みの事」だろうが

「既に、北朝鮮劣悪国家指導者等」には

「死相が現れている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の近未来」は

「ほぼ決まってしまっている」と

「強く推定出来る」。

「そもそも、

死体を祀り続け、

国民にも仰がせ続けて来ている国???」が

「21世紀の時代に、長続きする訳も無い」。

「それは、

極悪非道独裁者等が

どんなに多くの時代遅れの核ミサイル等を保持しても

どんなに他国内で工作活動(非人道的なモノも多い)等を行い続けても

変わり様の無い現実」だ。

「国家???の中心に死体を祀る」なら

「死体に牧尾まれて行く国家???になる」。

「更に、

太陽が昇る方角で核実験等を繰り返せば

核爆発等に見舞われ易くなる国家???になる」。

「更に、去年~今年に南北を重用する」なら

「破局はより近くなる」。

「現状のままなら、今年中」に

「破局が訪れる」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の状態」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等がこの事態を好転させる唯一無二の道」は

「自首」だ。

「それは、日本の中の工作員・協力者等でも同じ事」だ。

「既に、詰んでいる、或いは、最初から詰んでいる

極悪非道国家指導者等に

連綿と追従し続ける必要は全く無い」。

「個人個人の自由を決して忘れるべきでは無い」』。

『「地球生命体細胞群の一個体」は

「地球生命体細胞群の存続~永続の為」の「意」を

「例えた」、

「一人は皆の為に、皆は一人の為に」なら

「実体を伴う正論」だが

「極悪非道独裁者を一個体の位置に置き、

その手下や協力者等を地球生命体細胞群の位置に置く

暴論」は

「言うまでも無く、邪な悪論」だ。

「健常な正邪の感覚を喪失させられた者たち等で無ければ、

邪な悪論は邪な悪論として

直ちに、認識出来てしまう」。

「其処で、極悪非道独裁者等は

支配下の人々から健常な正邪の感覚を喪失させ続けるべく

実体や事実・現実とは程遠い情報・教育等を行ったり

恐怖政治や

核・ミサイル・戦争等々で脅したり

飲食物工作や電磁波工作や侵入工作等々で人々の状態を劣化・病化させ続けたり・・・等々」の

「更なる悪事を積み重ね続けて来ている」。

「もちろん、そんな状態を放置し続ける人間世界」では

「人間世界自体が強過ぎる不健常状態に陥ってしまう」。

「現状で、世界中の多くの国々」が

「北朝鮮に是正を求めている事」は

「極めて当たり前の健常現象」だ』。

『「言うまでも無く、人類が存続する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等」は

「滅ぼされると共に、

同様の新たな事態の再発等を防ぐ為に

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」。

「先の無い、

ばかりか、

先が死後尚いばらの道になる方」を

「選択し続ける」のは

「相当なおバカか、自虐人間等になる」。

「個々の選択は基本的に自由」なのだから

「早々に、先の明るい方に乗り換える事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決にも力を加える事」等が

「真に賢い道になる」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 日米の反現政権メディア等は「陰険なナチス・ヒトラーの特使等までをも賛美」等しているが・・・。 | トップページ | だいぶ五輪時の番組らしくなって来たが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事