« トランプ大統領は演説で北朝鮮の非人道性を大非難、北朝鮮は五輪前日に大量ミサイル軍事パレード、近々辿り着く行く末は・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「五輪情報の旨言って、北朝鮮の大宣伝を日本の公共の電波を使って行っていた」ので、本当に酷い・・・。 »

サンデーモーニングでは「トランプ共和党政権の非難等」と「もっと、ロシアを気にしろ!宣伝等」により、何としても、北朝鮮劣悪国家指導者等を利そうとしていたり・・・等々していた様相だったが・・・。

『「先の大戦終戦時に、日本の異常な終戦処理を行った」のは「米国民主党政権」だった。

「米国民主党政権人脈の中」には

「戦前~戦中当時、米国内に居た

朝鮮人悪権力者等からの

懐柔工作等を受けた者たちが少なからず居た」と

「強く推定出来る」。

「民主党オバマ大統領の北朝鮮に対する戦略的忍耐」の「裏」では

「当時の懐柔工作等を知る北朝鮮等の者たちによる{脅し}等があった可能性」も

「非常に大きい」。

「植民地支配詐欺」等と

「懐柔工作」等により

「朝鮮人悪権力者等の意向を強く取り入れた

占領政策を行ってしまった当時の米国のツケ」は

「現在の北朝鮮問題の重大元凶の一つ」だ』。

『「米国民主党人脈等と同様の立場に在る」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」だ。

「終戦当時の米国民主党政権」が

「当時米国内に居た朝鮮人悪権力者等の意向を強く取り入れた

日本の占領政策等を行った時」に

「日本の政界や情報・教育界でも

多数の朝鮮系の者たちが重用される事になった」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」と

「韓国悪権力者等」と

「それらに懐柔等されてしまった米国民主党人脈の者たち等」と

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界や政界の一部等」は

「上記の意味での利権共同体」になる』。

『「その様なベースが在る」から

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等の多く」では

「韓国・北朝鮮贔屓」となり、

「米国政権では民主党贔屓」となっている。

「過去の{大罪}を隠蔽し続ける為」の

「悪徳利権共同体」の「実態」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後の韓国内同様、戦後の日本国内」では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等」が

「現在でも、行われ続けている」。

「正常な日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や政治等」なら

「遅くとも、

拉致事件が表沙汰になった時」には、

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「徹底告発・徹底摘発等する」のが

「当たり前」だ。

「ところが、

当時の多くの

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等」では、

「日韓併合時の日本による朝鮮人強制連行等を{捏造}」し

「それを理由」に、

「少々の拉致被害で騒ぐな!と言わんばかりの情報・教育等」で

「視聴者・読者等を実質的に、マインドコントロール」し

「旧社会党等が旺盛だった当時の政治では、国際問題になるから・・・等」と、

「先送り」した。

「異常な戦後処理の悪影響」により

「北朝鮮劣悪国家指導者等が不当に利されてしまった実態」が

「其処に露呈している」』。

『「上記の様な情報・教育・政治等により、

実質的に、スパイ・工作活動天国化されてしまった日本国内」では

「その後も、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等が

大いに行われてしまって来ている」。

「基本的に、余程の証拠等が露呈しない限り摘発等されない」のだから

「時と共に、工作活動等の実態もより酷くなって来ている」。

「当初は、拉致適性の有る者の選別~有益分子化教育~拉致実行」や

「政財界有力者等の懐柔工作」等の

「少人数対象の工作が主だった」が

「次第に、

日本乗っ取り支配の為の

日本人有益分子化工作&不適応分子日本人粛清工作」等の

「大規模な集団工作が主となる様に

変質して来ている」。

「盗聴・盗撮・侵入工作等々により

個性や弱み等々を盗まれた一般市民までもが

有益分子化工作や

不適応分子粛清工作の対象とされ続け来ている」。

「飲食物工作や

電磁波工作や

侵入飲食物等混入工作等々による

真綿で首を絞める事により早死に化をもたらす

非人道的な不適応分子粛清工作」等による

「被害者数」は

「少なく見積もっても、数若万人~レベルになる」。

「それは、

何十万人もの

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者化されてしまっている集団による

何十年も積み重ねられて来ている

悪の工作活動の悪の成果」だ』。

『「陰険なナチス・ヒトラー」は

「一刻も早く、排除・駆逐するべき」だが

「戦後の韓国では

悪権力者が国家首長になる場合も多く、

悪権力者は北朝鮮劣悪国家指導者等と同じ利権共同体に属している場合がほとんどだから、

排除・駆除等に否定的」となり、

「戦後の日本」は、

「軍事的に去勢されている上に、

スパイ・工作活動天国状態」だ。

「頼れる筈」の

「米国」では、

「共和党政権と民主党政権が交互に立つ様な状態が続いて来ている」ので

「排除・駆除の寸前まで行っても、

韓国等の意向を基に、

止めて来ている」。

「その結果、大いなる時間」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等に与えられてしまって来ている」。

「民主党オバマ政権時の戦略的忍耐」は

「更なる、北朝鮮劣悪国家指導者等に対する追い風だった」。

「もはや、北朝鮮劣悪国家指導者等の排除・駆除」は

「待った無し」の

「段階に至ってしまっている」』。

『「それなのに、未だに、

トランプ政権批判・非難等」や

「ロシアをもっと気にしろ!

(ロシアを気にするなら、

ロシアが背後に付いているかも知れない北朝鮮には

うかつに手を出せない筈だ)」等々で

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を応援」し

「日本全国各地の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等」の

「締め付け」等を

「図っていた様相」の

「テレビ番組等まである」のだから

「本当に、異常」だ』。

『「日本の公共の電波を使って

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等」を

「頑張らせてどうする!」

「日本のテレビ等」なら

「日本の中で行われ続けてしまって来ている

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

徹底告発等する事により

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等の

やる気を削ぐ」のが

「当たり前」だ。

「何故なら、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等」を

「元気にする」なら

「一般日本国民も含む工作活動被害者が益々増え易くなる」が

「元気を削ぐ」なら

「工作活動被害者も減る事になるから」だ』。

『「公共の電波を使って、

工作活動等の実質的、応援」では

「本当に、酷い」。

「その罪は、本当に重い」』。

『「日本国民の命・健康・安全・安心等」を

「実質的に、

阻害し続けて来ている場合も少なく無い」、

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« トランプ大統領は演説で北朝鮮の非人道性を大非難、北朝鮮は五輪前日に大量ミサイル軍事パレード、近々辿り着く行く末は・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「五輪情報の旨言って、北朝鮮の大宣伝を日本の公共の電波を使って行っていた」ので、本当に酷い・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事