« テレ朝朝番では、常連出演者等が未だに「戦争脅し」等により北朝鮮が十二分な核兵器等を持つ為に必要な時間・資金等が得られ易くなる世論状態等をつくり出そうとしていた様相だったが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「反対野党人脈の政治運動等の宣伝」や「米朝対話の推奨」等々を日本の公共の電波を使って行っていた様相だったので本当に呆れた・・・。 »

だいぶ五輪時の番組らしくなって来たが・・・。

『「序列2位の金も、金正恩の妹も、帰り、美女???応援団を女性応援団と普通に表現する番組も出て、

ようやく、普通の五輪時のテレビ番組化して来ている」が

「日本の国政等」での

「反現政権政治運動等」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等の賛美宣伝等」の

「代わり」に

「旺盛にしたりしている番組もある」のだから

「同じ人脈が仕切っている限り、

公共の電波の使用目的(内実)等」が

その人脈の意思・意志等で決められてしまっている悪態自体」が

「是正される事」は

「期待薄」だ』。

『「政治問題」では

「与野党双方の主張」を

「誤解無く視聴者に伝える為」にも

「報道情報だけでは無く、

常連出演者やコメンテーター等も

双方の人脈の者を起用するべき」だ。

「現状では、

圧倒的に反対野党寄りになっている番組が蔓延れている」。

「選挙のある国会での議席数等から考える」なら

「それは明らかな

公共の電波を使った

反対野党偏重情報配信になる」。

「早急な是正」が「当然の事態」が

「其処に露呈している」』。

『「かなり商業科してしまっている五輪」でも

「選手たちの

一定の条件の下での人間の限界を

探究し続けている様」は

「多くの人々の心を打つ」。

「メダルの有無や色等」が

「その後の経済に直結している様」は

「現状人間社会・経済システム故の醜悪事態」だが

「もちろん、それは、主として、選手たちの責任では無い」。

「中には現状人間社会・経済システム等に媚びて

現状故の利権を貪るべく

選手となり努力を重ねている人もいるかも知れない」が

「そんな邪な動機で勝てた時代」は

「既に、終わっている様相」だ。

「利権目的のハングリー精神等」より

「人類の限界に挑む無私・無欲の本質探究精神等」の「方」が

「強い状態でなければ

比べっこ上のトップも難しい時代」に

「成りつつある実態」が

「露呈」している』。

『「国の為に!」から

「自分の為に!」が

「誰かの為になれば・・・」に

「変節して来ている」とは

「本日のテレ朝昼番の情報配信内容」だが

「求められているスポーツ技術内実の高度化等」が

「その裏に在る」と

「強く推定出来る」。

「まるで、

兵器の発達により

原水爆まで持ってしまった現状の人類が本気の戦争を出来なくなった如く、

求められているスポーツ技術内実の高度化」は

「出来の悪過ぎる現状人間社会・経済システム等への依存からの解脱」を

「選手たちにも要求している様」が

「巷で旺盛に商業スポーツ化しているスポーツ等より出易い」のが

「五輪の良いところ」だ』。

『「それなのに、五輪自体を現状社会・経済システム等にどんどん摺り寄せている様相」なのが

「IOC等」なのだから

「その辺りにも、実権者人脈の変更要求が強く出る必要性等」を

「感じる方々も決して少なく無い筈」だ』。

『「一部韓国人たち等」が

「五輪選手SNSに心無い書き込みをしたニュースも流れた」。

「その裏に在る」のは

「韓国無罪!朝鮮無罪!等の現実離れした精神構造」と

「強く推定出来る」。

「何処の国のどの人種・民族等の人々」でも

「良い状態の人」も

「悪い状態の人」も

「いる」。

「良い・悪いや善・悪や優・劣等」は

「個々の人の状態」であり

「国や人種・民族等による事では断じて無い」。

「ところが、悪化状態にある人々」は

「往々にして、自らの悪化状態を認めたがらない」。

「その代わりに、外に悪者を求める」。

「そして、自己正当化も図りたがる」。

「それらを、ある意味では合理的に解決する手段」が

「国民無罪!や民族無罪!や人種無罪!等々」だ。

「特定の国民や民族や人種等々ならOK」とすれば

「悪化状態に在る者でも

その国民や民族や人種であるダケで

簡単に自己正当化出来てしまう」。

「悪魔の{麻薬}」が

「其処に在る」』。

『「朝鮮半島系の民の場合」は

「異常な終戦処理」により

「正当な方法で日韓併合契約を解消せず

日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒等を元に

国を始める事が出来てしまった」。

「その悪影響」で

「自己正当化欲が過剰に強くなっている場合が多い」。

「戦後の朝鮮半島内」では

「朝鮮権力者等正当化の為の

現実離れした反日教育等が行われ続けて来ている」ので

「それに毒されているが故の場合も多い」。

「韓国の場合」は

「異常な戦後処理の悪影響」を

「日韓基本条約を頼りに全て終わらせる政治・情報・教育等が行われていた」なら

「現状はもっと、もっと、健常状態に近い所に在る筈」だが

「残念な事」に

「その後も、政権が変わる度に、

日本に対して、

駄々をコネ、

それを終息させる為に・・・と、

利権等を要求し続けて来ている」。

「悪化状態にある権力者の

その辺りの悪業が解消されない限り、

多くの韓国国民」が

「悪影響を悪影響として排除等出来ず

悪徳等を目指してしまう精神構造を持ち続け易くなってしまい易い」。

「そんな悪い精神構造上で起こされる数々の実現象」が

「世界中の笑い者等」と

「なってしまっていても、

韓国無罪!に縋り付きたがる」のが

「悪い状態の者たちの実態」だ』。

『「もっと酷い状態」なのが

「北朝鮮」で

「北朝鮮の酷さ」は

「もはや、全世界からダメ出しが出るレベルに至ってしまっている」が

「それでも尚、

未だに、

十分な核・ミサイル等を持てば朝鮮無罪!は永久なり!等なのだから、

●●につける薬は無い、

●●は死ななきゃ治らない・・・等々」と

「全世界の多くの人々が呆れ、

仕方無く、

北朝鮮問題の早期解決へと動いている」のが

「米・中・日・韓等という訳」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が生き延びられる唯一無二の道」は

「早々の自首」だ』。

『「悪魔の{麻薬}」に

「縋り続けている

悪い状態の人々」を

「悪魔に魂を売り渡した者たち」と言う。

「●●無罪!」は

「{麻薬}上の幻想」であり

「現実では無い」。

「現実」では、

「個々の状態の善・悪等が問われ続けている」。

「悪い状態に執着する」のは

「自虐的な愚か者」だ。

「自分の現実を直視出来る様に

悪い状態から抜け出し

良い状態をつくる事」等が

「人生を誤らないコツになる」。

「それは、世界中のどの国のどの民族でもどの人種でも全く同じ事」だ』。

『「実体や事実・現実と共に無い状態」は

「悪い状態」だ。

「実体や事実・現実と共にある為」には

「自分の実体把握とその実体の本来の目的の把握が要る」。

「人類誰でも、

広義の自分である地球生命体細胞群の内の

約60兆とも言われている細胞群(=狭義の自分)」だ。

「生きている人なら誰でも、

今、この瞬間にも

細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している」のが

「現実」だ。

「広義の自分の本来の目的」は

「存続(~永続)に他ならない」。

「誕生・死の現象は細胞レベルの実現象」だから

「丸ごと一人の死生観・人生観ダケ」は

「現実離れしている」。

「丸ごと一人の感覚」は

「狭義の自分を健常にコントロールし続ける為には大いに有用」だが

「それを他の者・物・事にまで投影・転嫁する」と

「現実離れ故の悪害が出現する」。

「その辺りの実態」は

「歴史を見ても、現状人間世界を見ても、

其れこそ、枚挙に暇が無い」。

「現状の人間社会・経済システム等も、

言うまでも無く、

丸ごと一人の死生観・人生観上のモノ」だ。

「逆から言う」なら

「その現実離れを直すダケ」で

「かなりの悪害も無くせる事になる」。

「その様な

実質的、悪業や破壊行為等では無い、

本当の仕事」を

「多くの人々が

意識的かつ積極的に行う」なら

「人間世界は急速に健常化・正常化されて行く事になる」』。

『「人類として行うべき事」は

「既に、明らか」だ。

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている人類の物質文明」に

「健常・正常対応出来る様」に

「人類の精神文化を

急速に健常進歩・正常進化させ続ける事」だ。

「物質文明に進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事等」により

「実現出来ている」。

「精神文化でも同じ事を行えば良いダケ」だ。

「細胞ごとの誕生・死等

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用すれば良い」。

「行う事が出来る事」は

「それぞれが持てている立場・権力・資金力等々によってかなり違う」。

「それだけに、

現状で優位な立場・権力・」資金力等を保持出来ている者たちの

責任は重大」になる』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」や

「学校教育等」や

「政治等」の

「責任は、非常に大きい」。

「現状では、必要十分な仕事が行われていない」から

「現状の人間世界は、こんなに酷い状態」なのだ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等の賛美宣伝等」よりは

「五輪情報の方が遥かに健常」だ。

「反対野党等を利す為の政治運動は劣悪だが

より良い民意に基づく

より良い政治を実現させる為に有益になる

実体や事実・現実情報の原寸大配信等」は

「大いに行うべき」だ。

「今時求められている資質が明らかに希薄な者たち等」を

「常連出演等させ続けていてもロクな事は何も無い」。

「必要な情報配信が出来る者たちに早々に入れ替えるべき」だ』。

『「悪害の元」には

「往々にして人脈問題が在る」。

「●●人脈無罪!お仲間無罪!等々」では

「何処かの国の悪い状態と同じ」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、常連出演者等が未だに「戦争脅し」等により北朝鮮が十二分な核兵器等を持つ為に必要な時間・資金等が得られ易くなる世論状態等をつくり出そうとしていた様相だったが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「反対野党人脈の政治運動等の宣伝」や「米朝対話の推奨」等々を日本の公共の電波を使って行っていた様相だったので本当に呆れた・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事